トップページへ 大丈夫日記 過去の日記へ

2017.6.4(日)

▼昨夜の錦織の試合は、結局、雨がやまずに順延となったらしい。ボロボロになっていた錦織にとって、恵みの雨となったのではないだろうか。しっかり気持ちを切り替えてくれるといいのだけれど。

▼今日から嫁さんの所属する絵画サークルのグループ展が浦和の埼玉会館でスタートするので、まずは朝いちで嫁さんを会場まで送り届ける。
 なぜか、浦和駅前の西口交差点のあたりに警察官の姿がやたらと多い。

▼いったん帰宅して、今度は両親、娘をクルマに乗せて再び埼玉会館へ。
 浦和駅西口交差点周辺の警察官の数がさっきとは比べものにならないくらい半端ないものになっている。数十人の警察官が、交差点を中心としたエリアにいて、なんとも異様な雰囲気。
 あとで調べると安保関連法に反対する「オール埼玉総行動@北浦和公園」という集会があり、1万3200人が集まったというので、その関係なのだろうか? でも、その集会とはひと駅離れているんだけれどね。

▼グループ展に展示されていた作品は、とても趣味のレベルとは思えない絵が並んでいた。今年は県展に3人だか4人だかが入選しているとのことだが、入選していない人の作品も素晴らしい。中には100号の作品を出している人もいて、圧倒される。
 皆さん、この大きな絵を、自宅のどこに仕舞ってあるのだろう? そんなことも気になってしまうぞ。

▼夕方からテニススクールにてシングルスの試合に参加。
 12名を3ブロックに分けてブロック予選を行い、各ブロックの上位2名での決勝トーナメントが行われる。ルールは6ゲーム先取のノーアドバンテージ。

 ブロック予選の初戦の相手は、こないだ県大会の出場資格をゲットした若手のT中くん。今回の優勝候補だ。正直、勝ち目はない。しかも、先日の合宿で対戦した時に「同じペースでガンガン速いボールを打ってもらえると、速いボールが大好きなこっちとしてはとってもやりやすいんだよ」ってアドバイスをしたばっかりじゃん。ううっ、まさかこんなに早く対戦することになるとは思わなかったよ。余計なことを教えなければよかった。
 結果、2-6で負け。
 でも、4つあったサービスゲームのうちの2つはこっちが取ったし、残りの2つも1本勝負までは持ち込んでいるので、サービスゲームに関してはぜんぜん負けてはいない。だけど、リターンゲームに関しては相手を追い込むようなところまで行けていないので、完全にこちらの負け。
 それでも、むちゃくちゃ集中して、レベルの高い試合ができたので、充分に満足だ。

 続けてM田さんと対戦。M田さんとの過去の対戦は、それなりにいい展開にはなるものの、たいていはこちらが負けている。でも、もうちょいで勝てるという感触だけはいつもあった。
 ところが、今日はまったくダメ。なぜかというと、全集中力、全体力をT中くんとの対戦につぎ込んでしまい、まったく余力が残っていなかったからなのだ。2試合連続というのもきつかったけれど、たとえ休みを挟んだとしてももうダメだったろう。それほど、初戦に全力をつぎ込んでいたのだ。
 結果、2-6で負け。
 いやあ、ひどい内容だった。足は動かないし、まともにガットの真ん中でボールを捉えることもできないし、ボールは前に飛んでいかないし。このところ、少しは頑張って体力をつけてきていたつもりだったのだけれど、やっぱり体力なさすぎ。

 ここで2試合分の休憩を挟んでH瀬さんと対戦。H瀬さんはとてもテニスのうまい人なのだけれど、なぜか試合にはあまり勝てていなくて、僕自身もほぼ負けたことはない。しかも、2試合分の休憩を挟んだのでもう大丈夫…かと思いきや、ぜんぜん足が動かず、まともに打点に入れていないし、スイングも微妙にタイミングがずれている。ぜんぜん復活できていないじゃん。
 かくて、ズタボロの試合を繰り広げることとなってしまう。それに対してH瀬さんは2試合負けたところでようやくエンジンがかかってきたらしく、非常にキレのいいサーブを打ってくる。
 うわあっ、これはダメだ。まるっきり抵抗できない。
 ところが、3-5と追い込まれたところからずるずるとH瀬さんが失速して6-5で僕の勝ち。よく勝てたなあ。

 かくして1勝2敗でブロック予選を終えて、決勝トーナメント進出はならず。決勝トーナメントに上がれなかったのって、久しぶりかもしれない。

▼帰宅すると、錦織はなんとか勝ち上がったらしい。もっとも、試合内容はそれほどよくなかったみたいだけれど。

▼フィリピン映画『Must Date the Playboy』 (2015年)を観る。

 お金持ちのお嬢さんのクロエ(ジェシー・メンディオーラ/Jessy Mendiola)は、モデルでイケメンのザック(ジーアン・リム/Xian Lim)とつきあっていたのだけれど、すぐ他の女性とも仲良くなってしまうプレイボーイのザックに愛想を尽かしてしまう。クロエに未練のあるザックは「生まれ変わってみせるからもう一度チャンスを」とつきまとうのだけれど、そうそう簡単に生まれ変わることなどできそうにない。
 新しいボーイフレンドのできたクロエは、ザックにつきまとわれることを心配して、親友のトリ(キム・チウ/Kim Chiu)にザックを誘惑するように頼み込む。必死に断ろうとするトリだが、クロエから押し切られて引き受けることに。どうせ、美人でもセクシーでもない自分に、ザックが見向きなどするはずもないのだから、無駄だと思いながら。
 ところが、ザックはザックで、トリとつきあえばクロエとよりを戻すチャンスがあるかもと、トリとつきあうことにしてしまう。
 お互いに思惑があって近づくふたりだったが、いつしか本当の恋が芽生えてしまい、カップケーキのお店を持ちたいというトリの夢をザックも応援することになってしまう。
 だが、トリとクロエの気持ちのすれ違いから、そもそもトリがザックに近づいたのは魂胆があってのことだということがザックの知るところとなってしまうのだった…。

 いろいろな思惑があって付き合うフリをしていたはずのカップルが、いつの間にか本気になって…というのは、この手のフィリピン映画の黄金のパターンだったりする。
 同じくキム・チウとジーアン・リムが主演の『Bride for Rent』は信託基金を手に入れるために夫婦のフリをするお話だったし、ダニエル・パディーリャとキャスリン・ベルナルドが主演の『She's Dating the Gangster』は恋人が嫉妬して戻ってくるのを期待してニセの恋人になるのを強制するという話だったし、エンリケ・ヒルとライザ・ソベラノが主演の『Just the Way You Are』は友人とのゲームで好きでもなんでもない女の子をガールフレンドにするという話だった。
 そういう意味では、本作は誠にもってこの黄金のパターンに見事にのっとった作品なわけである。

 また、若い恋人の物語であっても、家族の問題が大きな要素を占めるのもフィリピン映画のお約束で、本作ではザックと父親との葛藤が丁寧に描かれている。ザックには優秀な兄がいたのだが、その兄が若くして亡くなってしまい、父はどうしてもザックを兄と比較してしまう。そのために二人の間には溝が生まれてしまうのだが、トリがザックの素晴らしさを父に訴え、ザックがトリのために父に援助を求めることで、二人は和解に至る。もう、完全にお約束の展開なのだけれど、フィリピン映画は絶対にこういうエピソードを映画の中に入れ込まずにはいられないのだ。
 一方、トリの方は父が若い頃に亡くなっており、その父の思い出のカップケーキを大切にしているというエピソードが語られる。また、そのトリの最大の理解者である母(Irma Adlawan)の存在も大きく描かれている。
 ハードボイルド映画の『牢獄処刑人』が、わざわざ家族の問題を映画の中に取り入れずにいられなかったのも、こうしたフィリピン映画のお約束だったからなのだ。

 主演のキム・チウとジーアン・リムのふたりは『Bride for Rent』『Past Tense』などでも共演しており、ふたりセットでKimXiと呼ばれている。フィリピンでは、若い俳優を男女セットで売り出す伝統があり、そのカップルのことをラブチームと呼んでいる。代表的なラブチームには、キャスリン・ベルナルド&ダニエル・パディーリャ(KathNiel)、ライザ・ソベラノ&エンリケ・ヒル(LizQuen)、ナディーン・ルストレ&ジェームス・リード(JaDine)といったカップルがいて、そのラブチームを共演させた映画が繰り返し撮られている。
 ちなみに、キム・チウはかつてはジェラルド・アンダーソンとコンビでKimEraldと呼ばれていたらしく、カップルを解消して新しく別のカップルが誕生するということもあるらしい。

 監督は、キム・チウ&ジーアン・リム主演の『Bride for Rent』『Past Tense』も撮っているメイ・クザリナ・クルーズ(Mae Czarina Cruz)。資料によってはメイ・クルーズ・アルヴィア(Mae Cruz-Alviar)と表記されていることもあるようだが、彼女はキャスリン・ベルナルド&ダニエル・パディーリャ主演の『Crazy Beautiful You』『Can't Help Falling in Love』、エンリケ・ヒル&ライザ・ソベラノ主演の『Everyday I Love You』、ベア・アロンゾ&ディンドン・ダンテス主演の『She's the One』なども撮っており、若い女性をターゲットとしたロマンス映画をコンスタントに撮っては着実にヒットを飛ばしている実力派監督だ。

 とはいうものの、本作のキム・チウ、年間第3位のヒット作となった『Bride for Rent』に比べると、いまいち魅力に乏しいような気がする。『Bride for Rent』のキム・チウはとっても魅力的で輝いていたのだけれど、それに比べるとちょっとキャラクターが弱いのではなだろうか。そのせいか、興行成績も年間ベスト10には入り損ねてしまっている。



2017.6.3(土)

▼午前中はテニス協会にて次の大会のドロー&大会要項の作成。
 その作業が終了したところで、テニス協会の新役員との顔合わせ。新しく会長となった方の要望での顔合わせだったのだけれど、こっちは単なるボランティアとして作業のお手伝いをしているだけの立場だということを分かっているのかなあ? 今後のテニス協会について、いろいろ改革していこうという構想を持っているようなのだけれど、それについて何かを言うような立場じゃないしなあ。
 テニス協会のお手伝いは、徐々にフェイドアウトしていくことになるのかな。

▼午後はテニススクールの「お楽しみテニス大会」に参加。
 M鍋さん(♀)とペアを組んだのだけれど、自分のテニスが最悪。なんだか、ボーッとしていて、ぜんぜんボールに反応できていないのだ。ゆうべは4時間程度しか寝ていないので、睡眠不足だったせいかなあ。とにかくダメダメで、1勝5敗で終わってしまう。

▼夜は全仏オープンの錦織の試合を観ていたのだけれど、途中からどんどん失速した錦織が、いらだってラケットを地面に叩きつけたところで雨が降り出して中断となってしまう。相手のボールがやたらと深く入ってきてやりにくかったにしても、錦織のアンフォースドエラーが多すぎ。
 夜中の1時まで待っても再開される気配がなかったので、諦めて寝る。


2017.6.2(金)

ディック・フランシス『告解』ハヤカワ文庫HMを読了。
 毎回競馬の世界を舞台にしながらも、異なる題材を扱ってワンパターンとなることのないディック・フランシスの競馬シリーズ。その33作目の『告解』は、映画の世界を取り扱っている。
 26年前に競馬界で起きた変死事件。自殺として結着した事件ではあったが、その映画撮影を開始したところ、何者かから撮影を中止しろと脅迫が入る。若き映画監督のトマスは、脅迫をものとせず撮影を続けるのだが、ナイフを使った事件が発生する。
 一方、古くから競馬界にいた老人が病死するのだが、その夫人がナイフで襲われるという事件が発生する。はたして、その2つの事件はつながりがあるものなのだろうか。

 33作目となっても、まったく飽きさせない。ディック・フランシスというのは、本当に素晴らしい作家だったのだと再認識させられる。
 ただし、本作の場合、主人公は過去の事件、現在の事件の謎を解くために東奔西走し、それと同時に映画撮影も続けなければならず、あまりにも忙しい。事件がなくても、映画撮影をめぐるトラブルもあるので、テーマがやや分散してしまっているという印象は避けがたい。
 とはいうものの、抜群に面白いんだけれどね。

▼新宿武蔵野館にて香港映画『おじいちゃんはデブゴン』を観てくる。
 タイトルからも分かるように、デブゴンことサモ・ハン主演のアクション映画である。だけど、タイトルから予想されるようなコミカルな作品ではぜんぜんない。けっこう激しいアクション映画なのだ。
 サモ・ハンが演じているのは、かつて人民解放軍で要人警護にあたっていた拳法の達人。ちょっと目を離した隙に孫娘が行方不明になるという過去があり、それが原因で家族と離れ、ロシア国境に近い村でひとりで暮らしている。66歳となり、認知症の症状が出てきている。もの忘れが激しくなり、犯罪現場を目撃して警察に通報しても、証言しようという頃には犯人の顔を思い出すことができなくなってしまっている。
 そんなサモ・ハンに、隣の家に住む少女(ジャクリーン・チャン)がやたらとなついてくる。
 少女の父(アンディ・ラウ)はギャンブルばかりをしていて中国マフィアから金を借りているのだが、その借金の返済を伸ばすかわりにロシアン・マフィアから宝石を奪ってくることを強制されてしまう。なんとかロシアに赴いて宝石を奪うアンディ・ラウ。だが、その宝石を持ち逃げしたことからロシアン・マフィアだけではなく中国マフィアからも追われることとなり、中国マフィアの魔の手は少女にまで伸びてくることとなってしまう。
 その少女を守るために立ち上がるサモ・ハンだったが…。

 というわけで、クライマックスは単身、中国マフィアの本拠地に乗り込んでいったサモ・ハンと中国マフィアとの壮絶バトルとなるのだが、そこにロシアン・マフィアまでが乗り込んでくる。年老いたサモ・ハンは、相手を片端から叩きのめしながらも、その途中で息切れがして相手にとどめをさすために動くことすらままならないという状態。それで闘い続けるというアクションシーンの演出が実にみごと。
 監督もアクション監督も、すべてサモ・ハンが担当している。

 そして、見どころは多彩なゲスト陣。サモ・ハンが声をかけた連中が、こぞって参加してきているのだ。なんともいい味を出しているのが、駅前でいつもひなたぼっこをしているツイ・ハーク、カール・マッカ、ディーン・セキの3老人(笑) もしかしたら、この3人が両手に銃を持って、クライマックスで活躍するのではとちょっと期待してしまったぞ。他に、ユン・ピョウ、ユン・ワーなども顔を出す。
 さらに、ムダに迫力のあるカースタントのシーンがあると思ったら、その演出を担当しているのがブルース・ローだったりもする。これまたサモ・ハンに声をかけられたのだろう。

 途中で行方不明となっていた少女が実は…という展開だけは「おいおい…」と脱力するのだけれど、久しぶりに懐かしい香港映画の香りのするアクション映画を楽しめたという気がする。


2017.5.30(火)

中島弘象『フィリピンパブ嬢の社会学』新潮新書を読了。
 大学院の修士論文で、フィリピンパブで働くフィリピン人女性を題材にしたという著者の書いた本なので、「きっと、堅苦しい内容のつまらない本なんだろうな」という先入観を持っていた。実際、著者にこの本を書かせたジャーナリストの松本仁一による「解説的なあとがき」を読むと、「初期の原稿はどうも、修士論文みたいに無味乾燥で、頂けないものだった。」と書かれている。
 ところが、「参考文献から引用? そんなものより、君が経験した事実を書け!」などと檄を飛ばされ、さんざん書き直しをさせられたのであろう。結果、ものすごく面白い読み物が誕生した。
 著者は、自分の研究のためにフィリピンパブに通い、そこで働く女性たちの話を聞くうちに、ひとりのフィリピン女性と恋愛関係になり、ついには結婚してしまうのである。当然ながら、そこにはさまざまなドラマがあり、葛藤がある。それを真っ正直に書いたことで、とても面白い読み物となった。データに頼って書いた文章ではなく、すべて自分の体験した生々しい内容であるからこその面白さだ。そして、その面白い読み物を読んでいると、いつの間にかフィリピンパブで働く女性たちの生活実態もしっかりと伝わってくる。無味乾燥なデータを並べ立てるよりも、ずっとずっとわかりやすい。
 著者も最初のうちは「日本ヤクザに搾取される可哀想なフィリピン女性」というステロタイプの捉え方からなかなか抜け出すことができず、無意識のうちに「それに手をさしのべる日本人の自分」という上から目線で相手を見ているのであるが、それがとんでもない勘違いであることに否応なく気付かされる。彼女たちは、とてつもなくたくましいのだ。
 そして、日本からの送金で贅沢な暮らしをしているフィリピンの家族たちの様子も描かれていく。これが実に強烈なのだ。彼らは、日本人は金持ちだから、要求すればいくらでも金が出てくると思っているのである。日本で働くフィリピンパブ嬢たちも、家族から求められれば、苦労して稼いだ金を惜しげもなく与えていく。それを家族たちは、実に気軽にガンガン使ってしまうのだ。
 ところが、著者は大学院を卒業しても就職することができず、ほとんど嫁さんに養ってもらっているような状況で、そんな余裕なんかありはしない。でも、むこうの家族からは「金持ちの日本人なのに、どうして金を出さない」と思われてしまうのである。フィリピン女性と結婚するということは、これをどう乗り越えるのかという問題でもあるのだ。
 いやあ、面白かった。
 ちなみに、僕はこの本をカバーをかけずに電車の中で読んでいたのだけれど、目の前に座っている女性が「この本のタイトルに気がついたな」と思う瞬間が何度かあった。きっと、フィリピンパブに通っているスケベオヤジとか思われたんだろうなあ。自分がフィリピンパブに行ったら、絶対に楽しいだろうなとは思うものの(だって、フィリピン映画の話がたくさんできるもん)、実のところ一度も足を踏み入れたことがない。このまま、未知の世界のままで終わるんだろうな。ちょっと残念かも。


2017.5.29(月)

▼新宿武蔵野館では『おじいちゃんはデブゴン』を上映中。シネマート新宿では『封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド』を上映中。
 香港映画を観に行くか、それともさっさと帰って寝るか、さんざん迷ったのだけれど、結局仕事の終わった時間が中途半端だったので、映画はやめてさっさと家に帰ることにする。
 で、夕食後に寝っ転がってフィリピン映画のDVDを見始めたのだけれど、速攻で眠くなってダウン。最近、やたらとすぐに眠くなるんだよなあ。

▼ボランティアから帰ってきた嫁さんに起こされて、嫁さんの描いた水彩画を額縁に入れる作業。やたらとネジをつけないといけない面倒な額縁で、嫁さんの手にはあまったらしい。
 今週から来週にかけて、嫁さんの所属する美術サークルのグループ展が開催されるので、その出品の準備。
 週末には僕も観に行かないと。


2017.5.28(日)

▼合宿2日目。
 Hさんが5時前に起きてごそごそしだしたので、こちらも布団から出て「温泉にでも行こうか」と思ったのだけれど、温泉に入れるのは6時からと判明して、また布団に潜り込む。
 Hさんはそのまままた寝てしまったのだけれど、こっちはきっちり6時に温泉へ。
 少し遅れて2名が風呂にやってきたのだけれど、その2人は僕よりも年上。みごとに、合宿参加者の年齢が上の3名が早朝から温泉に顔を揃えてしまっただった。ほんと、年寄りは朝が早いんだから。

 7時から朝食を食べて、荷物を片付けて、しばしまったりとした時間が続く。ゆうべ飲み過ぎたので、頭がどよ~んと重い。

 テニスのスタートは9時から。
 帰りの運転手の負担を考えて12時には終えることになっているので、3時間だけ。正直、3時間じゃかなり物足りないんだけどね。
 今日は朝からお日様がギンギンで、さすがにコートもしっかり乾いている。昨日と違って、ちゃんとボールがはずむぞ。
 ベンチの上に僕が持ち込んだ日よけを設置して、さっそくゲーム開始。

 アルコールの影響でじゃっかんヘロヘロしつつも、やっぱりちゃんとボールの弾むコートでのテニスが嬉しくて、けっこう頑張ってしまう。
 県大資格を持つ若者相手の楽しい楽しいフォアストロークの打ち合いでもガッツリ勝ってしまう。ふっふっふ、おじさんだってやるときにはやるのだよ。
 落ち込む若者に「あのくらいのスピードのボールがいちばん打ちやすいんだよ」と言うと、それ以後はいっさい僕の方に速いボールを打ち込んでくれなくなってしまう。うーむ、余計なことを言わなければよかった。

 12時に撤収して、大急ぎで温泉に入って汗を流し、昼メシ。なんと、先に食堂に行ったHさんたちの手には生ビールが!
 運転手には悪いんだけれど、こちらもさっそく生ビールを頼んでしまう。
 はあ、テニスのあとのビールはうまいねえ。

 というわけで、久しぶりに参加したスクール仲間での合宿を満喫してきたのでした。
 手軽に行ける場所ということで、来年も同じ場所でいいんじゃないのという話になっているので、来年も同じような日記を書くことになるのでしょう、きっと。


2017.5.27(土)

▼テニススクールの友人たちと、テニス合宿に行く。
 行ったのは、鹿沼市のニューサンピア栃木というところ。
 朝の9時前に友人に家まで迎えに来てもらってクルマに同乗。我が家からは自分のテニス道具、着替えの他に、コートサイドに日蔭を作るためのタープなどを積み込む。
 それから、もうひとりピックアップして、首都高、東北自動車道を経由して鹿沼へ。佐野のサービスエリアでA吉夫妻と合流して、鹿沼インターで下りて、蕎花というそば屋に11時ちょっと前に到着。
 道中、ずっと雨が降っていて、蕎花に着いた時にもまだ小雨が降り続いていた。天気予報では今日明日と晴れのはずだったのだけれど。ここで、A吉夫が雨男であることが判明。そうか、埼玉からずっと雨を連れてきちゃったのね。
 ニラそばが名物というので、天ぷらの盛り合わせとニラそばのセットを頼むと、待ち合わせをしたわけでもないのにT内号がやってくる。こちらの運転手のU海さんが「蕎花でお昼を食べる予定」と言ってあったらしい。T内号には6人乗っていたので、店内のテニス濃度がいっきに高くなる。
 腰のあるニラそばもおいしかったけれど、天ぷらもおいしかった。店のおばちゃんからは「普通盛りでいいですか?」と確認されたけれど、普通盛りでも充分に食べ応えあり。

 ニューサンピア栃木までは、そこからすぐだった。
 到着した時には、まだ霧雨が降っていたけれど、テニスができないほどではない。ハードコートやクレーコートだったら諦めるところだけれど、オムニコートだからね。
 ところが、ホテルの受付で「コートが使えるかどうか、いまから確認してきます」と言うではありませんか。いやいや、オムニコートだったら、ぜんぜん問題ないでしょ。

 ホテルの人がコートから戻ってきて、予約した3面のうち1面に水が溜まっているけれど、水かきすれば使えるとのこと。
 オムニコートで水かき?
 実際にコートに行ってみて、その理由が判明。
 なんとそのコート、ハードコートの上に人工芝を貼って無理矢理オムニコートにしているというコートだったのだ。だから、水はけは最悪。なにせ、水が染み込んでいくという機能がまったくないのですから。
 かくして、みんなでブラシでコートに溜まっている水をかきだす作業からスタート。オムニコートでそんなことをしたら砂がぜんぶなくなるじゃんと思ったのだけれど、とっくに砂なんかなくなっていたのだった(笑)

 午後1時にスタート。
 水を吸ったコートは、面白いぐらいにボールがはずまず。特にいちばん水の溜まっていた3番コートは最悪で、滑るので怖くて思いっきり走ることもできない。とっくに雨はやんでいるのだけれど、いつまでたってもビショビショ。こんなオムニコートはさすがに初めてだよ。

 それでも、みんなで和気藹々と4ゲーム先取のダブルスゲームをまわしていく。
 コートが3面、参加人数は20名なので、いつもテニススクールでやっている「お楽しみテニス大会」とまったく状況は一緒。ただ違うのは、いつの間にか缶ビールを手にしている人間がいるということ。
 あれ? いつの間にか僕の手にも缶ビールが! おかしいなあ。いつの間に飲み出してしまったのだろう?

 4時間やったところで終了なのだけれど、若者を中心に1時間延長して、ガッツリ基礎練習をやって、さらにチャンピオンゲーム。
若者じゃない僕やHさんも参加。
 Hさんはすでにアルコールを4缶飲み干しているというのに、なんでテニスができるんだか。僕はこれ以上飲んだらテニスができなくなると判断して、2缶だけでストップさせておいた。うーん、理性的だぞ(本当に理性的な人は、そもそも飲まないんだけど)。

 6時半までチャンピオンゲームを楽しんで、大急ぎで温泉に入って汗を流して、宴会場で食事。
 うー、ビールがうまい(って、とっくにコートで飲み出しているのに)。
 たっぷり食べて飲んで、さらに幹事部屋での飲み会に突入。けっこうな量のアルコールが持ち込まれていて、ビール、酎ハイ、シャンパンなどが飛びかう。何をどれだけ飲んだのか、まるっきりわからず。
 27歳の若者の恋愛相談に、酔っ払いのおじさん、おばさんがじゃんじゃん背中を押すアドバイス。どう考えても、相談を持ちかける相手を間違えているよなあ。しかし、この若者、世間ずれしていない素直ないい子なんだよなあ。自分が27歳の時って、もっとすれていたよなあ。
 さんざん飲んで、飲んで、たっぷり飲んで、これ以上飲むのはやばいと思ったところで自分の部屋に転がり込んで布団に潜り込む。
 あれは何時ぐらいだったのだろう? ぜんぜん時間を把握してません。


2017.5.25(木)

池井戸潤『シャイロックの子供たち』文春文庫を読了。
 東京の下町にある、主に中小企業を相手とする東京第一銀行長原支店を舞台にした短編集。
 出世と保身を最優先とする銀行員たちの生き様に、「相変わらず池井戸潤の描く銀行の世界はえげつないなあ」と思いつつ読み進めていくと、いつの間にかミステリーとなり、いつの間にかいままで読んでいたものがひっくり返される展開にびっくりさせられる。
 途中までは、いつもの銀行を舞台にした人間模様を描いた企業小説だったはずなのに。いい意味で予想を裏切ってくれる小説でした。


2017.5.24(水)

▼冷蔵庫の製氷室の引き出しが引っ張り出せなくなった。
 ほんの少し開くすきまから覗くと、製氷皿が下がったままの状態でひっかかっているらしい。
 しばらく前から製氷皿の周辺が凍りついて動かなくなり、ドライヤーの熱風で氷を溶かして応急処置をするということを繰り返していたのだけれど、今回は完全にオシャカになったという感じ。もしかすると、ドライヤーの熱で、どこかが壊れたのかもしれない。
 製氷皿に限らず、製氷室の中のあちこちに氷が貼り付いたりしていたので、そもそも製氷室まわりが寿命だったのだろう。

 過去の日記を調べてみたところ、この冷蔵庫を買ったのは2004年9月25日だった。この時には完全に壊れてしまい、アイスクリームがすべてぐしょぐしょに溶けたりして廃棄せざるを得なかったのだった。
 それに比べれば、今回は製氷機能以外は無事なので、あわてて買わなくても済むだけラッキーっちゃあラッキーだよね。


2017.5.23(火)

ジョン・ブラナー編『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディックⅡ』サンリオSF文庫を読了。
 フィリップ・K・ディックのデビュー以降の22年間にわたる作品からピックアップした短編小説19編を、ほぼ時系列に並べて2分冊で刊行したものの2冊目。
 SFに耽溺していた若い頃に読んだら興奮したのかどうかは分からないけれど、いまはただ淡々と読んだという感じしかない。でも、つまらなかったわけじゃあない。そこそこ楽しめながら読むことはできた。特に好きなのは「自動工場」「電気蟻」といったあたり。「時間飛行士へのささやかな贈物」も悪くはないのだけれど、いまいちピンとこない部分もあったかな。

▼ネタもないので、古本の話など。

 春陽堂の日本探偵小説全集を集めている。
 もともと集めるつもりなどなくって、香山滋の『ソロモンの桃』だけ持っていればいいやと思ったのだけれど、ある時、某ネット古書店に何冊か格安で並んでいるのを発見して、『ソロモンの桃』と一緒に気になる作家数人分を注文したのである。
 そしたら、届いた本がやたらと状態がよくって、「これならもっと買ってもいいかも」とか思ってしまい、その店の目録にあった他の本も買ってしまったのである。
 思いもかけず、これで全16巻の半分ぐらいが手に入ってしまい、そうなると「揃えるしかあるまい」という気分になってしまう。

 その後、コツコツと手ごろな価格で手に入れていって、とうとうあと1冊というところまで辿り着いた。
 で、残りの1冊というのが島田一男の『昼なき男』。
 うーむ…。

 島田一男には大変申し訳ないのだけれど、絶版本を集める対象としてはいまいち魅力に欠ける作家なんだよなあ。大下宇陀兒とか小栗虫太郎とか水谷準とか大坪砂男とかって名前を見ると、なんとはなしに気持ちがウキウキしてくるのだけれど、島田一男じゃあぜんぜんウキウキしてこない。
 なので、何度も入手の機会があったにもかかわらず、「状態がいまいちだなあ」とか「もうちょっと安ければなあ」とか、そういう理由をつけてスルーしてきたのである。
 いまも、いつもお世話になっている某古本屋さんの目録に1000円で載っているのだけれど、「状態がいまいち」とか文句をつけて注文を入れないでいたりする。

 いい加減、適当なところで手を打ってコンプリートにした方がいいんだろうけれど。

▼古本ネタをもういっちょう。

 かつて、創元推理文庫に「紙魚の手帖」なるペーパーが挟み込まれていた。
 もともとは折り込みの新刊広告の中の1ページに「紙魚の手帖」というタイトルをつけたコーナーだったのだけれど、それが独立した「紙魚の手帖」となって、新刊で刊行される創元推理文庫に挟み込まれていたのである。

 あるとき、これを集めるのが、古本仲間の間でプチブームになったのである。なにしろ、通番がついているので、コレクターとしてはどうしても集めたくなってしまうのだ。
 ところが、これが意外と大変だった。文庫に挟み込まれている新刊広告とか、こうしたペーパーのたぐいは、ブックオフなどでは確実に処分されてしまうので、なかなか挟み込まれている文庫を見つけることができなかったのである。

 それでもコツコツと集め続けて、「紙魚の手帖」として独立するまでのものはなんとかコンプリートし、独立して以降のものもだいたい揃えることができた。
 だけど、あと3枚というところまできて、ピタッと見つからなくなってしまったのだ。
 その3枚とは、26号、27号、29号。
 これさえ手に入ればコンプリートだというのに。

 が、実はその3枚を手に入れたとしても、本当はまだ先がある。
 なんとこの「紙魚の手帖」、同じ号の色違いというのがあるのだ。どういうわけか、インクの色を変えて印刷しているのである。
 そこまで足を踏み入れると地獄なのだけれど、まずは残りの3枚をなんとかしなければ。いや、なんとかしないといけないということは、まるっきりないのだけどね。でも、ここまで集めて、コンプリートしないってのも気持ちが悪いしなあ。


2017.5.22(月)

▼フィリピン映画『SEGUNDA MANO(2011年)』を観る。

 幼い頃に妹を海辺の事故で亡くし、そのことからいつまでも立ち直れずにいる母親(Helen Gamboa)とともに暮らしているマベル(クリス・アキノ/Kris Aquino)。彼女は、親友のアンナ(バングス・ガルシア/Bangs Garcia)に助けられながら骨董品店を経営していたが、妹の死をひきずる母のために、自分の人生を諦めたような日々を送っていた。
 他に男を作った妻のマリエラ(アンジェリカ・パンガニバン/Angelica Panganiban)が家を出て行き、幼い娘のエンジェルと2人で暮らしているアイヴァン(ディンドン・ダンテス/Dingdong Dantes)。実は、そのマリエラはすでに死んでいるということを示唆する映像が冒頭に提示されているのだが。
 ある雨の夜、その2人が出会い、自分を裏切ることのない妻、そしてエンジェルの母になる女性を求めるアイヴァンは、マベルに心惹かれ、やがて2人は付き合い出すのだった。だが、その時からマベルの周囲に奇妙な出来事が続くようになる。
 たびたびマリエラの亡霊が現れ、ひとり、またひとりとマベルの近くにいる人間が不可解な死を遂げていく。それと同時に、アイヴァンの様子も変わっていく。なにかに取り憑かれたかのような表情を見せ、時にはマベルが他に男を作って離れていくのではないかと執拗にマベルを責めさいなんだりするようになっていくのだった。
 はたして、マリエラの死の真相とは? そして、マリエラの亡霊がマベルのまわりに現れる理由とは?

 監督は、最近ではコメディを専門に撮っている超売れっ子の女流監督ジョイス・ベルナール。本作は、そのジョイス・ベルナールが撮った本格的なホラー映画だ。
 『Kimmy Dora and The Temple of Kiyeme』『Da Possessed』もホラー映画としての要素は持っていても基本的にはコメディ映画だったので、彼女の本格的なホラー映画を観るのはこれが初めて。なかなかよくできていて、やはり娯楽映画を撮るのがうまい監督なのだと再認識させられた。
 ただし、ストーリー的につじつまのあわない映像で観客を驚かそうとしたりして、いささかあざとさも目に付く。
 マリエラの亡霊が登場する理由が実は…という意表をつく展開はそれなりに面白く、マベルもアイヴァンも幼少時の事故をひきずっているという設定もうまいのだけれどねえ。

 主演はクリス・アキノとディンドン・ダンテスで、ディンドン・ダンテスがいつもの好青年とはまったく異なるサイコなキャラクターを熱演していて、なかなか見ごたえがあった。
 この作品は2011年のメトロマニラ・フィルム・フェスティバルにエントリーしているのだけれど、そこでディンドン・ダンテスは主演男優賞を受賞している。また、フィリピン・ムーヴィ・プレス・クラブが主催する“28th Star Awards for Movies”の年間最優秀男優賞にもノミネートされている。目つきが完全にいっちゃっている、さもありなんという熱演なのだ。
 一方のクリス・アキノの方はというと…、ま、いつものクリス・アキノかな(笑)
 また、行方をくらまし亡霊として登場することになるマリエラをアンジェリカ・パンガニバンが演じているのだけれど、亡霊になってからはほとんど頭から豚の血をかぶったキャリー状態で、誰が演じているのかほとんど分からなかった。これだったら、もう少し格下の女優を使うんでもよかったんじゃないのかなあ、なんてことを思ってしまう。
 ヒロインの友人役で登場しているバングス・ガルシアは、東スポに「フィリピンの秋元才加」として取り上げられたこともあるナイスバディの美女。脇役ながらも、けっこう印象的な女優さんでありました。とりあえず、チェックしておくことにしよう。


2017.5.21(日)

▼今日は多摩社会人庭球連盟(通称タマシャ)の春季団体戦、その残留決定戦で、Hさん(♂)と一緒に国立まで出張ってきた。
 現在、僕たちのチームは11部にいるのだけれど、その初戦で敗退してしまい、この残留決定戦で負けてしまうと12部に落ちるという瀬戸際にいるところなのだ。
 ただし、その1日目の試合が昨日あって3勝1敗となっている。あと2つ勝てば残留が確定というところで、気持ち的にはそこそこ楽ではある。
 ちなみに、今日試合があるのは僕とHさんのペアだけ。全部で8試合あるのだけれど、あとの3試合は来週なのだ。通常は1日に8試合全部終わらせるか、2日に分けて開催するのだけれど、今回は相手チームの選手が揃わなかったためか3日開催となってしまっているのである。ま、それは仕方がないのだけれど、僕たち1試合しかないというのは、かなり寂しい。誰の応援もなく、2人だけでアウェイのコートに行って試合をしなければならないのだ。
 うーむ、孤独だぞ。

 試合前に挨拶をして愕然としてしまう。
 なんと、相手はミックスペアなのだ。しかも、女性の方は70代のおねーさまなのである。
 この瞬間に、僕もHさんも戦意喪失。だって、女性の方にきびしいボールを打つことができないじゃん。ただでさえミックスとの対戦は苦手なのに、その女性が70代とあってはやりにくいことこの上もなし。
 僕もHさんも、集中力を高めて、闘争心を燃やして、初めていい試合ができるタイプ。なのに、試合が始まる前にその僕らの武器が奪われてしまったことになってしまう。うーむ、敵ながらみごとな作戦だぞ(涙)

 僕がデュースサイドと、まぶしい方からのサーブを担当する。
 今日のペアは、僕はどんなボールもひろってつなぎ、Hさんが前でポイントを奪うというのがそれぞれの役割分担。だから、サーブもHさんにはきっちりキープしてもらうためにまぶしくない方を担当してもらい、僕はいやらしいスライスサーブでHさんにチャンスボールを供給するためにまぶしい方からのサーブを担当というわけだ。

 1セット目は、この役割分担がうまく機能して、まったく危なげなく6-3で勝ち。そう、今日の試合は1セットをとっても終わらない3セットマッチなのである。本当は、そんな長い試合なんかしたくないのだけれど。
 僕はうしろから前衛につかまらないようにラリーを続け、いいタイミングでHさんがそこに飛び込んで前で決める。Hさんの上を抜かれても、それは僕がひたすら走って拾う。
 自分の調子も悪くない。なんだか、とってもいい感じでボールが打てている。
 太陽が完全に視界に入ってしまうサーブには苦労しつつも、なんとかスライスサーブでチャンスも作っているし、なにしろHさんのサーブが完璧で、きっちりキープしてくれている。
 3ゲーム落としたのは、相手のボールにあまりにも勢いがなく、予想外に短くなったボールの処理をミスったりしたもので、自分たちの手抜きや気の緩みが招いたもの。
 ぜんぜん負ける気はしない。

 ところが、2セット目で流れが変わってしまう。
 相手は、女性だけではなく、おっちゃんの方もゆるゆるの短いボールしか打ってこなくなってしまったのだ。ネットの近くで、ぜんぜんはずんでこないボールなので、下からすくい上げるようにしか打てない。2人して意図的にこういうボールが打てるのだから、はっきりいってかなりお上手なペアなのは明らか。
 仕方なくそれをゆるく返すと、今度はHさんの方に、まるでからかうかのようなゆるゆるのロブを上げてくる。なんと、Hさんがそれを打ち込もうとして、かたはしからネットにかけてしまいまう。闘志を失っているHさんにゆるゆるのロブが、実に実に効果的だったのだ。普段だったら、そんなもん、遠慮なくバシバシ打ち込むくせに、気が緩んでしまっているのか、まったくスマッシュが決まらない。
 相手はしつこくしつこくHさんにロブを上げ、途中からHさんも打ち込むのを諦めて丁寧に返そうとするのだけれど、それすらもネットにかけてしまう。完全にHさんのペースが狂ってしまっている。頼むよ、そこでなんとか踏ん張ってくれよ、Hさん。
 だけど、悪魔に魅入られたかのように、上のボールの処理をおもしろいようにミスしまくるHさん。
 そして、僕の方もおっちゃんの完璧なドロップショットに何度もやられてしまう。ゆるく返したリターンを、絶妙のタッチでネット前に落とされてしまうのだ。
 かと思うと、ストローク合戦でもHさんがこのおっちゃんに負けてしまったりしている。
 それなりにうまいおっちゃんなのだ。
 そして、たまにネット前の女性の方を相手に勝負をする場面もあったのだけれど、この女性、ボレーがとっても上手だった。僕は、思いっきりこすぎあげたボールを相手の足元にグインと落とそうとしているのだけれど、それを何度も何度もミスらずに返してくる(さすがにぶつけていくようなボールは打てなかったしね)。
 かくして、2セット目を3-6で落としてしまう。
 恐るべし、ゆるゆる攻撃!

 3セット目。
 ちょっと気分を変えるためにラケットを変えてみる。それまで使っていたラケットは、ちょっと油断すると飛びすぎる傾向があるのだけれど、今度のラケットはきっちり振り切るのにむいているラケットなのだ。相手のゆるゆるに付き合わずに、少しボールのスピードをあげる作戦に変更。
 また、試合が長引いたおかげで、ようやく太陽の位置がずれてきて、多少はサーブを打つのが楽になってくる。これで、少しスピードをあげたスライスサーブでポイントをゲットできるようになる。
 Hさんに対する相変わらずのゆるゆるロブロブ攻撃に関しては、打ち込める時はそのままHさんが攻めて、打ち込めそうもない時には無理をせず、そのままスルーしてもらって僕がカバーするように作戦を変更。
 攻めてポイントをゲットするのがHさんの役目なので、その分、Hさんの方にミスが多くなるのは当然なのだけれど、だんだん疲れてきたのか暴発が増えてきた。それまで完璧だったサービスもダブルフォールトで落としてしまう。でも、それ以上にきっちり決めてくれる場面も増えてきて、なんとか最後は6-3で勝利。
 本来なら、6-1、6-1ぐらいで勝たないといけない相手だったんだけどね。

 試合開始から終了までかかった時間は、なんとなんとまるまる2時間!
 たいそう暑くて、途中、頭がボーッとする瞬間もあったりして、けっこうしんどい試合だった。
 でも、相手の70代のおねーさまは、この2時間の試合を最後までペースを変えることなくこなしたのだから、実に持ってたいしたものだ。自分も、こういう70代を目指さなければ。
 それにしても、これがもっとガンガン打ってくる男ダブペアが相手なら、僕にしてもHさんにしてもやりやすかったんだけどなあ。いやあ、まいりました。

 ちなみに、最後の方ではHさんのふくらはぎがピクピクしはじめていて、かなりやばかった模様。実際、駅まで帰る途中で「うわっ、足が! 足が!」って悲鳴をあげていたし、ビールを飲みに入った駅前の餃子の王将でも椅子に腰をおろすなり「足があ! うおっ、足があ!」と悲鳴をあげていた。
 以前、完全に勝っている試合の最終局面で足が攣って、それ以後は油の切れたブリキのロボットのようになってしまって大逆転をくらったことのあるHさんだけに、試合中に足が攣らなくて本当によかった。70代の女性を相手に試合をして、こっちの足が攣って負けようものなら、仲間から何を言われるかわかったもんじゃない。


2017.5.20(土)

▼シングルスのテニスオフに申し込んで、午前9時から2時間、シングルスのゲーム。
 会場は蕨市の富士見第2公園庭球場というところで、初めて行ったのだけれど、スクーターで行くのに手頃な場所にあるテニスコートだった。もともとはクレーのコートだったらしいのだけれど、数年前にオムニに張り替えたのだとか。

 まずはマンガ家の喜国雅彦さん似の主催者さんと対戦。
 2008年からテニスを始めたとのことだが、2014年には県大会予選の出場権をゲットしており、さすがに強い。若いと、短期間でメキメキと強くなるんだなあ。
 なんとか一方的な展開にはなることだけは避けられたけれど、とてもとてもかなわない。というか、今日はやたらと調子が悪いぞ。初対面の主催者に、少しでもいいところを見せようとして、逆におかしくなっちゃったのかなあ。
 3-6で敗退。

 続いて、もうひとりのオフ参加者と対戦。この人は、今回の主催者さんのオフに何度も来ている人らしい。
 むちゃくちゃうまい人なのに、なぜかこちらが追い込まれてかろうじて返したボールの処理をかたはしから暴発させて6-0で勝ち。
 実力通りなら、確実に0-6のタコ負けをくらう相手。主催者さんも、一度も勝てたことがないと言っていた。

 しかし、この参加者さん、僕との試合でいい感じに体が暖まったようで、次の主催者さんとの対戦では6-3で勝ち。この2人の激しいラリーを見ていると、とてもじゃないが自分とはレベルが違うと圧倒される。

 残り時間が30分なので、10分ゲームをやることにして、まずは主催者さんと対戦して2-2、もうひとりの参加者さんと対戦して0-4(ほら、これが実力相応の結果なんだって)。

 実はこの主催者さん、朝の7時からも2名募集でシングルスオフをやっていたのだけれど、やってきた初対面の2名が試合の途中でケンカを始めてしまったとのこと。
「フォールトのコールがない!」とか「明らかなフォールトをいちいちコールする必要はないだろう!」とか、原因は実につまらないことだったらしいのだけれど、ひとりはやたらと人をイライラさせるタイプの人間で、ひとりは簡単にイライラしてしまうタイプの人間だったらしい。
 結局、「こんな不愉快なテニスやってられるか!」とひとりは帰ってしまったらしい。主催者さんに言わせると、「そもそもお前の方が悪いだろ」って方が残って、しかもその残った方がヘタだったので、残り時間は実に苦痛だったとのこと。そりゃ、そうだろうなあ。

 ところが、もうひとりの参加者さんが遭遇したという話はもっとすごかった。
 3名募集で4人でダブルスをやるオフだったのだけれど、1名が無断で来なかったらしい。それではダブルスができなくなってしまうので、主催者が電話を入れたところ「ヒッチハイクで帰る予定がうまく車がつかまらず、いままだ青森県です」と言われたのだそうだ。
 そ、それは…。

 オフの主催をするのも大変だ。

▼午後は家でのんびりビデオでも見て過ごすつもりだったのだけれど、午前中のシングルスのデキがあまりにもひどすぎたので、スクールのお楽しみテニス大会に申し込んでしまう。
 ジャンケンでペアを決めると、常連メンバーの男性の中でいちばん組みたくないと思っているU田さんとペアを組むことに。悪い人じゃないんだけど、この人のテニス、とってもイライラするんだよなあ。

 なんとか調子をとりもどすべく、あれこれトライしてみたのだけれど、不調なまま。
 フラットサービスも、どんな打ち方をしても、いつものスピードが乗ってこないし、フォアストロークもぜんぜん思うように打てない。
 うーん、どこが悪いんだろう?

 本日の結果は5勝3敗。負けちゃいけないところにも負けてしまったなあ。

▼夜はテレビでボクシング観戦。やたらと日本人のチャンピオンが増えているけれど、ボクシング団体がたくさんあるので、何がなにやらよく判らない。
 で、いちばん楽しみにしていた村田の試合は、終始村田が試合をコントロールしていたというのに、不可解なジャッジで村田の負けとなってしまう。
 確かに手数ではチャンピオンの方が多くパンチを出していたけれど、それはことごとく村田にブロックされていて、ついに一発たりとも効果的なパンチが入っていないのに。それに対して、村田は数少ないながらも効果的なパンチを何度も入れていて、一度はダウンを奪っているし、チャンピオンがロープに助けられてかろうじてダウンしなかったという場面だって何度もあったし、完全にチャンピオンの足も止まっていたというのに。
 こういうジャッジがあると、ボクシングを見る人も減ってしまうぞ。


2017.5.17(水)

▼午前半休をとって病院に行き、コレステロール値を下げる薬を処方してもらう。
 前は毎日飲んでいた薬なのだけれど、いまは週に2回飲むだけに減らすことができていて、それでコレステロール値も安定しているので大いに助かる。
 それでも、薬をやめるとてきめんに数値が上がってしまうので、油断はできないのだけれど。

▼ついでに近くのブックオフを覗きに行く。
『シャイロックの子供たち』池井戸潤(文春文庫)108円
『祝宴』ディック・フランシス&フェリックス・フランシス(ハヤカワ文庫HM)108円
『男の首 黄色い犬』ジョルジュ・シムノン(創元推理文庫)108円
『剣客商売6 新妻』池波正太郎(新潮文庫)108円
『剣客商売7 隠れ蓑』池波正太郎(新潮文庫)108円
 おそらく、シムノンはダブリだろうな。

ピエール・ルメートル『死のドレスを花婿に』文春文庫を読了。
 『その女アレックス』のピエール・ルメートルのノンシリーズ作品。
 記憶障害に悩まされ、どんどん生活が破綻していくソフィー。生活のありとあらゆる場面で、現実が自分の記憶を裏切り続けてしまう。しまったはずの物はしまった場所になく、把握していたはずのスケジュールも間違え、どんどん自分で自分が信じられなくなっていく。
 なんとかベビーシッターの仕事につくのだが、疲れ果てた眠りから覚めてみると、傍らに少年の死体。記憶にはないのだが、状況から考えて自分が殺してしまったとしか思えない。
 そこから、必死の逃亡生活が始まるのだが、その行く先々で自分が犯人としか思えない殺人事件が発生し、連続殺人犯として警察から追われる身となってしまう。
 というのが第一章なのだが、第二章に入ったところから驚愕の展開が待ち構えていることとなる。『その女アレックス』も、章が変わるごとにそれまで読んでいた話がひっくり返されて驚かされたが、本作も同様にたくらみに満ち満ちた作品なのだ。
 だけど、正直、このネタだけで読ませるには長すぎるんじゃないのかな。とりわけ、第二章は途中で飽きてしまった。そうまでことこまかに描写しなくても、だいたいのところは分かってしまうしね。
 ラストもいまいち納得できず。何を書いてもネタバレになるので、具体的にどういう不満があるのか書けないのがもどかしいが、自分的には納得できなかったぞ。


2017.5.16(火)

▼昨日に引き続き、今日も銀座に足を運び、今日こそはインド映画『バーフバリ 伝説誕生』を丸の内TOEIにて無事に鑑賞。
 ふう、ようやく観ることができたよ。

 巨大な滝の下に暮らす村人が河で赤ん坊を見つけ、それを育てる。シバドゥと名付けられた赤ん坊は、やがて立派な青年に育つのだが、なぜか滝の上の世界に心惹かれ、何度も何度も巨大な滝を登ろうと試みては失敗していた。
 だが、ある時、美女の幻に誘われるようにして、ついに滝の上へと登ることに成功する。
 そこには、独裁者の支配する巨大な王国があり、幽閉された前王妃を救わんとする一団と王国軍との間で、熾烈な戦いが繰り広げられていた。
 シバドゥは、そこで出会った美しき女戦士アヴァンティカのために、25年にもわたって幽閉されている王妃を救い出すべく、暴君バラーラデーヴァが君臨する城へと乗り込んでいく。
 激しい戦いの末、シバドゥは幽閉されている王妃こそが自分の母であるということを知るのだったが…。

 というようなストーリーであるのだけれど、さすがは長時間上映のインド映画、そこから物語は祖父、父の時代にさかのぼり、どうして王家の血を継ぐシバドゥが滝の下へと逃れなければならなかったのかという話の前段が語られることとなる(あくまでも、前段だからね!)。なんと、そのパートだけで優に通常の映画1本分のボリュームがある。クライマックスは襲い来る蛮族の集団と王国軍との壮絶きわまりない戦闘シーン。そこに、父と叔父の王位継承をめぐる争いが絡まっていくのだが、その過去の物語を語り終える前に「パート2に続く」となってしまうのである!
 いやあ、さすがはインド映画だ。通常の映画2本分の物語に、通常のアクション大作4本分ぐらいのアクションシーンを投入して、それでまだパート1に過ぎないのだから。

 感想はというと、とにかく「すごい!」のひとことに尽きる。なにしろ、なにもかもが過剰なのだ。
 ありとあらゆるスケールが大きすぎ。王国の建造物はひたすら巨大だし、滝の水量も半端なさすぎ。戦闘シーンのエキストラの数も半端なく、大平原を戦士たちが埋め尽くす(もちろん、CG処理も多用してはいるのだけれど)。
 主人公は不死身すぎるし、対する男たちも強すぎ。
「お前ら、北斗の拳かよ!」っていうようなキャラの、肉弾相打ちすぎるパワフルなバトルシーンに唖然。
 押し寄せる軍勢をかたはしからなぎ倒す主人公たちの筋肉祭りに呆然。
 数十人、数百人の奴隷が支えきれずに倒れようとする巨大な黄金像を、主人公ひとりでむんずと支えてしまう場面では、「いくらなんでも、それ無理!」と思いつつも、無理矢理説得させられてしまう圧倒的な演出力。
 そして、美しいヒロインに対する主人公の超セクハラ攻撃!!(笑) あれは、どう考えてもセクハラだぞ。許されるのか、あんなことが! それなのに、それまでは男なんて寄せ付けようともしなかった女戦士が、コロリと主人公に身も心も許してしまう。いいのか、それで(笑)

 もう、あれもこれもすごすぎて、思わずスクリーンを前に笑ってしまう。あまりにも過剰、過激すぎて、笑うしかないのだ。とにかく、すごい映画だった。本当に映画館のスクリーンで観ることができてよかった。
 とりあえず、パート2も日本での公開が決まっている。すでに観た人の話では、パート1よりもすごいのだそうだ。これは、絶対に映画館のスクリーンで観なければ。

★「バーフバリ 伝説誕生」の予告編


★美女の幻に誘われて、滝の上まで登ってしまうシーン。どんだけ無茶な映画か、これからもよく分かるでしょう。


★ついでに、壮大すぎるパート2の予告編。いくらなんでも、スケールがでかすぎるだろ。


2017.5.15(月)

澤村伊智『恐怖小説 キリカ』講談社を読了。
 なんともはや、とんでもない小説である。なにしろ、著者が『ぼぎわんが、来る』で角川ホラー小説大賞を受賞するところから小説が始まるのだ。そして、受賞後の出版社とのやりとり、改稿の様子などが細かく描かれていく。受賞パーティの様子など、本当にあったことをそのまま書いたとしか思えない。つまり、著者を主人公としたノンフィクションという体裁なのだ。ところが、それがいつの間にかホラー小説となっていくのである。
 講談社から声がかかり、本書を書くようになるいきさつなども描かれていく。本書のなりたちそのものまでもが、この小説のテーマにしっかり組み込まれているのだ。
 読みながら「いいのか、これ?」と不安になっていく。だって、実在の人物もかなり登場してきてしまうのだ。担当編集者など、実際の人物とはかなり設定を変えているのかもしれないけれど、やっぱり特定の人物がいるわけだよね。それなのに、ここまで書いてしまっていいのかと。
 どういうホラー小説になっていくのかは、これから読む人の楽しみを奪うことになりかねないので、ここでは書かない。とにかくとんでもないたくらみに満ち満ちた小説なのだ。
 そして、本書のすごいところは、否定的な感想をネットにアップすることをためらわせてしまうということだろう。きっと、『ぼぎわんが、来る』が出たあと、ネットに出た感想のうちの否定的な部分に著者は傷つき、場合によっては怒りすら覚えたのだろう。あるいは、殺意すら覚えたかもしれない。この『恐怖小説 キリカ』は、そうした否定的な書評を封印させてしまう、とんでもない力を内包した小説なのだ。
 あまりにリアルすぎて、怖いことは怖いが、それよりもある意味、気持ちの悪い小説に仕上がってしまっている。まことにもって、とんでもない小説だ。

恐怖小説 キリカ

▼観ようと思っていながら、あっという間に新宿での上映が終わってしまったインド映画『バーフバリ 伝説誕生』を、銀座の丸の内TOEIで上映しているというので、さっさと会社を飛び出して銀座に向かう。
 が、映画館の前に辿り着いて呆然と立ちすくむことに。
 なんと、月曜日は夜の回の上映がなかったのだ!
 仕方なく、すごすごと帰宅したのだけれど、よくよく考えたら隣の新橋駅で古本まつりをやっていたのだから、それを覗きに行けばよかったよ。


2017.5.14(日)

▼知り合いが主催するテニスオフで、9時から2時間、男子ダブルスをやらせてもらう。
 今回、募集条件が「中上級以上」となっていたせいか、むちゃくちゃ上手な人が揃ってしまい、たったの2時間なのにヘトヘトに消耗するぐらい必死のテニスをやらされてしまった。なにしろ、一瞬たりとも気を抜くことができないのだ。しかも、半端ないハードヒッターが2名いて、ガチンコのフォアストロークの打ち合いで打ち負けてしまう始末。フォアストロークの打ち合いにはけっこう自信があるのだけれど、3往復までは耐えられても、その次ぐらいにはこちらがミスってしまう。ネットプレイも上手だしなあ。
 かくして、4先ノーアドの試合を5試合やって全敗してしまう。誰と組んでも負けるということは、自分がいちばんヘタだったってことなんだろうな(涙)

 2時間参加して帰ろうとすると、後半2時間をドタキャンした人がいるとのことで「もう1時間残ってもらえませんか」と主催者から声がかかり、女ダブの方のコートに入ることに。今日はコート2面を使って、1面では男ダブ、1面では女ダブをやっていたのだ。
 女ダブの方ではいままでのようなガチンコのテニスをするわけにはいかず、ひたすら柔らかくつないで、自分がミスらないことだけを意識してボールを打つ。自分がとれるボールでも、ペアの方がとれそうなら敢えて手を出さず、お任せする。つまり、勝ちにはいかないけれど、負けるわけにはいかないというテニスだ。ゆるゆるテニスだけれど、自分がミスってポイントを落とすわけにはいかないので、これはこれでいい練習にはなる。
 1時間で2試合やって、ようやく本日の2勝をゲット。

▼帰宅して、嫁さんとお買い物に出かける。
 自分の靴を購入し、嫁さんの参加している美術サークルの展示会の案内を印刷するためのハガキなどを購入。
 今週中に案内ハガキを印刷しなければ。


2017.5.13(土)

▼たまには友人が主催しているサークルの練習会に参加しようと、夕方17時からの練習会に申し込む。しかし、朝から雨。たぶん中止だろうと思いながらも、夜にはやむかもしれないので、他の予定を入れることもできない。インドアのスクールの方に申し込めば雨でもテニスができるのだけれど、そちらに申し込んでしまうと夕方からのサークル練習会に間に合わなくなってしまうので、申し込むこともできず。たぶん中止とは思いながらも、中止を前提に行動できないので困ってしまう。
 17時近くなっても雨がやまないので主催者に「中止ですね」とメールを入れると、実は17時から4時間ではなく、19時から2時間だったと判明。この友人主催の練習会、たまにこういう連絡ミスがあるので油断ができないのだ。
 結局、19時になっても雨はやまずに中止。

▼フィリピン映画『Everything About Her(2016年)』を観る。

 成功した女性実業家のヴィヴィアン(ヴィルマ・サントス/Vilma Santos)は、医者からステージ3の癌であることを告げられる。
 彼女は、仕事を続けるために、病院で最も優秀な看護師として推薦されたジャイカ(エンジェル・ロクシン/Angel Locsin)を、個人付きの看護師として雇い、家族のためにお金の必要だったジャイカは大喜びでその仕事を受ける。
 だが、自分に厳しいヴィヴィアンは周囲の人間にも容赦はなく、ジャイカにもその容赦のない要求が向けられる。
 一方、ヴィヴィアンが取り組んでいた大きなプロジェクトの建築デザイナーとして、アルバート(ジーアン・リム/Xian Lim)という若者が採用される。アルバートは、両親が離婚した際に父と暮らすことを選び、父とともにアメリカで育ったヴィヴィアンのただひとりの息子だった。
 仕事が忙しくて家族との時間を充分にとれず、そのあげくに夫と息子を失ったヴィヴィアンはなんとか息子との関係を回復しようと思うのだが、自分よりも仕事を選んだ母親を恨んでいたアルバートはなかなか心を開こうとはしない。
 ヴィヴィアンのためにも、なんとかふたりの仲をとりもとうとするジャイカだったが…。

 難病を題材とした作品ではあるのだけれど、暗くはない。暗くないどころか、ヴィルマ・サントス演じるヴィヴィアンの強さ、エンジェル・ロクシン演じるジャイカのポジティブさで、観ていてどんどん前向きな気分にさせられてしまう。そして、何度も笑わされてしまう。はっきりいって、タガログ語のセリフで日本人の僕を笑わせるって、すごいことだよ。
 そして、相変わらず家族の情愛を丁寧に丁寧に描いている部分が素晴らしい。フィリピン映画の最大の特徴は、どんな映画であっても「家族」が大切に描かれているということなのだ。本作でも、ヴィヴィアンとアルバートという母子の葛藤が丁寧に描かれて感動を呼ぶと同時に、家族のために働くジャイカと彼女の大人数の家族との関係も丁寧に描かれている。

 あらためて、ヴィルマ・サントスという女優の素晴らしさを再認識させられる作品でもあった。1963年に9歳の子役としてデビューして、その後アイドル女優として絶頂をきわめ、そして今でも現役として第一線で活躍している女優だ。本作は『Ekstra』以来の3年振りの映画出演なのだけれど、その演技力はさすがで、ラストシーンではけっこう感動させられてしまう。
 エンジェル・ロクシンはテレビシリーズ『DARNA』で有名な美人女優だけれど、単に美人なだけじゃなくって、こういう難しいテーマの映画でもさらりとこなしてしまえる素晴らしい女優なのだということがわかった。彼女のかろやかな演技で、難病モノであっても、変に深刻な映画にならずにすんでいる。

 監督は『The Super Parental Guardians』『Kimmy Dora: Kambal sa kiyeme』『Da Possessed』などのコメディを得意とするジョイス・ベルナール(Joyce Bernal)。
 本作もテンポのいいコミカルな演出が光ってはいるのだけれど、それ以上に感動的な作品に仕上がっていて驚かされる。まさか、ジョイス・ベルナールの作品で感動させられるとは思わなかった。ちょっと見直したぞ。



2017.5.12(金)

▼DVDで『タイガー・マウンテン 雪原の死闘』を観る。
 ひとむかし前の中国共産党のプロパガンダ映画を、ツイ・ハークが大真面目に撮ったらこんな映画ができちゃいましたという感じの作品で、違和感がものすごい。もう、中国人民解放軍に対する賛歌が半端なく、パロディかと思ってしまうくらいだ。だけど、パロディにしては本気モードだしなあ。
 しかも、中途半端に現代とリンクさせたところの意図も不明。2種類のエンディングも意味不明。
 アクション演出にはめいっぱい力が入っているだけに、なんとも曰く言い難い怪作感が漲ってしまっている。
 いったい、ツイ・ハークは何を考えてこんな映画を撮ってしまったのだろう?



ジョン・コリア『予期せぬ結末1 ミッドナイト・ブルー』扶桑社ミステリーを読了。
 読む順番は入れ違ってしまったが、扶桑社ミステリーの「予期せぬ結末」3冊をこれで読了してしまったことになる。
 ロバート・ブロック、チャールズ・ボーモント、ジョン・コリア、それぞれに楽しめた。普段、翻訳物の短編集は敬遠してしまうのだけれど、いざ手に取ってみるとやっぱり面白いんだよなあ。それほど売れるシリーズとも思えないのだけれど、他の作家でも出していってほしい。
 ジョン・コリアは、時としてオチがピンとこない作品もあったのだけれど、それも含めてこの作家の個性と感じた。ちなみに、表題作がいまいちピンと来なかったのは、自分のセンスがよくないせいなのだろうか。

予期せぬ結末1 ミッドナイトブルー (扶桑社ミステリー)


2017.5.11(木)

▼特に話題もないので、古本のことなど。

 かつて朝日ソノラマから出ていた「アニメ文庫」というものを集めている。
 集めたところで読むわけではなく、ただ単にコンプリートさせたい一心で集めている。
 しかも、可能な限り安く集めたいと思っている。

 で、いつの間にかあと4冊というところまで来て、ピッタリと止まってしまった。
 その4冊とは、『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』『虹のシャワー』『とみとみトーク』。

 『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』はたまにネットで見かけるものの、100~300円程度で買いたいというこちらの希望金額を上回っており、ま、いずれ見つかるさと高をくくって見送っている。

 『虹のシャワー』は声優の井上真樹夫が書いたもの。これはまったく見かけない。いざとなったら、多少は高く買ってしまうかも知れない。

 問題は『とみとみトーク』。声優の富山敬と富田耕生の2人による本なのだけれど、実はこの本は2回買っているのだ。しかも、ブックオフで200円で買った2冊目には富山敬のサインが入っていたのである。そこで、サイン本を手元に残してもう1冊をヤフオクで処分してしまう。ところが、富山敬の熱狂的なファンという女性が僕のウェブ日記を読んで「ぜひ譲って下さい」と泣きついてきたので、「2回買った本だから、別に手放してもいずれ手に入るよな」と軽い気持ちで譲ってしまったのである。で、それっきりまったく見かけない。なぜだ?

 というわけで、『虹のシャワー』『とみとみトーク』を安く見かけたら、ぜひとも譲ってやってください。

▼ついでだから、もうひとつ、コツコツ揃えようとして、もうちょっとで揃うのになかなか揃わない本のネタを書いておこう。

 探しているのは『面白倶楽部』という倶楽部雑誌の昭和25年2月号と4月号の2冊。この頃の『面白倶楽部』にはずっと富田常雄が連載をしていて、そのほとんどは単行本で読めるのだけれど、なぜか「微笑天使」という作品だけが単行本になっていないのである。そうなると、揃えて読みたくなるのがマニアのサガ。
 コツコツ探して、少しずつ揃っていったのだけれど、あと2冊というところでこれまたピッタリと止まってしまった。4月号の方は「日本の古本屋」で検索をすると2700円で出している古本屋があるのだけれど、連載の1回分のために出す金額としてはさすがに高すぎて手がでない。なんとか1冊1000円以下で手に入れたいと思っているのだけれど、これがまったく見かけないんだよなあ。
 国会図書館にもないみたいだし。


2017.5.10(水)

▼ノートパソコンをバッグに入れて会社に持ち込む。
 カスペルスキーをインストールできない問題で、会社のパソコンマニアに相談するためだ。
 だけど、いまいち原因が分からず途方にくれていると、カスペルスキーから昨日出した問合せの返事が来る。いくつか調べて、その結果を知らせてほしいという内容のメールだったのだけれど、その中に「Windows Updateを実行すると、最後まで正常に更新プログラムの適用は完了しますか。」という一文があった。Windowsは自動アップデートの設定になっているのだけれど、最近の更新歴を確認して見ると、ずっと「インストールに失敗しました」となっているではないか。うーむ、これが怪しい。どう考えても、これが原因だ。
 ネットで調べてみると、Windowsのアップデートがうまくいかずにトラブルに発展している例があれこれあって、ただしその対応策は人それぞれで、どうもはっきりしない。
 そこで、あとの対処は会社のパソコンマニアに全面的にお願いしてしまう。
 あれこれいじっては、何度も何度もWindowsアップデートにトライして、そのたびにマシンを立ち上げ直してということを繰り返し、ほぼ1日かかってなんとかWindowsのアップデートに成功。これは、とてもじゃないけれど、自分には手も足もでなかった。
 その上でカスペルスキーのインストールをしたら、無事にインストールでき、表示されなかったサイトも表示されるようになった。
 なんとか問題は解決したけれど、時々はWindowsのアップデートが無事にできているかどうか、確認をしないといけないな。

岡崎武志&古本屋ツアー・イン・ジャパン編著『中央線古本屋合算地図』盛林堂書房を読了。
 昭和30年から平成29年までに中央線沿線に存在した古本屋をすべて網羅した(しようとした)地図が売り物の1冊ではあるのだけれど、それよりも中央線沿線の古本屋に関する対談とか、エッセイとかといった読み物の部分が楽しかった。ベテランの古本屋同士の対談も楽しければ、ここ数年で古本屋を始めた若い店主の対談も楽しかった。
 自分が若い頃にメインで回っていた古本屋は京浜東北線&京浜急行の品川から横浜にかけてのエリアだったので、本当はそのあたりの古本屋に関する同じテーマの本が欲しいところ。ああっ、読みたいぞお!


2017.5.9(火)

池波正太郎『剣客商売 白い鬼』新潮文庫を読了。
 表題作の他に「西村屋お小夜」「手裏剣お秀」「暗殺」「雨避け小兵衛」「三冬の縁談」「たのまれ男」が収録されている。
 どれもいいのだけれど、三冬に対する大治郎の気持ちがはっきりしてきた「三冬の縁談」が好みかな。あと、可愛がっていた弟子が殺されて珍しく小兵衛が本気で怒る「白い鬼」、三冬のような女武術者が登場する「手裏剣お秀」も好み。

剣客商売〈5〉白い鬼 (新潮文庫)

▼ちょっと間に合うかどうか微妙な時間だったのだけれど、会社を出て大急ぎで西荻窪の盛林堂書房へ。ネットで予約してあった『中央線古本屋合算地図』を早く読みたくて、ゴールデンウィークが終わるのを待っていたのだ(ゴールデンウィークの間はほとんど埼玉から出ることはないから)。

 店頭に辿り着くとかろうじてまだ閉店時間前で、とりあえず店頭の均一棚をチェックして、尾崎士郞の随筆集『芋月夜』扶桑書房を手にする。もしかして、富田常雄に関する記述がどこかにないものかと思ったのだ。
 だけど、パラパラと中を覗いた感じでは、富田常雄に関する記述はなさそうだなあ。富田常雄の随筆を読むと、若い頃にふたりでしょっちゅう飲み歩いていたという記述があるのだけれど、いまのところ尾崎士郞が富田常雄について書いている文章には出会っていない。もしかして、富田常雄の方が一方的に友達と思っていたのだろうか。

 なにはともあれ、『芋月夜』を手にして店内に滑り込み、こっそりと棚のチェック。別にこっそりとチェックする必要もないのだけれど、顔見知りのお店で棚をチェックするのってなんとなく苦手なんだよね。
 でも、当然すぐに見つかってしまう。
 レジの横にいて店主と話をしていたのは岡崎武志さんだと思うのだけれど、面識がないのでなんとなくちょっと頭を下げるだけのご挨拶。まあ、僕は向こうを知っていても、向こうは僕を知らないだろうからね。僕ごとき素人古本好きとは、レベルが違うし。
「よしださん、あんな本を3冊200円で買っちゃダメでしょ! あれじゃ、まるでうちが高いみたいじゃないですか!」と店主に笑われてしまう。
 先日、3冊200円で買った、島田荘司『占星術殺人事件』初版・帯付き・袋とじ未開封、ビクトリア・ホルト『流砂』角川文庫初版、ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』創元推理文庫帆船マーク初版のこと。ジュール・ヴェルヌはともかくとして、あとの2冊はさすがに3冊200円は安すぎる。
 ちなみに、『流砂』の方は店頭で1万円の値段がついておりました。そんなに値段のつく本だったんだ!

▼帰りの電車でさっそく『中央線古本屋合算地図』を読み始める。中央線沿線にいまでもある古本屋、いまはないがかつてあった古本屋を同一のマップに落とし込んだ地図と、中央線沿線の古本屋さんの対談、古本マニアによる中央線沿線の古本屋に関する思い出など、ひたすら中央線沿線の古本屋にこだわった本で、読んでいて楽しいったらありゃしない。自分自身は、中央線沿線の古本屋にはあまり馴染みはないのだけれど、それでも古本好きなら誰もが楽しめる1冊だろう。

▼盛林堂での会話で「もしかしたら、今日もおいしい本が転がっていて、盛林堂さんを悔しがらせることができるかも」とか思って、途中下車していつもの古本屋を覗きに行ってしまう。
 すると、J・G・バラード『22世紀のコロンブス』集英社帯付きを見つけてしまう。他には特に欲しい本もなかったので1冊100円で購入。ふっふっふ、アマゾンなら2499円からだし、まんだらけなら3850円だし、これが100円なら充分に血風だぜ!

▼帰宅して、「カスペルスキー」のバージョンアップに取り組む。
 このところ、ネットにアクセスして表示されないサイトが頻発しているのだけれど、どうやらその原因がカスペルスキーにあるらしいのだ。そこで、カスペルスキー2016を2017にバージョンアップすれば、そういうトラブルを回避できるのではないかと思ったのだ。

 ところが、2017をダウンロードしてきてインストールする途中でエラーが発生してインストールに失敗してしまう。カスペルスキーのホームページにアクセスしてあれこれ調べるが、いまいち原因が分からない。
 しかし、いままで使っていた2016は2017をインストールするためにアンインストールしてしまったので、このままではとっても困ってしまう。アンチウイルスソフトを常駐させていないと、恐ろしくてメールの受信もできやしない。
 さっそく、カスペルスキーのサポートページから問合せを出す。


2017.5.7(日)

▼試合のある日の朝は、神経が高ぶっているせいか、めちゃくちゃ早く目が醒めてしまったりする。だけど、今朝はいくらなんでも早すぎ。恥ずかしくて時間をここに書けないくらい早く目が醒めてしまう。二度寝しようとしても、緊張しているのかぜんぜん睡魔がやってきてくれない。
 ううっ、睡眠不足だぞ。やばいじゃん。

 さて、ゴールデンウィーク市民大会3番勝負の最後を飾るのは、川口市ダブルス大会。今回は男子ダブルス55歳の部に、バレーボーラーT橋さんと組んでの出場となる。スクールで同じクラスにいたので気心はしれているのだけれど、よくよく考えたらこのふたりでペアを組んだことなんてないぞ。ペア練習もしてないぞ。いいのか、それで。
 ま、お互いのプレイスタイルは分かっているから、いいのか、それで。

 昨日の試合で、いかに集中するか、いかに試合に向けてテンションをあげていくのかが自分にとって大切なのだということがよく分かったので、朝から必死になってテンションをあげていこうとする。だけど、睡眠不足のせいか、あるいは昨日の試合で集中力を使い切ってしまったのか、まるっきりテンションがあがってこない。なんだかボーッとして、「よおし! 今日は勝つぞお!!」という衝動がわき上がってこないではありませんか。
 やばいです。
 こういう時って、いっつも不甲斐ない試合をしてしまうんだよなあ。ちょっと嫌な予感。

 第1試合。
 案の定、調子がよくない。なんだかフワフワとしてしまって、自分の体が思うようにコントロールできていないという感じ。バコーンと打ち込もうとするとネットを直撃したり、大ホームランをかっとばしたりしてしまう。
 さいわい、それほど怖いテニスをしてくる相手ではないので、余計なことはせずにただただ前衛につかまらないようにボールを返すことだけを考える。それを相手がミスるか、T橋さんが前で決めてくれるかを期待するだけ。自分でポイントをとろうなどということはこれっぽっちも考えない。
 だけど、それが正解だったようで6-1で初戦突破。

 第2試合。
 対戦相手は昨年のこの大会で準優勝している第2シードの選手だ。今日の自分の調子では難しいかもと思いながらも、必死に自分のテンションをあげていく。自分がポイントをとった時には、大きくガッツポーズをとって「ヨッシャーッ!」と叫ぶ。無理矢理テンションをあげて、絶好調であるのだと自分をだましにかかる。
 すると、次第に騙されてしまったのか調子があがってくるではありませんか。
 相変わらず余計なこと、無謀なことはしないように心がけながら、基本はT橋さんにお任せだ。
 で、気がつくと6-0で勝ち。
 おおっ、第2シード相手にストレート勝ちをしちゃったよ。ありがとう、T橋さん!

 第3試合。
 年齢別はエントリー数が少ないので、早くも準決勝となる。そして、対戦相手はむちゃくちゃ有名なペアだった。名前でちょっと検索をすれば、東京、神奈川、千葉の大会などでもたっぷりひっかかってくるほどの戦績をあげている相手なのだ。
 昨年は、同じブロックにいたT中T也&N名ペアに負けたためにシードがついていないのだけれど、間違いなく今回の優勝候補だ。さて、この強豪ペアを相手にどこまで食い下がることができるか。
 先方からのサーブでスタート。すっごくいいサービスを打ってきて苦労させられるが、なんとかこれをブレイクして1-0。
 続く僕のサーブがブレイクされて1-1。いまいちサーブの切れが悪い。
 第3ゲームは相手のサウスポーのスライスサーブに苦労されながらも、意表をつくストレート抜きなどが成功してブレイク。2-1。
 第4ゲームはデュースまでもつれこむが、僕がポーチを失敗して2-2。
 ここまですべてがブレイクだ。
 相手のペアは、ひとりはとにかく気迫がすごく、攻撃的なテニスをしてくる。特にサービスの威力がすごい。もうひとりのサウスポーさんは、どちらかというと守備的なテニスをしてくる。いずれにしても2人ともむちゃくちゃ上手です。
 ここから相手がギアをあげてきて3-2、4-2、5-2と追い詰められてしまう。
 でも、何度もデュースに持ち込んでおり、決して一方的な試合内容になっているわけではない。相変わらず余計な攻撃を自粛してはいるのだけれど、いい感じでボールを打てていて、僕にしてもT橋さんにしてもミスはそれほど出ていない。ゲームカウントほどの差はない。
 次のゲームを粘って3-5。
 ここで僕のサーブだが、ここまでで2回ブレイクされている。たまにフラットサーブを混ぜながらも、スライスサーブ主体で打ってきているのだけれど、フラットサーブは入らず、スライスサーブもいまひとつキレがない。
 で、ここでT橋さんに耳打ちをする。
「短いサーブを打って相手を前に走らせますから、ポーチで決めて下さい」
 低い打点から思いっきり回転をかけたスライスサーブを短く打って、ネット前にポトンと落とる。
 それまでスピード重視のスライスサーブを打っていたので、これが相手の意表をついて、あわてて前に出てきてかろうじて返してきたリターンをT橋さんがきっちりボレーで決めてくれる。
 これをさらに2回続けて3ポイント。さすがに4回目は通用しないだろうと、あとは通常のサーブから必死に食らいついていってもう1ポイントもぎ取って4-5。
 よし、あとひとつで追いつくぞ。
 だけど、このあとの攻撃的おじさんの気迫のこもったサーブがすごかった。まずはワイドにものすごい勢いのサーブがきて、まったく触ることもできずにエースを食らい、T橋さんの方にはセンターへすごい勢いのサーブがきてこれまたエース。とにかく、この相手の人の気合いがものすごい。
 正直、55歳の部で自分より速いサーブを打つ人というのはあまり見たことがなかったのだけれど、もしかしたらこの人にはスピードでも負けたかもしれない。気迫では完全に負けている。しかも、コースも完璧。
 結局、そのまま攻撃的おじさんの気迫に押されて4-6で負け。

 試合が終わったところで大会スタッフから「表彰式がありますから、そのまま残っていてください」と言われ、「えっ、年齢別は準優勝までしか表彰されないはずなのに、今回は違うのか?」と思いつつ、「これでまたメダルが増える♪」と喜んでしまう。
 でも、あとで大会本部から呼び出しの放送がかかり、やっぱり「表彰式の対象は準優勝まででした」と言われてぬか喜びで終わってしまう。「間違えてごめんね」と冷えたアクエリアスをくれたけれど、アクエリアスよりもメダルの方がよかったなあ。
 一緒に呼び出された別ブロックの準決勝敗退ペアは「3位決定戦をやらされるのかと思ったよ」と言っていたけれど、完全に気持ちが切れているので、3位決定戦をやらされてももうダメだっただろうな。

 そのまま決勝戦を観戦する。
 別ブロックで決勝戦まで勝ち残ってきたのは、例によって例のごとくのT橋T也&N名ペア。またかよ! 実は、昨日のさいたま市の大会でも決勝戦まで勝ち残っていたのはこの2人なのだ。結局、僕らが負けた相手が優勝して、彼らは準優勝で終わったようなのだけれど。
 このペアとは前に対戦したことが何度かあるのだけれど、毎回ボコボコにされて終わっているので、内心「決勝戦まで残らなくてよかった」とか思ってしまう。公開処刑間違いなしだ。
 決勝戦は接戦となるも、終始T橋T也&N名ペアが優勢に試合を進めていく。守備的サウスポーおじさんの方が途中で完全に集中力を切らしてしまい、チャンスボールが来ても打ち込めず、ただただつなぐボールを打つだけになって、しかもつなぐボールをミスったりしはじめてしまったからだ。メンタルが弱いんだろうなあ。
 ところが、攻撃的おじさんの方はそれにめげるどころか、どんどんテンションをあげていって、強引にポイントを奪っていく。しかも、N名さんは肩を痛めているのか、ファーストサーブの威力もなければ、セカンドサーブは下から打っている(それでいてキープしたりするのだから、たいしたもんだよなあ)。
 かくして、一時は完全にT橋T也&N名ペアの勝ちかと思われたのだけれど、最後の最後で攻撃的おじさんがガンガン追い上げて、なんとタイブレークに突入。
 そして、これまた大接戦になるも、最後は攻撃的おじさんの気迫勝ち。
 うーん、やっぱりテニスって気迫だよなあ。
 いいものを見せていただきました。

 というわけで、本日は優勝ペアと死闘を繰り広げて(ということにしておこう)準決勝敗退という成績なのでありました。
 これで、春の市民大会はすべて終了。
 ずっと初戦敗退が続いていたので、最後の最後で2つ勝ててよかった。

▼家に帰って昼食を食べたあとで、自分のノートパソコンを居間に持ち込み、息子のところとスカイプを使ってテレビ電話。
 孫がやたらとわけの分からないことをしゃべって家族で大笑い。
 そして、キーボードをいじろうとするのを息子が必死になって阻止すると、ワーンと泣きながら部屋の向こう端に積んである布団の陰まで走っていってしまう。そこからちょこんと顔だけだしてこっちを見ているのだけれど、それがおかしくてこちらで大笑いすると、それが気になってまたトコトコと戻ってきたりする。
 いやあ、面白い。どんどん面白い生き物になっていくなあ。

▼孫と楽しんだあとは、居間に飾ってあった五月人形の片付け。
 もう屋根裏まであげるのはしんどいので、息子が使っていた部屋の押入の中を片付けて、そこにしまうことにする。
 押入の中からは、98NOTEとか、VHSのビデオデッキとかが出てきてしまったのだけれど、どうしたもんかね、こういうものは。壊れてはいないのだけれど、使うこともなさそうだしなあ。

▼かくして、とうとう9連休も終了となった。5月1日に嫁さんとデートした以外は、ひたすらテニスばかりをしていた連休だった。
 いろいろな試合をやったのだけれど、その試合結果を調べてみると全部で44試合やって、戦績は29勝15敗。まったくもって、どんだけテニスをやったんだか。


2017.5.6(土)

▼さいたま市ダブルス大会の男子55歳の部に出場。ペアはいつものニンジャさん。

 会場に着くとやたらと知人がたくさんいて、僕らの初戦の相手がいかに強いかという情報をくれる。他の市の大会で優勝したばかりだとか、昨年の50歳の部ではシングルスで優勝しているとか。
 そういうことは教えてくれなくってもいいんだって。そういうことを知ってしまうと、肩に力が入ってしなくてもいいミスをしてしまうんだから。特に相棒のニンジャさんは、そういう情報が入ると覿面にミスが増えるんだからね。
 でも、僕自身に関して言えば、そういうことがまったく気にならなかった。相手がどうこうということがぜんぜん関係ないくらいに、集中することができていたからだ。朝から気合いも充分で、どんな相手が来てもぜんぜん負ける気がしないくらいの気持ちになっていた。
 先日の試合があまりにも情けなかったので、今日はなんとしてでも納得のいく試合をやるのだぞと、そういう反省がいい方向に作用してくれたようだった。
 相手がどうあろうと、やるべきことは、自分らしい試合をやるってことだけだ。

 大会スタートと同時にコートに入る。
 相手は赤シャツさんと白シャツさんのペア。友人の情報では赤シャツさんの方がとにかくレベルが高く、どんなボールを打とうともきっちりミスなく返してくる壁のようなプレイヤーなのだという。
 その赤シャツさんのサービスから試合がスタート。
 それほど威力のないファーストサーブのリターンをきっちり相手の足元に打ち込む。ところが、それをファーストボレーできれいにさばかれて、それがまったく追いつけない短いリターンだったのであっさりポイントを奪われてしまう。うおっ、本当にむちゃくちゃうまい! 今のは、自分の考えるベストのリターンだったはずだぞ。それであっさり点をとられてしまうだなんて。
 あっさり第1ゲームを落として、僕のサービス。
 デュースサイドからは外に逃げるスライスサーブ、アドサイドからは「今日は入る気がする」フラットサーブ。フラットサーブは赤シャツさん相手に2本連続でエースを奪い、きっちりサービスキープ。
 赤シャツさんのサーブはたいして威力がなかったけれど、続く白シャツさんのサーブはさらに威力がない。だけど、それを打ち込んでいっても、きっちり返ってくるので、なかなかポイントにはならない。
 けっこういいリターンをしても、相手がすべてボレーできれいに返してきて、どれだけコースを狙おうと、どれだけぶつけていこうとまるで通用せず。こちらがミスるまで、ひょうひょうとボレーで返してくる。友人が「完全な壁」と表現していたけれど、まさにその通り。
 だけど、こちらとしてはひたすら攻める。自分のテニスでこの相手に勝つには、壁をぶち抜くのがただひとつの方法と覚悟を決めて、それを貫くのみ。
 途中、相棒のニンジャさんが弱気になりそうになるが「ぜんぜん大丈夫。行けるよ。攻めるよ」と盛り上げる。
 ミスをして「ごめーん」と謝ってきても、「いいじゃん。攻めてミスるのは仕方ないんだから。ぜんぜん大丈夫。もっと攻めていくよ」と、むちゃくちゃハイテンションでポジティブな自分。
 正直、ゲームカウントは1-1から1-2、1-3、1-4と一方的な展開ではあるのだけれど、それなりにいきおいに乗った攻撃でいい感じのポイントもとれていて、ぜんぜん負けている気がしない。攻めたボールで相手のミスも誘っているし、ストレートもきれいに抜いたし、そのたびに大きな声で「ヨッシャーッ!!」と叫んだりして、いっこうに自分のテンションが下がる気配はなし。
 途中、赤シャツさんの方がうまいと判断して、白シャツさんにターゲットを絞ってストレートアタックをかけるが、きっちりボレーで返ってくる。それをしつこくぶつけていって、3度目にきれいにさばかれてしまう。くぅ、白シャツさんもうまいぞ。

 結局、1-6で負けてしまったのだけれど、自分のできることはしっかりできた上で負けたので、ぜんぜん悔いはなし。
 こればっかりは、相手の方がうまいのだから仕方がない。そのうまい相手をそれなりに追い詰める場面もあったのだから、それでよしとすべきでありましょう。
 相棒のニンジャさんも、先日の試合ではひたすらしょぼいテニスをしていたけれど、今日は最後までしっかり集中して攻めてくれたので、まったく文句なし。

 ちなみにこの対戦相手、次の試合は楽々6-0で勝ち、僕の友人ペアが相手の準決勝もたいして苦労もせずに6-0で勝って決勝戦に駒を進めていた。少なくとも、この3試合の中でいちばんいい試合をしていたのは自分たちだという自負はある。初戦負けではあるけれど、次につながるいい試合ができたと思っている。
 きっちり自分らしい試合ができたので、大満足だ。

 結局、この対戦相手が優勝。そりゃ、強いわけだよ。

▼その後、友人たちの試合を観戦して、13時になったところで会場を離れてテニススクールへ行き、「お楽しみテニス大会」に参加。
 一昨日の「お楽しみテニス大会」では、市民大会で不甲斐ない試合をしてしまった鬱憤をはらすべくガンガン攻めるテニスをして、対戦相手を片端からボコボコにしてしまったのだけれど(それができるなら、本番の試合で相手をボコボコにしろよな!)、今日はたいそう心穏やかに試合を楽しむことができた。しかも、後半では明日も試合があるので体力温存を心がけるという余裕すらあった。
 本日の「お楽しみテニス大会」の戦績は5勝2敗。2敗のうちのひとつは、若き県大野郎を相手にかなり本気で立ち向かったのだけれど、力及ばず2-4で敗退。さすがに、勢いのある若者には勝てなかった(とか言いながら、次は勝ってやると思っているのだけれどね)。


2017.5.5(金)

▼友人がコートを確保してくれて、健康福祉村で4時間、ダブルステニスを楽しむ。
 今日は参加人数が7人と多く、しかも参加メンバーが、がつがつテニスをやるようなタイプではないので、まったりとしたテニスとなってしまった。
 結局、4ゲーム先取の試合を6つやって、4勝2敗。4時間で4ゲーム先取の試合が6つって、本当にまったりしてるよなあ。

池波正太郎『剣客商売 天魔』新潮文庫を読了。
 表題作の他に「雷神」「箱根細工」「夫婦浪人」「約束金二十両」「鰻坊主」「突発」「老僧狂乱」を収録。超安定のシリーズなので、「楽しく読めた」というだけで充分だろう。
 次第にとんでもなく強そうな敵が登場してきたりするのだけれど、短編ゆえ決着はあっさりとしているのは仕方がないことだろう。あと、小兵衛が食べ過ぎでお腹をこわして寝込むなど、ユーモラスな展開も増えてきていて、思わずクスリと笑わされてしまう。
 とにかく、楽しいシリーズだ。

天魔 (新潮文庫―剣客商売)


2017.5.4(木)

▼テニススクールの「お楽しみテニス大会」に参加。久しぶりに姿を見たK子さん(♂)とペアを組む。増えすぎた体重で膝を傷めたりして、最近はあまりテニスができていないらしい。さすがに以前のキレがないぞ。
 で、こちらは昨日の試合のストレスを解消すべく、ガンガン攻撃的なテニスをしてしまう。はっきりいって八つ当たりだ。まったくもって迷惑な。
 参加人数が少なかったのでほとんど休みなく試合を続けて、9戦全勝。八つ当たりで勝てるくらいなら、ちゃんと昨日の相手に勝てよって話だよな。まったくもう…。

▼フィリピン映画『The Super Parental Guardians(2016年)』を観る。
 スターシネマ配給の映画は、いつも英語字幕のついたDVDを手に入れることができていたのだけれど、本作に限ってはなぜか英語字幕なし。英語字幕がないとストーリーの把握に苦労してしまうのだけれどなあ。

 謎の集団による連続殺人事件の現場を目撃してしまったサラ(Matet de Leon)は、犯人に襲われナイフで刺されてしまう。彼女はなんとか親友であるゲイのアルシー(ヴァイス・ガンダ/Vice Ganda)のもとまで逃げ込むのだが、そこで幼い2人の子どものことをアルシーに託して亡くなってしまう。
 かくして、幼いメーガン(Awra Briguela)とアーニー(Onyok Pineda)はアルシーに引き取られることになる。だが、それまで彼らとともに暮らしていた叔父のパコ(ココ・マルティン/Coco Martin)も、アルシーの家に転がり込むこととなってしまう。
 期せずして母親と父親の役割を演じることとなるアルシーとパコ。だが、家族となった4人をめぐって、トラブルがあとからあとから生じてしまう。
 そして、ついには2人の子どもが連続殺人犯グループにさらわれてしまうのだった。

 毎年、クリスマスになるとウェン・V・デラマス監督によるヴァイス・ガンダ主演のコメディ映画が劇場にかかり、それを観に行くのがフィリピンの人たちの楽しみのひとつになっていた。
 ところが、デラマス監督が若くして急逝してしまい、その楽しみもなくなってしまうのかと思われた。だが、ジョイス・ベルナール監督がその後を継いで、ヴァイス・ガンダ&ココ・マルティンの共演で撮ったのが本作、『The Super Parental Guardians』というわけだ。
 2015年にデラマス監督がヴァイス・ガンダとココ・マルティンの共演で『Beauty and the Bestie』を撮ってフィリピン映画の興収記録を塗り替えたが、本作はさらにその興収記録を塗り替え、フィリピン映画の歴代トップの大ヒット作となった。
 ちなみに、デラマス監督&ヴァイス・ガンダ主演の作品はずっと年末のメトロマニラ・フィルム・フェスティバル(MMFF)のエントリー作品であったのだが、昨年からMMFFの規定が変わってストレートな娯楽作品が対象とならなくなったため、本作はMMFFにはエントリーされず、MMFFがスタートする前の時期に公開がずらされてしまった。本来ならば、クリスマスシーズンに上映されるべき作品であったのだけれど。

 デラマス監督の後を引き継いだジョイス・ベルナール監督は、『Kimmy Dora』『Da Possessed』などのコメディを数多く撮っており、まさに適任ではあるのだけれど、時として『Agent X44』のようなセンスのかけらもないコメディを撮ることもあるので、正直なところちょっと心配していた。しかし、興収記録が証明しているように、充分に期待に応える作品を撮ったといえよう。
 クライマックスでは、大ヒットした韓国映画のパロディを臆面もなく入れたり、ポケモンGOを使ったギャグをぶちこんだり、けっこうデラマス監督の作風を引き継いでいてくれる。
 主演のヴァイス・ガンダも相変わらず絶好調で映画を盛り上げてくれている。演じるキャラクターは当然、オカマなわけだけれど、子どものひとりもオカマという設定なので、お互いにオカマを競い合うシーンなどが楽しい。そういうシーンを見ていると、フィリピンはゲイに対して寛大な国のようにも思えるのだけれど、映画の中では子どもが小学校で「オカマ」とまわりからいじめられるシーンなどもあり、必ずしもすんなり受け入れられているというわけでもなさそうだ。
 一方のココ・マルティンは映画のスタントマンという役柄で、アクションを頑張ってくれている。とはいえ、相変わらずフィリピン映画のアクション演出はぬるいのだけれどね。でも、いつものお人好しオーラを発散しまくる陽性のキャラクターと雰囲気の違う役柄で、ココ・マルティンの新しい一面を見せてくれているのではないだろうか。


2017.5.3(水)

▼さいたま市のダブルス大会に男子Aクラスで出場。ペアはいつものニンジャさん。
 このところ、熱心に練習をしているせいかけっこう調子がよかったので自信を持って挑んだ大会だったのだけれど、ここ数年で記憶にないくらいダメダメの情けない試合内容で、2-6の初戦敗退。
 あまりの情けなさに言葉もなく落ち込んでしまう。
 Aクラスどころか、Bクラスでも勝てないし、下手すればCクラスでも初戦敗退するような試合をやってしまった。
 ここしばらくは気合いを入れて練習もして、調子もよかっただけに、ショックも半端ない。


2017.5.2(火)

▼さいたま市の大会を控えた友人が、試合勘を取り戻すためにコートを確保してくれたので喜んで参加する。当初の希望では男性だけでガンガン試合をしたかったのだけれど、メンバーが揃わず、結局男性3人女性3人となったので、ミックスダブルスをすることになる。
 このところ、けっこう調子がよかったので自信があったのだけれど、いざ試合を始めてみるとやたらと調子が悪い。ぜんぜん思うようなボールが打てないのだ。
 そのくせ戦績は3勝1敗と悪くはなかったのだけれど…。

▼帰宅して机の上を見ると、なぜかそこにテニス用のメガネが!
 なんと、うっかり遠近両用メガネでテニスをやっていたのでした。ぜんぜん気がつかなかった。そりゃ、調子が悪いわけだよ。


2017.5.1(月)

▼例年ならゴールデンウィークの合間の平日はカレンダー通りに出社して仕事をしていたのだけれど、今年は休みをとって九連休としてしまう。たまたま仕事も途切れていたし、ちょっと仕事に対するモチベーションも下がっていたので、たまにはこういうのもいいだろう。考えてみたら、ゴールデンウィークに九連休をとるなどということは、我が人生で初めてのことだったりする。

▼午前中は屋根裏から五月人形をおろして、居間に飾る作業。
 天井のはしごをおろして屋根裏に上がるのだけれど、そこから大きな荷物を下ろすのがだんだんしんどくなってきている。これが歳をとるということなんだろうなあ。以前は、ぜんぜん平気な作業だったのに。
 最近、歳を感じる場面が増えてきているなあ。

▼午後になって嫁さんとさいたま新都心まで出かけていって、MOVIXさいたまでエマ・ワトソン主演の『美女と野獣』を観る。
 ああっ、あの可愛らしかったハーマイオニーがこんなに立派に成長しちゃって!
 それはともかくとして、誰もが知っている物語でありながら、充分に楽しむことができて、さすがはディズニー映画という感じ。日本語吹き替え版で観たのだけれど、まったく違和感なく映画を楽しむことができた。
 ちなみに、ベルと野獣がダンスを踊るカメラがグルグルまわる場面で「おおっ、ブライアン・デ・パルマ!」と思ってしまったのは僕だけだろうか?

▼赤羽に移動して、スポーツオーソリティでテニス用のソックスを買ってから、その近くにある「イタリアン酒場 Esto.」へ。この店は、入ろうとして満席で入れなかったということが2回あって、今日が3回目のチャレンジだったのだけれど、平日の早い時間ということもあってすんなり入ることができた。すんなりどころか、他に客がひとりもいなかったぞ。
 メニューを見て、どれもこれもおいしそうで迷ってしまう。
 日替わりの鮮魚のカルパッチョ、自家製スモークチキンのシーザーサラダ、海老ときのこのアヒージョにバゲット、燻製タラコと燻製卵のポテトサラダといったあたりを頼み、ビールで始めてワインに移行。
 うーん、どれもこれもうまい。うまいのだけれど、どの料理も量が多くてびっくり! こんなに量があったら、あれもこれも頼めないじゃないかあ!(嬉しい悲鳴)
 店内には手書きのメニューが至る所に貼ってあって、それを見ると「あれもおいしそう、これもおいしそう」とワクワクしてしまう。今日は食べきれないので、「次に来た時にはあれを頼もう」とか、そんな会話でも盛り上がってしまう。
 許容量めいっぱいまで食べて飲んで、大満足。

 帰る頃には店内は満席。今日は早い時間に来たのが正解だったようだ。
 店を出る際に店長さんに今日の感想を伝えると大喜びしてくれて、お店の外まで見送りに出てきてくれる。この店はまた来なければ。

▼実は、そのすぐ裏手に僕がいつもフィリピン映画のDVDを購入しているお店がある。
 もしかしたらという予感がしたので寄ってみると、お店のおばちゃんが速攻で持ってきてくれたのがヴァイス・ガンダ&ココ・マルティン主演の『The Super Parental Guardians』。これが見たくて何度もお店を覗いては、そのたびに「まだ入ってないよ。私だって観たいよ」と言われていた作品(笑)
 これでようやく見ることができる。

▼さらに何かありそうな予感がして、近くの古本屋を覗きに行って、店頭の3冊200円の均一棚でとんでもない本をゲットしてしまう。
 島田荘司の『占星術殺人事件』の初版。帯付き。なんと、袋とじ未開封! ヤフオクで12万円になったという、とんでもない血風本だ!
 そして、ゴシックロマンの女王、ビクトリア・ホルトの『流砂』角川文庫初版。こちらは、いつもお世話になっている古本屋のホームページを見ると6800円で売れているという本。
 さらにジュール・ヴェルヌ『海底二万里』創元推理文庫帆船マークの初版。
 この3冊が200円で買えてしまったのである。いやあ、久しぶりの血風だあ!


2017.4.30(日)

▼知人の主催するテニスオフに参加して、9時から13時まで青木公園で4ゲーム先取セミアドルールのダブルスを楽しむ。
 さすがに昨日の疲れが残っていて勢いのあるボールが打てなかったのだけれど、それでも意外といい感じのプレイができていた。
 結果は4-2、4-2、4-0、4-0、2-4、4-0、3-4、4-2の6勝2敗。


2017.4.29(土)

▼埼玉大学のテニスコートを使って開催されているシングルス練習会に参加する。
 が、問題がひとつ。
 朝から頭がフラフラして具合がよくないのだ。
 うーむ、風邪でもひいてしまったのだろうか。昨夜は新宿で飲み会があり、夜中まで歌舞伎町で盛り上がっていたりしたから、夜風で冷えたのがよくなかったかなあ。
 いえ、決して二日酔いとかそういうことでは…。

 初戦。3-6で負け。
 相手のリターンがやたらと短くなって、本来ならそれはチャンスボールのはずなのに、前に走る足がもつれてミスを連発してしまう。
 ワイドに狙ったボールもかたはしからサイドアウトしてしまう。
 しかも、最初の1ゲームだけで息切れがして、ゼーハーゼーハーしてしまう。
 やっぱり、風邪をひいたかな(ひいてません!)

 2回戦。1-6で負け。
 相手はおそらく僕より年配の方なのだけれど、デカラケの達人ともいうべきテニスで、面を合わせてくるだけで自由自在にボールをコントロールしてくる。しかも、どんなにこちらが攻撃的なボールを打っても、ことごとく返ってきてしまう。
 まったく手も足も出ないまま、翻弄されまくって敗退。この方には、勝てる気がしません。

 3回戦。1-6で負け。
 相手がどうこういう前に、自分がダメダメで自滅して負けた試合。3回戦で早くも体力が尽きて、打っても打ってもボールが飛んでいかない。
 途中、ラケットを変えて多少はよくなったものの、この時点ですでに足が動かず。

 4回戦。5-6で負け。
 疲れ果てているわりには、いい試合ができていた。でも、相手もうまかった。
 特に、いいサーブを打って、そのままネットに詰めてくるパターンで何度も得点を奪われていた。それがプレッシャーとなって、ネットに詰めてこられてもいいようにサーブリターンを強打したり、無理なコースを狙ったりさせられて負けてしまったという感じ。

 5回戦。5-6で負け。
 もう体力の限界を超えていて、何度も何度も立ちくらみに襲われながらの試合となった。その割には頑張ったとは思うが、さすがに体が言うことをきかず、非常に辛かった。
 最後は5-5のラブフォーティから、なんとかフォーティオール一本勝負まで持ち込んだのだけれど、その持ち込んだ時の最後の一発を打った瞬間に右足の甲が攣ってしまう。
 そんなところが攣ることもあるんだ!
 で、フォーティオール一本勝負を、つまらないミスで落として負け。というか、足が痛くてボールを追いかけられませんでした。

 かくして5戦全敗。
 教訓「シングルスの前夜は、風邪をひかないように、早く帰りましょう」
 嘘です。すみません。風邪なんかひいてません。二日酔いです。シングルスの前夜に飲みに行くのはやめましょう。

▼試合会場からの帰り、アクセルを踏む足がいまにも攣りそうでかなりやばかった。
 そこに、出かけている嫁さんから駅まで迎えにこられるかというメールが入り、時間的にちょうどよかったのでそのまま南浦和の駅に向かう。なんとか足も攣らずに到着したのだけれど、嫁さんを乗せるために助手席の荷物をどけようと体をひねった瞬間に脇腹が攣って悶絶してしまう。
 そんなところが攣ることもあるんだ!
 結局、嫁さんに運転を代わってもらって帰宅。


2017.4.28(金)

▼以前、業界団体が発行する会報を編集する委員会に参加していて、その時に知り合ったメンバーに声をかけて時々飲み会を主催している。どういう流れでそういうことになってしまったのかはっきり覚えていないのだけれど、常に僕が幹事で、僕が声をかけないことには集まらないというメンバーである。
 最近は自分が忙しいこともあってぜんぜん開催していなかったのだけれど、お世話になった朝野熙彦先生が大学を定年退職したこともあって、今日は久しぶりに集まることになった。

 ふだんは業界他社の話とか、業界黎明期の話などを聞く機会もないので、いろいろと聞かせてもらう。面白いなあ。

 居酒屋でスタートして、二次会は歌舞伎町の裏の方にあるカラオケバーへ移動といういつものコースで、こちらは終電前に失礼したが、残ったメンバーは何時まで盛り上がったことやら。

 朝野先生からは『ビジネスマンがはじめて学ぶベイズ統計学』という本を献呈署名入りでいただいてしまう。こうやって先生からいつも新刊をいただいてしまうので、なんとか読まなければと思うのだけれど、いつもつまみ食いで終わってしまうのだよなあ。誠にもって申し訳ない。


2017.4.27(木)

▼仕事がきれいさっぱり途切れて、見事なまでの定時退社である。12月からずっと忙しかったのに、4月上旬に抱えている仕事を終えたら、ぱったりと仕事が途切れてしまった。
 会社を出ると、あまりにも外が明るいので「時間を間違えたのでは」と思ってしまう。
 新宿駅近くまで歩いていったところで、ばったりとゴールデン街「深夜プラス1」の祐介くんに遭遇し、「もうお帰りですか? 健康的でいいなあ」と笑われてしまう。

▼振り替えでテニススクールのレッスンを受ける。月内に受けないと、振り替えの権利を失ってしまうのだ。
 月末にしては珍しく人数が少なく、4人でのレッスンとなる。
 ガンガン打つメンバーばかりの中で、脱力テニスを心がけると、クロちゃんから「どうしたんですか?」と心配そうに聞かれてしまった。別に具合が悪くて力が入らないわけじゃないんだけどね。

 来週は市民大会3連発なので、その前にガットを張り替えようと思っていたのだけれど、すっかり忘れてしまった。

▼息子から29日に我が家に置いてあるビニールプールを取りに、孫を連れて来ると電話が入る。どうしてもゴールデンウィーク前にビニールプールを受け取っておきたいらしい。
 だけど、29日は僕も嫁さんも用事があって外出しているのだ。孫を連れて来るなら、オレたちがいる日にしろよな。でも、仕方がないので父と母に相手をしてもらうことにして、今回は諦めることにする。
 それで大喜びしたのが父だ。息子が父を喜ばせようとして、昼食を父の行きつけのお店にしようなどと言ったものだから、速攻で予約の電話を入れていた。ひ孫を連れて行って自慢したくて仕方がないのだ。

マーク・グリーニー『機密奪還(下)』新潮文庫を読了。
 ジャック・ライアンはとうとう出てこなかった。「ジャック・ライアン・シリーズ外伝」というのは、ジャック・ライアンのいる世界の物語ではあるけれど、ジャック・ライアン・シリーズに出てきたキャラクターを主人公にしたまったく別の物語ということなのだった。
 それはともかくとして、「グレイマン・シリーズ」のマーク・グリーニーの作品である。やっぱり、アクション描写が素晴らしい。
 合衆国のスパイ活動に関する機密情報が大量に入ったチップ。それが海外の組織の手に入るのを阻止すべく孤軍奮闘するドミニク・カルーソー。本来、「ザ・キャンパス」という対テロ民間極秘組織の工作員であるのだけれど、組織の一員として活動することができず、単身、盗まれた機密情報を追いかける。
 対するはイスラム過激組織、ロシア特殊部隊。パナマからスイス、アルプスへと戦いながらの追跡を続ける!
 いやあ、面白かった。ジャック・ライアン・シリーズでは『米朝開戦』もマーク・グリーニーが書いているということなので、こちらも読まなければ。

機密奪還(下) (新潮文庫)


2017.4.26(水)

▼マーク・グリーニーの『機密奪還』新潮文庫を読んでいるのだけれど、ときどき翻訳の文章に違和感があって集中が途切れてしまうことがある。

 たとえば今朝読んでいた下巻の182ページ。
 かなり緊迫した状況で「前進しないと。後退はできない」と言う主人公に、主人公の相棒役の女性がこう答えるのである。
「ええっ、ほんとう?」
 このセリフで一気に緊張感がなしくずしになってしまう。原文がどうなっているのかは知らないけれど、ここは「ほんとうに行くのね?」ぐらいのニュアンスだろう。この女性だってかなりのプロで、主人公を助けるためにボートを操縦して単身敵地に乗り込んできて、自動小銃で敵を撃ち倒すようなキャラクターなのである。その女性がこの場面で「ええっ、ほんとう? うっそー」みたいなセリフを言うわけがないじゃん。

 それに、ときどき主人公のセリフが女言葉っぽくなることがあり、上記の女性との会話でどっちがどっちのセリフだか分からなくなってしまったりもする。

A「あなたは精神科医でもあるわけ、シャーマン?」
B「いいえ、ぜんぜん」
A「じゃあ、どうしてわたしを診断できたの?」
B「それはね、わたしもそれに悩まされているから。あなたよりも前からね」

 女性同士の会話としか思えないのだけれど、Aが凄腕の工作員である主人公、Bが主人公の相棒の女性のセリフだ。なにも菊池光のような翻訳をしろとは言わないけれど、もう少しキャラクターのイメージに合ったしゃべり方をさせてくれてもいいだろうに。

 訳者は田村源二。トム・クランシーやクレイグ・トーマスの小説などを数多く訳している方だ。
 なんで、こんな翻訳になってるかなあ?


2017.4.25(火)

▼アマゾンで注文した本が届く。
『W7 ~新世紀ワイルド7~』望月三起也/実業之日本社
『ワイルド7 イラストレーションズ』望月三起也/復刊ドットコム
『ワイルド7R(2)』望月三起也/実業之日本社

 『W7 ~新世紀ワイルド7~』というのは450ページオールカラーというとんでもない本で、刊行された時にとりあえず実物を確認した上で買うべきかどうするか判断しようと思ったのだけれど、結局、実物を見ることができずに買い逃していた本。さすがに税別5,000円となると、実物を見ないで買うのは怖かったのだ。
 ところが、この本のモノクロ版が1,800円で刊行されるということが判明し、それだったら買ってもいいかなと思ったら、馳星周が「オールカラー版を買うべし」というので、ついついアマゾンでポチッとやってしまったのである。
 でもって、その勢いでついつい『ワイルド7 イラストレーションズ』もポチッとやってしまう。こちらは税別4,500円。決して安くはないのだけれど、こうなれば買うしかないしね。
 さらに、『ワイルド7R(2)』は出ていることに気付かずに買い逃していたので、これまたポチッとやってしまう。
 締めて税込み11,124円! これで、今月の書籍代は2万円を越えてしまいました。でも、仕方ないよね。望月三起也だもん。

▼かくして、枕元に望月三起也と『アジアン・アクション映画大進撃』を積み上げて、寝る前に少しずつ味わっているわけなのでした。

マーク・グリーニー『機密奪還(上)』新潮文庫を読了。
 「ジャック・ライアン・シリーズ外伝」というのでジャック・ライアンが出てくるものと思っていたら、ぜんぜん出てこないぞ。下巻で出てくるのか? とりあえず、一気に上巻を読み終えて、下巻に突入だ。

機密奪還(上) (新潮文庫)


2017.4.24(月)

▼新宿武蔵野館にて『イップ・マン 継承』を観る。
 いまやドニー・イェンの代表作となったシリーズの第3弾で、すでに第4弾の製作も発表されている。
 葉問(イップ・マン)という人物は、詠春拳の達人で、日本ではブルース・リーの師匠として知られていた人物。シリーズの1作目では、日中戦争の時代を舞台に、日本軍を相手に中国人としての誇りを守るために戦い、2作目では英国領香港に移住してからの苦労を描き、3作目である本作ではすでに詠春拳の達人としての名声を確立した後のドラマを描いている。
 1作目では日本人の空手家、2作目では英国人のボクサーとの対決がクライマックスとなっているが、本作ではアメリカ人の元ボクサー(マイク・タイソン)との対決がひとつのクライマックスとなっている。
 作品全体のアクション監督はユエン・ウーピンが担当しているが、マイク・タイソンとのバトルシーンはドニー・イェンが振り付けているらしい。これがなかなかの迫力で見応えがあった。ボクサーを相手の闘いということで、最後にスーッと床まで沈み込まんばかりに態勢を低くしてドニーが構えたシーンでは、鳥肌がたたんばかりにゾクゾクしてしまう。
 さらには、ムエタイとの対決、同じ詠春拳の達人との対決があり、いずれもあまりに見事な演出に嬉しくなってしまう。
 しかも、ひとりの武術家のドラマであると同時に、家族愛を描いたドラマでもあり、これが泣かせる。
 監督は『SPL/狼よ静かに死ね』『導火線 FLASH POINT』のウィルソン・イップ。続く第4弾も同じ監督の作品となる予定。楽しみだ。

 ところで、問題は上映館となった新宿武蔵野館。リニューアルしてから初めて行ったのだけれど、椅子はよくなったものの、スクリーンの低さは相変わらずで、前の観客の頭でスクリーンが欠けてしまうのがなんとも哀しい。特に背の高い人が前にいたわけではないのに、どうしても前の観客の頭がスクリーンにかかってしまうのだ。となると、当然、自分の頭だって後ろの観客のジャマになっているはず。
 できれば、利用したくない映画館と言わざるを得ないのだけれど、5~6月に上映される『おじいちゃんはデブゴン』『コール・オブ・ヒーローズ』もこの新宿武蔵野館なんだよなあ。
 なるべく前の方の席で、前列に人のいない席を選ぶようにしなければ。


2017.4.23(日)

▼今日は、嫁さんの水彩画が入選して展示されている六本木の国立新美術館へ。
 嫁さんは、春陽会という美術団体の公募展に、これで2年連続して入選していることになる。絵の世界については疎いので、春陽会と言われてもぜんぜんピンこ来ないのだけれど、大正時代に設立されたかなりの権威ある団体であるらしい。まあ、そうでなければ国立新美術館なんか使わないよね。
 5年連続して入選すると、春陽会の会友になれ、さらに受賞すると会員になれるらしい。嫁さんが師事している先生によると、いまの調子で頑張れば、5年連続入選は大丈夫だろうとのこと。だけど、その先生が言うには、会友になったら銀座で個展くらい開かなくちゃダメなのだという。えっと、銀座で個展て、いったい誰の話ですか? うちの嫁さんの話ですか? それこそまったくピンと来ないのだけれど。

 国立新美術館では、いま草間彌生展とミュシャ展を開催しているので、ものすごい人が押し寄せてきていた。美術館の周辺の樹なんて、ぜんぶ赤の水玉模様の布で覆われていたりして、いたるところが草間彌生のカラーに染め上げられている。
 ま、こちらはそういう企画展とは別。
 入場して入口から順に絵を観ていったのだけれど、絵に圧倒されてどんどん疲れていってしまう。いわゆるきれいな絵、観ていて心安らぐ絵というのは少ない。「芸術は爆発だあ!」と言わんばかりに、観る者を圧倒する力溢れるタッチの絵が多いのだ。
 そして、どう描くかも大切だけれど、何を描くのかというのが大切なのだなということもよく分かる。それぞれ、自分のテーマを見つけて、それを続けて描いてきている。山羊の顔を描き続けている人もいれば、蟻の絵を描き続けている人もいるし、「ねこたまご」というタイトルの絵を描き続けている人もいれば、木の切り株を描き続けている人もいるし、ひたすらピンクに塗りつぶす人もいれば、黒い線をぎっしり描き込んでいる人もいる。みんな個性的だ。
 うちの嫁さんのテーマは、扉。娘が海外旅行に出た時に撮ってきた写真の中に落書きのたくさん入った古い扉の写真があり、それを描いて県展に入選して以来、先生の指示でずっと扉の絵を描いているのだ。でも、それで県展にもこの春陽展にも続けて入選しているので、いい題材に出会えたということなんだろう。

 ひととおり観て回っただけで、ぐったりと疲れてしまう。絵を観るということは、体力が必要なんだね。


2017.4.22(土)

▼11時から新松戸でちょうちゃん主催のテニス練習会。
 最初の2時間はちょうちゃん、Rくんと3人で球出しからの練習。
 僕は両手バックハンドでの逆クロスの練習をさせてもらうが、相変わらず一生懸命打っているわりにはボールが飛んでいかない。エネルギー効率がはなはだ悪いなあ。
 それを2回やってから、なかなか思うように打てないうっぷんを晴らすため、フォアのチャンスボールの打ち込みを練習。ストレス発散にはなったけれど、体力も一気に使い果たす。
 あとは体力を温存するため、アドサイドからバックハンドスライスでストレートに返す練習。体力的には楽でも、右腕の筋肉への負担はけっこうきつい。
 ちょうちゃんはどの練習も全力投球で、ふだんからこの練習をしていればこそ試合も強くなるのだろうなあ。
 Rくんはひたすらセンターからデュースサイドへ走り込んでのフォアストローク。走って、打って、戻ってを延々と繰り返して、自分だったらあっという間に足が動かなくなってしまうぞ。

 2時間練習を終えたところでさらに2名やってきて、あとの4時間は、5人でダブルスゲーム。6ゲーム先取ノーアドルール。
 皆さん、レベルが高くて油断ができない。
 5-6、6-1、6-2、2-6。なんとか2勝2敗で負け越しにはならず。
 途中、小雨が降ってコートが濡れると、ハードコートなので思いっきりボールを追いかけられなくなる。そこで、ファーストサーブを飛びつかないととれないワイドを狙って打つと、これが今日に限ってよく入ってくれる。ふだんの試合でこれだけ入ってくれれば楽なのに。
 最後は4ゲーム先取に変えて、4-2、2-4、3-4。うーむ、結局、最後の最後で負け越してしまった。


2017.4.21(金)

▼帰りに新宿武蔵野館のカウンターに寄って、「『イップ・マン』の特別鑑賞券をください」と言ったら、「前売り券ですか?」と聞き返された?
 そうか、いまでは「特別鑑賞券」という言葉は使わないのか?
 そう思ったのだけれど、購入したチケットを見たら「全国共通特別鑑賞券」と書かれていた。特別鑑賞券でいいんじゃん。

 でも、この特別鑑賞券を1400円で買う必要があったかなあ?
 だって、特別鑑賞券を持っていると、オンライン予約で席をとることができないんだよなあ。
 水曜日はファンサービスデーで1000円で見られるし、ホームページの「特別割引券」を印刷して持っていけば1500円で見られるし。
 半券が手元に残る喜び以外は、ほとんどメリットないなあ。

 ちなみに、この特別鑑賞券、ポストカードセットの特典が付いていたらしいのだけれど、すでになくなっていたらしい。残念。


2017.4.20(木)

▼フィリピン映画『Seklusyon(隔離)』を観る。

 1947年。フィリピンが日本の支配から解放された直後の時代。まだ、人々の心に戦争の記憶が生々しく残る時代。
 リカルド神父(Neil Ryan Sese)は、けが人や病人を癒やす能力を持つとされる少女・アンヘラ(Rhed Bustamante)のことを調べるために、山奥の村へと送り込まれてくる。そこで彼は、担ぎ込まれた来たけが人が、アンヘラの不思議な力によって治癒する現場を目撃してしまう。アンヘラが撫でさすると、痛みにのたうちまわっていたけが人の痛みがひくように治まり、次の瞬間には何ごともなかったかのように回復してしまうのだった。そして、けが人や病人を治療するたびに、アンヘラの口からは黒い液体があふれ出るのだった。

 ある人里離れた教会に、4人の司祭見習いの若者、ミゲール(Ronnie Alonte)、カルロ(JR Versales)、ファビアン(Dominic Roque)、マルコ(John Vic De Guzman)が送られてくる。彼らは、司祭になるための最後の7日間を、その教会で過ごすことになっていた。教会では、司教により破門された元司祭のサンドバル(Lou Veloso)が彼らを出迎える。サンドバルは、彼らを人里離れた教会に隔離することの目的は、教育課程の最後の7日間を悪魔から守るためであると説明するのだった。
 司教は、アンヘラと、彼女の面倒を見ている修道女のシスター・セシリア(Phoebe Walker)の2人も同じ教会に移し、リカルド神父にはさらにアンヘラの力について調べるようにと命じる。

 リカルド神父がアンヘラの過去、さらにはシスター・セシリアの過去を調べている間に、教会ではさまざまな怪異が起きていた。
 突如としてパンが腐敗したかと思うと、アンヘラの不思議な能力で調理したての状態に戻ったり、あるいは水道水がワインに変わったりしていた。
 司祭見習いの4人の若者の個室では、それぞれの過去のいまわしい記憶にまつわる怪異が発生し、若者たちを追い詰めていった。(このあたりの描写がけっこう怖い。)

 リカルド神父は、シスター・セシリアがかつて働いていた修道院を訪ね、そこで彼女が第二次大戦中に、何人もの男性にレイプされ、顔を焼かれたことを知る。また、アンヘラは両親が虐殺された夜、血まみれの状態で発見され、孤児院で育てられたということをも知ったのだった。(おそらく、両方とも日本兵による事件と思われるが、はっきりとは描かれていない。)
 そして、そこで手に入れた文書には、悪魔の化身である「ンガヘラ(NgaHela)」という名前が書かれているのだが、それはアンヘラ(Anghela)の名前のアナグラムなのだった。

 果たして、アンヘラの能力は、神が彼女に与えたもうたものなのだろうか? それとも、彼女は悪魔の使いなのだろうか?
 リカルド神父は急ぎ教会へと戻るのだが、そこで待ち受けていたのは…。

 『牢獄処刑人』『汝の父を敬え』のエリック・マッティ(Erik Matti)監督の最新作。
 英語字幕がないため、観ただけではほとんどストーリーを把握することができなかった。というか、英語字幕があったとしてもストーリーを把握するのは難しかったかもしれない。夢の中の恐怖体験と現実の恐怖体験がいりまじり、何か怪異が起きても画面が切り替わるとあたかも何もなかったかのように登場人物たちが行動するので、非常に分かりにくいのだ。敢えて、理路整然とした分かりやすい映画であることを拒否して、そういう編集をしているのだろう。
 やむなく、WIKIPEDIAの記載を読んで、なんとか把握したおおよそのストーリーを紹介したという次第である。

 しかし、こうしてストーリーを紹介しても、この映画の怖さはぜんぜん伝わらないだろう。
 うまく説明できないのだけれど、怖いのだ、この映画は。
 おそらく、この映画の本当の怖さを理解するためには、キリスト教を信仰していなければならないのだろう。キリスト教を信仰する者ならではの怖さが、この作品の根底をなすものだろうと思う。『エクソシスト』の本当の怖さが日本人には分からなかったように、この作品の本当の怖さも、おそらく自分には理解できないのだと思う。
 だけど、それでも、キリスト教とはなんら接点のない自分であっても、なんとも言い難い怖さをこの作品に感じてしまうのである。
 日本語字幕がついていたら、ちゃんとストーリーを把握することができて、もっと怖いと思うのだろうか。

 出演する俳優は、自分には馴染みのない役者ばかり。ある意味地味だが、それゆえにリアルでもある。

 なお、この作品は、昨年末のメトロマニラ・フィルム・フェスティバル(MMFF)に正式エントリーされている。それまで、この映画に関する情報は何もなく、エリック・マッティが撮影しているというニュースが頻繁に飛び込んできていた『Buy Bust』というアクション映画が出品されると思っていただけに、このまったく知らなかった作品がMMFFに出品された時にはかなり驚かされた。
 そして、いつの間に撮っていたのか分からないこの作品が、MMFFではなんと20部門中の13部門でノミネートされ、9部門で受賞してしまったのである。昨年のMMFFでダントツ支持された作品だったのだ。



2017.4.19(水)

▼昨年の12月からずっと仕事が忙しかったのだけれど、ようやく一段落。一段落しすぎて、ばったり仕事が途切れてしまう。
 おかげで、プライバシーマーク更新のための書類を整える作業に専念することができたのはいいんだけど、売り上げが上がらないのはやばいよなあ。
 でも、せっかく時間にゆとりができたので、今日は会社を休んでしまうことにする。ほんと、ずっと忙しかったからね。

▼でも、会社を休んでも家でのんびり過ごすというようなことのできない貧乏性の自分。まずは、朝いちで川口にあるMOVIX川口まで『キングコング:髑髏島の巨神』を観に行く。我が家からスクーターにまたがって30分もかからない。ほんの少し前まで、近所にまともな映画館なんてなかったのに、あちこちにシネコンができるようになって、本当に便利になった。
 ちなみに、上映開始時間は9時20分。朝いちの上映だと1300円で観ることができる。通常だと1800円なので、500円も安くなってしまう。嬉しいねえ。でも、来年からはシニア割引で観られるので、いつでも1100円なんだけどね。

 さて、『キングコング:髑髏島の巨神』だ。
 オリジナルの『キングコング』は、島から連れ出したキングコングがニューヨークで大暴れするという展開だけれど、本作は徹頭徹尾島の中だけで物語が展開する。
 ベトナム戦争が終結し、アメリカ軍が撤退する際、その一部の部隊が未知の生物が棲むという「スカル・アイランド」へと調査のために学者らとともに送り込まれる。ところが、『地獄の黙示録』さながらの勇壮な映像とともに島に乗り込んだヘリコプター部隊は、突如現れた巨大な生物によって一瞬にして壊滅させられてしまう。その巨大な生物こそ、島の守り神のキングコングだった。
 生き残った調査隊は、島から脱出すべく移動を開始するのだが、そこに様々な巨大生物が襲いかかる。また、部下を殺された軍のリーダーは、部下の仇をとることに取り憑かれ、脱出よりもキングコングへの復讐を優先しようとする。
 果たして、調査隊の一行は無事に島を抜け出すことができるのだろうか?

 いやあ、面白かった。これぞ怪獣映画だ。あとからあとから登場する怪獣の造形が素晴らしく、それに翻弄される無力な人間という図式に嬉しくなってしまう。
 しかも、怪獣同士のバトルの映像が迫力満点。かつてのゴジラなどでうんざりさせられたのは、怪獣プロレスと揶揄された怪獣同士のちゃちなバトルシーンなのだが、ぬいぐるみでのバトルにはどうしようもない限界があったのだろう。ところが、いまやCGを使えば、どんな映像も可能で、とんでもなく迫力に満ち満ちたバトルシーンがスクリーンに展開されてしまうのである。
 ストーリーがシンプルなのもいい。この手の映画は、この上もなく恐ろしい怪獣に、無力な人間が追い回されるだけという展開で充分なのだ。軍のリーダーがキングコングへの復讐に取り憑かれるという展開すら、なかった方がよかっただろう。
 いやあ、満喫しました。

 そして、長い長いエンドクレジットの後に用意されていた場面の嬉しさよ。エンドクレジットが始まるなり席を立って帰る客もけっこういたけれど、映画はちゃんと最後まで観ないとね。

 ただ、いくら中国資本が入っているからといって、まったく意味のない中国人キャラクターを紛れ込ませるというのはいかがなものか。出すなら出すで、もう少し必然性のある設定を用意しろよな。



▼映画が終わるなり大急ぎで帰宅してテニススクールに電話を入れて、13時からのお楽しみテニス大会に申し込む。
 なんと、参加メンバーは僕を入れて3人だというので一瞬躊躇するが、ま、いっか。せっかくだから、たっぷりとボールを打たせてもらおう。
 ところがスクールに着くと、予定に入っていなかったT内さんも来ていた。T内さん、60歳でリタイアして、いまは悠々自適の生活なのである。羨ましい。
 さらに最近スクールの会員になったという男性が、フロントで「このお楽しみテニス大会ってなんですか? 誰でも参加できるんですか?」と聞いているので、速攻で仲間に引き入れてしまう。よし、これで休憩を入れながらダブルスができるぞ。
 かくして、3時間、ひたすら4ゲーム先取セミアドルールのダブルスを楽しむ。
 そこそこ調子はよかったようで、新人さんと組んだ2試合以外はすべて勝つことができた。よし、よし。

▼帰宅すると、洋泉社から出たムック『アジアン・アクション映画大進撃』が届いていた。アジアのアクション映画をむちゃくちゃディープに掘り下げたすっげえ内容の濃い本なのだけれど、僕自身もフィリピンのアクション映画について4ページだけ原稿を書いているのだ。
 内容が濃い上にボリュームもたっぷりで、とても読み切れそうにないぞ。

映画秘宝EX激闘! アジアン・アクション映画大進撃 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)市山 尚三 宇田川 幸洋
江戸木 純 加藤 よしき
北小路 隆志 坂川 直也
知野 二郎 筒井 修
土居 伸彰 深沢 寛
藤本 洋輔 結城 らんな
よしだ まさし 劉文兵
浦川 留


▼そして、夜は夜で自分のレギュラークラスでのテニスのレッスン。
 ううっ、日中のお楽しみテニスで体力を使い切っていて、足が動かないよ。
 それなのに、相変わらずうちのコーチは生徒を走らせようとするんだよなあ。そんなに走れないって。
 ヘロヘロに体力を消耗して、お休みの1日は終わったのでした。


2017.4.18(火)

樋口明雄『レスキュードッグ・ストーリーズ』山と渓谷社を読了。
 この本、14日に新宿紀伊國屋本店に買いに行ったのだけれど、迷うことなく2階のエンターテインメントコーナーに直行したところ、どこにも並んでいなかった。仕方なく、検索機で調べてみると、間違いなく「在庫あり」。だけど、置いてあるのは思いもよらない場所だった。
 なんと、地下1階。
 えっ? 地下1階に紀伊國屋書店、あったっけ?
 検索結果をプリントアウトしてよくよく見てみると、地下1階「地図・旅行ガイド」のコーナーとある。そういえば、地下に地図とか旅行ガイドとかの並んでいるスペースがあったなあ。
 さっそく地下に降りると、「地図・旅行ガイド」専門の店舗があり、その中の「山岳書」のコーナーに平積みになっていたのだった。
 うーん、新しい読者を獲得するためには、こういうコーナーに並べるという手もあるかもしれないけれど、単に間違えているでしょ。版元も山と渓谷社だし、絶対にノンフィクションだと思ってるでしょ。
 購入してからレシートを見てみると、こう印字されていた。
「評論・随筆・詩歌」
 やっぱ、間違えてるじゃん!

 とまあ、そういういきさつのあった本であるが、れっきとした小説である。いまや樋口明雄さんの代表作となっている「南アルプス山岳救助隊K-9」シリーズの最新作なのだ。
 今回は山と渓谷社からの刊行で、雑誌「山と渓谷」に連載された短編11話プラス特別収録1話の全12話が収録されている。
 いずれも北岳を舞台に、南アルプス山岳救助隊の活躍を描くが、作品のテイストはバラエティに富んでおり、ニヤリとさせられたり、手に汗握らされたり、滂沱の涙を流させられたり、いやはや、読んでいる方も忙しい。
 圧巻は第11話の「相棒(バディ)」で、臨場感あふれる圧倒的な描写に叩きのめされてしまった。
 山好き、犬好きには、強く強くオススメしたい。
 しかし、しみじみと小説家ってすげえなあと思ってしまった。こんなのを毎月連載するんだもんなあ。

南アルプス山岳救助隊K-9 レスキュードッグ・ストーリーズ


2017.4.17(月)

▼突然、会社に自分宛の電話がかかってきて、僕の持っているマンションを買いたいという人間がいるのだが、「ご売却のご予定はございませんでしょうか?」と、やたらと「ご」のつく話をまくしたててきた。
 相手の話がようやく一段落したところで「なんのことだか、まったく分かりませんが」。
「吉田さまがお持ちの中野区〇〇〇〇のマンションをお売りいただきたいのですが」
「そんなマンションは持っていません」
 そんなもこんなも、マンションなんて持ってないぞ。
 どこで僕の会社の電話番号を手に入れてそんな電話をしてきたんだ?
 まったくわけがわからん。


2017.4.16(日)

▼先月に引き続き、今月も埼玉大学のテニスコートで開催されているSARIのシングルス練習会に参加する。
 試合方式は6ゲーム先取ノーアドバンテージ。
 その日の進行次第で4試合もしくは5試合できる。
 自分の体力的には、3試合やったあとはいっきに体力が尽きて、あとはボロボロになったりするのだけれど、そこはそれ、修業と割り切らなければ。自分を追い詰めてこそ、体力も戻ってくるだろうと信じて。

 1試合目。
 前回対戦した時にはタイブレークまでもつれ込んでかろうじて勝った相手。
 ところが今日は自分が思いっきりラケットを振り切れていて、押し気味に試合を進めることができた。調子が悪い時には、思いっきりラケットを振った時に、そのボールがぜんぜん相手のコートに入らなかったりするのだけれど、今日はけっこう調子がよさそうだ。
 それによって相手が徐々に守りに入ったこともあって、6-0のストレート勝ち。実力的にはほぼ拮抗しており、ほんのちょっとのことで流れが向こうに行くこともありえたのだけれど、もうちょっとでゲームをとられるという場面でもなんとか踏ん張ることができていた。

 2試合目。相手は29歳の若い兄ちゃん。
 元気のいいボールをガンガン打ってくるので、ついついこちらも打ち合いに付き合ってガンガン打ち合ってしまう。何度もパワー勝負で相手に打ち勝つ場面もあってすごく気持ちが良かったのだけれど、その結果どうなったかというと、あっという間に体力を使い切ってしまう。
 ガンガン打つと言っても、相手のテニスはミスが出るような無謀な打ち方じゃなく、きっちりコントロールできていた。時にはドロップショットなんかも繰り出されて、たっぷりと走らされてしまう。砂の多いオムニコートだったためか、途中で足を滑らせてみごとにすっころんでしまったりもしたしね。
 結果、2-6で負け。
 楽しかったけれど、若さには勝てません。

 3試合目。ずっと不機嫌そうな表情をしているサウスポーの兄ちゃん。
 カウントコールも口の中でボソボソと言うようなタイプで、「なにか機嫌をそこねるようなことをしてしまっただろうか?」と不安になってしまう。あとで主催者とそういうことを話題にしたら「それを気にしてプレイに影響してくれるんだったら、私も不機嫌なフリをしてみたいわ。でも、性格的にできないんだけど」と言われてしまう。そう、その程度のことを気にするメンタルでは試合に勝てません。
 2試合目の疲れが残ったままコートに入ったところ、しょっぱなに逆クロスのすごくいいショットで抜かれてしまい、「こりゃ勝てないな」と思ってしまう。
 しかも、最初のうちは相手がサウスポーということを意識しすぎて自分からミスを連発しすぎてしまう。
 途中で、そこはあまり気にしないように自分の気持ちを切り替え、それでも相手のバックを狙うことだけはしっかり意識したところ、いつの間にか6-3で勝利。たぶん、実力的には相手の方が上だったと思う。

 4試合目。
 けっこう休憩時間をはさんでコートに入ったのだけれど、自分で思っている以上に疲れていたようで、普通に打ち込んでいるつもりのボールがことごとくバックアウトしてしまう。
 足にきていてフォームが崩れているのか、スイングスピードが落ちていてきっちりドライブ回転がかかっていないのか、どこが悪いのか自分ではよく分からないのだけれど、絶対に打ち勝ったと思う場面のボールがみごとなまでに全部バックアウトしてしまう。
 しかも相手はチャンスボール供給マシーンのようなボールしか返してこれない相手なので、今度こそはちゃんとコート内におさまるはずと丁寧に打っているのだけれど、それが全部ボール1~2個のバックアウト。この状況をどうやっても修正できず。
 そうこうするうちに、攻めていないボールまでどんどんおかしくなっていって、ずるずるとゲームを落として1-6で負け。ふだんだったら、まず間違いなく勝てている相手なのに(涙)

 5試合目。
 残り時間が少なくなってきたため、まったく休みなく5試合目に突入。
 もう、疲れ果てていて完全にボロボロ。ところが、相手がまたボロボロだった。おそらく30代と思うのだけれど、もとからボロボロの実力なのか、あるいはこちらと同じく疲れ果てていてボロボロなのかは不明。
 サーブだけはいい感じで打てていて、ボディに向かってはねる感じのサーブを意識して打ったところ、それだけで最初のゲームをとれてしまう。だけど、サーブ以外はまったくもってダメダメ。とにかく、フォアストロークがまともに打てない。ちゃんと打ったつもりでも、振り切れていないのか、ぜんぜん思うようにボールが飛んでいかない。
 結局、羽子板をやってるみたいなストロークばっかりになってしまう。うわあっ、情けねえ!
 それでも我慢に我慢を重ねて4-0まで持っていったのだけれど、そこで完全に尽きてしまって、流れは先方へ。
 4-1、4-2と自分のミスでゲームを落とし続けて、ついに4-4と並んでしまう。
 相手もたいしたボールを打てずにミスを多発していたので、みごとなまでの泥仕合。
 だけど、そこをなんとかかんとか踏ん張って、ひたすら我慢して、6-4で勝ち。
 相手は「次はぜひ疲れていない初戦で対戦したいです」と言っていたけれど、初戦だったら瞬殺してやるわい!

 というわけで、相変わらず体力のなさに泣かされているのだけれど、今日もシングルスを頑張ってきたのでした。

▼フィリピン映画『Saving Sally』を観る。
 第12回大阪アジアン映画祭で『サリーを救出』の邦題で上映された作品だ。

 マンガ家を夢見ているマーティ(エンゾ・マルコス/Enzo Marcos)は3年前、高校でいじめにあっているところをサリー(リーアン・ラモス/Rhian Ramos)という美少女に助けられ、それをきっかけに彼女と仲良くなり、友情を育む。マーティの友情はいつしか秘かな恋心に変わってしまったのだけれど、サリーにとってマーティは、いつでも一緒に仲良く遊ぶ相手ではあっても、恋愛の対象にはならない男友達にすぎなかった。自分の思いを隠してサリーと付き合うマーティだが、ある日、サリーから「ボーイフレンドができたの」と告げられてしまう。

 そんなマーティの、切なくも夢にあふれた日々を描いた青春映画なのだけれど、この映画が特異なのは、描かれている世界がマーティの目から見える世界であるということ。どういうことかというと、マンガ家を目指すマーティにとって、世の中はアニメのように見えていて、町行く人々はみな異形の姿だし、彼が嫌う人物はすべてモンスターで、町そのものもアニメ絵そのものなのだった。映画は、その光景をすべてアニメで描き、登場人物も時として実写だったりアニメだったりするのだ。そのアニメが、平面的ないわゆる2Dアニメで、妙に居心地のいい優しい空間を作り出しているのである。
 やがてマーティは自分に見えるその奇妙な世界をマンガにしてコミックス専門の出版社に持ち込み、認められて本を出すことになるのだけれど、肝心のサリーとの仲はなかなか進展しないまま。なんとか思いを伝えたいのだけれど…。

 ほんわかしたアニメ絵の効果もあって、なんともキュートな作品に仕上がっている。
 しかも、そのキュートな世界に、リーアン・ラモスとエンゾ・マルコスという2人の俳優がなんともみごとにフィットしているのだ。とりわけ、リーアン・ラモスが実に素晴らしい。
 『ザ・アブノーマル(The Road)』では変質者につかまって悲惨な死を遂げ、『Ang Panday』では女戦士エメリタとして主人公とともに妖魔の軍団と戦うがやはり最後は死んでしまうというリーアン・ラモスだが、本作ではスクリーンから溢れださんばかりの魅力を発揮してくれている。いやあ、可愛いなあ。本当に本当に可愛いなあ。マーティならずともこれは惚れて当たり前だよなあ。

 監督は本作が長編1作目となるアヴィッド・リオンゴレン(Avid Liongoren)。youtubeをチェックすると、CMやらミュージックビデオやら、いろいろな動画が見つかり、この監督のセンスの良さをたっぷりと堪能することができる。
 本作のコンセプトは2000年に、『She's the One』『The Third Party』の脚本家のシャーリーン・サウィット・エスゲーラ(Charlene Sawit)が、学生時代に思いついたもので、それを監督のアヴィッド・リオンゴレンとともに練り上げたものなのだという。
 なんと、16年間も暖め続けてきた企画なのだ。
 2016年末のメトロマニラ・フィルム・フェスティバルに公式エントリーするが、他のエントリー作品のような派手さがなく、しかもマニア好みの作品であるためか上映館が他の作品ほど多くなく、監督自らがfacebookで「上映するように映画館にリクエストの電話を入れて」と訴えたりもしていた。しかし、その甲斐もなく、本作は最優秀音楽賞と批評家賞を受賞しただけにとどまっている。
 だけど、誰も彼もが大絶賛する映画ではないかもしれないけれど、とことん惚れこんでしまう人間だって続出するタイプの素敵な素敵な映画なのである。

 そうそう、この映画の中に、コミックブック専門の古本屋が出てくるのだけれど、本当にこういう店がマニラにはあるのだろうか? あるのだとしたら、ぜひとも覗きに行きたいなあ。『Darna』とか『Ang Panday』の古いコミックスがあったら、きっと買ってしまうぞ。


2017.4.15(土)

▼我が家で預かっていた孫の五月人形を渡すために、「ららぽーと柏の葉」で息子たちと合流。五月人形を息子の車に積み替えて、さっそく店内の「アカチャンホンポ」へ。
 孫を放し飼いにすると、さっそくオモチャのコーナーに駆け寄り、至る所に並んでいるアンパンマンのオモチャを指さしては「あんぱん、あんぱん」と大喜び。アンパンマンの水車がいたくお気に召したようだが、店頭で遊んだオモチャだからといって、買って帰って遊ぶかというとまた別だったりするので、騙されるもんか。
 人生2足目の靴を購入し、帽子を購入する。
 「ポムの樹」というオムライスのお店で昼食。普通にMサイズのオムライスを頼んだのだけれど、量がありすぎてびっくりする。Sサイズが茶碗2杯分、Mサイズが茶碗3杯分のご飯だそうで、それだったらSサイズでよかったよ。
 が、その大量のオムライスを孫がばくばくと食いまくる。おいおい、1歳半でそんなに大量に食べて大丈夫なのか? お腹を触るとパンパンにふくれあがっているぞ。

▼車2台ですぐ近くの「柏の葉公園」に移動し、孫を放し飼いにすると、歩くこと歩くこと。ひたすらマイペースで歩き回る。そして時々しゃがみ込んでは、地面に溜まったサクラの花びらを両手でわしゃわしゃして遊び、そしてまたひたすら歩く。時々、よその家族のボールとかに突進していくのをブロックしながら、ひたすら園内を歩き回る。うーん、意外とこれが疲れるぞ。
 とても広い公園で、夏には水遊びもできるらしい。暑くなったら水遊びの準備をしてまた遊びに来よう。


2017.4.14(金)

嵯峨景子『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』彩流社を読了。
 タイトルに「コバルト文庫で辿る」と入ってはいるが、コバルト文庫に限定した少女小説変遷史ではないので、ちょっとタイトルで損をしているかな。それこそ、川端康成、吉屋信子に始まる少女小説の歴史を、とてつもない量の資料をベースに描いた力作である。
 「マリみて」が登場してくるあたりまでのおおよその流れを把握していた自分にちょっとあきれかえったりもするのだけれど、本書では各種の資料を引用しながら、その流れをきっちりと整理してくれている。そして、どうしてそういう流れになってきたのかという背景の分析もしっかりしており、「なるほどなあ」と何度もうなずかされてしまった。
 「第5章 2006年から現在までの少女小説」以降は、ほとんど知らなかった未知の世界で、「姫嫁」ブームなんてまったく知らなかったし、ほとんど官能小説という「TL」というジャンルも知らなかった。
 知っていた部分、知らなかった部分、いずれにしてもたいそう面白く読むことができた。

コバルト文庫で辿る少女小説変遷史


2017.4.11(火)

ディック・フランシス『配当』ハヤカワ文庫HMを読了。
 競馬の予想ソフトをめぐるトラブルを描いた作品で、パソコンがいまのように普及する以前の作品。作ったプログラムはカセットテープに保存されているという時代だ。
 ディック・フランシスとしては珍しく二部構成となっている。一部では、知人から託された競馬予想ソフトのために、それを狙う凶暴な一味に狙われた物理教師ジョナサンの苦闘を描く。ジョナサンはオリンピックの射撃の選手で、妻とは離婚寸前までいっているという設定。その設定がみごとに活かされている。
 二部はその14年後。今度はジョナサンの弟のウィリアムが、競馬予想ソフトのためにトラブルに巻き込まれる。ジョナサンに恨みを持つ犯人に襲われたウィリアムは、なんとかトラブルを解決しようと悪戦苦闘するのだが…。
 時代が時代なので、出てくるプログラムが非常にシンプルで、非常に分かりやすい。だけど、このプログラムを作るための係数を決めるのは大変だったろうな…などと思ってしまう。いまなら重回帰分析とかを使えば簡単に割り出せるのだろうけれど。いずれにしても、1981年の時点でこの作品を書くために、ディック・フランシスはかなり本格的にコンピュータのこととか、プログラムのことを調べたのだろう。
 作品はあいかわらずの超安定で、きっちりと楽しませてくれる。まだまだ未読の競馬シリーズが何冊もあるので、しばらくは楽しませてもらえそうだ。

配当 (ハヤカワ・ミステリ文庫―競馬シリーズ)


2017.4.9(日)

▼多摩社会人庭球連盟(通称タマシャ)の春季団体戦に出場するため、高尾に向かう。
 最初、高尾と聞いた時には、むちゃくちゃ遠いイメージがあってびびったのだけれど、思ったほど遠くではなかった。南浦和から電車に乗ってしまえば、1時間で高尾駅には到着だ。問題は、そこから1時間に1本のバスに乗らないといけないということなのだけれど。
 ところが、電車で来る予定だったT須さんが車で高尾駅まで来ていたので、そこからは車で移動できてしまう。いやあ、助かった。

 多摩社会人庭球連盟というのは、多摩地区のテニス普及を目的にした組織で、春と秋に大規模な団体戦を開催している。16チームごとに1部から16部までに分かれて対抗戦を行い、上位4チームが昇格、下位4チームが降格となる大会で、約250のチームが登録してしのぎをけずっているのである。
 僕の所属するチームも16部からスタートして、現在は11部。この11部というのが実力的に微妙な壁となっていて、昇格できそうで昇格できず、降格しそうで降格せずといったあたりなのだ。
 団体戦はお互いのチームで連絡をとりあって日程を決め、コートを手配して、シングルス3試合、ダブルス5試合をおこなって勝敗を決することになる。8試合分のメンバーを揃えるのが大変なので、多くは2日間に分けて対戦したりしている。
 今回は、先週のうちに前半戦をおこなって2勝1敗という状況で、今日の後半戦で3勝あげれば勝ち、2勝だと4勝4敗となり得失セット数での争いということになる。ここはなんとしてでも少なくとも2勝はあげなければならない。

 会場となったコートは、高尾駅から車で20分程度という場所で、車で20分ならたいしたことはないだろうと思うと、予想以上に山の中に入った場所だったりする。コートの目の前には小川が流れていて、そこでは渓流釣りを楽しむ釣り人が糸を垂れていたりもするのだ。

 今日のコートがクレーコートということもあって、昨日からの雨模様の天気に開催を危ぶんでいたのだけれど、なんとか試合ができそうな状態ではあった。湿ったクレーコートというのはボールがはずまなかったりするので、やりづらいんだけれどね。
 ちなみに、同じ会場の他のコートでもタマシャの対抗戦が行われており、おそらく多摩地区のありとあらゆるコートで対抗戦が行われているのだろう。

 シングルス1とシングルス3の試合からスタート。
 僕はシングルス3の試合を観ていたのだけれど、相手はものすごいパワーショットを打ってくる若い兄ちゃんで、「こりゃ絶対に無理」と思ったのだけれど、うちの選手もなかなか頑張っていて、その兄ちゃんとけっこう対等に打ち合っている。だけど、残念ながら5-8で敗退。
 シングルス1の方は8-3で勝って、これで3勝2敗。

 続いて、ダブルス3とダブルス5がコートに入る。
 僕はダブルス3で、女性のA部さんとのミックスペア。うちのチームは女性が多いので、どうしてもこうやってミックスのペアを組むことになるのだけれど、だからといって相手がミックスで来てくれるということもなく、対戦相手は男性ダブルスだ。
 一方のダブルス5もこちらはミックスペアなのだけれど、相手は女性ダブルスである。となると、ダブルス5は勝ってくれるだろうから、たとえ僕らが負けても4勝が確定して、最後のダブルス1に託すことができる…などと考えていたのだけれど。

 僕らの相手は60代とおぼしき年配の男性と、50代とおぼしきおじさんのペアだ。見るからに、うまそうな雰囲気。
 ところが、試合前の練習では、この60代のおじさんがボロボロミスをして、「ごめんねごめんね」と謝ってばかり。ラリーをしても返ってこないし、ロブをあげてもスマッシュをミスっている。「これはいけるんじゃないの」、思わずニンマリしてしまう。

 50代おじさんのサービスからスタート。ストレートコースが空いているので、しょっぱなからストレートを狙うと、これがきっちり狙った通りのコースに飛んで、60代おじさんの伸ばしたラケットをはじきとばしてポイントゲット。おっ、今日はけっこういい感じで打ててるんじゃないの。
 ところが、雨に濡れて弾まないと思っていたクレーコートなのに、なぜかバウンドが伸びてきて、胸元に食い込んでくるようなボールが多く、それでリターンを何度かミスってしまう。
 しかも、「ごめんねごめんね」と謝っていた年配おじさんが、試合になったらまったくミスをしない。それどころか、むちゃくちゃうまい。見かけに騙されて速いボールなどこないだろうと高をくくっていたら、まったく予想していないタイミングで速いボールを打ってくる。練習でミスしかしなかったスマッシュだって、試合になったらきっちり打ち込んできて、まったくミスをしない。やたらとポーチに飛び出してきては、ボレーもきっちり決めてくる。だ、騙したな! めちゃくちゃうまいじゃないかあ!!
 2-4となったところで雨が降り出してきて中断。とてもじゃないけれど、クレーコートで試合の続きができるようなレベルの雨じゃあない。これでは、たとえ雨がやんでも、コートがびしょびしょとなってしまっていて、試合再会は無理だ。

 ここで中止にして、ダブルス3試合は来週に延期ということになるのだろうと思っていたら、相手チームはなんとしてでも今日中に試合を終えたいらしく、そこからかなり離れたところのオムニコートのあるテニスクラブに移動することとなる。そちらは、雨は降っていないらしい。

 ところが、移動の途中でむちゃくちゃ激しい雨となってしまう。いくらオムニコートでも、これは無理。やっぱり今日は中止でしょう。
 別の山奥にあるコートに到着すると、やはり激しい雨で、コートには水が溜まりまくっている。
 笑ったのは、そのテニスクラブにもタマシャの対抗戦をしにきていたチームがいて、天気が回復するのを待っているではありませんか。本当にこのシーズンになると、多摩地区のありとあらゆるテニスコートがタマシャの対抗戦の会場となっているようです。

 しばらく様子を見ていたのだけれど、雨がやむ気配もなく、結局来週に延期しましょうということになる。ところが、先方の希望通りに土曜日に延期するとこちらは2名しか都合のつく人間がなく、こちらの希望通りに日曜日に延期するとあちらの選手が揃わないのだという。
 うーむ…と頭を抱えていると、雨が小降りになってくる。
 それまでみんな、「こんな雨の中で試合なんかしたくない」という表情をしていたのに、「やっちゃいましょう」という表情に変わり、みんなしてコートの水かきをおこない、なんとか試合を再開することにしてしまう。

 ちなみに、こちらは2-4で負けていたのだけれど、隣のダブルス5の方は4-5で負けているのだという。おいおい、そっちには勝ってもらわないと困るんだよ。

 さて、試合再開。
 ボールが水分を吸って重くなってしまい、スライスサーブとかスピンボールは打ちにくいだろうと判断して、ラケットを取り替える。取り替えたラケットの方が、フラット気味のボールが打ちやすいのだ。
 案の定、ボールは重くなり、バウンドも小さくなってしまう。それでもラケットを変えたのは正解で、それなりにいいボールが打てている。決して調子は悪くない。
 だけど、それ以上に年配おじさんがうまいんだよなあ。
 僕の威力のないセカンドサーブは片端からセンターを抜かれてしまい、じゃあってんでセンターをカバーする位置に動くとドロップリターンを打たれてしまう。ボールがはずまない状態でのドロップショットは実に効果的なんだよなあ。
 結局、そのあとは自分のサービスゲームをキープしただけで、3-6でセットを落としてしまう。

 第2セットがスタート。
 もう、年配おじさんの相手はやめて、とことんもうひとりの方を攻める。
 セカンドサービスはすべてストレートにぶつけていく。ラリーも可能な限りもうひとりの方を攻めて勝負をする。
 これがけっこう正解で、それなりにポイントを奪う。ストレートアタックは5本中4本が成功。むこうとしてみれば、打ってくるのが分かって構えていて、それでも返せないということで、かなり心を折られたはず。だけど、どいういうわけかそれでもなかなかゲームを奪うことができず、結局は2-6で第2セットを落として敗退。
 うーむ、もう少しなんとかなると思ったのだけれどなあ。

 自分の試合が終わったので、まだ続いていたダブルス5の試合を観戦。
 1セット目は逆転でとったものの、2セット目をとられて3セット目に突入。
 女ダブが相手ということで、うちの男性はものすごくやりにくそう。いつものパワーショットが影をひそめ、ロブを多用した柔らかいテニスとなってしまっている。それって、完全に女ダブのテニスだぞ。しかも、相手の女ダブのうまいことうまいこと。とことんこちらの弱点を攻めてきます。どう考えても百戦錬磨の達人ペアだ。
 結局、3セット目を4-6で落として、こちらも敗退。

 あとは最後のダブルス1に希望を託すのみ。
 ところが、この相手ペアがうまかった。
 1セット目こそ6-4でとれたものの、2セット目は完全に先方に流れがいってしまい、そのまま押し切られてしまったのだった。
 T須さんは、見るからに途中で集中力を切らしており、ふだんはしないようなイージーなミスが増えていた。仕事が忙しくてテニスができず、すっかり体力がなくなったと嘆いていたけれど、まさにその通りの展開となったのだった。

 かくして、僕の所属するチームは、春の団体戦を初戦で敗退してしまったのでした。次は、現状維持か降格かを賭けた初戦敗退同士の対戦となる。ここはなんとしてでも踏ん張って降格を避けなければなあ。頑張らなくては。


2017.4.8(土)

▼DVDでジャッキー・チェンの父親の人生を通して中国の近代史を描いたドキュメンタリー映画『失われた龍の系譜』を観る。
 日中戦争、国共内戦という時代が、いかに大変な時代であったのか、あらためて思い知らされる。
 本人も自分が一人っ子と信じていたジャッキー・チェンには、2人の兄と2人の姉がいた。2人の兄は、父親と前の妻との間に生まれた子ども。2人の姉は、母親と前の夫との間に生まれた子ども。だが、ジャッキーは、その存在を知らずに育った。しかも、自分の名前が陳と信じていたのが、本当は房という名前であったのだ。
 実は、ジャッキー・チェンの父親は国民党の工作員をしていたために、共産党から命を狙われ、名前を変え、幼い子どもを中国本土に残したまま香港へと逃げ延びていたのだった。母親も前夫が亡くなったあと、アヘンの密輸で生計をたてていたのだが、幼い娘2人を中国に残し、呼吸すらろくにできないような船倉に詰め込まれて、香港へと密航したのだった。
 2人の間にジャッキーが生まれたあとも、生計をたてるために苦労は続く。本当に大変な時代だったのだ。
 長い時間が流れ、ようやく別れていた中国本土の家族を捜し当てることになるのだが、残された子どもたちも大変な苦労をして生き延びてきたのだった。
 これは、ジャッキー・チェンの父親の物語であると同時に、多くの中国人にとって共通の物語であるのだろう。歴史の大きなうねりの中で、いかにひとりひとりの人間が非力であるのか、あらためて考えさせられてしまった。

失われた龍の系譜 [DVD]

▼11時から15時まで、パインヒルズテニスクラブでひたすらダブルスの試合。
 実は翌日に試合のあるT須さんが、試合勘をとりもどしたいがためにコートを押さえて、スクール仲間が何人か召集されたのである。いや、僕もその試合に一緒に出るのだけれど。でも、ここで4時間がっつりやると、絶対に翌日に疲れが残ってしまうんだけれどなあ。
 前半2時間はT須、T橋、オカピー、I上、それに僕の5人で6ゲーム先取の試合をやっていく。
 自分の調子は悪くない。張り替えたばかりのガットの感触もよく、けっこう気持ち良くボールが打てている。
 対するT須さんは、ひたすら仕事に追いまくられてテニスができていなかったというだけあって、ちょっとミスが多い感じ。
 後半の2時間はI上くんが帰ってしまったので4人でダブルス。ということは休みなしということだ。さすがに、おじさんばかりの4人なので、1試合するたびに5分ほど休憩を入れはしたが、それぐらいで疲れが払拭できるくらいなら苦労はない。
 それでも、最後までそれほど調子が落ちることはなかった。これなら、明日の試合もそこそこいい感じで入れるのではないかな。


2017.4.7(金)

▼昼休みにいつも覗くいくつかのサイトを回遊していて、「ある怪書好き会社員の軌跡」というトークイベントの開催日が今日だと気がつく。
 『怪書探訪』というオモシロ本を出した古書山たかし氏、古本屋ツアーインジャパンの小山力也氏、西荻窪の古本屋・盛林堂書房の店主である小野純一氏という、古本まみれの3人によるトークイベント。こういうイベントがあるということは知っていたが、すっかり忘れていたのだ。
 そうかあ、今日かあ。今日ならヒマだから行けるなあ。
 というわけで、急遽、神保町の東京古書会館に向かう。会社が近いので、思い立ったらすぐに行けるぞ。

 会場に着くと、場内には何人もの知り合いが。まったくもって、古本の世界は狭い。いや、とっても広い世界ではあるのだけれど、こういうイベントに足を運ぶディープな人間は限られているということなのか。
 3人のディープなトークは面白かったけれど、本当はこういう場ではなく、飲みながら一緒に話をするというのがいちばん面白いんだよなあ。トークを聞きながら、何度もツッコミをいれたくなってしまう。ツッコミを入れながらワイワイ盛り上がるのがいちばん楽しいのだから。


2017.4.6(木)

井出穰治『フィリピン 急成長する若き「大国」』中公新書を読了。
 IMFのアジア太平洋局フィリピン担当エコノミストを経て、日本銀行職員となった著者が、「アジアの希望の星」とまで言われるフィリピンの好調の理由を多角的に分析し、非常に分かりやすく解説した1冊。フィリピンが経済的に非常に良好であるということはなんとなく分かってはいたが、なるほど、それにはちゃんとした理由があったわけだ。
 いろいろと課題はあるものの、政治的な安定さえ続けば、まだまだ安定して発展を遂げる見込みという本書の解説は、読んでいて非常に嬉しくなってしまう。
 フィリピンの現在のありようを、歴史的な経緯をきっちりと踏まえて説明してくれているのだけれど、しらなかったことも多く、たいそう勉強になった。この手の硬い内容の本を読むのは実に久しぶりという気がするが、たまにはこういう本を読むのもいい。

 本書で勉強になった点をいくつか備忘録としてピックアップしておこう。
・フィリピンの人口は2016年1月時点で1億2589万人。東アジアでは、中国、インドネシア、日本に次いで4番目。世界でも12番目に位置する人口大国。
・平均年齢は25歳で、生産年齢人口(15~64歳)の比率が非常に高い。しかも、その比率は増加傾向が続いており、その期間を人口ボーナス期と呼ぶのだが、2050年頃まではこの人口ボーナス期が続くと見られている。日本は1990年には人口ボーナス期が終了しており、御存知の通り、多くの高齢者を少数の若者が支える状況となっている。高齢化の進むアジアの中で、フィリピンは唯一の例外国となっている。
・情報通信技術の発展に伴い、先進国企業の多くは人件費の相対的に安い発展途上国にアウトソーシングすることで効率化をはかろうとしている。その際、英語が公用語であるフィリピンはコールセンターなどのサービス業を中心にアウトソーシングしやすい状況にあり、世界のアウトソーシング都市のランキングではマニラは世界第2位、セブが第7位となっている。
・人口の約1割が海外に働きに出ていて、その送金による外貨獲得金額が年々増加しており、送金額の国際比較では世界第3位となっている。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)


2017.4.4(火)

▼そろそろお待ちかねの作品が入荷しているのではないだろうかと期待して、いつものフィリピン食材店へDVDを買いに行く。だけど、いまだ入荷していなかった。お店のおばちゃんも「私だって観たいよ」と言っているのだけど。
 今までなら、スターシネマ製作の映画ならすぐに入荷していたのに、このところスターシネマの作品がぜんぜん入ってきていないのはなぜなんだろう。このまま入荷しなかったら、どうすればいいのさ。

 結局、新しく入荷したという3枚のDVDを購入。
『Mang KEPWENG』:フォン・ナバロ主演のコメディ。
『Darkroom』:『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』風の主観カメラを多用したホラー映画らしい。
『Seklusyon』:昨年末にメトロマニラフィルムフェスティバルで公開されたエリック・マッティ監督のホラー映画。

 なんといっても目玉は『Seklusyon』なわけだけれど、実は3本とも英語字幕が入っていない。エリック・マッティ監督の作品は、設定が込み入っていたりするから英語字幕なしはつらそうだぞ。どこかで、あらかじめおおよそのストーリーを調べてから見るか。


2017.4.3(月)

池井戸潤『ようこそ、わが家へ』小学館文庫を読了。
 銀行から出向していた先のメーカーで、営業部長が不正を働いている疑いを持った主人公。だが、不正を暴こうとすればするほど、自分が窮地に追い込まれていく。一方、通勤電車で割り込もうとした男を注意して逆恨みを買ったことから、どこの誰とも分からない相手から、家族への嫌がらせを受けることとなってしまう。
 真面目なだけがとりえの小心者の主人公が巻き込まれたトラブル。はたして、このふたつのトラブルを、主人公はいかにして解決することができるのだろうか…。
 会社でのトラブルは相変わらずの池井戸潤の世界で、ワンパターンながらも見事なまでのリーダビリティだ。そして、会社を離れたトラブルがそこにプラスされているわけで、これが実にリアルで、いつ自分に襲いかかっても不思議がないと思わされてしまう。このあたりの持っていき方が、池井戸潤は本当にうまい。
 というわけで、またしても面白く一気読みさせられてしまったのでありました。

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

▼夕方になって猛烈な雨と雷。真夏かよ!


2017.4.2(日)

▼嫁さんの母親を車に乗せて息子の家へ。息子の新居のお披露目も、いちおうこれで一段落だ。

 孫の顔が妙にすっきりしているのにびっくり。ほんの数週間で赤ちゃんの顔からどんどん子供の顔になっている。油断できないなあ。
 食事の時も、プラスチックのフォークを持って、なんとしてでも自分で食べたがる。まだヘタクソなので、なかなか食べ物をフォークで口に持っていくことができないのだけれどね。
 うちの息子の時には、食べるのをいやがって苦労したのだけれど、孫はとにかく食べたがる。お腹がパンパンにはちきれそうになるまで食べるので、こっちが心配になるほどだ。
 庭で遊ばせると、石を塀の上に並べてみたり、走り回ったり、ほんと見ていて飽きない。
 足の衰えている義母は、家の中から庭で遊ぶ孫を見るだけだろうと思っていたら、庭に降りると言い出してビックリ。庭に降りて、孫と一緒に遊んでる。あとで足腰が痛くならなければいいけれど。
 アウトドア用のチェアを出して義母に座ってもらうと、そこに孫がやってきて自分が座るからどけと主張し、義母が立ち上がるとチェアの上によじ登ってちょこんと座る。だけど、すぐに降りてまた走り回るので義母が座ると、すぐにやってきて自分が座ると主張する。おまえ、いい加減にしろよ。

 その庭でゲンゴロウを発見。ゲンゴロウって、池の中にいるだけだと思っていたら、水のないところに飛んできたりもするのか? 容器に水を入れて泳がせると、孫は興味津々で覗き込みながらも、怖いのか腰が引けている。気にはなるんだよね。でも、怖いんだよね。

 その孫ももうすぐ1歳半。そして、その1歳半で人生最大の試練が待ち構えている。
 そう、もうすぐ断乳にチャレンジなのだ。
 孫よ、なんとか頑張ってその試練を乗り越えるのだぞ!


2017.4.1(土)

▼青木公園の会議室で、K市テニス協会主催の次の大会のドロー作成。
 1年間で2番目にドローを作るのが大変な大会なので、けっこう時間がかかってしまう。
 自分も出場する大会なので、初戦から強敵と当たりませんようにと気合いをこめてドロー作成ソフトを走らせたおかげで、とりあえず初戦だけは市を代表するような選手と当たることだけは避けられた。もっとも、誰と当たっても強敵ばかりなんだけどね。

▼15時から19時まで、その青木公園でテニス。
 最初の2時間は女性3人、男性2人なので、ことごとくミックスダブルスになるわけだけれど、ミックスダブルス、苦手なんだよなあ。だって、ぜんぜん思いっきり打てないんだもん。そのせいか、ありえないくらいの絶不調で、片端から負けてしまう。
 朝から雨が降っていて、この時間になっても時々霧雨が降るような天気だったせいで、ボールが水分を吸って重たくなっていたってのもあるかなあ。とにかく、まるっきり勝てず。
 後半の2時間はコート2面で、男性もごっそり増えたのだけれど、やっぱり負け続け。だめだ、こりゃ。


2017.3.31(金)

澤村伊智『ずうのめ人形』角川書店を読了。
 『ぼぎわんが、来る』で戦慄した著者の2作目。こちらも当然ホラー小説。しかも、読み出すまで知らなかったのだけれど、『ぼぎわんが、来る』と同じ登場人物の出てくるシリーズ作品ではありませんか。

 オカルト雑誌のライターが不審な死を遂げる。その足元に落ちていた手書きの原稿。その原稿に書かれていたのは、「ずうのめ人形」という都市伝説を扱ったホラー小説だったのだが、それを読んだ人間の元に「ずうのめ人形」が現れる。最初は遠くに。そして、少しずつ近くに。
 その小説を読んでしまった主人公は、フリーライターの野崎と、野崎の婚約者であり霊能力者でもある真琴に助けを求め、真相の究明の乗り出すのだが、その小説を読んだ者は4日後に「ずうのめ人形」に取り殺されてしまうということが判明してしまう。限られた時間の中で、彼らは「ずうのめ人形」の呪いを解くことができるのだろうか…。

 いやあ、題材となる都市伝説そのものはありふれているのだけれど、それに騙されてはいけない。そこにこそ、著者が仕掛けた罠があるのだ。いやあ、これは怖いぞ。
 じわりじわりと近くに現れるようになる「ずうのめ人形」。調べれば調べるほど、謎は深まり、呪いを解く方法などどこにもないということが明らかになっていく。
 しかも、本筋のストーリーと、小説内小説とが並行して進行していく構成のうまさ。読み終えてから初めて意味がわかるプロローグとか、第一章の最後に挿入された謎の文章なども、あとからじわじわと効いてくる。他にも、あれこれ作者が読者に対して仕掛けたトラップなどもあり、実に見事としか言いようがない。

ずうのめ人形

▼国際交流基金アジアセンター主催の映画上映会があり、それがなんと僕の勤務する会社のすぐ近く、いつも歩いて行っている図書館の入っている建物の中のホールで、しかも観たいと思っていた作品で、なおかつ入場料が無料というので大喜びで観に行く。
 上映されたのは、シラットという武術を題材にしたブルネイ初の長編商業映画『ドラゴン・ガール(YASMINE)』

 女子高校生のヤスミンは、気になる男の子がいるのだけれど、その彼はシラットの達人で、国際的な大会で優勝するほどの実力の持ち主。
 なんとか彼の気をひきたくて、シラット部に入部するヤスミン。だけど、彼女の学校のシラット部の部員はたったの3人。しかも、顧問の先生は達人のようでいて、実はまったくの素人であるらしい。弱小シラット部の3人で大会にエントリーしたものの、これじゃあ勝利はおぼつかない。やむなく、まずはシラットを教えてくれる師匠捜しを始めるのだけれど…。

 これがもう、むちゃくちゃ楽しい映画で、大満足。基本的には青春映画なのだけれど、格闘シーンは香港からスタッフを招いているだけあって迫力たっぷり。
 しかも、つっこみどころ満載。まったくの素人が1~2週間の特訓で大会で勝ち進むほどの実力を身につけてしまうし、正統派の戦い方では相手に勝てないと思ったヤスミンが国立図書館にある本で闇の格闘家を探し出し、教えを乞いにいくという展開もとんでもなければ、その闇の格闘家がヤスミンの実力を認めて「とどめの一撃」を伝授するという展開にも驚かされる。普通、そういうのは何年も何年もその格闘技を練習した人間が辿り着く場所でしょ。
 でも、そういったあれこれすべてを含めて、とても愛すべき映画なのでした。

 映画終了後には監督を招いてのトークショーもあり、きっちり質問もしてきたし、きっちりサインももらってきた。
 ブルネイというのはイスラム教国なので、もっと女性に対して厳格な国なのかと思いきや、監督は髪の毛を金髪に染めた元ヤンキー風のむちゃくちゃ明るい女性で、イメージがぜんぜん違っていた。

 この作品はDVDも出ているので、強く強くお勧めしちゃいます。

ドラゴン・ガール [DVD]

▼会場で遭遇したニフティアジア映画フォーラム時代からの友人2名と近くの中華料理屋に行き、飲みながらのアジア話。
 まずは、いま観たばかりの『ドラゴン・ガール』の話題で盛り上がる。「闇の格闘家」とか「とどめの一撃」といったネタが僕たちは大好きなのだ。
 そして、アジア映画あれこれについて盛り上がっている時に、フィリピンの『バードショット』という映画の女性プロデューサーが、東京国際映画祭で来日した時と、大阪アジアン映画祭で来日した時とで顔が違うので、「整形疑惑」が出てきているという話が出てきた。
「ああ、彼女、レーシックの手術をしたんですよ。だから、東京国際映画祭で来日した時にはメガネをかけていたけれど、大阪ではかけていなかったでしょ」と僕が答えて疑惑払拭。
 なんでそんなことを知ってるんだ、オレ(笑)


2017.3.28(火)

ロバート・ブロック『予期せぬ結末3 ハリウッドの恐怖』扶桑社ミステリを読了。
 ロバート・ブロックというと、どうしても『サイコ』の原作者というイメージが強いわけだけれど、こうして短編集を読んでみると、どれもこれも素晴らしくって、夢中になって読み終えてしまった。とりわけ好きなのは、巻末に収録されている「ムーヴィー・ピープル」。映画ってのは、時間を越える存在なんだなってことをしみじみと感じさせてくれる。
 ホラーとかミステリとかいったジャンルから離れた作品で、こんなに素敵な作品を書いていたとは。
 まだ、他にも未読の短編集が我が家には何冊かあるはずなのだけれど、出てくるかなあ?

予期せぬ結末3 ハリウッドの恐怖 (扶桑社ミステリー)


2017.3.26(日)

▼朝から雨。申し込んでいたテニスオフは当然ながら中止。スクールに電話するも、入りたかったレッスンはやっぱり満員で入れず。

▼録画してあったクリント・イーストウッド主演の『マンハッタン無宿』を観る。
 アリゾナから囚人護送のためにニューヨークにやってきた保安官補クーガンが、囚人に逃げられ、勝手の違う都会で逃げた囚人を追う物語。何度も観てきたストーリーであるのだけれど、クリント・イーストウッドの魅力で観せてしまう。
 笑ったのが、主人公を観た都会の人間がことごとく「テキサスからか?」と聞いてくること。なんど「アリゾナ」と言っても、「カウボーイ=テキサス」という図式が成立しているようで、「テキサス?」と聞いてくるのがおかしい。
 監督はドン・シーゲル。本作がイーストウッドとの初コンビで、このコンビがやがて『ダーティハリー』を撮ることになるわけだ。

マンハッタン無宿 [DVD]


2017.3.25(土)

▼埼玉大学のテニスコートを使ってSARIという団体が主催しているシングルス練習会に参加してくる。
 6ゲーム先取ノーアドバンテージルール。

 初戦は、自分がボロボロすぎて、どうしようもなかった。相手が何をしなくても、自分がボロボロミスをして自滅していってしまう。ボールって、どう打てばよかったんだっけ状態。
 そのまま一気に1-5まで追い詰められたのだけれど、そこからなぜか攻めのボールがちゃんと打てるようになり、5-5と追いつき、フォーティオールの一本勝負をとって6-5で大逆転勝利。相手はさすがにガックリと肩を落としていた。

 2試合目は、初戦よりはいい入り方ができていた。3-3まではお互いにキープが続き、接戦となったのだけれど、そのあとのサービスゲームを連続してブレイクされてしまい3-6で負け。
 途中から、打っても打っても自分のボールが短くなってしまい、どんどん攻められてしまった。攻められないためには深いボールを打たなければならないのに、どうしても短くなってしまう。
 まるで気持ちのいいショットが打ててない。

 3試合目の相手は僕より年配だと思うのだけれど、体力があって、そのうえテクニックもあった。強打をするわけではなく面を合わせてくるだけなのだけれど、それなのにそこそこ速いボールが飛んでくる。面を合わせてくるだけなので、コントロールもよく、てっきり一方的にボコボコにされるかと思ったのだけれど、なんとか4つとることだけはできた。4-6で負け。相手のうまさを考えると、4つとれただけでも充分。

 4試合目の相手は40代の男性で、ガンガン打ってくるタイプ。ところがそのガンガン打ってくるボールが僕のプレイスタイルにうまくはまってくれて、こっちもいい感じでガンガン打っていくことができ、一気に4ゲームを連取。
 ところが、そこから相手がプレイスタイルを変えて、スライスを多用してくるようになって、試合の流れが変わってしまう。こちらの足が動かなくなってきていることもあって、そこから一気に5ゲームを連取されて4-5とひっくり返されてしまう。なんとか1ゲームとりかえして5-5とするも、続くゲームを奪われて5-6の大逆転負け。初戦で自分がやったことをやり返されてしまったという感じ。
 僕は覚えていなかったのだけれど、この人、5~6年前まで同じスクールに来ていて、僕と対戦したこともあるのだそうだ。

 というわけで、本日は1勝3敗。まだまだシングルスの試合勘が戻ってきていない感じ。
 とにかく今年はシングルスの練習を多く入れて、秋の大会までに少しはいい感じにもっていきたい。


2017.3.24(金)

池波正太郎『剣客商売 陽炎の男』新潮文庫を読了。
 「東海道・見付宿」「赤い富士」「陽炎の男」「嘘の皮」「兎と熊」「婚礼の夜」「深川十万坪」を収録。
 レギュラーメンバーそれぞれが魅力的で、それが楽しみで読んでしまうシリーズなんだろうな。おはるの「あれ、うれしいよう」という口調に出会えるだけで、なんだか嬉しくなってニヤニヤしてしまう。三冬のキャラも、考えようによってはかなりすっとんだキャラなので、これまた登場するたびに嬉しくなってしまう。
 かくして、グイグイと読んでいって、気がつくと全巻読破してしまうのだろうなあ。

剣客商売三 陽炎の男(新潮文庫)


2017.3.22(水)

馳星周『比ぶ者なき』中央公論新社を読了。
 歴史には非常識なまでに疎い人間なので、藤原不比等と言われても名前を知っているだけで、何をした人間なのかはまるっきり知らなかった。ところが、本書を読んだら、とんでもない人間ではありませんか。いまの日本のある意味ゆがんだありさまは、この男から始まったわけだ。
 しかしまあ、よくぞこんな題材を見つけてきたもんだ。そして、初の時代小説で、よくぞこの題材に挑戦したもんだ。すげえな。
 題材の面白さもさることながら、藤原不比等による緻密すぎる権力争いの濃密な描写が素晴らしい。そのあたりは、長年ノワールを書いてきた馳星周ならではの真骨頂であろう。
 読む人間が読んだら、激怒するんだろうなあ、この小説。なにせ、国会には神武天皇が実在の人物だと信じている人間もいるしなあ。

比ぶ者なき

▼夜はレギュラークラスでのテニスのレッスン。
 ガンガン速いボールを打ってくるコーチと打ち合っている時にふと思ったのだけれど、市民大会でこんな速いボールの打ち合いなんかやったことないよなあ。もしかすると、いつもやっているレッスンて、市民大会であまり役に立たないんじゃないだろうか。もっと簡単なボールを出してもらって、それをミスらないように確実に返していく練習をした方がいいんじゃないだろうか。
 とはいいながらも、コーチの速いボールを相手に打ち合うのが楽しくて仕方がないんだけどね。


2017.3.20(月)

▼さいたま市のシングルス大会、Bクラスに出場する。

 友人の試合が見たくて早めに会場に行くと、ちょうど友人のS賀さんが試合の真っ最中だった。このS賀さん、非常に安定したテニスをする人で、強打はしないのだけれどコースを狙うのが非常にうまい。僕らの歳になると、強打をしたところでたかが知れているので、こういう安定したテニスをする人が強いんだよなあ。
 案の定、あぶなげなく初戦を突破していた。
 そのS賀さんから、反対側のコートでN濱さんが試合をしているはずと教えられ、あわてて覗きに行くと、大接戦の試合をやっていた。6-5となって、そのゲームをとれば勝ちというところまでいったのだけれど、6-6となってタイブレークに突入し、そのタイブレークも接戦となったのだけれど、惜しくも敗退。

 しばらくして、僕も試合の控えに入る。
 ところが、その控えに入っている時にやっていた前の試合が壮絶にレベルの低い試合で、びっくりしてしまう。なんで、こんなレベルでBクラスに出てきているのだろう?
 だって、サービスはセカンドも含めてほとんど入らず、ストロークのフォームもバラバラで、ほとんどラリーにもならず。
 相手にしてみたら何もせずに普通に返しさえすれば簡単に勝てる試合なのに、なんか妙なミスを繰り返してゲームを落としたりしている。
 あまりにもレベルの低い試合で、観ているだけでこっちまでガタガタになりそうな気がして、なるべく観ないように目をそむける。
 初戦でこういう相手がくれば楽なのだけれど、そういう相手に恵まれた試しがないもんなあ。

 で、案の定、とっても上手な人が相手となったのだった。
 僕のサービスからで、向かい風を利用して短くなるサーブを打ったりしていたら、相手が簡単に自滅してくれたので、これなら無理せずにつなぎさえすれば勝てるなと思ったのだけれど、ところがどっこい。簡単にミスをしてくれたのは最初だけで、あとはまったくミスをしてくれません。
 強打はしてこないのだけれど、非常にコントロールがよくて、短くなるボールとバックの深いところに入ってくるボールをうまく織り交ぜてきて、すっかり翻弄されてしまう。
 1-3となったところでデュースまでもつれ込んで、そこをとれば2-3となって流れを変えられると頑張ったのだけれど、とりきれず。
 無理をせずに打ち合っているだけではどうにも勝ち目がないので、多少のリスクを覚悟で攻めるテニスを選択。相手のリターンが甘くなったところを、フォアのコーナーめいっぱいのところに強打して、完全に抜けたと思ったのがしっかり返ってきてしまう。うそっ! いまのボールが返ってくるって、どういうこと?

 2-5と追い込まれたところからデュースまでもつれ込んで、ここからがしんどかった。
 なんと、十数回もデュースを繰り返してしまったのである。
 我ながらよく粘ったとは思うのだけれど、どうしてもあと1ポイントがとれず、ひたすらデュースを繰り返す。
 最後は、無理して攻めてネットに詰めたところをロブで抜かれて2-6で負け。
 うがあっ、疲れたあ!

 この手の、ミスなく、しかも守備力の半端ない人に勝つにはどうすればいいんだろう? まったく勝てる気がしないよ。

▼嫁さんが唐突に「銭湯に行きたい」と言い出したので、夕食前に近所の銭湯に行く。
 最近の銭湯は施設がだいぶよくなっていて、お湯も軟水を使っていてぬるぬるするし、浴槽も何種類もあって、ほとんど温泉気分。
 で、浴槽に浸かっていたら、見るからにヤンキーなお兄ちゃんふたりが隣に入ってきて、その会話に耳をすませていて思わず吹き出しそうになってしまった。
「最近よお、指が切れても生えてくる薬があるんだぜ」
 ねえよ!
 相手をしていた兄ちゃんもさすがにそれには懐疑的で「さすがにそれはねえだろうよ」と言うのだけれど、
「切れたところにツボになる穴があってよ、そこにつけると生えてくるんだってよ」
「ホントかよ」
 信じるなよ、兄ちゃん。
 その後、切断した小指をつなぐにはどこの病院がいいとか、小指は細いのでつないでも神経や血管をつなぐのがむずかしくて、もとにはもどらないらしいとか、そういう会話が続いていた。
 はたしてこの2人、仕事の現場での切断事故の会話をしていたのか、けじめのために指を詰めるという状況の話をしていたのか、どっちだったのだろう。

▼録画してあった『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』を観る。なんか、カタカナだらけの色気のないタイトルだなあ。
 アクションはけっこう頑張ってるけど、最近は感性が鈍磨してしまっているのか、このくらいじゃまったく驚かなくなってしまった。最後の発射された核ミサイルをどうやってくいとめるかって場面も、いまいち緊迫感がないんだよなあ。主役のトム・クルーズもすっかり歳をとってしまったし。


2017.3.19(日)

▼朝イチで都内までお墓参りに出る。
 駐車スペースのほとんどないお寺なのだけれど、今日はなぜか他に車がなく、あっさり車を入れることができた。やっぱり、日頃のおこないがいいと、違うよなあ(笑)
 なんとか12時半までに帰れそうなので、お寺さんからテニススクールに電話を入れて、ゲームレッスンの振り替えを申し込む。が、すでに満員で入れないと言われてしまう。ガーン!
 実は、明日が市民大会のシングルスの試合があるので、軽く打っておきたかったんだよなあ。

▼帰宅してから、夕方のレッスンの振り替えを申し込む電話を入れる。
 もしかすると、この時点で12時半からのゲームレッスンに空きが出ていれば教えてくれるだろうと思ったのだ。ところが、ゲームレッスンに空きが出るどころか、夕方のレッスンもすでにいっぱいで入れないと言われてしまう。
 うーむ、なんとしてでも今日は僕にテニスをさせないつもりだな。
 だけど、「直前になればきっとキャンセルが出るから、もう一度電話してみて」と言われる。

▼言われるままに、夕方のレッスンの少し前に電話を入れてみると、キャンセルが出てレッスンに入れることになった。
 よし、きっちり試合前日の調整をするぞ。

 ところが、けっこうガンガン打つ人の揃っているクラスで、悠長に調整なんてできる状況ではないのだった。ボールを引きつけて丁寧に打つテニスをするつもりだったのに、ドカンドカン打ち込まれて、完全に打ち負けてしまう。ううっ、こういうテニスがしたかったわけじゃないんだよお。
 それでも強打を封印して、丁寧なオトナのテニスを心がける。
 だけど、最後のゲーム形式になったところで我慢できなくなり、思わず勝つためにガンガン打って行ってしまう。結果、全勝したのだけれど、我ながら大人げないなあ。


2017.3.18(土)

▼息子のところの新築祝いのために、両親を連れて息子のところへ。お嫁さんのご両親もきて、みんな勢揃いして一緒に食事をする。
 その場の中心になるのは、当然ながら孫なわけで、相変わらず可愛さ爆裂だ。
 アンパンマンの絵を指さして「これ誰?」と聞くと、はっきりと「アンパン!」と答えたのはまいった。だって、まだ「じいじ」も「ばあば」も言ってないんだよ。アンパンマンに負けちゃったよ。
 新居の目の前に広い公園があって、そこに連れて行くとまあ歩くこと歩くこと、びっくりするほどよく歩く。しかも、ちょっと下り坂になっているところでは、重力にひっぱられるまま、駆け足になってしまうのだけれど、これがまあ転びそうで転ばない。うちの息子は歩くのをいやがっていただけに、こんなに歩く孫というのが実に新鮮でならない。

 予想していたことではあるのだけれど、父親が早い時間に飽きてしまい、しかもアルコールを飲んで眠たくなって早く帰りたがったので、3時にはもう退去することに。ま、これでいちおう新居も観せたことだから、もう連れて行くこともないだろう。


2017.3.17(金)

▼フィリピン映画『Wang Fam』(2015年)を観る。

 植物学者のブー・ワン(ベンジー・パラス/Benjie Paras)は、新種の植物を求めて未開のジャングルに踏み込み、そこでアスワン(フィリピンの土俗的な妖怪)の女性マロウ(ポクワン/Pokwang)と出会い、あろうことかあるまいことか、お互いに恋に落ちてしまう。
 人間と恋に落ちることを許さないアスワンの一族に捉えられるマロウだったが、それを救い出すためにブーはアスワンの群れの中に飛び込んでいく。だが、多勢に無勢、あやうく命を落としそうになった時、マロウはブーに噛みついて、ブーの中にアスワンの血を送り込む。かくしてアスワンのパワーを得たブーの奮闘で、なんとか2人は逃げ出すことに成功するのだが、ブーもアスワンとして生きることを余儀なくされるのだった。
 それから18年の歳月が流れ、ブーとマロウは3人の子どもとともにある町へと姿を現す。アスワンとしての正体を隠し、人間の家族として暮らしていたのだ。
 だが、ちょっとした油断から隣人(キャンディ・パンギリナン/Candy Pangilinan)に正体を知られてしまうのだが、なんとかそれをごまかし続ける。それでも「あの家族の正体はアスワン」という噂が繰り返されることになってしまうだが。ところがそこに、2人を追って3人のアスワンが町に姿を現し、町の人々に襲いかかるのだった…。

 というわけで、フィリピンホラー映画の定番であるアスワンを題材にしたホラーコメディである。ポクワンたちのワンファミリー(Wang Fam)は常に黒づくめの衣裳を着ていて、『アダムス・ファミリー』を意識しているのは明らか。コメディとしてそれほど笑えるわけではないのだけれど、キャンディ・パンギリナンたち隣人を演じる役者たちがけっこう頑張ってくれている。
 一方、家族の子どもたちのお約束の学園ドラマもあり、長男のデューク(アンドレ・パラス/Andre Paras)と、クラスメイトにして隣人のエレニータ(ヤッシー・プレスマン/Yassi Pressman)との恋愛が描かれていたりもする。このあたりのごった煮的な脚本の甘さはいかにもフィリピン映画といったところか。

 監督は昨年亡くなったウェン・V・デラマス(Wenn V. Deramas)ということになっているのだけれど、おそらくはこの作品にとりかかった早い時点で亡くなってしまい、誰か他の人間が仕上げているのではないだろうか。それを、デラマスの名前で公開した方がビジネスになると判断して、デラマスの名前だけを監督としてクレジットして公開したのではないかと僕は思っている。本当のデラマス作品であるのなら、もっと悪のりしてくだらないギャグとかパロディが詰め込まれていたことだろう。
 あれだけ楽しい作品を量産してきたデラマスの最後の作品がこれというのは、なんだかちょっと寂しいなあ。



2017.3.16(木)

「僕が観てきたフィリピン映画」のコーナーに、昨年観たフィリピン映画29本のレポートをようやく全部アップすることができた。
 特に東京国際映画祭、東京フィルメックスではQ&Aのテープ起こしが充実しております。よろしければ、ぜひお立ち寄りください。


2017.3.14(火)

R・E・ハワード他『不死鳥の剣 剣と魔法の物語傑作選』河出文庫を読了。
 ヒロイックファンタジーというジャンルの歴史を一望できるように、代表的な作品を時系列におさめた短編集。ロード・ダンセイニに始まり、ロバート・E・ハワード、ニッツィン・ダイアリス、C・L・ムーア、ヘンリー・カットナー、フリッツ・ライバー、ジャック・ヴァンス、マイクル・ムアコックの作品が収録されている。
 正直に白状すると、途中でちょっと飽きた。それぞれに個性のある作品でありながら、それでいてやっぱり似たりよったりじゃんという印象はいかんともしがたいのだ。このジャンルのよっぽどのファンでないかぎりは、同様の印象を持つのではないだろうか。
 ところが、フリッツ・ライバー、ジャック・ヴァンス、マイクル・ムアコックあたりになると、がぜん面白くなってくる。とりわけ、ムアコックの作品がいい。エルリック・サーガはその昔、きっちり読んだはずなのだけれど、これほど面白かったかとびっくりしてしまった。とはいえ、いまさらムアコックのエターナル・チャンピオンを読み返す体力はないよなあ。

不死鳥の剣―剣と魔法の物語傑作選 (河出文庫)

▼娘が大きな紙袋を調達しないことには持ち帰れないほどのお菓子を持ち帰ってくる。なんと、ホワイトディの貢ぎ物なのだという。
 うーむ、恐ろしいヤツ!


2017.3.12(日)

▼9時から13時まで、友人たちと健康福祉村でテニス。
 特に疲れているという意識はまるでなかったのだけれど、ふと気がつくと足がものすごくしんどくなっている。どうやら、昨日のシングルスの疲れが残っていたようだ。こういう疲れが残るというのは、やっぱり体力が落ちてきているからなんだろうなあ。以前だったら、このくらいは大丈夫だったのに。

 足に疲れが残っていると覿面にテニスの内容に反映されてしまい、今日はほとんど勝つことができなかった。試合前日には、本当に足を疲れさせないように気をつけなければ。

▼居間に飾っていたお雛さまを屋根裏まで片付ける。ここ数年、この作業がだんだんしんどくなってきている。これまた、歳をとったせいだ。
 いやはや、本当にそういう歳になってきたのだということを、しょっちゅう思い知らされてしまうよなあ。

▼夕方、散歩がてら近所のブックオフを覗きに行ってみる。正月に覗いた時に108円コーナーがなくなっていてビックリしたのだけれど、正月のセール期間だけなのかと思っていたら、本格的に108円コーナーを廃止してしまったようだ。


2017.3.11(土)

▼テニスオフに申し込んで、シングルスの試合をしてくる。
 参加メンバーは8名で、それを2ブロックに分けて総当たり戦を行い、そのあと各ブロックの同順位同士の対戦という流れ。
 ルールは正式の1セットマッチ、6-6タイブレーク。

 シングルスはあまりにもしんどいので敬遠していたのだけれど、もうすぐさいたま市のシングルス大会があるので、ちょっと気合いを入れて練習しようというわけだ。
 だけど、会場についたらあまりにも風が強くて、それだけで気合いが萎えてしまう。インドアのスクールをメインの練習場としている自分は、風が大の苦手なのだ。ま、僕に限らず、他のメンバーもあまりの風の強さにけっこうびびっている気配ではあるのだけれど。

 初戦は黒服さん相手で、この相手がすごくうまかった。派手さはまったくないのだけれど、確実に深い嫌なコースに入れてくるタイプ。ミスのない堅実なテニスで、たぶん市民大会に出てもかなり上位にいく選手なのだろう。
 一方の僕はひたすら風に翻弄され、ボロボロになってしまい、あっという間に1-6で敗退。
 でも、隣のコートよりは長く試合をやっていられたけれど。

 2試合分の休憩を挟んで、サウスポーさんとの対戦。相変わらず風が強く、しかも片方からのサーブは完全に太陽が目に入る位置。インドア育ちの僕は、風だけではなく太陽も大の苦手なのだ。
 おかげで、それなりに接戦にはなるものの、まぶしいサイドからまともなサーブが打てず4-6で敗退。

 1試合分の休憩を挟んで、ちょっと若い時の映画評論家塩田時敏似の男性と対戦(えっ、引き合いに出す人間がマニアックすぎて分からないって? でも、そんな感じだったんだよ)。
 この人は、初戦、2戦と、けっこう速いいいボールを打っていたので、まず勝ち目はないだろうと思っていた。
 ところが、実際に対戦してみると、どちらかというと打ちごろのボールが多く、意外と接戦になってしまう。結局、4-5と追い込まれたところからひっくり返して7-5でようやく1勝をあげることができた。

 ブロック予選を終えてみると、1人が全勝で、あとの3人はみんな1勝2敗。得失ゲーム数をチェックすると、僕が7-5で勝った相手が2位となり、僕とサウスポーさんがまったく一緒。結局、直接対決で負けている僕が4位となり、隣のブロックの4位の人と対戦することに。ううっ、これは別名、最下位決定戦と呼ばれる試合ではないのか。負けたくねえ!

 ここまでの3試合で学んだのは、攻めを急ぎすぎてはいけないってことと、無理して厳しいコースを狙わずにとりあえずはセンターに返しておいてチャンスを待てということだった。
 コンディションがいい時には、多少早めに仕掛けてもいいとは思うのだけれど、強風が吹いている今日のような場合、我慢も大切だということなのだろう。
 それを肝に銘じて試合をスタート。
 ついつい、初球から打ち込もうとしてミスをして、「違う違う、大切なのは我慢なのだ」と自分に言い聞かせる。そのために、けっこう長い試合となってしまったのだけれど、なんとか6-2で勝って、最下位だけは免れたのだった。


2017.3.8(水)

▼けっこう仕事が忙しくて、しゃかりきになってこなしている状態。でも、テニスのレッスンには行きたいので、大急ぎで仕事を処理して「よし、これで大丈夫」と思ったところに、仲の良いクライアントから「データを送るから、大急ぎで加工して」と連絡が入る。これがまた大容量のデータで、しかも予算はなし。つまり、タダ。でも、そういう作業をしょっちゅう頼まれているかわりに、きちんとした案件もしっかりまわしてもらっているので、ことわるわけにはいきません。
 でも、データが重くて、処理に時間がかかるんだよ。レッスンに間に合わないじゃん。
 とりあえず「たぶん間に合わないから、今日はお休みにして」とテニススクールに連絡を入れておいて、データにとりくむ。途中で、加速装置をオンにして、超高速キーボードタッチモードに移行!
 さっさと処理を済ませて納品して、速攻で会社を飛び出し、脇目もふらずに帰宅。
 はい、間に合いました。

 でも、それで疲れ果てたのか、あるいは日曜日のシングルスの疲れが残っていたのか、あるいは花粉症との戦いに疲弊してしまったのか、レッスンの内容はボロボロ。レッスンが始まって30分ほどであっさりと息があがってしまい、あとはミスの連発。
 コーチから「少し走り込みでもしたら」と言われたけれど、そんなマメなことのできる性格だったら、いまごろもっと強くなってますって。


2017.3.6(月)

▼途中下車して、いつものフィリピン食材店へ。
 目当てのフィリピン映画のDVDはまだ入荷していなかった。
 お店のおばちゃんい「ヴァイス・ガンダとココ・マルティンの映画はまだ入りませんか?」と聞くと、「私だって観たいよ」と言われてしまった(笑)

 で、買ったのはおばちゃんお勧めの『Working Beks』というコメディのDVD。帰宅して調べてみるとクリス・マルティネス監督の作品で、けっこう芸達者な役者さんたちが顔を揃えている作品のようだ。でも、英語字幕がついていないんだよなあ。ちょっと観ないままになる予感がしてます。



▼ついでに古本屋をチェック。
d『彼らは廃馬を撃つ』ホレス・マッコイ(角川文庫/初版)67円
d『おかしなおかしな大追跡』キャロル・スミス(角川文庫/初版)67円
『性風俗のいびつな現場』坂爪真吾(ちくま新書/重版)67円

 ダブリと分かっていても買ってしまう絶版角川文庫。そして、ちょっとエッチな好奇心から余計な本も買ってしまう。


2017.3.5(日)

澤村伊智『ぼぎわんが、来る』角川書店を読了。
 いやあ、これはかなり怖かったぞ。
 「ぼぎわん」という化け物が、主人公の家族に襲いかかってくるのだけれど、その正体も謎なら、なぜ襲いかかってくるのかという理由も謎。わけのわからないまま、恐怖に陥れられてしまう。
 オカルトライターの紹介で、霊能力者に救いを求めるのだけれど、わざわざ地方から上京してきた霊能力者が羽田から速攻で帰って行ってしまう。「まさか、こんなヤツが相手とは思わなかった」と言いながら。
 そして、第一章、第二章、第三章と語り手が変わっていくのだけれど、それがまた非常に効果をあげていて、ぐいぐいと読まされてしまう。
 不満を言うならば、クライマックスがハリウッドのホラー映画的な派手な活劇めいているのがちょいと好みと違う。あまり派手にしてしまうと、リアリティがなくなって恐さが薄れてしまうのだ。そこはもっと怖く怖く持っていけたのではないだろうか。

ぼぎわんが、来る

▼9時から11時まで健康福祉村でテニス。メンバーは4人ぴったりなので、休憩はなし。
 6ゲーム先取ノーアドルールのダブルスをやって、2勝したあと5-2で時間切れ。残念。もうちょっと時間があれば3勝できたのに。

▼夕方の5時半からは、テニススクール主催のシングルス大会に出場する。

 実は、シングルスの試合があまりにもしんどいので、この2年ほどは市民大会に出る以外はほとんどやっていなかった。だけど、このまま衰えていくというのも寂しいので、「そんなしんどいことなんかしたくないよお」という自分をなんとか押さえつけて、試合に申し込んだのだった。
 とはいえ、このところの体力の衰えはいかんともしがたく、これでまったく試合にならずにボロ負けをするようだったら、もうシングルスは諦めてダブルス主体にシフトしていこうと、そんな思いを抱いて出場したのだった。

 初戦の対戦相手は業師のT住さん。
 最初の2ゲームだけで息があがってしまっている自分に愕然としながらも、なんとか踏ん張って6-2で勝ち。
 相手が無理な攻めからイージーなミスを多発してくれたから勝てはしたものの、そうでなかったら難しかったかもしれない。ほんと、シングルスがヘタになっているよなあ。

 休みをはさむことなく2試合目に突入。相手は百戦錬磨のハッシー。
 徹底的にバックを攻められ、しかもとことん走らされて、どんどん足が動かなくなってしまう。
 2-2まではなんとか頑張れたのだけれど、そのあとは足がヘロヘロになり、ストロークも安定しなくなり、2-6で負け。
 疲れる前に対戦できていれば、もう少し踏ん張れたと思うのだけれど、いまの自分には2試合連続はきつかった。

 ここで2試合分の休憩をはさんで、3試合目の相手はサウスポーのM藤さん。
 波に乗ると始末に負えなくなる可能性のある相手だけれど、執拗にバックを攻めて6-0で勝ち。
 やっぱり、2試合分の休憩があるとだいぶ楽になる。

 これでブロック予選を2位通過して、決勝トーナメントに進出。
 他のブロックの試合がまだ続いていたので多少は休めるかと思ったら、決勝トーナメントの対戦相手が決まっているので、すぐに試合に入らされる。
 その相手はというと、このところスクールの試合でずっと優勝を続けている若手のアスカくん。
 今日も、6-0、6-3、6-1とぜんぜん危なげなく全勝でブロック予選を勝ち上がっている。

 自分サーブから試合スタート。サーブはとことんスライスサーブ。基本、フラットサーブは封印する。この相手には、速いサーブよりも、曲がるサーブの方が効果がありそうだ。
 そして、リターンが戻ってきたところを強打。20代相手にパワー勝負を挑んでいく。しかも、相手のバックは狙わず、とことんフォアストロークで勝負を挑む。
 ぶち抜いてサービスキープ。1-0。
 ところが、アスカのスピンサーブが強烈で、あっという間にキープされて1-1。
 続くサービスゲームは、短いセカンドサーブをまぜたりしながら、フォアストロークはとにかく強打一本やりで、キープ。2-1。
 ようやく相手のサーブに慣れてきたものの、ブレイクするところまではいけずに2-2。
 だけど、集中力が続いたのはここまで。体力がもてば、もう少しねばれたのだろうけれど、2試合目と同様に足がヘロヘロになり、踏ん張ったショットが打てなくなってミスが増え、結局は2-6で負け。
 でも、集中力が続いている間は、我がスクール最強の若者相手に一歩もひけをとらない試合ができていた。
 けっこう、まだまだ行けるんじゃねえの、オレ。

 というわけで、4月の大会にも申し込んでしまう。すでに満員だったのでキャンセル待ちではあるのだけれど、もう少しシングルスを頑張ってみようという気になってきたぞ。

 ちなみに、優勝候補だったアスカは、決勝戦の途中でリタイアしたらしい。
 少しは、若者の体力を削るぐらいのことはできていたのかもしれない。


2017.3.4(土)

▼スクールの「お楽しみテニス大会」。ニンジャさんとペアを組むが、僕が絶不調。
どうも、寝込んだ時に落ち込んだ体力がなかなか戻らず、とりわけ脚力の衰えがはなはだしく、そのために安定したショットが打てないのだ。きっちり腰を落として打てていないので、打ったボールがコート内におさまらないという場面が多発してしまう。
 おかげで、しょっぱなに3連敗をくらってしまうが、そこから少しずつ修正していって4連勝となり、かろうじて勝ち越しにはなったものの、ちょっと情けない内容であった。


2017.3.3(金)

春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文春文庫を読了。
 僕のことを映画マニアとか思っている人もいるようだけれど、僕は非常に偏った映画しか観てきておらず、それ以外の映画はほとんど観ないまま今日にいたっている。それゆえ、映画に関する素養は非常に乏しく、とりわけ日本映画はほとんど観ないまま来てしまった。それゆえ、東映の歴史を描いた本書に出てくるようなエピソードはそのことごとくが初めて知ったようなことばかりで、それが非常に新鮮で面白かった。
 それにしても、本書の内容の半端ない充実ぶりには、ひたすら圧倒される。大枠としての東映の流れをきっちり描きながら、個々の作品に関する様々なエピソードもきっちり押さえているのだ。マクロの視点と、ミクロの視点が同時に存在しているわけで、実に見事としか言いようがない。いっとき、東映の映画をちょこちょことつまむように観た時期もあったのだけれど、もう少し観てみたいという気にさせられてしまった。実のところ、そんな時間などなかなかとれないのだけれど。

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 (文春文庫)

▼新宿ピカデリーにて、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇』を観る。
 前の『宇宙戦艦ヤマト2199』がよすぎたので、それに比べてしまうと、なんとも物足りない。『2199』の方は、オリジナルをリスペクトしつつ、きっちりオリジナルを凌駕する作品に仕上がっていた。なにより、細かいところまで神経が行き届いた作品で、とにかくセンスがよかった。このセンスのよさというのが、説明しにくい部分ではあるのだけれど、『2202』にはそれが感じられなかった。なんだか、旧態依然とした『宇宙戦艦ヤマト』であると感じてしまった。
 いちばん最初の『ルパン三世』のセンスが、パート2以降できれいさっぱり失われてしまったのと同じ感じ。
 ま、僕にとっての『宇宙戦艦ヤマト』というのは、そもそもがイスカンダルまで行って帰ってくるまでだから、それ以降の作品に対する思い入れもないんだけどね。
 でも、エンディングで沢田研二の歌が流れた時には、ちょっと鳥肌が立ったぞ。



▼ブルーレイレコーダーについて問い合わせをした東芝から返事が来る。
 その返事の内容はというと、まったくもって予想だにしなかった内容であった。なんと、僕の買ったブルーレイレコーダーには、DVDからダビングする機能がそもそもついていなかったのである。
 まさかそんなことがあろうとは思ったことすらないので、機能の有無を確認しようという発想もなかった。当たり前にできるもんだと思っていた。スマホを買うのにカメラ機能の有無を確認しなかったらついていなかったみたいな、そんな感じ。テレビを買ってみたら、ビデオに接続する機能がなかったみたいな、そんな感じ。
 そして、USBポートを通じて取り込むことができるのは、AVCHD方式(デジタルビデオカメラで撮影されたハイビジョン画質の動画で記録されたもの)のファイルだけなのだそうだ。
 つまり、息子から送られてきたスマホで撮影された動画を取り込む手段はまったくないということらしい。いや、スマホの動画をブルーレイに焼きつけることができれば可能なのか。そんなことが可能であっても、まったく意味はないんだけどね。

 そんな商品を作っているから会社が傾くんだぞ。


2017.3.2(木)

▼シャー・ルク・カーン&ディーピカー・パードゥコーン主演のインド映画『チェンナイ・エクスプレス』を観る。
 幼い頃に両親をなくし、祖父母に育てられたラーフル(シャー・ルク・カーン)。その祖父が100歳の誕生日を目の前にしてなくなってしまい、遺言に従って祖父の遺灰をラーメーシュワラムから海に撒くために、旅に出ることになる。だが、いい歳をしてまるっきり責任感のないいい加減なラーフルは、遺言に従うフリをして家を出るが、友人たちと合流して遊びに行くことにしてしまう。祖父の遺灰なんぞ、適当な河に流せば、いずれ海に出るのだからおんなじことだと。さんざん彼の面倒を見た祖父に対してその態度はないだろうと、見ているこちらはちょいとむかついてしまう。そういうキャラクターなのだ。
 だが、列車の中で出会った美女ミーナー(ディーピカー・パードゥコーン)のせいでトラブルに巻き込まれてしまう。父親の決めた結婚から逃げ出した彼女は、父の命令で彼女を探しに来ていた従兄弟たちにつかまって、連れもどされるところだったのだ。しかも、彼女の父親というのが、地方でとんでもない権力を持つ大ボスだったのだ。
 かくして、強引にミーナーの故郷まで連れて行かれたラーフル。ミーナーのことなんかほっといてなんとか逃げだそうと試みるも、ミーナーの恋人ということにされてしまったために、ミーナーの婚約者と決闘するはめに陥ってしまう。とても勝ち目のない相手に、ひたすら逃げることだけを考えるラーフルであったが…。

 とまあ、そういうようなストーリーで、舞台がタミル地方となることで、言葉が通じなかったりするあたりがなかなか面白い。
 当然、ラーフルはやがてミーナーと恋に落ち、地域の大ボスであるミーナーの父親を説得するために婚約者と決闘することになるのだけれど、そのあたりの脚本にまったくひねりがないのが残念。絶対に勝てるわけのない相手にどう挑むかというと、ただ単に根性で立ち向かうのだ。いや、それって無理だから。昨日までチャラチャラと生きて来ただけの君に、勝てるわけがないからね。

 名作『DDLJ』のパロディがあったり、エンディングではラジニ・カーントを引用した歌がたっぷりと流れたり、ちょっとでもインド映画を知っている人ならニヤリとせずにはいられないのだけれど、ちょっと残念な作品ではあったかな。


2017.3.1(水)

▼ブルーレイレコーダーでDVDからのダビングができない件でメーカーに問い合わせのメールを出してみる。ついでに、ブルーレイレコーダーにUSBポートがついているので、USBメモリーに入れたmp4の動画を取り込めないかという質問をしてみる。

▼パソコンに入っている「らくちん動画変換4」をアンインストールしてから再度インストールしなおしてみる。その上でメーカーホームページから最新バージョンをダウンロードしてきてインストールする。
 それでトラブルが解消されたかというと、ぜんぜん状況は変わらず。やはり、DVDメニュー画面の設定をありにしてソフトを走らせると、動画を変換するところまでは問題なく動くのだけれど、そのあと、動画を焼きつけるステップに進んでいかない。それじゃあ、なんの役にも立たないじゃん。
 しかし、電話をしてもインストールしなおすぐらいしか言えることがないというのでは、どうしようもないしなあ。

 それにしても、ソフトがちゃんと動かないという相談で問い合わせるのに、メールでの問い合わせは有料、週末の電話での問い合わせも有料というのは、メーカーの態度としてどういうものだろうか。
 平日の日中に、そのソフトの入ったパソコンの前で電話をしろといわれても、普通の勤め人にできることじゃないぞ。
 というわけで、メディアナビも、そのあたりをもうちょっと考えてもらいたいぞ。


2017.2.28(火)

▼息子がスマホで撮影した孫の動画を送ってきてくれるので、それをDVDに焼くために「らくちん動画変換4」というソフトを使っている。そもそも、スマホで撮影した動画ファイルの形式が特殊で、ファイル変換をしないことにはどうしようもなかったので、そのためにもこのソフトが必要だったのだ。

 最近では息子がスマホを買い替えて、mp4形式の動画ファイルを送ってくるようになったので、ファイル変換は必要なくなったのだけれど、それでもDVDに焼くのに便利なので、このソフトを使い続けていた。

 ところが、最近になって、このソフトの動作がおかしくなってきた。DVDにメニュー画面を設定しようとすると焼きつけなくなってしまったのである。DVD形式に動画を変換するところまでは無事に行くのだけれど、そのあとのDVDに焼きつけるステップに進まなくなってしまったのである。
 ま、メニュー画面を設定しなければそれで済むのだけれど、メニュー画面を設定しておかないと、DVDプレイヤーで再生するときに、エンドレスでいつまでも繰り返し再生してしまうのだ。

 さらに、どういうわけか、ときどき画像がひどく劣化して、DVDをテレビで再生すると上下左右に空白のある小さな画面で再生するようになってしまったのだ。

 あれこれ試してどうしても状況が改善されないので、メーカーに問い合わせようと思ったのだけれど、メールでの問い合わせは有償のプレミアムサポートなのだという。しかたないから電話で問い合わせをしようとすると、日曜日は対応しておらず、土曜日はやはり有償のプレミアムサポートなのだという。しかも、問い合わせはそのソフトの操作ができる状況で電話をしてくれとある。無理じゃん!

 それでも会社から電話をしてみる。「ソフトを立ち上げてバージョンを確認していただけますか」と言うので、「ソフトの入ったパソコンは自宅で、いまは会社からなのでそれはできません」と言うと、あっさり引き下がってくれた。
 で、こちらの困っている症状を伝えると、そういう症状が起きているという相談は他にはないのだという。原因が分からないので、とりあえずいったんアンインストールして、インストールしなおしてくれと言われる。それぐらいしか、アドバイスのできることはないらしい。

 これで解決しなかったら、とっても困ってしまうんだけどなあ。
 さて、どうなることでしょうか。
 これまた、つづく…


2017.2.27(月)

▼パソコンからDVDに焼きつけた動画を昨日買ってきたブルーレイレコーダーのHDDにダビングしようとしたら、なぜかできない。うーむ。
 会社でこういうことに詳しい部下に相談をしてみると、おそらくはデータ用のDVDを使用したので認識しなかったのではないかとのこと。ということは、録画用のDVDを買ってきて試してみなければダメか。

▼というわけで、さっそく「CPRM対応」の録画用DVDを買って帰ったのだけれど、家に帰ってみるといままで使っていたDVDだって「CPRM対応」の録画用DVDであったことが判明してしまう。
 じゃ、なんでダビングできないんだ?
 メーカーのホームページをチェックすると、メールで問い合わせができるようなので、時間のあるときに問い合わせを出すことにする。はたして、無事に解決するだろうか?
 つづく…


2017.2.26(日)

▼友人がコートをとってくれたので、今日は健康福祉村で4時間テニス。参加メンバーは6名。

 最初の1時間は、球出しからの基礎練習。深いボール、短いボールを交互に出してもらってのストレート攻撃とか、短いボールからフリーでの勝負とか。
 単なる球出しからの練習なのだけれど、ポイントをカウントして誰かが1ゲームとるかとられるかしたらローテーションというルールを導入したのが、けっこうゲーム感覚で楽しかった。

 そのあとは、ノーアドバンテージの3ゲーム先取、2-2になったら3ポイント先取のタイブレークという超短縮ルールでのダブルスゲーム。このルールだと、どんなに競った試合になっても、さほど長引かないでケリがつくので、どんどんコートに入ることができる。

 3時間ほどダブルスを楽しんだ結果はというと、3-1、2-3(1-3)、3-2(3-1)、3-1、3-1、3-0、3-1、3-0、0-3、3-1、3-1で、9勝2敗。
 例によって例の如く、疲れてきてからつまらないミスが増えていたけれど、いい感じで攻めるテニスができていたと思う。
 やっぱり、すぐに足がしんどくなってしまったのだけれど、少しずつ体力は戻ってきている感じ。

▼ネットで注文した古本が届く。
『予期せぬ結末1 ミッドナイト・ブルー』ジョン・コリア(扶桑社ミステリー/初版)298円
『予期せぬ結末3 ハリウッドの恐怖』ロバート・ブロック(扶桑社ミステリー/初版)398円
『不死鳥の剣』R・E・ハワード他(河出文庫/初版)498円
『黒の碑』ロバート・E・ハワード(創元推理文庫/重版)198円
『新訂版コナン全集4 黒河を越えて』ロバート・E・ハワード(創元推理文庫/初版)748円

 最初はロバート・E・ハワードの「新訂版コナン全集」が欲しかっただけなのだけれど、1500円を超えると送料がタダになるというので、あれもこれもと追加しているうちに、こんなことになってしまった。
 「新訂版コナン全集」は5巻も手元にあるので、あと3巻と6巻で揃うことになる。あまり間が空くと、読む気が失せてしまいそうなので、なるべく早いタイミングで手に入れたいものである。

▼いままで自分の部屋にブルーレイレコーダーがなかった。別になくてもたいして困らないのだけれど、それまで使っていたDVDプレイヤーが地デジに対応していないため、番組の録画がとれないのに困っていた。居間にあるブルーレイレコーダーで録画しても、テレビの空いていることがほとんどなく、録画をとるばかりで観ることができないでいたからだ。

 そこに、近所の地元系家電量販店から、開店2周年記念の案内が届いて、500GBのHDDのついたブルーレイレコーダーが29800円だというので、発作的に買いに行ってしまう。台数限定とはいえ100台とあるので、売り切れていることはあるまいと高をくくっていた。
 ところが、売り切れていたのである。うーむ、ちょっと甘く見すぎていたか。ところが店員がそのワンランク上の39800円の機種を本部に交渉して34800円に下げてくれた。しかも、家に届いたクーポン券を使うと、さらに10%引きになるのだという。31320円。それだったら、当初の予定とさほど変わらないぞ。よし、買った!
 ま、そこにメーカー保証とは別に店舗での5年保証をつけて、接続用のHDMIケーブルを買って、消費税がのると、37000円を超えてしまうのだけれど。

 さっそく家に帰って設置する。置く場所がなかったので、DVDプレイヤーの上に積み重ねてしまう。本当は、あまりやっちゃいけないことなんだけどね。
 そしたら、テレビの画質がむちゃくちゃよくなりました。プレイヤーに内臓されているブースターを経由するためか、ふつうにテレビを観るだけでも、画質がぜんぜん違ってしまう。

 これで、自分の部屋でも録画した番組が観られるようになった。問題は、観ている時間があるだろうかってことなんだけどね。
 ちなみに、機種はTOSHIBAのREGZA(DBR-W507)というもの。


2017.2.25(土)

▼すっかり体力が衰えている。駅の階段を昇ったり、横断歩道を走ったりするだけで、あっさり息があがってしまう。
 だというのに、コートを確保した友人が「シングルスをやりませんか」と声をかけてきてくれたので、ついついOKの返事を出してしまっていた。

 参加者は友人のN濱さんと、N濱さんが連れてきたI川さんという方(僕は覚えていなかったのだけれど、某草トーナメントで対戦したことがあるらしい)。
 4ゲームオールのセミアドルールということで、まずは僕とN濱さんの対戦。
 なんとなくという感じで2ゲーム連取したところで、まぶしいサイドからのサーブがボロボロで調子を崩して2ゲーム続けて落として2-2の引き分け。
 病み上がりで、しかも久しぶりのシングルスだったのだけれど、それほど悪くはないぞ。

 1回休んでから、N濱さんと2-2で引き分けたI川さんと対戦。
 特に自分のテニスがそんなによかったわけではないのだけれど、I川さんの攻撃が片端からジャストアウトしてくれたおかげで4-0で勝ち。

 このあたりで、すでに足がヘロヘロになってきていて、ちょっと走らされると簡単にフォームが乱れるようになってしまう。
 そんな状態でN濱さんと対戦すると、僕のファーストサーブが片端からエースを奪うものの、自信を持って打ち込んだフォアストロークがなぜかことごとく微妙にタイミングがあわずに短いヘロヘロボールばっかりになってしまう。自分が思い描いているよりスイングスピードが落ちているのか、あるいは単にフォームが崩れているせいなのか、あたりそこないみたいなボールが多くなって、ぜんぜんボールにスピードが乗っていかなくなってしまう。それを打ち込まれて失点する場面が連続して、結局またしても2-2の引き分け。

 1回休んでI川さんと対戦。
 引き続きいい感じでフラットサーブが決まって3-1で勝ち。

 だけど、最後のN濱さんとの対戦は、最後の1本勝負を落として1-3で負け。
 疲れてくると、やはりミスが増えてきてしまうのと、リターンが短くなって相手にチャンスを与えてしまう場面が増えてきてしまう。
 今回は病み上がりということもあるけれど、やっぱり体力の尽きるのが早すぎるなあ。

 でも、久しぶりのシングルスは楽しかった。もう少し、シングルスの練習がしたいぞ。

▼テニスの帰りに、通り道にあるブックオフに寄る。

『剣客商売2 辻斬り』池波正太郎(新潮文庫)108円
『剣客商売3 陽炎の男』池波正太郎(新潮文庫)108円
『剣客商売4 天魔』池波正太郎(新潮文庫)108円
『剣客商売5 白い鬼』池波正太郎(新潮文庫)108円
『マージナル(1)』萩尾望都(小学館)108円
『マージナル(2)』萩尾望都(小学館)108円
『マージナル(3)』萩尾望都(小学館)108円
『マージナル(4)』萩尾望都(小学館)108円
『マージナル(5)』萩尾望都(小学館)108円

 よし、これで読む本に困ったら「剣客商売」を読めばいいわけだ。


2017.2.23(木)

ロバート・E・ハワード『新訂版コナン全集2 魔女誕生』創元推理文庫を読了。
 いやはや、ロバート・E・ハワードの「コナン」て、こんなに面白かったっけ? 中学生の頃、夢中になってハヤカワSF文庫とか創元推理文庫を読んでいる時に手を出しているはずなのだけれど、それほどのめりこむことなく、途中でほったらかした記憶しかなかったのだけれど、いま読んでみるとむちゃくちゃ面白いではないか。
 これはもう、全巻読破するしかないと思っているのだけれど、残念ながらすでに絶版品切れで、プレミア価格がついてしまっているようなのである。うーん、3巻以降もなんとか手に入れなければ。
 いままではたまにブックオフなどで見かけてもスルーしてきたのだけれど、これからはちゃんと買うぞ。
 しかしそうなると、むかし出ていたコナンも、もしかしたらいま読むと面白いのかどうかってことだよなあ。我が家に揃っているのだろうか?

魔女誕生 新訂版コナン全集2 (創元推理文庫)

▼リハビリのために、中級者クラスでテニスの振り替えレッスンを受けようと思って電話をすると、中級者クラスはすでに7名もいるのだという。そんなところに振り替えで入ったら、申し訳ないよなあ…と躊躇していたら、「上級者クラスなら人数少ないよ」と言われてしまう。「そんなこと言ったって、乱暴者ばかりが揃っているんでしょう?」「そんなことないわよ」などという会話をかわしたあげく、結局言いくるめられて上級者クラスで振り替えレッスンを受けることになってしまう。そんなん、ぜんぜんリハビリにならないじゃん。

 案の定、途中でへたばってしまう。だめじゃん。


2017.2.22(水)

▼まだちょっとしんどいので、テニスのレッスンはお休みする。


2017.2.21(火)

▼長い長い夢を見て目が醒める。最近、やたらと夢を見ているような気がする。

▼万全とは言い難いにしても、体調はかなりよくなってきた。胃の方ももう普通に食事をしても大丈夫そうだ。
 それでも、やはり通勤電車はかんりしんどい。おかげで、本を持って乗っても、ぜんぜん読むことができない。


2017.2.20(月)

▼朝、体重を量ると67.2キロ。おおっ、もう少しで学生時代の体重だぞ。

▼朝の満員電車に耐えられる自信がなかったので、出社時間を遅らせて家を出る。やはり、体がフラフラして、立っているのもしんどい。それでも、胃の方はもうほとんど違和感はないので、あとは体力の回復という問題だけなのだろう。

▼出社するなり、膨大な量のメールが届いていて、それに目を通しているとやらなければいけないことがどんどん増えていき、収拾がつかなくなりそうになる。
 まずはやらなければいけないことをリスト化して、それを片端からつぶしていくが、ぜんぜん終わりが見えず、気が遠くなる。結局、昼休みもとらずにひたすら作業を続けて、ようやく今日やるべきことがすべて終わったのが夜の10時。うーん、病み上がりだというのに、ほんの一瞬の休みもとらずに12時間半も働き続けてしまったぞ。


2017.2.19(日)

▼朝起きて、だいぶよくはなってきているのだけれど、それでもまだ胃がシクシクするし、ちょっとでも動くと息切れがしてしまう。
 明日から出社できるのだろうか?

▼体重計に乗ると67.7キロ。1ヶ月前に比べると5キロは減っている。というか、3日前に比べて2キロは減っているな。

東直己『待っていた女・渇き』ハルキ文庫を読了。
 私立探偵畝原を主人公とするシリーズの1冊目。シリーズ1作目となる短編「待っていた女」と、長編第1作目となる「渇き」を収録。
 主人公の畝原は、幼い娘と2人暮らしという設定。それゆえ、おのれの生き様を貫こうとしても、そのことによって娘に危険が及ばないかどうかということを常に考えなければならない。この設定が、非常にリアリティがあって共感できてしまう。
 ここで余計なことをして、家族に危険が及ぶのではと思うと、誰しも一歩踏み出すことを躊躇してしまう。ところが、ハードボイルドの主人公というものは、得てしてそこに考えの及ばない者が多かったりする。あるいは、そもそもそういう弱みを持たない主人公が多い。だけど、一般の生活者は、そういう弱みを背負って生きているのだ。この畝原シリーズは、そこのところで僕のような人間が共感しやすい人物として登場してくるのだ。
 だが、描かれている事件はグロテスクだ。見過ごすことのできない卑劣な世界だ。畝原は、娘の安全を確保しながら、事件に挑んでいかなければならない。
 うーん、うまいな。ラストの展開はちょっとオーソドックスすぎるものの、泣きそうになってしまう。

待っていた女・渇き (ハルキ文庫)

▼フィリピン映画『Ang huling henya (2013)』を観る。

 ミリ(ルーファ・メイ・キント/Rufa Mae Quinto)は、エージェンシーと呼ばれる国際的な組織の優秀なエージェントであったが、自分のミスから長年のパートナーが命を落とし、そのためにマニラに戻される。
 だが、そこで彼女を待ち受けていたのは、幼い頃に両親が命を落とすことになった事件の真相であった!

 と、あたかも分かったかのようなストーリー紹介を書いているが、実は細かい部分はぜんぜん分からなかった。
 ミリの両親もエージェンシーの一員として活動していたのであるが、敵対する組織の攻撃を受けて乗っていた車ごと爆破されてしまう。
 ところが、この両親は実は生き延びていて、全身に大やけどを負った父の方は昏睡状態に陥ったまま、特殊なカプセルの中でしか生きられない状態となっている。科学者でもある母は、夫を救うために配下の者に命じて人を攫わせてくるのだが、充分に適合しないドナー(かなり高い知能指数の持ち主でなければ役に立たないらしい)では夫の命を維持するのが精一杯で回復させることはできない。そして、ドナーに使われた人間はゾンビとなって閉じ込められているのだった。
 というような設定らしいのだけれど、その母親の率いている組織がなんだかよく分からないし、もともと所属していたエージェンシーとの関係もよく分からない。分からないことだらけのところに、やたらと思わせぶりなキャラクターが絡んできて、どんどん訳がわからなくなっていく。
 そして、その組織にミリの弟(エドガー・アラン・グズマン/Edgar Allan Guzman)がドナーとして誘拐され、それを救うためにミリが乗り込んでいくのだが、息子がドナーとして連れてこられたことを知った母も息子を救おうとする。ところが、組織の黒幕?から送られてきた勢力によって組織のメンバーは皆殺しにされ、夫も息子も別の場所に移された後であった。
 というようなストーリーなのかなあ。

 監督は『浄化槽の貴婦人(Ang babae sa septic tank)』のマーロン・リベラ(Marlon Rivera)。才能のある監督だと思っていたんだけどなあ。
 ビジュアル的には、すげえかっこいいSFホラーアクションをめざしてますといった雰囲気があからさまなのだけれど、その実はどうしようもないトホホ映画なのだった。
 なにしろ、最大の見せ場が敵味方含めた登場人物のすべてが、眠っているゾンビに囲まれた一室に揃ってしまうという場面で、誰かが声を張り上げるたびにゾンビが目覚めそうになり、あわててみんなで「シーッ、シーッ」と相手を抑えるというやりとりが繰り返されるのである。なんというか、このギャグとそれ以外の場面のバランスがきわめて悪い。緊張感を盛り上げるべき場面にギャグを持ち込んでしまうので、まったくもってすべてが台無しなのだ。

 主演は巨乳がセールスポイントのルーファ・メイ・キント。本作でも、やたらと胸を強調するような服を着て、ボヨンボヨンと胸を揺らしながらアクションをこなしているのだけれど、いまいちアクション映画の主役としては弱い。
 また、リッチ・チャン(Ricci Chan)が金髪のマッドドクターとして怪演を披露してくれていて、彼だけはなんだかとても楽しそうだ。



2017.2.18(土)

▼さすがに今日あたりはだいぶよくなっているだろうと期待していたのだけれど、いまだ症状は変わらず。熱は下がっているのだけれど、どうしようもなくしんどくって、胃がシクシクと辛い。予想以上に長引いている。

▼会社のメールをチェックして、来週の作業に必要なデータがクライアントから届いていたので、さっそくダウンドーロしてきてデータの加工にとりかかる。自作のプログラムが我が家ではうまくうごかないので、本格的な作業は無理だが、とりあえず準備だけでもしておかないと、週明けの作業がパンクしてしまうのだ。

 午前中いっぱい作業をして、体力が尽きる。

橘外男『私は呪われている』戎光祥出版ミステリ珍本全集を読了。
 買ったはいいけれど、あまりの分厚さに持ち歩くこともできず、なかなか読めずにいたのだけれど、病気で寝込んだおかげでようやく読むことができた。
 いやあ、すごい。橘外男って、やっぱりすごいわ。
 表題作の「私は呪われている」は、不思議な事件の謎を探るうちに過去の因縁話に行き着き、その因縁話が延々と続くという、まったくもってバランスの崩れた小説なのだけれど、最初の不思議な事件のことなぞすっかり忘れて過去の因縁話にのめりこんで読んでしまう。とんでもないリーダビリティを持った作品で、ぐいぐいと読まされてしまう。著者の豪腕だけで強引に読者を引きずり回し、読む者を橘ワールドに引きずり込んで離そうとしないのだ。そして、とんでもない終わり方に呆然とさせられる。いやあ、普通の作家ならこんな終わらせ方、許されないぞ。
 そして、「双面の舞姫」はというと、少女雑誌に連載された長編ミステリなのだけれど、実は『青白き裸女群像』を少女向けに書き直したものなのだという。『青白き裸女群像』と言えば、僕はそれを日本を舞台に書き直した『地底の美肉』を読んでいて、その描写のあまりのえげつなさに怖気を振るったものだ。それをいくら少女向けに書き直したとはいえ、少女雑誌に連載させるか? で、実際、こんなもんを幼少期に読んだら絶対にトラウマになっちゃうぞという作品でありました。うーん、橘外男、やっぱりすごいわ。

私は呪われている (ミステリ珍本全集06)


2017.2.17(金)

▼朝になっても症状はいっこうによくならず。
 会社は当然休みだけれど、手を付けなければいけない作業に必要なデータを送ってもらう。

 時々襲いかかる腹痛にうずくまりながら、データを1本仕上げてメールで納品。
 さらにもう1本、集計作業をまとめてメールで納品。
 本当は今日中に会社で終えておきたかった作業にも手をつけるが、我が家のExcelのバージョンが新しすぎて、会社で自作したプログラムがうまく動かない。おいおい、これってExcelの仕様変更の際のバグじゃねえの。仕方がないので、できるところまで作業を進めておく。本当は、これを今週中に終えておかないと、来週の作業に負担がかかってくるのだけれど。

▼この2日間、ほとんどまともに物を食べていないのだけれど、夕飯にようやくお粥を食べる。
 食べたあと、しばらくすると胃がシクシクしだすが、さいわいうずくまるほどの痛みは来なかった。
 ちなみに、これだけ食べていないのだからよっぽど体重が落ちているだろうと思ったら、ぜんぜん減っていなかった。しばらく前に腰痛用サポーターを巻いた時に、自分のあまりな下腹部ぽっこりぶりに衝撃を受けて間食を控えるようにしてあっさり2~3キロほど落としたのだけれど、そこからまるっきり体重は変わっていなかった。やっぱり、動かないで寝ているだけだと、いくら食べていなくても体重って減らないんだね。

ジェイムズ・マンロー『国際殺人局K ナンバーのない男』ハヤカワノヴェルスを読了。
 不毛の企画「いまどき誰も読まない翻訳小説を読む」の第5弾。タイトルで検索をすると、映画のレビューは見つかるものの、原作小説に関するレビューはまったく見つからないので、まさにいまどき誰も読んでいない翻訳小説なのであろう。

 シベリアの収容所から脱獄したユダヤ人科学者を、他国の諜報局に先駆けて見つけ出し英国に連れ込むべく派遣された“デパートメントK”の凄腕スパイ、ジョン・クレイグ。その前に立ちふさがるCIA、ソビエトのスパイたち。それどころか、英国の“デパートメントK”すら信用することができない。そんな四面楚歌の状況での、主人公の活躍を描くスパイアクション小説。
 なんというか、絵に描いたようなスパイ小説という印象を受ける。風光明媚な世界中の観光地を移動し、それぞれの土地の描写も濃厚で、いかにも映画の007の世界を思わせる。また、登場する人物も敵味方あわせて個性豊かなのはいいのだけれど、色とりどり揃えてみましたという感じがしてしまう。もちろん、お約束のお色気シーンもちゃんと用意されている。なんだか、スパイ映画のエッセンスをすべて盛り込んでみましたみたいな作品で、いっちゃなんだが個性が感じられない。
 しかも、いまいちメリハリがなく、もうひとつ盛り上がらないのだ。
 けっこうなボリュームのある小説なので、途中で放り出そうかという誘惑と戦いながら最後のページまでなんとか辿り着いたというのが正直なところ。不毛の企画「いまどき誰も読まない翻訳小説を読む」の一冊にふさわしい作品と言えようか。

ナンバーのない男―国際殺人局K (1973年) (ハヤカワ・ノヴェルズ)


2017.2.16(木)

▼熱は下がったものの、しんどくってしんどくって、とりあえず午前中は休んで昼からの出社とする。本当は休みたかったのだけれど、どうにも休めない仕事があれこれあるのだ。

▼死にそうな気分で会社まで辿り着くと、仕事を頼んだ人間が休んでいる。頼んだ仕事はやってない。そういうヤツだと分かってはいたけれど、さすがに腹が立つ。
 取引先からあれこれメールが入っていて、しゃかりきにそれをこなす。
 コピー機まで歩くのもやっとで、プリントアウトを待つ間もコピー機の前にうずくまる始末。
 だというのに、経理の女性がタイムカードの処理がおかしいとクレームをつけて、打ち合わせスペースに呼びつけてくる。その打ち合わせスペースまで行くのもしんどくてならないというのに。ま、死にそうになって出社したこっちを見て「よかったね」と声をかけてくるような女性である。「会社に出てこられるほど回復してよかったね」という意味だろうけれど、「よかったね」と言えるほど回復しているかどうかぐらい、見れば分かりそうなものだが、そういう空気を読む能力の欠如した人物なのだ。こっちがどれだけしんどいかということには、まるで興味がなく、自分の主張だけつきつけてくる。勘弁してくれ。

 おそらく明日は出社できないだろうと思うので、ひたすらやるべき作業をこなすと、夕方あたりからまた耐え難い寒気に襲われてくる。時々、胃のあたりに耐え難い差し込みがあり、かなりやばい雰囲気だ。

▼息も絶え絶えになって帰宅すると、様子を見た嫁さんが近所の救急病院に電話をして、有無を言わせずに病院に連れ込まれる。
 相変わらずの微熱であるが、かなり腹部に膨満感があり、しんどくってたまらず、時々耐え難い腹痛に襲われる。
 診察を受け、血液検査をして、レントゲン写真を撮り、点滴を受ける。
 点滴を受けている間に出た検査結果では特に異常はなく、風邪もしくはストレスが胃を荒らしたのだろうとのこと。年末からずっと仕事が忙しく、その過労もピークに達していたせいもあるのだろう。
 とりあえず、胃液の分泌を強く抑えるという薬を出してもらい、帰宅。

誉田哲也『増山超能力師事務所』文春文庫を読了。
 まあ、スラスラ読めはするけれど、それだけかなあ。

増山超能力師事務所 (文春文庫)


2017.2.15(水)

▼朝起きて熱をはかると37.2度。インフルエンザにしては、熱が低い。しかし、体温のわりに体のしんどさが普通じゃない。とりあえず近所の病院に駆け込む。
 一番の心配はインフルエンザだったのだけれど、インフルエンザ検査の結果は陰性ということでホッとする。だけど、それじゃあこのしんどさはなんなんだ?
 でも、医者はインフルエンザの検査をした以外はなんの診断もせず、こちらの症状を聞いて、解熱剤を処方してくれてそれでおしまい。最近、症状を聞くだけでなんの診察もしない医者が増えているような気がするのだけれど、それでいいのか? こっちはとっても不安だぞ。

▼あまりにもしんどいので会社は休むことにして、仕事のスケジュール管理をしているファイルを送ってもらい、それをチェックして取引先にメールを何本か入れる。今日中でしなければいけない作業はシンプルなものだったので、電話して会社の他の人間に頼む。

ディック・フランシス『帰還』ハヤカワ文庫HMを読了。
 全作読破を目指して、着々と消化中のディック・フランシスの競馬シリーズ。相変わらずの安定感である。
 ただし、本作の場合は、主人公があくまでも第三者であるというところがちょっと物足りない。主人公の職業は外交官で、たまたま任務地で知り合ったばかりの人間がトラブルに巻き込まれ、イギリスに帰国する際にそれにつきそっていただけなのである。しかも、本筋の事件はそのトラブルではなく、そのつきそった人間の娘が結婚することになっている獣医が巻き込まれた事件なので、まったくもって無関係としか言い様がない。その無関係の人間がなぜか居座って事件に首を突っ込むという不自然きわまりない設定なので、いささか説得力に欠けてしまう。
 そういう立場の人間であるのだから、途中で犯人に付け狙われてボコボコにされるというような展開にもならず、当然ながらボコボコにされたところから立ち上がるというような流れにもならない。主人公はやはり渦中の人物でなくっちゃね。
 それと、「えっ、そこでその女性と関係を持っちゃうの?」という展開もあって、そこにもまた違和感があった。

帰還 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


2017.2.14(火)

▼残業を終えて会社を出たところで、耐え難い寒気に襲われた。確かにひどく寒い夜だったけれど、それだけじゃあない耐え難い寒気で、電車に乗っているうちにどんどんしんどくなってくる。
 家に電話して駅まで迎えに来てもらおうかと思ったが、そういう日に限って携帯を忘れてきたりするのだよなあ。
 ヘロヘロになりながらなんとか帰宅するが、そのままぐったりと動けなくなってしまう。
 熱をはかると37.8度。熱があることはあるけれど、それほど高いわけじゃあない。それなのに、どうにもしんどくって、動くことができなかった。
 いちばんの心配はインフルエンザなので、翌朝いちばんで近所の病院に行くことにして、マスクをしたままさっさと布団に入る。


2017.2.12(日)

▼今日は息子の引っ越しの手伝いに行く。
 転職をして長野県諏訪市から茨城県守谷市に引っ越してきたばかりだというのに、もう引っ越しだ。今度の引っ越し先は、いまの守谷市のすぐ隣の取手市。

 引っ越しの手伝いとはいえ、こっちは息子夫婦が忙しそうにしている間、嫁さんと2人で孫の相手をしていればいいと思っていた。
 実際、むこうについてしばらくは孫と遊ぶことができた。
 ところが、実際に荷物を運ぶ段になると、むちゃくちゃこき使われた。
 孫の相手はお嫁さんのご両親とうちの嫁さんが担当で、こっちはひたすら車の運転と荷物の積み卸しの繰り返しだ。
 息子の前の家と新しい家とは、車で15分ぐらいの距離なのだけれど、その間を6往復ぐらいして荷物を運ばされた。前の家は2階にあったので、その階段を荷物を抱えて何往復したことか。
 もちろん、孫と遊ぶ時間なんかろくにありゃしない。
 くそおっ、何しに行ったと思ってるんだよ(あ、引っ越しの手伝いか)。

 ところで今日、ちょっといい話があった。
 息子夫婦の友人が2人、男の子と女の子が手伝いに来てくれていた。実はその女の子、以前何人かで集まった時にその場にいた男の子に一目惚れしてしまい、また会いたいと息子夫婦に頼み込んでいたのだそうだ。それで、2人が会う機会を作るために引っ越しの手伝いをこの2人に頼み、男の子に女の子のピックアップを頼んだのである。そして、息子の家に来る前に女の子が告白をして、2人が付き合うことになったとのこと。
 女の子は可愛い子だし、男の子の方はとっても性格のいい子なので、実にめでたい。
 新居での生活をスタートするにあたっての、素敵なエピソードとなったのでした。


2017.2.11(土)

▼とうとう59歳となる。60歳まであと365日だ。

▼テニススクールのお楽しみテニス大会に参加。
 今日のペアは1月にもペアを組んだKS野さん(♀)。前回は遠近両用メガネで勝ちきれなかったので、今日は新しいメガネで汚名挽回をはかる。
 結果、6勝1敗の好成績で終えることができた。1敗の相手は、T須&Y根の男ダブペア。男ダブが相手だから仕方がないとはいえ、かつてペアを組んでいたT須さんは、僕のテニスを知り尽くしていて本当に勝たせてくれないんだよなあ。

池波正太郎『剣客商売(1)』新潮文庫を読了。
 「鬼平犯科帳」を読み終えてしまったので、今度は「剣客商売」にとりかかったところ、「鬼平犯科帳」よりも自分の好みに合うことを知り、これからがとても楽しみ。
 ひょうひょうと生きる年老いた父・小兵衛と、生真面目な息子・大治郎という組み合わせもいいし、小兵衛の若い妻のおはる、女武芸者の三冬といったキャラクターもいい。
 ところが、巻末の常盤新平の解説で、今後の展開を2点ばらしているのにはガックリ。誰もが知っている展開と思ったかもしれないが、こっちはまるっきり内容を知らないで読んでいるのだから、ばらしてほしくなかったなあ。

剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)


2017.2.9(木)

アーシュラ・K・ル・グィン『ふたり物語』集英社文庫を読了。
 『闇の左手』『ゲド戦記』などで知られる女流SF作家の書いた青春小説。集英社文庫コバルトシリーズというティーンズ向けのレーベルで出された翻訳小説なので読みにくいことはないだろうと思って読み出したところ、読みにくいどころか異様にすらすらと読めてしまう。なにしろ、ワンフレーズごとに改行するような小説なのだ。
 主人公は頭がよすぎて孤立している17歳の少年。その主人公が、音楽の道を志す18歳の少女と出会い、生まれて初めて初めて人と心を開いてつきあうという体験をし、それを通じて成長するという物語。きわめてシンプルでストレートな小説。ル・グィンの小説であるからには、もっとひねりがあるのだろうと思っていると、まったくなし。
 だけど、孤独な少年がずっと育ててきたソーンという架空の国の物語をふたりが共有するようになるというエピソードは、いかにも『ゲド戦記』の作者らしいと言えるかも知れない。
 当初、不毛の不定期企画「いまどき誰も読まない翻訳小説を読む」の第5弾として読み始めたのだけれど、あかね書房から『どこからも彼方にある国』として再刊されているらしいので、いまどき誰も読まない翻訳小説ではなかったらしい。



2017.2.8(水)

須賀しのぶ『雲は湧き、光あふれて』集英社オレンジ文庫を読了。
 須賀しのぶは嫁さんが昔から読んでいて気になってはいたのだけれど、実際に読むのはこれが初めて。
 結果からいうと、ものすごくよかった。予想をはるかに越えてよかった。
 高校野球を題材にした中編集で、表題作の他「ピンチランナー」「甲子園への道」を収録している。
 どれもとてもよい。とりわけ戦時中の高校野球に題材をとった表題作がよくって、ラストでは泣かされてしまった。なに、この余韻。うますぎるでしょ。
 2冊目も出ているので、これは大急ぎで買ってきて読まなければ。そして、嫁さんから他の作品も借りて読まなければ。いやあ、まいりました。

雲は湧き、光あふれて (集英社オレンジ文庫)


2017.2.7(火)

東直己『探偵は吹雪の果てに』ハヤカワ文庫JAを読了。
 純子。死んだと思っていた昔の恋人。その純子が「俺」の前に現れ、1通の手紙を託される。斗己誕という町に住む男に渡してくれと。
 「俺」は、理由も聞かず、その手紙を届けに行く。だが、そこで訳も分からないままに予想だにしなかったトラブルに巻き込まれ、絶体絶命の窮地に追い込まれてしまうのだった。

 というわけで、ススキノ探偵がススキノを離れた土地で孤軍奮闘する物語である。いつもの脇役たちは、電話などでは出てくるものの、誰も「俺」を助けるために駆けつけることのできない土地だ(もっとも、それでも助けられはするのだけれど)。
 主人公の「俺」はいつの間にか45歳になっているのだけれど、やってることはほとんど変わりなし。ただし、子持ちとなった後に離婚を経験し、現在はだいぶデブになっているという設定。
 笑ってしまうのが、斗己誕という田舎町に行くなり、まったくコミュニケーションがとれなくなるという描写。不毛なやりとりが延々と続いたりして、そのあまりの不毛さかげんに思わず笑ってしまう。北海道の田舎町って、本当にこんな所なんだろうか?

探偵は吹雪の果てに (ハヤカワ文庫 JA)


2017.2.5(日)

▼さいたま市選手権大会男子ダブルスベテラン55歳の部に出場。
 先週はシングルスに出場してボコボコにされた大会。なにしろ、春と秋の大会でベスト16に入れた選手のみが出場できる大会なので、出てくる選手の顔ぶれが非常に濃い。なにしろ、僕あたりでもよく名前を知っている選手が勢揃いしているのだ。

 ちなみに、今回エントリーしてきているのは9ペア。ということは、初戦があるのは2ペアのみで、あとのペアは2回戦から。僕らもさいわい2回戦からとなって、この時点ですでに市のベスト8だ。とりあえず、人に聞かれたらすっごく悔しそうな顔をして「ベスト8でした」と言うことができる。嘘はついてないぞ。

 ペアは例によって例の如くのニンジャさん。
 このニンジャさん、非常に動きが変わっていて、余人には理解のできない動き方をする。会場でバッタリ遭遇したマッハさんから「この初戦の相手は強いけど、ニンジャさんの予想のつかない動きで攪乱したら、なんとかなるかもしれませんね」と笑いながら言われるほど、イレギュラーな動きをする人なのだ。

 自分の試合が始まる前に、45歳の部のT須さん&バレーボーラーT橋さんの試合が始まる。
 僕は相手選手の幼い息子さんを相手にバカ話をしながら観戦していたのだけれど、なんと試合が終わってみるとフェンスの向こう側にビデオカメラが! えっ、撮影してたの?!
 
「お前の父ちゃん、いま失敗しちゃったぞ!」
「ダメだなあ」
「そうだよな。ダメだよなあ」
 というような会話がしっかり録音されてしまった模様(笑)
 試合が終わった相手のお父さんに「すみません。録画しているとは知らず、お笑い実況中継の音声が入っちゃってます」と謝る。
「けっこう聞こえてました(笑) 子どもの相手をしてくれてありがとうございます」
 うーん、あとで再生したときのことを想像すると、むちゃくちゃ恥ずかしいぞ。

 で、自分たちの試合がスタート。
 相手は昨年のこの大会で3位入賞している強豪(過去に優勝したこともあるらしい)。ペアのニンジャさんは、事前にそのことを知ってしまうと、絶対に肩に力が入りすぎてミスを連発するのは目に見えていたので黙っていたのだけれど、マッハさんがばらしてしまい、すでに肩に力が入っている。

 まずは自分サーブからで、サーブの時だけルキシロン4Gのガットを張った方のラケットを使用。昨日のスクールのお楽しみテニス大会で、このガットでのサーブがむちゃくちゃよかったのだ。
 ニンジャさんには、僕がサーブを打つときには「後ろでスタートしないで、ネット前で構えて相手にプレッシャーをかけて」とリクエストを出しておく。信じられないかもしれないけれど、ニンジャさんは相棒がサーブを打つとき、ダブルバックなのだ。そこからサーブと同時にネットにむかってジグザグに走って行くのだけれど、ほとんど意味が分からないし、ストレートを打たれたりすると、まず確実に抜かれてしまう。まあ、そういうプレイが好きなんだから仕方がないと思っていたのだけれど、今日はお願いして前に立ってもらいます。
 残念ながらファーストサーブの入りは悪かったのだけれど、セカンドサーブでエースを2本とってまずはキープ。強いと聞かされてはいたけれど、自分のテニスが通用しない相手ではないぞ。
 続く相手、グレーシャツさんのサーブをブレークできず。いいサーブを打ってくるなあ。
 ニンジャさん、やっぱり肩に力が入りすぎで、リターンできず。
 さらに次のニンジャサーブをダブルフォールトで落としてしまう。
 続く相手、ブルーシャツさんのサーブ。予想外に勢いがなさすぎて最初にリターンミスをしてしまうが、次からは最近マイブームとなっているアングルリターンでポイントを稼ぐ。が、やっぱりニンジャさんの肩に力が入りすぎ。甘いサーブなので攻めようとするのだけれど、バックアウトしたり、グレーシャツさんのボレーにつかまったり。
 でも、この時点でブルーシャツさんの方をターゲットオン! グレーシャツさんは、むちゃくちゃ上手だけれど、ブルーシャツさんの方にはつけいる隙ありと見た。
 その予想通りにブルーシャツさんを相手にポイントを稼ぐものの、なかなかゲームを奪うところまでいかず、結局は2-6で敗退。

 だけど、このところ低迷していた自分が、なかなかいい内容の試合ができたので、けっこう満足度は高かった。なにしろ、アンフォースドエラーがほとんどなかったのだ。もちろん、まったくなかったわけじゃないけど、自滅がこれほど少ない試合って、ほとんど記憶にないくらい、いい内容の試合だった。
 しかも、ここぞというところでアングルに抜いたり、ストレートに抜いたりと、積極的なプレーもしっかりできていた。
 ファーストサーブの入りが悪かったのは反省材料だけれど、反省点はそれぐらいではないかというような充実した内容だった。
 ま、それでも勝てなかったんだけどね。

 というわけで、新春の選手権大会はシングルス、ダブルスともに初戦敗退で終了。でも、まだ1年は始まったばかり。次も頑張るぞ。

▼試合の帰りに通り道にあるブックオフに寄る。

『剣客商売(1)』池波正太郎(新潮文庫)108円
『アオイホノオ(15)』島本和彦(小学館/初版)460円
d『きつねのはなし』森見登美彦(新潮社/重版)200円
d『別冊太陽 香港映画スター』ムック(平凡社)510円

 森見登美彦『きつねのはなし』は調べてみたら7年前に読んだ本だった(涙)
 『別冊太陽 香港映画スター'40s~'90s』はもしかしたら持ってるよなあと思いつつ買ったのだけれど、やっぱり9年前に買っていた。
 こんなんばっかり。


2017.2.4(土)

▼テニススクールのお楽しみテニス大会に参加。
 通常、ペアの決まっていない人はグーチョキパーでペアを決めるのだけれど、支配人が僕の顔を見るなり「あ、よしださんがいるならN迫さんとペアね」と勝手に決められてしまう。むかし、この支配人がコーチをやっているクラスにいた時に、強引にスクールのミックスダブルス大会のペアを組まされた過去があるのだ。
 うーん、今日は明日の市民大会のための調整をしたかったのだけれど、N迫さんと組んだのでは調整を意識したテニスは無理だな。というか、今日は全敗覚悟だな(笑)

 最初のうちは、明日の試合でも使うつもりのプロハリケーンツアーを張っている方のラケットを使っていたのだけれど、途中でふとルキシロン4Gを張っているラケットを使ったら、むちゃくちゃいいサービスが打ててしまったので、すっかり手放せなくなってしまう。今日の参加者の誰よりも速いサービスだということは、まず間違いなし。我ながら、60近いジジイの打つサーブじゃないなと自画自賛してしまう。
 だけど、このルキシロン4Gの方のラケットは、よほど調子のいい時じゃないと思っているような攻撃的なテニスはできないので、やっぱり明日の試合のためにはもう片方のラケットをしっかり使っておくべきだったかな。

 結果は2勝5敗。全敗を覚悟していて2勝できたのだから、まあよしとしましょう。


2017.2.3(金)

宮本輝『長流の畔 流転の海 第八部』新潮社を読了。
 この長大な物語も、いよいよ終わりが近づいてきた。松坂熊吾、妻の房江、息子の伸仁、ずっとつきあってきたこの3人が他人とは思えず、なんとか幸せになってほしいと思いながら読んでいるのだけれど、本書では熊吾の老いと凋落が表面化し、読んでいて切なくなってくる。そして、幸せになってほしい家族は崩壊していくのだけれど、同時に房江の再生も描かれ、そこにかすかながらも希望の光が見えてくる。
 しかし、幼かった伸仁も大学受験が近づき、いつの間にか逞しくなってきている。今回はそれほど表面には出てこないのだけれど、さまざまな体験を通して、逞しくならざるを得なかったのだろう。
 次がとうとう最終巻となる。発行されるのはおそらく2年か3年先だろう。その時には、自分はどうしているだろうか? そんなことも思ってしまう小説なのだ。間違いなく、宮本輝の代表作として読み継がれる作品となるのだろう。終わってほしくはないが、早く読ませてほしい。そういう小説なのだ。

長流の畔: 流転の海 第八部


2017.2.1(水)

▼朝、歯を磨いている時、ちょっと前屈みになった瞬間に腰に激痛が走り、しばし動けなくなる。このまま寝込んでしまうのか?と不安になるが、なんとか最悪の事態だけは回避することができた。
 腰にシップを貼って、サポーターをギュッと巻いて出社。

▼仕事を終えて整骨院にまわり、今日も腰まわりのメンテ。
 施術を終えて帰ろうという時、靴を履こうとしてかがんだ瞬間にまたしても腰に激痛が走り、うめき声がもれてしまう。なんとか、瞬間的な激痛だけで済んだので助かったが、ここで腰痛で動けなくなった場合、どういう扱いになるのだろう? 保険扱いのまま、さらに治療をしてもらえたりするのだろうか?

▼会社では、ひたすらパソコンと格闘を続け、あとからあとから襲いかかる仕事をかたはしからなぎ倒す。そして帰宅すると、あとからあとから送られてくるK市テニス協会の登録申請用紙の処理に追いまくられる。
 ううっ、少しはのんびりしたいぞ。


2017.1.31(火)

▼朝、歯を磨いている最中にピンポーンとドアのチャイムがなって、インターホンで「川口警察です」。
 出てみると、若い男性が警察手帳を提示しながら自己紹介をして、「よろしいでしょうか?」と。
 なんだろうと思ったら、昨夜午前3時頃、「助けてぇ!」という悲鳴を聞かなかったかと聞かれる。
 そういう悲鳴が聞こえたと近所から通報があったらしいのだけれど、被害者に該当する人間が分からず、事件の可能性もあるので調べているとのこと。
 僕も嫁さんもそのような悲鳴は聞いていないし、他の家族の誰も聞いてはいなかった。
 そのように伝えると、手にしたB5サイズの罫なしのレポート用紙に、僕の名前、生年月日、電話番号、同居家族人数を書き留め、その横に×印をつける。他には何も記載されていないので、どうやら我が家がいちばん最初であったらしい。
 その後、その若い刑事が近所をしらみつぶしに聞いてまわったのかどうかは分からないけれど、はっきり断言できるのは「ニセの警察手帳を提示されても、絶対に分からないな」ということ(笑)
 いちおう「へえ、これが本物の警察手帳かあ」と思って覗き込みはしたけれど、そんなにじっくり見せてくれたわけじゃないし、本物を知っているわけでもないしね。
 いずれにしても、近所でなんらかの事件があって、被害者が不明ってのは気持ちが悪い。
 なんでもなければいいのだけれど。


2017.1.30(月)

▼土曜日にシングルスの試合に出たあとから、じんわりと腰が痛くなってきて、予防のために腰にサポーターをギュッと巻き付ける。
 そしたら、そのサポーターの上に、ぽってりと乗っかっている肉の塊があるではありませんか。い、いつの間に、そんなにお腹が成長していたんだあ!!
 ううっ、年末年始で体重を増やした後も、順調に自分が食べ過ぎているなあという自覚はあったんだよ。だけど、ここまでお腹がぽっちゃりしてきていたとは気がつかなかった。
 おそらく、我が人生で現在、もっともお腹がぽっちゃりしております。
 少し反省して食べ過ぎを控えよう。食後のアイスクリームも、毎日はやめよう(^^ゞ

誉田哲也『ドンナビアンカ』新潮文庫を読了。
 死人が出てから事件を解決するのではなく、事前に事件を防ぎたいという思いを抱く女刑事・魚住久江を主人公とするシリーズの第2弾。
 大手外食企業の役員が誘拐された事件と、若い中国人ホステスとさえない中年男性との恋愛模様とが交互に描かれていく。当然、その2つの物語は最後にひとつに収束するわけだが、読み終えてみると事件というほどの事件ではなく、いささか拍子抜けしないでもない。だけど、それにもかかわらず読後感が悪くない。恋愛模様の方が印象に残るからだ。不器用な中年男性と、ホステスとして働きながらも素朴さを失っていない中国人女性との恋愛が、読む者のハートにじんわりと染み込んでくる。ある意味、こういう恋愛というのは誰もが憧れるファンタジーなのだろう。それを刑事物に持ち込んだというところが、誉田哲也のみごとなところというべきか。

ドンナ ビアンカ (新潮文庫)

▼整骨院の営業時間内に仕事を終えられそうになかったので、仕事を抜け出して会社の近くの整骨院へ。いま、仕事がぎっしりと詰まっていて、とてもじゃないけれど腰痛で寝込むわけにはいかないのだ。今週から来週にかけて、1日たりとも休むわけにはいかないのだ。
 なぜか、整骨院に寄った頃には腰の痛みはきっちりおさまっていて、多少ひねられても「痛くなりそうで恐い」という感じはしても、実際にはそれほど痛くはない。おいおい、わざわざ仕事を抜け出してきて、これかよ。
 結局、「股関節が硬すぎます」とか言われて、股関節を緩めるための施術を受け、家でもストレッチをするようにと言い渡される。昨日までは「肩胛骨が固まってます」と言われて肩胛骨を緩めるための施術を受けていて、今日からは股関節も緩めなければならない。けっこう、ゆるゆるの生活をしているわりには、体は固いということなのか?

▼K市テニス協会の新年度の登録作業をやらねばならないのだけれど、毎日仕事が忙しくて、なかなかまとまった時間がとれず、作業が進んでいない。いやはや。


2017.1.29(日)

▼腰は痛いのだけれど、9時から4時間、健康福祉村でテニス。
 スクールではけっこう成功していたフォアからアングルに打ち込むショットが、外だとぜんぜん決まらない。うーむ…。
 この健康福祉村で集まっている仲間は、レベル的には似たり寄ったりなので自分が参加するには手頃ではあるのだけれど、たまにはもっと上のレベルのメンバーが集まるところで、緊張感を持った練習もしなければいけないなという気がしてきた。似たようなレベルのメンバーだと、どうしてもエンジョイテニスになってしまうからだ。試合に勝ちたかったら、もう少し修業をしなければなるまい。

▼午後は近くのイオンへ枕を買いに行く。横向きで寝た時に肩に負担がかかって、朝起きると肩が痛くて仕方がないので、少し高い枕にすれば肩への負担が減るだろうと思ったからだ。
 だけど、いざ高くて硬めの枕を買ってきたら、思っていた以上に高さがあって寝にくいのにガッカリ。


2017.1.28(土)

さいたま市選手権大会男子シングルスベテラン55歳の部に出場。
 この大会、春と秋の大会でベスト16に入れた選手のみが出場できる大会なので、非常に濃い顔ぶれの揃う大会となっている。はっきり言って、出場メンバーの顔ぶれを見ただけで逃げ出したくなるような選手ばかりが揃っているのだ。とりわけ、55歳の部のメンバーは異様に充実していて、なんでこんなメンバーばかりが出てくる大会にエントリーしちゃったかなあと思わず後ろ向きの思考にとらわれてしまう。
 でも、エントリーしちゃったからには仕方がない。少しでも試合を楽しむつもりで会場に向かう。

 初戦の相手は3年ほど前に2つの大会で連続して対戦して、2試合とも2-6で負けている。その後、ほとんどシングルスをやっていない自分には、まず勝ち目のない相手ではある。だけど、それでもエントリーしてきているメンバーの中では、まだましな対戦相手ではある。
 試合開始前にちょっと会話をして、「この55歳の部、顔ぶれが濃すぎますよ」とぼやかれる。僕にしては、あなたもその濃すぎる顔ぶれのひとりなんだけど。

 ルキシロン4Gを張った予備のラケットを手にコートに入る。どうせ勝てない相手なら、攻撃的なテニスのできるこちらのラケットだ。
 ところが、攻撃的なテニスをするつもりなのに、試合になるといまいち吹っ切れないのか、思ったほどガンガン打つことができない。かつては、何も考えずに、ひたすら攻撃だけのテニスができたのになあ。
 それでも、最初のサービスゲームをなんとかものにして1-0。
 ところが、その後はなかなかゲームを奪うことができない。思わずガッツポーズをとってしまうような瞬間もけっこうあったのだけれど、それ以上に自滅失点と、相手の見事な攻撃でのポイントの方がまさっていて、ずるずるとゲームを奪われ続けてしまう。
 1-4となったところで、ラケットをプロハリケーンツアーを張った方に交換。どうせ勝てないのだったら、どちらのガットの方が試合に向いているのかを試してみることにする。
 だけど、どっちがいいのかなんてよくわからないまま、そのまま押し切られて1-6で負け。

 ちなみに、その対戦相手は次の試合で2-6で負けている。ホント、濃いメンバーばかりが揃っているんだから。

▼帰宅してしばらくしてから、腰がじわじわと痛くなってきてしまう。うーん、久しぶりのシングルスで腰にきてしまったかも。
 それでも、嫁さんとの約束があるので、一緒に外出して後楽園の文京シビックホールへ。今日は、義弟の会社が主催するコンサートのチケットを貰っているのである。
 その会社には日本で唯一バグパイプを取り入れいている吹奏楽団があり、その演奏と、さらにはゲストの綾戸智恵さんのジャズを楽しむチャリティコンサート。この会社では、目の不自由な人のためのチャリティコンサートを継続的に開催しているのである。
 ふだんはあまり接することのないバグパイプの演奏も楽しかったし、「漫才師か?」と突っ込みたくなるほどおしゃべりの楽しい綾戸智恵さんの半端ない声量のジャズも楽しかった。

▼コンサートを楽しんだあとは、赤羽に出てふたりでウロウロ。どこかよさげなお店でお酒と食事を楽しもうと思ったのだけれど、ここぞというお店はどこも満席で入れない。いやあ、完全に赤羽、ブームが来ているな。とにかく、人がたくさんだ。
 ようやく入れたのが、ちょっとはずれの方まで歩いてきた「かきべえ 赤羽店」。これが正解で、料理はおいしいし、ビールもワインもおいしくて、しかもお値段もリーズナブル。前回に引き続き、赤羽で適当に入ったお店で当たりを引いてしまった。
 嫁さんとあれこれ他愛もない話をしながら、食べて飲んで、実に幸せを感じてしまう。


2017.1.27(金)

▼なんとか、「今週中にお願いします」という仕事をやっつけて、ようやく一段落…と思ったら、またしても続々と仕事が飛び込んでくる。さすがに完全にキャパシティをオーバーしてしまうので泣く泣く断ることになるのだけれど、同じクライアントの同じ部署からの仕事が重なっているので話が通りやすい。立場が上の人間の仕事が優先ということで納得してもらえるからだ。
 結局、2つの案件をお断りすることになったのだけれど、その2件を断っても、まだこなしきれるのか不安な状況ではある。
 いったい、いつになったら仕事が途切れるのか(ま、途切れたら途切れたで困るんだけどね)。

▼とりあえず今日のうちにやらねばならない仕事はきっちりクリアしたので、少し早めに会社を抜け出して、シネマート新宿でシュウ・ケイ(舒淇)主演の『ロスト・レジェンド 失われた棺の謎』を観る。
 えっ? シュウ・ケイではなくてスー・チーだろうって? これはねえ、ある方の強烈な刷り込みのせいで、僕の中ではいつまでたってもシュウ・ケイなんですよ。
 えっ? 主演はシュウ・ケイではなくてチェン・クン(陳坤)だろうって? はい、実はそうなんですけど、この映画を観に行く目的はあくまでもシュウ・ケイなんで、僕の中ではこの映画の主演はシュウ・ケイなんです。
 で、映画の感想はというと、途中からひたすら派手なアクションがメリハリなく続いて、なんだか退屈してしまったというのが正直なところ。アンジェリーナ・ジョリー主演の『トゥームレイダー』なんかが同じタイプの作品で、あれもすっかり退屈しちゃったんだよなあ。
 派手なアクションがたっぷりあるのはいいんだけど、そこにちゃんとメリハリをつけてくれないとね。
 それにしても、セットとCG合成にどれだけ金をつぎ込んだんだか?
 エンドクレジットが延々と終わらないのには、さすがにまいったぞ。


▼新宿ゴールデン街「深夜プラス1」に寄ってから帰宅。


2017.1.26(木)

チャールズ・ボーモント『予期せぬ結末2 トロイメライ』扶桑社ミステリーを読了。
 その昔、高校生の時に異色作家短編集の『夜の旅その他の旅』を読んで、その名前は強く印象づけられたのだけれど、それっきり他の作品を読むことなく歳月は過ぎ去り、そしていままた本作を読んだわけで、なんとも感慨深い。だけど、『夜の旅その他の旅』を読んだ時ほど強い印象を受けなかったのは、こちらの感受性が鈍っているせいなのだろうか。あるいは、ホラーやSFといったジャンル小説がメインであるためだろうか。はっきり覚えてはいないのだけれど、『夜の旅その他の旅』は、そういったジャンルに落とし込めない作品が多かったような印象を持っている。
 でも、奇妙な味わいの作品が多く、楽しめたことは間違いなし。知らなかったのだけれど、論創社から『残酷な童話』という第一短編集も出ているとのことなので、いずれ読んでみよう。

予期せぬ結末2 トロイメライ (扶桑社ミステリー)


2017.1.25(水)

▼テニスのレッスン。
 今日は、予備のラケットにルキシロン4Gを張ってみたので、その試し打ち。
 友人からこのガットを張っているラケットをちょっと借りて試したらなんとなく良さそうだったし、スクールの若者の評価もやたらとよかったので、けっこう気になっていたのだ。

 なんとなく、テンションはいつもより高めに張った方がいいような気がして(なんの根拠もなし!)、54ポンドで張ってもらう。この季節、通常は50×48ポンドで張っているのだけれど。

 で、さっそく使ってみたところ、まずショートラリーがボロボロ。
 ただでさえショートラリーがヘタクソだというのに、ぜんぜんコントロールができない。
 そして、ボレー練習もボロボロ。
 ただでさえボレーがヘタクソだというのに、死んだボールばかりになってぜんぜんまともに返っていかない。
 この時点での印象は、スイートスポットに当たるとバカみたいに飛んでいくけれど、そうでないとぜんぜん飛んでいかないガットというもの。

 ところが、ラリーになると、勢いのあるボールがガンガン打ててしまうし、ちょっとあたり損ねたようなボールでも思いっきり振り切れば意外としっかりと返っていく。
 つまり、遠慮なくブンブン振り切れば、実にいいガットということなのか。
 しかも、飛びすぎるということもなく、しっかりコートにおさまってくれる。
 おおっ、これはいいガットなのではありませんか。

 サービスもいいぞ。
 最後のゲーム形式の練習では、ファーストサーブ4本だけで1ゲームを奪ってしまい、セカンドサーブを試すことすらできなかったくらいだ。本当はスライスサーブの感触も確認しておきたかったのだけれど、フラットサーブがバッチリ決まって、スライスサーブを試す余地すらなかった。

 たぶん、エネルギーに余裕がある時の自分には、向いているガットなのだろう(疲れてきて振り切れなくなったらダメな気がする)。
 お値段がちょっと高いのと、すでにプロハリケーンツアーをロールで買っているので、すぐに4Gに切り替えるってことはなさそうだけれど、試合前にサブのラケットに張ってみるのにいいかもしれない。

 この週末には、ラスボスだらけのシングルス大会に出場するので、この4Gを使ってみようかと思っている。どうせ勝てる相手ではないので、ブンブン振り回してみるのもいいかもしれない。


2017.1.24(火)

▼年末から忙しかった仕事が一段落するかと思いきや、ぜんぜん途切れる気配がなく、あとからあとから仕事が舞い込んでくる。先週末に「なんとか来週中にお願いします」という仕事を2本ねじこんだかと思うと、昨日になってさらに「なんとか今週中に」という仕事が飛び込んでくる。
 なんで、みんながみんな、同じ週に「なんとかお願い」と言ってくるのだろうか。

夢枕獏『キマイラ(12)曼荼羅変』ソノラマノベルスを読了。
 うーん、前の話がどうなったか覚えていないのだけれど、唐突に学園ドラマに戻ってとまどっている。「あとがき」によると、あと3~4巻で完結するというのだけれど、絶対にそんなことはないと思う。そもそも、この第12巻、話が進んでいるのか? キマイラの謎に迫る話なのか?

キマイラ12 曼陀羅変 (朝日ノベルズ)


2017.1.22(日)

▼息子が家を購入するための契約で大変そうなので「仕方がないから、孫の子守りをしにいってやる」と恩着せがましく申し出て、いそいそと孫と遊ぶために出かけていく。

 孫は、さらにさらに活発に動き回るようになっていて、なんとも恐ろしいことに、テーブルで食事をさせるための椅子によじ登ってその上でバンザイをするのである。そんなものによじ登れるのか? というか、お願いだからやめて。見ていてすっごく怖いんだからね。
 アンパンマンの押し車の上にも立とうとして、なんどもひっくりかえっているらしい。
 1歳3ヶ月って、そんなにすごかったっけか? 自分の子どもがどうだったか、まるっきり記憶にないよ。
 とにかく、まったく目を離せない。

 半日、ひたすら孫と遊び倒す。いつもなら途中でお昼寝タイムになるはずが、いくらでも遊んでもらえるのが嬉しいのか、まるっきり寝ようとせずに遊び続けた。
 会うたびにできることが増えているのが、本当に楽しい。


2017.1.21(土)

▼スキーに行く娘を駅まで送るために、朝の5時に起きる。ううっ、眠いぞ。
 ちなみに、右の肩甲骨を緩めるための体操が効果を出しているのか、今朝は右肩がまるっきり痛くなかった。こんなのは、実に久しぶりだ。こうあからさまに効果があると、体操にも精が出るぞ。

▼そのまま録画してあった『逃げるは恥だが役に立つ』を2話分視聴。
 うーん、ひたすら石田ゆり子が可愛いなあ。
 さて、残りはあと最終回を残すのみ。というか、いまさらこれを観ている人間て、他にいるのか?

▼9時になったところで、今度はボランティア関連の勉強会に出席する嫁さんを駅まで送る。すっかり我が家のアッシーくんだ。

▼先週作ったテニス用のメガネを受け取りに行く。
 これで空振りしようものなら、もうメガネのせいにできないぞ。

▼母親の医療費控除のため、昨年の領収書を預かってExcelに入力する。
 年間の医療費は26万円。やっぱり、けっこうかかっているなあ。

▼午後は新しいメガネをかけてスクールの「お楽しみテニス大会」に参加。
 最初のうちは見えているはずのボールがうまく打てなかったのだけれど、途中から徐々に違和感がなくなり、最後はなんの問題もなくテニスができるようになっていた。やっぱり、遠近両用メガネでは無理だったんだな。


2017.1.20(金)

▼数日前から花粉症の症状が出ているので、朝いちで病院へ行く。
 例年なら花粉症の症状が出るのは2月の第2週ぐらいからなので、いくらなんでも早すぎると思うのだけれど、病院で先生の話を聞くと、今年は気象異常なのかスギが冬眠しなかったので、秋からずっと花粉が飛び続けていたのだとか。そういうことがあるんですか?
 というわけで、しっかりスギ花粉症の季節がスタートとなり、今年もうっとうしい季節となったのでした。

 ちなみに、自分の花粉症の症状はというと、喉がムズムズしてきて咳が止まらなくなるというもので、これがひどくなるとほとんど喋ることができなくなってしまう。喋ろうとすると喉が刺激されて咳が止まらなくなってしまうからだ。そのため、通常なら喘息患者に処方する薬を出してもらっているのだけれど、この薬に出会うことで随分と楽になった。それまでは本当に辛かった。
 僕が花粉症を発症したのは二十歳ぐらいの時で、その当時はまだスギ花粉症などという言葉がいまほど膾炙していなかったため、病院に行っても“急性上気道炎”などと診断され、もらった薬を飲んでもぜんぜん症状は治まらなかった。その後、スギ花粉症なるものがメジャーになって、ようやく自分の症状がこれだと分かったものの、なかなか自分に合った薬に出会えず、春になるたびにゾンビと化していた。
 たまたま今の病院にアレルギーを得意とする先生がいて、積極的にいろいろな薬を試してくれて、ようやくいまの薬に落ちついたのである。
 とはいうものの、いまだに他にもっといい薬があるのではと試行錯誤したがる先生で、今日も「●●という薬を試してみませんか」と提案されたのだけれど、とりあえず今までと同じ薬にしてもらう。

 ついでにコレステロール値を下げる薬も処方してもらい、ひと安心。

▼会社につくなり、花粉症の薬を飲んで、とまらなかった咳がようやく多少はおさまって楽になる。

▼定時になるなり会社を飛び出して西荻窪の古本屋、盛林堂へ。
 しばらく前に頼み事をしてあったので、そのお礼にうかがい、しばし雑談。お願いした件は、無事に終了しつつあるようで、ホッと胸をなで下ろす。
 ついでに、お店の一画に並ぶ喜国雅彦さんのコーナーをチェック(この古本屋さんは、いろいろな人に店の棚を提供して、その人たちの持ち込む古本を売っているのである)。気になる本があったのだけれど、きっちり手の出ない値段がついていて安心する(笑)
 もしかして、異様に安い値付けをしているのではないかと心配していたのだ。もしそうだったら、人に買われたら悔しいですからね。

▼せっかく西荻窪まで出たのだからと、他の古本屋を覗きに行き、にわとり文庫さんで『愛よいずこへ』なる翻訳小説を購入する。こんな本、ぜんぜん知らなかったのだけれど、なんと著者はかつてのベストセラー作家ハロルド・ロビンスだ。ハロルド・ロビンスといっても、最近の人は名前も知らないだろう。かくいう自分も、名前を知っているだけで、読んだことはない。何冊か持ってはいるんだけどね。
 これを機会に読んでみることにしようか。

 さらに、ついでだからと荻窪にも寄って、岩森書店、ささま書店、竹中書店とまわって、岩森書店でジェイムズ・マンロー『国際殺人局K ナンバーのない男』ハヤカワノヴェルスを購入する。
 もしかして「持っているかも?」とは思ったのだけれど、帰宅してチェックするとやっぱり持っている本だった。こういうことを何度繰り返せば気が済むのか。

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖(6)』メディアワークス文庫を読了。
 太宰治の稀覯本をめぐるミステリ。実に面白く読めたのだけれど、読み終えるなりまるっきり中身が思い出せない。大丈夫なのか、オレ?

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)


2017.1.19(木)

▼ようやく時間がとれて、会社の近くの整骨院に行く。
 ずっと肩が痛くて痛くて、とりわけ朝起きた時の肩の痛みが異様で、肩が痛くて目が醒めてしまうくらいひどい状態なのだ。そのくせ、日中はそれほど気にならず、テニスにも影響がないのだけれど。
 たまたま今日は院長先生が担当してくれて、肩甲骨が固まってまったく動かなくなっているのが原因であると指摘される。特に右肩がひどいとのこと。
 例えば、左手を腰の方から背中にまわして、右手を肩から後ろにまわすと、かろうじて両手の指先が背中で触れあうことができる。ところが、右手を腰の方から背中にまわしたのでは、両手の指先が背中で届くどころの話ではない。まるっきり右手が上にあがっていないのだ。
 さっそく肩甲骨を緩めるための体操の仕方を教わり、「これができるようになれば、もっといいサービスが打てるようになりますよ」と言われる。
 いいサービスが打てるようになるかどうかは別にして、朝起きた時の肩の痛みがやわらげば、それだけでもとても助かる。


2017.1.18(水)

▼目を酷使しすぎているのか、仕事中に右目がピクピクと痙攣をはじめて非常にわずらわしい。

▼テニススクールのレッスン。新しいメガネがまだできてこないので、相変わらず遠近両用メガネを使っているのだけれど、短いボール、低い弾道のボールに対応できない。
 それでも、このところかなり意識的に打っている、フォアからアングルを狙ったショットが何発も決まってすこぶる気持ちがいい。
 フラットサーブの抑えがきかずにすっ飛んでいってしまうボールが多かったのだけれど、打つ瞬間にスナップを効かせることを意識したら随分と違ってきた。手首の筋肉が劣化してきて、前のようなサービスが打てなくなってきているのかもしれない。


2017.1.17(火)

ピエール・ルメートル『悲しみのイレーヌ』文春文庫を読了。
 いやあ、びっくりした。ネタバレになるので説明できないのだけれど、これにはびっくりしたぞ。
 最初、あまりの残虐な描写にちょっと引いてしまったのだけれど、そんなことはすべてぶっ飛んでしまった。
 ちなみに、これから読む人は、ちゃんと書かれた順番通りに『その女アレックス』よりも前に本書を読むことをオススメしたい。『その女アレックス』を先に読んでしまうと、『悲しみのイレーヌ』の展開が分かってしまうので。

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

▼シネマート新宿でチャウ・シンチー監督の『人魚姫』を観る。
 うーん、ちょっと微妙だぞ。
 ベッタベタのあきれかえるギャグと、思わず手に汗握る熱血アクションと、痛々しさに目を覆いたくなる修羅場と、きわめてあからさまな環境保全メッセージが混在していて、『少林サッカー』『カンフー・ハッスル』ほど単純に楽しめない。だからといって、嫌いな作品じゃないんだけど。

 ちなみに、昨日『ドラゴン×マッハ!』を観に行った時に1000円の入会金でTCGカードというのを作ったら、無料入場券をもらえたので、今日はそれで入場。早くも、入会金のもとがとれてしまった。



▼先日送ったフィリピン映画に関する原稿が、「ここのところをこうカットしてみては」という提案付きで戻ってくる。
 なるほど、そこをがっつりカットしますか。自分の書いた文章なので、それなりに思い入れがありカットしたくないという気持ちもあるのだけれど、元からその部分がないと思って読めばそういうものとして受け入れることができるのだということがよくわかる。
 やっぱり、人に読んでもらって指摘してもらうというのは大切だなあ。


2017.1.16(月)

▼さいたま市の選手権大会のドローが出た。
 春と秋の大会でベスト16に入った選手だけが出られるという大会だ。
 なんとこの僕は、シングルス、ダブルスともにベテラン55歳の部に出場する権利を持っている。
 なぜなら、そもそもベテラン55歳の部にエントリーする人数が少なく、さらにラッキーなドローが重なったからなのだ。

 例えば、春のシングルス大会。
 僕は2回戦目からだったので、その時点でベスト32。しかも、対戦相手も2回戦目からだったので、お互いにひとつも勝っていない者どうしの対戦となり、うまい具合にここに勝ってベスト16。
 ほら、実にラッキーな巡り合わせで、たいして苦労もせずに選手権大会の出場権をゲットしているでしょ。

 ダブルスの方はさらにラッキーで笑ってしまう。
 春の大会は2回戦からだったので、その時点でベスト16\(^o^)/
 ペアの相棒が仕事の都合で出場することすらできなかったのだけれど、ベスト16\(^o^)/
 秋の大会も2回戦からだったので、その時点でベスト16\(^o^)/
 やっぱり、ペアの相棒の仕事の都合で出場できなかったのだけれど、ベスト16\(^o^)/
 春秋ともにベスト16!! ひとつも勝ってないけれど、ベスト16で選手権大会への出場権をゲット。

 そして、今度の選手権大会のドローなのだけれど、ダブルスはというとまたしても2回戦からなので、この時点ですでにベスト8! おいおい、市のベスト8だよ。
 運良くその次に勝ってしまえば、ベスト4だ。なんと、その対戦相手も2回戦からなので、お互いにひとつも勝たずに対戦することになり、勝つチャンスはなきにしもあらず。
 その次に待ち構えているのは、何をどうやろうと勝ち目のない第一シードの選手なのだけれど、ベスト4の可能性は充分にあり!(そう思って、対戦相手を検索してみたら、去年の同じ大会で3位入賞していたよ。)
 問題は、春も秋も仕事が入って出場できなかった相棒が出場できるかどうかだな(笑)

 だけど、シングルスはというと、ドローを見た瞬間にガックリと落ち込んでしまう。
 3年ほど前に、秋の大会、選手権大会と続けて同じ人と対戦してボコボコにされているのだけれど、またしても同じ人が初戦の相手ではありませんか。勝てねえよ、この相手には。
 で、万が一、その人がデフォったとすると、次に待ち構えているのはやっぱり勝ち目のない第一シードの選手。
 大ラッキーでその人もデフォったとすると、その次に待ち構えているのはやっぱり勝ち目のないT中T也さん!
 なんてドローだ!!
 同じヤマにいるのは、ラスボスばっかりじゃないかあ!

▼めんどくさい仕事がようやく一段落したので、シネマート新宿にトニー・ジャー&ウー・ジン主演の『ドラゴン×マッハ!』を観にいく。
 臓器売買のための誘拐事件が多発する香港。潜入捜査官としてその事件を追っていたチーキット(ウー・ジン)は、正体がばれてタイの刑務所に監禁されてしまう。実は、その刑務所こそ、臓器売買のための仲介の拠点だったのだ。
 その刑務所に勤務する刑務官のチャイ(トニー・ジャー)は、骨髄移植を必要とする病気の娘を抱え、刑務所所長のコー(マックス・チャン)の残虐な行為に対し、目をつぶるしかない立場にあった。実は、チーキットこそ、彼の娘に骨髄液を提供できるドナーであったのだが。
 だが、チーキットを救うために香港から上司であり叔父でもあるチャン(サイモン・ヤム)が乗り込んでくることで物語が動き出し、チーキットもウー・ジンとともに正義のために立ち上がるのだった。

 というわけで、タイの刑務所が臓器売買のために誘拐されてきた香港人を幽閉するための施設であったりして、設定はむちゃくちゃ。脚本もけっこう破綻しまくっている。
 だけど、そんなことはぜんぜんかまわない。トニー・ジャーとウー・ジンのキレのいいアクションをスクリーンでたっぷり観ることができて、大満足なのだから。しかも、2人に対する敵役のマックス・チャンのアクションのキレがむちゃくちゃ素晴らしい。マックス・チャンがいなければ、ここまでこの作品のテンションは上がらなかったにちがいあるまい。もう一人、敵役で素晴らしいアクションを見せてくれる俳優がいるのだけれど、名前が分からなかったのは残念。
(張馳(チャン・チー)という中国の役者さんだそうです。ちょっと、名前を覚えておこう。)

 ちなみに、ネットにあがっている『ドラゴン×マッハ!』の紹介文を読むと、どこも「臓器移植が必要な愛娘」って書いてあるんだけれど、これ、完璧に間違っているからね。
 正しくは「骨髄移植が必要な愛娘」だ。
 潜入捜査官のチーキット(ウー・ジン)と、チャイ(トニー・ジャー)の娘のHLA型が一致していて骨髄移植が可能になることで物語が盛り上がるのだけれど、「臓器移植」だったらチーキットの内臓を取り出して娘に提供しなきゃいけなくなるので、ぜんぜん別の物語になってしまうではないか。



2017.1.15(日)

▼近所のメガネ屋にテニス用のメガネを作りに行く。
 遠近両用メガネとまったく同じ度数で「近」のないメガネというリクエストなので、検眼などの手間もなし。
 とりあえず、9800円のフレームと18000円のフレームを選んで値段を聞くと、高いフレームの方がセットでの値引率が大きいので4000円ぐらいの差にしかならないという。それなら高い方のフレームでいいや。

 レンズは非球面レンズだと0円、両面非球面レンズだと16000円。非球面レンズの方が視野の周辺部分でのゆがみが出やすいとのことだったけれど、サンプルを見せてもらってほとんど差が感じられなかったので0円の方のレンズにする。
 オプションで裏面UVカット処理をつけて2000円。

 そして、ダイレクトメール割引で25%引きとなって、トータル16300円。フレームの値段にもなってないじゃん。このあたりの料金て、いったいどうなっているのだろう。

 ちなみに、こないだ新宿で作った遠近両用メガネは7万円かかっている。日常的に使うメガネなので、信用のおけるお店でしっかり検眼して作りたかったので仕方ないと思ってはいるのだけれど、この値段の差は大きすぎるよなあ。

▼フィリピン映画に関する原稿、どうやっても規程の文字数まで減らすことができず、「やっぱりまずいですか?」という文面付きでエイヤッと送信してしまう。


2017.1.14(土)

▼午前中に、タイヤから空気の抜けてしまった自転車を修理に持ち込む。
 予想通りタイヤチューブに問題はなく、バブルのところにある細いチューブを交換するだけで済んだ。あと、チェーンが伸びまくっていたのを調整してもらって700円で済んだ。

▼午後はテニススクールの「お楽しみテニス大会」に参加。
 今日は女性のK野さんとペアを組む。K野さんとペアを組むのはこれが初めてかな。
 初めてであるからには頑張りたいところなのだけれど、ひとつ問題があった。遠近両用メガネでテニスをするというのが無理っぽいと判明したのでその前に使っていたメガネを引っ張り出してきてかけてみたのだけれど、これが違和感バリバリで、足元がフラフラして、頭がズキズキして、どうしようもない。ほんの1ヶ月ほど前まで使っていたメガネだというのに。
 実は、新しい遠近両用メガネは、近眼に関しては度数を2段階下げて、そのかわりに乱視の度数を上げてある。その方が目にかかる負担が小さいらしいのだ。逆に、その前に作ったメガネは、「近眼の度数をあげて、そのかわりに乱視の度数を下げましょう」と言われて作ったものなのである。
 どうやら、その影響で、新しいメガネよりも前のメガネの方が度がきつく、目に負担がかかってしまったということのようだ。
 かくして、違和感を抱えたままコートに立つことに。
 なんとか空振りがなくなったし、距離感がつかめないってこともなくなったので、正解は正解だったのだろうけれど、テニスの時だけ前のメガネを使えばいいやというもくろみはあっさりと崩れ去ってしまった。

 こうなると、遠近両用メガネの「遠」の部分と同じ度数のレンズでテニス用のメガネを作るしかないのかもしれない。
 ちなみに、本日の戦績は3勝3敗。もうひとつは勝ってもいい流れだったんだけどなあ。

▼K市テニス協会の新年度の登録作業を開始する。
 まだ届いている登録申請用紙の数が少ないからいいようなものの、しばらくするとドシャッと届くことになるのだろう。


2017.1.13(金)

▼今朝の埼京線はどこぞでトラブルがあったとのことでただでさえむちゃくちゃ混んでいた。赤羽で並んでいても、1台乗り過ごさないと乗り込めないほど混んでいた。
 それなのに、池袋の手前で「池袋駅で非常停止ボタンが押されました」とのことで自分の乗っている電車が止まってしまう。しかも、それが「線路上の安全確認の必要な箇所」というよく分からないエリアだったらしく、車両の照明からエアコンまですべて止まってしまう。
 ギュウギュウ詰めの電車内に閉じ込められて、しかもエアコンが止まってしまう状況って、実に悲惨なんだよ。息苦しいんだよ。
 身動きもとれない状況で次第に腰が痛くなってきたと思ったら、目の前のサラリーマンが押したの押さないので口げんかを始めてしまうし。
 いるんだよ、弱いくせに嫌がらせでグイグイ押してくるようなヤツが。あからさまな嫌がらせでなければ、相手も黙っているとでも思っているんだろうね。だけど、黙っていない相手に嫌がらせをしちゃったみたいだね。ま、おそらくはどっちもどっちなんだろうけれど。
 だけどさ、ただでさえいらついている状況で、さらにいらつかせるようなことをしないでおくれ。
 周囲の電車が止まったのを確認してから、運転手が線路上に降りて車両の安全確認をして、ようやく動き出すまで、けっこう時間がかかった。
 目の前の2人のサラリーマンは、池袋でホームに降りてからさらにやりあっていたみたいだけれど、人の迷惑にならない場所で勝手にやってなさい。
 というわけで、本日は通勤電車内での読書はまったくできず。うんざりするようなスタートでありました。

▼帰りにいつものフィリピン食材店に寄って、店のおばちゃんに新年の挨拶をして、フィリピン映画のDVDを2枚購入。
 1枚はジュン・ラナ監督のコメディ「Bakit lahat ng guwapo may boyfriend?! 」。1枚はディンドン・ダンテス&アンジェリカ・パンガニバン主演のラブストーリー「The Unmarried Wife」。ジュン・ラナ監督の方は、おそらく英語字幕が入っていないんだろうな。ひいきの女優、アン・カーティスの主演映画なのだけれど。(あとで確認したら、やっぱり英語字幕が入っていなかった。ビバフィルム配給の作品に英語字幕が入っていることってないんだよね。)

 ちなみに、そろそろ年末に上映していた作品が入荷しているかもと期待していたのだけれど、まだ入荷しておらず「2月に入ったら」と言われる。でも、前もそう言いながら、速攻で入荷していたりしたんだよなあ。

▼頼まれていたフィリピン映画に関する原稿を仕上げる。早めに書き上げていったん提出していたのだけれど、内容にリクエストが入り、手をいれていたのだ。
 あれこれ直していたら、規程の文字数をけっこうオーバーしてしまい、あれこれ削ったのだけれどなかなか目的の文字数にまで減らすことができない。
 とりあえず、プリントアウトしたものを持ち歩いて、ヒマを見ては手を入れてみることにしよう。


2017.1.12(木)

▼年末からずっと抱えていたしんどい仕事がようやく一段落。まるで賽の河原で石を積むような作業で、いったいいつになったら終わるのかというような作業でありました。

▼仕事帰りに新宿TSUTAYAに寄って会員になり、フィリピン映画『牢獄処刑人』を借りてくる。ちょっと必要があって、もう一度目を通したかったのだけれど、自分が会員になっているお店にはなかったのだ(というか、入荷はしていたはずなのだけれど、この店はけっこうすぐに処分してしまうみたいで、もうなくなっていた)。
 さっそく観たのだけれど、フィリピン映画としては例外的に密度の高い作品で、エリック・マッティという監督の凄さを再認識させられる。
 ただ、光と影を実に見事に使ったアクションシーンが、DVDではうまく再現しきれていないのは残念。



2017.1.11(水)

▼自転車のタイヤから空気が漏れているらしく、空気を入れても1週間程度でなんとなく柔らかくなってしまっていた。速攻でペチャンコになるというわけでもないので、チューブがパンクしているというわけでもなさそうなのだけれど。
 それでも、なんとか問題なく使えているので、朝晩の駅までの往復に使っていたのだけれど、今日の帰り、駅前の駐輪場に行くと後輪の空気が完全に抜けてしまっていた。ほんのちょっとは空気が入っているので、ゆっくり漕いでなんとか自転車で帰ったのだけれど、これはもう修理に持っていかないとどうしようもないレベルだな。
 うーん、修理にいくらかかるかなあ。


2017.1.10(火)

新保博久『ミステリ編集道』本の雑誌社を読了。
 ミステリ雑誌等の編集者のインタビュー集。おおよそ時系列で並んでいるので、これを読むと日本のミステリ史にもなるという仕掛けで、編集者ならではの裏話なども楽しく、一気に読み終えてしまった。有名な編集者ですでに鬼籍に入っている人も多いので、もっと早い時期にこういう本があれば、もっともっと面白い話が聞けただろうに。
 インタビュー対象となっている人のさりげないセリフに、その場ですぐに反応できる新保教授の博識ぶりはさすがで、こうしたインタビューは誰にでもできるものではないと感心させられる。

ミステリ編集道

▼部下が年始から熱を出して寝込んでいて、今日もお休み。
 おかげで、ただでさえ自分の仕事でテンパっているのに、部下の仕事も抱え込んで、にっちもさっちもいかず、年明けからずっと残業の日々だ。まるっきり余裕がないぞ。


2017.1.9(月)

▼10時からテニススクールのお楽しみテニス大会に参加。
 今日は固定ペアにしないで、乱数表でペアを変えながら、4ゲームオールのダブルスを楽しむ。
 最初のうちはけっこう調子がよかったのだけれど、途中からまたしても調子が悪くなり、つまらないミスが増える。ミスというか、空振りまでする始末。
 それと、ボールに向かうスタートが以前よりもワンテンポ遅れている。これは、走り込み不足による脚力の低下が原因なのか、あるいは加齢による反射神経の衰えが原因なのか。
 おかげで、以前なら返せたはずのボールを返せない場面も多い。
 うーむ…

▼もしかして、遠近両用メガネに変えてからテニスの不調が増えたのではないだろうかと思い、フェイスブックに書き込んでみると、テニス仲間数人から「遠近両用メガネでのテニスは無理」と書き込みがあり、ようやく納得する。
 メガネを変えてからボールがはっきりくっきり見えるようになったのだけれど、見えればいいというものでもないようだ。


2017.1.8(日)

▼嫁さんとさいたま新都心のMOVIXさいたまにて、ようやくというか、いまさらというか、『君の名は。』を観る。
 なるほど、これは若い人を中心にヒットするというのはよく分かる。だけど、こうまで大ヒットするほどの作品じゃないよなってのが正直な感想。もちろん、悪くはない。悪くはないどころか、かなりよい。だけどね…。



▼赤羽に移動して、赤羽八幡神社へ。
 いつも電車の中から見て気になっていた神社なのだ。なにせ、新感線の線路の上にある神社なのである。ネットで調べてみると、最高のポジションから新感線の写真を撮れるということで鉄道マニアの人たちが大勢やってくる以外に、関ジャニ∞のファンも多く訪れる神社なのだという。なぜかというと、2004年2月4日~2024年2月3日までの20年間は、風水で言うところの『下元八運期』となり、その期間中、この神社のお守りなどには最も運勢が強くなるという「8」を横にした「∞」のマークが入れられているからなのです。なるほどねえ。
 残念ながら到着した時にはすでに日も暮れてうす暗くなっていたので、今度はもっと明るい時間に来ようと話をしたりする。暇な夫婦…というわけでもないんだけどね。

▼ワインを飲みたいという嫁さんのリクエストで「イタリアン酒場 Esto.」というお店に行くと、なんと予約がいっぱいで入れないという。ネットで適当に選んだ店だったのだけれど、そんな人気店だったのね。
 仕方なく東口の赤羽一番街にまわり、適当にグルリとまわって見つけた「赤バル レッツェ」というお店に入る。適当にブラリと入ると失敗することの多いこの夫婦なのだけれど、今日のこのお店は大正解。まず、ビールがむちゃくちゃうまい。なんというビールだったか忘れたけれど、ドイツかどこかのビールで、いいサーバーを使って丁寧に注いでいるとみえて、細かい泡がむちゃくちゃうまかったのだ。また、お店の人のオススメで注文したビアンカ&アヒージョがこれまたものすごく美味しかった。ただ、ピザを頼んでしまうと、それだけでけっこうお腹がいっぱいになってしまったのは失敗。もっと、いろいろ食べてみたかったのに。
 ちなみに、嫁さんが飲みたいと言っていたワインはというと、けっこう普通の味で、ちょっと残念。

▼もう1軒行きたいという嫁さんのリクエストで、スズラン通りまで足を伸ばしてみる。で、これまたグルリを歩いて、適当に「燻製&チーズDining akabane fumo」というお店に入ると、これがまたなかなか雰囲気のいいパブで、大正解。燻製がウリということなので、燻製肉の盛り合わせを頼むと、これがまたおいしい。持ってきてくれた容器の蓋をあけた瞬間に、プワーンといい香りが漂ってくる。サクラチップを使った燻製なのだとか。
 カウンター席で飲んだのだけれど、奥には20人ぐらいは入れるテーブル席もあるとのことなので、テニス仲間と赤羽で飲むような時にちょっといいかもしれない。


2017.1.7(土)

▼ちょうちゃん主催のダブルス練習会に参加。
 秋が瀬公園のハードコートを2面×4時間。
 ネットのテニス仲間が8人で、他にオフで募集した人が3人。
 前半2時間は男ダブコートと、ミックスありコートに別れ、いまいち調子のよくない自分はまっさきにミックスありコートを希望して、ぬるいテニスを選択する。

 6ゲーム先取ノーアドルールのダブルスを始めたのだけれど、予想をはるかに超えるレベルで僕がまったくもってダメダメ。笑うしかないレベルのダメさ加減で、あまりにも可哀想すぎるのか、しだいにまわりからのツッコミも入らなくなるへたれっぷり。
 まるっきりボールがガットの真ん中に当たらず、当然ながら打っても打ってもボールが前に飛ばず、まるでボールを返せません。
 対戦したふーみんさん(♀)から「よしださん、優しすぎ」とむちゃくちゃ好意的に理解した声がかかるが、優しいとか優しくないとか、そういうこととはまるっきり関係なく、これっぽっちもテニスになりません。
 あとは、こぐまちゃん(ふーみんベイビー)のいとけない笑顔だけが心の糧…と思ったのだけれど、ちょっとおねむになったこぐまちゃん、まるで笑顔を見せてくれません(涙)

 それとは別に、張り替えたばかりのガットの感触が最悪。なぜ? 好みのプロハリなのだけれど、まるっきりボールをはじいてくれません。
 試しにちょうちゃんのラケット(ピュアアエロに4Gを55ポンドで張ってある)を借りると、面白いぐらいにボールをはじいてくれて、自分のラケットとは真逆で飛びすぎて押さえがきかない。そもそも今日の自分はラケットの真ん中で打てていないのだから、ガットがどうこういう問題じゃないんだけどね。

 かくして、何度も何度もあきれかえるミスでコートに崩れ落ち、涙を流した4時間なのでありました。

▼フィリピン映画『Barcelona: A Love Untold (2016)』を観る。
 キャサリン・ベルナルド&ダニエル・パディリャ主演のラブストーリー(フィリピンではこの2人をセットにして“キャスニール”と呼んでいる)。

 エリ(ダニエル・パディリャ)は、バルセロナで掛け持ちのバイトをしながら建築家となるための勉強をしている。
 ある日、彼はかつての恋人セリーン(キャサリン・ベルナルド)とそっくりの女性に遭遇する。彼女の名前はミア(キャサリン・ベルナルドの一人二役)。家族からないがしろにされ、傷つき、新たなるスタートをきるためにスペインにやってきたものの、頼りにしていた友人がフィリピンに帰ってしまい、途方に暮れていたところを、エリに助けられる。
 ミアは、エリや、エリの叔母のインシアン(アイコ・メレンデス)らの手助けでなんとか仕事を手に入れる。家族から認められたいがために、なんとかバルセロナで身を立てたいと望んでいたミアだが、考えの甘いミアはなにをやっても失敗し、仕事をクビになってしまう。しかし、その失敗が自分のせいであると受け入れることができず、それを指摘するエリに反発していく。
 一方のエリも、家族の問題を抱えていた。家族を捨てて金持ちと再婚した母(マリア・イザベル・ロペス)がスペインにいるのだが、彼女は金を出しさえすればエリたちの役に立てると思い込んでいる。また、フィリピンに暮らす父は、エリが送る金を当てにしているのだが、母の出す金を拒否しているエリは、父に送金するためにかなりの無理をしていた。
 そして、かつての恋人のセリーンの思い出にも縛られていた。エリが建築家を目指しているのも、事故で亡くなったセリーンとの約束があったからで、本当は別の夢もあったのだが。
 かくして、過去と家族によって身動きもならぬふたりが、バルセロナで再生すべく奮闘していく。
 お互いの辛い事情を知ることで、徐々に恋愛感情も芽生えていくのだけれど、2人の間には常に今は亡きセリーンが存在し続けるのだった。

 英語字幕を追い切れずに、微妙な部分を理解しそこねているのだと思うのだけれど、なんでこの映画の舞台をバルセロナに持ってきたのか、なんでバルセロナでなければいけないのかが、いまいち分からなかった。エリが建築を学ぶためにスペインにやってきたというのはいいとして、なんでミアは新生活を始めるための舞台にバルセロナを選んだのか、それが分からなかった。
 キャサリン・ベルナルドとダニエル・パディリャの2人が主演しているとなると、どうしても『She's Dating the Gangster』『Crazy Beautiful You』と比較してしまうのだけれど、その2本に比べると脚本も弱いような気がする。過去に決別して再生していく場面での感動が希薄なのだ。脚本は、上記の2本と同じカルミ・レイムンド(Carmi Raymundo)が担当しているんだけどねえ。

 監督も上記2本と同じオリヴィア・M・ラマザン(Olivia M. Lamasan)。
 まったく同じスタッフによる作品なのだから、もう少しハートに深く突き刺さる作品を期待してしまったのだけどなあ。

 嬉しかったのは、久しぶりにアイコ・メレンディスに出会えたこと。なにしろ、前に観たのは『あなたに夢中で(MAY MINAMAHAL/1993年)』『私の子供(MAALAALA MO KAYA/1994年)』だからなあ。あの頃にはアイドルオーラばりばりだったのだけれど、いまじゃすっかりおちついたいい役者さんになってます。
 そして、東京フィルメックス映画祭で上映された『普通の家族(Pamilya Ordinaryo)』にも出ていたマリア・イザベル・ロペスがこちらにも出ている。僕が若い頃にはセクシー女優として一世を風靡した方なのだけれど、いまではすっかり迫力のあるおばさまと化している。いやあ、いい歳の取り方をしているなあ。



2017.1.6(金)

▼明日から新宿武蔵野館では『疾風スプリンター』『ホワイト・バレット』、シネマート新宿では『人魚姫』『ドラゴン×マッハ!』『ロスト・レジェンド 失われた棺の謎』の上映が始まる。
 「香港電影博2017」かよ!
 全部観たいが、どうすりゃいいのか? 全部観られないような予感がしているんだけど(涙)

▼ゴールデン街「深夜プラス1」で軽く飲んでから帰る。


2017.1.5(木)

▼今日からお仕事。
 たいてい仕事始めなんてものは、みんなで年始の挨拶をしたら、取引先にちょっと顔を出して「今年もよろしく」なんて言って、あとは適当な神社に寄って「今年こそは儲かりますように」とかお願いしてと、そんなぬるい1日を過ごすもんだろうに、今日はしょっぱなからひたすらExcelでの作業。
 みんながさっさと帰っても、自分ひとり会社に残って残業。うーん、年末もそうだったけれど、ぜんぜんメリハリなく忙しいぞ。

▼帰りに途中下車して、古本屋をチェック。
 3冊200円の棚にディック・フランシスがずらりと並んでいたので、これなら何冊か買えそうと思ったのだけれど、未読なのは『配当』だけだった。
 あと、大日本雄弁会講談社版の「佐々木邦全集」がごっそり並んでいたのだけれど、いくら安くてもボリュームがありすぎてパス。他にも、何冊かよさげな本が並んでいたのだけれど、いまいち中途半端な本ばかりで、やっぱりパス。ひと昔前なら、間違いなく全部買い込んでいたような本なんだけどね。
 というわけで、ディック・フランシス『配当』ハヤカワ文庫HMだけを100円で購入しただけなのでした。

ピーター・トライアス『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン(下)』ハヤカワ文庫SFを読了。
 面白かったけれど、「年間ベスト級以上」というほどの衝撃は受けなかった。「なんだか、アニメとかでありそうだよなあ」という程度の印象。おそらく、1ヶ月もたったら、ほとんど内容を思い出せなくなっていると思う。
 どうも、SFを読んで猛烈に興奮するような体質ではなくなってしまっているような気がする。最近ではめったにSFを読まないし、たまに読んでもそれほど興奮しないしなあ。

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)


2017.1.4(水)

▼午前中は今日から通常営業の始まったテニススクールの振り替えレッスンを入れる。
 これが初打ちなのだけれど、いまいちガットの感触がよくない。年末に張り替えたばかりだっていうのに。寒いせいかなあ。
 それでも、90分間たっぷりと汗をかく。

▼そのままテニススクールのラウンジでおにぎりを食べて、午後のお楽しみテニス大会に参加。
 今日は乱数表を使って組み合わせを決めながら4ゲーム先取の試合を進めていく。
 ガットの感触はよくないままだけれど、そのまま強引にガツンガツン打っていき、6勝2敗。年の初めのテニスとしては、まあまあいい結果ではないでしょうか。

▼ブックオフの20%オフセールが今日までだし、500円の割引券もあるので、家の裏にあるブックオフを覗きに行ってみる。
『アオイホノオ(12)』島本和彦(小学館)328円
『アオイホノオ(16)』島本和彦(小学館)368円
『同人少女JB(1)』一本木蛮(双葉社)288円
『同人少女JB(2)』一本木蛮(双葉社)288円
『同人少女JB(3)』一本木蛮(双葉社)288円

 DVDも20%オフだったのでチェックして、2枚購入。
『ラ・ワン』200円
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ 天地風雲』400円
 『ラ・ワン』はシャー・ルク・カーン主演のインド映画、『天地風雲』はジェット・リー主演の香港映画。いくらなんでも安すぎるよなあ。

▼夜は再びテニススクールにてレギュラークラスでのレッスン。正規のメンバー4人に、お久しぶりのI田さんが振り替えでやってくる。
 すでに、右腕の筋肉はパンパンに張っていて、肘も若干痛かったりするのだけれど、それでもガンガン打っていく。新しい遠近両用メガネのせいで、またしても遠近感がつかみにくかったりするのだけれど、いまに慣れるんだろうな。
 最後のチャンピオンゲームでは、コーチから2連続でサービスエースを奪い、いたく満足な年初のレッスンとなったのでありました。


2017.1.3(火)

▼午前中は溜まっていたこの日記などを書いて過ごす。ぜんぜん追いつかないぞ。

▼午後から嫁さんとさいたま新都心のMOVIXさいたままで『ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観に行く。
 作品の雰囲気は従来の『スター・ウォーズ』とは異なっていて、特にクライマックスの地上戦は完全に戦争映画となっていたのだけれど、それでも描かれる世界はまごうことなき『スター・ウォーズ』のもので、実に細かい部分でエピソード4の世界を再現していたのがなんとも嬉しい。
 ラストシーンでは、思いがけずも涙が溢れてきてしまう。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストシーンでは「初めて『スター・ウォーズ』を観たときから40年近くかかって、ようやくここまで辿り着いたか」という感慨に打ち震えたが、今回は「長い年月をかけて、ここに戻ってきたのか」という感慨に泣かされてしまった。
 エピソード4が日本で公開された時、僕はまだ大学生で、どっぷりとSFに漬かった毎日を過ごしていた。中学生の時からひたすらSFを読み続けて、その頂点ともいうべき時期がこの頃だった。SF大会などのイベントにも積極的に参加していた。そういうタイミングで作られた『スター・ウォーズ/新たなる希望』は、それまで自分の頭の中にしかなかった映像を、初めて人が見せてくれたという体験で、その体験にいたく感動して映画館に何度も通って、映像の細部まで脳裏に刻みつけようとした。
 その原点に帰るラストシーンに、思わず泣かされてしまったのである。
 いやあ、やられた!

▼夜は車を出して、嫁さんと古本屋へ。ブックオフ草加新田駅西口店と、古本市場草加店をまわる。ブックオフは20%オフセール中で、古本市場も20%オフセールに加えて500円引きのハガキが届いていた。

『ドンナ ビアンカ』誉田哲也(新潮文庫/初版)320円
d『ブルーマーダー』誉田哲也(光文社文庫/初版)304円
『ビブリア古書堂の事件帖(6)』三上延(メディアワークス文庫/初版)240円
『ベイビーステップ(40)』勝木光(講談社)304円
『ベイビーステップ(41)』勝木光(講談社)304円
『アオイホノオ(14)』島本和彦(小学館)216円
『ようこそ、わが家へ』池井戸潤(小学館文庫)86円
『悲しみのイレーヌ』P・ルメートル(文春文庫)86円
『サイコハウス』ロバート・ブロック(創元推理文庫)86円
『予期せぬ結末2 トロイメライ』C・ボーモント(扶桑社ミステリー)448円
『ミステリ編集道』新保博久(本の雑誌社)1008円
『失われた龍の系譜』メイベル・チャン監督作品/DVD 500円

 すでに、何を読んで何を読んでいないのかまるっきり把握できなくなっている誉田哲也でダブリ買いをやらかしてしまう。調べてみたら、去年の1月に200円で買ってるじゃん。しかも、ちゃんと読んでるじゃん。だめだ、こりゃ。


2017.1.2(月)

▼今日は嫁さんの実家へ。
 義母も孫(義母にとってはひ孫)にメロメロで、家の中で遊び回る孫を観ているだけでなんとも幸せそうだ。

 14時を過ぎたところで、息子たちはお嫁さんの実家の高崎に向けて出発。一気に家の中が静かになってしまう。

▼夜、体重計に乗ると70.6キロとなっていた。体脂肪率は14.7%。一瞬のうちに体重が増えて、体脂肪率もアップしてしまっている。
 恐るべし、年末年始!

▼孫が帰ってしまって、気分はすっかり孫ロス。


2017.1.1(日)

▼あけましておめでとうございます。
 すでに、この日記は単なる自分のための備忘録と化しており、読んでいる人もほとんどいないだろうと思っているのですが、惰性で続けております。でも、こうしたことを続けないと、自分が何を読んで、どんな映画を観たのか、まるっきり分からなくなってしまうので、なんとか今年も続けたいと思っております。
 読んでいる方がいらっしゃいましたら、今年もこんな内容のサイトではありますが、ゆるゆるとおつきあいください。

▼元旦は恒例の家族揃っての初詣。近所の小さな神社2軒をハシゴする。
 今年は孫がいるので、初詣に行くのも楽しい。
 お賽銭を投入してお願いするのは孫の健康ばかり。

▼今日も孫を連れて、みんな揃って近所の公園へ。
 他の子どもと遊ぶという経験がまだほとんどない孫なのだけれど、他の子どもが走り回って遊んでいるのを興味津々といった感じで眺めていたりする。ちょっと年上の子どもがいると、けっこう人見知りせずに近づいていくのだけれど、そのあとの遊び方がまだ分かっていないので、じっと見つめたり、まわりをうろうろしてみたり。一緒に遊ぶという遊び方を覚えるのは、まだちょっと先なのかな。
 3歳ぐらいの女の子が持っていた人形を持たせてもらったら、ものすっごく嬉しそうな表情をしていた。そのまま、人形を抱きしめて逃亡しようとしたのに大爆笑。君はそんなにお人形さんが好きなのか?

▼午後には2番目の弟の一家もやってきて、家の中はさらに賑やかになる。