トップページへ 大丈夫日記 過去の日記へ

2018.1.21(日)

▼昨日の8時間テニスの影響で身体中の筋肉がギシギシと痛み、そのせいで朝早くに目が覚めてしまう。もう眠れそうになかったので、枕元の蛍光灯をつけて読みかけの本を最後まで読んでしまう。
 というわけで、ダン・シモンズ『雪嵐』ハヤカワノヴェルズを読了。
 突然、3人組の男に命を狙われた元私立探偵のジョー・クルツ。男たちを送り込んできた依頼主の名前を聞き出した上で、あっさり返り討ちにするのだが、その依頼主は、街を牛耳る2つの組織のうちのひとつ、ファリーノ・ファミリーを率いる男の姉であった。その女から、かつてのクルツの恋人を殺した黒幕が、もうひとつの組織、ゴンザガ・ファミリーのドンであると聞かされ、女を利用しての復讐に乗り出すクルツ。
 それとは別に、ひとりの有名な音楽家から20年前に娘を殺した犯人を捜してほしいと依頼される。死んだはずのその犯人を、クルツの住む街で見かけたというのだ。だが、その犯人にはとてつもない秘密が隠されており、しかも、現在は強力な権力を持っていた。
 かくして、強大な2つの敵を相手に孤軍奮闘を余儀なくされることとなるのだが。

 いやあ、むちゃくちゃ面白かった。なにしろ、クルツという男のキャラクターが強烈なのだ。自分が生き延びるためなら、なんのためらいもなく相手を殺す。元私立探偵を主人公にした小説で、これほど非情な主人公というのは珍しい。
 しかも、どんどん主人公をめぐる状況は悪化していき、どうあがいたところで抜け出すことなどあり得ないだろうというほどに否応なしのところまで追い詰められていく。だが、それでも常に冷静に計画を練り上げ、実行していく。
 さすがは『ハイペリオン』のダン・シモンズ。ハードボイルドを書いても、その完成度は半端ない。
 ちなみに、日本で翻訳が出たのは2003年なので、なにをいまさらという感じではあるのだけれど、たまたま読む機会がないまま来てしまったのだ。なお、本作はジョー・クルツを主人公とするシリーズの2作目なのだけれど、シリーズとは知らずに読み出したので、1作目の『鋼』は未読のまま。これも、機会があればぜひとも読みたい。

▼都内まで出かけるという娘を駅まで送り、昼食後にボランティア関係の勉強会に出かける嫁さんを駅まで送り、そのまま近くの温泉「小春日和」へと足を伸ばす。
 とにかく、身体中の筋肉が悲鳴をあげており、温泉に浸かれば少しでも楽になるのではないだろうかと思ってしまったのだ。思ってしまったら、無性に行きたくて我慢ができなくなってしまった。
 で、ぬるめの温泉にたっぷり使ったり、サウナで汗を流したりしているうちに、筋肉の痛みが確実に薄らいだのだった。さすがだぞ、温泉!

▼フィリピン映画『Extra Service』を観る。
 アルシ・ムニョス、ジェシー・メンディオーラ、コリーン・ガルシアという3人のセクシー美女が大活躍するアクションコメディ。フィリピン版「キャッツ・アイ」ともいうべき映画が、この『Extra Service』なのだ。

 刑務所で知り合ったAw(コリーン・ガルシア)、Em(アルシ・ムニョス)、Gee(ジェシー・メンディオーラ)の3人は出所後、昼間は「特別サービス」を売り物とするマッサージパーラーで働き(でも、彼女たちは特別サービスの意味がよく分かっていないようで、客が希望するのとぜんぜん異なる特別サービスを提供してしまっている)、夜になるとセクシーなコスチュームを身にまとい、犯罪者と戦っていたのだった。
 ところがあるとき、彼女たちは国の秘密組織に弱みを握られ、「東洋の真珠」と呼ばれる3つの珠を回収するミッションを命じられるのだった。

 とまあ、英語字幕がないのでいまいち自信はないのだけれど、おそらくはそういった内容でありましょう。
 問題は、アクションコメディなのだけれど、3人の女優はいかにもアクションは苦手そうだし、コメディとしてもぜんぜん笑えそうにないってこと。いや、もしかしたらタガログ語が理解できれば笑えるのかもしれないけど…。でも、たぶんタガログ語が分かったところで笑えるようなギャグじゃないと思うぞ。
 2つ目の珠を持っているのが日本人とのハーフの女性という設定なのだけれど、土俵の上で繰り広げられる格闘技大会を主催していて、まわりの観客はみんなでんでん太鼓を持って応援しているって、いったいどういう設定やねん(きっと、でんでん太鼓は『ベストキッド』以来の伝統なんだろう)。
 3つ目の珠では、相変わらずゲイをネタにしたお笑いに走っているし。

 監督は『アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ(I Do Bidoo Bidoo)』『Kimmy Dora: Ang kiyemeng prequel』などのクリス・マルティネス。マーロン・リベラと組んだ『浄化槽の貴婦人(Ang babae sa septic tank)』で、なかなかの才人と思ったのだけれど、その後の作品を観ていると、クリス・マルティネスにしてもマーロン・リベラにしても、なんかずれてるんだよなあ。

 というわけで、アクションもいまいち、お笑いもいまいちな本作であるのだけれど、3人の女優が魅力的という点だけは間違いなし。とりわけ、コリーン・ガルシアがいい。いままでノーチェックだったのだけれど、これからは要チェックだ。彼女主演の『Ex with Benefits』はどこかにDVDが埋もれているはずなので、さっそく引っ張り出して観なければ。
 メガネっ子でちょっとコミカルな役どころだったジェシー・メンディオーラも悪くはないぞ。『Must Date the Playboy』を観た時には、特になんとも思わなかった自分の不明を恥じよう。
 そして、アルシ・ムニョス。『Camp Sawi』の時にはかなりエキセントリックな役どころだったので、そっちに気を取られていたのだけれど、あらためて観てみると、アニタ・ムイ系の個性的な美人でありますな。
 皆さん、スタイルもバツグンで、それがセクシーなコスチュームを身につけてアクションをしてくれるのだから、単純にそこを楽しむ映画と割り切るのが正しい鑑賞法なのでしょう。



2018.1.20(土)

▼9時から17時まで、大宮第2公園テニスコートでひたすらダブルスゲームを繰り返す。
 人数に余裕がなかったので、ほとんど休むことができなかったのだけれど、さすがに途中から腰が痛くなってくる。
 しかも、肩が痛いので、無意識のうちにサーブは肩に負担のかからない打ち方をしてしまっている。
 さすがに8時間はやりすぎだったか。


2018.1.19(金)

▼仕事があとからあとから飛び込んできたせいで、整骨院のやっている時間に会社を出ることができなかったのだけれど、今日は久しぶりに早く会社を出ることができたので、さっそく整骨院に飛び込んで、肩のメンテナンスをしてもらう。また、しばらくマメに通わないと、肩の痛みはおさまらないんだろうなあ。


2018.1.18(木)

ロジャー・ゼラズニイ『虚ろなる十月の夜に』竹書房文庫を読了。
 切り裂きジャックに吸血鬼ドラキュラにシャーロック・ホームズにフランケンシュタイン博士に狼男といったキャラクターが登場し、しかもクトゥルー神話までもが盛り込まれた作品。その上、主人公は犬! 通常、これだけ盛り込むと、意外とどうしようもなくつまらない作品になってしまったりするのだけれど、さすがはゼラズニイ、実に面白いのだ。
 巻末の解説によると、ゼラズニイの単行本が訳されるのは実に27年ぶりなのだという。うわっ、もうそんなに昔なのか。
 ちなみに、自分が最後にゼラズニイを読んだのは1981年の『オベロンの手』であるらしい。ということは、27年どころじゃなくって、37年ぶりだよ。驚いたな。
 むかしは、ロジャー・ゼラズニイ、フィリップ・ホセ・ファーマー、マイクル・ムアコックといった名前を目にするだけで、むしょうにときめいたものだけれど。
 ところで、この小説、あとからあとからいろいろなキャラクターが登場してきて、誰が誰だかよく分からなくなり、途中で登場人物(人ばかりではないのだけれど)表を作るハメに陥った。これから読む人には、ぜひ登場人物表を作りながら読むことをオススメする。

▼馳星周が本格的な冒険小説を書いたというので、さっそく本屋に駆け付けて買ってきた。
 『蒼き山嶺』光文社。
 今日から読み始めた本をさっさと読み終えて、こいつにとりかからねば。


2018.1.17(水)

▼腰痛もおさまったので、久しぶりにテニススクールのレッスンに出る。なんと、これが今年に入ってから2回目のテニスだ。
 1回目は、はじめて1時間で腰を痛めて、それっきりだからなあ。
 おかげで、今日は身体が重いこと。実際、年末年始で食べまくって、そのままグータラな生活が続いたので、本当に体重が重いんだよなあ。やばいよなあ。かつてないほど、下腹部がポッコリしてるんだもんなあ。
 でも、寒いから夜に走る気にはなれないし。

 それと、再び肩がひどく痛くなってしまっていた。痛くて思いっきりサーブを打つことができない。昨年は整骨院に通って、ずっと肩のメンテナンスを続けたおかげで肩に痛みがおさまっていたのに、また再発してしまったらしい。


2018.1.15(月)

月村了衛『黒涙』朝日新聞社を読了。
 さえない刑事沢渡と、義水盟という中国人組織の沈を主人公とした『黒警』の続篇。
 中国政府と結びついて情報を流している警察内部の裏切り者をあぶりだそうとする組織が警察内に設立され、沢渡はその部署に組み込まれる。秘かに沈と手を組んで、中国政府とつながる裏切り者を引きずり出そうとする。
 沈が新たに仲間に加えるインドネシア人のラウタンというキャラクターが実に魅力的だ。そのラウタンが、シンシアという謎の美女としのぎをけずるあたりがひとつの見どころとなっている。

 重要なキャラクターをあっさり殺すところに、月村了衛のすごさがある。だけど、小説そのものに対しては、なにも月村了衛が書かなくてもいいだろうという印象を受けてしまう。『機龍警察』を読んでいると、どうしてもあのレベルの濃密な小説を期待してしまうのだけれど、いまのところ月村了衛は『機龍警察』だけが別格となってしまっている。


2018.1.14(日)

▼嫁さんにお付き合いして、横浜の桜木町にある横浜市民ギャラリーまで、「第64回春陽会神奈川研究会展」を観に行く。
 会場の地下1階から3階まで4フロアを使った展示で、とにかく見ごたえがある。しかも、さすがは春陽会で、インパクトのある絵が多い。

▼横浜市民ギャラリーからちょっとまわりみちをして「苅部書店」を覗きに行く。
 素晴らしい品揃えの古本屋で、思わず棚をチェックする目に力が入ってしまうが、値付けにスキはなく、これぞと思う本にはきっちりとした値段がついている。妥当な値段ではあっても、掘り出し物が出てくる気配はなく、すごすごと手ぶらで引き下がる。

▼桜木町から石川町に出て、横浜中華街へ。
 いやはや、すごい人混みだ。ここは原宿か?!
 やたらと食べ放題の店と、占いの店が増えている。もう、完全に観光地と化していて、お店も観光客相手と割り切っているのだろうな。
 脇道に入っても人混みは途切れず、これは食事も並ばないと無理なのかと思ったのだけれど、台湾料理「福楼」に辿り着いてみると、まるっきり並ばずに店に入ることができた。人気のない店なのか? すぐ近くにある「杜記」には長蛇の列ができているというのに。
 台南風豚バラ肉飯、レタス炒飯、豚バラ肉煮込み、小籠包を頼むと、予想していたよりもずっと量が多くてびっくり。おいしいのだけれど、さすがにレタス炒飯は量が多すぎて途中で飽きてしまった。
 ちなみに、すぐ近くのテーブルの上には、「福楼」というお店の名前通りに、本物のフクロウの「フクちゃん」がいてびっくり。じっとしていると単なる置物のように見えてしまうのだけれど、時々羽を広げてみたり、頭をかしげてみたりしている。

▼そのまま、中華街をうろうろと散歩。「悟空茶荘」で中国茶を少し買ったり、裏の方で形の崩れた月餅を安く売っているのを見つけて買ったり、さんざん歩き回ってから最後に「北京飯店」で肉まんを買って、2人で食べながら山下公園へ。
 そこから大桟橋にまわって(先端から富士山がよく見えた)、象の鼻パークを抜けて、赤レンガ倉庫へ。だけど、赤レンガ倉庫は自分たちにはまるっきり縁のないお店ばかりが入っていたので、さっさと退散。
 さすがに歩き疲れてもう帰ろうと思ったら、目の前に桜木町行きの可愛らしいバスが見えたので、思わず飛び乗ってしまう。
 いやあ、歩いた歩いた。
 疲れたので、駅前にあったコレットマーレというショッピングビルの地下1Fにある「ブレドール」というカフェへ。アイスクリームと珈琲がむちゃくちゃおいしかった。

 で、そこから埼玉までの京浜東北線では2人して熟睡してしまう。
 本日の歩数は15,798歩でした。


2018.1.13(土)

▼香港映画『コール・オブ・ヒーローズ』を観る。
 ラウ・チンワン&エディ・ポン対ルイス・クー&ウー・ジンという顔ぶれのアクション映画を、監督がベニー・チャン、アクション監督がサモ・ハンで撮るというなんとも贅沢きわまりない作品。しかも、作品の底に流れる基調がマカロニウエスタン! いやあ、これはおいしい。そして、まったく期待を裏切らない完成度の高さ。
 みごとに香港映画の底力を見せてくれる快作に仕上がっている。こういう香港映画が観たかったんだよ。



▼dTVオリジナルドラマ『銀魂 ミツバ篇』を観る。
 映画『実写版 銀魂』を撮影した際に、まったく同じメンバーで一気に撮ってしまったという作品。さすがに映画ほどのスケールはないけれど、きっちり楽しませてもらったぞ。
 でも、いちばん面白かったのは、特典映像。福田雄一監督、小栗旬、柳楽優弥、吉沢亮の4人が撮影を振り返る観覧車クロストーク。どんなむちゃくちゃな状況で撮っていたのかがよく分かるこのトークがなんといっても最高。これには笑った。



▼フィリピン映画『Unexpectedly Yours』を観る。

 娘のヤンニ(ジュリア・バレット)とふたりで暮らしているパティ(シャロン・クネタ)。夫とはとうに離婚し、キャリアウーマンとして自立した生活をしている。
 ヤンニには母に内緒のボーイフレンドがいた。しかし、そのボーイフレンドとは、ネット経由でつきあっているだけのロンドンにいる男性だった。そのことを知ったパティは頭ごなしに反対し、そのことが原因で娘との間に溝が生じてしまう。
 一方、職場でも自分よりも若い者が力を発揮するようになってきて、パティは上司という立場を盾に自分の主張を通そうとしてしまい、部下との間に微妙な溝が生じてきてしまう。
 家庭でも、職場でも、自分の思い通りにしようとし、それが通らないことで、徐々にパティは自分の居場所がなくなりつつあると感じていた。
 そんなある日、隣の家にココイ(ロビン・パディーリア)と甥のジェイソン(ジョシュア・ガルシア)のふたりが引っ越してくる。実はパティとココイは偶然にも高校の同級生で、ココイは高校生の時に、一方的にパティに恋をしていたという過去があった。
 ジェイソンもヤンニに一目惚れをしてしまい、かくしてココイのパティに対する、ジェイソンのヤンニに対する猛アタックが始まるのだが、パティもヤンニもいっこうに応じようとはしない。
 とはいうものの、徐々にパティもココイに惹かれていくようになるのだが…。

 フィリピン映画お得意の大人の恋愛映画であるのだけれど、本作で描かれているのはともに50歳を過ぎた男女の恋愛である。演じているシャロン・クネタもロビン・パディーリアも80年代にデビューしているベテランで、若い頃には何度も共演して恋人を演じたことのあるふたりである。古くからフィリピン映画を観てきた人には、懐かしいカップルなのだろう。
 だけど、そうでない自分からしてみると、太りすぎのシャロン・クネタには女優としての魅力がまるで感じられず、いまだハンサムでスマートなロビン・パディーリアとの恋愛というのがどうしても嘘くさく感じられてしまう。映画の中でも太っていることを何度もネタにしているのだけれど、さすがに恋愛映画を演じるのはきつい。恋愛映画で観るのだったら、やっぱりある程度は美男美女のカップルであってほしいよなあ。
 ジュリア・バレットとジョシュア・ガルシアのふたりは、『Vince & Kath & James』『Love You to the Stars and Back』でも共演しており、新たなラブチームとして注目を集めている若手であるようだ。こちらのふたりはなんとも初々しく、好感度バツグンだ。

 厳格な母に育てられ、母に対してノーということのできないパティ。そうした母の姿を見て育ち、母のようにはなりたくないと思っているヤンニ。いつの間にか自分の母と同じように、自分の娘を思い通りにコントロールしようとしてしまうパティ。
そうした母に対し、ヤンニが「お母さんのことは好きだし、お母さんのようになりたいとも思うけれど、でも、お祖母ちゃんに逆らうことができずに、自分の選んだ生き方のできないお母さんは好きになれない。私は、自分の人生を生きたいし、お母さんにも自分の人生を生きてほしい」と真情を吐露するシーンは、なかなかの圧巻である。

 監督は『Seven Sundays』のキャシー・ガルシア・モリナ。家族の情愛を描くのが実にうまい監督だ。




2018.1.12(金)

▼フィリピン映画『Seven Sundays』を観る。

 フィリピン映画がいちばん得意としているのは、甘ったるいロマンス映画でも、悪のり過剰のコメディ映画でも、アスワンの徘徊するホラー映画でもない。フィリピン映画がいちばん得意とするのは、じっくりと家族の情愛を描いたドラマなのだ。本作を観れば、それがよくわかる。本作こそは、愛すべきフィリピン映画のもっとも素敵な要素の詰まった映画なのだから。

 陽気な甥っ子のジュン(Ketchup Eusebio)と暮らす老いたマニュエル・ボニファシオ(ロナルド・ヴァルデス)。彼には4人の子どもがいるのだが、それぞれに忙しくて、父の誕生日に顔を出すこともできない。ところが、その誕生日の夜、マニュエルは医師から肺がんのために余命2ヶ月を宣告されてしまうのだった。
 あわてて駆け付ける4人の子どもたち。長男のアラン(アガ・ムラック)、次男のブライ(ディンドン・ダンテス)、長女のチャ(クリスティン・レイエス)、三男のデクス(エンリケ・ヒル)。4人の子どもたちにマニュエルは、残された日々を自分の好きなように、望むように過ごすのだと宣言する。
 そして、週末の日曜ごとに子どもたちは家族を引き連れて父の家の集まることにする。余命2ヶ月として、残された日曜日は7日間。
 4人の兄弟はそれぞれに問題を抱えていた。アランは父から継いだ雑貨店の向かいに大手のスーパーが開店することになって、経営の危機に瀕していた。ブライはビジネスで成功しているものの、そのことに時間をとられすぎて、他のことに目を向ける余裕のない生活をしていた。チャは兄弟や父に対しては幸せな結婚生活を演じているが、実は夫はすでにチャに対する愛情を失い、外で女遊びを繰り返していた。そしてデクスは自分が絡んだミュージックフェスティバルが失敗し、債権者から追い回されていた。しかも、4人はそれぞれ、自分の兄弟に対するさまざまな不満を抱え込んでいた。
 そうした問題を隠して父の家に集まるのだが、ささいなことから不満が噴出して、互いにやりあうことになってしまう。だが、病気の父を思う気持ちが次第に4人を結びつけ、互いに助け合って苦難を乗り切ろうと思うようになる。
 ところが、マニュエルの肺がんが誤診であったことが判明してしまう。マニュエルはせっかく仲良くなった子どもたちが再び反目しあうようになるのを恐れて、そのことを告げることができない。
 しかし、そのことは、互いに隠していた問題が表面化するという最悪のタイミングで明らかになってしまうのだった。不信感を募らせ、互いに怒りをぶつけ合い、バラバラになってしまう兄弟。
 「本当に肺がんにかかっていた方がよかった」、そう嘆く父の家を、子どもたちは離れていってしまうのだった…。

 もちろん、最後はハッピーエンドとなるのだけれど、そこに至るそれぞれの感情の描写が実にうまい。それぞれが互いに抱く不満の描き方も丁寧で説得力があり、兄弟でありながら不満を持たざるを得なかったという過去のいきさつの説明も悲しいくらいに説得力がある。そして、そのことを受け入れて許しを求めあうという場面の、感情をゆさぶる描写のみごとなことよ。それぞれが自分の至らなかった点を受け入れ、父として、兄として、弟として、自分の不甲斐なさを詫びる場面のエモーショナルな盛り上がりのみごとさよ。
 この映画は、そうした感情の描写が実にうまいのだ。
 なんたって、役者が揃っている。
 かつての青春映画のトップスターだったアガ・ムラック。いやあ、いいおっさんになった。そのむかし、僕は彼のことをフィリピンの田原俊彦と呼んでいたのだが。
 アスワンと戦うヒーローから失業してぐだぐだになっている夫まで、幅広い役をこなす二枚目スターのディンドン・ダンテス。
 ホラー、スリラー、ラブロマンス、コメディ、シリアスとやはり幅広い映画に出演している美人女優のクリスティン・レイエス。
 ライザ・ソベラノとの共演作等で人気沸騰中の若手俳優のエンリケ・ヒル。
 100本以上の映画に出演してきているベテランのロナルド・ヴァルデス。このロナルド・ヴァルデスの飄々とした演技が実によかった。
 そして、マニュエルと一緒に暮らしている甥のジュンを演じているKetchup Eusebio(なんて読めばいいんだ?)が、実にいい味を出していた。ともすれば孤立しかねないマニュエルのそばに常にいて、傍観者的な立場からぼやくちょっとしたセリフが妙におかしい。
 ロナルド・ヴァルデスの飄々とした演技と、彼のさりげない存在感が、ともすればシリアスになりかねない題材に絶妙な軽みを与えているのだ。

 監督は『One More Chance』『A Second Chance』『She's Dating the Gangster』などで着実にヒットを飛ばしている実力派女流監督のキャシー・ガルシア・モリナ。新作は常に要チェックの監督である。いま手元には、『Unexpectedly Yours』『Just the 3 of Us』のDVDがあるので、早いところ観なければ。
 とはいうものの、いちばん観たいのはエンリケ・ヒルとライザ・ソベラノが共演した『My Ex and Whys』なのだけれど、これだけまだDVDが手には入っていないんだよね。

 というわけで、派手さはないものの、家族の情愛を丁寧に描いた『Seven Sundays』、なかなかの佳作なのでありました。



2018.1.11(木)

樋口明雄『クリムゾンの疾走』徳間文庫を読了。
 帯に「ノンストップ・アクション」とあるが、まさにその通りの作品。
 シェパードばかりを狙った連続誘拐殺害事件が都内で発生する。たまたま空手の試合で上京していた山梨県警南アルプス署の神崎静奈は、その誘拐の現場に遭遇し、身を挺してその誘拐を防ぐ。
 ところが、その翌日、今度は静奈のバディであるジャーマン・シェパードのバロンが謎の犯人グループに攫われてしまう。必死に犯人を追跡する静奈。我が身を省みぬ捨て身の追跡によってもう少しで犯人に手が届きそうになるのだが、地元警察の介入によって犯人を取り逃がし、それどころか警察官を銃で撃った犯人と見なされてしまう。
 なんとしてでもバロンを取り戻すため、いまは地元警察に捕まっている余裕はない。警察に追われながら、犯人を追い続ける静奈だったが…。

 なんといっても興奮させられるのは、バロンが攫われそうになる時の、静奈の必死の追走劇である。カーアクションと肉体アクションの連打また連打。このアクションの描写が実に映像的で、あたかも極上のアクション映画を観ている時と同じ興奮を味わうことができるのだ。正直、この場面を映画館のスクリーンで見てみたいと、本気で思ってしまった。
 そして、バロン奪還のためにひたすら暴走する静奈をバックアップすることになってしまった山梨県警の同僚の曾我野、阿佐ヶ谷署の大柴刑事といった脇役も実にいい味を出している。

 いちおう「南アルプス山岳救助隊K-9」というシリーズの1本ではあるのだけれど、シリーズをまったく読んでいなくても、ぜんぜん不都合のない作品となっているので、最後の1ページまで一気読みの疾走感を味わってみたいという方には、力強く一読をお勧めしたい。


2018.1.9(火)

▼病院でもらった薬のおかげで、だいぶ咳がおさまって、夜もしっかり眠れるようになった。
 だけど、まだ痰がからみ、ときおり激しい咳に襲われている。いまは、咳をすると腰が痛いからやばいんだけどなあ。
 そして、薬の副作用なのか、やたらと頭がボーッとして、体がふらつく。なんだか、仕事にも集中できず、けっこう困ってしまうぞ。

▼もしかして、キム・チウ主演の『The Ghost Bride』が入荷していないものかと思ってフィリピン映画のDVDを買いに行くが、残念ながらまだ入荷はしていなかった。スターシネマ配給の映画なので、待っていれば入荷すると思うのだけれどなあ。
 で、今日買ったのは『Unexpectedly Yours』と『The Barker』の2本。「これ、オモシロイよ」とお店のおばちゃんのオススメ付きだ。

池波正太郎『剣客商売 二十番斬り』新潮文庫を読了。
 短編の「おたま」と、長編の「二十番斬り」を収録。「二十番斬り」は、小兵衛が老いてきたという出だしから、そんなことをすっかり忘れる展開に。
 これで「剣客商売」もあと1冊となってしまった。ううっ、寂しいよお。(でも、番外編がまだあるんだけどね)


2018.1.8(月)

▼腰が痛いので、今日は1日、自宅でのんびりと過ごす。

『トリプルX:再起動』を観る。
 香港のドニー・イェン、インドのティーピカー・パードゥコーン、タイのトニー・ジャーが出ているという理由で借りてきたのだけれど、なんだか薄っぺらな映画だったなあ。ストーリーなんて、派手なアクションをつなぐために適当にでっちあげてみましたって程度でしかないし。しかも、そのアクションだって、香港映画を観ていた方がよほど興奮できるしなあ。インド映画であれほど魅力的だったティーピカー・パードゥコーンも、ぜんぜん魅力が引き出されていない。
 しいてあげるなら、女性2人がペアとなって二丁拳銃をガンガン撃ちまくるシーン。露骨にジョン・ウーのパクリではあるのだけれど、あのシーンだけはかっこよかったぞ。

『媚空』を観る。
 雨宮慶太監督のライフワークとなっている『牙狼〈GARO〉』の1本で、ヒロインの闇斬師媚空を演じるのは元AKB48の秋元才加。ポスターでこの作品のビジュアルを観て以来、ずっと気になっていた作品なのだ。
 いやあ、秋元才加、かっこいいなあ。黒ずくめの闇斬師のかっこうが、めちゃくちゃよく似合っているぞ。ただし、時々変身する白バージョンのコスチュームの方はいまいち似合っていなかったような気もするけれど。アクションも頑張っていて、なかなかサマになっている。
 それに対する佐野史郎の方はというと、なんだかはまり役すぎて、逆に物足りない気がしてしまう。
 映画そのものは、いつもの『牙狼〈GARO〉』の枠をはみ出すことはなく、特に驚かされるようなところはまったくなかったかな。

本間正夫『少年マンガ大戦争』蒼馬社を読了。
 「少年マガジン」「少年サンデー」以前は、月刊マンガ誌の時代だった。僕が主に読んでいたのは「冒険王」だったし、その他に「少年画報」「少年」などの月刊誌があった。本書は、そのうちの「少年画報」の歴史を、金子一雄という編集長にフォーカスをあてて描いている。
 いままで手塚治虫に始まるマンガの創世記や、大阪の貸本マンガに関する本はあれこれ読んできたし、その後の「少年マガジン」「少年サンデー」が競い合う頃を描いた本、成年マンガ誌の興亡を描いた本も読んできた。でも、この月刊誌時代に関する本は「少年倶楽部」を扱ったもの以外にはなかった。その空白を埋める貴重な1冊と言えよう。
 内容も充実している。関係者への丹念な取材がみごとに中身に反映されていて、他では聞くことのなかった貴重な発言が多く収録されている。


2018.1.7(日)

▼7日にしてようやくテニスの初打ちである。9時から健康福祉村で2時間、速攻で移動してパインヒルズで4時間。年末年始ですっかりなまってしまった体を、テニスモードに切り替えなければ。
 ところが、1時間ほどボールを追いかけたところで、腰をやってしまう。強風で逃げたボールを空振りした瞬間に、腰の左右両側で同時に「グギッ」と嫌な感触が。それっきり、走れなくなってしまう。なんとか誤魔化しつつ健康福祉村の2時間は終えたのだけれど、とてもそれ以上のテニスができるような状態ではない。
 かくして6時間計画は泡と消え失せてしまう。健康福祉村を終えてパインヒルズに移動して、新年の挨拶だけをしてコートをあとにする。ううっ、情けない。

 翌日にも6時間の予定が入っていたのだけれど、泣く泣くキャンセルの連絡を入れる。

小澤マリア主演のフィリピン映画『ワンダー・ガール サムライ・アポカリプス(Nilalang)』を観る。
 いやはや、とんでもない怪作でありました。しかも、徹頭徹尾ダメダメな怪作であります。
 2015年のメトロマニラ・フィルム・フェスティバルで上映されて、9部門でノミネートされて、5部門で受賞した作品なのだけれど、本当に受賞したのか?と突っ込みたくなる。
 かなり長くなってしまうのだけれど、内容を紹介しよう(なぜ長くなってしまったかというと、突っ込みどころ満載で、その突っ込みを入れるのが楽しかったからなのだけれど…)。

 1602年、安芸。あの世から精霊や悪霊を召喚することのできる「石の書」を管理していた一族のトシヒロは、ある戦いに勝つために「石の書」の力を利用してザハグールという悪霊を呼び出してしまうが、「石の書」に頼らずに「我らは戦いで滅びるべきであった」と主張する弟のカズオによって討ち取られてしまう。だが、そのことによって呪いが生まれ、代々引き継がれていくことになってしまうのだった。
 時は過ぎ、舞台も日本からフィリピンへと移る。
 マニラで次々と発生する残忍な殺人事件。刑事のトニー(セザール・モンタノ)は、相棒の女性刑事ジェーン(メグ・インペリアル)とともに事件を追う。その事件は、2年前にナカズミが引き起こした猟奇的な連続殺人事件と似ていた。だが、ナカズミの事件は、トニーがナカズミを射殺したことでケリはついていたはず。ナカズミの模倣犯なのか? あるいは、なんらかのカルト集団による儀式のようなものなのだろうか?
 ところが、今度はトニーの恋人が事件の被害者となってしまう。ちなみに、なぜトニーの恋人が犯人から目をつけられたのかは、最後まで不明のままだ。
 恋人を殺されたトニーは浴びるように酒を飲み、空き地で拳銃を乱射しまくるのだった(いいのか?)。
 一方、ジェーンはかつて日本でも似たような殺人事件が連続したことがあり、その被害者の中にカズドウというヤクザの親分の姉がいたということをつきとめる。そのカズドウは現在フィリピンに住んでいて、「石の書」と「侍ダガー(脇差し?)」を保有しており、もしかすると事件と関係があるのかもしれないのだという。
 そのことを知ったジェーンは、なぜか唐突に「もう時間がないわ。過去最大の難事件よ。危険が迫っている。全員殺されるかも」と口走る。なにを根拠にこんなことを言い出したのかは、まったく理解不能ではあるのだけれど。
 トニーは事件解決の鍵を求めて、カズドウの娘、ミユキ(小澤マリア)のもとを訪れる。このミユキとトニーとがどういう関係なのかは、最後までまったく分からないのだけれど、協力を求めるトニーに対しミユキは「あたりまえじゃん。うちら兄妹みたいなもんなんだから。まあ、兄妹以上かもしれないけどね」と言って協力を約束する。そして、唐突に「ねえ、今夜は一緒にいたい」とトニーを誘うのだけれど、あやういところでトニーはとどまるのだった(なんじゃ、この奇妙な展開は?)。
 ちなみに、小澤マリアのセリフは、日本語のままだったり、英語だったりするのだけれど、日本語のセリフがそのまままわりのフィリピン人に通じているのはなぜなのだろうか? また、その他の日本人役の俳優も、日本語とタガログ語をチャンポンで使っているのだけれど、あまりにも珍妙な日本語ゆえに、日本語字幕にたいそう助けられることになるのだった。
 自宅に帰る気になれないトニーはジェーンの家に泊まり込むのだが(なぜ、恋人でもない女性の家に泊まる?)、その夜、ジェーンの家のお手伝いさんに悪霊がとりつきジェーンに襲いかかる。それをがんがん銃で撃つトニー。えっと、この時点では悪霊が取り憑いたとかは分かってなくて、単にお手伝いさんがジェーンに襲いかかっただけなのに、もう銃で撃っちゃうの? 逃げるお手伝いさんは車にはねられて死んでしまうのだが、その際、現場に駆けつけた車の運転手に悪霊は乗り移る。
 ちなみに、なんでジェーンの家のお手伝いさんに悪霊が取り憑いたのかはやっぱり謎のままなのだけれど、きっとトニーに危機が襲いかからないと映画が盛り上がらないというのが一番の理由なのだろう。
 トニーとジェーンはナカズミの墓を掘り起こすことにする。朝まで待てばいいものを、なぜかその夜のうちに掘り起こしに行く。なぜそこまで急ぐ? すると、今度は墓堀人夫に悪霊が取り憑き、ふたりに襲いかかる。なんとか墓堀人夫を撃退するのだけれど、トニーが行動するたびに、どんどん死体が増えていくぞ。しかも、悪霊に取り憑かれたとはいえ、死ぬのはすべて一般人だ。
 そのまま今度はミユキの父、カズドウの屋敷に乗り込んでいく。なぜ朝まで待たない?
 カズドウに「あなたは、私のお父さんだと思っています。助けてください」と頼み込むトニー。うーん、いったいトニーはこのヤクザの親分とどういう関係なのだろう?
 カズドウは「この事件を解決するためには、ことの発端から知る必要がある」として、過去の因縁を語り始める。なんと、2年前にトニーが射殺したナカズミはトシヒロの子孫で、カズドウはカズオの子孫だったのだ。「いつかザハグールが娘たちの顔を奪いに来ることを私は知っていた」とカズドウは言う。知っていたんかい? というか、「顔を奪う」ってなに?
 年老いてすでに娘を守る力がないかもしれないというカズドウは、「ザハグールをとめることができるのは君だけだ」と言って、「侍ダガー」をトニーに渡すのだった。
 その夜(長い夜だなあ)、悪霊はカズドウの屋敷に襲いかかり、ヤクザたちを惨殺し、ついにはミユキの妹のアカネ(ヤム・コンセプション)に取り憑いてカズドウに迫る。だが、娘の手を自分の血で汚さないためにカズドウは自害してのけ、アカネはそのまわりで舞いを踊ったのちに、自分の顔の皮膚を刃物ではぎ取って絶命してしまうのだった。
 トニーとジェーンはミユキを伴って、カズドウのビジネスパートナーであった骨董店主のジンシ(神氏)を訪ねる。ジンシは、遺体の傍らにおちていた1枚の紙が「石の書」の1ページであると教え、ザハグールを倒すには「石の書」の残りのページを手にいれ、そこに書かれている霊の名前を読み上げなければならないと説明する。
 そこで3人は「石の書」を手に入れるために「やくざ寺」におもむき、ミユキは「石の書」を守る侍と一騎打ちの戦いを経て、とうとう「石の書」を手に入れる。だけど、「やくざ寺」っていったい何なんだよ? 「石の書」を守っていた一族って何なんだよ? そもそも、「石の書」はカズドウが保管していたんじゃないのか?
 ま、それはそれとして、ようやく「石の書」が揃ったところで、ジンシは3人にザハグールを倒すために「ピナグラバナン通りへ行け」と告げるのだけれど、ジンシはどこからその地名を手に入れてきたんだ?
 というわけで、数々の謎を残したまま、トニーたちとザハグールの最後の戦いの時がやってくるのだった!

 いやあ、なにこれ? よく日本でDVDリリースしたなあ。突っ込みどころ満載というか、突っ込みどころしかないじゃないか。あまりにも脚本がずさんすぎて、ストーリー紹介に苦労してしまったぞ。
 そして、よくまあフィリピンを代表する名優のひとりであるセザール・モンタノがこんな仕事を受けたよなあ。もう少し、仕事を選べよ。
 もっとも、日本語字幕がついていなければ、これほどまでに突っ込みどころ満載の映画だとは気付かずに、けっこう楽しんでしまったのかもしれない。もしかしたら、ふだんから自分の見ているフィリピン映画って、日本語字幕がないから気がつかないだけで、こういうレベルの作品が多かったりして。いや、それだけはないと信じよう。
 ちなみに、この作品の日本における最大のセールスポイントは小澤マリア主演ということなんだろうけれど、この映画からはさほど魅力は感じられなかったなあ。でも、小澤マリア主演ということで日本でのDVDリリースが可能というなら、他にも小澤マリア主演のフィリピン映画は何本もあるので、それも日本でDVDリリースしてくれないかなあ。



2018.1.6(土)

▼娘の本棚から引っ張り出してきて葉鳥ビスコの『ウラカタ!!』3~4巻を読む。

▼イオンシネマ浦和美園にて『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』を観てきた。
 ネットでは絶賛の声が多かったので、それなりに期待していたのだけれど、自分的には「まあ、こんなもんかな」といったところ。そこそこ楽しめるものの、納得のいかない部分があまりにも多すぎる。
 ルークは煮え切らないし(ルークの行動原理はまるっきり理解できなかったぞ)、相変わらずフォースを巡っては「ダークサイドへおいでよ」「ダークサイドから戻ってきなさいよ」の応酬ばかりだし、敵のボスはまたしてもひと昔前のアニメにでも出てきそうな妖怪ジジイだし(もう少し意表を突いた造形はないのか?)、ミレニアム・ファルコンは今回も狭いところを飛ぶのが大好きだし、反乱軍の行動は常に場当たり的でまともな作戦はないし、パスワード破りのために雰囲気たっぷりに登場してきた新キャラはなんのために出てきたのか分からないまま退場してしまうし、かたっぽではものすごく追い詰められていて急がなければならないという場面なのに、それを救うために行動している別働隊はなんだか緊迫感がないし・・・、つまり、全体的に「なんだかなあ」という気分。
 それと、特攻隊的に自己犠牲で他を助けるという場面が多すぎる? 『ローグワン スターウォーズ・ストーリー』あたりでもその傾向が強かったのだけれど、本作ではまずしょっぱなにそういう場面があって、クライマックスでも特攻隊で仲間を救う行動があって(あれだったら、無人の戦艦を自動操縦で突っ込ませればいいじゃん)、さらに最後の最後でも特攻隊で敵の攻撃を阻止しようという場面が登場する。誰かが敵に突っ込めば仲間が救えるという場面の繰り返しって、要するに脚本での工夫が何もなされていないってことじゃないですか。そこをなんとか切り抜けるところに、映画的な快感があるというのに。
 というわけで、そこそこ楽しめたし、嫌いじゃないのだけれど、「いまいちかなあ。まあ、こんなもんなのかな」という程度にしか評価できない作品だったのでありました。


2018.1.5(金)

▼今日からお仕事。とはいえ、今日だけ出たら明日から3連休なんだけどね。
 早朝会議からスタートして、昨年から引きずっていた作業の続きをやって、集計表を納品して、社内で依頼された集計をやって、見積もりを提出して、やることやって午後から会社をお休みして病院へ。とにかく、咳が止まらないことには、夜ぐっすりと眠ることもできず、どんどんヘロヘロになっていくばかりなのだ。
 待合室では、他にもやたらと咳をしている人が多く、どうやら似たような症状が蔓延している様子。
 ま、喉が痛んで咳がひどいというだけでは、原因の特定はできないらしいのだけれど、とりあえずはガッツリと薬を出してもらう。
 ついでに、首にできていたイボを液体窒素で焼いてもらう。このために何回か通う必要はあるのだけれど、小さなイボでもやたらと目障りなんで仕方がない。来週はついでに血液検査のための採血もしてもらうことにする。なんだか、すべてついでだな(笑)

▼じゃっかん時間があったので、久しぶりに池袋の古本屋をまわってみることにする。
 池袋の古本屋、もう随分と長いことチェックを入れていない。

 まずは、「光芳書店東口支店」へ。
 外の均一棚にあった『フィリピン 長期滞在者のための最新情報55』という本を何気なく手にとって開くと、シンシア・ラスターこと大島由加里を取り上げたページが出てきて「こりゃ、買うしかないじゃん」ということになる。しかも、あらためてチェックしてみると、巻頭インタビューは女優のアイコ・メレンディスだ。「フィリピン映画最新事情」なんてページもある。いままでずっと「自分には関係のない本」だとばっかり思い込んでいたよ。1996年発行の本なので、内容的にはもちろん古いけれど、自分的にはかなり面白そうな本ではありませんか。

 次に光芳書店本店に向かうが、店のあったはずの場所に古本屋がない! さっきの東口支店に戻って「このあたりに光芳書店さん、別のお店がありましたよね」と聞くと、「西口のへいわ通りに1軒ありますけど、このあたりにはありませんよ」と言われてしまう。
 店員ですら把握していないってことは、よほど前に閉店してしまったものらしい。膨大な店頭在庫を抱えた古本屋さんで、けっこうマニアックな本も揃っていたのになあ。

 そこで、西口のへいわ通りにあるというお店を探すことにするのだけれど、スマホで検索するとへいわ通りがあるのは北口らしい。ま、池袋の土地勘のない自分にとっては、西も北もまったく分からないんだけどね。
 やたらと風俗関係のお店の並ぶあやしげな一画を通り抜けて、北口のへいわ通りに出て、そこをひたすら歩いて行くと「平和堂書店」という古本屋さんに遭遇する。よくよく見ると、店名に「光芳書店」という文字もあったので、「平和堂書店」という名前の「光芳書店」の支店であるらしい。
 品揃えはほぼさきほどの光芳書店東口支店と同じで、古いSM雑誌、エロ雑誌のたぐいが充実しているが、こちらの琴線に触れるような本はそれほど多くはない。あっても、きっちりとした値付けがなされており、それほどそそられない。結局、買う本はなし。
 それにしても、かつては池袋の至る所にあった光芳書店だというのに、いまではたったの2店舗に減ってしまったのか。諸行無常だなあ。

 そこから、「八勝堂書店」にまわる。閉店するということは聞いていたが、果たして昨年中の閉店であったか、それともまだ開いているのか…。辿り着いてみると、きっちり開いていた。ただいま閉店のための3割引セール中。
 ひととおり棚をチェックして、これといって自分が買うべき本もなかったのだけれど、朝日ソノラマ海外の『宇宙の操り人形』フィリップ・K・ディックを記念品として購入。600円の3割引きなので、420円だ。もちろんダブリ。

 続いて、その裏にある「夏目書房」をチェック。あれこれ気になる本はあるものの、なんとしてでも買っておきたいというほどの本はなく、結局手ぶらで店を出る。ま、最近はこんなパターンだよね。

 池袋古本屋めぐりは以上で終了。うーん、かつては池袋だけでまる1日は楽しめたのになあ。なんとも寂しい限りだ。

▼DVDで下村勇二監督のハイパーアクション映画『リボーン』を観る。
 はっきり言って、アクションシーン以外は僕の好みではない。自己満足的なひとりよがりのセリフやシーンが多く、感情的に盛り上げようというシーンもいささか陳腐。だが、アクションシーンになるとガラリと世界が変わる。アクションのテンションが異様に高い。完全にアクションに淫した異形の映画なのだ。とてつもなく高いレベルで構築された密度の高いアクションがひたすら続くのだ。しかも、そのアクションがきわめてリアル。
 ドラマの部分がもう少しなんとかなっていたら、とんでもなく完成度の高い映画となっていただろうけれど、残念ながらアクション以外の部分はアマチュア映画っぽい仕上がりとなってしまっている。


2018.1.4(木)

▼喉の具合はさらにひどくなっていて、昨夜はツバを飲み込むのも辛いくらいだった。いちおう、喉の荒れを押さえる薬を飲んではいるのだけれどねえ。

▼それでも頑張って(無理して?)、インド映画『バーフバリ 王の凱旋』を観るために嫁さんと新宿へ出る。
 いやあ、すごかった。もう、「すごかった」としか言いようがない。その圧倒的なパワーにとことん打ちのめされてしまう。
 嫁さん曰く「今年はあと、何の映画を見ようと、すべて薄味にしか思えないんじゃないだろうか?」。
 まさに、そういう映画だった。これこそが映画。これこそが娯楽映画。これこそが映画館で観るべき映画。映画を映画館で観る快感、至福がたっぷりと詰め込まれ、それがギュッとギュギュッと超濃縮されたような映画でありました。いやはや、正月早々からすごいものを観てしまった。ほんと、すごいとしか言葉が見つからない。



▼映画のあとは、「上海小籠包 厨房 阿杏」でランチ。
 毎日、この店の入っているビルの前を通るので、すごく気になっていたお店なのだけれど、まったく入る機会がなかったのだ。
 焼き小籠包4個+豚角煮麺のセットを食べたのだけれど、傷んだ喉に優しいまろやかなスープの麺で、むちゃくちゃ美味しかった。
 昼時をはずしたにもかかわらず、小さな店内はお客さんでいっぱい。人気のあるお店なんでしょうね。

▼帰宅するなり、起きていられずに1時間ほど仮眠をとってしまう。『バーフバリ 王の凱旋』に体力を根こそぎ持っていかれて、起きていられなかったのだ。

▼さあ、明日から仕事だけれど、喉が痛くて会社になんか行きたくないなあ。いやはや、まったく。


2018.1.3(水)

▼今日は、茨城の息子の家に両親と娘を乗せて遊びに行く。
 が、その前に南浦和の丸広百貨店でお買い物。特に大事なのは孫が喜ぶイチゴのたっぷりと乗ったケーキ。そして、自分はメガネ売り場で鼻パッドの交換。
 鼻パッドは無料でつけてもらえました。眼鏡市場さん、ありがとう。

▼そして、息子の家へ
 最近、孫は強い風が怖くて、風の吹く日には外に出ようとしない。つむじ風で枯れ葉が自分のまわりをグルグルまわって以来、怖くなってしまったらしいのだ。なので、今日は屋内だけで遊ぶ。勝手知ったる我が家で遊ぶ分には、とっても元気だ。
 アンパンマンの大好きな孫だが、名前を言えるキャラクターが飛躍的に増えていた。いままではアンパンマン、ばいきんまん、チーズ、ドキンちゃんぐらいだったのに、しょくぱんまん、カレーパンマン、あかちゃんまんなどなど、名前を言えるようになっている。いやあ、賢い子だ(笑)

 息子はようやく結石が出たようで、元気になっていた。よかったよかった。


2018.1.2(火)

▼先月の28日からずっと喉の調子がおかしいのだが、症状はどんどん悪化しており、夜中にも咳がとまらず、眠りがむちゃくちゃ浅く途切れ途切れとなってしまっている。
 そのせいか、明け方に延々と長い夢を見ていた。その夢の中で僕はインド映画『バーフバリ 王の凱旋』を観に行っているのだけれど、1歳ぐらいの男の子と4歳ぐらいの男の子を連れた男性が来て、僕の隣の席にその1歳ぐらいの男の子を座らせるのである。その子がじっとしていないので、映画に集中できずに困惑していると、今度は4歳ぐらいの男の子が椅子の下に座り込んでマッチに火を付けて遊び始めるではありませんか。「こら、映画館の中で火遊びをするんじゃない」と叱ると、父親が「いやあ、すみませんねえ」とか言うのだけれど、ぜんぜん子どもからマッチを取り上げようとしない。
 とまあ、長い長い夢の一部がそんな感じだったのだけれど、なんでそんな夢を見たかなあ。ちなみに、夢の中で見た『バーフバリ 王の凱旋』は途中で休憩時間を挟んでいて、その前半しか見られなかったのだけれど、むちゃくちゃ退屈していて「ま、前半はこんなもんだよな。きっと、後半がすごいんだよな」とか言っていたのだけれど、ほんと、なんでそんな夢を見たのだろう?

▼今日は嫁さんの実家へ
 義父も亡くなり、いまは年老いた義母と脳の手術の後遺症から職を離れた義弟の二人暮しとなった実家である。
 義母のいまのいちばんの楽しみは“ひ孫”なので、年始の品はひ孫の最新のビデオである。
 駅伝を見て、ラグビーを見て、さっそくひ孫のビデオの鑑賞タイム。嫁さんと義母とでビデオを見ながら「孫がいかに可愛いか、孫がいかに賢いか」という話題で盛り上がる。完全なバババカだよね。

▼帰宅すると、いつの間にか室内用のメガネの鼻パッドが片方なくなっているのに気がつく。いやあ、これは困った。さっそく明日にでも修理に持っていかないと。

▼羅川真里茂の『ましろのおと』16~19巻を一気読み。いつの間にか娘が買ってきてあったのだ。楽しみにしているマンガなんだから、買ってきたらちゃんと報告しろよな。


2018.1.1(月)

明けましておめでとうございます。
 すでに、誰に読んでもらおうとも思っておらず、あくまでも自分の覚え書きのために書いている日記にすぎないのですが、とりあえず今年も続けております。自分の覚え書きのためだったら、なんで公開しているんだろうね?
 いま、この「ガラクタ風雲」でいちばん力を入れているのはフィリピン映画のレビューのような気がするので、ほんのちょっとでも興味のある方は、時々「僕が見てきたフィリピン映画」のコーナーを覗いてみていただければと思っています。

▼今日は、家族で近所の神社に初詣に行ったあと、家のすぐ近くにあるブックオフをチェック。今日から2割引セールをおこなっているのだけれど、特に2割引だからという理由で買いたくなるような本はなし。というか、ブックオフの本、値段が高くなったよね。比較的新しい本は定価の2~3割引程度。それで買いたくなるような本は、新刊で買います。新刊では買わないけれど、安いからという理由で買うのがブックオフなのに。特に我が家の近くのブックオフは「108円コーナー」を撤廃してしまったので、まったく魅力がなくなってしまった。
 それでも、『ベイビーステップ(45)』を購入。

▼弟夫婦が遊びに来て、テレビを見ながらひたすら食べる。
 やばい。どんどん体重が増えている気がする。

▼勝木光『ベイビーステップ(45)』を読み、手塚治虫『W3(ワンダースリー)』全2巻を読む。
 『W3』は随分と久しぶりに読んだのだけれど、やっぱりこれはいいなあ。特にラストの持っていき方が素晴らしい。ホロリとさせられてしまうではないか。


2017.12.31(日)

▼机のまわりを整理していると、娘がマンガや文庫を処分するというので、こちらも処分する本をダンボール2箱分プラスしてブックオフに持ち込む。
 全部で227冊で3240円。そこにサービス券が600円分プラスされる。
 で、僕の手元に入ったのがサービス券600円分と500円玉1枚で、あとはすべて娘の財布の中に。あれ? なんかおかしいぞ。

 しかも、査定を待っている間に手にしてしまった本が8冊で、2068円。赤字じゃん!

▼というわけで、今日買った本。
『宇宙戦艦キャプチュア』ロン・ハバード(サンリオSF文庫/初版)108円
『毒ガス帯』コナン・ドイル(創元推理文庫/初版)108円
『黒涙』月村了衛(阿非新聞出版/初版)510円
『心の流浪 挿絵画家・樺島勝一』大橋博之(弦書房/初版)910円
d『魔島』ケネス・ロブスン(ハヤカワ文庫SF/初版)108円
d『ブロンズの男』ケネス・ロブスン(ハヤカワSF文庫/初版)108円
d『太陽系無宿』アンソニイ・ギルモア他(ハヤカワ文庫SF/再版)108円
d『お祖母ちゃんと宇宙海賊』ジェイムズ・マッコネル他(ハヤカワ文庫SF/再版)108円

 だから、ちょっと古い自分の好きだったSFがあると、ついつい買ってしまうのはやめなさいっての。


2017.12.30(土)

▼朝いちで茨城まで行って息子を病院に連れて行き、簡単な診察を受けて1週間分の痛み止めを出してもらう。
 まあ、1週間もあれば結石も出てくるでしょう。

 ま、それにかこつけて孫と遊ぶことができたからいいんだけどね。

▼孫の動画を「らくちん動画変換4」というソフトを使ってDVDに焼こうとしたら、DVDが入っていないもしくは空のDVDを入れろというエラーメッセージが出てきた。
 うーん、この状態は内蔵DVDドライブが壊れて外付けDVDドライブを買ってきた時と一緒だぞ。
 あの時は、内蔵DVDドライブのデバイスを無効にすることで解決したのだけれど、もしかしたら先日のWindowsのアップデートでまたデバイスの設定が戻ってしまったのかもしれない。

 そこで、さっそく内蔵DVDドライブのデバイスを無効に設定しなおして再起動をかけたら、無事にソフトが動くようにな る。やっぱり、同じコトが原因だったか!


2017.12.29(金)

▼今日は朝からキッチンまわりの掃除。ガスコンロやガスコンロまわり、それから天井の換気扇やレンジフード、かたはしからマジックリンで油汚れを落としていく。
 それが終わったら玄関まわり。テニスラケットのケースを片端から処分。ラケットそのものも余っているので、処分すべきなんだけど、なんとなく処分しそこねてしまうなあ。
 そして、小さな網戸や小さな窓をきれいにして、最後に我が愛車ジョグ之助をピカピカに磨いてやる。

 よし、今日はやることやったぞ。

▼息子に連絡をとると、いまだに結石が出てきていないようで、かなり辛そうだった。
 病院でもらってきた痛み止めももう切れているはずなので、「病院に行ったか?」と聞くと、病院には行かずに近所の薬局で市販の痛み止めを買ってきたと言うので「それじゃダメだから病院に行け」と言うと、「痛くて病院に行けない」とほざきやがる。
 仕方がないので、明日は朝いちばんで息子のところに行って病院に連れて行くことにする。

▼フィリピン映画『Ang manananggal sa unit 23B』を観る。

 タイトルを日本語にすると『23B号室のマナナンガル』。
 「マナナンガル」というのは、フィリピン土俗の妖怪で、日中は人間の女性の姿をしているのだが、夜になると背中にコウモリのような翼の生やし、下半身から切り離された上半身だけで空を飛び、人間を襲って血を吸うのだとされている。つまり、タイトルを観る限りでは、この映画は人間を襲う妖怪を題材にしたホラー映画ということになる。
 ところが、予告編を観ると、ぜんぜんホラー映画っぽくない。なんだか、スタイリッシュな映像で、音楽もおしゃれで、アート系映画のような予告編なのである。しかも、プロデュースしているのは、『ダイ・ビューティフル』のジュン・ロブレス・ラナ監督。ということは、タイトルに「マナナンガル」という言葉を使ってはいるが、ぜんぜんホラー映画ではないのではないだろうか。そう思っていた。
 で、実際に観てみると、こんな映画だった。

 都会にただひとり、孤独な暮らしをしている女性ジュウェル(ライザ・セノン/Ryza Cenon)。
 ある日、ジュウェルの住むアパートに祖母とふたりで暮らす青年、ニコ(マーティン・デル・ロサリオ/Martin del Rosario)が引っ越してくる。
 ふたりは仲良くなり、互いに恋心を抱くようになるのだが、実はジュウェルには誰にも言えない秘密があった。夜になると発作をおこしてのたうち回ったかと思うと、その後で妖艶な装いで出かけては男を漁り、その相手の男性は必ず腹を裂かれた死体となって発見されるのだった。
 ジュウェルが他の男と出かけていく姿を見かけたニコは、失望してジュウェルと距離を置こうとする。だが、ニコの祖母が倒れ、意識のないまま入院してしまう。なんとか入院費用を工面しようとするニコだったが、どうしてもお金を用意することができない。そこに現れたジュウェルが入院費用をニコに手渡し、ふたりの恋は再燃する。
 しかし、ニコの祖母は病院のベッドで静かに亡くなってしまう。落ち込むニコ。慰めようとするジュウェル。自然とふたりは口づけを交わすのだが、お互いの唇をむさぼる行為がジュウェルの脳裏で人間の内臓をむさぼる自分の姿に重なり、あわてて自分の部屋へと逃げ帰る。そして、そこでいつもの発作を起こし、とうとうマナナンガルに変身して窓から飛び出そうとするところを、後から追ってきたニコに観られてしまうのだった。

 というわけでホラー映画ではあるのだけれど、最後の最後でジュウェルがマナナンガルに変身するシーンが出るまでは、スタイリッシュな映像で撮られたミステリアスな映画というおもむきなのである。本当はジュウェルはマナナンガルなどではなく、最後にどんでん返しが仕掛けられているのではないだろうかとすら思ったのだけれど、本当にマナナンガルに変身するシーンが出てきてびっくりしてしまう。
 のたうちまわるジュウェルの背中がぱっかりと裂けて(『遊星からの物体X』を思い出したぞ)、そこから巨大な翼が生えてきてというシーンをけっこうリアルに描いているのだ。もっとも、上半身が下半身から引きちぎられるシーンは適当にぼやかしていたけれど。
 しかし、そもそもこういうリアルな映画に、マナナンガルのような荒唐無稽な存在を持ち込むのは不可能だろうと思うのが普通の感覚だろう。だが、この監督はそれをやってしまったのだ。なんと大胆な。
 その大胆なことをやってしまった監督の名前はプライム・クルーズ(Prime Cruz)という。
 第11回大阪アジアン映画祭で上映された『眠らない(Sleepless)』が監督デビュー作で、そのあとテレビシリーズ、短編映画をはさんで、本作が劇場映画2作目となる。そして、3作目がジェラルド・アンダーソン&アルシ・ムニョス主演の恋愛映画『Can We Still Be Friends?』、4作目が『The Debutantes』というホラー映画となる。けっこう、ホラー映画の好きな監督なのかもしれない。
 主演のふたりは、テレビドラマが活躍の中心となっている俳優のようで、僕はまったく知らなかった。
 そして、前述したように『ダイ・ビューティフル』のジュン・ロブレス・ラナ監督がプロデュースに名を連ねている。まあ、ジュン・ロブレス・ラナ監督もB級ホラー映画を撮っていたりするからね。

 さて、目の前で愛する女性がマナナンガルに変身する姿を見てしまったニコがどういう行動に出るのか…、映画の結末は敢えて書かないが、正直「えっ、これで終わりなの? こういう終わり方なの? これで終わっちゃっていいの?」と、かなり拍子抜けしてしまったことだけは書いておこう。いやあ、この終わり方でフィリピンの観客は納得するのか?


2017.12.28(木)

カミ『ルーフォック・オルメスの事件簿』盛林堂ミステリアス文庫を読了。
 創元推理文庫の『ルーフォック・オルメスの冒険』に収録されなかった3本の作品を収録した自費出版本。この収録作のうち、水谷準の訳した中編「処女華受難」は、むちゃくちゃぶっとんだ作品で、とっても大好きなのだ。
 ただし、この3本だけでは1冊の本にするには分量が足りないので、本書の編者である北原尚彦氏と、ハチャメチャ小説で一世を風靡した横田順彌氏のふたりが書いたオリジナルのルーフォック・オルメス物2編が収録されている。北原尚彦氏の「宝石泥棒ムササビ男」は、創元推理文庫のルーフォック・オルメスをしっかりと読み込んだ上で書かれており、オリジナルの雰囲気がとてもよく出ている。

▼年内のお仕事は今日まで。
 通常なら、午前中にお世話になっているクライアントのところに挨拶に行って、午後は会社の掃除をしたりするのだけれど、ここ数年、年内の最終日も仕事に追われていることが多く、今年もやっぱりやることが山のようにあって、挨拶まわりも掃除もできず。ひたすらパソコンに向かって、年内に終えなければいけない仕事に追いまくられる。

▼それでも、なんとかやるべきことを終えて、会社の近くのちょっとよさげな飲み屋で打ち上げ。日本酒にこだわりを持った店主のお店で、あれこれおいしい日本酒を飲む。

▼そのあとは、ゴールデン街にまわって、「深夜プラス1」へ。今日は日本冒険小説協会の会長だった内藤陳さんの命日なのだ。だけど、特にそのことを口に出してどうこうということはせず、いつものようにただ酒を飲み、常連さんと楽しい話をする。それでいいのだ。


2017.12.26(火)

カミ『ルーフォック・オルメスの冒険』創元推理文庫を読了。
 いやあ、くだらない。実にバカバカしい。でも、楽しいぞ。あまりにもバカバカしすぎて、それがなんとも素晴らしい。
 このルーフォック・オルメスのシリーズは、1976年に出ている出帆社版の『ルーフォック・オルメスの冒険』で読んではいるので、そのあきれかえるほどのバカバカしさを知らないわけではないのだけれど、こうしてあらためて読み返してみると、見事なまでにすっ飛んで発想にひたすら喜んでしまう。
 しかしまあ、よくぞこれを日本語に訳したもんだなあ。

▼フィリピン映画『D'LUCKY ONES!』を観る。
 2016年2月29日に亡くなってしまったウェン・V・デラマス監督の2006年の作品だ。

 ティナ(ユージン・ドミンゴ/Eugene Domingo)とレア(ポクワン/Pokwang)は、フィリピンを代表する大女優ヴィルマ・サントス(Vilma Santos)の熱狂的なファンという堅い絆で結ばれた大親友。ふたりは、それぞれの子ども、ラッキーボーイ(ジョセフ・ビタンコル/Joseph Bitangcol)とラッキーガール(サンダラ・パク/Sandara Park)をゆくゆくは結婚させようと誓い合っていた。
 レアが韓国人の男性と結婚していたために、韓国で暮らしていたレアとラッキーガールのふたり。だが、かつての誓いを実行するためにフィリピンへとやってくる。ただし、幼い頃の行き違いからラッキーボーイを憎んでいるラッキーガールは、ラッキーボーイと結婚する気などこれっぽっちもなく、フィリピンに着くなり母親のもとから逃げ出してしまう。
 そこでたまたま出会ったのがラッキーボーイなのだが、子どもの頃の顔しか知らないので、相手がにっくきラッキーボーイであるということに気がつかない。気がつかないまま、この人こそ私の運命の人と思い込んでしまう。ラッキーボーイはこれさいわいと、幼い頃に受けた恨みを晴らすべく、あれこれいやがらせを画策するのだが…。

 とまあ、なんとも他愛のないコメディなのだけれど、さすがはデラマス監督でそれなりに楽しめてしまう。特におかしいのが、ヴィルマ・サントスの熱狂的なファンであるティナとレアが、なにかというとヴィルマ・サントス主演映画のヒロインになりきってしまうというところ。シリアスな場面でシリアスな台詞を口にしていたかと思うと、それがすべて映画の中のヴィルマ・サントスの台詞だったりするのだ。ヴィルマ・サントスの映画を観てきたフィリピン人なら、どの映画のヒロインになりきっているのかがよくわかって、大爆笑したのではないだろうか。
 とにかく、ユージン・ドミンゴとポクワンのふたりのコメディエンヌの演技合戦がこの映画の見どころのひとつとなっているのは間違いのないところ。

 そして、そのふたりとは対極の、清々しい姿を見せてくれているのがジョセフ・ビタンコルとサンダラ・パクの若いカップルだ。特に注目なのが、ラッキーガールを演じているサンダラ・パク。
 彼女はフィリピン人ではなく、韓国人なのだけれど、幼い頃に両親の仕事の関係でフィリピンに移住し、2004年にタレント発掘番組『スター・サークル・キャスト』を経て芸能界入りしている。
 ちょっと若い頃の桜田淳子に似た雰囲気があって、実に可愛い。フィリピン人とは異なる、色白であっさりした顔立ちが人気につながったのではないだろうか。
 2007年には活動の拠点を韓国に移し、人気ボーカルユニット2NE1のメンバーのひとり「ダラ」として活躍することになったので、出ているフィリピン映画はそう多くはない。
 2004年にデラマス監督の『Volta』に本人役でカメオ出演しているらしいのだけれど、本格的な映画デビューは同じく2004年の『Bcuz of U』(監督がMae Czarina Cruz、Cathy Garcia-Molina、John-D Lazatinの3人て、なにその豪華すぎる顔ぶれ!)。そして、2005年にHero Angelesと共演した『Can This Be Love』、2006年に本作、2007年に「東京国際シネシティフェスティバル」でも上映された『スーパー・ノイピー(Super Noypi)』に出て、それでフィリピンを離れてしまっている。

 さて、映画の方だが、やがて子どもの仲違いが原因で親友だった母親同士の大喧嘩へと事態が発展してしまい、親を仲直りさせるために今度は子ども同士が手を組むことになってしまう。ところが、どんなにふたりが頑張っても親の中は戻らない。そこで思いついたのが、ふたりの親が絶対に言うことをきくあの人に登場してもらうということだった!
 というわけで、最後はヴィルマ・サントスが本人の役で登場してきて、めでたく事態が収拾する。なんともおめでたい、まるで正月映画のような作品なのでした。


2017.12.24(日)

▼朝の7時に息子の嫁さんから電話が入り、息子が尿管結石で入院することになりそうだという。昨日はまったくそんな様子もなかったのだけれど、早朝から痛がりだして、朝いちばんで病院に駆け付けたのだという。
 入院するとなると、書類に保証人として嫁さん以外のサインも必要になると言うので、テニスの予定をキャンセルして大慌てで茨城に車を走らせる。

 しかし、そういう時であっても、車のエンジンをかけた瞬間、カーナビがとっても明るい声でこう言うのだよ。
「メリー・クリスマス♪」

 おめえよお、少しは空気を読めよ。メリー・クリスマスなんて言ってる場合じゃないだろ。

▼息子の家に寄って、うちの嫁さんが孫と留守番をすることにして、息子の嫁さんと病院へ。
 CTスキャンの結果、左の尿管に結石があるものの、さいわい小さな結石だったので、入院する必要はないということになった。
 あとは、とにかく水分をたくさんとって、おしっこと一緒に石が出てくるのを待つしかない。
 痛み止めの薬を出してもらって、家に戻る。

 朝早く、まだ真っ暗なうちから小さな孫を連れて病院に行ったりして、お嫁さんもヘロヘロになっているので、息子とお嫁さんにはゆっくり休んでもらうことにして、うちの奥さんとふたりで孫の子守り。
 近くの公園をハシゴして、駅の近くまで行って大好きな電車を観せて、孫はたっぷりと遊べたのだけれど、こんどはこっちが疲れ果ててヘロヘロだ。
 まさか2日連続で茨城まで車を走らせることになろうとは思わなかったぞ。


2017.12.23(土)

▼息子夫婦の家へ行き、孫を拉致して柏の葉にある「モラージュ柏」へ。前に、ここにあるキッズコーナーに孫を連れて行ったら、大喜びで遊んでくれたので、また喜んでくれるだろうと連れて行ったのだけれど、なぜか今回はそれほど喜んでくれない。なぜだ?
 1時間分の入場料を払ったのだけれど、仕方がないので1時間も滞在せずに撤退。
 それでも、店内のあちこちで孫と遊び、昼過ぎに近くのファミレスに移動して食事。孫と一緒だと、食事もたいそう楽しい。

 その後、移動途中にあった「戸頭公園」というところで遊ぶ。
 その公園の一画でスラックライン(木の間に張った平べったいラインの上に立ったり、ジャンプしたりするスポーツ)をやっているグループがいて、それを見て孫は大興奮。自分も一緒にやっているつもりになって横でピョンピョン跳ねていたかと思うと、やおらにラインに向かっていこうとしたので、あわてて押しとどめる。
 「ボクもやる」って、はっきり言ったのにはビックリ。ちゃんと言葉が日本語になってるよ。


2017.12.22(金)

清水勲『「漫画少年」と赤本マンガ』ゾーオン社を読了。
 「漫画少年」の創刊から廃刊までの流れを丁寧に追いながら、今では忘れられた幾多のマンガ家たちを紹介し、同時に当時の赤本マンガにどのような作品があったのかを描いていく。同様の本はあれこれあれども、リアルタイムで読んでいた本を、当時の読者がどのように読んでいたのかを愛読者の立場からレポートしているという点が他にはない強みとなっている。しかも、研究者として収集した貴重な発言の数々も盛り込まれている。ただ、欲を言うならば、もっともっとディテールに踏み込んでいって、もっともっと分厚い本として読んでみたかった。


2017.12.20(水)

金子達仁『プライド』幻冬舎を読了。
 高田延彦とヒクソン・グレイシーがリングで戦った20年前の試合を題材としたノンフィクション。これが実に面白かった。壮絶に面白かった。
 どういう流れでこの試合が成立したのかという詳細を描くことで、試合当日の高田延彦のメンタルがどのようなものであったのかということが否応なく見えてきてしまうのだ。勝てるわけのない試合だったと言っていいだろう。
 そして、高田延彦というプロレスラーの凄さと、ヒクソン・グレイシーという格闘家のもの凄さも、しっかりと見えてくる。
 僕は格闘技に関してはまるっきりの門外漢なのだけれど、それでいて夢中にさせられる1冊だった。


2017.12.18(月)

原田マハ『キネマの神様』文春文庫を読了。
 原田マハは読んだことがなかったのだけれど、嫁さんが「よかった」と言っていたので、読んでみた次第。
 映画ファンにとってのファンタジーともいうべき小説。これは、映画が好きな人間なら、誰もがズキューンとハートを撃ち抜かれてしまうだろう。かくいう自分もすっかりやられてしまった。
 片桐はいりの解説もとてもよかった。


2017.12.17(日)

▼昨日あやうく行きそうになって十条から引き返した用事に出かけていく。下北沢でフィリピン短編映画の上映会があるのだ。
 家を出る前に、「間違いなく今日だよな」と繰り返し確認する。

▼下北沢に着いたところで、まずは会場に向かう途中にある「ドラマ下北沢 古本販売店」をチェックして、インド映画のパンフレット『ムトゥ踊るマハラジャ』と『ボリウッド4』を購入。
 『ムトゥ踊るマハラジャ』のパンフレットは、表紙にシネマライズと入っているバージョンで、自分が持っているのとはデザインが違っているような気がするのだが…。
 『ボリウッド4』は、「きっと、うまくいく」「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦」「タイガー 伝説のスパイ」「命ある限り」を上映した時のものなのだけれど、こっちは持っているような気がするなあ。

フィリピン短編映画上映会の会場は下北沢トリウッドというところ。昨年の日記を見ると、12月4日に同じく下北沢トリウッドでこの上映会に来ている。

 会場に着いたところで、主催者の永井さんから「お待ちしてました」とにこやかに声をかけられる。
 永井さんとは昨年の同じ上映会で初めてお会いして、その後、映画祭でフィリピン映画が上映された時に遭遇して一緒に映画を観たりしている。

 この上映会、海外青年協力隊としてフィリピンに行っていた人たちが中心となって活動しているAngatという団体が、シネマラヤ映画祭に足を運んで自分たちで作品を選定し、自分たちで監督と交渉して上映の許可を得て、自分たちで日本語字幕を入れて、それで上映している。手弁当、手作りの上映会なのだ。
 さいわい、相模原市から助成金が出ているとのことで、入場料はすべてフィリピンのために寄付できるのだという。僅かではあっても、自分のお金がフィリピンのために役立ってくれるというのは、とても嬉しい。

 11時半になったところで主催者の永井さんからひとこと挨拶があって上映が始まる。

『Sa Kanunay, Brenda (Always, Brenda)』
 昨年の上映会で上映された『Ina-Tay』のChloe A. Veloso監督の作品。
 5分23秒というきわめて短い作品で、LGBTの問題を扱っている。
 中年男性である主人公が妻を裏切って、酒場で待ち合わせをした女性と浮気をしていると思わせておいて実は…。
 昨年観た『Ina-Tay』はテンポのいいコミカルな作品だったが、本作はまったく違っていて、終始暗いトーンを貫いたほとんど動きのない一幕物であった。
 ちょっと短すぎて、「えっ、これで終わったの?」という印象を持ってしまった。

『Pusong bato』
 昨年の上映会で上映された『Fish Out of Water』という作品で撮影を担当していたMartika Ramirez Escobarがメガホンをとった24分の作品。
 1970年代に青春映画のスターとして人気のあった女優、シンタ・デラ・クルーズ。だが、いまでは落ちぶれて、過去の自作をビデオで観て過ごすような日々を送っている。ところがある日、大きな地震とともにひとつの石が彼女のもとにやってくる。それから彼女は、その石と一緒に暮らすようになるのだが…。
 主人公の若い頃の映像が、ビデオの映像として繰り返し出てくるのだけれど、その映像が実に雰囲気があってとてもいい。Anna Derocaという女優が若い頃の主人公を演じているのだけれど、いかにも1970年代といった感じがよく出ている。それに比べて、凋落した現在の映像がとてもリアルで、なんとも痛々しい。
 ラストシーンの意味がいまいちよく分からなかったし、そもそも石がなんだったのかが伝わって来ないので、そのあたりにフラストレーションが溜まってしまう。過去の映像パートが輝いているだけに、なんとももったいない。
 ちなみに、歳を取ってからの主人公を演じているMailes Kanapiは、『Etiquette for Mistresses』『Beauty in a Bottle』など非常に多くの映画に出ている女優で、実は彼女が出ている『Patay na si Hesus』という作品には、昨年、この上映会のゲストとして来日したAlbert Chan Paranも出演している。ほんの何本かの短編映画を観ただけで、こうやって人と人とが結びついていくのがなんとも面白い。

『Asan si Lolo Mê?』
 監督は2本目に上映された『Pusong bato』の編集を担当していたSari Estrada。さらに言うなら、『Pusong bato』のMailes Kanapiが出ていた『Beauty in a Bottle』のスタッフのひとりでもある。かくして、ここでも映画人同士の結びつきが見いだされるわけだ。
 本作は、2014年のシネマラヤ・インデペンデント・フィルムフェスティバルにおいて最優秀短編賞を受賞している。上映時間は20分。
 おじいちゃんが亡くなってしまったのだけれど、おじいちゃんのことが大好きな幼いベンベンにそのことを伝えることができないベンベンのママ。そんな時になぜか道ばたで白ヤギに遭遇してしまったママは、ベンベンに「これがおじいちゃんだよ。おじいちゃんがヤギに姿を変えちゃったんだよ」と説明するのだけれど。
 なかなかユーモラスな作品で、オチまできっちりついて楽しむことができた。今回上映した中では、この作品がいちばんスッキリしていて自分の好みにもあっていた。
 ちなみに、ママを演じているSheen Generは、東京国際映画祭で上映されたPaolo Herras監督の『レカドス食堂』、ラヴ・ディアス監督の『北(ノルテ) 歴史の終わり』などに出ているのだけれど、2本目の『Pusong bato』のMailes Kanapiや、昨年来日したAlbert Chan Paranが出ている『Patay na si Hesus』にも出ている。
 スタッフもキャストも、みんな繋がりあっているのが、フィリピン短編映画の世界なのだろう。

 意図したわけではないのだけれど、3本とも女性監督の作品である。
 一般の長編映画でも、女性監督の割合が日本に比べるとはるかに高いようなので、それだけフィリピンの映画産業は女性が活躍しやすい環境が整っているのだろう。

 こうしたフィリピンの短編映画を日本語字幕付きで観るという機会は他にはまったくないので、非常に貴重な機会ではある。ただし、集客と言うことを考えると、なかなか難しいだろうとは思う。ただでさえフィリピン映画を観ようなどという人間が少ないところに、短編映画を観ようという人間はさらに少ないだろう。
 それでも、30人ぐらいは観客がいただろうか? どういう人が来ていたのか、とっても気になるところではある。

 自分たちで入れた日本語字幕は、さすがにプロが入れた字幕のようなわけにはいかず、ところによっては読み切れないうちに消えてしまったりして、やはりそう簡単ではないのだろう(日本語字幕に関する基本的な知識については、太田直子の一連のエッセイをオススメしたい)。
 来年もこの上映会を開催する予定とのことだが、今度は短編映画ではなく、日本の映画祭で上映されたフィリピン映画を持ってこられないものかというようなことも視野に入れているらしい。いずれにしても、日本でフィリピン映画を観ることのできる貴重な機会なので、継続してもらいたいものである。

▼上映終了後は、近くにある「旅カフェGIFT」という喫茶店に場所を移して、ランチを食べながらの懇親会に参加。
 青年海外協力隊としてフィリピンに行っていた人たちの話が実に面白い。どっぷりとフィリピンの話題に漬かった時間を過ごすことができたのでした。

▼皆さんと別れて、下北沢の古本屋まわり。

 まずは「古本ほん吉」。相変わらずいい本が並んでいるなあと思いながらも、1冊も買わず。欲しい本はあれこれあることはあったのだけれど。

 続いて「古書ビビビ」で4冊購入。
『ワンダースリー(1&2)』手塚治虫(秋田書店)
 『ワンダースリー』は舞台を観て、原作を読み返したいと思いつつも、なかなか古本屋で遭遇することがなかったのだけれど、ようやく買うことができた。
『三つの珠』石森章太郎(虫プロ 石森章太郎漫画選集/初版函)
 虫プロの石森章太郎漫画選集は、通常はプレミア価格のついている本なのだけれど、それが250円という格安で置いてあったので、ついつい購入。
『発酵人間』栗田信(戎光祥出版ミステリ珍本全集/再版)
 収録されている長編小説は2本ともオリジナル版を所有しているので新刊では買わなかったのだけれど、1000円という値段に負けて買ってしまう。いい機会だから、この怪作を再読してみましょうか。
 ちなみに、ここのお店には僕好みのマイナーな翻訳小説などがたくさん並んでいるのだけれど、「さすがにこの本をこの値段じゃ買わないよな」という強気の値付けの本が多くて、なかなか手が出なかったりするのでした。

 線路を越えて「古書明日」。
『ステンレス・スチール・ラット 諸君を求む』ハリイ・ハリスン(サンリオSF文庫/初版)
 店頭の100円均一棚にサンリオSF文庫が紛れ込んでいたので、ついつい購入。『ステンレス・スチール・ラット』のシリーズは、サンリオSF文庫の中では安く出ることの多い本だけれど、100円なら買ってもいいよね。
 問題は、このシリーズが自分のところに揃っているのかどうか、まるっきり分からないってことなんだけれど。

 最後に「クラリスブックス」を覗いて、ここにもいい本がたくさん並んでいるのだけれど、自分のドストライクの本があったわけではないので1冊も買わず。

 それにしても下北沢、いい古本屋さんが並んでいるよなあ。羨ましい。

フィリピンでロングセラーになっているミステリ小説がある。
 『Smaller and Smaller Circles』というタイトルで、マニラのゴミ処分場から顔の皮膚を剥がされ、内蔵を抜き取られた少年の死体が続々と発見されるという猟奇的な事件を扱ったもの。エンターテイメントとして面白いだけでなく、フィリピンの社会問題を鋭くえぐり出した作品とのことだ。
 現在、フィリピンではこの作品を原作とした映画が上映されている。
 そして、この作品に注目したエージェントの働きかけにより、アメリカでは大幅に加筆されたバージョンが出版されている。

 いま、この作品を日本でも翻訳しようという動きがある。サウザンブックスという会社と、トランネットという会社が、この小説の翻訳出版のために、クラウドファンディングで資金を調達しようとしている真っ最中なのである。
 とはいえ、まったく未知のフィリピンのミステリ小説に出資しようなどという物好きが少ないのだろう、かなり苦戦している。
 だけど、僕は読みたい。かなり読みたい。なんとか、このクラウドファンディングが成立しないものかと願っている。

 そこで、このクラウドファンディングに出資しようという物好きがいないものかと、こうやって紹介する次第なのである。
 もしこの本が日本で翻訳出版されたなら、絶対に買うという人もいるでしょ?
 その人に、オススメなのが「特価!! 書籍コース」という出資方法。出資金額は2268円で、プロジェクト成立後には出版されたこの本が1冊送られてくるのです。現在の予定価格は2600円+消費税なので、どうせ買うという人ならいまのうちに出資した方が絶対にお得なのです。
 しかも、出資金が引き落とされるのはプロジェクト成立後なので、プロジェクトが成立しなかった場合には、まったく損はなし。つまり、得することはあっても、損をするということはないのです。

 さあ、どうよ、どうよ、と激しくそこにいらっしゃるミステリファンの方に詰め寄りたい。
 興味のある方は、以下のサイトにアクセスしてみてください。
https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/2055


2017.12.16(土)

大チョンボをやってしまった。
 今日は9時からテニスの予定だったのである。ところが、うっかりテニスは明日と思い込んでしまい、本当は明日の用事のために都内にでかけようとしてしまったのだ。赤羽で埼京線に乗り換えたところで、テニス仲間から「2番コートで待ってますよ」と連絡がはいってようやく自分の間違いに気がつき、あわてて十条の駅で折り返して家に帰り、テニスウェアに着替えて大宮第2公園へジョグ之助を走らせる。
 2時間半の遅刻。いやはや。

 それから5時間ほどダブルスの試合をやっていたのだけれど、調子は最悪。
 このところ、ずっと調子がよくって、試合もだいたい勝ち続けていたのだけれど、今日はまったくもってダメダメ。ぜんぜん思うようなボールが打てず。
 いやはや。


2017.12.15(金)

東山彰良『流』講談社を読了。
 ずいぶん前に買ってあった本なのだけれど、読む前に本の山の下に埋もれてしまい、それっきり買ってあったことさえ忘れていた。ところが、文庫化されて「そういえば買ってあったよなあ」ということを思い出し、ようやくそれを発掘して読んだ次第。
 で、もう、読んでいる間ずっと幸せを感じていた。本を読む楽しさにどっぷりとひたっていることができた。
 台湾を舞台にした青春物語なのだけれど、そこかしこにスティーヴン・キングの匂いがする。スティーヴン・キングの最良の青春小説に通じる雰囲気が横溢しているのだ。もっともっとずっと読んでいたかった。

▼紀伊國屋書店に寄ると、買いたい本があれこれあれこれたくさんありすぎて困ってしまう。そうそう小遣いに余裕があるわけではないのだ。結局、2冊だけ買う。
『虚ろなる十月の夜に』ロジャー・ゼラズニィ(竹書房文庫/初版)972円
『プライド』金子達仁(幻冬舎/初版)1620円

 『プライド』というのは店頭で見るまで知らなかったのだけれど、「高田延彦×ヒクソン・グレイシー」の試合を題材にしたノンフィクションというので、無性に読みたくなってしまったのだ。

▼続けて、となりのブックオフを覗きに行く。
『浪漫古本屋騒動記』堂垣園江(講談社/初版)200円
『剣客商売15 二十番斬り』池波正太郎(新潮文庫)108円
『剣客商売16 浮沈』池波正太郎(新潮文庫)108円
『ないしょないしょ』池波正太郎(新潮文庫)108円
 池波正太郎の「剣客商売」は、この2冊で完結して、あとは番外編の『ないしょないしょ』『黒白』を残すのみ。あっという間にここまで来てしまったなあ。

▼久しぶりにゴールデン街「深夜プラス1」に飲みに行く。
 ゴールデン街はすっかり様変わりして、観光客がぞろぞろと歩き回る街となってしまったが、「深夜プラス1」はそんな流れに背を向けたまま。今日も勘違いした若者がドアを開けて店内を覗くなり「ディープっすね」と言って、去って行った。昔ながらの敷居の高い店、常連以外はなんとなく入りにくい店というのがあってもいいだろう。
 そして、本の話、映画の話をしながら酒を飲む。


2017.12.11(月)

池波正太郎『剣客商売14 暗殺者』新潮文庫を読了。
 小兵衛は、波川周蔵という浪人が、大治郎の殺しを依頼されているらしいという情報を得る。小兵衛の見るところ、波川周蔵は大治郎と斬り合ってどちらが勝つか分からないほどの腕前である。
 ところが、誰が大治郎の殺しを依頼したのか、それが何故なのか、あるいは波川周蔵は本当に大治郎の殺しを引き受けたのか、それがどうしても見えてこない。波川周蔵は、殺しを引き受けるような人物には見えないのだが。

 長編であるのだけれど、長編になってもいつものテイストとまったく変わらないというのが、ある意味、池波正太郎のすごさだろう。たとえば、テレビの人気ドラマが映画化される時、やたらとスケールを大きくしたりして、そのドラマがもともと持っていた魅力がすっかり失われてしまったりすることがあるのだけれど(『踊る大捜査線』なんかがそのパターン)、本作ではぜんぜんそんなことはない。しっかりと、いつものシリーズの延長線にある作品なのだ。
 時として、残酷なまでに突き放したエンディングを用意することのある池波正太郎だが、本作の最後に用意されている情景はなんとも暖かい。

▼アマゾンでポチッとしたマイクル・コニイ『バラークシの記憶』河出文庫が届く。読みたい本が山積み状態で、いったいいつになったらここまで辿り着くものやら。


2017.12.10(日)

K市の団体戦に出場する。
 K市にはスクールで登録しているので、スクールから登録している人間にかたはしから声をかけてメンバーを集めたところ、10人から「出たい」という返事があった。K市の団体戦は、ダブルス2試合、シングルス1試合で構成されるので、1チームは5人ということになる。つまり、2チーム作ってエントリーできるということなのだけれど、1人あまってしまうことになる。となると、首謀者である自分が遠慮して引率者に徹し、他のメンバーに試合に出てもらうことになってしまう。毎年このパターンなのは、ちょっと寂しいのだけれど、でもまあ、仕方がないか。
 ところが、前日になってメンバーのひとりからインフルエンザを発症したと連絡があり、急遽出場することになってしまったのだった。

 第1回戦。
 僕はバレーボーラーT橋さんと組んで、ダブルス1として出場。
 相手がふたりとも、僕のスライスサーブをすごく嫌がってくれたので、サービスゲームはすごく楽にキープ。余計なことはなにもせず、ただただスライスをかけてボールを曲げさえすればキープできるのだから、自分としてはこんな楽なことはない。
 また、ここぞというところで打っていったストレート抜き、ストレートアタックがことごとく成功したのも、自分としてはできすぎ。ワイドに打たれたサーブをポールまわしで打ち返したのがきっちり決まってくれたのもチョー気持ちがよかった。
 相棒のT橋さんは相変わらずの安定感で、組んでいてとっても楽。膝を悪くしているので、ドロップショットに多少苦しめられたけれど、なんとか6-3で勝ち。

 続く若者アスカのシングルスは、まったく文句なしの展開で6-1の勝利。
 ここでチームの初戦突破は確定し、消化試合の第3試合はH川&ハッシーの実力派ペアだったのだけれど、ふたりともガッチガチに硬くなっていてラケットが振り切れておらず、相手がうまかったこともあって0-6のストレート負け。
 スクールの大会でこの2人が組んだなら、僕なんかまったくかなわないペアなんだけどなあ。

 けっこうな待ち時間があって第2回戦。
 ここに勝てば、翌週の本戦に出場できるので、気合いが入る。
 H川&ハッシーペアから、1勝1敗でまわされるプレッシャーに耐え切れそうにないとのことで、順番を入れ替えて僕たちが最後にまわる。第2回戦からは、どちらかのチームが2勝した時点で終了となるので、3試合目というのは必ず1勝1敗、チームとしての勝敗のかかってくる場面でコートに立つことになるのだ。
 そのH川&ハッシーの第1試合は、2-6(だったかな?)の負け。
 相手の前衛がセンターにヤマを張っていてかたはしからつかまっていた。もう少し、いいタイミングでストレートを打って、相手の前衛を動けなくしておけば、また違う展開になったと思うのだけれど。

 続くアスカのシングルス。前の試合を観る限りでは、どうやったってアスカが負けるような相手ではなかったのだけれど、どうもアスカのテニスがうまくかみ合わず一気に4ゲームを落としてしまう。
 そこから一気に5ゲームを取り返したものの、続く2ゲームを落として5-6で負け。
 最初のうちにうまく流れに乗れずに4ゲームを落としたのが痛かった。

 というわけで、2回戦でチームは敗退。
 残念ながら、僕らの出番はなし。もっとも、前の試合を観る限りでは、次に出てくる相手はむちゃくちゃうまいペアだったので、虐殺を食らっていた可能性が大だったんだけどね。
 なかなか本戦へは手が届かないなあ。


2017.12.9(土)

▼西荻窪にある古本屋・盛林堂さんに取り置きをお願いしておいた本を受け取りがてら、銀盛会館で開催される「オカタケ&古ツア ガレージ古本市」を覗きに行く。

 西荻窪で降りて銀盛会館に向かう途中にある盛林堂の均一棚には、早くも古本修羅が群がっている。その後ろから棚を覗き込むが、まわりの人の熱気に圧倒されて、棚を覗き込むのを諦めて、とりあえず銀盛会館へ。
 シャッターがまだ降りている銀盛会館の前には、お馴染みの古本神の姿があり、しばらくするとお久しぶりのあの人、この人がやってくる。
 盛林堂さんには「珍しいですね。今日はテニスじゃなかったんですか」とからかわれるが、たまには古本も買う人なんです。

 「オカタケ&古ツア ガレージ古本市」というのは、古本の大好きな2人が買い集めた古本や、盛林堂さんの放出する古本が並ぶ即売会なのである。
 で、オープンと同時に会場の中は身動きもならぬ大混雑に。なにしろ、棚にはレアな絶版本がごっそりと格安で並んでいるのである。
 とりあえず、自分はあまり他の人とは競合しないであろう、こんな本を購入。

『源平恋愛合戦』中野実(東方社/初版帯)
『リラの花蔭に(少女の友付録)』菊田一夫(実業之日本社)
『昨日も今日も明日も サトウ・ハチロー随筆集』サトウ・ハチロー(草原書房/初版)
『夢多き街 叙情詩と随筆』サトウ・ハチロー(草原書房/初版)
『青空學校』サトウ・ハチロー(弘文社/初版)
『スタンドの古狸』サトウ・ハチロー(要書房/初版)
『私は呪われている』橘外男(三笠書房/初版)
『接吻市場』邦枝完二(豊年社/初版)
『おもろい夫婦』笠原良三(ルック社/初版)
『悲観楽観』徳川夢声(文芸春秋/再版)
『それでも女房はコワイ』楠本健吉(秋田書店/初版)


 これだけ買って約4000円。相変わらず、訳のわからない本ばっかり買ってるよな。

 他の皆さんも、あっという間に山のように本を抱え込んでいる。抱え込みながら、会場の中を右往左往している。
 さっさと精算を済ませて戦線を離脱し、ガレージの外で久しぶりの友人と雑談などをしていると、そこにマンガ家の喜国雅彦さんが登場。喜国さんは、盛林堂の店内の棚を一段使って自分の蔵書を販売しているのだけれど、いま補充してきたのだという。
 そこで、さっそく盛林堂を覗きに行くことに。
 欲しい本はそれこそあれこれあるのだけれど、僕が欲しいような本はどれもこれもそれなりの値段がするので、なかなか手を出すということができない。基本的に僕が好きなのは、珍しい本を安く買うことなのだ。だから、こういう真っ当な古本屋さんでは、なかなかお買い物ができない。

 ここで、取り置きをお願いしておいた本と、店頭均一台にあった本を購入。
『ルーフォック・オルメスの事件簿』カミ(盛林堂ミステリアス文庫/初版)
『さらば富士に立つ影 白井喬二自伝』白井喬二(六興出版/初版帯函)

 白井喬二自伝というのが面白そうだ。
 ちなみに、マイクル・コニイの『カリスマ』『冬の子どもたち』もあったのだけれど、さすがにいいお値段なので手が出ませんでした。

▼このあと、古くからの古本仲間、彩古さんとドトールコーヒーに寄ってあれこれだべってから、音羽館という古本屋さんを覗きに行くが、特に買いたい本はなし。

 彩古さんと別れて荻窪の古本屋も覗きに行き、ささま書店の店頭均一棚から2冊購入。

『緑のダイヤ』アーサ・モリスン(東京創元社世界大ロマン全集/初版函)
『おんどり』モルデカイ・リッチラー(ハヤカワ・ノヴェルズ/初版)

 ハヤカワ・ノヴェルズのソフトカバーはかたはしから集めることにしていて、すでにあらかたは手に入れているつもりなのだけれど、この『おんどり』という本はおそらく持っていないと思う。むちゃくちゃ久しぶりにハヤカワ・ノヴェルズソフトカバーが一歩前進ということなのだろう。何にむかって前進しているのかはよく分からないのだけれど。

▼昨夜、ウィンドウズのアップデートをかけて寝たのだけれど、今朝になったらPCがネットにつながらなくなっていた。あれこれ何をやってもダメ。うーむ。

 ところが、念のために確認してみると、なんと他のPCもネットにつながらなくなっているではありませんか。ということは、ウィンドウズアップデートが原因じゃなくって、ルーターが原因なんじゃん。
 そこで、ルーターの電源を入れ直してみたのだけれど、解決せず。ルーターの不具合は、たいてい電源を入れ直せば解決するのだけれど。もしかして、ルーターが壊れたのか?
 ところが、電源の入れ直し3回目でネット接続が復活。
 原因は不明だが、とりあえず復活したのだからOKだ。

▼夕方から嫁さんと浦和に出て、「ジャズの夕べ」というジャズコンサートへ。
 これ、嫁さんの知り合いが岩崎良子さんというジャズピアニスト招いて毎年開催しているイベントなのである。
 ジャズに関してはまったくの門外漢だし、そもそも音楽を聴くという習慣のない自分なのだけれど、たいそう楽しく音楽を楽しむことができた。

▼ジャズの後は、嫁さんと近くの居酒屋へ。浦和というのは、とにかく飲み屋の多い街で、どの店に入ればいいのかまるっきり分からなかったのだけれど、嫁さんが通りすがりに適当に選んだ「ビートル」という居酒屋に入る。
 カウンター席をメインにした居酒屋で、とにかく活気があって店内がにぎやかだ。にぎやかすぎて、注文しようとしても店員さんに声が届かなかったりするのだけれど。
 でも、料理はあれこれおいしく、しかもお値段もお手頃で、なかなかによいお店なのでした。


2017.12.8(金)

マイクル・コニイ『ブロントメク!』サンリオSF文庫を読了。
 マイクル・コニイは『ハローサマー、グッドバイ』しか読んでいないのだけれど、この『ブロントメク!』も『ハローサマー、グッドバイ』なみに素晴らしいSF小説だった。
 6つの月を持つ惑星アルカディア。52年に一度、その6つの月が同時に空にかかる時、マインドと呼ばれるプランクトンに海へと呼び寄せられた人間は、続々と海に入っていって巨頭鯨の餌食となってしまうのだった。
 地球からアルカディアへとやってきたケヴィンはその異常な現象に巻き込まれたのをきっかけに、アルカディアに住み着くのだった。
 だが、アルカディアに進出してきた大企業によって、惑星まるごとが買い上げられ、再開発の対象とされてしまう。惑星に住む者はすべてその企業のもとで働くことになるのだが…。

 そういうスケールの大きな物語でありながら、実はそこで描かれているのは、とてもナイーブな若者の青春の物語なのだ(とはいえ、主人公のケヴィンはもう32歳なんだけどね)。これがもう、とてもいい。そして、青春の終わりには当然ながら切ないまでの痛みが待ち構えているのだけれど、その痛みの先に向かおうとする主人公の姿がとってもいいのだ。

 マイクル・コニイは他に『カリスマ』『冬の子どもたち』『バラークシの記憶』が訳されているのだけれど、『カリスマ』と『冬の子どもたち』は入手が非常に困難だったりする。手に入れようとすると、かなりのプレミア価格を払わなければならないのだ。
 うーむと唸りながら、とりあえずアマゾンに『バラークシの記憶』の注文を入れてしまう。


2017.12.3(日)

▼朝いちで庭掃除。我が家の庭には柿の木が1本あるのだけれど、その落ち葉が半端なくたくさんあるのだ。ほっといて土に還って肥料になってくれるのならいいのだけれど、柿の葉は土に還らずにひたすら積み重なってナメクジの棲み家となるだけなので、絶対にかたさなければならないのだ。また、伸びすぎた枝を切ったものが庭の隅に積み重なっているのを、きれいにまとめて紐でくくる。
 次いで、洗車。カーシャンプーで汚れを落とし、窓には雨を弾くためのガラコをたっぷりと塗り込んでおく。
 そして、窓ふき。ううっ、腕がしんどいぞ。
 ジャバを使って風呂釜掃除。風呂釜にこびりついていた汚れがごっそりと出てくる。
 最後は、エアコンのフィルターの掃除。

 疲れた。とりあえずは、大掃除の第一弾はこれにて終了。


2017.12.2(土)

▼今日は武蔵嵐山にある国立女性教育会館というところで7時間テニス
 お世話になっているサークルの忘年会があったのだが、「忘年会の前にはテニスでしょ」とか意味不明のキャッチフレーズにまどわされて、朝の9時からテニスをするハメになってしまったのである。
 だけど、この国立女性教育会館というところ、やたらと遠いんだよ。大宮に出て、川越線に乗り換えて川越に出て、東武東上線に乗り換えて武蔵嵐山という駅で降りて、そこからテクテクと歩いて20分ぐらい。だから、9時に着くために5時半に起きなければならなかったのだ。そこまで遠くなくても、どこかしらテニスのできるところぐらいありそうなものだけれど。

 車でやってきたメンバーがなぜかクーラーバッグをコートサイドまで担いできて、「じゃあ、まずは駆けつけ一杯」とか意味不明のキャッチフレーズとともにビールを引っ張り出してくる。おいっ! これからテニスしようって時にビールはないだろうよ。
 でもまあ、プシュッと開けてしまったからには飲まないわけにはいかないやね。まったくもう…。
 というわけで、朝っぱらからビールを片手にダブルステニスがスタートする。
 コート2面で、参加メンバーは11人。うち4名が女性なので、男ダブをやったりミックスをやったり男ダブ対ミックスをやったり。
 ルールは5-5タイブレークの1セットマッチで、セミアド。

 アルコール燃料を補給しながらテニスをしたのがよかったのか、やたらと調子がいい。
 特にサーブの調子がよくって、ぜんぜんサービスゲームを落とさない。いつもこれぐらいいいサービスが打てていれば、試合も楽なのに。
 ところが、4試合目ぐらいからこないだ肉離れをやった右のふくらはぎが痛み出してきて、右足を引きずって歩くようになってしまう。ちょっとやばいかなと思ったのだけれど、無理なダッシュをしないようにだけ気をつけていたら、なんとかそれ以上悪化することもなく試合ができてしまう。

 結局、4時までに8試合やって6勝2敗。負けたのは、ミックス対男ダブの試合で、女性が1名中に入るとどうしても集中力を欠いたプレイになってしまうんだよなあ。
 というか、ずっとビールを飲み続けていたので、集中力云々の問題ではないのかもしれないのだけれど。

 ちなみに、事前に用意したスポーツドリンクはほとんど飲まず。ずっと、水分補給はビールだけなのだった。
 それって、絶対に体にいいこと何もないからね!

▼テニスのあとは、電車で延々と移動して大宮まで戻って忘年会
 ここでもひたすらビール。もうビールはいいっちゅうに。
 なんと、参加人数が30名。久しぶりに会ったメンバーもいれば、まるっきり初対面のメンバーもたっぷり。
 にぎやかに盛り上がったのだけれど、さすがに二次会に行く元気はなく、そのまま帰宅してバタンキューなのでありました。


2017.12.1(金)

池波正太郎『剣客商売13 波紋』新潮文庫を読了。
 「消えた女」「波紋」「剣士変貌」「敵」「夕紅大川橋」の5編を収録。
 どれもこれもいいねえ。とりわけ、亡くなった旧友への小兵衛の思いがほとばしる「夕紅大川橋」のラストシーンに心打たれる。