トップページへ 大丈夫日記 過去の日記へ

2018.6.9(土)
▼取手の息子の家に遊びに行く。
 3月に産まれた孫2号は健康そのもので、まるまるとしている。
 元気に手足をバタバタさせていて、ほっぺやあごのあたりを突っつくと声をあげて喜んでくれる。ううっ、可愛い!
 しかし、孫2号にばかりかまっていると、孫1号も「僕のことをかまえ」とばかりにあれこれアピールしてくるのがおかしい。

 その孫を連れて、嫁さん、息子と一緒に近くの池のある公園までザリガニ釣りにでかける。15分程度歩く場所にある公園なのだけれど、とにかく暑い。むちゃくちゃ暑い。歩いて行く途中で死にそうになるほど暑い。梅雨はどうした?
 途中にある田んぼに、オタマジャクシとザリガニがうんざりするほどいた。知らなかったのだけれど、田んぼにいるザリガニって、イネに登って水から上に出ていたりするのだね。

 公園では、用意してきたザリガニ釣り用の竿に、コンビニで買ってきたサキイカをエサにつけて水路にたらす。だけど、田んぼほどたくさんのザリガニがいるような気配はない。辛抱強く待っていると、ようやく出てきたザリガニがエサを食べ始めるものの、ゆっくりあげようとするとエサを離して落ちてしまう。まだ大人になりきっていないザリガニばかりで、ハサミの力も弱いのだろうか?
 釣れそうにないので、網での捕獲に切り替え、むちゃくちゃ巨大なオタマジャクシをゲット。これは、ウシガエルのオタマジャクシだろうか? また、田んぼの脇の水路で小さなオタマジャクシを山盛りゲット、イネにしがみついていたザリガニもゲット。用意してきたアクリルのケースに、たっぷりとつかまえたオタマジャクシやらザリガニやらを入れることができた。
 最初はびびっていた孫1号も、じっくりとこうした生き物を観察することができたのでなにより。



 1時間ほど遊んで、あまりの暑さに撤退することにする。
 その途中で、孫は熟睡。むちゃくちゃ重いぞ。汗まみれになって帰宅。
 息子と孫はそのままシャワーに直行。こちらは、汗まみれになったTシャツを脱いで、息子のシャツを借りる。

▼孫1号の靴がそろそろ小さくなるので、嫁さんと孫を車に乗せて、近くのABCマートまで靴を買いに行く。少し眠くなっていたせいか、孫1号の機嫌が悪くなって新しい靴を試し履きするのを拒んでいたのだけれど、「靴を買ったらアイスを食べに行こうね」と言ったら一気に機嫌がよくなってしまう。
 靴を買ってから、同じエリアにあるサーティワンアイスクリームへ。3人分をひとつのカップに入れたものを嫁さんがオススメされたのだけれど、それを孫1号に抱え込まれてしまう。その幸せそうな表情! おそらく、3分の2は孫が食べたと思う。

 さらに、近くの西松屋に行き、孫1号の服をあれこれ購入。
 ショベルカーの好きな孫に、ショベルカーのデザイン(だと思った)のシャツを買ったところ、孫からそのデザインはショベルカーではなく「ブルドーザー」と訂正が入ってしまった。なるほど、これはブルドーザーだ。よくそんなことを知ってるな、こいつ。

▼香港映画『エンジェル・バトラー 戦闘無双』を観る。
 原題は『戦無双』。2009年の作品だ。というわけで、日本でのビデオリリースは最近だけれど、作品そのものは決して新しくはない。なんでいまさらという気がしないでもないが、熊欣欣(ホン・ヤンヤン)が監督、脚本、武術指導を担当し、ケイン・コスギが出ているという理由で借りてみた。
 主演は蒋璐霞(ジャン・ルーシャー)。しっかり武術の素養のあるアクション女優ということで、むちゃくちゃ体のキレがいい。しかも、ちょっと大島由加里を思わせる必死の形相も魅力的だぞ。そして、そのヒロインの友人役で脇を締めているのが李燦森(サム・リー)。なかなかいいではありませんか。
 残念なことに、ストーリーはいささか破綻していて、脚本もずさん。だけど、ひたすら続くアクションを楽しむための映画と割り切れば充分に楽しめる。ジャン・ルーシャーのキレのいいアクションをただただ楽しむための映画だと思えばいいのだ。
 クライマックスは、ケイン・コスギとの一騎打ち。うーん、ジャン・ルーシャーと比べてしまうと、ケイン・コスギ、体のキレが悪いなあ。圧倒的にスピードが劣っているし、足も上がっていないぞ。残念!


2018.6.8(金)
泡坂妻夫『折鶴』文藝春秋を読了。
 表題作の他「忍火山恋唄」「駆落」「角館にて」を収録。
 衰退していくばかりの着物職人という、そこはかとなくもの悲しさの漂う世界をモチーフに、しっとりとした大人の恋愛を描いた作品集。いずれも、ほんのりとミステリ風味がまぶしてあるものの、人情小説としての仕上がりが素晴らしい。紋章上絵師という著者の本来の職業に関する知識が、遺憾なく発揮されている。
 泡坂妻夫さんの作品には、人間の行動を論理だけで捉えるかのようなトリックに淫した作品もあるのだけれど、一方でこうした感情で行動する人間を描く人情小説もあり、そして時としてその両方が実にうまい具合に融合されているミステリーもあり、本当に達者な小説家であったとあらためて感嘆させられる。
 こういう日本的な情緒に彩られた小説を、もっと読みたいという気にさせられた。

▼フィリピン音楽のCDやフィリピン映画のDVDを扱っている「Mia music&Books」がDVDのセールをおこなっていたので、大喜びで注文したDVDが届いた。
【All you need is Pag-ibig】
 クリス・アキノ、デレク・ラムジー、キム・チウ、ジーアン・リムなどが出演するコメディ映画。監督はいまをときめくアントワネット・ハダオネ。これ、観たかったのだけれど、いつも出入りしているフィリピン食材店の方で入手できるものと思っていたら、ついに入荷しなかったんだよね。
【Past Tense】
 こちらは、アイアイ・デラス・アラス、キム・チウ&ジーアン・リム主演のコメディ。日本でも在日フィリピン人向けに、こっそりと上映されたこともある作品である。監督は、コンスタントに良質の作品を発表しているメイ・クザリナ・クルーズ。
【Amorosa: The Revenge】
 ぜんぜん知らなかった作品なのだけれど、格安セールスにつられて注文したもの。ホラーっぽいパッケージなのだけれど、サスペンスなのだろうか? 監督は【Bloody Crayons】のトペル・リー。『牢獄処刑人』『アニタのラスト・チャチャ』などのエンジェル・アキノ主演。共演のエンリケ・ヒルがまだ若いぞ。



2018.6.7(木)
▼北戸田に「アナス サリサリ ストア-」というフィリピン料理レストランを併設したフィリピン食材店があり、そこでフィリピン映画のDVDが売られているというので、会社帰りに寄ってみることにした。
 「サリサリストア」というのは、本来はフィリピンのあちこちにある小さな雑貨屋のことで、JRのキヨスクみたいなものと思ってもらえればいいだろう。もっと具体的に知りたかったら、フィリピン映画『ローサは密告された』をご覧いただきたい。あの、主人公たちが営んでいるお店がサリサリストアである。フィリピン全土には約100万店ものサリサリストアがあるらしい。

 さて、初めて下車した北戸田駅であるのだけれど、少し歩いて外環道路を越えると、まわりにあるのは倉庫とか流通センター、工場といった建物ばかりで、とてもこの先にお店があるとは思えない場所である。
 ほとんど人通りもなく、次々とトラックが横を通り過ぎていくばかり。本当にこんな人通りのない場所にお店があるのか? 随分歩いてちょっと不安になってきたところを、さらに先まで歩くと、「ANAS Sari-Sari Store」という看板が見えてきた。
 あったよ、本当に。

 自動ドアを開けて店内に入ると、そこに並んでいるのはフィリピンで売られているさまざまな食材。インスタント食品や缶詰などが多い。お店の左側がガラス戸で仕切られたレストランスペースだ。
 商品棚に挟まれた通路の突き当たりにレジがあり、にこやかなお姉さんに迎えられる。
 キョロキョロ見回してもDVDが見当たらないので、さっそくお姉さんに「フィリピン映画のDVDはありますか?」と聞いてみる。日本語が通じなかったら、ちょっと面倒だなと思ったのだけれど、お姉さんは流暢な日本語で「前は扱っていたのだけれど、いまは扱ってないんです」と教えてくれた。
 ううっ、残念。いつも行っているお店とは違うDVDが並んでいるのではないかと思って、けっこう期待していたのになあ。

 レジの横のガラスケースの中にパンが並んでいて、その中にウベ(紫芋)のパンが並んでいた。DVDは買えなかったけれど、せっかく来たのだから、そのパンを買って帰ることにする。
 ウベのパンを2つ、ウベとココナッツのパンを2つ。4つで604円なのだけれど、なぜか10%引きにしてくれて544円。
 レシートをあとでチェックしてみたら「内税:25円」となっている。この「アナス サリサリ ストア」、いまだに消費税は5%であるらしい(笑)

 家で食べたウベのパンは、パン生地がちょっとねっちょりしていて、砂糖もまぶしてあって、ちょっと微妙な味だった(笑)
 ま、そんなもんだよね。

 この手のフィリピン食材店は、竹の塚や草加、春日部などなどあちこちにもあるらしい。DVDを置いてあるお店があれば、ぜひとも行ってみたい。

 ちなみに、なぜこんな辺鄙な場所にフィリピンレストランがあるかというと、周辺の工場でフィリピン人が多く働いているためであるらしい。

▼初めて利用した北戸田駅、階段のところにこんな張り紙があった。右に行けばエスカレーターがあるのだけれど、敢えて左側の「健脚コース」に挑戦してみる。


 すると、階段の途中にはこうやっていま何段目まで登ったのかが分かるように張り紙が。


 途中からエスカレーターに逃げることも可能だったのだけれど、頑張って最後まで健脚コースを登ったのでした。

▼いま使っている駅前の駐輪場が8月いっぱいで閉鎖になるというので、まわりの駐輪場を何ヶ所かまわったのだけれど、どこも空きがない。うーん、困ったぞと嘆いていたら、娘が空きのある駐輪場を見つけてきた。
 だが、そこは周辺でいちばん使いにくい駐輪場なので、敢えて問い合わせをしなかったところなんだよなあ。
 娘の情報によると、初回の費用が登録料込みで9000円で、あとは毎月3000円なのだという。
 なんだ、その登録料ってのは!
 いま使っているところは月2000円で、もちろん初回の登録料などというものはない。というか、周辺で登録料をとっている駐輪場など他にはないと思う。
 完全に人の足元を見ている。ぼったくりじゃないか。

 意地でもこの駐輪場だけは契約しないぞと思っているのだけれど、本当にどこにも空きがないんだよなあ。
 困ったなあ。


2018.6.6(水)
岡本綺堂『半七捕物帳(2)』光文社文庫を読了。
 抑制された端正な文章が心地よい、ほどよい面白さの捕物帖。この「ほどよい面白さ」というのが、なかなかよい。面白すぎて寝るのも忘れ、読み終えるなり次の巻にとりかかるというほど引き込まれはしないものの、淡々と読んでそれでいて妙に印象に残る。特に、幽霊、妖怪、狐狸といったあやかしによる事件と思わせる発端を、きれいに論理的に解き明かす作品が魅力的だ。
 書かれた時代が古いこともあって、妙に現代的な感覚が持ち込まれていないのもこの作品の魅力かもしれない。それでいて、まったく古さを感じさせないのだけれど。


2018.6.5(火)
▼昨日から風邪をひいたのか、偏頭痛が辛かったのだけれど、今朝もひどかったので会社を休む。
 どうせ休むのならと、背中の痛みが気になるので近所の病院へ。
 レントゲン写真では特に異常は見つからず、原因は不明。内臓が原因ということもありえるので内科も受診させられたのだけれど、内科医は症状を聞くだけで「それは、内臓じゃなく、関節とか筋肉が原因ですね」と判断。うん、僕もそう思う。
 ついでに風邪をひいいたのか偏頭痛がひどいと訴えると、「整形外科で痛み止めが出てますから、それで様子を見てください」と言われ、なるほどと納得。
 レントゲンをたっぷり撮ったせいで医療費をたっぷりとられたけれど、結局は原因は不明のままで、痛み止めの薬をもらっただけ。ま、骨に異常がないことが分かっただけでもいいか。

▼父親が「頭はどうだ?」と聞いてくるので「痛い」と答えると、「MRIは撮ったのか?」としつこい。
 風邪で頭が痛いくらいでMRIを撮るわけないだろ。でも、年がら年中、頻繁にMRIを撮ってくる父親に、そういう常識は通用しないのだった。

▼NHKで放送した「世界はTokyoをめざす▽笑顔に向かってストライク~フィリピン ソフトボール~」を観る。
 マニラのトンド地区に暮らす2人の女子高校生が、ソフトボールの国の代表目指して頑張っている様子を伝えるドキュメンタリー。貧しさゆえに、恵まれた環境での練習など、夢のまた夢。なにしろ、グラウンドで練習することすらろくにできないのだ。
 うーん、ちょっときれいごとでまとめた番組という印象が残ったかな。東京オリンピックを目指して頑張るという内容なのだけれど、はっきりいってこのレベルでは東京オリンピックに出たとしても、ボコボコにされるだけだろう。そういう現実には目を向けず、夢見て頑張るのって素晴らしいみたいな、そんな薄っぺらいドキュメンタリーだった。

▼フィリピン映画『My Fairy Tail Love Story(2018年)』を観る。

 わがままに育てられたお嬢様のシャンテル(ジャネーリア・サルヴァドール/Janella Salvador)。ある朝目覚めると、彼女は人魚になっていたのだった。
 マーメイド・アイランドに伝わる呪いによって人魚に変えられてしまったシャンテルは、運命の王子様のキスで呪いが解けるはずと、幼なじみのノア(エルモ・マガロナ/Elmo Magalona)の手助けで王子様捜しに乗り出す。そして出会ったのが人気DJのイーサン(キコ・エストラーダ/Kiko Estrada)だった。
 自分が人魚に変えられているということを隠しながらイーサンと付き合いだし、いい感じになるふたりだったが…。

 いやあ、面白かった。ベースにあるのは、ディズニー映画に対する愛情なのだろうけれど、それを徹底的にパロってくれている。
 例えば、人魚に変えられたシャンテルは、本人は普通に喋ろうとしているのに、なぜかミュージカル調の歌になってしまうのである。このあたりが実にディズニータッチだったりする。また、主題歌にしてもなんとはなしにディズニー映画を思い出させる曲調となっているのだ。海中撮影などの映像も美しく、このあたりもディズニー映画のあれこれを思い出させる。
 そして、衝撃の展開に爆笑させられる。王子様のキスで人間に戻れるのかと思いきや、とんでもない事態が待ち構えていたのだ。いやあ、これには笑ったぞ。
 英語字幕のないDVDで観たので、細かい部分は分からなかったのだけれど、それでも充分に楽しめる。
 なんともキュートで愛らしい映画なのだ。

 監督のペルシ・インタランは、『ダイ・ビューティフル』のジュン・ロブレス・ラナ監督の公私ともにわたるパートナー。東京国際映画祭で『ダイ・ビューティフル』が上映された時にはプロデューサーとして来日している。
 どちらかというと、映画監督としてよりもプロデューサーとしての活動が中心となっているようだけれど、本作を見る限りでは監督としての能力もきわめて高いのは明らか。
 そして、ジュン・ロブレス・ラナ監督は、今回は脚本で参加。
 この2人が関わっているためもあって、さりげなく同性愛を擁護するエピソードもまぎれこませてある。人が人を愛するのは、性別によるのではなく、相手の人柄によって愛するのだというメッセージがこめられているのだ。さりげないメッセージだけれど、こういうメッセージをこめることは大切だね。

 主演のジャネーリア・サルヴァドールは、ジュン・ロブレス・ラナ監督の『Haunted Manshion(2015)』で映画デビューを果たし、『Mano po 7: Chinoy(2016)』『Bloody Crayons(2017)』と年1本ペースで映画に出ていて、本作が4本目。一気に人気が出てきていて、早くも新作の『So Connected(2018)』が公開されている。
 ヒロインの幼なじみを演じたエルモ・マガロナは、テレビを中心に活躍している俳優なのだけれど、ジャネーリア・サルヴァドールとは『Bloody Crayons(2017)』でも共演している。本作でのエルモ・マガロナは、ちょっと『ゴーストバスターズ』『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』のリック・モラニスみたいな雰囲気で、誠実だけれどちょっと押しの弱い好青年を好演している。
 そして、運命の王子様(?)として登場してくるキコ・エストラーダも、テレビが活動の中心となっている俳優であるらしい。なかなか、キザな色男が似合っているぞ。
 他に、コメディリリーフとして登場しているキレイ・セリス(Kiray Celis)が、なかなかいい味を出していてよかった。



▼香港映画『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』を観る。
 サモ・ハン、倉田保昭、チウ・マンチェクといった顔ぶれで、しかもゴードン・チャン監督ということでそれなりに期待して観たのだけれど、正直言うといまいちか。
 なにせ、倭寇2万人対明軍3千人の戦いなのだから、壮大なスペクタクルを期待してしまうのだけれど、その決戦の場面が路地裏だったり、船の上だったりして、思っていたほどスケールが大きくならない。アクションシーンも、なんとなく散漫な印象になってしまう。この手のスペクタクル映画は、よほど戦闘シーンに工夫を凝らさないと、スケールの大きさが逆効果になってしまうのではないだろうか。
 しかも、サモ・ハンはほとんどゲスト出演みたいなもので、途中で消えてしまうし、最後の最後でようやく披露される倉田保昭のアクションも、もう少し盛り上がる撮り方ができなかったものかなあ。
 日本人の扱いに関しては、香港映画としてはけっこうしっかりしていたかも。



▼放送大学「レジリエンスの諸相 フィリピン先住民における災害とレジリエンス」を観る。
 ピナトゥボ山の噴火によってそれまでの自給自足の生活を続けることのできなくなった先住民族であるアエタの人々の生活が、災害前後でどのように変貌したのかを取り上げている。それまで、広い空間を移動しながら焼き畑農業をおこなっていたアエタ族だが、ピナトゥボ山の噴火によって定住を余儀なくされるのだが、それまで伝染病に縁のなかった彼らがはしかやインフルエンザなどで短期間のうちに6千人以上亡くなったというのはなんとも衝撃的な数字だ。
 このアエタ族の生活を支えるために、いまもNPO団体などの活動が続いているのだが、ダニエル・パディーリアとキャスリン・ベルナルドが主演した『Crazy Beautiful You』という映画がまさにその支援活動をテーマにしていることもあり、堅い内容の番組ではあるのだけれど、たいそう興味深く観ることができた。

▼結局1日中、テレビを観ていただけか。でも、少しは頭痛も治まってきたかな。


2018.6.3(日)
▼9時から13時まで健康福祉村でテニス
 12時までは5人、12時からは4人なので、休憩時間はそれほどない。しかも、相変わらず背中は痛いまま。
 なんだろうなあ、この背中の痛みは。普通にしている分には痛くはないのだけれど、背中に負担がかかると痛みが発生する。しかも、時にはうめき声が出てしまうほどの痛みが走る。単に筋を痛めただけだろうと思っているのだけれど、それにしては長いこと痛みが続いている。
 それでもテニスができてしまうこの不思議。もっとも、強打はせず、瞬間的なダッシュもせず、サービスも無理をせずという、なんとも自分らしからぬおとなしいテニスをせざるを得ないのだけれど。
 しかし、そういうテニスだと、体力的に楽だということにも気がついてしまう。まったくもって、無理をする必要はないじゃん。
 もっとも、あまりぬるいボールを打っていると、ポーチに飛び出した前衛につかまってしまうので、やはりそれなりにスピードも必要。
 両手バックハンドは、いつもより少し打つタイミングを遅らせることでミスが減った。しっかりボールを呼び込んでおいて打つというのがいいらしい。

▼午後は北浦和の県立近代美術館に県展の展示を見に行く。今年も、嫁さんの水彩画が入選しているのだ。
 見たところ、今年の応募作品は例年よりもレベルが高いという印象。毎年見に行っているので、どうやら自分にもそういう目が養われてきたような気がする。
 嫁さんの作品は、いまいち納得がいっていない様子。もう少し、ディテールをみっちりと描き込むと違ってくるのではないだろうか。



▼ダイソーに寄って、木材の棒と、たこ糸と、ダブルクリップを購入。これをどうするかというと、ザリガニ釣りの竿を作るのである。棒に穴を開けてたこ糸を結びつけ、そのたこ糸の先にダブルクリップを結びつけるのである。そのダブルクリップにサキイカを挟めば、ザリガニ釣りの竿になるという次第。息子が小さい頃に同じものを作ってザリガニ釣りに行っていたのだけれど、今度は孫とザリガニ釣りに行くのだ。
 孫1号はけっこうビビリな性格なので、きっとザリガニに触ることはできないだろうけれど、バケツに入れたザリガニを見る分には喜ぶことだろう。楽しみだ。


2018.6.2(土)
▼珍しく朝寝をしてしまう。いつもなら早い時間に目覚めてしまい、それっきり二度寝をすることなどないのだけれど。

▼11時から13時まで大宮第2公園でテニス。17時までコートがとれているとのことで、そこまでやっていきませんかと誘われたが、今日は用事があるのだ。
 しかし、背中が痛いのにはまいってしまう。スクーターに乗っていても、ちょっとした振動でうめき声が出てしまうくらい痛むのだけれど、テニスもまったく無理はできず。いつもなら咄嗟に飛びつくようなボールも、あっさりと見送ってしまう。サーブも強打はできず。
 まいったなあ。早いところ、おさまってくれないものか。

▼帰宅して、1時間ほど寝てしまう。朝寝をしたというのに、どんだけ眠れるんだ?

▼17時半から新橋の新橋亭新館にて、大学のゼミの同期会。みんな僕と同年代なので、どうしても話題になるのは定年のこと。
 すでに健康を理由にリタイアしている者もいるのだけれど、あとは60歳定年で再雇用になる者、まだ現在の会社にいられる者、新天地に羽ばたこうという者など、さまざまだけれど、いずれにしても働くのはあと5年前後だろう。その残り少ない勤め人としての日々をどう過ごすか、そしてその後の人生をどう過ごすか、なかなか重要なテーマとなってきている。
 若い頃の登山を再開している者、タップダンスを習い始めている者などもいて、余暇の過ごし方もいろいろ。そうした趣味をいかに充実させていくのかも大切なテーマだ。


2018.6.1(金)
▼義母の姉が亡くなったので、告別式に参列するため車で千葉の天津小湊に向かう。
 車のカーナビが古くなってきたのでスマホのカーナビアプリに従って車を走らせたところ、いつもとはぜんぜん違う道に誘導されて慌てるが、新しい道が出来ていて、そちらの方が短時間で到着するということらしい。
 しかし、片道で3時間はやっぱり遠いなあ。

 式は、日蓮聖人生誕の地に建立された誕生寺にて執り行われた。歴史のある立派なお寺だ。
 亡くなった伯母は大正15年生まれの93歳。何年も前から寝たきりだったこともあって、参列者の間にも「本人もようやく楽になれてよかったね」という空気があった。若い人の葬儀と違って、その点は気が楽だ。
 義母の実家は、もともと地元の名士の家で、お寺とも檀家としての付き合いが長かったとのこと。数年前に亡くなった叔父も、檀家総代を務めていた。そのせいか、住職の読経もやたらと力が入っていて、1時間以上もかかっていた。
 そして、読経のあとの住職のお話も、長年にわたってお付き合いのあった本人に直接呼びかけるもので、ちょっと泣かされてしまう。まさか、住職のお話で泣かされるとは思わなかった。

 通常、歳とった方の葬儀だと、身内だけでひっそりと行うことが多いだろうと思うのだけれど、義母の兄弟姉妹は全部で9人おり、その子ども、孫、ひ孫なども参列するので、人数の多い立派な葬儀だった。ひ孫だって、すでに大人だしね。

 自分の知っている葬儀だと、告別式の後で火葬場に行くのだが、ここの葬儀では亡くなってすぐに荼毘に付し、通夜、告別式ではすでにお骨となっていた。
 そして、告別式の会場から喪主が骨壺を抱き、参列者全員が行列となってお墓に向かい、納骨の儀が行われる。このような葬式を「骨葬」と言うのだそうだ。だから、よくある出棺の見送りというようなものはない。地域によって随分と違うものなのだと驚かされる。

 葬儀のあとは、近くのホテルでの会食。ここは、義母の実家との繋がりの深いホテルなので、わが家が家族で海に遊びに行く時にも必ず使っているホテルなのである。だから、ホテルの人たちとも顔見知りで、フロントで顔を合わせるなり「孫が二人になったので、今年は来られないけれど、来年はちっちゃいのを二人連れてきますから」「うちも子どもが今年就職です」なんて会話をすることになってしまう。
 この天津小湊という土地は、田舎というものを持たないわが家にとって、夏休みに帰ることのできる田舎のようなものなのだ。

 帰る時には、でっかい返礼品を渡される。以前にもびっくりしたのだけれど、こっちの葬儀だと返礼品の量が半端ないのだ。
 電車で来ていた義弟には、義母の分と2つ渡されたのだけれど、とても持って帰ることなどできず、うちの車で持って帰ることになる。
 そして、3時間かけて嫁さんの実家まで車を走らせて、義母に葬儀の報告をする。歳とって足腰の衰えた義母は、葬儀には参列しなかったのである。

海ほたるから撮った写真

▼返礼品の中に和菓子の三笠山があり、嫁さんの実家では2箱あっても食べきれないからと、こっちにまわしてくれた。
 帰宅した嫁さんがその箱を開けて、父親に「おひとついかがですか?」と勧めたら「そんなに食べられるかなあ」と言いながらひと箱まるごと持っていってしまった。
 いや、「おひとつ」というのはひと箱じゃなくて、あくまでも開けた箱の中の「ひとつ」なんだけどね。糖尿病患者に、三笠山をひと箱まるごと食わせたら、さすがに問題じゃん。だけど、そういう常識の通用しない人なので、仕方なくひと箱譲ったのでした。
 翌日には、そのひと箱が見事にカラになっていたのだけれど、本当に糖尿病なのか、この人?


2018.5.31(木)
▼通勤に利用している駅前の駐輪場が8月いっぱいで閉鎖になると知らされる。
 これは困った。
 おそらく、今頃はこの駐輪場を利用している人が周辺の駐輪場に押し寄せて、あっという間にどこもいっぱいになっているはず。
 残っているのは、とっても不便な場所にある駐輪場だけだろう。というか、不便な場所でも空きがあれば御の字なのかもしれない。
 駐輪場が確保できなかったら、通勤できないぞ!
 うーむ、困ったぞ。


2018.5.30(水)
▼かゆみ止めの薬を飲んでいるのだけれど、むちゃくちゃ眠くなる。仕事にならん!
 電車の中で本を読もうとしても、睡魔に襲われてまったく読めない。
 夜も、起きていられず、あっという間に寝てしまう。
 ちょっと、いくらなんでも副作用が強すぎないかあ!

▼薬のおかげでようやく痒みが軽くなってきたと思ったら、今度は背中が痛くなってきた
 背中の筋を痛めたような感じで、背筋を伸ばしたりして背筋に負荷がかかったりすると、時としてかなり激しい痛みが走る。特に思い当たる原因はないんだけどなあ。
 おかげで、今夜のテニスのレッスンはおやすみ。
 なんで、こうもあとからあとから、具合の悪いところが出てくるかなあ。


2018.5.29(火)
富田常雄『春の鼓笛』湊書房を読了。
 うーん、ストーリーを紹介するのが難しい。要するに、清く正しい主人公たちの純愛模様があって、彼らがあとからあとから襲いかかってくる困難に立ち向かうという物語だ。
 主人公は大学に通う裕福な家の次男坊だが、ある日、父が女中に生ませた子が自分であるという出生の秘密を知り、家を出てしまう。その主人公の兄はどうしようもない不良で、誰からも愛される弟に嫉妬して、さまざまな罠をしかけていく。
 主人公が愛するヒロインは、バーで踊り子をしている姉と二人暮しをしている貧しい花売り娘。その美しさゆえに、繰り返し男たちに襲われるのだが、常に危機一髪のところを救われる。
 というわけで、むちゃくちゃ通俗的な大衆小説なわけだけれど、主人公のかつてのフィアンセとか柔道家でもある大学の友人とかのエピソードもあれこれ絡んでいき、まるで飽きさせない。かつての人気小説家であったということがよく分かる作品なのだ。
 そして、最後は余韻を残しながらも、すべて性善説に則った終わり方となる。見事なまでの通俗大衆小説だ。かつては、こういう小説がみんなに愛されたのだよね。

▼ブヨに刺された足の痒みは「ムヒアルファEX」が効いたのか、だいぶおさまってきていたのだけれど、腕の方はやたらあちこちにできた小さなブツブツの他に、何かにかぶれたようになっている箇所が何ヶ所もあって、これがかゆくてかゆくて、どうにも我慢できない。
 これはもう病院に行った方が早いなと思って調べてみると、会社のすぐ近くにある病院が皮膚科もやっているということを知り、さっそく仕事が終わるなり駆けつける。

 初めて利用する病院だったのだけれど、なんだか覇気のないお医者さんで、思わず「眠いんですか?」と聞きたくなってしまうようなキャラクター。
 患部を見て、なんの説明もなく「飲み薬と塗り薬を出しておきましょう」。
 「やっぱり虫刺されですか?」と聞くと、「ダニかなにかかもしれませんねえ」。
 ううっ、なんかイライラする。もっと、しゃきっとしろよ。

 出してもらった処方箋を持って近くの調剤薬局に行くと、そこの薬剤師さんから「この飲み薬、一緒に飲むように言われました?」と聞かれてしまう。
 普通は、一緒に処方されることのない薬で、「よほど痒みが強いということなんでしょうかねえ」と首をかしげている。
 この時点で、さっきの医者が藪医者であることを確信。

 飲み薬が3種類、塗り薬が1種類。
 塗り薬はびっくるするほど大きな容器に入っているのだけれど、長期間保存のきかない薬なので、今回の治療が終わったら廃棄してくれと言われる。だったら、もっと小さな容器でいいじゃん。なんで、そんなたっぷり処方するように指示を出したんだ、あの医者は?


2018.5.28(月)
▼足のあっちこっちにブヨに噛まれた真っ赤な痕があってむちゃくちゃかゆいのだけれど、今度は両腕に小さな虫に刺されたような痕がごっそり生じてきて、これがかゆいのなんの(涙)
 なんなのだろう、これは? ダニ? でも、両腕のテニスウェアから出ていた部分なんだよなあ。
 ううっ、かゆいよお!
 嫁さんが引っ張り出してきた期限切れとおぼしき「ムヒアルファEX」をかゆい部分に塗りつけてみる。

▼1ヶ月ぶりにフィリピン映画のDVDを買いに行ってみる。
 新入荷の作品が何枚かあって、その中からこの3枚を購入。

【My Fairy Tail Love Story】
 ジャネリア・サルヴァドール主演のファンタジー・コメディ。ある朝起きると、お金持ちのお嬢様が人魚になっていたという作品で、観たいと思っていた作品なのだ。
【Mr. & Mrs. Cruz】
 今年の大阪アジアン映画祭で上映された作品。新婚旅行で行ったエルニドが舞台となっているので、これまた観たいと思っていた作品なのだ。
【Meet Me In St. Gallen】
 "Camp Sawi"のアイリーン・ビレモー監督、ベラ・パディーリア主演ということ以外、ぜんぜん知らないのだけれど、"Camp Sawi"はいい作品だったので、これも期待できそう。

 ただし、3枚とも英語字幕はなし。英語字幕はなくても、観たい作品ではあるのだけどねえ。内容を把握できるだろうか?


2018.5.27(日)
▼4時半に目覚めてしまう。このところ、本当に朝早く目が醒めてしまい、「年寄りは朝が早い」を見事なまでに具現化してしまっているのである。
 今回の参加者で最長老のS野さんも起きてきて、「風呂に入ってくる」と言うので、「この時間はまだ入れないんじゃないですか」と言ったのだけれど、「そんなことないだろ。ふつう、24時間入れるだろ」と言ってタオルを持って部屋を出て行く。
 そして、しばらくしたら「掃除中って看板が出ていて、入れなかった」と戻ってきた。だから言ったじゃない。「ふつう、掃除なんかしないだろ!」と怒っていたけれど、それはあなたの「ふつう」であって、一般の人の「ふつう」では掃除するんですよ(笑) 年寄りは自分の思い込みを修正できないのである。他山の石として、気をつけよう。
 「何時になったら入れるのか、フロントに聞いてみる」と言って、フロントに電話を入れるが、誰も出ない。そりゃそうだよ、まだ5時前だもん。
 ちなみに、僕より2歳年上のT内さんも起きていたとのこと。やっぱり、年寄りは朝が早いんだ。S野さん、T内さん、それに僕の3人が、今回の参加者の中の長老格なのである。

▼6時半になったところでテニスウェアに着替えてコートへ行き、早朝練習。参加者は若者3人&HORさんに僕。HORさんと僕は昨夜ガッツリ飲んでいるので、さすがにフラフラしているが、若者3人はアルコール控えめで睡眠時間たっぷりなので、元気はつらつオロナミンC状態だ。
 その5人でダブルスをやっているところに女性3人がやってきたので、1面でシングルス、1面でミックスダブルスをやることにして、ジャンケンで僕が若者とシングルスをやることになってしまう。無理! なんとか2ゲームはもぎ取ったものの、それが限界で2-4で負け。
 8時まで早朝練習をやってから、食事に行き、ふだんは食べない量の食事をガッツリ食べて、お腹が重い状態でコートに戻る。

▼そして、9時から12時まで、昨日と同じように乱数表を使ってのダブルスを続ける。
 だけど、さすがに疲れが溜まってきているようで、集中力も低下し、昨日のようには勝てない。そりゃ、しょうがないよな。
 だんだんフルスイングして打ち込もうとする際のタイミングが合わなくなってくるのだけれど、そこでバックスイングを小さめにしてコンパクトなスイングを意識すれば対応できるということが判明。これは、ちゃんと覚えておこう。

▼12時になったところで撤収して、ホテルのレストランで食事。ついつい中生を頼んでしまい、ゴクゴクプハーッをやってしまう。運転手の諸君、誠にすまん。だけど、運動の後のビールのおいしいこと。
 温泉に入って汗を流して、合宿終了。
 ホテルの体育館では、本日、キックボクシングの試合があるということで、昨日からリングの設営が行われていたのだけれど、今日はごっついお兄ちゃんとかがウロウロしていて、ちょっとヤンキーっぽい匂いを発散させている観客たちが続々と集まってきていた。

▼帰りもU海さんの運転するクルマに乗せてもらい、助手席で眠らないように必死に頑張る。やっぱり、運動の後の中生は効く!
 で、ふと気が付くと、後ろの席のA吉さんが沈没しているではありませんか(笑)

▼夜、テレビで錦織の試合があったので観ていたのだけれど、その半分以上は椅子に座ったまま意識がなくなっていたように思う。若者はさらにシングルスの練習に行っていたらしいのだけれど、さすがにそれは無理だ。


2018.5.26(土)
池井戸潤『空飛ぶタイヤ』実業之日本社を読了。
 タイトルから航空機に関する小説かと思っていたら、走行中にトラックからはずれたタイヤが宙を飛んで、歩行者を直撃する事故に始まる物語だった。
 その加害者となってしまった運送会社は整備不良を指摘され、銀行に手をひかれ、大手の取引先にも取引中止を申し渡され、倒産の危機に陥るのだが、車体そのものに構造上の不具合があるのではと疑った運送海社の社長は、大手自動車メーカーを相手に無謀な戦いに乗り出すのだった。

 相変わらず、主人公が四面楚歌に陥り、にっちもさっちもいかない状況から起死回生の一手を打つまでの物語である。はっきりいって、その展開はワンパターンではあるのだけれど、それでもぐいぐいと読まされてしまう。主人公の陥った状況が理不尽なもので、しかもそれをひっくり返すスベがいかにもなさそうな設定ゆえに、読者はすっかり主人公に感情移入をしてしまい、「こんな理不尽なことに負けるんじゃないぞ。頑張れ!」と思わずこぶしを握りしめてしまうのだ。
 読者にそう思わせるためには、毎度毎度、徹底した悪役を用意するのも池井戸潤のお約束の手口で、今回も零細企業である主人公を潰すために、大手自動車メーカーの経営者、役員たちが次から次へと卑怯なふるまいに及び、主人公及び読者をとことん悔しがらせる。主人公の取引銀行が実に憎らしい対応をするのもお約束で、今回もとことん憎ったらしいセリフを連発してくれる。
 いつものお約束の展開ながらも、やっぱり読み出したらやめられないのが池井戸潤なのでありました。

▼今日明日で、テニススクールの仲間でのテニス合宿
 会場は鹿沼にあるニューサンピア栃木。近いし、予算もとってもリーズナブルで、去年も利用した会場だ。
 今年もU海さんの車に乗せてもらう。
 あまりにも早く着きそうだったので、羽生のSAで休憩をいれて時間を潰すと、その目の前を他のメンバーの乗った車が通過していく(笑)
 鹿沼インターで降りて、すぐ近くにある「田中屋」というそば屋に車を入れると、その目の前をまた別のメンバーの乗った車が通過していく(笑)
 ざるそばにミニかき揚げ天丼のセットを食す。ざるそばの薬味として大根おろしが山盛りついてきたのが、なかなかグッド。美味しゅうございました。



▼13時からテニス。軽くアップしたあとは、乱数表を用いてのダブルス。参加人数は20人で、コートは3面。この人数だったらコート4面でもよかったかな。
 こちらは比較的調子がよく、このところずっと不調だったのが嘘のように勝ち続ける。レベルの違う勢いのあるボールを打ってくる若者3名にも勝って大満足。
 当初17時までの予定だったのだけれど、希望者のみで1時間延長。でも、ほとんどのメンバーが延長して続けていた。どんだけテニスが好きなんだか。
 最後の方で疲れてきてひとつ負けたけれど、あとは全部勝ち。すごいじゃん。

▼慌ただしく温泉で汗を流して、宴会。けっこうガッツリ食べて、ガッツリ飲む。
 そのまま、宴会部屋での飲み会に突入。若者は早々にリタイヤして、おっさん&おばさんたちで延々と飲む。
 その片隅で恐い話が始まっていたので、身内が病院で経験した(心霊現象的な)恐い話を披露したところ、現役の看護師さんから「そんなん、しょっちゅうある」と簡単にいなされてしまった。
 お返しに聞かされた、誰もいない病室から夜中に繰り返すナースコールが鳴らされるという話が恐すぎる。入院患者がいなくても、ナースコールが鳴ったらその病室を見に行かないわけにはいかないのだとか。うーん、絶対にイヤだぞ。
 アルコールをたっぷり注入して、12時にお開き。


2018.5.24(木)
要はる『ブラック企業に勤めております。』集英社オレンジ文庫を読了。
 「個性的すぎる面々が集う、超絶ブラック企業」とあったけれど、従業員が変人揃いというだけで、決してブラック企業というわけじゃないと思うなあ。本当のブラック企業を題材とした小説だったら、こんなに楽しい雰囲気の小説にはならないだろうし。事務員として務める主人公だって、ぜんぜんお勤めを嫌がっている様子もないしね。
 というわけで、タイトルに偽りありだけれど、地方都市のタウン誌発行に関するあれこれを知ることもできる、楽しい読み物でありました。


2018.5.23(水)
東直己『ライト・グッドバイ』ハヤカワ文庫JAを読了。
 ススキノ探偵シリーズの第8弾。
 誘拐され、おそらくはすでに殺害されているであろう2年前の女子高生行方不明事件。〈俺〉は、なんだかよく訳の分からないうちに、その容疑者と親しくなって、家の中に入り込み、幽閉されているその女子高生もしくは死体を探し出すというミッションを受け入れることとなってしまう。だが、その容疑者の男は、最低最悪、きわめて不愉快なキャラクターで、〈俺〉は耐え難い時間を過ごすこととなってしまう。いなくなった女子高生の笑顔のために、その耐え難い時間を耐え続ける〈俺〉なのだったが…。
 というわけで、本書の最大の見どころは、その不愉快きわまりない容疑者の描写であり、その究極まで不愉快な時間を必死に耐える〈俺〉の描写であったりする。いやあ、東直己、よくぞまあここまで不愉快なキャラクターを創造したものだ。自分なら、絶対に耐えられない。
 でも、一方で、アンジェラという、これ以上はないというほど魅力的なキャラクターも登場してくる。このアンジェラ、他の作品にも出てくるのか? もうちょっとお付き合いしてみたいキャラクターだぞ。


2018.5.21(月)
行田尚希『路地裏のあやかしたち3』メディアワークス文庫を読了。
 ある地方都市の、小さな街の路地裏にひっそりと店を構えている表具店。実は、そこで暮らす若く美しい表具師や、そこに出入りするさまざまなキャラクターたちは、みんな妖怪なのだった…というシリーズの第3巻。
 毎回、妖怪たちとかかわることになってしまった高校生の主人公が、掛け軸などに関するトラブルを妖怪たちとともに解決していくという趣向なのだが、表具という馴染みのない世界を垣間見させてくれるなかなか面白いシリーズなのだった。だけど、この第3巻でシリーズもきれいに完結。ずるずると、いくらでも書き続けることの可能な設定ではあるのだけれど(畠中恵の「しゃばけシリーズ」のように)、それを主人公の成長にからめてきれいに終わらせた著者の潔さを高く評価したい。

 著者は、このシリーズの後にも何冊か出しているようなので、そのうち読んでみよう。


2018.5.20(日)
▼テニスオフで申し込んで11時から13時まで健康福祉村でテニス
 初めて参加する主催者さんのオフだったのだけれど、行くと偶然にもかつて同じスクールに通っていた知人がひとり。スクールをやめていたとはぜんぜん知らなかったのだけれど、2年前に辞めていたのだとか。テニススクールとかって、そうやって知らないうちに辞めていたりするんだよね。

 参加者のレベルは中級ぐらいかな。あまり厳しくないので、ほんのちょっとだけ物足りないというか、あまり緊張感なくプレイができるという感じ。
 ただし、先週に引き続き、攻めようとするとミスるシーンが多い。うーん、どこが悪いのだろう?
 でも、あまり攻撃的なテニスをすると浮きそうなメンバーだったので、丁寧なテニスを心がける。それでも、知人からは「いちばんバコバコ打ってましたね」と言われてしまったのだけれど。

▼15時からも健康福祉村でテニスの予定となっていたので、池の近くにある木陰でコンビニで買ってきたパンを食べ、のんびりひっくり返って本を読み、軽くお昼寝までしてしまう。暑くもなく、寒くもなく、実にほどよい天気で、とっても気持ちがいい。こういうのんびりした時間も持たないとね。

▼15時になったところで再びテニスコートへ。いつものテニス仲間とダブルスを2時間
 今度は遠慮なく打てるメンバーなので、思いっきり打っていくのだけれど、やっぱりミスが多い。うーむ、フォームが乱れているのかなあ?

▼フィリピン映画『Finally Found Someone(2017年)』をようやく観終える。途切れ途切れに観たので、意外と時間がかかってしまった。

 結婚式の当日、新郎のランディ(エンチョン・ディー/ENCHONG DEE)が現れず、彼を探して花嫁姿のままあっちこっちを駆けずり回るエイプリル(サラ・ヘロニモ/Sarah Geronimo)。彼女はその様子をネットにアップされて、すっかり話題の中心となってしまう。
 が、新郎の父である市長(デニス・パディリア/Dennis Padilla)にしてみると、いずれは政治家の道を歩ませたいと思っている息子の悪い評判はなんとか払拭しておきたい。そこで、自分が影響力を持つ広告代理店になんとかするようにと圧力をかけ、その担当にされたのがラフィ(ジョン・ロイド・クルーズ/John Lloyd Cruz)だった。
 ラフィはエイプリルの幸せそうな映像をネットにアップすることで、ランディの悪評を消し去ろうと画策するのだが…。

 どうも僕はジョン・ロイド・クルーズとの相性が悪いようで、『汝の父を敬え(HONOR THY FATHER)』以外でいいと思ったことがない。色白、丸顔、童顔というのは、いまいち日本人好みではないと思うのだ(ココ・マルティンなんかも、この色白、丸顔、童顔なので、フィリピン人の好みではあるのだろう)。役柄も、いまいちキリッとしたところのない、なんかふにゃふにゃしたようなキャラクターが多いし。大ヒット作の『ONE MORE CHANCE』『A Second Chance』にしても、ひたすら未練がましいうっとうしいキャラクターだったし。
 で、本作におけるジョン・ロイド・クルーズも、いまいちピンと来ない。魅力が感じられないのだ。
 対するサラ・ヘロニモはというと、なぜか本作に限って精彩を欠いているような気がするのだが。『The Breakup Playlist』『Maybe This Time』で見せていて溢れるようなエネルギーが感じられないのだ。2年振りの主演映画なのだというのに。
 というわけで、主演二人に魅力が感じられず、映画そのものもいまいちという印象に終わってしまった。

 そもそも、脚本に工夫が感じられず、どうしてこんな起伏のないストーリーで2時間5分もの長さの映画になっているのかが理解できない。単調なんだよなあ。
 監督はテレビを中心に仕事をしているテオドール・ボボロル(Theodore Boborol)。劇場映画は、2015年の『Just the Way You Are』、2016年の『Vince & Kath & James』に続く本作が3本目。『Just the Way You Are』はよかったんだけどなあ。

 エンドクレジットを見ると、またしてもルビー・ルイス(Ruby Ruiz)が出ていたようなのだけれど、またしてもまたしても気がつかなかった。もしかすると、自分の見たフィリピン映画の中で、いちばん多く出演している女優が彼女ではないかと思っているのだけれど、いったいいつになったらルビー・ルイスを顔認識できるようになるのだろう。



2018.5.19(土)
▼結婚記念日のお祝いで、ちょいと奮発して小島屋にうなぎを食べに行く
 うまかーっ!

▼今日は昼間っからビールを飲んじゃったので字幕を読む気力がなくなり、録画してあったブルーレイを引っ張りだして『ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦』を観てみる。
 いやあ、楽しかった。横浜から東京まで、ザ・スパイダースの面々がひたすらまっすぐに歩くというだけの物語。よくぞ、そんなシンプルな設定の脚本を思いついたもんだ。脚本を書いたのは、倉本聰&才賀明。倉本聰って、こんな脚本も書いてたのね。
 そこに、懐かしい歌がバンバン挟み込まれていく。
 共演は、松原智恵子、山内賢、和田浩治などなど。イーデス・ハンソンとか林家こん平、柳家金語楼などといった顔ぶれもなんとも懐かしい。あたりまえだけれど、みんなめちゃくちゃ若い。1967年の作品だもんな。
 監督は斎藤武市。



2018.5.18(金)
結婚記念日であります。なんと、いつの間にか結婚して32年がたってしまいました。自分の人生の半分以上を嫁さんとともに暮らしていることになります。基本的に平和で幸せな結婚生活であり、そのことに関してはひたすら嫁さんに感謝。

織部泰助『僕の瞳に映る僕』メディアワークス文庫を読了。
 『眼球蠱聞』という世に二十冊しか出されていない奇怪な小説に書かれた通りに、奇妙な連続通り魔事件が発生する。その捜査に乗り出すふたりの刑事、花霞紅莉と捌津茅晋助。だが、ふたりに襲いかかるのは、眼球と人形をめぐる奇怪なできごとであった。
 というわけでホラー小説なのだけれど、本作がデビュー作となる作者の嗜好が自分の好みとはちょっとずれていて、いまいち読みにくかった。なにしろ、登場人物の名前が読めない。登場人物に花霞紅莉、捌津茅晋助といった名前をつけるセンスがそもそもどうかと思う。しかも、文章がいまいちこなれていない。ラストシーンも、読者を置いてきぼりにして、作者が独走してしまっている。
 ミステリー的な設定はツイストが効いていて面白いとは思うのだけどなあ。もう少し読者に寄り添った書き方ができるようになれば、化ける書き手かもしれないが、現状ではいまいちといったところか。


2018.5.16(水)
▼朝、出勤途中の新宿二丁目の交差点で、若い女の子から「スミマセン、コレ、ワカリマスカ?」と片言の日本語で話しかけられた。
 見ると、首からぶら下げたカードに「●●新宿三丁目店」という和食チェーン店の店名が書かれている。
 どうやら、バイトの女の子なのだけれど、迷子になってしまったらしい。
「三丁目ならあっちだよ」といま渡ってきた交差点の反対側を指さしても、まだ不安そうな顔をしているので、スマホで店の場所を調べて、「交差点を渡って、あっちの方の角だよ」と教えてあげる。
 でも、やっぱり不安らしくて「イッショニ、イキマスカ?」と言ってくる。
 仕方がないので、一緒に交差点を渡って、お店の方へ。
 国を聞くと「ベトナム」とのこと。
 たぶん、日本の学校に通いながらアルバイトをしているのでしょう。大変だよなあ。自分だったら、とてもじゃないけれど、そんな根性はないもんなあ。

 お店の見えるところまで連れて行くと、ニッコリして「アリガトウゴザイマシタ」。
「お仕事、頑張ってね」

 時計を見ると8時57分。
 仕事が9時からだとすると、かろうじて間に合ったかな。

東直己『駆けてきた少女』ハヤカワ文庫JAを読了。
 相変わらずのリーダビリティの高さはさすが。で、グイグイ読まされていると、あれ?あれ?となってくる。これ、別で読んだ話だよな。この設定、この世界、別の作品で読んだよな。この耐え難いほどエグイ設定は、絶対に別の作品で読んでるよな。だけど、読んだ本のことはかたはしから忘れてしまうザル頭ゆえ、どの作品で読んだのか思い出せない。
 関口苑生の解説を読んで、それが『ススキノ・ハーフボイルド』であると教えられる。調べてみると、2016年9月に読んでいる。その時の感想には「なんとも後味の悪い結末で物語は幕を閉じる」とある。くそっ、まるっきり覚えていないぞ。
 しかもこの作品、畝原シリーズの『熾火』にもつながっているのだという。おいおい。この畝原シリーズ、1作目の『待っていた女・渇き』しか読んでないんだよ。シリーズ第4作の『熾火』には、まだまだ辿り着く予定はないのだよ。きっと、辿り着いた時には、この『駆けてきた少女』の内容なんて、きれいさっぱり忘れているぞ。うーむ…。


2018.5.15(火)
▼息子から孫の写真が送られてくる。
 あまりにも大量すぎて、目を通すだけで大変。
 こうやって、ハードディスクの中に、どんどん孫の写真が溜まっていくのだけれど、溜まりまくった写真をどうすればいいのだろう?

▼さて、そろそろ風呂に入らなくちゃな…などと思いつつ、部屋でひっくり返っていたら、そのまま寝てしまって、気が付けば11時半。なんだか、風呂に入る気力もなく、そのまま布団をひいて寝てしまう。
 そんなに疲れているのかなあ。


2018.5.14(月)
行田尚希『路地裏のあやかしたち2』メディアワークス文庫を読了。
 表具というちょっと変わった職業を題材として、それを路地裏にひっそり住み着いている妖怪たちの話と絡めたシリーズの第2巻。第1巻同様、さらさらっと読めてしまう。読み終えてしばらくしたらまるっきり内容を思い出せなくなってしまうのは、こちらがザル頭だから仕方がないのだけれど、そうやって強い印象は残さないものの、すらすら読めてしまう小説というのも大切だよなと思っている。
 手元にはまだ第3巻があるので、あまり間を置かずに読んでみよう。


2018.5.13(日)
▼午前中は健康福祉村でダブルスを2時間。コート1面に8人いたので、体力的には余裕だ。
 昨日の反省でバコバコ打ち込む練習を意識したのだけれど、バックアウトしてしまうことが多かった。フォームが崩れているのだろうか?
 昨日の試合でまったく入らなかったファーストサーブは、打点を少し前にずらすことでかなり確率が上がった。抑えが効かずに飛びすぎてしまう時には、打点を前にずらす意識を持った方がよさそうだ。

▼帰宅してそのまま嫁さんを車に乗せて、北浦和にある埼玉県立近代美術館へ行き、県展に応募する作品を搬入する。
 もう何年も連続して県展には入選しており、入選するのが当たり前という感覚になっている。すごいな。
 受付も、一般の窓口ではなく、県の美術家協会の会員用の窓口だったりする。いやはや。

▼サラ・ヘロニモ&ジョン・ロイド・クルーズ主演のフィリピン映画『Finally Found Someone』を観ているのだけれど、観ている途中で睡魔に襲われてしまうので、なかなか見終わらない。今日こそはと思ったのだけれど、やっぱり睡魔に襲われて英語字幕を読む気力がなくなってしまう。
 そんなにつまらない映画というわけではないのだけれど、なぜなんだろう。いまいち、主演のサラ・ヘロニモとジョン・ロイド・クルーズに魅力が感じられないせいかなあ。

▼母の日ということで、娘が夕食の仕度をすることに。だけど、その材料を買いに行くのは僕と嫁さんだったりするんだよなあ。わたしらは、君のパシリか?


2018.5.12(土)
▼今日はテニスのシングルスの試合に出る予定があったというのに、昨夜はダラダラと録画してあったテレビ番組なんかを観てしまい、ネタのは夜中の2時半。
 そのくせ、朝は5時半ぐらいに目が醒めてしまう。年寄りは朝が早いというけれど、本当にその通りで、このところ夜遅く寝ても、朝は早くに目が醒めてしまうのだ。
 仕方なく、寝床で本を読んだりしていたのだけれど、どう考えても睡眠時間3時間というのは、睡眠不足だよなあ。絶対に試合に影響あるよなあ。

▼家の玄関脇に生えているグレープフルーツの樹が、今年はどういうわけかめちゃくちゃ元気に枝を伸ばしている。元気に枝を伸ばしたところで、グレープフルーツの実がなるわけでもなく、ただただ邪魔なだけなので、物置から高枝挟みを引っ張り出してきて、バッサバッサと枝を刈り込んでいく。
 が、枝を刈るのは楽なのだけれど、それをゴミ袋に突っ込むのは意外と大変だったりする。そのままゴミ袋に突っ込めるわけもなく、手頃な大きさに裁断していかなければならないからだ。しかも、ゴミ袋に入る大きさに切っただけでは枝やするどいトゲがゴミ袋を引き裂いてしまうので、小さく小さく裁断しなければならないのである。
 しかたなく、玄関の外の道路に座り込んでその作業を延々とやった結果、すっかり腰が痛くなってしまう。

 グレープフルーツの樹には、毎年、アゲハチョウがやってきて卵を大量に産み付けているので、切り落とした枝にもちっちゃな芋虫がたくさんついていたのだけれど、仕方なくそのままゴミ袋に突っ込んでしまう。ごめんな、みんな。

▼ジョグ之助を埼玉大学まで走らせて、埼玉大学のテニスコートで開催されている、シングルスの初級者大会に出場する。
 初級者大会と言っても、過去3回出場して、3回とも「初級者なんてひとりもいねえじゃないか!」という大会である。1回目と2回目はブロック予選で2位になって、2位トーナメントで優勝。3回目は6人の総当たりで試合をやって、5試合目で力尽きて準優勝という過去履歴のある大会である。自分と同じくらいのレベルの出場者が揃うので、修業にはとっても適当な大会なのだ。

 が、本日は明らかに寝不足である。そして、グレープフルーツの樹と戦った結果、腰がひどく痛くなってしまっている。
 うーん、こんな状況でシングルスなんてできるのか? いまいちテンションも上がってこないぞ。

 今日の出場者は9名で、3人ずつの3ブロックに分けて総当たりでのブロック予選をおこない、そのあとで1位同士の総当たり、2位同士の総当たり、3位同士の総当たりをおこなうという流れ。つまり、1人4試合となる。前回は5試合やって死んだけれど、4試合だったらなんとか大丈夫だろう。

 初戦の相手は40歳前後のサウスポー。サウスポーというだけで苦手意識が前面に出てきてしまい、勝てる気がしなくなってしまうのだけれど、実際にいいボールを打ってくる。はっきりいって、ボールの勢いという点では相手の方が上だ。
 だけど、そこをなんとかしのいでボールを返していれば、むこうが先にミスってくれるので、結局は6-0で勝ってしまう。でも、6-0というゲーム数の差ほどには、力の差はなかったと思う。
 自分としては、それほど攻めることなく、必死につないでいたつもりだったのだけれど、終わったあとで「パワフルなテニスに負けました」と言われる。「パワフルなテニス」なんて、まったくしたつもりはなかったのだけれど。

 2回戦の相手は、本来の意味での初級者さんだった。あまりボコボコ打ち込むような試合も大人げないような気がして、逆にどういうテニスをすればいいのか分からなくなってしまう。分からなくなったところで1ゲーム落としてしまったのだけれど、さすがに危なげなく6-1で勝ち。

 かくしてブロック予選を1位抜けして、1位同志の総当たり戦に進出。
 その初戦の相手は27歳の若者。そこそこミスが少なく、丁寧につないでくるタイプだけれど、ここぞというところではキッチリ打ち込んでくる。ところが、その攻撃の場面でミスが出てくる。
 しかし、こちらも同じで、甘いボールを打ち込もうとすると、ことごとくミスってしまう。どうやら、ここに来て体調の悪さが表面化してきたという感じ。
 かくして、お互いにここぞという場面で攻めてはミスり、攻めてはミスりという展開に。
 やむなく、攻めを封印して、ひたすらしこる。でも、あまりにも攻めごろのボールが来ると、我慢できずに打ち込んでしまい、そこでミスってしまう。相手も同じで、ひたすらつないできて、たまに攻めてはミスってしまう。
 それでも先行して4-1となるのだけれど、そこで攻めてミスり、つなぎすぎてチャンスボールを決められてという嫌な流れに入り込んで4-2。次のゲームも同じように自分のやることがことごとく裏目にでてフォーティオールの1本勝負となってしまう。ここを落とせば、相手に流れがいったまま4-3となり、なんとなくそのまま負けそうな雰囲気である。このまま守りに入ったテニスを進めるべきか、あるいはチャンスボールを攻めるべきなのか、自分がどうすればいいのかよく分からなくなってしまう。
 が、危ういところで相手にミスが出て5-2。おそらく、ここが勝負の分かれ目だったのだと思う。ここを落とせば、そのままズルズルと相手のペースにはまって逆転されていた可能性が高かったのではないだろうか。
 次のゲームはひたすらつないでつないでつなぎまくってマッチポイントを奪い、最後はネット前まで引っ張り出されたところを抜かれそうになったボールに、膝をすりむきながらの執念のダイビングキャッチでゲームセット。6-2で勝ち。いやあ、苦しかった。
 お互いにさんざんコートを走りまわってボールを返し続けた長い試合だったのだけれど、最後には若者の方が先に足に来ていて動けなくなっていた。いつもなら自分が先に動けなくなるところなのだけれど、ランニングの効果が出てきたという感じだ。

 そして最後の相手は3月にも対戦していて、その時にはドロドロの消耗戦を繰り広げて、かろうじて6-4で勝った相手だ。35歳。みんな、若いぞ。
 この試合も、さっきと同じように、ひたすら走り回ってボールを拾って返し続けるということを延々と繰り広げた。執拗にバックを打たせたり、あるいは右に左に走らせたりと、速いボールは打たずにコースを狙っていく。無理はせずに、山なりのボールをセンターに返し続けてラリーを続けてみたりもする。たまには、思いっきり打ち込んでみたりもする。でも、基本はしこりだ。自分からはミスをしないテニスを徹底する。
 結果、6-1で勝ち。中級クラスでは、ミスをしないことが最強というセオリーがみごとに具現化したような試合でありました。
 このところ、ずっとランニングをやって足腰を鍛えていたのが、ようやく実を結んだ優勝でありました。足が動かなければ、ここまでしこることもできないからね。

 というわけで、ようやく初級大会で優勝して、次回からは中級以上の大会に出ないといけないこととなってしまう。初級者大会に比べて、中級者大会は開催数が少ないから、もう少し初級者大会に出たかったんだけどね。

 ちなみに、同時開催の中級者大会には知り合いのWI田くんが出場していて、見事に優勝をかっさらっていた。相変わらず「こいつは絶対に弱い」と思わせるプレイスタイルなのだけれど、それで勝ち上がってしまうのだから本当にイヤになってしまう。しかも、絶対に決まったと思うようなボールをことごとく返すので、あれは対戦相手にしてみたらゲロが出るくらいにしんどいだろうなと、しみじみ思ってしまう試合内容なのだった。


2018.5.11(金)
▼仕事のあとで、スティーヴン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』を観に行こうと思っていた。新宿ピカデリーの上映時間が仕事のあとで行くのにちょうどよかったので、新宿ピカデリーで観るつもりだったのだけれど、5時過ぎにはもう前の方の席しか空いていなかった。
 じゃあ、ちょっと時間が空いてしまうけれど、TOHOシネマズ新宿で観ようかと思ったら、こちらも後ろの方の席はもういっぱいで、前の方しか空いていない。
 上映開始からそこそこたっているので、もうすいているかと思ったのだけどなあ。いっきに観に行く気がなくなってしまう。

 じゃあ、『パシフィック・リム:アップライジング』を観ようということにして会社を出たのだけれど、映画館に向かって歩いている途中で、急速に映画を観ようという意欲が薄れてしまい、そのまま新宿駅から電車に乗って帰ってしまう。

 このところ、いろいろなことが「なんだか面倒だなあ」って気分になってしまって、よくない流れだよなあ。

山本弘編『火星ノンストップ』早川書房を読了。
 収録作品は、ジャック・ウィリアムスン「火星ノンストップ」、マレイ・ラインスター「時の脇道」、C・L・ムーア「シャンブロウ」、ポール・アンダースン「わが名はジョー」、A・E・ヴァン・ヴォクト「野獣の地下牢」、アラン・E・ナース「焦熱面横断」、コリン・キャップ「ラムダ・1」の7編。むかしの「SFマガジン」に掲載された作品を中心に編まれたアンソロジーで、なんとも懐かしい作品、顔ぶれが並んでいる。中学生から高校生にかけて、古本屋でかき集めた「SFマガジン」は僕の愛読書だったのだ。もちろん、毎月新しく出る号も購入していたけれど、それ以上に古本屋で買ってくるバックナンバーを読むのが好きだったのだ。
 それゆえ、これらの作品を読むと、初々しいSFマニアだった日々の読書が思い出されて、なんともいえない懐かしさに襲われてしまう。いまからむかしの「SFマガジン」を読み返すなんてことは絶対にしないのだけれど、たまにはこうやって懐かしい作品、センス・オブ・ワンダーに満ちあふれた作品に触れるのも悪くはない、などと思ってしまう。
 「あとがき」によると、このアンソロジーの第2弾、第3弾の企画もあったようだけれど、売れなかったのかこの1冊だけで終わってしまっている。残念。


2018.5.10(木)
▼今日は、泌尿器科でもらった薬がもうなくなってしまったと父親が騒いだらしい。なんだか毎日騒いでいるな。
 こないだ確認した時には、泌尿器科でもらった薬だけは山のようにあって、なんでこんなにあるんだ?とあきれたくらいなので、そう簡単になくなるわけがない。
 嫁さんが確認したところ、薬局が仕分けしてくれた袋の中にちゃんと入っていたのだけれど、夜中に何度もトイレに起きたことから薬がないと思い込んでしまったらしいのだ。
 うーん…。

 で、そこで判明したのだけれど、どうやら認知症の薬を飲んでいなかったらしい。そろそろなくなるはずの認知症の薬が、ごっそりと残っていたというのだ。
 どうやら、一昨日に頭がおかしくなったのは、認知症の薬を飲んでいなかったせいらしい。そんなにてきめんに薬を飲まなかった影響がでるものなのかと、びっくりしてしまうのだけれど。

 他の病気に関してはやたらと臆病で、なにかというと病院に行って薬をもらってくるくせに、こと認知症に関してだけは悪化するのが恐くないらしく、薬を飲むのを嫌がっている。自分だったら、日々、いろいろなことが分からなくなっていくというのは、耐えられないほど恐いけどなあ。

▼今夜もランニング。
 今日は、東浦和駅方面に走ってみる。週に1~2回のランニングだけれど、その効果が出てきたのか、走る足取りが軽くなってきた。
 が、駅に向かう道は、登り坂と下り坂が交互に現れるので、登り坂のしんどいこと。ほんのちょっとした登り坂でこんなにしんどいのに、箱根駅伝でずっと山を登るヤツって、いったいどういう足をしているんだか。
 駅までの距離は約1.7キロ。長年住んでいて、初めてその距離を知ったよ。
 駅前を抜けて、ぐるっとまわって家の近くまで戻るが、まだ距離的に物足りないのでそこからさらに反対方向に走って6.26キロ。
 最初の1キロは6分36秒で走っているのだけれど、最後の1キロは7分24秒。4キロを越したあたりから、ガクッとスピードが落ちているなあ。ま、あくまでもテニスのために足腰を鍛えるのが目的で、マラソン大会に出るためなんかじゃないので速くなくてもいいんだけどね。

 しかし、こうやって夜に走っていると、ビデオを観る時間がなくなってしまうのが悩ましいところだ。


2018.5.9(水)
▼固定資産税の通知が来たのだが、それを見た父親が「医療費控除の申請をしなかったから、とてつもない金額の税金を払わなければならなくなった」と大騒ぎをしたらしい。嫁さんが留守で、母親しかいなかったのだが、その母親を相手にとんでもない大騒ぎをしたらしいのだ。
 実はうちの父親、医療費控除の申請を自分でやっていて、昨年、意気揚々と医療費控除の申請に出かけていって、追徴課税をくらってしまったのである。いくら控除になるのかというような計算をせずに、かかった医療費の一覧だけ持って税務署に行って、先方が計算したところ、控除があるどころか追徴課税となってしまったのだ。
 その時は、やたらと怒りまくったのだけれど、怒る方がどうかしている。
 そういうことがあったので、今年は医療費控除の申請をしなかったのだ。こっちがやってやると言っても、なぜか拒んで領収書を寄越さないので、まあ控除があったとしてもたいした金額ではないだろうと思って、ほっといたのである。
 そしたら、医療費控除の申請をしなかったから、追徴課税の通知が来たと思い込んでしまったらしいのである。
 外出から帰った嫁さんに対しても大騒ぎをしたらしいのだが、嫁さんがその通知を見せてもらったら固定資産税の通知だったという次第。
 とっさに何かを思い込んでしまうと、冷静に見直すということができないというのは、ただ単に歳を取ったからというだけのことではないのだろうなあ。


2018.5.8(火)
▼今朝、父親の様子がおかしかった。言っていることがよく分からないし、こちらの言っていることもよく理解できていない様子だった。

「今日も病院に行かなければ」と言い出したのだけれど、「病院からは1週間後に来てくださいと言われて、予約票ももらってきてあるでしょ」と言うと、「どこの病院だ?」と言う。
「近所のA病院でしょ」と言うと、「昨日行った東京の病院とA病院とが繋がっているのか」とわけの分からないことを言い出す。
「昨日は雨だったから1日家にいて、どこにも行ってないでしょ。それに、いまはA病院にしかかかってないから、他の病院になんか行ってないよ」と説明しても、ぼんやりした表情で、言われていることがよく理解できていないらしい。
 なにか頭の中で記憶が混乱しているようなのだ。

「病院に行くのは、1週間後だよ」
「そうか、1週間に1度通えばいいのか?」
「いや、1週間に1度通うんじゃなくって、1週間後に1度行って先生に診てもらって、その次にいつ行くかはその時に先生から説明があるから」
「じゃあ、いつ行けばいいのか、病院に電話して聞いてみる」
「だから、病院に電話する必要はなくって、来週に予約してあるの。予約票をもらってるでしょ」

 明らかに、こっちの言うことが理解できていないようで、ボーッとした表情をしている。
 うーん、これは痛み止めの薬が強すぎて、その副作用じゃないのかな。
 実は祖父がボケはじめた時に、強すぎる薬を飲んでいるのが原因ではないかと思って、その薬を取りあげたらボケがおさまったという実績がある。おそらく、父も同じことなのだろう。
 理解力がひどく低下していることを指摘すると、「少しおかしいような気はしてるんだよ」と認めはするものの、「完全に頭がおかしくなってきているから、いったん痛み止めの薬はやめよう」と言っても、「痛いんだよ!」と逆ギレするだけ。
 祖父が強い薬でボケたのは、父だって知っていたはずなのに、どうも自分のこととなるとそうした過去の経験が活かされないらしい。
 やはり、ほっておくしかないのか。

 とりあえず、明日はもの忘れ外来にかかることになっていて、嫁さんがついていってくれるというので、そこでの相談だな。
 とにかく、家族の言うことを聞かずに勝手に病院に行って、どんどん強い薬をもらってきてしまうのが、一番の問題なのだと思うのだけれど。
 それと、ギャンブル以外になんの趣味もないまま歳をとって、そのギャンブルすらできなくなったため、病院に行くということ以外にすることが何もないってのも問題なのだろうな。


2018.5.6(日)
川口市ダブルス大会ベテラン55歳の部に出場。
 ペアは去年と同じくバレーボーラーT橋さん。
 いちおう、去年はベスト4に入っているので、シードです。おかげで試合に入るのは第2ラウンドから。

 この第2ラウンドの対戦相手が、予想外なほどうまいペアだった。ひとりは速いボールをガンガン入れてくるし、ひとりはサウスポーから驚くほど曲がるサーブを打ってくるし。
 初戦はもっと楽なペアを想定していたのだけれどなあ。
 だけど、相手以上に自分が絶好調すぎて、まるっきり負ける気のしない展開になり、6-3で勝ち。
 「練習でできないことが、試合でできる男」の本領を発揮した試合でありました(笑)

 年齢別はエントリー数が少ないので、これでベスト4。
 次が準決勝なのだけれど、その相手が去年の優勝ペア。
 ちなみに、その優勝したペアを相手に、昨年は接戦を繰り広げて4-6で負けている。去年より少し上のプレイができれば、ここに勝って決勝戦にあがることだって可能なはず。
 だけど、その気持ちが強すぎて肩に力が入りすぎてしまったのか、思うようにボールをコントロールできずに2-6で負け。
 うーん、強いと分かっている相手と対戦する時に、ついつい力んでしまうのは自分の悪いクセなんだよなあ。このあたりのメンタルのコントロールが難しいなあ。

 だけど、さいたま市も川口市も、そこそこいい内容の試合ができたので、負けてもそれほど悔しさはなかった。
 さあ、次の大会に向けて、また練習をするぞ。

▼さっそく次の大会に向けて足腰を鍛えるべく、ランニングに出る。
 駅前の駐輪場に自転車を置きっぱなしにしているので、今日はそこまで走って自転車をとってくることにする。
 試合のあとなので無理をしないようにスピードを抑えて走る。
 わが家から駐輪場まで2.95キロだった。所要時間は19分59秒。スピードを抑えたつもりなのに、途中からスピードがあがってるじゃん。
 自転車で家の近くの公園まで戻り、そこでもう一度ランニング。3.05キロを走って、合計で6キロ。
 だんだん体力がついてきたのか、このくらいの距離だったら苦にならなくなってきた。ただ、6キロぐらい走ると、膝が痛くなりそうで、そこがちょっと気になっている。テニスのためのランニングなのに、それで膝を傷めてテニスができなくなったらとっても困るのだ。

池井戸潤『陸王』集英社読了。
 池井戸潤はどれを読んでも一定レベルの面白さが保証されているのだけれど、ある程度読むとワンパターンである部分が鼻についてくる。この『陸王』も、憎まれ役のパターン化された薄っぺらさ、都合のいいタイミングでの助っ人の登場など、相変わらずの池井戸潤ではある。だけど、それでいながらこの作品は無性に面白かった。企業小説とスポーツを合体させた点は『ルーズヴェルト・ゲーム』も一緒なのだけれど、なんで『陸王』の方がこんなに面白かったのだろう。
 このところ、ランニングに目覚めてしまっているので、ランニングシューズの開発がテーマとなっている本作がなおさら面白く読めてしまったということもあるのだろうけれど、それだけではなかったように思う。

▼父親がまた病院に行ってきたらしい。
 骨にヒビが入っているといころが痛いと言って、前にもらってあった痛み止めを飲んでいたのだけれど、それがきかないと言って病院に行ってしまったのだとか。
 痛いのは、おそらく転んだ時にぶつけた打ち身だろうと思う。それが痛いのは当たり前で、痛みがおさまるまでは我慢するしかないのだけれど、うちの父はそれが我慢できないのだ。病院に行こうとする父を嫁さんは止めたらしいのだけれど、それを振り切って病院に行ってしまったのだという。
「もうほっとこう。好きにさせるかわりに、面倒をみるのはやめよう」ということで家族の意見は一致しているのだけれど、それでもやっぱり必要ないのに病院に行こうとすると止めようとするし、言うことを聞かないと腹も立つ。まったくもって、困ったもんだ。

 病院に行って帰ってくるまで半日以上かかったのだけれど、病院で薬をもらえたのか、どう言われたのか、もう誰も聞こうともしない。


2018.5.5(土)
▼子どもの日である。孫2号の初節句でもある。
 となれば、取手市に住む息子の家に行き、孫たちと遊ぶしかないではないか。
 骨折のために留守番をするという父親を残して、嫁さん、母親を乗せた車を走らせる。ゴールデンウィークであり、なおかつ天気もよいので、とんでもない渋滞に巻き込まれるのだろうと覚悟していたのだけれど、渋滞などまるっきりなく、それどころかいつもよりよっぽど順調に走れてしまう。到着が12時を大きく過ぎてしまうのだろうと予想していたのだけれど、11時半には着いてしまう。

 到着すると、孫1号が飛びついてきて歓迎してくれる。嬉しいねえ。
 孫2号はベビーベッドの中でスヤスヤとお昼寝。


 孫1号は仮面ライダーや戦隊ものを観ているようで、プラスティックのブロックで作った銃を片手に「バンバン! バンバン!」と叫びながら走り回る。
 いまやっている「仮面ラーダービルド」の主題歌は、僕のごひいきのビヴァリーが歌っている「Be The One」という曲。それをYouTubeで見つけてきて孫1号に聞かせると、サビの部分で「ミートパイ♪ ミートパイ♪」と歌い出す。いや、そこは「ミートパイ」じゃなくて、「Be The Light」だぞ。だけど、「Be The Light」と歌うと、「違う! ミートパイ!」と直されてしまうのだった。
 庭に出てお砂場遊びの相手をしたり、一緒にお昼を食べたり、ようやく起きた孫2号を抱っこしたりして、たっぷり孫を満喫したのでした。

▼で、帰りは壮絶な渋滞に巻き込まれる。しかも、ゴールデンウィークの混雑による渋滞ではなく、事故渋滞なのだからイヤになってしまう。

▼息子の家でお昼を食べ過ぎてしまったので、帰宅して軽くランニング。明日はテニスの試合があるので、疲れを残さないように3キロだけ走ってあとは軽く歩いておしまい。


2018.5.4(金)
さいたま市ダブルス大会ベテラン60歳の部に出場。
 今回もペアを組むのは同じスクールのニンジャさん。スクールの試合では攻撃的なテニスができるのに、外の試合になるとおとなしくなってしまうのがとっても残念なんだよなあ。

 初戦の相手ペアのひとり、Y吹さんは、いままでにシングルス大会の初戦で3回当たったことがあり、そのたびにボコボコにされてきた相手。正直言って、とても勝ち目はない。なので、また初戦であたるのかよ!といささかげんなりしてしまうのだけれど、ま、こればっかりは仕方がない。
 Y吹さんとはすでに顔なじみで、大会で顔をあわせるたびにあれこれ話をしている相手でもあるので、今回も「また初戦でボコボコにされるんですかあ?」と会場で顔をあわせるなり声をかける。
 ま、口ではそう言っても、心の中ではなんとかして勝ってやると思ってはいるのだけれどもね。

 さて、試合開始。まずは僕のサービスから。
 これがサービスエースに始まって、きっちりキープして1-0。うん、調子は悪くない。
 次がY吹さんのサービスで、これがいいサービスが入ってきてブレイクできず。ニンジャさん、肩に力が入りすぎているのか、まったくリターンが返らず、しかも空振りまでしてしまっている。
 ニンジャさんのサーブ。まだ肩の力が抜けないのか、なんてことのないボールを普通に返そうとしているだけなのにことごとくネットに引っかけてしまう。ブレイクされて1-2。
 Y吹さんのペアのO室さんのサーブ。ぜんぜん威力がないので楽勝と思ったのだけれど、僕のリターンはボレーにつかまり、ニンジャさんは相変わらずぼよよんリターンがネットをこえない。1-3。
 僕のサーブは相変わらず絶好調でキープして2-3。
 次のリターンゲームを落として2-4。
 このあたりからようやくニンジャさんも肩の力が抜けてきたのか、ミスが減ってきてきっちりキープして3-4。
 次のO室さんの威力のないサーブが、どうしてもブレイクできずに3-5。
 追い詰められたところでの僕のサーブ。ここで、ファーストサーブを回転量の多いスライスサーブに切り替えたところ、これでエースを何本もとるのだけれど、なぜかデュースに持ち込まれてしまい、デュースを3回ほど繰り返したあげくにゲームを落として3-6で負け。

 負けはしたけれど、自分自身の試合内容はそれほど悪くはなかった。
 試合が終わった後でY吹さんと話をすると、「サービスを変えましたね。はっきり分かりました。あのサービスはいいですね。厳しい試合でした」と言ってもらえたのがけっこう嬉しかった。

 50歳の部の友人が試合を観ていてくれて、「いい試合でしたね」と声をかけてくれる。この友人に教えられたのだけれど、相手のO室さんという方、県大にも出ている方なのだとか。そんなに厳しく思えなかったのに、ぜんぜんサーブをブレイクできなかったのは、やっぱりうまかったからなのだね。
 川口市のテニス協会でご一緒していたS水さんも観ていてくれて、けっこう褒めてくれた。嬉しいぞ。

▼ジョグ之助で試合会場から健康福祉村に移動して、9時から4人でダブルスをやっていた友人たちに合流して、13時まで2時間ダブルス。
 さっきまでの絶好調がウソのように、ミスを連発。さっきの試合で今日の分の集中力を使い果たしてしまったみたいだ。強引に攻撃しようとしても、ことごとく打ち損ねてしまう。でも、ここで丁寧につなぐばかりのテニスをしても面白くないので、ここぞという時には思いっきり打っていく。おかげで、途中からだいぶ調子があがってきた。

▼テニスから帰宅してちょうど家に入ろうとしているときに、外出していた父親が両手にスーパーのビニール袋を提げてヨタヨタと帰ってきた。だいぶ消耗した表情で、足元もかなりおぼつかない感じの歩き方だ。
 そして、僕が家の鍵を開けようとしていると、ドサッという音と「うおっ」といううめき声が門の外から聞こえてきた。門の外に出てみると、なんと、そこに父親が倒れているではありませんか。
 どうやら、そこで転んでしまったらしいのだけれど、そのまま自力で立ち上がることができない状態。なんとか助け起こすが、どこかにつかまらないことには立っていることも歩くこともできない。
 それを手助けして、家の中へ。
 うーむ、たまたま自分が居合わせたからいいようなものの、僕がいなければ、あるいは家の前でなければ、完全に救急車で運ばれるパターンだな。

 どうやら、「クリーニング屋に行く」と言って、パチンコに行っていたらしい(クリーニング屋はパチンコ屋のすぐ手前にあるので、本人が「クリーニング屋に行く」と言った時には、必ずパチンコをしに行っているのだ。そのことは、家族にはバレバレなのだけれど、本人はばれていないつもりらしい)。クリーニング屋まで、我が家からのおよそ1.5キロぐらいの距離である。
 うちの嫁さんが「クリーニング屋に行くなら車で送りますから、ちょっと待っていてください」と言ったにもかかわらず、目を離したスキに出ていったのだという。そりゃ、車で送り迎えされたら、パチンコに行けないからね。

 パチンコで擦って、好物の甘いパン(もちろん、糖尿病なので医者からは禁止されている)を買い込み、ヨタヨタと帰ってきて、家の前で力尽きて転んでしまったということなのだろう。
 転んだ時に、頬と手のひらを地面で擦って血がにじんでいるものの、それ以外については、どこかを打っているのかどうか、本人がはっきりしたことを言わないのでよくわからない。
 腰を圧迫骨折しており、そこが心配ではあるのだけれど、そのあとの様子を見る限りではまず大丈夫そうだった。

 ところが、夕方になって「病院に行ってくる」と言って、出て行ってしまう。またしても病院大好き病が発症してしまったのだ。
 病院には申し訳ないけれど、すでに我が家では、この人が勝手に病院に行く分については、何も言わずに勝手にさせておこうということで合意がなされている。おそらくどこも悪くはないのだけれど、病院で大げさなことを言ってレントゲン検査をして、痛み止めでももらってくるのだろう。もらってくるであろう痛み止めは、父の薬箱の中にすでに腐るほどあるのだけれど。

 しかし、なかなか病院から帰ってこないので、嫁さんから「様子を見てきて」と頼まれて、仕方なく病院を覗きに行ってみる。この病院、我が家から歩いて2〜3分の距離にあるのだ。
 病院の待合室に見当たらないので受付で尋ねると、ちょうど診察中とのこと。すぐに診察が終わって診察室のドアが開いたので、検査の結果を聞くと本人が「腕と肋骨の骨が折れている」と言う。でも、すぐ横にいた先生がレントゲン写真を見せてくれて「ヒビが入っているだけですから、たいしたことないです」と言ってくれる。本人は当然のように痛み止めの薬が出ているものと思ったらしいが、痛み止めの薬もなし。左腕は包帯でぐるぐる巻きにされているが、本当にたいしたことはないのだろう。
 しかし、痛み止めの薬がないと聞かされるなり「いててててっ」とわざとらしく情けない声をあげる父。諦めなさい。
 そして、その帰り道で聞かされて驚愕したのだけれど、本人はどこで転んだのかまるっきり覚えていないというのである。骨折よりも認知症の方がよほど心配すべき症状だぞ。他の薬は山ほど欲しがるのに、認知症の薬だけはどうしても飲みたがらないってのが、まったく理解できない。

 帰宅してから、腰に巻くコルセットを引っ張り出してきて胸に巻いてくれと言う。腰用のコルセットなので、胸に巻けるわけがない。そもそも、肋骨にヒビが入っているぐらいで、コルセットなんか巻く必要なんかないだろう。
 そう言うと「だって、コルセットを巻けと言われたんだから、しょうがないだろ!」と逆ギレされてしまう。「腰に巻くコルセットを胸に巻けと言うわけがないだろ! 肋骨のヒビなんて、おとなしくしているしかないんだから、出歩かないでおとなしく寝てろ!」思わず、こっちの口調もきつくなってしまう。

 それでも、どうしても納得がいかない父は病院に電話をかけて腰にコルセットを巻くようにと言われたらしい。それ、肋骨のヒビじゃなくって、腰の圧迫骨折のためじゃんか。病院からコルセットを巻くようにと言われたのに、それをはずしたままフラフラと遊び歩いているから、ちゃんとコルセットを巻かなきゃダメだって叱られただけのことじゃん。

 というわけで、今日も不毛な事件で疲れ果ててしまったのでした。

▼ブックオフが20%引きのセールをやっているというので、我が家のすぐ目の前にあるブックオフを久しぶりに覗きに行ってみる。このブックオフ、家のすぐ近くにあるというのは嬉しいのだけれど、値付けが他のブックオフに比べてかなり高いので、ほとんど利用していない。108円の棚もなく、定価から20%程度しか安くなっていない本が並んでいたりして、ぜんぜん面白くないのだ。
 でも、今日は20%引きを利用して、3冊だけ購入。
『駆けてきた少女』東直己(ハヤカワJA文庫)
『探偵、暁に走る』東直己(ハヤカワJA文庫)
『火星ノンストップ』山本弘編(早川書房)


 ポイントカードに溜まっていたポイントも利用して、この3冊で1,000円でありました。

行田尚希『路地裏のあやかしたち』メディアワークス文庫を読了。
 表具というちょっと変わった職業を題材として、それを路地裏にひっそり住み着いている妖怪たちの話と絡めたライトノベルで、そこそこ楽しく読むことができた。
 手元に3巻まであるので、引き続き読むことにしよう。

▼フィリピン映画『Love You to the Stars and Back』を観る。
 今年の大阪アジアン映画祭で『愛して星に』というタイトルで上映された作品。監督は、いかにも若い女性から熱烈に支持されそうな感性の作品を連発しているアントワネット・ハダオネ監督。
 主演は、『Vince & Kath & James』で新しいラブチームとして注目を集めたジュリア・バレット(Julia Barretto)とジョシュア・ガルシア(Joshua Garcia)のコンビ。この2人は、本作のあと、『Unexpectedly Yours』でも共演して、初々しいカップルぶりを披露している。

 父親から義理の母の妊娠を告げられたミカは、亡き母のことが忘れられず、母が信じていたエイリアンを求めて家を飛び出し、UFOを呼び出せるというミラグロス山へと車を走らせる。
 その途中でミカは、カロイという青年と出会い、彼を車に乗せることになってしまう。カロイは自分が白血病で余命僅かであるということをあっけらかんとミカに告げる。自分が死ぬ前に、幼い頃に別れた父に会うために、自転車で旅をしていた途中だったのだ。
 重い病にもかかわらず、陽気なカロイ。軽口をかわしながら車を走らせるふたりだったが、さまざまな出会い、事件を通じて、やがてお互いのことを意識するようになる。だが、ふたりの間には、常にカロイの病いという壁が立ちふさがるのだった。
 そして…。

 うーん、アントワネット・ハダオネ監督、今回もすごくいい映画を撮ってしまったようだ。さりげないエピソードの積み重ねが、じわじわとボディブローのように効いてくる映画なのだ。
 そして、主演のふたりが実にいい。カロイ役のジョシュア・ガルシアは、ちょっとココ・マルティンを思わせるようなひたすら陽性のキャラクターなのだけれど、余命僅かでありながらひたすら明るいキャラクターという難しいキャラクターをみごとに演じのけている。彼の的確な演技があればこそ、クライマックスが盛り上がっているのだ。そして、ミカ役のジュリア・バレットも、愛する母の死を引きずったナイーブさと、カロイとの丁々発止のやりとりを楽しむ陽気さを持ったキャラクターをみごとに演じている。
 だけど、そうしたキャラクターが生きているのは、やはりアントワネット・ハダオネ監督の演出力のゆえなのだろう。深刻なテーマでありながら、全編をコミカルな味付けで仕上げ、中盤のクライマックス、終盤のクライマックスではきっちり観客を泣かせ、そしてジーンとハートに染みいるエンディング。うまいよなあ。そのクライマックスにいたる細かいエピソードの数々も、きっちり効果をあげている。本当にうまいのだ。

 チェリー・パイ・ピカチェ(Cherry Pie Picache)、エドガー・アラン・グズマン(Edgar Allan Guzman)、ルビー・ルイス(Ruby Ruiz)といった達者な役者たちも、きっちり脇を締めている。



2018.5.3(木)
▼ゴールデンウィーク後半初日は健康福祉村で9時から13時までテニス。
 朝まで雨が降っていたため、最初のうちはどんよりとした天気で湿度も高かったのだけれど、その後、めちゃくちゃいい天気になってどんどん気温が上がっていって、それが最後の1時間は強風の吹き荒れる天気となってしまう。
 風が吹き出すまでは楽しかったのだけれど、強風が吹き出すととたんにテンションが落ちてしまう。

▼嫁さんからの指令で、鎧兜を居間に出す。すでに息子は独立して家にいないのだから、もう鎧兜を飾らなくてもいいだろうと思うのだけれど、嫁さんはどうしても飾りたいのだという。我が家では嫁さんが法律なので、逆らうことなど絶対にできないのだ。

▼ジョグ之助を購入した近所の自転車屋さんに行き、自賠責保険の支払いをする。これで5年分の自賠責保険の支払いが3回目となるので、どうやらジョグ之助を購入してから10年がたったということらしい。
 その10年間、まったく故障することなく、たいそう便利につきあってもらっている。こいつがなければ、テニスコートに行くのに本当に困ってしまうのだよ。

 ついでにオイル交換もやってもらう。少なくとももう5年、元気に走り続けてもらわなければ。


2018.4.30(月)
▼埼玉大学のテニスコートを使って開催されるシングルス大会に出場してくる。
 参加者が6名で、総当たりで試合をすることになり、なんと5試合もしなければならないことになってしまう。それって、ちょっときつすぎだぞ。

 初戦。50代男性。こちらが無理して先にミスるようなことさえしなければミスをしてくれるので、手堅いテニスを心がけて6-1で勝ち。
 第2戦。ほぼ同年配か。ダブルフォールトを量産してくれるので、無理をせずにミスのないテニスを心がけて6-2で勝ち。
 第3戦。学生さん。サービスに勢いがあり、それに押されてしまうのだけれど、こちらのリターンが短くなったところを攻めようとしてふかしてくれるので、6-3で勝ち。
 ここまではなんとか動けていたのだけれど、4試合目ぐらいから足が動かなくなり、劣勢に立たされる展開に。
 第4戦。50代男性。勢いはないものの、ミスの少ないテニス。それに対して、こちらのミスが増えて、終始、相手が先行する展開に。しかし、3-5と追い詰められたところからなんとか粘り、6-5とひっくり返して勝ち。
 第5戦。60代男性。疲れ果てて、ファーストサーブがまるっきり入らなくなってしまう。気がつくと、足が動いておらず、ミスが増えてくる。それに対して、相手は手堅いプレイをしてくる。
 なんとか粘るものの、5-5のフォーティオールからの1本勝負を取り切れずに5-6の負け。
 最後の対戦相手と僕が4勝1敗で並び、得失ゲーム数ではこちらが勝っていたのだけれど、直接対決で負けてしまったので、相手が優勝となり、自分は準優勝。
 さすがにシングルス5試合はきつかった。

▼シングルスの試合を5試合やってスクーターで帰る途中、疲労のあまりか、意識が混濁し、ちょっと危ない状態に陥ってしまう。
 実は最後の試合の途中から記憶があいまいで、どういう風に負けたのかも覚えていないのだけれど、その後、さらに頭の具合がおかしくなってしまう。どういうわけか、頭の中でスクーターの運転とテニスの試合がぐしょぐしょになり、赤信号が青に変わったところでスライスサーブを打っていけばとか、そういう訳のわからない思考が頭の中でグルングルンした状態となったままスクーターを走らせていたのだ。さらには、いつの間にか意識が飛んでしまったようで、ふと気がつくと途中の記憶がまるでないまま、いつも曲がるところを曲がらずにだいぶ通り過ぎたところまで来ていた。
 その後も、やや意識が混濁したままスクーターを走らせていたようだけれど、なんとか無事に家に辿り着く。だけど、家に着いても、しばらくは頭がおかしかったような気がする。
 以前、脳しんとうを起こした時にこんな風に意識が飛んだり、混濁したりしたけれど、やばいな、これ。無事に家に辿り着けてよかった。

▼夜になって、何度か足の指がつる。なんで、ふくらはぎとかじゃなくって、指なんだ?


2018.4.29(日)
▼嫁さんと国立新美術館へ。ただいま開催されている春陽会の春陽展に嫁さんの作品が展示されているのである。春陽会というのは、1922年(大正11年)に小杉放庵、森田恒友、岸田劉生、中川一政、梅原龍三郎といったメンバーで創設した歴史ある美術家の団体で、その春陽会が年に1回、国立新美術館を借りて開催している公募作品の展示会が春陽展なのである。
 嫁さんの入選はこれで3回目かな? 確か、5回入選すると会友になれるはず。会員になるには、さらに何回か入賞しないといけないらしいので、会員は絶対に無理だけれど、この調子だと会友にはなれるのだろう。
 市や県の美術家協会の会員にもなっている嫁さん、いったいどこまで行ってしまうのだろう?

▼父の誕生日で、弟夫婦がやってきて、夕食をともにする。
 それで食べ過ぎた上に、食後のケーキまであったものだから、むちゃくちゃ食べ過ぎ状態となってしまう。
 そしたら、嫁さんが腹ごなしに歩きたいというので、ランニングシューズに履き替えて一緒に外に出る。
 嫁さんが早歩きする横を、ランニングで併走する。1キロ10分のペースなので、楽勝じゃんとか思っていたら、これが意外ときつかった。ゆっくり走れば楽ってわけでもないんだな。
 走った距離は5キロ弱なのだけれど、それにかけた時間が50分強ということで、いつものペースで5キロ走るよりも疲れたような気がする。


2018.4.28(土)
▼初めて参加する主催者さんのテニスオフで9時から2時間、ひたすら基礎練習をする。
 なんと、僕以外の参加者3名のうち、2名が顔見知りだった。世界が狭いなあ。
 でも、もう少し思いっきり打つ練習のできるオフの方が自分には向いているなあ。ちょっと欲求不満。

▼午後はテニススクールのお楽しみテニス大会に参加。
 スクールに顔を出すなり、I藤さん(♀)からペアの申し出があった。今日の参加者が奇数なので、早めにペアを決めておかないと、半端になる可能性があったためらしい。でも、まあ、女性から声をかけてもらったというだけでも、喜んでおこう。
 本日の結果は4勝2敗。ミックスペアでありながら、それなりにレベルの高い男ダブペアにも勝ったので、調子はよかったのだと思う。
 体力に余裕もあったので、とにかく思いっきり打っていったところ、まわりからは「130%のパワーで打っていたから、絶対に途中で息切れすると思って見ていたのに、最後まで元気なままだったねえ」と言われてしまう。ランニングの成果が出てきているのかな。
 改良中のサーブは、午前中のテニスオフでは絶好調だったのに、午後になったらぜんぜん入らず。まだまだ安定しない。


2018.4.27(金)
▼キム・チウ主演のフィリピン映画『THE GHOST BRIDE』の入荷を期待して、いつものフィリピン食材店に寄ってみるのだけれど、残念ながら入荷していなかった。いまだ入荷していないということは、このまま入荷はないのかもしれない。
 代わりに新入荷の『Riding In Tandem』を購入する。スターシネマ配給の作品なので、てっきり英語字幕が入っているものと思ったのだけれど、残念ながら英語字幕はついていなかった。このところ、スターシネマ配給の作品でも、英語字幕のついていないことが増えてきたような気がする。

▼フィリピンポップスのCDやフィリピン映画のDVDを扱っているMia music&Booksに『THE GHOST BRIDE』のDVDについて問い合わせていたのだけれど、今日、その返事が来た。
 どうも、スターシネマがDVDのリリースをやめてしまっているらしいのだ。DVDをリリースしてもビジネスにならないというのが正直なところであるらしい。これからは、ネット配信にシフトしていってしまうのだろう。
 しかし、そうなると日本にいてフィリピン映画を観ようという自分のような存在はどうすればいいのだろう? まいったな。

フランク・グルーバー『バッファロー・ボックス』ハヤカワポケミスを読了。
 個性のない登場人物が次々と出てくるので、読み始めてすぐに誰が誰やらわからなくなり、結局、わからないまま惰性で最後まで読んだだけという情けない読書体験となってしまった。家系図を作りながら読まないと無理だわ、これ。


2018.4.26(木)
▼テニスのために少しは脚力を鍛えなければと、なるべく走るようにしているのだけれど、週に2~3回はテニスをやっていたりするので、結局走れるのは週に1回ぐらいになってしまう。
 で、今夜も軽く走りに出る。
 まずは、ひたすら我が家から遠ざかる方向へと走る。そして、2キロを過ぎたあたりで適当に曲がって、見知らぬ裏道をなんとなく我が家のある方向へと大回りをしながら走ってみる。
 3キロを過ぎたあたりからペースが落ちてきて、5キロを過ぎたあたりから太ももの前側がしんどくなってきて、腰も多少痛くなってくる。
 ジャスト6キロで我が家に到着。
 タイムは41分55秒で、1キロあたりのペースは6分58秒。かろうじて1キロ7分のペースだ。
 おそらく、ペースを落とせばなんとか10キロは走れる気がするのだけれど、膝とか腰を痛めそうな気もするので、無理はしない方がよさそうだ。


2018.4.25(水)
八木澤高明『ストリップの帝王』角川書店を読了。
 レズビアンショーで一世を風靡したストリッパー、桐かおるの実弟の数奇なストリップ人生を描いたノンフィクション。地方銀行に勤務していたところを、姉からストリップ劇場の経営を手伝えと呼び出されてストリップにかかわるようになり、やがて日本中の劇場にストリッパーを手配する実力者となった人物。警察から指名手配されても、時効になるまで逃げ切り、かと思うとすっぱりと自分から出頭してみたり、なんともその行動は桁外れだ。
 そうしたストリッパーの手配をしながら、つぶれかけている地方のストリップ劇場の再生を手がけてみたりと、その行動は実にエネルギッシュで、なんとも魅力的だ。それでいて、最後に残ったのは温泉場のストリップ劇場ひとつだというのだから、その浮き沈みの激しさもすさまじい。
 いやあ、面白い読み物であった。


2018.4.24(火)
▼新宿サブナードで開催されている古本浪漫洲を覗きに行く。
 『愛と死のイスラエル』アレス・コレック(ハヤカワノヴェルス)200円
 『陸王』池井戸潤(集英社)300円

 よし、ハヤカワノヴェルスのソフトカバーがこれで1歩前進だ。とはいうものの、ハヤカワノヴェルスのソフトカバーを集めている人間なんて他に聞かないので、まるっきり誰にも自慢できないんだけどね。


2018.4.23(月)
▼いつも服用しているコレステロール値を下げる薬が切れてしまったので、仕事が一段落したところで早退して病院へ。
 ついでに、スポーツをしている時や入浴時におきる立ちくらみがひどいと相談する。
 とりあえず、しばらくは1日のいろいろなタイミングで血圧を測るようにと指示される。

▼ちょっと時間があったので、池袋西口公園古本まつりを覗きに行くが、特に買う本もなし。
 このところ、本を置く場所が本気でなくなってきたので、本を買うのに慎重になっているなあ。

▼夜はテニススクールの振り替えレッスン。なんとか、月内に振り替えの権利を消化することができてよかった。


2018.4.22(日)
▼9時から友人の確保してくれたコートで4時間テニス。
 そこそこ人数がいたので休みが多めだったのだけれど、天気がよかったのでけっこう疲れたぞ。

▼フィリピン映画『Ang Panday(2017年)』を観る。
 昨年末のメトロマニラ・フィルム・フェスティバルの公式エントリー作品である。
 監督のロデル・ナシアンセノ(と読むのでいいのかな? Rodel Nacianceno)は、実は主演俳優であるココ・マルティン(Coco Martin)の本名。つまり、トップスターであるココ・マルティンが監督業に進出した作品なのである…と思って調べてみると、実は本作はココ・マルティンにとっては2本目の監督作品であることが判明してしまう。2010年に『Noy』という作品の監督をしていたのであった。
 さらに調べてみると、自ら脚本を書いたり、プロデュースをしたりもしていて、ブリランテ・メンドーサ監督の『キナタイ(Kinatay)』なんかもココ・マルティンがロデル・ナシアンセノ名義でプロデュースをしていたことなんかも判明してしまう。
 ごめん。もっと薄っぺらいヤツかと思ってました。だって、なんだかココ・マルティンのあけっぴろげの笑顔って、いかにも「何も考えていません」ていう印象を与えてしまうんだもの。

 それはさておき『Ang Panday』だが、映画を紹介する前に、『Ang Panday』という作品のバックグランドを説明しておこう。
 もともとは、Carlo J. Caparasというマンガ家が1980年に連載を始めた人気コミックスが原作となっている。
 リザルドという魔王の支配する中世風の異世界を舞台に、フラビオという若者が隕石から鋳造したマジック・パワーを持った短剣を手に、人々を守ってリザルドと戦うという、いわゆる“剣と魔法の物語”だ。ちなみに、原題の『Ang Panday』というのは鍛冶屋という意味である。
 原作が連載を開始した同年には、早くもフェルナンド・ポー・ジュニア主演で映画化されている。続いて、1982年に『Ang Pagbabalik ng Panday』、1983年に『Ang Panday Ikatlong Yugto』、1984年に『 Panday IV: Ikaapat na Aklat』と、立て続けにフェルナンド・ポー・ジュニア主演での続編が作られている。
 そして、しばらく間が空いて、1993年にジョイ・デ・レオン主演の『Pandoy: Alalay ng panday』が作られる。「鍛冶屋の助手」といったタイトルで、『Ang Panday』のパロディであるらしいのだが、クライマックスの映像をYOUTUBEで観る限りでは、なかなか魅力的なアクション映画となっている。
 同年にはさらにラモン・ボン・レヴィリア・ジュニア主演の『Dugo ng panday』、1998年にはジンゴイ・エストラーダ主演の『Hiwaga ng panday』が作られている。
 そして2009年、SFXを駆使した大作映画としてラモン・ボン・レヴィリア・ジュニア主演の『Ang Panday』が作られ、2011年にはその続編の『Ang Panday 2』が作られている。この作品は明らかに続編の製作を想定した内容であったのだが、残念ながらパート3は作られずに終わった。おそらくは、SFXに金がかかりすぎたのだろう。
 一方、テレビシリーズでは、1986年にフェルナンド・ポー・ジュニア主演のシリーズをベースにしたアニメ『Ang Panday』が作られ、2005年には実写ドラマの『Ang Panday』、2010年にはラモン・ボン・レヴィリア・ジュニア主演の『Ang Panday』のヒットを受けた『Panday Kids』、そして2016年になってからも新シリーズとしての『Ang Panday』が作られている。

 そうした背景があって、2017年、フィリピンのトップスターであるココ・マルティンが新たなる『Ang Panday』を創造したというわけなのだ。

 映画では、冒頭でアニメーションを使って作品の背景を説明していく。やや安っぽいアニメなのが残念なところなのだけれど、隕石から鋳造された短剣を手にしたフラビオが魔王リザルドとの戦いに勝利するが、子孫が再び争いに巻き込まれるのを懸念して魔剣を封印するという過去が語られる。
 だが、魔王リザルドは再び力を取り戻し、アスワン、マナナンガルといった妖魔を引き連れて、3代目フラビオが産まれる現場に襲いかかる。かろうじて3代目フラビオは彼をとりあげた産婆とともに生き延びるが、彼の両親はこの戦いでリザルドのパワーと引き替えに命を落としてしまう。
 やがて成長したこの3代目フラビオ(ココ・マルティン)が、本作の主人公となる。
 養父母や何人もの孤児らとともにスラムに暮らすフラビオ。彼は自分の正体を知らず、無頼な日々を送っている。
 だが、一度は力を失っていたリザルド(Jake Cuenca)が、実業界の若き実力者として力を取り戻し、再び世界を恐怖のどん底に陥れようと活動を始める。リザルドの放った妖魔は、フラビオたちの暮らすスラムにも襲いかかり、次々と犠牲者が生まれていく。
 そこに魔法の書を持った謎の老人が現れ、フラビオに彼の出生の秘密を告げ、魔法の剣を手に入れてリザルドと戦って世界を守るように要求するのだった。
 最初のうちは老人の言葉を信じようとしなかったフラビオだったが、スラムに襲いかかるアスワンとの死闘を経て、魔法の剣を手に入れるしかないと覚悟を決め、剣を求める旅に出る。
 フラビオは、老人から渡された地図を手にジャングルの奥地へと踏み込んでいく。その途中で、彼は異世界へと入り込み、そこに暮らす一族の助けを得てとうとう魔法の剣を手に入れる。
 そして、その魔法の剣とともにマニラに戻ると、妖魔との戦いに乗り出していく。バイクにまたがり、街を疾駆し、人々に襲いかかる妖魔を片端から倒していく。
 だが、魔法の剣の復活を知ったリザルドとの戦いで、フラビオは命を落としてしまう。しかし、再び現れた謎の老人の持つ魔法の書の力によって甦り、いまの自分の実力ではリザルドを倒すことはできないと知り、剣の達人のもとで修業をすることになる。
 彼が修業をしている間にも、リザルドの放った妖魔たちは人々に襲いかかり、世界は恐怖に包まれていく。
 しかし、修業を経て力をつけたフラビオが戻り、リザルドに対して最後の戦いを挑んでいくのだった!

 というわけで、このだらだらしたストーリー紹介からも想像がつくように、非常に散漫な脚本となってしまっている。
 なにしろ、魔法の剣を手に入れるために異世界への旅に出かけたり、あるいは剣の修業に出かけたりと、ちょっと油断するとすぐにストーリーが脇道にそれてしまうのである。
 魔法の剣を手に入れるための異世界への旅に出ると、そこでなぜか森の妖精に襲われるというコミカルなエピソードがはさまったり、ドワーフ(小人)の一族に襲われるこれまたコミカルなエピソードがはさまったりと、なぜかここだけ子ども向けファミリー映画っぽいテイストになってしまい、なんともゆるい。
 しかも、死んだと思ったらあっさりよみがえって、それから剣の修業に出てしまうのである。そんな悠長に剣の修業なんかやってる場合か?
 バイクにまたがって妖魔を退治してまわる場面だって、ミュージックビデオ的な映像となっていて、かっこいいことはかっこいいのだけれど、あまりストーリー展開にはからまない。地下鉄の中をバイクで走りながら妖魔と戦うという場面を予告編で見た時には、「おおっ、これはかっこいいぞ。これは楽しみだ!」と思ったのに、ぜんぜんその前後のないイメージショットのようなものにすぎなかったのだ。(あれ? 何の疑問もなく「地下鉄」と書いてしまったけれど、マニラに地下鉄は走ってないよな。マニラに走っている鉄道というと「マニラ・メトロレール」だけれど、地下を走っている区間があるのかな? それとも、地下鉄と思ったのは単なる思い込みなのか?)

 そして、最後のバトルでは、リザルドのパワーによって異世界の砂漠に連れ出され、そこで戦うのだけれど、これが過去の『Ang Panday』でいつもクライマックスに設定されていた場面なのである。フラビオが魔法の剣でリザルドに斬りかかると、瞬間的に他の空間にリザルドが移動して、そこから襲いかかってくるという場面なんかは、すでに過去の『Ang Panday』で見た場面なのである。無数のニンジャ軍団が砂漠の四方八方から押し寄せてきて、それを魔法の剣の力で一瞬にして粉砕する場面なども、すでに過去の作品で見た場面なのである。
 「お約束の展開」を嬉しく思う部分もないことはないのだけれど、せっかく異世界ファンタジーだったこの作品を現実世界に持ち込んだのだから、ここは現実世界を舞台にした従来とはまったく異なる戦いにしてほしかったではないか。せっかく孫の話にしたのに、クライマックスがいつもと同じではガッカリではないか。
 もっとストーリーを絞り込み、現実世界を舞台にした新しい『Ang Panday』として撮ったならば、もっともっと面白い作品になっただろうに、実に残念だ。

 と、あれこれ文句をつけてはいるが、実は嫌いな作品ではない。期待が大きすぎただけなのだ。

 なお、脇役としてフリオ・ディアス、エディ・ガルシアといった名優も出演している。また、ココ・マルティンの弟のロンワルド・マルティンもこっそり出演していたりする。




2018.4.21(土)
▼今日は孫2号のお宮参り
 朝いちで息子のお嫁さんの実家のある高崎へと向かう。ところが、7時半の時点では90分強で着くというカーナビの予想が7時45分に出たら2時間かかるという予想に変わっているではありませんか! それじゃあ、ヘタすると時間に遅れてしまうぞ!
 当初は関越自動車道で行くつもりだったのだけれど、急遽、東北自動車道&北関東自動車道で行くことにする。その方が距離は長くなるけれど、渋滞が少ないので、早く着ける可能性が高いのだ。
 結局それが正解で、なんとか定刻の10分前に到着。いやあ、ホッとした。

 それにしても、今日はとてもいい天気で、気温も30度に達するのだという。1ヶ月前に孫2号が産まれた日には、高崎に向かう途中で猛吹雪に襲われ、どうなるのかとあせったものだが。

▼ゴキゲンの孫1号に迎えられ、みんなでまずは写真館へ。
 孫2号単独の写真とか、パパママ孫2人の集合写真とか、ジイジ2名&バアバ2名&パパママ&孫2名の全員集合写真とかを撮ったのだけれど、途中ですっかり孫1号が飽きてしまい、大人全員で四苦八苦して孫のゴキゲンをとって写真撮影を敢行。その間、孫2号はずっとおとなしいまま。

▼続いて、高崎神社でお宮参り。もうひと組の家族と一緒に神主さんのお祓いを受ける。
 ここで孫1号がじっとしていないのではと危惧していたのだけれど、なぜか僕の膝の上で神妙にしていてくれてたいそう助かる。

▼そして、全員でお食事。孫1号は子ども向けのセットをバクバクと食べ、さらにはみんなのデザートのチョコレートケーキを食べまくる。
 かたや孫2号は、ママのオッパイをこれでもかこれでもかと飲み、満足するとまた寝てしまう。手のかからない子だなあ。

▼あとは、先方の実家でしばしの時間を過ごして孫2人の相手を楽しんでから、帰途につく。
 2週間前と同じように上里サービスエリアから外に出て、上里カンターレへ。ここで買ったバームクーヘンが安くておいしかったので、今日はいろいろな種類をごっそりと買い込んでしまう。
 これでしばらくは、朝食はバークムーヘンだな。

▼ところが、そのあとはあっちこっちで事故渋滞に巻き込まれる。
 最初に遭遇したのが乗用車4台での玉突き事故で、これは事故を起こした直後だったので、ほんの1~2分早く走っていれば巻き込まれたかもしれないというタイミング。さいわい、直後ということで、これはそれほどひどい渋滞にはならなかった。
 次いで、高坂サービスエリア近くで乗用車5台の玉突き事故。
 そしてとどめは練馬から川越までの事故渋滞。
 いやあ、時間がかかったぞ。


2018.4.20(金)
西村健『最果ての街』角川春樹事務所を読了。
 山谷で、ひとりのホームレスが殺害される。山谷地区で日雇い労働の斡旋をおこなっている職業安定所の所長である主人公は、遺族に連絡をとるため、なんとか被害者の身元を調べようとするのだが…。

 これは、実にいい小説だ。まず、山谷というきわめて特殊な地区に関する情報がぎっしりと詰め込まれている。そして、その山谷で日雇い労働の斡旋をおこなっている職業安定所の仕事に関する情報もぎっしりと詰め込まれている。いままでまったく知ることのなかった世界に触れることができるのだ。それは、小説を読むときのひとつの大きな喜びではないだろうか。しかも、そうした情報が、小説としての面白さを損なうことなく、ごくごく自然に盛り込まれているのである。
 そして、さらには放射能で汚染された福島のリアルな姿が描かれていく。これまた、いままで知ることのなかった情報だ。その福島の情景は、最初は本筋に絡まない脇道のように思えるのだが、読んでいくとそれが非常に重要な意味を持って読者に迫ってくるのである。
 主人公が被害者の身元探しに乗り出す動機がいささか弱いのと、ラストでの犯人の指摘がいささか唐突で、しかも強引な偶然も絡んでくるあたりが欠点であるとは思うのだけれど、西村健という作家の美点が非常にいい形で実を結んだ小説と言っていいのではないだろうか。
 一読をお勧めしたい。


2018.4.18(水)
岡本綺堂『半七捕物帳(1)』光文社文庫を読了。
 都筑道夫の解説に「すこしも、古くなっていない。まるで、ことし書かれた小説のようだ。」とあるが、まさにその通りであることに畏怖の念すら覚えてしまう。なにしろ、このシリーズの第一作が発表されたのは大正6年なのである。昭和ですらないのだ。それなのに、本当に古さを感じさせないのである。岡本綺堂って、いったいどういう小説家だったのだろう。
 ただし、キャラクターを立てる昨今の小説作法からすれば、ややキャラクターは弱いかもしれない。また、謎解きの部分もいささか物足りなさを覚えるかも知れない。
 だけど、そんなことはこの作品を評価する上では、些細なことにすぎないと感じさせられる。
 きわめて端正な小説で、じっくりと楽しませていただいた。


2018.4.15(日)
▼イオンシネマ浦和美園にてインド映画『ダンガル きっと、つよくなる』を観る。

 かつて国を代表するレスリングの選手だったマハーヴィール・フォーガート(アーミル・カーン)。国際大会で金メダルを取ることのなかった彼は、金メダルの夢を自分の息子の託す。だが、産まれる子ども、産まれる子ども、みんな女の子ばっかり。やむなく金メダルの夢を封印する彼だったが、長女と次女にレスリングの才能があることに気がつき、ふたりをレスリングの選手に育てることにしてしまう。
 片田舎の小さな村であるがゆえに、女の子がレスリングをするなどということが理解できない周囲にお構いなく、娘たちを鍛え上げるマハーヴィール。当然、妻も鍛えられる娘たちも反発するのだけれど、「14才になって見知らぬ男と結婚させられて子どもを産むだけの人生でいいのか?」と結婚していく知り合いから言われて娘たちも奮起。父とともに金メダルを目指すことにする。

 というわけで、基本設定は『巨人の星』。本人たちの意志にかかわりなくレスリングの特訓を強いるアーミル・カーンの姿はまさに星一徹。
 そして、あとは父の指導でメキメキと実力をつけていった娘たちが男性相手の地方の大会で頭角を現していき、やがて国を代表する選手に育ち、国際大会に出場するようになる経過を描いていくのだけれど、そこですんなり金メダルをとれるわけもなし。そんなに簡単に頂点に立ってしまったのでは、映画にならないしね。
 そこで立ちふさがるさまざまな困難をいかにして乗り越えていくのかが、この作品の眼目なのであります。

 まさに、スポーツ映画の王道。なんのひねりもない、どストレートな展開なのだけれど、脚本が丁寧で、しかも試合のシーンの演出力が実に力強く、そして少女時代の娘2人を演じた子役も素晴らしく、ひたすら引き込まれてしまう。
 試合のシーンでは、思わず手に汗握ってしまう。勝つと分かっていてもハラハラドキドキ。勝った瞬間には思わず観ているこっちがガッツポーズをとりたくなってしまう。
 クライマックスの国際大会での決勝戦だって、絶対に勝って金メダルをとるって分かっているんだよ。分かっているのに、「ああっ、こんなにポイント差が開いちゃって、どうやって逆転すればいいんだあ!?」って、むちゃくちゃ心配になっちゃったところに、映画の最初の方にあったあるセリフが出てきて「そうかあっ! そのセリフが伏線だったかあっ!」って、本当にインド映画って伏線の張り方がうまいよなあ。
 インド国歌が流れてきたところで、思わず泣きそうになってしまったのだけれど、横にいた嫁さんが先に泣き出した気配で、かろうじてこらえる。これ、自分ひとりで観ていたら泣かされていたな。

 とにかく大満足。スポーツ映画を観る快感のすべてが揃った映画でありました。

 ところで、このラストの展開、どこかで観た記憶があるぞ、しかもインド映画で観たぞ…と記憶を探ったら、2016年の東京国際映画祭で上映されたインド映画『ファイナル・ラウンド』とそっくりなのだった。偶然同じ展開になったのだろうけれど、やっぱり王道の映画っていうのかどこかしら似てしまうこともあるのだろう。

▼本編が始まる前に予告編が上映されるわけだけれど、その時に、前の方の席にいたカップルの男性が、かつ丼を食べはじめたのにビックリ。むかしのこ汚い2番館、3番館だったら、弁当を食べる人もいたかもしれないけれど、昨今のおしゃれなシネコンで弁当を食べ出す人がいようとは! しかも、かつ丼! おそらく、本編が始まっても食べ続けていたと思うから、近くの席だったらかつ丼の匂いが漂ってきたりして、すっごく嫌な思いをさせられたことだろうと思う。
 しかもその男、さらに映画上映中にスマホをいじりだしたのである。当然、そこからスマホの光りが発せられて、後ろの方の席にいてもすごく気になってしまう。
 うーむ、非常識にもほどがあるな。


2018.4.14(土)
▼友人がコートを確保してくれたので、大宮第2公園で5時間テニス
 当初は2時間だけの予定だったのだけれど、前日の夜になってさらに2時間確保したからと連絡があり、さらに当日になってもう4時間とってあるからと誘われたのだけれど、車をディーラーに点検に持っていく用事があったので1時間だけ追加して、結局5時間になった次第。
 このところ、サービスを改造しているのだけれど、それが徐々に効果をあげてきていて、我ながら強烈なサーブがガンガン入ってくれる。これが、もっと確率よく入るようになったら、かなりの武器になるな。

▼夕方は車をディーラーに持ち込んで12ヶ月法定点検。
 エアコンのフィルターを交換したり、ブレーキパッドを交換したりしたので、それなりの出費になってしまう。ほんと、車を維持するのにはお金がかかる。
 とはいえ、都内とは違って、このあたりでは車がないと生活ができないから仕方がない。


2018.4.12(木)
樽見博『古本通』平凡社新書を読了。
 古本に関する本ならなんだって楽しめるだろうと思って読み出したのだけれど、けっこう興味のない話が多くて、かなりの部分を読み飛ばしてしまった。それだけ、古本に関するアプローチの仕方はいろいろあるということなのかな。
 香港映画に関する本など、どう処分すればいいのか困り果てているのだけれど、この本にも回答はなかったなあ。


2018.4.11(水)
富田常雄『現代の英雄』博文館文庫を読了。
 正義を愛する快男児・月岡鐵平の活躍を描く痛快小説。
 子爵家の長男でありながら、古い因習にとらわれた家を飛び出し、行方不明の義理の妹を探す若者、月岡鐵平。不正を憎む彼は、ゆく先々で出会う借金、貧困、病気に苦しむ人々を救うために八面六臂の活躍を始めるのだが、その行動ゆえに豪商・大谷善兵衛を敵にまわすこととなってしまうのだった…。

 昭和15年に刊行された本である。さすがに、その内容は古い。だけど、リーダビリティの高さはさすがは『姿三四郎』の著者だけのことはある。ぐいぐい読まされてしまうのだ。
 よく分からないのは、この小説がどのあたりの読者を想定して書かれたものなのかということ。いわゆる少年少女向けの熱血小説といった要素をたっぷりと持っているのだけれど、かといって子ども向けに書かれたとは思えない要素もたっぷりとある。高学歴ではない若者あたりを読者に想定して書かれた小説なのだろうか。
 それにしても、全編にあふれかえる差別用語がすごく、とてもとても現代では再刊は無理というものだろう。なにしろ、五体不満足な乞食をかきあつめて敵対する相手の宴席に乗り込んでいく場面があるのだけれど、まるで筒井康隆が書いたのではと思えてしまうほど、乞食の描写が壮絶なのだ。いやあ、すごい。


2018.4.10(火)
▼今日は父親の付き添いで東大病院へ。ようやく社会に復帰したと思ったら、その翌日にはもう休みだよ(涙)
 東大病院は13年前に父が肝臓癌の手術をして以来のつきあいとなるのだが、正直、家族の誰ひとりとして父がなんのために東大病院に通っているのか理解できないでいた。癌再発の検査のためなら、年に1度ぐらいでいいはずなのに、父は頻繁に東大病院に通っていたのである。
 父になんのために東大病院に通っているのかと聞くと、曖昧な返事しかもらえず、さらにそこを突っ込むと「むこうが来いって言うんだから仕方がないだろ!」と逆ギレするので、家族全員「もうほっとこう」ということで意見が一致していたのである。
 だけど、さすがに父も高齢だし、認知症も悪化しつつあるので、ひとりで東大病院まで通わせるのはそろそろ無理ということになり、こちらも近所の病院に一本化するために僕が付き添いを命じられてしまったのである。
 しかし、なんのために通っているのか分からないものを近所の病院に一本化というのもおかしな話なので、家族からは「なんのために通っていたのか、そこも確認してこい」という使命を与えられてしまう。うーむ、「うちの父はなんのためにこちらに通っていたのでしょうか?」って、相当に間抜けな質問だぞ。おそらくは、東大病院に通っているということが自慢でならない父が、東大病院に通い続けたいがために「あそこの具合が悪い」だの「ここの具合が悪い」だのと大げさに訴えて、毎回次回の予約を取り続けていたというのが真相なのだろうけれど、医者だってそう答えるわけもないしなあ。
 来る必要のない患者が頻繁に来ていたのだろうから、担当医の方でも随分と困っていたのではないだろうか。

 予約は13時だったのだけれど、12時に行って採血しないといけないと言うので12時に間に合うように家を出ようと思っていたのだけれど、例によって本人があれやこれやとうるさくて、結局はかなり早く家を出ることになってしまう。早く行けば、待ち時間が我慢できずに大騒ぎするくせに。

 案の定、11時前には病院に着いてしまう。さすがにしょっちゅう通っているだけあって、慣れたもので、さっさと受付を済ませて、採血も済ませ、「人工臓器・移植外科」の受付へ。そう、受診科の名称は「人工臓器・移植外科」というなんともいかめしいところなのである。
 受付だけ済ませて、予約時間までまだむちゃくちゃ時間があったので「食事をしてきていいですか?」と聞くと、そのまま待合室で待つようにと指示される。そしたら、予約時間なんてまったく関係なく、けっこうスムーズに呼ばれてしまうではありませんか。
 なぜか「骨折したことを最初に医者に話すからな」と主張する父に「そんなことはまったく関係ないんだから、こっちが先生にお願いすることをちゃんと話すから」と言ったにもかかわらず、診察室に入るなり「腰の骨を折りまして」と話を始める父。でも、それを聞いた先生の反応がおかしかった。
「ああ、圧迫骨折ですね」
 サラリとそれだけで終わらせてしまう。みごとにスルーだ。
 そこで、「父も歳で、こちらまで通うのが大変になってきましたので、あとは近所の病院にお願いしようと思うのですが」と本題を切り出すと、とつぜん先生が嬉しそうな表情になって「それはいいですね」と身を乗り出してくる。
 ああっ、やっぱり父の通院は迷惑だったのだな。やめるというだけで、こんなに嬉しそうな表情をされてしまうだなんて。
 父が家の近所の病院の診察券を出して「この病院がうちと同じ町内にあって…」、ダラダラと話そうとするのを遮って、「わかりました。では、こちらの病院宛に紹介状を用意しますので、あとは外でお待ち下さい」と速効で診察室の外に追い出されてしまう。うわっ、笑っちゃうくらいに有無を言わせぬこの進行! 心変わりする余地を与えてなるものかと言わんばかりの対応じゃん。
 なんのために通院していたのか分からないので、「この病院の内科でも対応できますよね」と確認すると、「内科でいいんですね。わかりました」と、ぜんぜんこっちの言ってることを聞いてないじゃん。
 しばらく診察室の前で待っていると、先生が出てきて手にした封筒に入った紹介状を渡される。これで終わりとなりそうで、あわてて「先生、恐れ入りますがレンドルミンだけ処方していただけますか」と、いつも処方してもらっている睡眠薬をお願いする。
 ついでに「父が通院していたのは、癌の再発の検査のためということでいいんでしょうか?」と聞くと、「そうですね。癌の手術をしてからもう13年になりますから、まず再発ということは考えられませんが、念のためにこれからも年に1回程度検査してください。紹介状にはそういうことを書いておきましたから」とのこと。
 ほら、癌の検査だったら年に1回じゃん。それなのに頻繁に通院して、しかも睡眠薬とか癌の検査には関係のない薬を出してもらっていたりして、結局は父があれこれ症状を訴えて、東大病院に通い続けていたってだけのことじゃん。

 診察も何もないままあっさり終了してしまったのだけれど、ふと気がつけば「じゃあ、なんのために採血したんだよ!?」って問題は残るんだけれど、ま、そんなことはどうでもいいや。
 すべてスムーズに終了して会計へ。が、またしても会計で呼ばれるのを待ちきれない父は、病院スタッフのところへ「自分はまだか?」と聞きに行き、そこでたらい回しにされている。でも、もう面倒なので、見ないふりだ。

▼バスで上野駅にまわって、そこで昼飯を食べようと思っていたら、父がスタスタと駅の中に入っていってしまう。昼飯を食べないつもりかな?と思っていたら、改札口の前まで行って「昼飯はどこで食べる?」。
 改札口の前まで来てそれを聞く? さっきのバス停の前においしそうな店がいくらでもあったのに。
 いい加減、父親の相手に疲れて「なんでもいいから、自分の食べたい店を選んでくれ」と頼むと、目の前にあった「ハードロック・カフェ」にスタスタと入ろうとするので、あわてて「そこはあんたが昼飯を食べるような店じゃないから」と押しとどめる。
 結局、アトレの2Fにあがって「つばめグリル」で昼飯を済ませる。

▼で、ようやく帰ろうと改札口の中に入ると、事故で京浜東北線が止まっているではありませんか。山手線は動いているようだけれど、埼京線も止まっているらしいので、池袋経由というのも無理そう。
 とりあえず、山手線で田端まで出て、そこで運転再開を待っている京浜東北線に乗り込んで待つことに。結局、50分ぐらい待たされて、ようやく運転再開となった。

▼帰りに家の近くの調剤薬局に寄って薬を買って帰ろうと思ったのだけれど、トイレを使いたいというのでいったん家に帰る。
 そして、しばらくして父が「薬を買ってくる」というので処方箋を渡すと、「自転車の鍵を返してくれ」と言い出す。
 「自転車に乗ることは医者から禁止されているからダメだ」と言うと「どの医者がそんなことを言っているんだ?」と怒り出す。
「腰の骨を折って医者にかかっただろ」
「自転車で骨折したわけじゃないぞ」
「そうじゃなくて、腰を骨折しているから、安静にしているように医者に言われただろ。いま、自転車に乗ったりしたら、死ぬまで寝たきりになるって言われただろ」
「そんなこと、かまうもんか!」
「かまうもんかじゃなくって、寝たきりになってもいいのかよ」
 うーむ、本当に医者から自転車を禁止されたことを忘れているのか、自転車を取り戻したくて忘れたフリをしているのか、まるっきり分からんぞ。いずれにしても、こうやって簡単に激昂するのは認知症の症状のひとつなんだけどね。

 これを機会に、自転車の鍵はとりあげたままにするつもりなのだけれど、はたしておとなしく受け入れるものやら。自動車の運転をやめさせるのも、大変だったしなあ。
 でも、自転車に乗るようになると、有り金すべてをパチンコ、競馬、お菓子につぎ込んでしまうので、ここはなんとしてでも自転車をとりあげたままにしたい。そもそも、このまま自転車に乗り続ければ、なんらかの事故を起こすのは間違いないのだし。


2018.4.9(月)
色川武大『なつかしい芸人たち』新潮文庫を読了。
 名前を知っているだけだったり、その芸人の真骨頂ともいうべき舞台を観ていなかったりという芸人の話ばっかりなんだけど、それでも面白く興味深く読めてしまった。

▼久しぶりにいつものフィリピン食材店にフィリピン映画のDVDを買いに行く。いくらなんでもそろそろキム・チウ主演のホラー映画『ゴースト・ブライド』が入っていてもいいだろうと思ったのだけれど、まだ入っていない。ということは、このまま入荷しないのかなあ。
 そのかわり、「オ兄サン、新シイノ、コレヨ」と出してきてくれたのが、『Ang Paday』『Haunted Forest』の2枚。2枚とも、昨年末のメトロマニラ・フィルム・フェスティバルで上映された作品で、とりわけ『Ang Panday』はすっごく観たかった作品なのだ。
 帰宅してチェックしてみると、『Haunted Forest』の方は英語字幕が入っていないが、『Ang Panday』の方は英語字幕あり。よし、これは楽しみだ。


2018.4.8(日)
大阪圭吉『死の快走船』戎光祥出版ミステリ珍本全集を読了。
 日下三蔵さんが編集した本だけあって、相変わらず分厚く、あれもこれも貴重な文章がたっぷりと収録されている。
 が、こう分厚いと、持ち歩いて読むのが大変なのだ。最初のうちこそ通勤に持ち歩いて読んでいたのだけれど、途中から挫折して枕元に転がしておいて、少しずつ読むようになってしまった。
 大阪圭吉の作品は、いままでに創元推理文庫の『とむらい機関車』『銀座幽霊』、盛林堂ミステリアス文庫の『大阪圭吉作品集成』を読んでいたのだけれど、本書ではそうした本格探偵小説寄りの作品の他に、ユーモア小説なども収録している。思っていたよりも、幅広い作風の小説家だったようだ。

▼孫から解放されたので久しぶりに休日テニスを楽しみたかったのだけれど、外でテニスのできる場所が見つからず、結局はテニススクールにて振り替えレッスンを受けることに。
 ところが、レッスンが始まって10分もたたないうちに息切れして、ヘロヘロになってしまう。な、なに、この異様な疲労感は。
 どうやら18日間に及ぶ孫との生活と、昨日の高崎往復&温泉とで、すっかり疲れ果てていたらしい。
 こんなんじゃ、振り替えレッスンを受ける意味がないじゃん。

▼ウォン・カーウァイ監督の『グランドマスター』を久しぶりに観る。
 うーん、やっぱりこの作品は自分の好みとは違うよなあ。例えば、カミソリというキャラクターをめぐるエピソードが、むちゃくちゃ中途半端で、結局はまったく本筋に絡んでこないというようなあたりが、どうしても気になってしまうのだ。いらないじゃん、このエピソード。
 たぶん、鉄道駅のホームでのチャン・ツィイーによる仇討ちがクライマックスなのだと思うのだけれど、それが回想シーンとして描かれたのではいまいち盛り上がらない。だって、五体満足なチャン・ツィイーが回想しているのだから、どっちが勝ったかは明白だしさ。そもそも、主人公のイップ・マンをおきざりにしたクライマックスってなによ?
 ま、ウォン・カーウァイってそういう監督なんだけどさ。『欲望の翼』はあの中途半端な終わり方であっても好きな映画だし、その後のフィーリングだけで撮っちゃいましたという数本の作品も好きなんだけど、でも、なにもウォン・カーウァイがイップ・マンの映画を撮らなくてもよかったんじゃないのかな。


2018.4.7(土)
▼昨日は一度もウンチをしなかったと思ったら、朝から大量に出してくれる孫。
 うん、健康だあ。

▼その孫を車に乗せて、息子のお嫁さんの実家がある高崎に向かう。今日は、1箇所たりとも渋滞がなく、きわめてスムーズに車は走る。18日前に孫を迎えに行った時に、猛吹雪に視界をふさがれたなど、いまとなっては信じられないような好天だ。

 上里サービスエリアで昼食をとりおえたところで「ウンチ出た」と自己申告あり(笑)
 本日2度目のウンチ。食べたら出す。実に健康的だね。

▼高崎に到着して、孫1号は迎えに出てきた先方のジイジに抱きついて「ジイジ、だ~い好き」と大サービス。
 そして、久しぶりの母親に抱きついて「ママ、だ~い好き」の連呼。そりゃ、そうだよな。
 しかし、我が家にいる間、ぜんぜん「パパ」「ママ」と言い出さなかったので、とっても助かった。てっきり、「ママ~ッ」とかって号泣されるのではと思っていたのだけれど。

 こちらは、孫2号を抱かせてもらう。こちらも健康そのもので、なにより。このところ、孫1号をさんざん抱いていたので、孫2号の方はまるっきり重さがないみたいに感じてしまう。
 いやあ、可愛い!
 孫1号の方も孫2号を覗き込んでは「可愛いね」を繰り返している。

 さて、孫たちとゆっくり過ごしたいのはやまやまだけれど、早々に引き揚げることにしましょうか。

▼帰りも上里サービスエリアで休憩をとる。すると、そのサービスエリアのすぐ傍らに「アグリパーク上里農産物直売所」と「上里カンターレ」という大きなお菓子ファクトリーがあり、そこに歩いて行くことができるではありませんか。これは、ちょいと覗いてみないと。
 「アグリパーク上里農産物直売所」は、地元のJAが経営している農産物直売所で、店頭で売っていたこんにゃくがおいしそうだったので購入。
 「上里カンターレ」は、バームクーヘンを中心に、広い空間にスイーツがたっぷりと並んでいて、スイーツ大好き人間の自分にとって誘惑があまりにも多すぎる。400円で売っていたバームクーヘンがおいしそうだったので、バニラ風味とレモン風味の2種類を購入。
 帰宅して食べたこのバームクーヘンがやたらとおいしかったので、「次に行ったらもっと買ってこようね」と嫁さんと盛り上がる。で、次に行くのは2週間後だったりするんだけどね。

▼孫疲れを癒やすために、さいたま市にある「SPA HERBS 美楽温泉」に立ち寄る。
 せっかくなら、いつもと違う所に行ってみようということで寄ったのだけれど、施設が清潔で、設備もあれこれ整っていて、なかなかいい温泉だった。自分的には、ジェットバスが各種揃っていたのが気に入って、疲れた時にはこれがいいんだよなあと、肩や腰にたっぷりとジェット噴流をあてたのだった。
 ところが、温泉から上がると、すっと体が冷えてしまうことに気が付いてしまった。通常、温泉にたっぷりと浸かると、しばらく体がポカポカとほてって、汗がひかなくて困ってしまうのだけれど、ここの温泉はそのポカポカがまったく持続しないのだ。
 しかも、通常なら指先がスベスベになって、帰りの運転で「ハンドルがすべっちゃうよお」なんて喜んだりするのだけれど、そのスベスベもほとんどなし。
 つまり、温泉効果がほとんど感じられない温泉だったのだ。本当に温泉なのか、これ?
 たぶん、ここには二度と来ないな。


2018.4.6(金)
▼今日も仕事は自宅作業。とはいうものの、昨日のうちに仕上げておいた報告書の最終チェックをして納品したり、頼まれていたグラフの修正作業を済ませて納品したり、ネット調査の調査画面のチェックをしたりといった程度で、それほど忙しいわけではない。
 なら、孫と遊ぶべし! だけど、今日はむちゃくちゃ風が強くて、とてもじゃないけれど外では遊べない。砂場になど近寄ろうものなら、全身砂まみれになること間違いなし。
 そこで、嫁さんと一緒にイオン川口店へ。ここには「Kid's US LAND」という小さな子どものための屋内遊技場があるのだ。もっとも、いろいろな遊具があるにもかかわらず、うちの孫が好きなのはお店屋さんごっことかだったりして、もっと活発な遊びをしてほしいと思うジイジとしては、いまいち物足りないのだけれど。
 ここでしばし孫と遊んでから、南浦和にまわり、このあたりではダントツにおいしいスイーツを売っている「パティスリーMoa」でシュークリームを購入。朝見ていたEテレの幼児番組で「シュークリームおいしい♪」というぬいぐるみ劇をやっていて、「じゃあ、シュークリームを買いに行こうかあ」って、孫と約束をしていたのである(ひたすら孫に甘いジイジであります)。
 そのまま近くにあるダイソーにお買い物に行って、その駐車場でイチゴシュークリームを食べる。ぼちぼち孫が寝そうな気配だったので、寝る前に食べさせてしまったのである。大きなシュークリームをものすごい勢いで食べてしまったのに思わず笑ってしまう。おいしいものはよく食べるよねえ。
 そして、ダイソーでは父親の薬を整理するためのピルケースなどを購入。

▼帰宅して、父親の薬を整理する。
 以前一度、父親の薬を整理したことがあるのだけれど、その後、勝手にあっちこっちの病院に行っては、あれこれ薬を出してもらったりして、どんな薬をどれだけ飲んでいるのか、まるで分からなくなっていたのだ。
 整理した結果、どうやら13種類の薬を飲んでいるということらしいということが判明。13種類も本当に必要なのかという問題はさておいて、それ以上に心配なのは、これをちゃんと管理して正しく服用できているのかということ。なにしろ、ひとつの薬袋に異なる薬が混在しているものもあったりして、ちゃんと管理して服用できていないんだろうなという気配が濃厚なのだ。あるいは、服用したことを忘れて、重複して服用するなんてこともあるのかもしれない。
 なお、同じ症状で複数の病院に行って、それぞれから異なる薬を出してもらっていることも判明したので、その片方は黙って没収してしまう。

 ところが夜になって、こちらが没収した薬がないと騒ぎ出す。よくまあ、あれだけ多くの種類の薬を飲んでいて、それに気がついたな。
 同じ症状に対する薬を重複して飲んでいたので、それを片方だけにしたのだと説明したが、その説明をどうしても理解してくれない。結局は、理解できないままに諦めてくれたのだけれど。

▼夕食後に、さらに孫にシュークリームを投入。いや、「そんなに食わせちゃまずいだろう」と僕は主張したのだけれど、嫁さんが与えてしまったのだ。体の大きさに比べて、シュークリームはけっこう大きいぞ。でも、その大きなシュークリームをきれいさっぱり食べきってしまう。
 だけど、今日はウンチを出してないぞ。大丈夫なのか。口から戻したりしないか?

▼孫の激しい寝相に悩まされるのも今日で最後。可愛い寝顔を見ながら、しみじみしてしまう。うーん、なんだかとっても寂しいぞ。


2018.4.5(木)
▼今日は娘が仕事を自宅作業にしてくれたので、孫の面倒を娘に任せて出社する。
 すると、昼飯のラーメンを孫に横取りされたとか、オムツ交換を拒否されているなどなど、娘から大笑いの実況中継が届く。
 自分で面倒をみているより、こういうのを横から見ている方が楽しいなあ(笑)

▼帰宅すると、どうやら父親は自転車に乗ってパチンコに行った模様。どうやら、スペアキーを持っていたらしい。
 あれだけ、「いま自転車に乗ったりすると、あとは死ぬまで寝たきりだぞ」と脅かしているにもかかわらず、寝たきりになる恐怖よりもパチンコをしたいという欲望の方が勝ってしまったらしい。もう、どうしようもないな。

 ところが、玄関に置いてある鍵を入れるためのカゴの中をチェックすると、そのスペアキーがそこに入っているではありませんか。さっそく、そのスペアキーも隠してしまう。

 それと同時に、父親の自転車のサドルを、めいっぱい限界まで高くしておく。これでたとえキーをなんとかしたとしても、乗ることはできないはず。


2018.4.4(水)
▼朝イチで母親をリウマチ専門の病院へ連れて行く。朝イチというのが半端ない朝イチで、家を出たのが7時。家から車で10分ほどで到着する病院なのだけれど、この時間ですでに待合室はいっぱい。なんと、診療開始時間が7時半なのだ。
 いちおう予約はしてあるのだけれど、このあとで父親を別の病院に連れて行かなければならないので、受付で診察を早めてもらう。
 とはいえ、医者はただひとりなので、たっぷりと待たされる。そのために本を持っていったのだけれど、疲れが溜まっているのか、途中でうつらうつらと寝てしまう。でも、目覚めてもまだ診察は終わらない。

▼診察が終わって帰宅したのが9時。すると、父親が背広姿で病院に行く気満々で待ち構えている。なんでこの人は病院に行くとなると、背広に着替えるのだろう? 墓参りに行く時にも背広に着替える。なにかというと背広に着替える。昭和ひと桁生まれはみんなそうなんだろうか? ラフな格好で近所以外に出るということができないのだな。
 しかし、いくら行く気満々になっていても、予約時間は11時である。こちらも車で10分程度の距離にある病院なので、さすがに9時に出るわけにはいかない。だが、なにごとによらず待つということのできない人間なので、「さあ、行くぞ」とうるさくて仕方がない。「10時半に出ればそれで大丈夫だ」と説明しても、「10時半までに受付をしないとアレだ」と言うので、「アレってなんだ?」と聞くと答えられない。早く家を出たいので、口からでまかせに適当なことを言っているだけなのだろう。
 10時半に出ると言っているのに、目の前をうろうろしては何度も「そろそろ」と言い出すので、実に鬱陶しい。まだ10時にもなっていないぞ。
 父親の方の受診は糖尿病である。が、その糖尿病というのがどの程度の症状であるのか、家族にはまったく分かっていない。とにかく甘いものが大好きな人間で、糖尿病だからダメだと言っても、自分で甘いものを買ってきては山のように食べてしまう。
 例えば、まんじゅうをひと箱買ってきたとする。ま、12個入りぐらいだ。それを家族に「食え」と言って突き出すのだけれど、それが食後すぐだったりして「今はいらない」と答えたとする。すると、それを自分の部屋に持ち込んで、全部ひとりで食べてしまうのである。とにかく胃が丈夫なことだけは間違いがない。自分だったら、食べろと言われてもまんじゅう1ダースは喰えない。
 ま、それが日常なので、糖尿病と言われても、家族としてはぜんぜんピンと来ないのだ。
 家族がいくらダメだと言おうと、絶対に聞く人ではないので、最近ではどれだけ甘いものを食べようと、誰も止めようとはしない。

 ようやく10時半になって家を出る。
 受付で、「父も歳をとってこちらには通いきれないので、これからは家のすぐ近くの病院に通うことにします」と申告する。現在、うちの父は3箇所の病院に通っているのだけれど、それを我が家から歩いて2~3分の病院に一本化することにしたのだ。
 なにせ、家族が「そんなのは病気でもなんでもない」と言って止めるのを振り切って病院に行って、「病名も言わないし、薬も出してくれなかった」と怒りながら帰ってきて、その足で別の病院に行くというようなことを当たり前のようにする人なのである。
 あるいは、病院でもらってきた薬を飲んでもすぐに良くならないと、家族がいくら「薬を飲んですぐに治るわけがないでしょ」と言っても聞かずに別の病院に行って別の薬をもらってくるなんてこともしょっちゅうなのだ。
 病院を一本化すれば、そういう行動もなくなるのではないかと期待している。また、同じ症状に関する複数の病院から出た薬を飲んでいるなんていう状況も改善できるはずだろう。

 予約時間よりもだいぶ早く病院に到着してしまったので、当然待たされる。が、それが我慢できず待合室で「まだか?」を繰り返し、診察に入った患者さんがなかなか出てこないと「ひとり入ると時間が長い」と文句をたれる。
 「11時の予約だから、11時前に呼ばれることはない」と説明しても、家族の言うことは聞かない男である。「ちょっと聞いてくる」と立ち上がるので、「いいからおとなしく座ってなさい」と押しとどめる。
 今日は特に患者の多い日だったようで、11時を過ぎても診察室に呼ばれず、他の患者が呼ばれて診察室に入ると、そのたびに舌打ちをして、繰り返し大きな溜息を漏らす。勘弁してくれ。
 そしてまた「ちょっと聞いてくる」と立ち上がるので、「おとなしく座ってなさい」を繰り返す。

 こちらも、いい加減イライラしてきたので、診察室に呼ばれた時には心底ホッとする。
 診察室に入るなり「腰の骨を折って」という話を始める父を押しとどめ、先生に近所の病院に変える旨を伝え、そちらへの紹介状をお願いし、父の糖尿病が実際にはどの程度のものなのかを確認する。
 血液検査の数値はじゃっかん悪化はしているものの、間食をせずに薬さえちゃんと飲んでいれば心配はないレベルであるとのこと。だが、うちの父親は甘いものが大好きで、ひたすら甘いものを食いまくっている。それで数値がじゃっかん悪化するという程度でとどまっているということは、ぜんぜん悪くないんじゃないの。
 いちおう、先生に「父親が甘いものを買ってきては食べまくっている」ということを伝えると、父に「甘いものを食べてはダメですよ」と言うので、「すみません、先生。そこのところを、もっと強く、大きな声で言っていただけますか」とお願いする。目の前でこういうやりとりをしていても、父の耳には入っていない。耳が遠くなっているのと、認知症と、そもそも人の話に興味がないという合わせ技のゆえなのだろう。
 先生も状況を察してくれて、大きな声で強く「基本、3食以外に食べてはいけない」「甘いものは絶対に厳禁」ということを繰り返してくれた。
 でも、どうせ父は診察室を出たとたんに忘れるんだろうけどね。

 診察室を出たところで、会計のための計算が終わるのを待たなければならないのだけれど、これが混み合っていてかなり時間がかかった。そうなると、我慢できない父である。「ちょっと聞いてくる」と立ち上がるのを「いいからおとなしく座って待っていなさい」と押しとどめる。これを1日に何度繰り返さないといけないのか。
 前から待つことのできない人間ではあったのだけれど、最近、それがとみにひどくなってきている。単に歳をとったせいなのか、あるいは認知症のせいなのか、それは分からないのだけれど、とにかくじっと待つということができない。
 で、こちらが油断したスキに事務員のところに行って「まだなのか」と確認している。そうすると、その事務員は自分のやっていた作業を中断して、父の書類がどこまでまわっているのかを確認しなければならず、あちこちの作業を止めることになってしまう。だけど、自分がそういう迷惑をかけているということが父には分からないのだ。ひたすら自分本位の人間なので、自分の欲求を満足させることしか頭にないのである。

 というわけで、ほとんど忍耐力を使い果たしたような状況で、疲弊して帰宅したのだった。

▼夕方、孫と一緒に公園に遊びに行く。癒やされるぜ。


2018.4.3(火)
▼きっと動物には興味を示さないんだろうなと思いつつも、孫を連れて上野動物園へと遊びに行く。
 予想通り、孫は動物にはほとんど興味を示さず、ただただ広い園内を好き勝手に歩き回ることだけを楽しむ。唯一興味を示したのが、園内を運行しているモノレールだけという結果に。
 まあ、予想はしていたんだけれど、絵本を見て興味を示しているキリンとかゾウとかを見れば、もう少し興奮してくれるとは思っていたんだけどなあ。
 あと、看板とかぬいぐるみを見て「パンダ、パンダ!」と騒いでいたのに、本物のパンダを見ても、ぜんぜん反応しないのにはガッカリ。
 ま、そんなもんだよね。

▼動物園で遊んでいる時に仕事関係のメールが入り、その作業に必要なファイル一式を会社からこっちにメール添付で送ってもらい、帰宅してから作業にとりかかる。
 他にも作業依頼が入っているので、明日から取りかからなければ。孫と遊んでばかりもいられないな。


2018.4.2(月)
▼昼前に孫と近所の公園へと遊びに行き、滑り台のあたりで遊ばせる。12時半となったところで「おうちに帰ってご飯を食べよう」と声をかけると、花見に来ていた人たちを指さして「あそこで食べよ」。
 先週、公園で花見をしながらお昼を食べたのを、しっかりと覚えていたらしい。その記憶力のよさは嬉しいけれど、おうちに帰って食べようね。

▼夕方前にも公園へ。今度はお砂場遊びのセットを持っていく。
 なぜか砂場で遊んでいるのはいつも女の子ばかりなのだけれど、今日も女の子ばかり。そして、孫はよその子が持ってきたオモチャにばかり興味を示して、自分が持ってきたオモチャには見向きもしない。
 よその若いお母さんの横にチョコンと座っては、遊びを強要している。お前、本当によそのお母さんが好きだよな。
 そして僕はというと、よその女の子の相手をさせられる(笑)

 しかし、こうやって連日、平日の日中に孫を連れて公園で遊んでいると、定年退職したおじいちゃんと思われているんだろうな。

▼なぜか、今夜は孫の寝相がいつにも増してダイナミックで、そのあまりの動きの激しさに笑ってしまう。いっときたりとも、じっとしていないのだ。
 おかげでこっちはまるで寝た気がしないぞ。


2018.4.1(日)
▼今日は、母、息子も一緒に大崎公園へ。息子にしてみれば、自分が小さい頃にさんざん遊んだ公園でもある。
 母と嫁さんが100円玉をありったけ提供して、延々とバッテリーカーで遊ぶ。いまはまだ同乗者がハンドルをきってコースからはずれないようにしているけれど、少しずつ自分でもハンドルをあやつるようになってきているので、そのうち自分で運転できるようになるだろう。

 小動物園に行くが、やはり動物にはまったく興味を示さず。

 そして、また滑り台などがついている遊具のコーナーへ。嬉しそうに走り回るが、遊具本来の遊び方にはなかなか挑戦できず。


2018.3.31(土)
▼子どもが小さい頃によく遊びにいっていた大崎公園へと孫を連れて行く。
 むかしはなかったバッテリーカーのコーナーができていて、そこでエンドレスで自動車に乗ることになってしまう。なにしろ、乗っていた車が停まると、速攻で別の車に走って行って乗り込んでしまうので、終わりがないのだ。

▼そして、園内の小動物園に行くが、ほとんど動物には興味を示さず。おとなしい動物に触れることのできるコーナーがあって、そこで多少は興味を示すが、すぐに飽きてしまう。モルモットに触れられるコーナーでは、おそるおそるちょっとなでただけ。

▼複合的な遊具のコーナーでは、いちばん低い滑り台を滑りはしたが、あとはまわりをウロウロとうろつきまわるばかり。
 そのくせ帰ろうとすると、大泣きをして「滑り台で遊びたい!」とわめくのである。まったく、もう。

▼昼過ぎに息子がやってくる。さすがに孫はパパと遊べて嬉しそうだ。

▼近所のダイソーへと車を走らせて、孫が喜びそうなオモチャを買い込む。下手なオモチャ屋に行くよりも、よほどダイソーの方が小さな子ども向けのオモチャが揃っているよ。
 買ってきた中でいちばん受けたのが、事務用のマグネット。赤と青の丸いマグネットを10個ずつ買ったのだけれど、それをくっつけたり、並べたりして遊んでくれる。
 だけど、以前から病的なまでに心配性だったのが、認知症を発症してさらにパワーアップした超心配性の父が、そのマグネットを飲み込んだらどうするんだと大騒ぎして心底まいってしまう。
「そういうのを飲み込んで死んだ子をたくさん見てきたんだ!」とか、嘘をつかないでくれよ。

▼息子と一緒に孫を連れて近くの公園に散歩に出る。斜面に張られたネットを昇ったり、滑り台を滑ったりと、うちに来てから覚えた遊びを披露することができた。
 もっとも、滑り台は前はちゃんと滑れていたのが、知恵が付きだしてからできなくなっていたものなのだけれど。


2018.3.30(金)
▼午後は孫を連れて近くの公園へ行き、たっぷりと遊ばせる。
 やたらと慎重で、自分のやったことのないことに挑戦するということにひどく消極的な孫なのだけれど、今日は公園の斜面に格子状に設置されたロープにつかまって斜面を登ることに成功。
 また、いままで大人と一緒でなければ滑ろうとしなかった滑り台を自分だけで滑ることもできるようになった(以前はできたのだけれど、なぜかある程度知恵がついてきたら、滑らなくなってしまっていたのだ)。
 こうやって、少しずつできることが増えてくると、じいじとしては無性に嬉しかったりするのである。

▼フィリピン映画『My Ex and Whys』を観る。

 コールセンターで働いていたカリ(ライザ・ソベラノ)は、『The Bakit List(なぜなのリスト)』という自身のブログがものすごい人気となり、カリスマ的なブロガーとして圧倒的な支持を得るようになる。その彼女が恋に落ちた相手がジオ(エンリケ・ヒル)だった。だが、酒に酔って他の女性と過ちを犯してしまったジオをカリは絶対に許そうとはしなかった。
 「一度騙した男は、絶対にまた騙す。決して変わることはない」という信念を持つカリは、「もう二度と過ちは犯さない。自分は変わってみせる」と謝るジオを絶対に許そうとはしなかった。
 カリがそのような信念を持つに至った背景には、繰り返し男性に裏切られて傷ついてきた母の姿があったのだが。
 ある時、カリは「ジオは絶対に変わることはない」ということを証明するために罠をしかけるのだが、その罠のために2人の親友でもある韓国人のリーが婚約者から婚約解消を言い渡されることになってしまう。
 その誤解を解くために、カリとジオは韓国に渡り、行方をくらましたリーの婚約者を捜し回ることになるのだが…。

 いまや人気絶頂のラブ・チームであるライザ・ソベラノ&エンリケ・ヒル主演の恋愛ドラマで、監督はヒット作を連発中のキャシー・ガルシア・モリナ。なにしろ、2017年に公開されたフィリピン映画の興収ベスト10内に3本の作品を送り込んだ監督である。キャスト&スタッフとしては鉄壁の布陣と言えよう。本作は、その中でもいちばんヒットした作品で、2017年の興収記録第3位となった。

 ただし、自分的にはいまいちという印象が残った。なぜなら、なにがどうあろうと一度裏切った男を信用できずにウジウジとし続けるカリというキャラクターが、実に鬱陶しいからだ。ライザ・ソベラノの、誰もが魅了されずにはいられない笑顔を楽しみにしていたのに、ずっと暗い表情をしつづけてしまったのでは、魅力が半減ではありませんか。
 韓国に渡ったカリとジオが、黄色く色づいた銀杏並木に興奮して歓声をあげるシーンなど、非常に印象的で魅力的なシーンもあるのだけどねえ。

 ちなみに、黄色い銀杏の葉が敷き詰められた並木道の場面は、『冬のソナタ』の名場面でも使われたいた場所らしい。ということは、フィリピンでも『冬のソナタ』がヒットしたということなのかな。
 そして、黄色く色づいた銀杏並木に出会うだけでフィリピン人が大興奮するのだということを初めて知ったのでありました。



2018.3.29(木)
▼本日も自宅勤務。昨日頼まれたちょいとイレギュラーな報告書作成作業を進める。
 が、仕事ばかりではなく、孫を連れて公園にも遊びに行く。昨日、お砂場で夢中になって遊んでいたというので、お砂場遊びセットを持っていく。
 案の定、砂場で遊びだしたら、そこから動こうとしない。砂場に置きっぱなしになっていた自動車のオモチャを使ったりして、夢中で遊んでくれる。
 そこへ、若いお母さんがひとり、またひとりと、小さな女の子を連れてやってくる。みんなお砂場遊びのオモチャをいろいろと持ってきて、それがいつの間にか子どもたちの共用のオモチャとなってしまう。孫も他の子のオモチャを借りて、夢中になって遊び出す。
 うちの孫はよその若いお母さんが大好きで、チョコンとよそのお母さんの隣に座り込んで、やたらと嬉しそうに遊んでもらっている。かと思うと、よその女の子がこっちにやってきて、僕が相手をしてあげたり。みんな、自分の親と遊ぶよりも、よその親と遊ぶ方が好きなのか?

 さんざん遊んで「さ、お昼ご飯だから帰るぞ」と声をかけると、帰りたくないと大泣き。それを有無を言わさず抱きかかえて家に向かう。

▼夕方、孫の歯ブラシや砂場で遊ぶオモチャを買いたいという嫁さんが言うので、母親、孫も一緒に、近くの西松屋に。
 そこであれこれ買いこんで、さらに近くにオモチャのリサイクルショップがあるので、それを覗きに行ってみる。いやあ、すごい品揃えだ。ちっちゃい自動車とか人形の類いなら、ことごとく108円。アンパンマンのオモチャなんかもごっそり並んでいる。砂場で遊ぶ自動車なら、ここの108円ので十分じゃん。
 自動車2台、新幹線、ドキンちゃんのキーホルダーを買って432円。

▼父親が病院の受付が閉まる20分前という時間になって、便秘が苦しいから病院に行くと言い出す。しかも、骨折のために出してもらった湿布薬とコルセットが便秘の原因だと主張して譲ろうとしない。
 「いつから便秘なんだ?」と聞くと、「10日前からだ」と言う。それだったら、湿布薬もコルセットもまだもらってないじゃん。というか、コルセットができあがったのは昨日だぞ。
 あまりにもうるさくて、嫁さんも病院に連れて行ってほしいと言うので、仕方なしに車を出す。歩いて5分の距離の病院なんだけどね。
 駐車場がいっぱいだったので、父親を車から降ろして受付を済ませておくように言って、すぐ横のかっぱ寿司の駐車場に車を停めてから、病院にまわる。
 で、受付に行くと、「湿布薬とコルセットのせいで便秘になった」と主張していたために整形外科にまわされそうになっていたので、あわてて「湿布薬もコルセットも関係ないんです」と説明して内科に変えてもらう。

 そして、診察室に入ると、カバンから湿布薬とコルセットを引っ張り出してきて「このせいで便秘になった」と話し始めるので、あわてて「それは関係ないから」と押しとどめる。すると今度は「肝臓癌の手術をして東大病院に通っている」という話を始めるので、あわてて医者に「肝臓癌の手術はもう15年前で、何も関係ありませんから」と説明することに。
 看護師さんからは、「ちゃんとコルセットをしないとダメですよ」と叱られて、コルセットを腰に巻かれる。
 どうやら、湿布薬もコルセットもしたくないから、そのせいで便秘になったとケチをつけたいということのようだと、ようやく分かってくる。
 認知症の薬も「この薬を飲んだせいでめまいがする」などとケチをつけて拒否しようとするのだけれど、認知症だの骨折だのという、自分が向かい合いたくないことから逃げようと、そういうケチのつけかたをよくする人なのである。そのせいで、どんどん症状が悪化しているというのに。
 「本人が言うほどひどい便秘じゃないと思います」と医者に告げて、軽い症状用の便秘薬を出してもらう。

 会計を済ませたところで、隣にある薬局に父を向かわせて、こちらはかっぱ寿司に停めた車を取りに行く。そして薬局に行くと、受付で「東大病院がどうのこうの」と父が訳の分からない話をしているところだった。もう、勘弁してくれ。

▼夕食後、トイレにこもっていた父が「ようやく出た」とトイレから出てきた。
 まだ、今日もらってきた薬を飲んでないよね。
 なんのために病院に行って薬をもらってきたんだよ。ほんと、もう勘弁してくれ。


2018.3.28(水)
▼今朝、こちらが起きた時にはすでに姿のなかった父親が、「自転車で転んで頭を打った」と言って帰ってきた。
 見ると、後頭部から血が出ている。擦り傷程度だろうとは思うが、転んで後頭部をどこかにぶつけてきたことだけは間違いないようだ。
 転んだ時に、他にもぶつけている箇所はないかと「どこか痛いところはないか?」と聞くと、「腰が痛い」と言う。
 そりゃ、そうだ。腰の骨を折っているんだから。

 「医者から腰の骨を折っていると言われたことは覚えている?」と聞くと、覚えていると言う。
 「じゃあ、いま安静にしないで自転車に乗ったり、外を歩き回ったりすると、寝たきりになると言われたことは覚えている?」と聞くと、覚えていないと言う。
 これが、本当に覚えていないのか、あるいは自分に都合の悪いことなので覚えていないフリをしているだけなのか、そこがよく分からない。
 「毎朝、同じことを言っているのに、覚えていないの?」と聞いても、覚えていないと答えるのみ。
 認知症が一気に進んでいるのか、虚言症が相変わらずなのか、いったいどちらなのだろう?

 こっちは朝いちでクライアントとの打ち合わせが入っていて、もう出かけようというところだったし、嫁さんも母親を病院に連れて行くためにすぐに出なければならないし、孫の相手をしてもらうために娘には自宅勤務をしてもらっているという状況なので、それ以上誰も父親の相手をしていられず、とりあえず「おとなしくしていること」と「気持ちが悪くなったりしたらすぐに言うこと」を厳命して家を出た。
 だけど、なにをどう厳命しようとも、自分の都合のいいようにしか解釈しない人間なので、おそらくムダだろう。
 でも、自転車の鍵を隠してきたので、すくなくとも自転車で出歩くことはできないはず。

 こういうことがこれからさらに増えていくんだろうなあ。
 なまじ体力があるので、家に閉じ込めておくわけにもいかないし、まったくもって困ったもんだ。

▼今日はクライアントとの打ち合わせが入ったので業務用のパソコンをカバンに突っ込んで打ち合わせに行き、そこから会社にまわる。おそらく、今週出社するのは今日のみ。たまたま、それほど忙しくないタイミングだったので、たいそう助かってしまう。

 帰る間際に急ぎの仕事が飛び込んでくるが、明日、自宅で処理すれば大丈夫だろう。

▼自転車で転んだという父親は、いちおう、嫁さんが病院に連れて行ったとのこと。
 コルセットができあがるまで安静にしているように言われたのに、自転車に乗って出歩いているということを、お医者さんからかなり叱られたらしい。家族の言うことはまるっきり聞く気はなく、それゆえに覚えていないことになるのだろうけれど、医者の言うことなら多少は記憶にとどまってくれるのではないだろうか。


2018.3.27(火)
▼今日は孫を連れて、夫婦で大宮にある鉄道博物館へと出かけていく。孫は電車が大好きなので、絶対に大興奮してもらえるだろうと思ったのだ。
 なにせ、鉄道博物館に向かう電車に乗るだけで、ご機嫌なのだ。

 鉄道博物館について、速攻で「ミニ運転列車」の整理券を取りに行ったのだけれど、すでに配布されている整理券は15時半からのものとなっていた。うそっ! 鉄道博物館の開館時間は10時で、僕らが到着したのは10時半なので、確かにほんのちょっとは出遅れたけれど、まさかその時点で15時半からの整理券になろうとは!
 春休みとはいえ、平日だし、しかも通常は開館していない火曜日だというのに。
 仕方なく15時半の整理券を受け取って、そのすぐ近くにある「てっぱくライン」に乗りに行く。だけど、こちらも次の回はすでに満席で、30分待ちとなってしまう。まあ、待ちましたけどね。待たせる間、孫が暴れ回るのを、なんとかなだめすかして、頑張りましたよ。
 そして、ようやく乗車してもたったの3分間で片道運行の反対側の駅に到着してしまう。ま、孫が喜んでくれたからいいんですけどね。しかし、ここで意外な必殺技を発見。反対側の駅はぜんぜん混んでなくて、すぐに乗ることができるのだ。というわけで、そのまま折り返す電車に乗り込んで、元の駅まで戻る。

 次いで、いろんな電車が展示されている「車両ステーション」へ。孫は走り回り、電車に乗り込み、座席に座り、また走り回り、大忙しだ。ほとんどの電車は運転席には入れないようになっているのだけれど、初期の新幹線の車両で運転席に座れるものがひとつあって、ここでも孫は大興奮でレバーをガチャガチャ動かして大喜び。ただし、ここは列ができているので、そうそう長く占拠するわけにはいかないのが残念。
 このところ我が儘になってきている孫は、列に並ぶとすぐに割り込んでいこうとして「順番だからね」と言い聞かせても「じゅんばんブーッ」と言って、なかなか言うことを聞こうとしない。まあ、2歳半じゃルールを守らせようとしても、無理があるのだろうけれど。

 お昼は日本食堂へ。
 孫はついこないだまではむちゃくちゃよく食べたのだけれど、ここにきて唐突に食べることを拒否するようになって、食べさせるのが大変なのだけれど、今日もお子様ランチのチョコケーキ以外はちょっと食べただけですぐに遊びに行きたがってしまう。なんとか、おだててごまかして食べさせようとするのだけれど、これがなかなか難しい。まあ、お腹が空けば食べてくれるんだけどね。

 それから「鉄道ジオラマ」を見てから「キッズプラザ」にまわり、プラレールでたっぷり遊ぶ。もっとも、プラレールのコーナーは弱肉強食の世界で、なかなか電車も線路も手に入れられない。これ、土日だったら、どんなにすごいことになってしまうのだろう。

 3Fの「新幹線ラウンジ」へ。ここは、窓のすぐ外に新幹線の線路があって、実際に走る新幹線をすぐ近くから見ることができるのだ。意外と頻繁に新幹線て走っているものだなあと、ちょっとビックリ。
 でも、窓際は今日のような天気のいい日には、ちょっと暑すぎるぞ。

 意外と孫が興奮して遊べたのが「科学ステーション」。どうせ、大きな子どもじゃないと理解できないような展示が並んでいるのだろうと思ったのだけれど、まるっきり理解できなくても小さな子どもが遊べるような施設だったのだ。
 今日ぐらいの混み具合だとそこそこ遊べたけれど、これが土日だったりしたら、もうぜんぜん遊べなかったことだろう。

 15時半が近づいてきたところで、「ミニ運転列車」の近くにある「キッズプラザ」に戻り、オリジナル駅弁をつくって遊べる「おままごとえきべん」で遊ばせる。駅弁の容器に、いろいろな食品サンプルを詰め込んで遊べるコーナーで、子どもたちがみんな夢中になって遊んでいた。

 そして、ようやく15時半になって「ミニ運転列車」に乗車。自分で3人乗りの小さな電車を運転してコースを1周するのだけれど、運転する僕の前に孫を立たせると、あたかも自分が運転しているような感覚になれるものらしく、大喜びしてくれる。だけど、僕たちの乗った車両の具合がおかしくて、加速レバーをマックスまで引っ張っても、ぜんぜん加速しない。ヘタすると、止まりそうなスピードしか出ないのだ。通信機から「後ろの車両が迫ってますから、もっと加速してください」とリクエストが入るのだけれど、最大限まで加速してるんだって。
 でも、まあ、孫が喜んでくれたから、それでいいか。

 普通なら、もうとっくにお昼寝をしている時間なのだけれど、あまりにも楽しくて寝ることができなかった孫は、帰りの駅に向かう途中で熟睡。うーん、楽しかったねえ。
 だけど、こっちはムチャクチャ疲れたぞ。楽しかったけれど、死ぬほど体力を消耗したぞ。


2018.3.26(月)
▼息子は新宿でセミナーがあるとかで、我が家から新宿に向かい、そのまま自宅に戻る予定。これでまた孫の面倒は全面的にこちらが見なければならないことになる。

▼午前中は自宅で集計作業2本。自分の仕事の大半は、基本的にパソコンとインターネットさえあれば自宅でもできることなので、こういう時にはたいそう助かる。
 メールのやりとりをしながら、大急ぎで頼まれていた集計表をメール添付で納品。便利な世の中になったものです。かつてなら、プリントアウトした数表を3部とか4部、コピーしたものを納品したものだけれど。集計表が分厚くなってダンボール数箱になったこともあったっけ。

▼お昼は両親も一緒に、家のすぐ近くにある公園で花見をしながらお弁当。小さな子ども連れで来ているグループがたくさん来ていて、孫がはしゃぎまわって走り回る。2歳半の孫は、まだ子ども同士での遊び方がわからず、少し年上の子どもを追いかけて走り回るばかりなのだけれど、それがとにかく楽しいらしい。

 父親はなぜか自分のひ孫には見向きもせず、他の家族のところに行っては、そこの子どもたちに話しかけたりしている。ここがうちの父親の理解不能なところで、自分の家族にはほとんど興味を示そうとしない。息子から孫の動画が送られてくるのをみんなで楽しんでいたりしても、ほとんど見ようともしないし。

 シャボン玉をやっているグループがいて、孫は初めて見るシャボン玉に大興奮。
 午後の仕事があるので帰ろうとすると、もっと遊びたいとぐずって大泣きする孫を、嫁さんがシャボン玉を買いに連れて行く。

▼午前中に納品した数表について、さらに追加の要望が入っていたのでその作業をしていると、階下から孫の楽しそうな声が聞こえてきたので覗きに行くと、庭に向かってシャボン玉を吹いていた。上手にシャボン玉を吹けるというだけで「うちの孫は賢い」と思ってしまう、孫バカなジジババなのであった。

▼さらに別のクライアントから頼まれている集計作業を仕上げて、今日のお仕事は終了。
 孫を連れて、夕方のお散歩に出て、公園でシャボン玉を飛ばす。
 後から父もやってきて、孫の思惑に関係なく「あっち行くぞ、こっち行くぞ」と声をかけるが、ことごとく無視されて拗ねる。小さな子どもは自分のやりたいこと以外は絶対にしないということがまるで分かっていない。ま、自分の子どもが小さい頃に一緒に遊んだこともないので、そういうことも分かっていないのだろう。

▼夜、娘がひたすら孫の相手をしてくれる。孫は娘のことを「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と呼んで、ひたすらなついていてくれるので、娘が相手をしてくれるとたいそう助かるのだ。
 しかし、娘は会社で「お姉ちゃんと呼ばせていると、歳とった時に苦しいぞ」とアドバイスされたようで、なんとか名前で呼ばせようと試みているのだけれど、それでも「お姉ちゃん」としか呼んでもらえないのだった。


2018.3.25(日)
▼朝早くから父親はラジオ体操に出かけていたらしい。こちらが起きた時には、すでに姿がなかった。
 帰ってきたところで「病院で検査をして骨折していると言われたことは覚えているか」と聞くと、「覚えているに決まっているだろ」と言う。「じゃあ、いま体を動かすと、寝たきりになるかもしれないと言われたことは覚えているか」と聞くと、「覚えていない」と言う。
 これが、本当に覚えていないのか、ラジオ体操にいきたいから嘘をついているのか、その区別がつかない。医者はそれなりに痛いはずだと言っていたので、ラジオ体操なんかすればかなり痛いのではないかと思うのだけれど。

▼さいたま市のシングルス大会ベテラン60歳の部に出場する。
 正直、コンディションは最悪。スギ花粉症でボロボロになり、しばらく前から運動機能のどこかが壊れてしまったのではというようなテニスしかできていなかったし、しかも、咳のしすぎで傷めた左肋骨の痛みは継続中。
 そのうえ、数日前より孫を預かっていて、その相手で疲れ果てているというのに、昨日はその孫を連れて高崎まで産まれたばかりの孫2号を見に車を走らせていて、その疲れもプラス。
 そして、今日も朝からずっと孫の相手をさせられていて、11時半受付でコートに辿り着いた時には、なんだか頭がボーッとしていて、とてもシングルスの試合をするような気分ではなかった。なんというか、まるっきり気合いの入らない状態。

 試合が始まってみると、いまだかつてありえなかったほど、つまらないミスの連発。相手の打ってくるボールにはたいして威力がなく、攻め頃のボールばっかりだというのに、それを返すことができない。思いっきり攻めてもミス、丁寧に返そうとしてもミス。どんどん自滅。
 初心者レベルのテニスにすらなっていないぞ。
 ごく普通に返しているだけのボールが、あっさりバックアウトしたり、あたり損ねてサイドアウトしたりで、ラリーにすらならない。ありえないほど、ヘタクソ。

 どうせ丁寧なプレイを意識したところでミスるばかりなのだからと、居直って攻め続けたところ、途中から多少は普通のボールも打てるようになっていくつかゲームを取り返したのだけれど、それでもダメダメテニスからの脱出はならず、結局3-6の負け。
 このところ、シングルスに力を入れて練習してきたというのに、その練習の成果はかけらたりとも発揮することができませんでした。
 いやはや、情けない。

▼午後は、孫を連れて嫁さんの実家へ。
 うちの嫁さんが運転するのなら「心配だから来なくてもいいよ」と言っていた義母だが、僕が運転していくとなるととたんに大喜び。しかも、義母がこよなく愛してやまない息子も一緒に行くのだから、喜びも倍増。

▼で、孫、ひ孫に義母が癒やされている間に、近所の古本屋をチェックしに行くことに。
 つい最近、嫁さんの実家のすぐ近くに、「古本あぶらや」という古本屋があるということを、ネットで知ったのだ。
 ところが、めざす住所に行っても、古本屋が見当たらない。ホームページには「東京都北区神谷3-45」とあるのだけれど、そのあたりをぐるぐる歩き回っても、ぜんぜん古本屋さんに遭遇しない。あらためてホームページをチェックして「環七沿い お寺の隣」という表記を発見する。そういえば、さっきお寺があったな。
 お寺まで戻るが、隣に古本屋のある気配はない…と思ったら、足元に「この奥に古本屋さんがあります」というような案内看板が置かれているのを発見。「近所の迷惑になりますので、写真はご遠慮ください」ともあったので、その案内看板の写真を撮りたいという誘惑をこらえる。
 さて、「この奥」と言われても、この奥にあるのはごくごく普通の民家の庭だぞ。ここに入ってしまっていいのか?
 まあ、古本屋を開いているからには、入ってもいいのだろう。
 だけど、なんだか、自分のことが人様の家の庭に無断で入り込んでいる不審者であるような気がしてきてしまう。
 えーとー、本当にここに入っていっていいんだよな。だけど、古本屋がある様子もないけれど…と思っていると、庭の奥に古本屋の看板を発見。
 庭の奥、ちょっと陰になったあたりに、プレハブの建物があって、そこが古本屋になっているのだった。
 閉じてあるドアのガラス越しに店内を覗き込むと、奥の方で店主らしき男性が軽く頭を下げているので、遠慮なくドアを開けると、そこにスリッパが揃えてあった。どうやら、靴を脱いでスリッパに履き替えて入るようになっているらしい。
 店内に入ると、ご主人がさりげなく紙コップのコーヒーを出してくれる。「前の道をそのまま通り過ぎて、ぐるぐるまわってしまいました」などと話しかけると、「店の前まで来て、気が引けて引き返してしまうお客様もいるようです」と笑って答えてくれる。
 小さなお店で、ホームページによると「三坪」で、「本棚は五つ」、「揃えている本はだいだい千と百冊」とのこと。
 それでも、こちらの趣味にストライクというわけにはいかないけれど、趣味のいい本が手ごろな値段で棚にズラリと並んでいる。
 どれもしっかりグラシン紙のかかった本なのだけれど、100円均一の棚と200円均一の棚があったりもする。
 コーヒーをいただいたからには手ぶらで帰るわけにもいかず、まずは2冊を手にとる。
『ぼくの浅草案内』小沢昭一(講談社/初版)300円
『なつかしい芸人たち』色川武大(新潮文庫/初版)200円
 機会があれば読みたいと思っていた本なのだ。
 さらに、光文社文庫の『半七捕物帳(1~5)』岡本綺堂を1冊250円で買うことにする。『半七捕物帳』も機会があれば読んでみたいと思っていたのだ。だけど、帰宅して調べてみたら、光文社文庫の『半七捕物帳』は全6巻なのだった。ううっ、1冊足りないじゃん。
 本をビニール袋に入れてもらい、お土産にラムネ菓子をいただく。とっても異色で、ちょっと不思議な雰囲気の、なんだか素敵な感じの古本屋さんだ。

 また、嫁さんの実家に遊びに行った時に、覗きに行ってみよう。


2018.3.24(土)
▼昨日、父親が近所の病院に行ってMRI検査を受けて、腰骨の1箇所が圧迫骨折を起こしていることが判明。
 だけど、なぜか東大病院に提出する書類を持って帰ってきた。
 本人に聞いても、半分ぼけている父親にはその理由を説明することができない。こっちの病院で治療できないから、東大病院への紹介状を出したんだろうとか、訳のわからないことを言うだけ。
 たぶん、東大病院にかかっているということが自慢でならない父が、こっちの医者に訳のわからない余計なことを言って、東大病院に出す書類をもらってきたのだろう。俗物きわまりない父は、こちらからすると「バカじゃないのか」としか言いようのない権威主義なところがあり、その典型的な例が「自分は東大病院にかかっているんだぞ。どうだ、すごいだろ!」ということだったりする。普通、そんなことはなんの自慢にもならないことなのに、うちの父親にはそれが自慢でならないのである。

 東大病院では、随分前に癌の手術を受けていて、それからずっと通い続けているのだけれど、実を言うとなんのために通っているのか、家族の誰も理解できないでいる。本人に聞いても説明することができず、「じゃあ、何で通っているんだ?」と聞くと「むこうが来いって言うんだから仕方ないだろ」と逆ギレするので、放置してきたのだ。たぶん、東大病院に通っているということを自慢したいがために通い続けてきたのだろう。おそらくは、東大病院としても、迷惑をしていることだろう。
 しかし、さすがに高齢で東大病院まで通うのも無理になってきたこともあって、MRI検査を受けてきた病院の「もの忘れ外来」の先生とも相談して「東大病院に通うのはもうやめて、うちの病院だけにまとめましょう」と決めたばかりなのである。
 本人もそのことは納得していたはずなのに、ここで東大病院に出す書類をもらってきてどうするんだよ?

 仕方がないので今朝、その病院に僕が行ってきて、MRI検査を担当した院長先生に会って説明を受けてきた。
 やはり、父親が東大病院に通っているということをしつこく主張するので、そちらに提出する資料を出してくれたとのこと。
 だけど、こちらの「もの忘れ外来」の先生と相談して東大病院にはもう通わないことを決めたので、腰骨についてはこちらの病院で治療してもらいたい旨と、半分ボケていて、自分の言っていることもほとんど自分で理解していないことなどを説明してきた。
 そして、骨折の症状についても説明を聞いてきたのだけれど、オーダーメイドのコルセットを発注しているので、それができあがるまではとにかく安静にする必要があること、ここで動き回るとあとで歩けなくなる可能性があること、それなりに痛みがあるはずなのだけれどボケてくると痛みの有無に関係なく動き回ってしまうことがあることなどの説明を受ける。

 で、まあ、とりあえず状況ははっきりしたので、帰宅して家族全員が揃っているところで聞いてきたことを説明し、父親にはコルセットができるまで外出を控えて安静にすることを厳命する。

 ところが、高崎まで出かけて、夕方に帰宅してから母親に聞くと、自転車に乗って浦和競馬場まで馬券を買いに行き、帰ってきてからもお菓子がないと言ってまた買い物に出かけていったとのこと。我が家から浦和競馬場まで、僕が自転車を漕いで30分ぐらいはかかるので、父親なら片道1時間以上はかかるはずである。だけど、うちの父親は昔から、家族にどんな嘘をついてでも競馬に行く人間なので、医者から安静にするように言われようが、寝たきりになると言われようが、きっと行くのだろうなと思っていた。なにせ、小学生の自分にも嘘とわかる言い訳をして競馬に行くような人間で、その時点で小学生の僕から軽蔑されてきたような人間なのだ。勤め先の経理の人間に給料の明細書を書き換えさせて、それでごまかした金を自分のポケットに入れて競馬につぎ込み、そのために家には常に金がなく、僕が幼稚園を中退するハメに陥ったという実績のある父親なのだ。いまさら殊勝に安静になどしていないだろうなとは思ってはいた。

 そして、安静にするようにと説明されたことなど、まるで覚えていないと主張する。これが、本当にボケていて覚えていないのか、競馬場に行きたいがために覚えていないと嘘をついているのか、まったく判断ができないのだけれど。
 いずれにしても、家族全員がとうに見はなしていて、本人も家族から「このままだと寝たきりになる」と言われても「寝たきりになっても構わない!」と逆ギレして怒り出すのだから、好きにさせるしかないのだろう。ほんと、これが自分の父親かと思うと、実に情けない。僕は、ずっとこの人を反面教師とし、この人のようにだけはなるまいと思って生きて来たのである。

▼上記のような理由で病院に行ったあと、嫁さん、息子、孫を車に乗せて、高崎へ。21日は産まれたばかりの赤ちゃんをガラス越しで見ることしかできなかったのだけれど、今日は抱っこして触ることができるのだ。

 が、外環自動車道に乗るなり関越自動車道が渋滞という表示。息子が渋滞情報をチェックして、どう考えても東北自動車道をまわった方が早いというので、あわてて外環自動車道を降りてUターンして東北自動車道に向かう。
 水曜日の雪が信じられないような行楽日和なので、多くの人が外に出てきているのだろう。

 佐野のサービスエリアで昼メシにして、食後にドッグランの近くで孫を遊ばせる。
 起伏のある芝生に細い舗装された道が作られていて、そこを子どもたちが走っているのを見て、孫もその仲間に入って走り回る。こっちは、その横についてまわるのだけれど、エンドレスで走り続けるので、いい加減疲れてしまう。この小さな体に、いったいどれだけのエネルギーが詰まっているのやら。
 笑ったのが、しゃがんでいるよその若いお母さんの所に近づいていって、背中からそのお母さんの膝に座り込むように寄りかかってしまったのである。そのお母さんは笑いながらギューッと抱きしめてくれたのだけれど、孫はそのまま手を繋いで歩き出してしまう。芝生の山の頂上まで付き合ってくれたのだけれど、「まったく人見知りしないで、誘拐されちゃいそうですね」と笑われてしまった。でもって、そのお母さんの小さな娘さんが嫉妬して泣き出してしまう。いやはや。

 そこから息子に運転を代わってもらう。最近は、セブンイレブンでワンデイの保険に入れるので、こういう時にたいそう助かってしまう。

▼産院に到着して、お嫁さんの入っている個室へ。
 孫2号は、ぐっすりと寝込んでいる。夜の間、ずっと泣いていてお母さんはすっかり寝不足になっていたのだけれど、そのおかげで日中はずっと寝ていてくれているのだとか。
 交代で抱っこしたのだけれど、その間もまったく起きずに寝ているばかり。
 2歳半になる孫1号に慣れてしまったせいか、ムチャクチャ軽く感じてしまう。

 そこへ、お嫁さんの方の親戚一家が団体で到着。息子の結婚式で会っただけの一家なのだけれど、にこやかにご挨拶。狭い病室に人が溢れてしまう。たいそう賑やかになったのだけれど、それでも孫2号はスヤスヤと眠り続けるばかり。
 さらに、お嫁さんのご両親も到着。

 長居しないで帰るつもりだったのだけれど、大勢揃ってしまったので、なんとなく長居をしてしまう。だけど、そろそろ帰ろうかというところで、孫2号が起きて元気に泣き出してくれる。ううっ、可愛いぞ。元気に泣く姿を見られて、たいそう満足してしまう。

▼帰りも息子と交代で運転して帰ったのだけれど、やはり関越自動車道は混んでいるということで、東北自動車道経由で帰る。
 孫1号は、長時間車にくくりつけられていたこともあって、かなり疲れたのだろう。すっかり機嫌が悪くなってしまう。
 しかも、帰宅して息子が風呂に入れた時に、容赦なく顔にシャワーをかけたりするものだから、大泣きして食べたものを吐いてしまう。おいおい、もう少し優しく扱ってやれよ。
 このあたりが、じいちゃんとパパの違いなんだろうなあ。でも、オレがお前を風呂に入れていた頃は、もっと優しく扱ってやったはずだぞ。


2018.3.23(金)
▼今日は嫁さんが午前、午後と外出するので、その間は居間でパソコンを立ち上げて、仕事をしながら孫の相手
 ところが、孫よりも半分ぼけている父親の方がとてつもなく仕事の邪魔だということが判明。なぜか、近くの椅子に座り込んで、なんだかんだと話しかけてくるのだ。その話しかけてくる内容も、ほとんどが話しかけている相手の返事を必要としない独り言に近い内容だったりするのだけれど、とにかくうるさいし煩わしい。
 うちの父親は昔からずっとそうで、人とまともな会話のできない人間なのである。テレビの天気予報で「明日は晴れです」と言えば「明日は晴れるぞ」と話しかけてきて、「明日は雨が降ります」と言えば「明日は雨だぞ」と言ってくる。そんなことは、一緒にテレビを見ているのだからいちいち教えてもらわなくたって分かるっちゅうのに。ところが、ずっとその調子で話しかけてくるのだ。
 あるいは、まわりの人間がテレビドラマに集中している時に、唐突に近所で見かけた犬の話を始めたりするのである。なんのためにそんな話を始めたのか、まるで理解できないような話を、本当に唐突に始めたりするのだ。楽しみにしているテレビドラマのクライマックスで、毎回のように邪魔をされてしまうのである。いわゆる空気を読むということが、まったくできないのだ。
 あるいは、家族が会話をしているところに唐突に割って入って、まるで関係のない話を始めたりするのだけれど、それがまたなんでそんな話をこちらにするのか、まるっきり誰にも理解できないような内容の話だったりするのである。
 要するに、まわりに関係なく、自分が話したいことを一方的に話すだけなのだ。昔からずっとそうで、ひたすら煩わしく思っていたのだけれど、最近ではそれに認知症が加わってきて、前後の脈絡なく何についての話なのか分からないことをしゃべり出すので、なおさら鬱陶しくなってきている。
 で、こっちはパソコンに向かって仕事をしているというのに、近くの椅子に座り込んで、ずっと返事を必要としない内容のことを話しかけてくるので、ぜんぜん仕事に集中できず。

 オモチャで遊んでいる孫の様子を見ながらなので、居間から離れるわけにもいかず、本当にまいった。

▼夜、勤務先から息子が我が家にやってくる。きっと孫が大興奮するだろうと思って、僕の後ろに息子を隠して、孫の前でパッと脇にどいて息子を見せた瞬間の孫の反応がおかしかった。
「パパじゃん」
 たったひとことそう言って、オモチャのところに戻っていってしまったのだ。うーん、パパ大ショック(笑)

▼ふと気になってさいたま市テニス協会のホームページをチェックしたら、てっきり延期になったと思っていた試合を敢行していたことが判明して大ショックを受けてしまう。
 まさか、雪になるほどの雨が降っていて、試合をやったとは思っていなかったのだけれど、10時半受付終了のブロックだけ試合を敢行したらしいのだ。そして、たまたま僕はその10時半のブロックだったのである。試合結果を見ると、ウォークオーバーの嵐で、雨で試合に来なかった人がむちゃくちゃ多かった模様。
 ま、試合を敢行すると分かっていたところで、試合には行けなかったのだけれど、てっきり延期だと決めつけていたので、ガッカリしてしまう。


2018.3.22(木)
▼明日からしばらく自宅で仕事をすることにして、かかえている仕事をこなしながらその準備。必要な自作ソフトや業務に必要なファイルをDドライブにガンガンぶちこんで、そのノートパソコンを持ち帰る。
 自宅で使っているパソコンだと、バージョンが違いすぎてソフトがうまく動いてくれないのだ。

▼帰宅して玄関のドアを開けると、いちもくさんに孫が走ってきて「じいじ、だーい好き」といいながら抱きついてくる。おおっ、これはしあわせだぞ。
 機関車トーマスのおもちゃ(息子が小さい頃に遊んでいたもの)でさんざん遊んで、一緒にお風呂に入って、お布団に入れて寝かしつける。

▼会社から持ち帰ったパソコンをネットに繋ぐと、さっそく作業依頼のメールが入っていて、自宅なものだから時間に関係なく作業ができてしまう。これは、ある意味やばいよなあ。

▼で、むちゃくちゃ寝相の悪い孫のために、浅い眠りを余儀なくされてしまう。布団の外に転がっていってり、蹴ってきたり、一瞬にして頭と足が反転したり、寝ている間もひたすら元気なのだ。いやあ、これが2週間続くのか? 嫁さんは眠りが深いので、ぜんぜん気にしないで寝ているようだけれど、もともと眠りの浅いタチの自分にとっては拷問だぞ、これ。


2018.3.21(水)
▼朝起きてスマホを手にすると、息子から「男の子産まれたよー」とLineが入っていた。うそっ、予定日は28日だぞ!
 ここから大騒動のはじまりはじまり。なにせ、2人目が産まれたら、上の孫を我が家で預かることになっているのである。その準備がぜんぜんできていないのだ。
 産院はお嫁さんの実家がある高崎で、面会時間は13時からだという。順調にいけば車で1時間半の距離である。11時半に家を出ればいいと思っていたら、息子から「昼メシを一緒に食うか?」と連絡が入り、そうか、昼メシを食うならさらに30分は早く出ないとダメだな、とか思っていたら、嫁さんが「花を買っていくから少し早めに出て」と言いだし、じゃあ、10時には出ないとということになる。
 その10時まで、大慌てで居間を片付け、掃除機をかけ、洗濯をして、てんてこ舞いとなる。

 ちなみに、本来なら今日はさいたま市のシングルスの試合に出る予定になっていた。このところ、けっこうシングルスに力を入れて練習してきたのは、この日のためだったのである。
 でも、さいわいなことに、9時ぐらいから雨が降り出してくれる。よしっ、これなら試合は延期だ。

 10時を少し過ぎて家を出る。きっちり雨が降っている。天気予報をチェックすると高崎に大雪警報が出ているけれど、いくらなんでも大雪にはならんだろう。テレビの天気予報でも大雪になるのは関東西部だと言っていたから。
 とか思っていたら、関越自動車道を走っている最中に雨が雪に変わり、さらには吹雪になってしまう! おいっ!
 さいわい、いまのところ道路に雪が積もる様子はないが、まわりはあっという間に銀世界である。しかも、猛吹雪のためにまるっきり視界がきかない。まさか、こんな天気になろうとは。

 いったん向こうの実家に寄って、荷物を積み替えてから食事に行こうということになっていたのだけれど、吹雪のためにすっかり遅れてしまったので近くのファミレスで合流することにする。が、そのファミレスのホームページに載っていた住所が中途半端なものだったらしく、違う場所へと誘導されてしまう。こんな住宅地のど真ん中にファミレスなんてあるかい!
 改めて場所を調べて、なんとか到着したのがすでに13時。
 先方のご両親、息子、孫と合流して、食事。孫は「じいちゃん、だーい好き」「ばあちゃん、だーい好き」と大好きを連呼。なぜか大好きの大安売りをマスターしてしまった模様。

 食事を終えて、孫を預かるための荷物のあれこれをこっちの車に乗せ替えて、ようやく産院へ。
 さいわい、この時点で雪も雨に変わっていたので、降雪で帰れなくなるということはなさそうだ。なにせ、ノーマルタイヤでチェーンもなにも持っていないので、もし積もったら高崎に泊まるしかないと思っていたのである。

 産まれたばかりの孫2号は、思った以上に目鼻立ちがはっきりしていて、これはハンサムに育つぞと、さっそく孫バカぶりを発揮してしまう。今日はまだ赤ちゃんに触れることはできないとのことで、ガラス越しの面会だけ。
 しばし、病室でママと話をして、孫1号を預かって帰路につく。

 後部座席にチャイルドシートをつけてあるので、当然、嫁さんもその隣へ。孫も嫁さんも、速攻で寝てしまう。で、こっちはコーヒーをがぶ飲みして睡魔と戦いながら運転。ま、吹雪に比べれば、はるかに運転しやすいよな。

 というわけで、今日からおよそ2週間、孫と一緒の生活なのだけれど、どんだけ寝相が悪いんだ、お前は! ちょっと目を離したスキに、ぜんぜん違うところに移動しているじゃないか。


2018.3.20(火)
▼地下鉄サリン事件から、今日で23年だそうだ。
 実は、あの日、ほんのちょっと時間がずれていたら自分も被害者となるところだった。
 事件が起きて丸ノ内線が止まって、その時にはほとんど情報もなく、何か事件があって地下鉄が止まった程度のことしか分かっていなかった。
 クライアントとの打ち合わせがあった僕は、新宿御苑前からちょうど運転を再開したばかりの丸ノ内線に乗りこんだ。
 その電車は霞が関駅に止まらずに通過したのだけれど、人の姿のない駅はなんとも不気味な雰囲気だった。

 その直後に丸ノ内線は再び運行を中止してしまう。ほんの短時間だけ運転を再開していたのだけれど、どうやら原因が「サリンガスらしい」ということが分かって再び運行を中止したのだ。その、ほんの短時間だけ運転を再開した幻のような丸ノ内線に僕は乗っていたのである。
 本当に、ほんのちょっと事件の発生時間がずれていたら、あるいは自分が会社を出た時間がもうちょっと早かったら、自分が被害者になっていた可能性があったわけだ。

 狂気にとりつかれたごくごく数人の人間によって、おのれには何の非もない多くの人の人生が狂わされた、それが地下鉄サリン事件だった。あのような事件が二度とないようにとは思うが、手を変え品を変え、姿を変えて、狂気に取り憑かれた人間がふたたび事件を繰り返していくのだろう。


2018.3.19(月)
▼出社してしばらく仕事をしていたのだけれど、左胸の痛みが耐えられず、昼過ぎに会社を抜け出して近所の病院へ。
 おそらく、肋骨にヒビが入っているか、肋骨に繋がっている筋肉が傷んでいるのだろうとのこと。
 スギ花粉症でクシャミをしすぎたためかと思ったら、クシャミよりも咳の方が肋骨を傷めやすいのだそうだ。咳だったら、うんざりするほどしているからなあ。
 「レントゲンを撮ることもできますけど、それで痛みの原因がわかったところで、肋骨だったらできることは何もありません」と言われ、レントゲンは撮らないことにする。とにかく、咳を抑えて、痛みがおさまるのを待つしかないのだとか。スギ花粉症の薬はもらっているのだけれど、さらに咳を抑えるための薬を出してもらう。痛み止めも出しましょうかと言われたが、それはなしで痛みを我慢することにする。
 いやはや、厄年だねえ。


2018.3.18(日)
▼春分の日にテニスの試合が入ってしまったので、今日、お墓参りに行くことにした。
 もうすぐ2人目の孫が産まれることになっているので、ご先祖様に「あなたたちの子孫は順調に繁殖しております」とご報告をすませる。

▼2人目の孫が産まれたら、しばらく上の孫をうちで預かることになっているので、なにかオモチャを買っておこうと、近くの西松屋に車を走らせる。でも、たいしたオモチャもないなあ。

▼昨夜あたりから、左胸がひどく痛むようになってしまった。咳をしたり、鼻をかんだりしただけで痛い。クシャミをしようものなら、悶絶するほど痛い。スギ花粉症のためにクシャミをしすぎたせいだろうか。


2018.3.17(土)
▼翌週の試合を控えて、どこかでテニスをしておきたいと思ったのだけれど、なかなか手頃なオフがなかった。ところが、直前になって知り合いが募集を出しているのを見つけて速攻で申し込み、おかげで13時から4時間、4ゲーム先取のダブルスを楽しむことができた。
 が、我が肉体がスギ花粉の猛攻に屈してしまったのか、コンディションは最悪。まるっきり、体が思うように動いてくれません。そんなレベルの高いメンバーが揃っていたわけではないのだけれど、4勝4敗という結果に終わってしまう。
 こんなんじゃ、来週の試合は期待できないなあ。うーむ。


2018.3.16(金)
▼西荻窪「盛林堂」にて『戦後春陽文庫資料集成β版』を購入。
 春陽文庫のカバー写真をたっぷりと掲載した自費出版本なのだけれど、おかしいのが同じ本の表紙が並んでいたりすること。「なんで同じ本を?」と思ってよくよく見ると、微妙にデザインの違う部分があったり、同じ日に発行された同じ本なのに異なる値段が印刷されていたりと、なかなか奥が深かったりするのだ。いやあ、さすがは春陽文庫だ。
 当然ながらここに掲載されている本は春陽文庫のごくごく一部にすぎず、僕の好きな園生義人などはまるっと無視されている。

 ちなみに、僕の購書記録をチェックすると、1997年3月30日以降で361冊の春陽文庫を47,834円で買っているらしい。いやはや。少なくとも、春陽文庫だけを突っ込んだダンボール箱が2~3箱は埋もれているはずである。
 その中にはけっこうレアな本もたくさんあるのだけれど、どれもこれも格安で買っているというわけですね。
 しかし、このように春陽文庫に注目が集まるようになると、「ああっ、あそこの古本屋の均一棚にごっそり並んでいた城戸禮をなんで買わなかったのだろう?」とか「ほんだらけには小糸のぶがたくさんあったのに、1冊も買わなかったのが悔やまれるなあ」などと、ついついろくでもない思いにとらわれてしまう。古本者のサガってやつなんでしょうね。

ロバート・ブロック『サイコハウス』創元推理文庫を読了。
 当たり前のことなのだけれど、ちゃんと『サイコ2』の続きの話しになっていた。
 ノーマン・ベイツの引き起こしたあの事件から30年がたち、焼け落ちたベイツ・モーテルを再建して観光地にしようという動きが出てくる。だが、その再建されたベイツ・モーテルで殺人事件が発生し、またしても惨劇が始まるのだった。はたして、犯人は?

 『サイコ2』はけっこう読むのに難儀したのだけれど、本作はサクサクと読むことができた。だけど、読んでいていまいち盛り上がらない。読みながら犯人を捜そうという気にもなれなかったしなあ。そして、犯人が明かされたところで、ぜんぜん驚きがなく、というか、ぜんぜんピンと来なかった。
 少なくとも、自分には合わない小説なんだろうなあ。


2018.3.13(火)
夢枕獏『キマイラ13 堕天使変』朝日ノベルスを読了。
 このシリーズの新刊が出るたびに同じことを書いているのだけれど、前の巻の話をぜんぜん覚えていないので、読んでいてひたすら歯がゆいのみ。「あとがき」によると、あと数巻で完結するというのだけれど、完結してから全部読み返した方がよほどいいのではないかと思ってしまう。
 とはいえ、あと数巻で完結というのも、過去の夢枕獏のことを考えると、とても信じられないしなあ。
 というわけで、ずるずると読んではいるものの、場面が変わるたびに「えっ、なんでこんな場面になっているんだっけ?」と首をひねるばかりなので、どうしようもないな。
 こうしてみると、『水滸伝』『楊令伝』『岳飛伝』を月刊ペースで書き続けた北方謙三はとんでもない天才ということなんだろうな。


2018.3.11(日)
▼お雛様の片づけで屋根裏にあがり、またしてもあれこれしまい込んでいるものをチェックしはじめてしまう。
 いやあ、なんでこんなものがあるのか、まるっきり覚えていないものがたくさんあるなあ。もしかして、値段のつきそうなものもあれこれあるんじゃないの? ボチボチ処分を始めるかな。
 「黎明」という同人誌は、高校生の時にSFフェスティバルに行って買ったものだろう。若き日の夢枕獏さんの短編小説が掲載されている。
 「CRYSTAL」は、スタジオぬえの前身であるクリスタル・アート・スタジオのさらに前身である「SFセントラルアート」の発行していた会報。これまた若き日の宮武一貴、加藤直之といった方たちの作品が掲載されている。
 「宇宙の勇者 スターウルフ」の脚本が何冊もあった。これは、どこぞの古本屋で見つけて買ったものだろうか。
 他にも、大学系SFサークルの同人誌とか、その手のものがごっそりとある。

馳星周『帰らずの海』徳間書店を読了。
 このところ、馳星周の新作を欠かさず読むようにしているのだけれど、少しずつさかのぼった作品も読んでみることにした。
 これは、なんとも暗い、救いようのない、読んでいて辛くなってくるタイプの作品で、まさに馳星周らしいと言える。馳星周の小説と言われてイメージする小説の、ひとつの典型的なパターンであると言えるかもしれない。この手の作品を続けて読んで、それで疲れて馳星周の小説を読まなくなっていたのだけれど、その「読んでいてしんどくなってしまう馳星周作品」だったのだ。
 下手な作家だったらここまでしんどくならないのになあ、なんてことも思ってしまう。

▼イオンシネマ浦和美園にて、ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』を観る。
 イオンモール浦和美園が、なぜかむちゃくちゃ混んでいて、駐車場の空きが見つからず、あやうく上映開始時間に遅れそうになってあせってしまう。こんなことは初めてなのだけれど、どうしてこんなに混んでいたのやら。
 でも、『シェイプ・オブ・ウォーター』は、それほど混んではいなかった。アカデミー賞をとったところで、その影響なんてこんなもんなんだよな。

 作品はというと、うーん、微妙。
 もちろん、嫌いな作品ではない。でも、ヒロインの気持ちの動きがいまいちよく分からないのだ。どうしてあの生き物と恋に落ちる? どうして●●●する気になる? 違和感バリバリで、その部分で、僕を納得させてくれなかった。
 そして、よくまあこの作品にアカデミー賞を与えたなとも思ってしまった。この手の作品を受け入れるほど、アカデミー賞の選考委員の頭が柔軟だとは、とても思えなかったのだけれど。もっと、正統的な作品が対象になるのだというイメージがあったのだけれど。


2018.3.10(土)
▼少し前に申し込んだのと同じ主催者さんのシングルスオフに参加する。
 前回はほとんど休みなしで3時間だったのだけれど、今日は4時間なので、それなりに休憩時間がはさまる。

 初戦は、自分の出来が良すぎて一方的にポイントを稼いで6-0のストレート勝ち。あまりにも自分のデキが良すぎて、もしかして自分はシングルスが強いんじゃないのと勘違いしたくなってしまうほど内容がよかった。ファーストサービスは片端から入ってエースを奪うし、攻撃もきれいなコースにバンバン入ってポイントを奪うし、そのうえ芸術的なドロップショットまで決まってしまう。いつもこんな感じの試合ができれば、もっと勝ちが多いだろうに。

 2回戦は若い女性が相手なのだけれど、この女性が女性とは思えないほど力強いショットを打ってくる。こんな攻撃的なシングルスをする女性は見たことがないぞ。しかも、むちゃくちゃ足が速くて、完全に抜けたと思ったボールにも追いついてくるし、絶対に決まったと思ったドロップショットにも追いついてしまう。まさか追いつくとは思わず、完全にポイントをとったつもりでいたらボールが返ってくるのでびっくりしてしまう。
 なんとか6-2で勝ちはしたものの、ちょっとでも気を抜くと負けるところだった。

 3回戦は30代の力強いテニスをする男性が相手で、パワーで押し負けてリターンが甘くなったところを片端から打ち込まれてしまう。なんとかこちらも力でねじ伏せようとしたのだけれど2-6で負け。

 最後は50代後半の男性。むちゃくちゃコーナーをつくのがうまい人で、右に左に打ち抜かれてしまう。ほんのちょっとでも甘いボールを返すと、確実にポイントを奪われてしまうので、とにかく攻めて攻めて攻め抜く。だけど、そんなテニスを続けられるわけもなく、0-6のストレート負け。こちらのパワーショットでポイントを奪うシーンはあっても、それ以外ではまったくポイントをとることができなかった。明らかに格が違う。聞くと、ふだんは県大本戦の選手と練習をしているとのこと。そりゃ、かなわない。
 でも、さいたま市の大会ではBクラスに出てくるらしい。いつも準決勝までは行っているとのことで、初戦を勝つのが精一杯のこちらとは随分と違う。そりゃ、勝てないよな。こういう人に勝つには、いったいどうすればいいのやら。

▼テニスコートが近かったので、そこから車をプラハ書房に走らせて、久しぶりにプラハ書房の充実の古本棚を満喫する。だけど、だからといって買いたい本がそうそうあるわけでもなく、結局買ったのは、マリアナ・ボルグ『ラブ・マッチ』日刊スポーツ出版社というテニス本。サブタイトルが「私のビヨン そしてテニス」というわけで、ビヨン・ボルグの奥さんの書いた本であるらしい。


2018.3.9(金)
▼ふと思いついて、2017年のフィリピン映画について調べてみた。
 公開された作品数は全部で116本。ただし、この中には映画祭上映作品と、過去に映画祭で上映された作品の一般公開とがダブルカウントされているので、実際には多少これよりも少ない数となる。
 いずれにしても、アジア通貨危機直後には50~60本程度にまで落ち込んでいたのだから、十分に多い数と言えよう。

 興収記録ベスト10は以下の通り。

【2017年フィリピン映画興収ベスト10】
1 Gandarrapiddo: The Revenger Squad
2 Kita Kita
3 My Ex and Whys
4 Can't Help Falling in Love
5 Ang Panday
6 Finally Found Someone
7 Seven Sundays
8 Unexpectedly Yours
9 Love You to the Stars and Back
10 100 Tula Para Kay Stella

 相変わらず、クリスマスシーズンに公開されるヴァイス・ガンダ主演映画が年間トップに輝くという図式に変化はなし。2011年からずっと、ヴァイス・ガンダ主演映画がトップに君臨し続けているのだ。
 このうち、すでに観ているのは『Kita Kita』『Can't Help Falling in Love』『Seven Sundays』『Unexpectedly Yours』の4本。あと、『My Ex and Whys』はDVD入手済みなので必ず観るだろうし、DVDさえ手に入れば『Gandarrapiddo: The Revenger Squad』『Ang Panday』もぜひとも観ておきたい作品だ。
 9位の『Love You to the Stars and Back』は今年の大阪アジアン映画祭で上映される『愛して星に』のこと。これもDVD入手済みなので、機会があれば観てみたいと思っている。
 6位の『Finally Found Someone』もDVD入手済み。観るのかなあ?
 残りの『100 Tula Para Kay Stella』は、まったく縁のない作品なので、観ることはないかな。

 ちなみに、この10本のうち7本が女性監督の作品。フィリピンは女性映画人の活躍がすごいなあ。

▼TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催中の【電影2018】にて、ツイ・ハーク&ユエン・ウーピンの『奇門遁甲』を観てきた。
 いちおう、ツイ・ハークが製作・脚本を担当し、ユエン・ウーピンが監督を担当しているのだけれど、作品の印象としてはツイ・ハークが監督をして、ユエン・ウーピンがアクション演出を担当したのではないかという感じ。
 『蜀山奇傅 天空の剣』を思い出させる派手なとっちらかりようで、はっきりいってストーリーというか設定がよく分からない。そこが、とってもツイ・ハーク監督作品という印象に繋がっているのだけれど。でも、よく分からないままに派手な映像とアクションとでぐいぐいと押し切ってしまうという力技炸裂の作品であるというところも、いかにもツイ・ハーク的。
 CG使いまくりで、これがユエン・ウーピンのセンスであるとしたら、ユエン・ウーピンのセンスの若さには恐れ入るばかりだ。
 そして、ヒロインのニー・ニー(倪妮)がとにかくかっこいい。このかっこよさは、かつてのマギー・チャン、ブリジット・リン以来ではないだろうか、などと思ってしまう。

 これだけ派手なCG満載の超絶クンフーアクション映画、日本公開しないという手はないと思うのだけれど、配給はついていないのだろうか?




2018.3.8(木)
平井和正『日本SF傑作選4 平井和正』ハヤカワ文庫JAを読了。
 ここに収録されている作品は、いずれも自分が中学生から高校生にかけて読んでいる作品ばかりである。それを半世紀に近い年月がたって読み返して、やはり面白く読んでしまう。しみじみと思ってしまうのは、「そうなんだよ。平井和正って、あの頃はこれだけ濃密な文章を書いていたんだよ」ってこと。『幻魔大戦』あたりから、会話の多いスカスカの文章を書くようになって見放してしまったのだけれど、本書に収録されている文章を読むと、やはり初心を忘れちゃダメだよなと思ってしまう。当時、平井和正はよく「爪で岩に文字を彫る」というような表現で、自分が文章を書くときにどれだけ苦しい思いをしているかということを語っていた。それだからこそ、僕らは平井和正の小説に夢中になったのだと思う。
 後半に収録されている『サイボーグ・ブルース』は、「SFマガジン」のバックナンバーを古本屋で探してきて読み、単行本でまた読んだものの、それっきり再読はしていなかった。ウルフガイなどは、何度読んだか分からないのに。本作のおかげで久しぶりに読み、「こんな内容だったっけか?」とビックリしてしまった。具体的な内容は、まったく覚えていなかったんだね。

▼フィリピン映画『CHAIN MAIL』を観る。
 英語字幕のついていないDVDで観たので、正直に白状すると、ストーリーはほとんど把握できなかった。
 むかし、「不幸の手紙」というのがあった。突然送られてきて、それと同じ内容の手紙を何人かに出さないと不幸になるというものだったが、要するにそれの現代版である。
 ある日突然、1通のメールが送られてくる。それと同じメールを何人かに出さないと死が訪れるという内容のもので、ある者は素直にその内容に従うが、ある者は無視してそのメールを削除してしまう。だが、削除した者が次々と不審な死を遂げていってしまう。いったい、その「呪われたチェーン・メール」の背後には、どのような真実が隠されているのか。
 続々とまわりの人間が血にまみれた死を遂げていく中、アイリーン(メグ・インペリアル/Meg Imperial)とカサンドラ(シャイ・カルロス/Shy Carlos)のふたりは、死の連鎖から逃れるべく、真相究明に乗り出すのだが…。

 おそらくは、そういう内容なのだと思う。
 とはいうものの、「真相究明に乗り出す」というよりも、ひたすら怯えて逃げ回るだけだったりするのだけれど。
 その呪いのチェーン・メールの背景にあったのは、恋人とベッドで過ごしている動画がネットに流出してしまい、それが原因で自殺した若い女性の呪いというもの。この自殺のシーンが実にえぐい。睡眠薬を大量に飲んだ上で、刃物で自分の体を切り刻んで自殺をするのだけれど、自分の顔を切り刻む映像には目をそむけたくなる。
 そういう呪いが原因であるのだけれど、若者たちに死をもたらす化け物の造形が実に微妙だったりする。体にピッタリはりついたグレーのボディスーツに全身を包まれた河童? なんだか「ウルトラセブン」にでも出てくる宇宙人みたいな造形なのだ。恨みを抱いて死んだ女性の化身としては、あまりにも違和感がありすぎる。
 そして、本作の最大のセールスポイントが人気女優のナディーン・ルストレ(Nadine Lustre)が出ているということなのだけれど、実際には出てきてすぐに死んでしまう。映画館に駆けつけたナディーンのファンは、さぞかしガッカリしたことだろう。
 ネットで見つけたある母娘のやりとりに笑ってしまう。
母:この『CHAIN MAIL』って映画、ナディーンが主演なの?
娘:ううん。ゲスト出演程度よ
母:なんで? だって、ポスターになっているのはナディーンじゃないの。それなのに主役じゃないの?
 はい、そうなんです。ポスターはガラスの破片なんかが刺さったナディーンの顔面のアップなのだけれど、ぜんぜん主演でもなんでもないんです。

 フィルメックス東京で上映された『暗きは夜(Madilim ang Gabi)』のアドルフォ・アリックス・ジュニア(Adolfo Alix Jr.)監督の作品なので、けっこう期待してみたのだけれど、はっきりいって期待ハズレではあった。英語字幕がついていないために、ほとんどストーリーが把握できなかったせいもあるかもしれないが、非常に安易な脚本という印象しか受けなかったし、演出もいまいち恐くない。
 ある映画評で「まるで情熱が感じられず、あくまでも仕事として撮った作品」というように書かれていたが、まさにそんな作品だった。




2018.3.5(月)
▼いつも通勤定期をスマホのケースの中にいれてあって、そのケースごと改札機にタッチしているのだけれど、今朝、改札機にタッチしても何の反応もなく、赤ランプがついて改札機が閉まってしまう。あれ? 通勤定期、延長したばかりなのに。
 スマホケースの中を覗いてみると、ありゃりゃ、Suicaが入っていないではありませんか?
 仕方なく新宿までの切符を買って通勤電車に乗り込んだのだけれど、はてさて、Suicaをどこに落としてしまったのだろうか?
 とりあえず嫁さんにスマホの充電器のあたりと机の上をチェックしてみてと連絡を入れたのだけれど、どうやらそのあたりには見当たらないらしい。
 うーん…と考え込んで、「まさか」と思いついた場所が1箇所。
 再び嫁さんに連絡をする。
「車に乗るときに、助手席のあたりと、助手席の下のゴミ箱の中をチェックしてみて」
 土曜日のテニスの帰り、ブレーキを踏んだ時に助手席に置いてあったスマホとペットボトルが、みごとにゴミ箱の中に勢いよく飛び込んでしまったのである。もしかしたら、その時にスマホケースからSuicaだけ飛び出してしまったのかもしれない。
 数時間後、嫁さんから連絡が入る。
「車のゴミ箱の中にあったよ」
 ううっ、よくぞその場所を思いついたぞ、オレ。偉いぞ、オレ。思いつかなかったら、絶対に中身のチェックなんかしないまま捨てられていたところだよ。


2018.3.4(日)
▼嫁さんとジョン・ウー監督の『マンハント』を観に行こうと約束していたのだけれど、いざ調べてみると、近所の映画館はどこも朝いちか夕方の1回しか上映していないことが判明してしまう。ちょっと、その時間に2人で映画を観に行くのは無理。
 じゃあ、都内まで出ようかとも思ったのだけれど、昨日の疲れが残っていて、いまいちその気になれない。
 じゃあ、他の映画でも観ようか。『シェイプ・オブ・ウォーターズ』が始まっているしね。近所の映画館を調べてみると、手ごろな時間の上映はどこもすでによさげな席は埋まっていた。なにより、どこの映画館も小さなスクリーンでしかやっていないってのも気に入らない。でも、都内まで出る気力もないし。
 結局、映画を観に行くのは諦めて、家でのんびりビデオでも観ようかということにして、近所のレンタルビデオショップまで出かけたのだけれど、なんだか観たい映画がない。自分ひとりでなら観たい映画がないわけじゃないのだけれど、ふたりで観るとなると、手ごろな映画がないのだ。
 というか、やっぱりひどく疲れていて、「これが観たい!」というような気持ちの盛り上がりがどこからもわき出てこないのだ。
 結局、『スイサイド・スクワッド』を観ることにする。予告編を観る限りでは、気軽に楽しめそうな作品だったので。

▼ところが、この『スイサイド・スクワッド』、ぜんぜん面白くなかった。どこを面白がればいいのかすら分からなかった。
 途中でひどい睡魔に襲われてしまい、ボーッと観ていたら、ストーリーを把握することもできなかった。
 やっぱり、疲れている時に、無理してビデオを観てもダメだね。


2018.3.3(土)
▼病み上がりというか、病み上がりつつあるというか、そんな状態なのにシングルスの試合に行ってきてしまう。埼玉大学のテニスコートで開催されている「男子シングルス初級大会」
 前回、この大会に出た時に、初級大会に僕が出るということで「それはないでしょ」とあちこちからだいぶ言われた。だけど、いざ出てみると、出場者のレベルは僕が参加するのにぴったり。楽に勝てない相手ばかりで、なおかつどうやっても勝てそうにもない相手も出てきてしまう。「初級大会」なんてまったくの嘘。
 というわけなので、なんの遠慮もなく出られる大会なのです。
 しかも今回は、火曜日に熱を出して、水曜日に寝込んでいたという最悪のコンディション。シングルスにいちばん必要な体力が落ちまくっております。こんな状態でシングルスに挑むなんて、バカですか?

 まずはブロック予選から。
 初戦。どう考えても「楽勝でしょ」という相手。
 ところが、僕の動きがおかしい。普通にボールが打ててない。スギ花粉の猛襲で三半規管かなにかがおかしくなっているのでは?と思いたくなるほど体の動きがバラバラで、攻めるボールを打とうとすると、体のバランスが崩れてネットに打ち込んだり、ホームランになったり。
 楽勝のはずがどろどろの試合になってしまい、かろうじて6-5で勝ち。
 これが病み上がりというものなのか?

 2試合目。けっこう勢いのあるボールを打ってきてくれるので、逆にこちらも打ちやすかった。
 しかも、こちらはフラットサーブのいいのがガンガン入って、かたはしからエースを奪ってしまう。
 6-2で勝ち。

 3試合目。2勝同士での対戦。そんなに強いとも思わなかったのだけれど、なぜかあれよあれよとポイントを奪われていき、2-6で敗退。
 記録をチェックしてみると、この人とは過去に2回対戦していて2度ともきっちり勝っている。
 それが今回負けてしまった最大の理由は、3試合目にしてすでにまったく足が動かなくなっていたってことでしょう。
 やはり、寝込んでいた影響もあるだろうし、スギ花粉のせいで四六時中激しい咳をしながらコートに立っていたせいでもあるんだろうなあ。完全に体力がなくなっておりました。

 かくしてブロック2位になり、2位トーナメントに進出。
 その初戦は6-2で勝ち。もう、朦朧とした状態で試合をしていたので、どんな試合をしたのか、どんな相手だったのか、まるっきり記憶がないぞ。
 試合が終わったとことで「コーナーの厳しいところに打ってくるのがうまいですね」と言われたのだけれど、それはたまたまそういうボールがいくつかあったからだな。

 そして、2位トーナメント決勝。相手は35歳の若者。
 ところがこの若者くん、非常に素直なボールしか打ってこないし、しかもセカンドサービスはまったく勢いのない入れに来るサービス。これはもう、攻めるしかないでしょ。
 でも、この時点で完全に体力が尽きております。
 どんなボールでも粘って粘って返していたのだけれど、攻めようとするとミスって自滅するばかり。
 死にそうなほど疲れ果てて、頭が朦朧としてきて、カウントも分からなくなってしまう。
 攻める体力がぜんぜん残っていない。
 こういう時は無理して攻めても自滅するだけなので、我慢しようと思うのだけれど、我慢しているとひたすら延々と続くラリーで右に左に走らされて、こちらの体力がさらになくなっていく。でも、攻めるとミスがでる。いったいどうすりゃいいんだと思いながら、ドロップショットを打ってみたり、無理して攻めてみたり、朦朧としながらもあれこれやってみる。
 こんなしんどい試合は本当に久しぶりというくらいに消耗していき、気分は死ぬ直前。川の向こうのお花畑から、死んだ爺ちゃんが手招きしているのが見えたような気のする試合となってしまう。
 いやあ、苦しい、苦しい。
 それでもなんとか踏ん張って6-4で勝って、2位トーナメント優勝。
 終わったあとで少し話をして「セカンドサービスをなんとかすれば、もっと勝てるようになるよ」と、珍しくアドバイスをしてしまう。

 前回、シングルス5試合をやった時にはけっこう体力的に楽だったのだけれど、今回はむちゃくちゃきつかった。病気をして体力が落ちていたのと、花粉症でボロボロになっているというダブルパンチは、やっぱりあなどれないね。
 帰りの車の運転で右足が攣りそうになり(ふくらはぎじゃなく、スネとももの付け根のあたり)、どうにも危なかったので、コンビニの駐車場に入ってストレッチをするはめに。いやあ、本当にきつかった。
 でも、いい修業になりました。
 まだまだ自分のシングルスは初級レベルだということを思い知らされたわけだけれど、こうやって意識してシングルスを多くやっていれば、多少はうまくなれるかな。


2018.3.2(金)
▼朝いちで会社の近くの病院に寄り、さらに薬を追加してもらう。本当に今回の咳はしつこい。そろそろおさまってくれるかと思うと、それからまたぶり返したりして、ぜんぜんおさまってくれない。

▼3月から4月にかけての仕事があれこれと入ってくる。やばい。そのタイミングではたっぷり休みをとる予定にしているというのに。


2018.2.28(水)
▼朝になっても熱が下がらないので、近所の病院に行く。インフルエンザだったらシャレにならないので、それだけはきっちりチェックしなければ。
 さいわい、検査の結果は陰性。
 だけど、今日は会社を休むことにして、仕事関係のメールを何本か出してから布団に潜り込む。

▼午前中はひたすら眠る。よくまあこんなに眠れるものだと我ながら感心するぐらいよく寝た。

▼午後は、香港映画『レディ・オブ・アサシン』を観る。が、見はじめてすぐに「これ、見たことあるな」ということに気がついてしまう。そうだよ、これ、劇場公開時に観てるじゃん。そんなことも忘れるなんて、まったくもってどうかしているよな。
 でも、そのままズルズルと最後まで観てしまう。

▼ひとやすみして、今度はフィリピン映画『キタキタ(Kita Kita)』を観る。2017年の大阪アジアン映画祭で上映された作品。
 監督は『アニタのラスト・チャチャ』のシーグリッド・アンドレア・ベルナルド(Sigrid Andrea Bernardo)。最新作の『Mr. & Mrs. Cruz』も今年の大阪アジアン映画祭で上映されることになっている。
 主演はアレッサンドラ・デ・ロッシ(Alessandra de Rossi)とエンポイ・マルケス(Empoy Marquez)。登場人物はこの2人の他は日本人が数人いるだけ。
 全編北海道ロケで撮影された作品。

 北海道で観光ガイドをしているレアは、婚約者から裏切られたショックで失明してしまう。そのレアの前に現れたのが、奇妙なフィリピン人のトーニョ。レアの住む家の斜め向かいに引っ越してきた彼は、なにかとレアのところにやってきては、あれこれとちょっかいを出してくる。最初のうちはトーニョを拒絶していたレアだが、いつしか彼に心を許すようになるのだが…。
 目の見えないレアを観光ガイドにやとって北海道の観光地をまわるトーニョ。「もし目が見えるようになったら、何がしたい?」というトーニョの問いに「あなたとまわった観光地を、もういちど一緒にまわって自分の目で見てみたい」と答えるレア。このやりとりが、ラストでガツンと効いてくる。

 後半、それまでのレアの物語がトーニョの視点から描きなおされると、それまで見てきたシーンの持っていた意味が一転し、ジワーッと染みてくる。
 カタコトの日本語しか喋れないフィリピン人が北海道で観光ガイドをしているという設定に無理はあるものの、そこには目をつぶろう。これは、なかなか良質な恋愛映画なのだ。
 ダルマとか足湯とかおみくじとか、そうした日本的な小道具の使い方もうまい。
 ジョイス・ベルナール、ピオロ・パスクアらが設立したスプリング・フィルムスが制作を担当。

「フィリピンの映画人:マリルー・ディアス=アバヤ」「フィリピンの映画人:エリック・マッティ」をアップ。写真をたっぷり入れなくちゃと思いつつ、とりあえず文章だけでアップしてしまう。
 なんだかやたらと忙しくて、やることが多くて、手をかけている時間がぜんぜんとれないってのはどうしたことなんだろう。


2018.2.27(火)
森見登美彦『夜行』小学館を読了。
 十年前、鞍馬の火祭の夜に、ひとりの女性が姿を消した。
 十年たって再び集まった5人の仲間たちは、ひとりひとり、姿を消した女性と不思議な銅版画をめぐる幻想的な物語を語りだすのだった。そして…。

 いつもの森見登美彦の世界ではあるのだけれど、ユーモラスな描写は影を潜め、現実と非現実とが入り交じったような、あやういバランスの上にかろうじて成り立っているような、そんな世界を描いていく。読んでいるうちに、自分が夢を見ているような気にさせられてしまう、そんな現実感を失ってしまうような小説だ。
 そんな世界が、最終章でぐるりと反転してみせるのだけれど、それでもあくまでも非現実的な感覚がつきまとい続ける。
 いつもの勢いのある小説もいいのだけれど、これも悪くはない。

▼会社帰り、赤羽に辿り着くと人身事故で京浜東北線がとまったばかりだった。これはしばらく動きそうにないぞ。
 そこで、近くの古本屋を覗きに行ってみる。だけど、こういう時に限って買いたい本はなし。読む本が途切れたので、なにかしら買えればよかったのだけれど。
 そこで、駅の反対側にある文教堂書店まで足を伸ばして、ようやく日下三蔵編『日本SF傑作選4 平井和正』ハヤカワJA文庫を購入。
 だけど、こんなに分厚い本だったのかあ。持ち歩くのに不便だぞ。

▼娘が南北線で鳩ヶ谷まで出てそこで嫁さんの車にピックアップしてもらうことになったので、こちらも赤羽岩淵で南北線に乗って帰ることにする。こういう時はラインのやりとりが便利だなあ。

▼一日中、頭がどよーんと重くて、これは花粉症がひどいのかなと思っていたのだけれど、帰宅して熱をはかってみたら38度の熱があった。これ、花粉症じゃないじゃん。起きていることができず、そそくさと布団に潜り込む。


2018.2.26(月)
▼朝いちで会社の近くの病院に寄る。とにかく、咳がとまらず、まともな生活ができないのだ。夜は眠れないし、喋ろうとすると咳が出るのでちゃんと喋ることもできないし。
 花粉症の症状だけなら例年通り咳が出るだけなのだけれど、黄色い痰も絡んでいることから花粉症プラスなんらかの感染症ということで、抗生物質などなどの薬を出してもらう。
 これでおさまってくれるといいのだけれど。


2018.2.25(日)

▼今日もシングルスの修業のために、テニスオフに申し込んで草加まで出かけていく。
 3時間のシングルスオフなので、ちょっと物足りないかもとか思っていたら、とんでもなかった。
 コートが4面で参加者が主催者を含めて13名。となると、コートに入れるのは8名だからたっぷり休憩をとれるはずだった。
 ところが、2面は通常のシングルスなのだけれど、残りの2面は2試合が同時に入り、1ポイントごとに交代するというシステムだったのだ。1ポイントごとに交代するのだったら楽だろうと思っていたのだけれど、なんだかむちゃくちゃ慌ただしくて、コートに入りっぱなしの通常のシングルスの方が楽なんじゃないのとか思ってしまう。
 しかも、このシステムで13名というのは、休憩できるのは1名だけなのである。

 1試合目の相手はそこそこうまかったのだけれど、僕がむちゃくちゃ調子がよくて、一方的に押し込んで6-1で勝ち。徹頭徹尾攻めるテニスをすることができた。
 でも、ひたすら攻め続けるテニスって、むちゃくちゃ疲れる。

 勝ち残りルールなので休みなしで次の試合がスタート。相手はこのオフの主催者さん。
 むちゃくちゃうまかったのだけれど、こちらも調子がよかったので、ほとんど互角で打ち合うことができた。
 ところが、途中で息切れがしてきてミスが増えだして、3-6で負けてしまう。絶好調を持続しない限りは、この主催者さんには勝てないな。

 これで休憩できると腰をおろすと、水分を補給する時間もないまま空いたコートに入らされる。
 対戦相手は旧知の友人であるN濱さん。ここのオフに時々参加しているとのことで、偶然一緒になってしまったのである。
 完全に息があがってしまっているというのに彼と対戦するのかあ。それはしんどいなあ。なにせ、こちらの弱点は完全に把握されているからなあ。
 案の定、一進一退の拮抗した展開となってしまう。
 それでも、とにかく全力で攻めるテニスを続ける。
 このあたりになると、次第に立ちくらみを起こす頻度が高くなってきていて、かなりミスが増えてくるのだけれど、丁寧につなぐテニスには走らず、ひたすら攻める。
 結果6-5の勝ち。いやあ、走らされた走らされた。

 休みなしで4試合目に突入。相手は、ちょっとでも甘いボールを返すと、ものすごいボールを打ち込んでくる強打プレイヤー。でも、ミスも多いので、強打でポイントをとるか、ミスって失点するかのどちらか。
 こちらが息も絶え絶えでヒーヒー言っているのを見て「休憩しましょうか?」と言ってきてくれたのだけれど、そのまま続けてもらう。
 結果5-2でこちらが勝っているところで時間切れ。

 今日は基本的に攻めるということを意識し、さらにバックハンドに甘いボールが来た時にはスライスに逃げずにフラットの片手バックハンドで打ち返すということを自分の課題にしたのだけれど、バックハンドの方はなかなか思うようには打てなかった。
 でも、攻めるサーブ、攻めるフォアストロークに関しては、けっこういい感じで打つことができた。この調子でシングルスの修業を続けたい。

原田マハ『旅屋おかえり』集英社文庫を読了。
 売れない元アイドルの“おかえり”こと丘えりか。ただひとつのレギュラー番組「ちょびっ旅」が彼女のミスで打ち切りになり、まったく仕事のない状態になってしまう。ところが、ひょんなことから旅に行けない人の代わりに旅に出るという「旅屋」を始めることになってしまうのだが…。

 うーん、原田マハ、うまいんだけれど、この「旅屋」という設定はどう考えても無理。他人に代わりに旅に行ってもらうという仕事にそんなに需要があるわけもないし、小説中でも具体的に描かれているのはたった2つの事例だけ。
 しかも、その仕事だけで3人の芸能事務所を維持するって、どんだけ金をとらないとできないのかっていう視点が完全に抜け落ちている気がする。会社を維持するには、半端ない金がかかるんだぞ。
 2つ目の事例の結末も、すごく安易な気がする。これは、自分的にはいまいちだったな。

フィリピン映画のDVDが届く。
『My Ex and Whys』
 ライザ・ソベラノとエンリケ・ヒルの共演した作品で、監督はキャシー・ガルシア・モリナ。この顔ぶれゆえにぜひとも観たいと思っていたのだけれど、いつもDVDを買っているお店に入荷しないので、Mia music&Booksさんにお願いして手配していただいたもの。ライザ・ソベラノはこれから『Darna』という超話題作が控えているので、その主演作はちゃんとチェックしておかねば。
『SHAKE RATTLE & ROLL 13』
 どうせMia music&BooksさんでDVDを買うなら、ついでに他の作品もと思って、以前から観たかったホラー映画を注文してしまう。この「SHAKE RATTLE & ROLL」というのは1984年にホラー映画のアンソロジーとして作成され、その後、連綿と作られ続けているシリーズなのである。毎回3本立てとして作られており、2014年の第15話がいまのところ最新作となっているようだ。在庫があり、なおかつ英語字幕付きという条件で探すとこの「13」しかなかったのだけれど、けっこう気になる女優が出ている作品もあるので、もっと観てみたいシリーズではあるのだ。
『BULONG』
 こちらもホラー映画なのだけれど、ヴォン・ナヴァロ主演ということでホラーコメディであるようだ。チト・S・ロニョ監督の作品なので、ちょっと楽しみ。


2018.2.24(土)

▼僕のスギ花粉症は、咳がまったくとまらなくなるというのがいちばん辛い症状なのだけれど、担当の医者があれこれ試して喘息用の薬に辿り着いて、例年はそれでだいたい症状がおさまっていた。
 ところが今年はそれでおさまらず、強い薬に変えてもらったのだけれど、なぜかその薬がぜんぜん効かない。昨夜は、ひどく咳き込んでほとんど眠れず、今日になって喉がだいぶ腫れている感じ。
 月曜日にはもういちど病院に行って、薬を変えてもらおう。

▼屋根裏にあがってひな人形をおろしてくる。毎年、徐々にこの作業がしんどくなっていることから、筋力の衰えを実感させられてしまう。7段飾りの段の入っている箱が重くて、これをおろすのがとってもしんどいのだ。以前は、ぜんぜん平気でおろしていたのに。

▼参加者同士でダブルスを楽しむ「お楽しみテニス大会」に参加するためにテニススクールへ行くと、満面の笑みを浮かべながら支配人が近寄ってくる。
 この人がこういう笑顔で近寄ってくるときには、なにかしらよからぬことをたくらんでいる時なのだ。
「よしださん、今日のペアは決まってますか?」
「いいえ」
「じゃあ、今日は彼女と組んでもらえますか」
 自分のクラスの試合慣れしていない女性がお楽しみテニス大会に申し込んできたので、手ごろなペアがやってくるのを待ち構えていたというわけだ。あまりヘタな人と組ますわけにもいかないし、失敗をしていやな顔をする人と組ますわけにもいかないし…というわけで、手ごろな実力のお人好しが来るのを待っていたのである。
 はいはい、安心してください。ちゃんと僕が面倒みますから。

 見慣れない女性と組んでいるものだから、まわりから「どこで彼女をつかまえてきたの?」とからかわれ、彼女がミスをしてもひたすらニコヤカに「惜しい! ドンマイ」と対応するものだから「まったくもう、鼻の下を伸ばしちゃって」とからかわれる。
 そして、彼女をフォローするためにいつもの倍は走り回って、なんとか3勝3敗で1日を終える。


2018.2.23(金)

▼冒険小説協会で一緒だったN田家の娘2人が遊びにくる。うちの娘と3人で初代ビンゴガールズを結成していたトリオなのだ。
 2人とも基本的に変わってないなあ。


2018.2.20(火)

マイクル・コーニイ『パラークシの記憶』河出文庫を読了。
 名作『ハローサマー、グッドバイ』の続編である。ところが、僕はその前作の内容をほとんど覚えていなかった。おぼろげなイメージは残っていて、とっても良質な青春小説であったという記憶はあるのだけれど。調べてみると、読んだのは2008年のことだった。そりゃ、覚えていなくても仕方がないよな。前作を読み終えたあとで、およそ1000冊の本を読んでいるんだもんな。
 で、『バラークシの記憶』であるが、いかにもマイクル・コーニイらしい甘酸っぱい恋愛小説、青春小説のテイストをたっぷりとまぶしたSF小説だった。だが、異世界を舞台にした恋愛小説、青春小説として楽しんで読んでいると、次第に様相が変わってくる。舞台となる惑星に冬の時代が訪れようとしており、食料も不足し、人類が生き延びられそうにない状況に陥ってしまうのだ。そこをどうやって乗り切るかという展開と、その惑星の人類のそもそものルーツをめぐる驚愕の真相がみごとにSFで、単なる異世界を舞台にしただけのSFかと思っていた僕はひっくり返ってしまった。いやあ、この設定は予想していなかったぞ。
 『パラークシの記憶』、傑作であります。
 こうなると、サンリオSF文庫で出ていた『カリスマ』『冬の子供たち』もなんとかして読みたくなるのだけれど、この2冊の古書価、半端ないんだよなあ。


2018.2.19(月)

「東京国際映画祭のレポート」に続いて、「東京フィルメックスのレポート」「フィリピン短編映画上映会のレポート」も無事にアップすることができました。背景を白くしたり、文字を黒くしたり、行間を広げたりして、従来よりも読みやすくなっているかと思います(この行間を広げる方法が、いまだによく分からず、試行錯誤を繰り返しておりますが)。
 また、以前アップした「アヴィッド・リオンゴレン監督講演採録」もレイアウトを修正しました。
 これでなんとか1997年に観たフィリピン映画のレポートは完成! いやあ、時間がかかった。

 この作業のせいで手元にあるフィリピン映画のDVDをなかなか観られないでいたのだけれど、これでようやくDVDを観る時間が作れるぞ。


2018.2.18(日)

▼埼玉大学のテニスコートで開催されている「シングルス練習会」に参加してくる。これは、勝ち負けに関係なく、時間内でめいっぱいシングルスの試合をさせてくれるので、とってもいい練習になるのだ。
 ルールはノーアドの6ゲーム先取。
 いささか風が強く、しかも太陽の位置がサーブを打つときにまぶしいという、インドア育ちにとっていちばん苦手な状況なのだけれど、そこを練習するのも今日の目標のひとつなのだ。

 初戦はそれほど厳しそうな相手に見えなかったのだけれど、ここぞというところで逆をついてくるのがものすごくうまい相手だった。何度も何度も逆をつかれてしまうのだけれど、そういう時のコントロールが実に見事。
 何度か、完全に抜いたと思ったらしいボールに僕が追いついて返すという場面があって、驚きの声をあげているのが聞こえたのだけれど、そんなもん返すのがやっとなので、必ず次のボールでポイントを奪われてしまう。試合が終わったあとで「足が速いですよね。よく言われるでしょ。追いつかれてビックリする場面が何回もありました」と言われたのだけど、結果は3-6の負け。
 あと、ほとんどスライスサーブを打っていたのだけれど、ゲームの初盤で打ったフラットサーブが印象に強かったらしく、「いつ速いサーブを打たれるか、怯えながら構えてました。見せ球でもいいから、速いサーブをもっと混ぜて打った方がいいですよ」ともアドバイスをもらう。
 自分の反省としては、少し守りに入ったテニスをしてしまったかもしれない。後半で居直ってガンガン打っていくようになってから2ゲームをとっているので、もっと早い段階から打っていくべきだった。ミスを恐れて丁寧にいきすぎたのかもしれない。
 なお、帰宅して相手の名前で検索してみたところ、さいたま市の優秀選手決定戦のCクラスで準優勝していた。うまいわけだ。
 見かけは僕よりちょっと若いだけかと思ったのだけれど、50代前半であるらしい。

 2試合目はいままでに何度か対戦したことのあるハードヒッター。去年の4月に対戦している時には6-0のストレートで勝っているのだけれど、次の対戦では5-5からの一本勝負を落として5-6で負けてしまっている。
 そして今回はというと、相手が完全に覚醒してしまっていて、ハードヒットがことごとくきれいに決まってきて、まるで対応できず。しかも、それがストレートに来るのか、クロスに来るのか、まるっきり予想ができず、一歩も動けずに抜かれてしまうような場面が多かった。結果、4-6の負け。
 1試合目の反省から、今度は積極的に攻めていったのだけれど、その攻めたボールを思いっきりストレートに撃ち抜かれたりして、本当に歯が立たなかった。
 「キレッキレでしたね」と声をかけると、「最近、なんか掴んできた気がするんですよ」とむちゃくちゃ嬉しそうだった。あれだけ攻撃的なテニスでミスが少なくなれば、そりゃあ楽しいだろうなあ。

 3試合目の相手は、バックハンドのスライスがむちゃくちゃキレッキレで、ボールがまったく跳ねてこない。とことんこのバックハンドスライスに翻弄されてしまう。跳ねてこないというのを計算の上で待ち構えているというのに、その予想を上回る逆回転がかかっていて、予想していた打点よりもずっと手前でボールが止まってしまうのだ。おかげでぜんぜん思うような打点でボールを打つことができず、ボヨヨンと返すか、無理して打ち込もうとしてミスるか、そのどっちかになってしまう。
 当然、相手のフォアにボールを集めるようにするのだけれど、ラケットを振らずに合わせてくるだけなので、まるっきりミスをしてくれない。
 しかも、サーブの跳ね方がこれまた妙で、普通のスライスサーブと思って構えていると、ぜんぜん予想と違う方にボールが跳ねてくるのである。なんだ、このサーブは? 外に逃げると予想していると、突然ボディにむかって跳ねてきたり、そうかと思うと逆回転がかかっているかのように跳ねずに止まってしまったり。
 生まれて初めて対戦するタイプのプレイヤーで、何をどうすればいいのか、まるっきり分からないまま1-6で負けてしまう。

 4試合目。おそらく40前後といったところか。それほど脅威を感じないボールなのだけれど、こちらの攻めていったボールがことごとくアウトと判定されてしまう。どれもこれもボールひとつアウトとなっていたらしい。
 おかげで一進一退の展開となるのだけれど、ゲームカウントが途中でおかしなことになってしまう。相手がゲームカウントのボードをいじっていて、僕の方が1ゲーム負けていると思った場面でこちらが勝っているように数字を設定したので、自分が勘違いしていたのかと思って、そのゲーム数をコールして試合を続けていたのだけれど、5-4になったところで突然、4-5にゲームカウントの数字を変えられてしまったのである。念のために相手に確認すると「4-5で自分が勝っている」と言うので、まあ仕方がないと思って認めたのだけれど、それまでずっとそのボードの数字を信じてゲームカウントをコールしていたのは何だったのだろうと思ってしまう。
 そして次のゲームで、僕がポイントを奪うと、突然、ラケットをコートに叩きつけてしまう。えっ、いままでけっこう温厚そうなプレイをしていたのに、突然なんなの?
 何ごともなかったかのようにコートに戻ってきたので、そのまま試合を続行して、そのゲームを僕が奪って5-5と追いつく。
 そして、次の最終ゲームを僕がとると、再び思いっきりラケットをコートに叩きつける。あ、いま完全にラケットが逝っちゃった音がしたよ。
 たいそう不愉快な相手だったけれど、これで試合も終わりだからと思っていると、コートチェンジをしようとしているので、「6ゲーム先取ですから、これで終わりですよ」と言うと、それっきり口もきかずに荷物を片付けはじめる。握手もなし、「ありがとうございました」もなし。
 うーん、はっきりいって、こういう人とは試合をしたくないなあ。
 インスピとか県南大会なんかにも出ている人みたいだけれど。

 これで終了かと思っていると、「もう1試合できますけど、どうします?」と聞かれるので、もちろん「やります」と答える。だけど、すぐコートに入れる相手は3試合目のバックスライスおじさんだけ。はい、いいです。今日はあくまでも練習のために来ているのですから。どう戦えばいいのか、まるっきり見当がつかないのだけれど、修業と割り切ってもう1試合挑戦させていただきます。さっきは1ゲームしか取れなかったけれど、今度は2ゲームとるのを目標に頑張ります。
 だけど、結果は1-6の負け。相変わらず超逆回転のバックハンドスライスがキレッキレで、どうしても攻めていけない。しかも、さっきまでは打ち込むことのなかったフォアでけっこう厳しいボールを打ってくるではありませんか。相手が斬ってくるので、こっちも斬り返したりしたのだけれど、どうやっても相手の方が上手。結局、ひたすら翻弄されただけで終わってしまったのでした。

 というわけで、1勝4敗。ま、シングルス5試合やっても、死なないで済んだだけでもよしとしましょうか。


2018.2.17(土)

▼今日の日本中の話題はなんといっても冬期オリンピックの男子フィギュアだっただろう。
 結弦くんの滑る時間がちょうどテニススクールに行く時間にぶつかりそうだったので、早めに家を出てスクールのテレビで観ることにする。
 レッスンの途中だった人間も何人かレッスンをほったらかしてロビーに出てきて、みんなでテレビを囲む。
 結果、結弦くんが金、宇野くんが銀、フェルナンデスが銅。フェルナンデスの銅を含めて、いちばん嬉しい結果となったような気がする。素晴らしい。

▼そのまま「お楽しみテニス大会」に参加。
 今日のペアは男性最年長のS野さん。最年長だけれどやたら元気なS野さんとペアを組むのはこれが初めてかもしれない。
 試合が始まって「まいったなあ」と思ったのは、S野さん、僕のフォアに返ってきた打ちごろのボールも、かたはしから僕の前に飛び込んできて手を出してしまうのである。無理して手をだしているので、たいていフレームに当たるのが精一杯。僕が打つ気満々で構えているというのに、それを全部弾いてしまうのだ。
 でもまあ、「お楽しみ」のテニスなので、S野さんが楽しくボールに手を出しているのを止めるというわけにもいかず、すべて笑って流していたのだけれど、本音としては「頼むから僕にもボールを打たせておくれよ」と言いたかった。
 3勝4敗。今日も負け越してしまった(涙)


2018.2.15(木)

▼18時ちょっと前に嫁さんと待ち合わせをして、角川シネマ新宿スクリーン1で韓国映画『悪女』を観る。
 実になんというか、とんでもないアクション中毒患者が作った映画だった。
 正直、こんな凄いアクション映画は観たことがないぞ。どうやって撮っているのか、見当がつかない場面の連続なのだ。なに、このバイクで疾走しながらのチャンバラバトル! そのまわりをカメラが縦横無尽に動き回っているのだけれど、いったいどうやって撮ったんだ? 車のボンネットの上からハンドルを握ってバスを追いかけるって、よくそんな凄いアクションシーンを思いついたな。
 いやもう、本当にアクションが凄すぎ。あっちこっちでドギモを抜かれてしまう。
 そして、容赦のない描写。血しぶきが半端ない。気の弱い人は絶対に観ない方がいい。頭を至近距離から銃で撃ち抜いて血しぶきが飛び散るなんて描写は当たり前で、刃物で喉を切り裂いたり、斧で腕を切り落としたり、もう血しぶきの嵐。監督、やりたい放題だ。
 インド映画もむちゃくちゃだけれど、韓国映画もむちゃくちゃだ。とにかく圧倒されてしまう。
 ただし、インド映画が陽性のむちゃくちゃさだとすると、韓国映画はちょっと陰性のむちゃくちゃと言えようか。爽快さとはまったく無縁。
 そして、本当にアクションのためのアクション映画で、脚本はいまいち。なにせ、設定がかなりムチャで、よくその設定でリアルな映画に仕上げたものだとあきれかえる。さらには、やたらとカットバックで説明しようとするので、ムダにこみ入った物語という印象を与えてしまって、途中までけっこう分かりずらかったりする。もう少し、物語はシンプルでいいです。

 ああ、しかし、本当に韓国映画、容赦ないな。

▼以下は、角川シネマ新宿スクリーン1に関する自分向けの覚え書き。
 今回、中央よりやや後ろ寄りの席がいいかなと思ってJ列の中央で観たのだけれど、意外とスクリーンまでの距離があった。もっともっと前の方の席の方が良さそうだった。
 客席の傾斜はG列あたりから始まっているので、G列あたりがいいかもしれないけれど、それでもまだ距離がありそうだ。
 座席の前が通路になっているE列あたりでもいいかもしれない。ふだんならE列だと「前すぎ!」という感じになってしまうのだけれど、タテに長いこの劇場だと、E列でもあまり「前すぎて観にくい」ということにはならなさそうだ。

 なお、スクリーンの位置はあまり高くなくて、混んでいる時には前の人の頭が邪魔になりそうだった。そういう意味でも、通路を挟んだE列がいいかもしれない。

▼映画のあとは、末広亭の近くにある「だいこんの葉菜」という居酒屋に入る。
 料理がなかなかおいしいし、バイトの中国人らしき男の子も可愛いぞ。
 隣にいた女性を含むグループが、けっこうえげつない下ネタで盛り上がっていると思ったら、なぜかジャッキー・チェンの『ベストキッド』の話になって、「なんだっけ、あの有名な俳優の息子が出てるんだけど、なんて俳優だっけ?」というやりとりになる。「ウィル・スミスだよ、ウィル・スミス」と、思わず心の中で叫んでしまう。
 で、そういうやりとりのあと、ひとりの男性が「やっぱり『ベストキッド』っていったら、1作目のパット・モリタだよね」と言ったところ、意味が分からなかったらしき女性が「なに言ってるの? もう、酔っぱらってるんじゃないの?」と突っ込んでいたのだけれど、思わず心の中で「彼が合ってるんだよ。1作目はパット・モリタなんだよ!」と叫んでしまう。

▼そのあと、ゴールデン街にまわって久しぶりの「深夜プラス1」へ。夫婦でお邪魔するのは、本当に久しぶりだ。
 某ビデオ雑誌の編集部にいた映画マニアのM村くんがいたので、さっそく『悪女』の話で盛り上がり、さらには『バーフバリ』の話で盛り上がる。


2018.2.14(水)

マイクル・コナリー『転落の街(下)』講談社文庫を読了。
 ロス市警未解決事件班の刑事であるハリー・ボッシュは、20年以上前に起きたレイプ殺人事件を担当することになるのだが、その被害者に付着していた血痕のDNA鑑定の結果出てきた容疑者は、当時8歳でしかなかった。同時に、ホテルから転落した市議の息子の捜査も担当させられることになる。本来、ボッシュが担当すべき事件ではなかったのだが、上部の政治的な思惑からボッシュに押しつけられたのだった。
 相変わらず面白い。マイクル・コナリー、ぜんぜん作品のレベルが落ちてこない。きわめて安定しているのだ。帯には「円熟コナリーの新境地!」とあり、何が「新境地」なのかは分からないが、円熟は確かだろう。

 そして、なんとハリー・ボッシュ、60歳である。なんとなく50歳ぐらいかと思っていたのだけれど、実は僕と同じ年齢だったのだ。60歳を過ぎると、定年延長選択制度を利用して何年か働き続けることができるのだが、ボッシュは自分が刑事として衰えてきているのではないかと悩み始める。いずれにせよ、あと何年も現役でいられるわけにはいかない年齢なのだ。
 このあたりで、新しい展開が待ち受けていることだろう。
 同時に、娘がいずれ刑事になりたいという目標を持って準備を始めているというのも、新しい動きだ。
 このあとの作品もとっくに翻訳が出ているので、さっさと買ってきて読まなければ。

▼自分の花粉症の主な症状は、喉がムズムズして空咳がとまらなくなるというもので、それだけならさほどつらくはないのだけれど、クライアントと電話で喋ろうとするたびに咳が出て喋れなくなってしまうのがとっても困る。
 なので、病院で処方してもらう薬も、通常の花粉症の薬というよりも、気管支喘息に出してもらうような薬にしてもらっていた。
 ところが今年はその薬が効かず、喋ろうとすると咳が出てきてしまう。
 そこで今朝病院に行って先生と相談して、より強い薬に変えてもらった。さて、この薬でうまく咳が止まってくれるといいのだけれど。


2018.2.13(火)

▼そろそろキム・チウ主演の『The Ghost Bride』が入荷していてもいいんじゃないのと思って、フィリピン映画のDVDを買いに行ってみる。だけど、残念ながら『The Ghost Bride』はまだ入っていなかった。
 その代わりに3枚のDVDを購入。
『12』
 『キタキタ』のアレッサンドラ・デ・ロッシ主演。なんと、登場人物はつきあいだして12年になるカップルの2名だけという映画。当然、中身はその2人の会話が延々と続くのだけれど、ビバフィルム配給作品なので英語字幕がないのだ。気になる作品だけれど、これは観ないまま終わるような気がしているぞ。
『LOVE YOU TO THE STARS AND BACK』
 女性客の支持を集める話題作を作り続けているアントワネット・ハダオネ監督の新作。なんと、今年の大阪アジアン映画祭で上映される作品のDVDを早くも手に入れてしまった。こちらはスターシネマ配給作品なので英語字幕あり。
『THE DEBUTANTES』
 異色のホラー映画『Ang Manananggal sa Unit 23B』のプライム・クルーズ監督の作品で、こちらもホラー映画だ。リーガルフィルム配給作品なので英語字幕はついていないのだけれど、これは観たいかもしれない。


2018.2.12(月)

▼T須さんに誘ってもらって、インスピリッツテニスクラブ主催の男子ダブルスオープンクラスに出場する。
 インスピに出場するのは、むちゃくちゃ久しぶりだ。シングルスはすぐにいっぱいになって申し込めないし、ダブルスはペアを誘うのが苦手なので申し込めない(ミックスダブルスはなおさらペアを誘えない)。だから、最後に出たのがいつだか覚えていないくらい久しぶりなのだ。
 会場に到着すると、前の時間帯の中級クラスのミックスダブルスの試合をやっている。それを見ているうちに、しんどいオープンクラスよりも、中級クラスでなごやかな試合を楽しみたいなあと思ってしまい、進行係のI井ちゃんに「すっかりヘタレになってしまっているので、もう一度中級から修業をやりなおさせてください」と口走ってしまう。
「中級から修業をやりなおす必要があるかどうか、判定するのはこっちですからね。申告は受けつけません」
「いやあ、本当にヘタクソになっちゃってさあ」
「なに弱気なこと言ってんですか!」
 ううっ、まったく相手にしてもらえなかった(笑)

 さて、まずはブロック予選から。
 その初戦は、一本勝負のチャンスボールをT須さんがミスったり、一本勝負で僕がダブルフォールトをやらかしたりして、いまいちもったいない場面もあったのだけれど、総じてT須さんのプレイがキレッキレで、6-4で勝ち。
 きれいなポイントを決めたところで、T須さんが「いまのプレイ、すごくよかったよな」と自分を褒め、「でも、その前の僕のリターンもすごくよかったよな」と僕も負けじと自分を褒め、ふたりして自画自賛をする変なペア(笑)
 勝因は相手ペアがなぜかT須さんと勝負したがって僕の方を攻めてこなかったということに尽きるだろう。なぜ弱点を攻めてこないかなあ。僕は基本的に後ろの方にいて、T須さんが頑張るのを邪魔しないように見守るのみ(笑)

 2試合目の相手は大学生とそのお父さんの親子ペア。前回、T須さんがなべくんと組んでボコボコにされたらしい。
 だけど、いざ対戦してみると、大学生くんのボールはそれほど厳しくはない。サーブはむちゃくちゃよく跳ねるものの、それほどスピードが乗っていないので、じっくりかまえて思いっきり打っていけばそれなりに対応できる。高い打点から思いっきり打ち込むと、しょっちゅうホームランを打ってしまうのだけれど、この日はまったくホームランはなし。きっちりしっかり攻撃的なリターンを打てていた。
 そして、T須さんがその大学生くんをからかうかのように絶妙のロブで翻弄し、さらにキレッキレのボレーでポイントを重ねる。お父さんの方もかなりうまい人だとは思うのだけれど、調子のいいT須さんの相手じゃあない。一気にたたみかけて6-2で勝ち。
 T須さんが前で頑張ってくれるので、僕はとっても楽だ。僕がするのは「こっちに打つなよ、こっちに打ってくるなよ」と必死に念を送ることだけ(笑)

 これでブロック予選を1位抜けして、他のブロックの1位ペアを相手の準決勝に進出
 ところが、この相手が強かった。片方がサウスポーというだけで逃げ帰りたくなるのに(サウスポーのスライスサーブは大っ嫌いなのだよ)、そのスライスサーブのえぐいこと! ことごとくバックに入ってきて、ラケットに当てるのが精一杯。サーブをバックに打たれるのを嫌って、どんどん構える位置をセンター寄りに変えていくのに、それでもバックに入ってくる。フォアに来さえすればなんとか返せるのだけれど、そのあとのラリーも厳しいボールばかりで、どうしても打ち負けてしまう。
 じゃあ、もうひとりと勝負だと思っても、そちらも派手さはないもののとってもうまくてミスがない。
 残念ながら、1-6で負け。いやあ、まいりました。
(この対戦相手、実は若いテニス仲間の友人であると判明。その若いテニス仲間も県大選手なので、さもありなんといったところ。)

 準決勝で負けてしまったけれど、それでも60代最初の試合をいい感じでスタートすることができました。誘ってくれたT須さんのおかげですね。ありがとう!


2018.2.11(日)

60回目の誕生日となりました。若い頃には60歳というのはとんでもなく年寄りとしか思っていなかったのだけれど、いざ自分がなってみると、あまり年寄りになったという実感はないですね。もっとも、あと何年生きられるのだろうとか、あと何年テニスができるのだろうとか、そういうことは思うようになりましたけど。

▼息子が遊びに来る。お嫁さんは第二子の出産のために孫を連れて実家に帰っているので、久々に息子だけでやってきた。
 その息子からの誕生日のプレゼントは、赤のテニスウェア(アディダス)、赤のグリップテープ、赤の振動止め、そして赤いチャンチャンコ! 赤いチャンチャンコなんて絶対にいらないぞ! この野郎、人の誕生日で遊びやがって!

▼娘と嫁さんからは、黒のテニスウェアの上下(ナイキ)をプレゼントされる。
 そして、グラマシーニューヨークのチョコレートケーキにろうそくを6本たてて誕生日のお祝いをしてくれる。



宮下奈都『羊と鋼の森』文春文庫を読了。
 ピアノの調律師という自分とはまったく接点のない職業が題材であるので、たいそう興味深く読んだ。なるほど、ピアノの調律というのは、実に実に奥の深いものなのですね。たいそう美しい小説とは思ったが、この著者の他の作品を読んでみたいとまでは思わなかった。
 そして思ったのだけれど、テニスのストリンガー(ラケットにガットを張る人)を題材にしても面白い小説が書けそうだよね。ストリンギングというのは、スポーツショップの学生でもできるのだけれど、でもその実、むちゃくちゃ奥が深い世界でもあるのだから。

▼ネットで購入した電気シェーバーが届く。パナソニックラムダッシュES-LV7C-A。
 使ってみると、きっちり深ぞりが効くので、思わず徹底して剃りたくなってしまう。ほんのちょっとの剃り残しも許したくなくなってしまう。もしかして、今までより時間がかかっちゃうんじゃないのか。


2018.2.10(土)

さいたま市選手権大会の男子ダブルスベテラン55歳の部に出場。ペアは例によって例の如く、ニンジャさん。
 この選手権大会、春と秋の大会でベスト16に入った選手だけが出場できる大会である。そう言うと、なんか凄そうだけれど、実のところ、55歳の部というのはそもそもエントリーする選手の少ない層なので、場合によってはひとつも勝たなくてもベスト16に入れてしまうのである。実際、僕たちは、春の大会は初戦敗退、秋の大会は僕が脳しんとうを起こした直後のために欠席というのが実績なのだけれど、それでもベスト16に入って出場資格を得ていたのだ。
 とはいえ、粒選りの選手が集まってくることに間違いはなく、非常にレベルの高い大会である。毎回毎回、初戦で格上の選手にあたって、あっさり叩きつぶされてきた大会なのだ。
 で、今年のドローを見ると、ラッキーなことに2回戦からとなっていて、これであっさりベスト8。
 だけど、その2回戦の相手がT中T也&N名K志という、このあたりじゃとっても有名なペアとの対戦となっていた。このペアとは3年前に準決勝で対戦しているのだけれど、その時には手も足も出ないまま0-6のストレート負けを喫している。
 また、シングルスでもT中T也さんとぶつかったことがあるのだけれど、その時にも0-6のストレート負けを食らっている。
 どうあがいたところで、勝てそうにない相手なのだ。

 11時受付締切だったのだけれど、寒い中延々と待たされて、ようやくコートに入ったのが12時半。どうせあっさり負けるんだから、さっさとコートに入れて欲しかったのに。
 僕のサーブから試合がスタート。情けないことに、しょっぱなにダブルフォールトをやってしまう。セカンドサービスって、どうやって打ったっけか?
 でも、次がサービスエース! そして、そのあとも続けてサービスエースを3本奪って、あっさりキープ。なんだか、フラットサーブがものすごくいい感じで入るぞ。
 そして、次のリターンゲーム、どういうわけかことごとくラッキーな展開が続いて、これまたブレイクして2-0とリード。
 おおっ、もしかしてけっこういけるんじゃないの…と思ったのだけれど、続くゲームを3連続で奪われて2-3とひっくり返されてしまう。やっぱり、甘くないなあ。
 だけど、一方的にやられてしまった3年前とは違って、今回はけっこう戦えている。こっちが先にリーチをかけるゲームだって何回かあった。ただ、そのあとの1本がなかなかとれない。デュースに持ち込まれて、そのデュースを何回か繰り返したりするのだけれど、結局取り切れないという展開。
 あともう1本という場面が何度もあったのだけれど、結局、3-6で敗退。でも、内容的には決して悪くはなかったと思う。まったく勝ち目がないと思っていた相手に、それなりに粘ることができたのだから。

 だけど、コートを出ると、試合を観ていたマッハN村さんから「もっと攻めなくちゃダメでしょ」と叱られてしまう。特にポイントを先行していたゲームで、あともう1点という場面から守りに入っていたと指摘されてしまう。自分ではまったくそういうつもりはなかったのだけれど、外から見るとそういう試合であったようだ。きっちり反省しよう。

▼いい感じの試合ができたので、もう少しボールを打ちたくなってスクールに電話を入れると、2時10分からの「お楽しみテニス大会」にもう1名だけ入れるというので、さっそく申し込んでしまう。大急ぎで帰宅して、5分で昼食を済ませて、速攻でスクールに自転車を走らせる。

 今日は女性のI藤さんとペアを組む。おっとりした雰囲気の女性なのだけれど、ボールをよく拾うし、面白いコースを狙ったりするので、組んでいてとっても楽な方なのである。
 で、さっきまでの感じで、フラットサーブをガンガン入れて、積極的に攻めていくぞとか思ったのだけれど、サーブは入らないし、ガンガン打つつもりがぜんぜんダメダメで、気持ちに体がついてこない。うーむ、なぜだ?
 ちょっと力を抜いてプレイをするとなかなかいい感じに勝てるのだけれど、思いっきり攻めていこうとすると空回りしてしまう。男ダブ相手に勝ちきれなかったりしたこともあって、結局3勝3敗。市民大会の勢いはまったく見られず。


2018.2.9(金)

▼朝の通勤電車の中でマイクル・コナリー『転落の街(上)』講談社文庫を読み終えてしまったのだけれど、なんと下巻を持って出るのを忘れてしまった!
 これは仕方がない。どこかで『日本SF傑作選4 平井和正』を買うしかあるまい。短編集なら、すぐに『転落の街(下)』に戻ることも可能だ。
 だが、赤羽駅構内の「ブックエキスプレス」には入荷していなかった。新宿駅構内の「ブックシェルフ」にも入荷していなかった。
 やむなく緊急措置として宮下奈都『羊と鋼の森』を購入したのだけれど、平井和正はどこで買えばいいのだ?

大阪アジアン映画祭の上映作品が発表になった。今年上映されるフィリピン映画は以下の4本。

『ミスターとミセス・クルス(Mr. and Mrs. Cruz)』
監督:シーグリッド・アーンドレア・ベルナード
出演:ライザ・セノン、ジェイシー・サントス
※監督は『キタ・キタ』『アニタのラストチャチャ』の監督である。その2本と観ていないのだけれど、評判のいい作品であるらしい。主演のライザ・セノンは、『Ang manananggal sa unit 23B』の主演女優だ。

『ネオマニラ(NEOMANILA)』
監督:ミカイル・レッド
出演:ティモシー・カスティロ、エウラ・ヴァルデス
※『バード・ショット』のミカイル・レッド監督の新作となれば、かなり期待してしまうぞ。

『パキ(PAKI (Please, Care))』
監督:ギアンカルロ・アブラハン
出演:デクスター・ドリア、エウラ・ヴァルデス
※監督のギアンカルロ・アブラハンは、ハンナ・エスピア監督の『トランジット』の脚本家である。監督としての手腕は未知数だが、気になる映画人ではある。

『愛して星に(Love You To The Stars And Back)』
監督:アントワネット・ハダオネ
出演:ジュリア・バレット、ジョシュア・ガルシア
※『運命というもの』『BEAUTY IN A BOTTLE』『RELAKS, IT'S JUST PAG-IBIG』『YOU'RE MY BOSS』『ALL YOU NEED IS PAG-IBIG』のアントワネット・ハダオネ監督の新作。最近、乗りに乗っている監督なので、きっとこの新作も注目を集める作品なのだろう。

 というわけで、いずれも気になる作品ではあるのだけれど、いまだフィリピン映画のために大阪まで出かけていこうという根性はないのだった。


2018.2.8(木)

▼東京国際映画祭Q&Aのテープ起こしが終わったので、今度は東京フィルメックスQ&Aのテープ起こしを始める。今度は映画1本分だけだし、通訳も優秀だからそれほど時間はかからないよな、とか思いながらも、通訳の訳したままじゃなくって、可能な限りゲストの喋った英語を訳そうと悪戦苦闘を始めてしまって、やっぱり時間がかかってしまっている。
 なんでこんなことをやってるのかなあ。誰に頼まれたわけでもないのに。
 こんなことをやっている時間があったら、映画の何本も観られるというのに。


2018.2.7(水)

エルモア・レナード『オンブレ』新潮文庫を読了。
 なんと、村上春樹訳の西部小説である。いやあ、西部小説が文庫の新刊で読めるとは!
 ストーリーはきわめてシンプル。いわくのある乗客を乗せた駅馬車が強盗団に襲われる。乗客のひとりが秘かに持ち込んでいた大金が狙われたのだ。だが、乗客の中にアパッチに育てられた「オンブレ(男)」と呼ばれる謎めいた男が乗り合わせていたために、いったんは強盗団を退ける。しかし、馬車を失った一団は、強盗団の追跡を逃れて、ひたすら灼熱の荒野を歩いて行くことになるのだった。
 いやあ、これが実に面白い。非常に濃密な小説なのだ。このレベルの西部小説だったら、いくらでも読みたいぞ。
 表題作の他にきわめて短い「三時十分発ユマ行き」という作品も収録されているのだけれど、これがまた素晴らしい。短いくせに、ぜんぜん物足りなさを感じさせないのだ。


2018.2.6(火)

▼某氏より今日から池袋で始まっている「三省堂書店池袋本店古本まつり」の「にわとり文庫」さんの棚にポプラ社の「ララミー牧場」があるとのメールが飛び込んでくる。
 ポプラ社の「ララミー牧場」というのは全10巻で昭和36~38年に刊行されており、僕はそのうちの7冊を所持している。あと3冊でコンプリートというところまで来ているのだけれど、滅多に見かけることがない。なにせ2003年の時点で5冊まで手に入っているというのに、その後の15年間で3冊しか増えていないのだ。それほど見かけない本なのである。
 そこで、さっそく池袋にすっ飛んでいこうと思ったのだけれど、そういう時に限って仕事が途切れずに会社を出ることができない。ようやく池袋の古本市会場に辿り着いたのは夜の8時になっていた。
 そして、まっすぐに「にわとり文庫」の棚をチェックしたのだけれど、どこにも「ララミー牧場」が見当たらない。売れてしまったのか? それとも、見落としているのか? 2度3度と棚を見てまわるが、やっぱりない。
 たまたまお店の人が棚の整理にやってきたので、「ララミー牧場があると聞いたのですけど」と尋ねると「ああっ、ついさっき売れてしまいました」とのこと。ううっ、遅かったか! 「でも、カバーの状態があまりよくなかったですから」と慰めるように言ってもらえる。そうか、カバーの状態がよくなかったのか。それだったら、パスしていたかもしれないよね。していたよね。きっと、パスしていたよね…、ううっ、買えなかった(涙)

 それでも、おいしそうな本がたくさん並んでいるので、じっくりと棚をチェックしていって、「ハーフノート・ブックス」さんの棚で富田常雄の『太陽の子等』東光出版社を発見。これは、見たことのない表紙だぞ。3000円かあ。えーい、買ってしまえ!
 帰宅して本を開くと、中から8000円の値札が出てきた。もともと8000円の値段をつけていた本であるらしい。さすがに8000円では買えなかったなあ。自分にとってこの本は3000円がマックスだな。
 さらに、過去に自分が買った本のリストと照合してみると、今日買ったのより5年前に同じく東光出版社から刊行された別バージョンの『太陽の子等』を所持していることが判明。そうか、持っていたのか。でも、ぜんぜん違う表紙だし、確か判型も違っていたはずなので、これはこれでぜんぜんOKさ。




2018.2.4(日)

▼今日は久しぶりにシングルスの試合に出てきた。
 もう久しぶりすぎて、シングルスなんてできるんだろうかと不安たっぷりで、思わず初級者大会に申し込んでしまったのだけれど、シングルスの初級者大会に初級者がいるのなんて見たことがない。実際、参加してみると予想通りで、初級者なんてひとりもいなかった。大会のタイトルを真に受けて本当に初級者が申し込んできたら、人間不信になってテニスコートにブルドーザーで乗り込んで来たくなるであろうレベルの参加者ばかり。

 参加者は12名。それを3名ずつの4ブロックに分けて、まずは総当たりのブロック予選。
 ルールは6ゲーム先取のノーアド。

 初戦。40代ぐらいのがっちりした体格の男性。しょっぱなにノータッチエースをくらう。フラットサーブがばかっ速くて、しかも確率が高いぞ。
 フォアストロークもパワフルで、ラリーをしていても押され気味で、ついついリターンが甘くなると、ドッカーンと角度のついたショットを打ち込まれてしまう。
 な、なんでこのレベルの選手が初級者大会に出てくる?
 こっちは、とにかく返すだけで精一杯。
 でも、徹頭徹尾攻撃派のプレイヤーであるため、適度にミスも織り交ぜてくれるので、なんとかカウントだけは競った展開となる。
 結局、5-5の1本勝負まで試合がこじれて、こちらのリターンが甘くなったところを得意のショットで打ち込もうとして、それをネットに叩き込んで自滅してくれて、こちらの勝ち。展開としては完全に向こうの勝ちだった。たぶん、再戦したらこちらが負けると思う。

 2回戦。背の高い40代。僕の初戦の相手との対戦では1-6で負けている。それほど強いようには見えない。
 ところが、僕とはとことん相性が悪かったようで、なにをどうやってもポイントがとれない。
 なんで自分が負けているのかよく分からないのだけれど、どんどん負けていってしまう。バックハンドなんて僕よりもヘタなのだけれど、その当たりそこねのバックハンドが偶然で絶妙のドロップショットになってしまったり、もうどうしていいのやら。
 1-5からなんとか4-5までとりかえしたのだけれど、次を落として4-6の負け。
 なんで負けたのか、どうすれば勝てたのか、まるっきりわからん(涙)

 かくして、全員が1勝1敗となり、得失ゲーム数で初戦の相手が1位トーナメント進出、僕が2位トーナメント進出となった。

 2位トーナメント初戦。相手はガッチリ体格の50代。ブロック予選は6-1、4-6の1勝1敗で2位ブロックに来ている。
 対戦してみると、むちゃくちゃアングルショットの好きな人で、ちょっとでもリターンが浅くなると、グリグリにドライブ回転のかかったアングルショットをものすごい角度で打ち込んでくる。もう、これに何度も何度もポイントを奪われる。途中から、「あっ、リターンが甘くなった」と思ったら、躊躇なくアングルショットを打ち込まれるポイントに走り込むようにして、そこからストレートに返すことでポイントを奪い返す。でも、さすがにそれを何度かやったら、アングルではなくストレートに打ち込んできたりするようになってしまう。それからは、リターンが甘くなるたびにヤマを張ってダッシュすることとなってしまう。
 さいわい、それ以外ではフォアストロークの打ち合いが自分の好みのスピードだったので、そこでなんとかポイントを稼ぐ。
 1本勝負までもつれるゲームが何度もあったのだけれど、そこをかろうじて押さえることができたので、こちら優勢に試合を進めていくと、相手の足が攣りそうになってきて、そこでミスが増え始めて、なんとか6-2で勝ち。でも、ゲームカウントほどの差はなかったと思う。
 ちなみに、試合の途中でこちらも完全に体力が尽きてきて、死にそうな気分になってくる。

 2位トーナメント決勝。細身の30代。ブロック予選は3-6、6-0の1勝1敗。結局、みんな1勝1敗で2位ブロックに来ているのだね。そして、2位ブロックの初戦はタイブレークを7-5で勝ち上がってきている(トーナメント戦からタイブレークあり)。
 こちらはもう完全にバテバテで、気分としては「さっさと勝っちゃってください」といったところ。
 ところが、むちゃくちゃ僕と相性のよい対戦相手で、僕の大好きなボールばかりが返ってくる。もう、片端からバコバコ打ち込んでしまう。さすがにヘロヘロになっているので、ミスも増えてきているのだけれど、それ以上に自分の好きなテニスができるのでアドレナリンが出てきてしまう。
 そうなると、いままでダメダメだったサーブもファーストがきれいに決まるようになるし、絵に描いたようなアングルショットも決まるようになる。
 調子にのりすぎて、途中で胃の中のものを戻しそうになったりもしたのだけれど(だから、そこまで体力的に追い込まれているのに、ガンガン走って、ガンガン打ったりしちゃダメなんだって)、なんとか最後まで攻め続けて6-0で勝ち。
 4試合目でこのテニスができるとは思ってもみなかったぞ。

 というわけで、2位トーナメントで優勝して、賞品にソックスをもらったのでした。
 ちなみに、1位トーナメントに出場した僕の初戦の相手は、0-6の瞬殺を食らっていた。まったくもう、いったいどこが初級者大会なんだよヽ(`Д´)ノ

▼香港映画『霊幻道士 こちらキョンシー退治局』を観る。
 懐かしの『霊幻道士』を現代風にアレンジしつつも、懐かしの香港映画のテイストをたっぷりと持っているという、なんとも嬉しい作品だ。
 実は現代の香港の裏側では、キョンシーの絡む事件が頻発しており、それを秘かに処理する政府直下の秘密組織・キョンシー退治局があった。とはいえ、秘密組織。ふだんは清掃局の局員の格好をして活動をしているのである。
 ひょんなことからチョンティン(ベビージョン・チョイ)は、そのキョンシー退治局で働くための修業をはじめることになるのだが…。

 で、そのキョンシー退治局のメンバーが素晴らしい。チン・シウホウ、リチャード・ン、ユエン・チュンヤンといった懐かしい懐かしいメンバーが顔を揃えているのだ。
 そして、チョンティンが秘かに匿うキョンシーのシウハー(リン・ミンチェン)の可愛らしさたるや、もう反則としかいいようがない。ずるいでしょ、このキャラクターは。もう、彼女の可愛らしさだけで、映画の魅力が300%はアップしてしまっているです。




2018.2.3(土)

▼延々と時間のかかっていた「東京国際映画祭のレポート」がようやく完成!
 いやあ、大変だった。何が大変といって、Q&Aのテープ起こしが大変だったのだ。なにしろ、通訳さんはゲストのしゃべっていることのごくごく一部しか訳していないし、通訳さんによってはまるっきり日本語として意味をなさない通訳をしているし。それをゲストの喋っている英語に必死に耳を傾けて、なんとか情報を補充して、少しでもゲストのしゃべっている言葉を拾おうと悪戦苦闘しておりました。
 いったい、なんのために、こんなに時間をかけてQ&Aのテープ起こしなんてしているんだろうという、自問自答に襲われながらも、「そんな疑問を持っちゃだめだあ!」と自分に言い聞かせて、最後までやりとげたのでした。
 よろしければ、ココをご覧下さい。

▼テニススクールの「お楽しみテニス大会」に参加。今年初めての「お楽しみテニス大会」だ。
 ペアはM鍋夫人。今日は、旦那も息子も参加してきている。
 1月は腰痛に始まって、風邪で熱を出して、本当にまともにテニスができなかった。しかも、相変わらず肩は痛くて、ぜんぜん勝てる気がしない。
 それでも、なんとか3勝4敗にまでは持っていけた。4敗のうちの2試合は3-4まで行けているので、そんなに一方的に負けたわけじゃない。しかも、県大選手のアスカのところにも3-4まで競ることができている。そこまで調子が悪くはなさそう。
 でも、自分で納得のいくプレイができていないってのは実際のところで、やっぱり加齢による衰えがあるのかなあ。

イアン・ワトソン『ヨナ・キット』サンリオSF文庫を読了。
 いやはや、読み終えるのにむちゃくちゃ苦労した。なにしろ、読んでいる文章がまったく頭に入ってこないのだ。ほとんど、何が書かれているのか、理解できない文章なのである。おそらくは、原文がそういう文章なのだろう。よくまあ、これほどまでにしんどい小説を訳したものだ。訳した人には、何が書かれているのか理解できていたのだろうか。
 ひとつひとつの文章はまるっきり理解できないのだけれど、どういう内容であるのかは、おおよそ理解はできる。
 イギリスの天文学者が、宇宙創生に関する新しい学説を発表する。その学説は、神の存在を否定するもので、それがために世界中でパニックが発生する。
 一方、ロシアにある生物学の研究所では、人間の意識を他の生物に刷り込む研究をしていて、宇宙飛行士の脳を幼児に刷り込むが、その子どもは介護の人間と一緒に日本に亡命してくる。また、同じく人間の意識を刷り込まれたクジラが外洋に放たれていた。クジラの特殊な情報処理能力を利用して、クジラのネットワークをそのまま生体コンピュータに仕立て上げようとしていたのだ。
 おおよそ、そういう内容なのだけれど、登場人物が何を考えて何を喋っているのかほとんど理解できないし、どういう個性の持ち主なのかもまるでわからない。これほどまでに読者の理解を拒絶する小説というのも珍しい。
 小説としてヘタというのではなく、著者がかなり意図的にやっていることなのだろうと思うのだけれど、自分にとってそれは単に読みづらいというだけでしかなかった。
 書かれたのは1975年。その時点では、最もとがった最先端のSFだったのだろう。


2018.2.1(木)

▼会社を休んで、孫に会いに行く。もうすごお嫁さんが第二子の出産のために実家に帰ってしまうので、その前に一度行かなきゃと思っていたのだけれど、予定していた日には風邪をひいて行けなくなってしまったので、急遽、本日行ってきたのでした。

 まずはアクロスモール守谷というショッピングセンターの中にある「kid's US.LAND」というところに行く。
 ここには、子ども用のボールプール、ジャングルジム、トランポリン、さまざまなオモチャ、小さなメリーゴーラウンド、電車、バスの運転シミュレーション、太鼓の達人、シューティングゲーム、カラオケ、ビリヤード台、卓球台、大量のマンガ、マッサージチェアなどなどがあり、15分108円の入場料さえ払ってしまえばあとはすべて無料で遊べるのである。正直、老朽化した機械なども多く、あまりメンテナンスはできていないようだけれど、それでも小さな子どもが遊ぶには充分すぎる施設だろう。
 ただし、平日の日中ということもあって、施設内は閑散としており、けっこうさびれている感がただよってしまっている。週末には、かなり混むらしいのだけれど。
 最近、うちの孫はいろいろなことに消極的で、いろいろな乗り物が乗り放題だというのに、ぜんぜん乗りたがらず、家のあるのと同じようなオモチャで遊ぶばかり。うーん、それってかなり物足りないぞ。

 それでも1時間以上遊んで、今度はららぽーと柏の葉まで移動する。
 まずは食事。フードコートで大好きな唐揚げをバクバクと食べてくれた。もう、たっぷりと食べてくれるだけで嬉しいジイジとバアバなのである。

 それから靴を買って、さらに長靴を買うためにアカチャンホンポに移動。そこで、カレーパンマンのソフビ人形を持たせると、ものすごく嬉しそうに抱きしめている。ううっ、可愛い。もちろん、買ってあげるからな。
 レジを済まさないうちにカレーパンマンを抱きしめたまま店を出ようとするので、あわてて「レジのお姉さんにちょうだいなしようね」レジまで連れて行く。すると、カレーパンマンの人形をレジの台の上に差し出してひとこと。
「テープで」
 コンビニなんかでペットボトルだけ買ったりすると「テープでよろしいでしょうか?」って聞かれるでしょ。あれ。なぜかうちの孫はその「テープで」を知っていて、袋に入れずにそのまま抱きしめるために「テープで」とお願いしたのである。
 それにはみんなしてビックリしつつ大笑い。

 ショートケーキを買って、息子の家に戻り、みんなでケーキをいただく。孫が選んだのは、もちろんイチゴたっぷりのショートケーキ。
 3月に出産のためにお嫁さんが入院したら、その間、孫をうちで預かることになっている。そのための注意事項などをいろいろ確認。でも、あまり気をつけなければいけないこともなさそうだ。

 これであとはお嫁さんの実家の方に行ってしまうので、孫に会えるのは2ヶ月ぐらい先のことになってしまう。ううっ、寂しいよ~ん。


2018.1.31(水)

▼なんの予備知識も持たずにイアン・ワトスンの『ヨナ・キット』(サンリオSF文庫)を読み出したのだけれど、こういう小説だったのかあ!
 なにしろ、読んでいる文章がまるっきり頭に入ってこない。何が描かれているのか、まるっきり分からない。原文が悪いのか、翻訳が悪いのか、こちらの頭が悪いのか。すでに100ページを越えているのだけれど、小説の内容がまるっきり分からず、交わされている会話の内容もチンプンカンプンだ。
 そろそろ放り出すか、あるいは我慢して最後まで読み続けるか、ただいま思案の真っ最中。


2018.1.28(日)

▼熱は下がっているし、薬のおかげか咳もおさまっているのだけれど、頭痛が酷く体もフラフラするので、終日布団に潜ったままおとなしく過ごす。
 本当だったら、孫といちご狩りに行ったはずなのに。

 そしたら、息子から孫といちご狩りに行ったという報告が届く。僕が見つけて教えてやったいちご狩り農園に行ってきたのだという。いちごに囲まれた孫の嬉しそうなこと。
 嫁さんが「ずるい!」と悔しがるが、こればっかりは仕方がないよなあ。熱を出して行けなくなってしまったのは、こっちのせいなんだから。
 いちごの大好きな孫が「もう食べない」と言うまで食べた模様。

▼香港映画『ライズ・オブ・ザ・レジェンド(黄飛鴻之英雄有夢)』を観る。
 エディ・ポンが黄飛鴻を演じて、敵役のボスがサモ・ハン。武術指導がユン・ケイ。もう、その顔ぶれだけで嬉しくなってしまう。
 映画のテイストは徹頭徹尾シリアス。おちゃらけ、お笑いなし。なんたって、残虐非道なサモ・ハン率いる組織を壊滅するため、正体を隠してエディ・ポンが潜入する話なのだ。つまり、黄飛鴻版『インファナル・アフェア』なのだ。
 アクションシーンもむちゃくちゃ充実。エディ・ポン、頑張ってます。
 ただ、クライマックスのサモ・ハンとの死闘は、ワイヤーワークに違和感バリバリ。やっぱり、サモ・ハンの巨体が軽々と動く演出は難しかったのか。
 終盤になってようやく黄飛鴻のテーマ曲「将軍令」が流れるシーンで、思わず胸が熱くなってしまうのは、リー・リンチェイ版黄飛鴻ですっかりすり込まれているせいなんだろうな。

▼録画しておいたタモリ倶楽部を見る。
 「こんなに集めてど〜するの!?潜入!辞書コレクターの魔窟 境田邸」という特集で、これががむちゃくちゃツボだった。「広辞苑」なんか、初版からすべての刷りで揃えないと気が済まないというコレクター。
 観ていていちばん思ったのは、自分にもこれだけ本を並べるスペースがあればなあ、ってこと。あったら、もっと本が買えるのに(^^ゞ

 「現代用語の基礎知識」を全部揃えないといけないのかと思うと憂鬱になるという部分に、すごく共感できてしまった(笑)
 通番があると、全部揃えないと気が済まないというのがコレクターのサガだからなあ。


2018.1.27(土)

月村了衛『ガンルージュ』文芸春秋を読了。
 昨日の日記にも書いたように、大沢在昌の『新宿鮫』の設定がお遊びとして盛り込まれていたりする。
 主人公はふたり。韓国の特殊部隊に拉致された中学生を救うために、その後を追う母親と、中学校の女教師のコンビだ。
 母親の方は元公安警察の優秀な捜査官で、かつて叩き込まれた技術を駆使して犯人グループをひとり、またひとりと倒していく。
 女教師の方は、体育大学出身の元ロックンローラー。前の恋人が公安警察の凄腕捜査官で、警察組織の根幹を揺るがしかねない秘密を手にしているために、警察内部で疎まれつつも外に出すわけにもいかず、新宿署で飼い殺しにされているという、どこかで見たような設定。もちろん、胸もでかい。
 この女教師の方が著者のお遊び担当で、むちゃくちゃおかしい。なにしろ、ソフトボール部担任ということで、ずっと金属バットを手にしたまま韓国の特殊部隊と戦い続けるのである。もちろん、相手はプロであるので普通は勝てない。ところが、ありとあらゆる幸運が彼女に味方して、ことごとく偶然にも勝ってしまうのだ。とりわけ金属バットでとんでもない物をぶったたくシーンには爆笑してしまう。そんなバカな!
 というわけで、実は月村了衛にはこういう遊びを楽しむような側面もあったのだという、新たな面を楽しむことのできる作品なのでした。

▼嫁さんを誘って、上野の森美術館まで「生賴範義展」を観に行く。
 ずっと楽しみにしていた展示なのだけれど、いろいろと用事が重なって、ようやく行くことができた。
 思えば、僕の読んできた本における生賴範義の比率というのは、非常に高いものがあった。なにしろ、『狼の紋章』で平井和正にずぶずぶにはまり、『女王陛下のユリシーズ号』で冒険小説にはまった人間である。
 それに、出版広告にあった素晴らしいペン画の数々にも魅了された。自分が小説家になったら、生賴さんが似顔絵を描いてくれるのかもしれないと、それだけの理由で「小説家になりたいなあ」などと思ったことすらある。
 よって、並んでいる作品の数々は、ことごとくが自分の過去の読書遍歴や映画鑑賞歴などにつながっていき、純粋に絵画としてのみ見ることはできない。

 それにしても、この作品量の多さはいったいどういうことなのか。いったい、ひとつの作品にどれだけ時間をかけて描いていたのだろう。
 『女王陛下のユリシーズ号』の表紙を見てよく分かるのは、小説を細かいところまできっちりと読んでいないと描けない絵だってことだ。『ハイペリオン』などの表紙を見ても、ちゃんと小説を読んだ上で描いていることがよく分かる。SFに興味があったのだろうか? 冒険小説の興味があったのだろうか? 興味などなくても、仕事と割り切って読むことができたのだろうか?
 そうやって、きっちり小説を読み込んだ上で、あの絵を描いているのだとしたら、本当にひとつの作品にどれだけ時間をかけていたことになるのだろう?

 たっぷりと堪能して、画集と『狼の紋章』のポストカードを購入し、さらにSNSに生賴範義展のことをつぶやくことでオーソン・ウエルズのポストカードももらう。プレゼントの中には『女王陛下のユリシーズ号』のポストカードもあったようなので、本当はそれが欲しかったのだけれど、この時のプレゼントはオーソン・ウエルズのペン画だったのだ。

▼帰りに赤羽で途中下車して、「プチモンド」というお店にフルーツサンドを食べに行く。
 このお店は以前から嫁さんが一度食べに入りたいと行っていたお店なのだけれど、「有吉くんの正直さんぽ」でも取り上げられていて、さらに行きたい気持ちがつのっていたのだ(検索してみると「孤独のグルメ」でもとりあげられたお店らしい)。それでも、なかなか機会がなかったのだけれど、ようやく行くことができたのだった。

 嫁さんとふたりでフルーツサンドとミックスサンドを頼み、シェアすることに。
 でも、ミックスサンドも半分ぐらいはフルーツサンドなので、ミックスサンドを頼むのがいいかもしれない。
 フルーツサンドには、これでもかこれでもかといろいろな種類のフルーツが生クリームとともに挟み込まれていて、予想以上にボリュームたっぷり。しかも、挟み込まれているフルーツがとってもおいしい。野菜サンドも塩味が効いていて、とってもおいしいぞ。

 カウンター席だったので、目の前でマスターがフルーツパフェを作っているのを見ることができる。このフルーツパフェ、いったい何種類のフルーツが入っているんだ?
 我慢できなくなり、このフルーツパフェも頼んでしまう。
 さすがにひとりで1個は食べきれないので、嫁さんと半分こだ。
 バナナ、オレンジ、イチゴ、りんご、梨、キウイ、パイナップル、メロンが入っていて、そこにアイスクリームと生クリームが入っている。うんまい!

▼一昨日に咳、鼻水、悪寒などの症状があり、これは風邪をひいたかなと思ったのだけれど、ドリンク剤を飲んでさっさと寝たら翌朝には回復していたのでてっきり大丈夫だろうと思っていた。
 ところが、生賴範義の絵を観ているあたりからどんどんしんどくなってきて、「これはもしかしたらやばいんじゃないの? 熱はないのだけれど、もしかしたらインフルエンザって可能性もあるんじゃないの?」という状態になってきたので、帰宅するなり近所の病院に足を運ぶ。
 受付で「熱は?」と聞かれて「ありません」ときっぱり答えたのだけれど、測ったら7度4分。うーん、ほんのちょっとだけれど熱があがってきたぞ。

 かくして本格的にインフルエンザの疑いが持たれたわけだけれど、検査の結果はシロ。インフルエンザではありませんでした。単なる風邪ということらしい。よかった、よかった。

 でも、明日に予定していた孫とのイチゴ狩りは当然ながら中止。うーん、残念!

▼熱は下がったぽいのだけれど、夕方頃からどんどんしんどくなってきて、完全にダウン。
 寝床に入ったまま、娘の部屋から持ち出してきた嶋木あこ『ぴんとこな(全16巻)』を一気読み。面白かったけれど、疲れた。


2018.1.26(金)

▼今朝から月村了衛の『ガンルージュ』を読み出している。
 日本国内に潜伏していた韓国次期大統領候補が韓国の工作員グループによって誘拐されるという、第2の「金大中事件」が発生し、その現場を目撃した二人の中学生が拉致されてしまう。予期せぬトラブルによって、予定していた脱出ルートが使えなくなった犯人グループは、山を越えるルートを選択する。
 そして、誘拐された中学生の母親と女教師が、救出のために犯人グループの後を追う。
 この2人の設定が普通じゃないのだ。
 母親はかつて公安外事課に所属し、特殊訓練を受けているといういわばプロ。
 そして、女教師の設定が笑ってしまう。元ロックンローラー。かつての恋人は元公安の刑事。ところが、その恋人は警察の根幹を揺るがしかねない秘密を握っているために、組織から追い出すこともできず、警部という階級のまま新宿署で飼い殺しにされているというのだ。えーと、それって大沢在昌のあれじゃないっすか(笑)
 すげえな月村了衛。そういう設定を持ってきたかあ。


2018.1.25(木)

池波正太郎『剣客商売 浮沈』新潮文庫を読了。
 とうとう「剣客商売」も読み終えてしまった。なんだかこの最後の長編『浮沈』は、「剣客商売」を終わらせることを意識して書いたかのような描写が多く、まるで池波正太郎が自分の死を予想していたかのような印象を受けてしまう。
 あと、番外編の『ないしょないしょ』と『黒白(上下)』が残ってはいるのだけれど、それを読み終えたら次は「仕掛人・藤枝梅安」なのだろうか。


2018.1.24(水)

▼朝は駅まで車で出たのだけれど、やはり路面が凍結している場所がけっこうあって、むちゃくちゃ神経を使った。
 嫁さんからは、夜暗くなってから運転するのは怖いから、帰りはバスで帰ってくれと言われてしまう。ま、無理はないか。

 ところが、帰りのバスが大変だった。バス停から延々と長蛇の列ができていたのだ。寒い中、20分ほど待たされて、ようやく来たバスに僕は乗れたのだけれど、半分以上の人が乗れないまま「次のバスに乗って下さい」と取り残されてしまう。可哀想に。

▼テニススクールのレッスン。スクールまで自転車で行ったのだけれど、やはり裏道が凍結していて、けっこう恐い。
 で、昨日がっつりメンテをしてもらった右肩なのだけれど、思いっきりサーブを打ってもぜんぜん痛くないではありませんか。まさか、たった一回の施療で痛みがおさまるとは思っていなかったぞ。さすがだ。


2018.1.23(火)

▼出社前に家の前の雪かき。ううっ、腰が痛い。

▼腰も痛いが、それ以上にテニスの時の右肩の痛みが深刻で、整骨院に行って右肩をがっつりメンテしてもらう。

▼駅から自転車で帰ったのだけれど、路面が凍結している場所がけっこうあって、むちゃくちゃ怖かった。明日の朝はもっと凍っているだろうから、自転車で駅に出るのは無理っぽい。

▼さすがにいつまでもほったらかしておくわけにもいかず、東京国際映画祭で録音してきたQ&Aのテープ起こしを再開する。でも、相変わらず通訳さんが訳している日本語、そのまま文字にするとまったく意味不明で、仕方なく何度も何度もゲストの喋っている英語を聞き直すことになり、むちゃくちゃ時間がかかっている。こんなことをする時間があったら、フィリピン映画の1本も観た方がよほど楽しいのに。

馳星周『蒼き山嶺』光文社を読了。
 馳星周初の本格的な冒険小説というのがウリなのだけれど、純粋に山岳小説として魅了された。
 長野県警の山岳遭難救助隊員をしていた得丸志郎。町の派出所への異動をきっかけに警察を辞めて、山岳ガイドの仕事をしていた。山に魅せられ、山から離れることのできない、根っからの山男なのだ。
 その得丸がある時、残雪期の白馬岳で大学時代の山岳部仲間だった池谷と再会する。池谷は、白馬岳を越えて、栂海新道を通って、自分を日本海まで連れて行ってくれと得丸に頼み込む。山を離れ、公安刑事としての日々を過ごしていた池谷には、すでに白馬岳を越える体力はないのだが、なんとしてでも山を越えて日本海に出なければならない理由があるらしいのだが、その理由をどうしても話そうとはしない。
 池谷に借りがある得丸は、池谷を背負ってでも望みをかなえてやろうと決意するのだが…、そのふたりに北朝鮮の工作員が襲いかかってくるのだった。

 本当はふたりじゃないんだけれど、説明が長くなるのではしょりました。もうひとり、山岳部時代の仲間の妹がこの山行に同行することになってしまうのだけれど、でも、この小説の眼目は大学時代の山仲間の絆なのだ。はっきりいって、北朝鮮の工作員との壮絶な死闘なんてどうでもいい。そういう要素はなくても、僕はこの小説に魅了されたのは間違いないのだから。というか、そういう要素のない純粋な山岳小説を読んでみたい。
 体力の限界を超えて山を越えていく描写の間にはさまれる、山岳部時代のエピソードの数々が光り輝く。そうした過去のいくつもの物語の末に、この壮絶な山越えがあるのだ。もっともっと、馳星周の山岳小説を読んでみたい。


2018.1.22(月)

▼午前中から降り出した雪がみるみるうちに大雪となり、会社の目の前の公園があっという間に真っ白になってしまう。
 会社を出る前にネットでチェックしてみると、あちこちの駅で入場規制が始まっているらしい。みんな、大急ぎで帰ろうとして、同じ時間帯に集中してしまったのだろう。
 どこかで時間をつぶしてから帰ろうかなと一瞬思うが、それよりもさっさと帰ることにする。
 いつもは歩く新宿御苑前から新宿駅までも、今日は丸ノ内線を利用する。思ったほど混んでないじゃんと思ったら、新宿駅のホームに人があふれかえっていて、あやうく電車から降り損なうところだった。
 埼京線はというと、混んではいるものの、いつもの混み具合とそれほど違うわけじゃあない。
 でも、赤羽駅からの京浜東北線は半端ない混雑で、3台見送ってからでないと乗り込むことができなかった。
 南浦和からは、さすがに自転車で帰るわけにもいかず、バスで帰ることにする。どうせ、バス停の前にむちゃくちゃ長蛇の列ができているんだろうなと思ったら、ちょうど前のバスが出たばかりらしく、それほど長い列ではなく、これなら1台目で乗れると胸をなで下ろす。で、しばらく待たされたものの、やってきたバスに無事に乗り込むことができて、意外とすんなり帰れてしまう。

▼帰宅してまずは家の前の雪かき。でも、ひととおり終えたころには、最初に雪かきをした場所にもう雪が積もっているという状況で、明日の朝にはまたとんでもなく積もっているのだろうな。


2018.1.21(日)

▼昨日の8時間テニスの影響で身体中の筋肉がギシギシと痛み、そのせいで朝早くに目が覚めてしまう。もう眠れそうになかったので、枕元の蛍光灯をつけて読みかけの本を最後まで読んでしまう。
 というわけで、ダン・シモンズ『雪嵐』ハヤカワノヴェルズを読了。
 突然、3人組の男に命を狙われた元私立探偵のジョー・クルツ。男たちを送り込んできた依頼主の名前を聞き出した上で、あっさり返り討ちにするのだが、その依頼主は、街を牛耳る2つの組織のうちのひとつ、ファリーノ・ファミリーを率いる男の姉であった。その女から、かつてのクルツの恋人を殺した黒幕が、もうひとつの組織、ゴンザガ・ファミリーのドンであると聞かされ、女を利用しての復讐に乗り出すクルツ。
 それとは別に、ひとりの有名な音楽家から20年前に娘を殺した犯人を捜してほしいと依頼される。死んだはずのその犯人を、クルツの住む街で見かけたというのだ。だが、その犯人にはとてつもない秘密が隠されており、しかも、現在は強力な権力を持っていた。
 かくして、強大な2つの敵を相手に孤軍奮闘を余儀なくされることとなるのだが。

 いやあ、むちゃくちゃ面白かった。なにしろ、クルツという男のキャラクターが強烈なのだ。自分が生き延びるためなら、なんのためらいもなく相手を殺す。元私立探偵を主人公にした小説で、これほど非情な主人公というのは珍しい。
 しかも、どんどん主人公をめぐる状況は悪化していき、どうあがいたところで抜け出すことなどあり得ないだろうというほどに否応なしのところまで追い詰められていく。だが、それでも常に冷静に計画を練り上げ、実行していく。
 さすがは『ハイペリオン』のダン・シモンズ。ハードボイルドを書いても、その完成度は半端ない。
 ちなみに、日本で翻訳が出たのは2003年なので、なにをいまさらという感じではあるのだけれど、たまたま読む機会がないまま来てしまったのだ。なお、本作はジョー・クルツを主人公とするシリーズの2作目なのだけれど、シリーズとは知らずに読み出したので、1作目の『鋼』は未読のまま。これも、機会があればぜひとも読みたい。

▼都内まで出かけるという娘を駅まで送り、昼食後にボランティア関係の勉強会に出かける嫁さんを駅まで送り、そのまま近くの温泉「小春日和」へと足を伸ばす。
 とにかく、身体中の筋肉が悲鳴をあげており、温泉に浸かれば少しでも楽になるのではないだろうかと思ってしまったのだ。思ってしまったら、無性に行きたくて我慢ができなくなってしまった。
 で、ぬるめの温泉にたっぷり使ったり、サウナで汗を流したりしているうちに、筋肉の痛みが確実に薄らいだのだった。さすがだぞ、温泉!

▼フィリピン映画『Extra Service』を観る。
 アルシ・ムニョス、ジェシー・メンディオーラ、コリーン・ガルシアという3人のセクシー美女が大活躍するアクションコメディ。フィリピン版「キャッツ・アイ」ともいうべき映画が、この『Extra Service』なのだ。

 刑務所で知り合ったAw(コリーン・ガルシア)、Em(アルシ・ムニョス)、Gee(ジェシー・メンディオーラ)の3人は出所後、昼間は「特別サービス」を売り物とするマッサージパーラーで働き(でも、彼女たちは特別サービスの意味がよく分かっていないようで、客が希望するのとぜんぜん異なる特別サービスを提供してしまっている)、夜になるとセクシーなコスチュームを身にまとい、犯罪者と戦っていたのだった。
 ところがあるとき、彼女たちは国の秘密組織に弱みを握られ、「東洋の真珠」と呼ばれる3つの珠を回収するミッションを命じられるのだった。

 とまあ、英語字幕がないのでいまいち自信はないのだけれど、おそらくはそういった内容でありましょう。
 問題は、アクションコメディなのだけれど、3人の女優はいかにもアクションは苦手そうだし、コメディとしてもぜんぜん笑えそうにないってこと。いや、もしかしたらタガログ語が理解できれば笑えるのかもしれないけど…。でも、たぶんタガログ語が分かったところで笑えるようなギャグじゃないと思うぞ。
 2つ目の珠を持っているのが日本人とのハーフの女性という設定なのだけれど、土俵の上で繰り広げられる格闘技大会を主催していて、まわりの観客はみんなでんでん太鼓を持って応援しているって、いったいどういう設定やねん(きっと、でんでん太鼓は『ベストキッド』以来の伝統なんだろう)。
 3つ目の珠では、相変わらずゲイをネタにしたお笑いに走っているし。

 監督は『アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ(I Do Bidoo Bidoo)』『Kimmy Dora: Ang kiyemeng prequel』などのクリス・マルティネス。マーロン・リベラと組んだ『浄化槽の貴婦人(Ang babae sa septic tank)』で、なかなかの才人と思ったのだけれど、その後の作品を観ていると、クリス・マルティネスにしてもマーロン・リベラにしても、なんかずれてるんだよなあ。

 というわけで、アクションもいまいち、お笑いもいまいちな本作であるのだけれど、3人の女優が魅力的という点だけは間違いなし。とりわけ、コリーン・ガルシアがいい。いままでノーチェックだったのだけれど、これからは要チェックだ。彼女主演の『Ex with Benefits』はどこかにDVDが埋もれているはずなので、さっそく引っ張り出して観なければ。
 メガネっ子でちょっとコミカルな役どころだったジェシー・メンディオーラも悪くはないぞ。『Must Date the Playboy』を観た時には、特になんとも思わなかった自分の不明を恥じよう。
 そして、アルシ・ムニョス。『Camp Sawi』の時にはかなりエキセントリックな役どころだったので、そっちに気を取られていたのだけれど、あらためて観てみると、アニタ・ムイ系の個性的な美人でありますな。
 皆さん、スタイルもバツグンで、それがセクシーなコスチュームを身につけてアクションをしてくれるのだから、単純にそこを楽しむ映画と割り切るのが正しい鑑賞法なのでしょう。



2018.1.20(土)

▼9時から17時まで、大宮第2公園テニスコートでひたすらダブルスゲームを繰り返す。
 人数に余裕がなかったので、ほとんど休むことができなかったのだけれど、さすがに途中から腰が痛くなってくる。
 しかも、肩が痛いので、無意識のうちにサーブは肩に負担のかからない打ち方をしてしまっている。
 さすがに8時間はやりすぎだったか。


2018.1.19(金)

▼仕事があとからあとから飛び込んできたせいで、整骨院のやっている時間に会社を出ることができなかったのだけれど、今日は久しぶりに早く会社を出ることができたので、さっそく整骨院に飛び込んで、肩のメンテナンスをしてもらう。また、しばらくマメに通わないと、肩の痛みはおさまらないんだろうなあ。


2018.1.18(木)

ロジャー・ゼラズニイ『虚ろなる十月の夜に』竹書房文庫を読了。
 切り裂きジャックに吸血鬼ドラキュラにシャーロック・ホームズにフランケンシュタイン博士に狼男といったキャラクターが登場し、しかもクトゥルー神話までもが盛り込まれた作品。その上、主人公は犬! 通常、これだけ盛り込むと、意外とどうしようもなくつまらない作品になってしまったりするのだけれど、さすがはゼラズニイ、実に面白いのだ。
 巻末の解説によると、ゼラズニイの単行本が訳されるのは実に27年ぶりなのだという。うわっ、もうそんなに昔なのか。
 ちなみに、自分が最後にゼラズニイを読んだのは1981年の『オベロンの手』であるらしい。ということは、27年どころじゃなくって、37年ぶりだよ。驚いたな。
 むかしは、ロジャー・ゼラズニイ、フィリップ・ホセ・ファーマー、マイクル・ムアコックといった名前を目にするだけで、むしょうにときめいたものだけれど。
 ところで、この小説、あとからあとからいろいろなキャラクターが登場してきて、誰が誰だかよく分からなくなり、途中で登場人物(人ばかりではないのだけれど)表を作るハメに陥った。これから読む人には、ぜひ登場人物表を作りながら読むことをオススメする。

▼馳星周が本格的な冒険小説を書いたというので、さっそく本屋に駆け付けて買ってきた。
 『蒼き山嶺』光文社。
 今日から読み始めた本をさっさと読み終えて、こいつにとりかからねば。


2018.1.17(水)

▼腰痛もおさまったので、久しぶりにテニススクールのレッスンに出る。なんと、これが今年に入ってから2回目のテニスだ。
 1回目は、はじめて1時間で腰を痛めて、それっきりだからなあ。
 おかげで、今日は身体が重いこと。実際、年末年始で食べまくって、そのままグータラな生活が続いたので、本当に体重が重いんだよなあ。やばいよなあ。かつてないほど、下腹部がポッコリしてるんだもんなあ。
 でも、寒いから夜に走る気にはなれないし。

 それと、再び肩がひどく痛くなってしまっていた。痛くて思いっきりサーブを打つことができない。昨年は整骨院に通って、ずっと肩のメンテナンスを続けたおかげで肩に痛みがおさまっていたのに、また再発してしまったらしい。


2018.1.15(月)

月村了衛『黒涙』朝日新聞社を読了。
 さえない刑事沢渡と、義水盟という中国人組織の沈を主人公とした『黒警』の続篇。
 中国政府と結びついて情報を流している警察内部の裏切り者をあぶりだそうとする組織が警察内に設立され、沢渡はその部署に組み込まれる。秘かに沈と手を組んで、中国政府とつながる裏切り者を引きずり出そうとする。
 沈が新たに仲間に加えるインドネシア人のラウタンというキャラクターが実に魅力的だ。そのラウタンが、シンシアという謎の美女としのぎをけずるあたりがひとつの見どころとなっている。

 重要なキャラクターをあっさり殺すところに、月村了衛のすごさがある。だけど、小説そのものに対しては、なにも月村了衛が書かなくてもいいだろうという印象を受けてしまう。『機龍警察』を読んでいると、どうしてもあのレベルの濃密な小説を期待してしまうのだけれど、いまのところ月村了衛は『機龍警察』だけが別格となってしまっている。


2018.1.14(日)

▼嫁さんにお付き合いして、横浜の桜木町にある横浜市民ギャラリーまで、「第64回春陽会神奈川研究会展」を観に行く。
 会場の地下1階から3階まで4フロアを使った展示で、とにかく見ごたえがある。しかも、さすがは春陽会で、インパクトのある絵が多い。

▼横浜市民ギャラリーからちょっとまわりみちをして「苅部書店」を覗きに行く。
 素晴らしい品揃えの古本屋で、思わず棚をチェックする目に力が入ってしまうが、値付けにスキはなく、これぞと思う本にはきっちりとした値段がついている。妥当な値段ではあっても、掘り出し物が出てくる気配はなく、すごすごと手ぶらで引き下がる。

▼桜木町から石川町に出て、横浜中華街へ。
 いやはや、すごい人混みだ。ここは原宿か?!
 やたらと食べ放題の店と、占いの店が増えている。もう、完全に観光地と化していて、お店も観光客相手と割り切っているのだろうな。
 脇道に入っても人混みは途切れず、これは食事も並ばないと無理なのかと思ったのだけれど、台湾料理「福楼」に辿り着いてみると、まるっきり並ばずに店に入ることができた。人気のない店なのか? すぐ近くにある「杜記」には長蛇の列ができているというのに。
 台南風豚バラ肉飯、レタス炒飯、豚バラ肉煮込み、小籠包を頼むと、予想していたよりもずっと量が多くてびっくり。おいしいのだけれど、さすがにレタス炒飯は量が多すぎて途中で飽きてしまった。
 ちなみに、すぐ近くのテーブルの上には、「福楼」というお店の名前通りに、本物のフクロウの「フクちゃん」がいてびっくり。じっとしていると単なる置物のように見えてしまうのだけれど、時々羽を広げてみたり、頭をかしげてみたりしている。

▼そのまま、中華街をうろうろと散歩。「悟空茶荘」で中国茶を少し買ったり、裏の方で形の崩れた月餅を安く売っているのを見つけて買ったり、さんざん歩き回ってから最後に「北京飯店」で肉まんを買って、2人で食べながら山下公園へ。
 そこから大桟橋にまわって(先端から富士山がよく見えた)、象の鼻パークを抜けて、赤レンガ倉庫へ。だけど、赤レンガ倉庫は自分たちにはまるっきり縁のないお店ばかりが入っていたので、さっさと退散。
 さすがに歩き疲れてもう帰ろうと思ったら、目の前に桜木町行きの可愛らしいバスが見えたので、思わず飛び乗ってしまう。
 いやあ、歩いた歩いた。
 疲れたので、駅前にあったコレットマーレというショッピングビルの地下1Fにある「ブレドール」というカフェへ。アイスクリームと珈琲がむちゃくちゃおいしかった。

 で、そこから埼玉までの京浜東北線では2人して熟睡してしまう。
 本日の歩数は15,798歩でした。


2018.1.13(土)

▼香港映画『コール・オブ・ヒーローズ』を観る。
 ラウ・チンワン&エディ・ポン対ルイス・クー&ウー・ジンという顔ぶれのアクション映画を、監督がベニー・チャン、アクション監督がサモ・ハンで撮るというなんとも贅沢きわまりない作品。しかも、作品の底に流れる基調がマカロニウエスタン! いやあ、これはおいしい。そして、まったく期待を裏切らない完成度の高さ。
 みごとに香港映画の底力を見せてくれる快作に仕上がっている。こういう香港映画が観たかったんだよ。



▼dTVオリジナルドラマ『銀魂 ミツバ篇』を観る。
 映画『実写版 銀魂』を撮影した際に、まったく同じメンバーで一気に撮ってしまったという作品。さすがに映画ほどのスケールはないけれど、きっちり楽しませてもらったぞ。
 でも、いちばん面白かったのは、特典映像。福田雄一監督、小栗旬、柳楽優弥、吉沢亮の4人が撮影を振り返る観覧車クロストーク。どんなむちゃくちゃな状況で撮っていたのかがよく分かるこのトークがなんといっても最高。これには笑った。



▼フィリピン映画『Unexpectedly Yours』を観る。

 娘のヤンニ(ジュリア・バレット)とふたりで暮らしているパティ(シャロン・クネタ)。夫とはとうに離婚し、キャリアウーマンとして自立した生活をしている。
 ヤンニには母に内緒のボーイフレンドがいた。しかし、そのボーイフレンドとは、ネット経由でつきあっているだけのロンドンにいる男性だった。そのことを知ったパティは頭ごなしに反対し、そのことが原因で娘との間に溝が生じてしまう。
 一方、職場でも自分よりも若い者が力を発揮するようになってきて、パティは上司という立場を盾に自分の主張を通そうとしてしまい、部下との間に微妙な溝が生じてきてしまう。
 家庭でも、職場でも、自分の思い通りにしようとし、それが通らないことで、徐々にパティは自分の居場所がなくなりつつあると感じていた。
 そんなある日、隣の家にココイ(ロビン・パディーリア)と甥のジェイソン(ジョシュア・ガルシア)のふたりが引っ越してくる。実はパティとココイは偶然にも高校の同級生で、ココイは高校生の時に、一方的にパティに恋をしていたという過去があった。
 ジェイソンもヤンニに一目惚れをしてしまい、かくしてココイのパティに対する、ジェイソンのヤンニに対する猛アタックが始まるのだが、パティもヤンニもいっこうに応じようとはしない。
 とはいうものの、徐々にパティもココイに惹かれていくようになるのだが…。

 フィリピン映画お得意の大人の恋愛映画であるのだけれど、本作で描かれているのはともに50歳を過ぎた男女の恋愛である。演じているシャロン・クネタもロビン・パディーリアも80年代にデビューしているベテランで、若い頃には何度も共演して恋人を演じたことのあるふたりである。古くからフィリピン映画を観てきた人には、懐かしいカップルなのだろう。
 だけど、そうでない自分からしてみると、太りすぎのシャロン・クネタには女優としての魅力がまるで感じられず、いまだハンサムでスマートなロビン・パディーリアとの恋愛というのがどうしても嘘くさく感じられてしまう。映画の中でも太っていることを何度もネタにしているのだけれど、さすがに恋愛映画を演じるのはきつい。恋愛映画で観るのだったら、やっぱりある程度は美男美女のカップルであってほしいよなあ。
 ジュリア・バレットとジョシュア・ガルシアのふたりは、『Vince & Kath & James』『Love You to the Stars and Back』でも共演しており、新たなラブチームとして注目を集めている若手であるようだ。こちらのふたりはなんとも初々しく、好感度バツグンだ。

 厳格な母に育てられ、母に対してノーということのできないパティ。そうした母の姿を見て育ち、母のようにはなりたくないと思っているヤンニ。いつの間にか自分の母と同じように、自分の娘を思い通りにコントロールしようとしてしまうパティ。
そうした母に対し、ヤンニが「お母さんのことは好きだし、お母さんのようになりたいとも思うけれど、でも、お祖母ちゃんに逆らうことができずに、自分の選んだ生き方のできないお母さんは好きになれない。私は、自分の人生を生きたいし、お母さんにも自分の人生を生きてほしい」と真情を吐露するシーンは、なかなかの圧巻である。

 監督は『Seven Sundays』のキャシー・ガルシア・モリナ。家族の情愛を描くのが実にうまい監督だ。




2018.1.12(金)

▼フィリピン映画『Seven Sundays』を観る。

 フィリピン映画がいちばん得意としているのは、甘ったるいロマンス映画でも、悪のり過剰のコメディ映画でも、アスワンの徘徊するホラー映画でもない。フィリピン映画がいちばん得意とするのは、じっくりと家族の情愛を描いたドラマなのだ。本作を観れば、それがよくわかる。本作こそは、愛すべきフィリピン映画のもっとも素敵な要素の詰まった映画なのだから。

 陽気な甥っ子のジュン(Ketchup Eusebio)と暮らす老いたマニュエル・ボニファシオ(ロナルド・ヴァルデス)。彼には4人の子どもがいるのだが、それぞれに忙しくて、父の誕生日に顔を出すこともできない。ところが、その誕生日の夜、マニュエルは医師から肺がんのために余命2ヶ月を宣告されてしまうのだった。
 あわてて駆け付ける4人の子どもたち。長男のアラン(アガ・ムラック)、次男のブライ(ディンドン・ダンテス)、長女のチャ(クリスティン・レイエス)、三男のデクス(エンリケ・ヒル)。4人の子どもたちにマニュエルは、残された日々を自分の好きなように、望むように過ごすのだと宣言する。
 そして、週末の日曜ごとに子どもたちは家族を引き連れて父の家の集まることにする。余命2ヶ月として、残された日曜日は7日間。
 4人の兄弟はそれぞれに問題を抱えていた。アランは父から継いだ雑貨店の向かいに大手のスーパーが開店することになって、経営の危機に瀕していた。ブライはビジネスで成功しているものの、そのことに時間をとられすぎて、他のことに目を向ける余裕のない生活をしていた。チャは兄弟や父に対しては幸せな結婚生活を演じているが、実は夫はすでにチャに対する愛情を失い、外で女遊びを繰り返していた。そしてデクスは自分が絡んだミュージックフェスティバルが失敗し、債権者から追い回されていた。しかも、4人はそれぞれ、自分の兄弟に対するさまざまな不満を抱え込んでいた。
 そうした問題を隠して父の家に集まるのだが、ささいなことから不満が噴出して、互いにやりあうことになってしまう。だが、病気の父を思う気持ちが次第に4人を結びつけ、互いに助け合って苦難を乗り切ろうと思うようになる。
 ところが、マニュエルの肺がんが誤診であったことが判明してしまう。マニュエルはせっかく仲良くなった子どもたちが再び反目しあうようになるのを恐れて、そのことを告げることができない。
 しかし、そのことは、互いに隠していた問題が表面化するという最悪のタイミングで明らかになってしまうのだった。不信感を募らせ、互いに怒りをぶつけ合い、バラバラになってしまう兄弟。
 「本当に肺がんにかかっていた方がよかった」、そう嘆く父の家を、子どもたちは離れていってしまうのだった…。

 もちろん、最後はハッピーエンドとなるのだけれど、そこに至るそれぞれの感情の描写が実にうまい。それぞれが互いに抱く不満の描き方も丁寧で説得力があり、兄弟でありながら不満を持たざるを得なかったという過去のいきさつの説明も悲しいくらいに説得力がある。そして、そのことを受け入れて許しを求めあうという場面の、感情をゆさぶる描写のみごとなことよ。それぞれが自分の至らなかった点を受け入れ、父として、兄として、弟として、自分の不甲斐なさを詫びる場面のエモーショナルな盛り上がりのみごとさよ。
 この映画は、そうした感情の描写が実にうまいのだ。
 なんたって、役者が揃っている。
 かつての青春映画のトップスターだったアガ・ムラック。いやあ、いいおっさんになった。そのむかし、僕は彼のことをフィリピンの田原俊彦と呼んでいたのだが。
 アスワンと戦うヒーローから失業してぐだぐだになっている夫まで、幅広い役をこなす二枚目スターのディンドン・ダンテス。
 ホラー、スリラー、ラブロマンス、コメディ、シリアスとやはり幅広い映画に出演している美人女優のクリスティン・レイエス。
 ライザ・ソベラノとの共演作等で人気沸騰中の若手俳優のエンリケ・ヒル。
 100本以上の映画に出演してきているベテランのロナルド・ヴァルデス。このロナルド・ヴァルデスの飄々とした演技が実によかった。
 そして、マニュエルと一緒に暮らしている甥のジュンを演じているKetchup Eusebio(なんて読めばいいんだ?)が、実にいい味を出していた。ともすれば孤立しかねないマニュエルのそばに常にいて、傍観者的な立場からぼやくちょっとしたセリフが妙におかしい。
 ロナルド・ヴァルデスの飄々とした演技と、彼のさりげない存在感が、ともすればシリアスになりかねない題材に絶妙な軽みを与えているのだ。

 監督は『One More Chance』『A Second Chance』『She's Dating the Gangster』などで着実にヒットを飛ばしている実力派女流監督のキャシー・ガルシア・モリナ。新作は常に要チェックの監督である。いま手元には、『Unexpectedly Yours』『Just the 3 of Us』のDVDがあるので、早いところ観なければ。
 とはいうものの、いちばん観たいのはエンリケ・ヒルとライザ・ソベラノが共演した『My Ex and Whys』なのだけれど、これだけまだDVDが手には入っていないんだよね。

 というわけで、派手さはないものの、家族の情愛を丁寧に描いた『Seven Sundays』、なかなかの佳作なのでありました。



2018.1.11(木)

樋口明雄『クリムゾンの疾走』徳間文庫を読了。
 帯に「ノンストップ・アクション」とあるが、まさにその通りの作品。
 シェパードばかりを狙った連続誘拐殺害事件が都内で発生する。たまたま空手の試合で上京していた山梨県警南アルプス署の神崎静奈は、その誘拐の現場に遭遇し、身を挺してその誘拐を防ぐ。
 ところが、その翌日、今度は静奈のバディであるジャーマン・シェパードのバロンが謎の犯人グループに攫われてしまう。必死に犯人を追跡する静奈。我が身を省みぬ捨て身の追跡によってもう少しで犯人に手が届きそうになるのだが、地元警察の介入によって犯人を取り逃がし、それどころか警察官を銃で撃った犯人と見なされてしまう。
 なんとしてでもバロンを取り戻すため、いまは地元警察に捕まっている余裕はない。警察に追われながら、犯人を追い続ける静奈だったが…。

 なんといっても興奮させられるのは、バロンが攫われそうになる時の、静奈の必死の追走劇である。カーアクションと肉体アクションの連打また連打。このアクションの描写が実に映像的で、あたかも極上のアクション映画を観ている時と同じ興奮を味わうことができるのだ。正直、この場面を映画館のスクリーンで見てみたいと、本気で思ってしまった。
 そして、バロン奪還のためにひたすら暴走する静奈をバックアップすることになってしまった山梨県警の同僚の曾我野、阿佐ヶ谷署の大柴刑事といった脇役も実にいい味を出している。

 いちおう「南アルプス山岳救助隊K-9」というシリーズの1本ではあるのだけれど、シリーズをまったく読んでいなくても、ぜんぜん不都合のない作品となっているので、最後の1ページまで一気読みの疾走感を味わってみたいという方には、力強く一読をお勧めしたい。


2018.1.10(水)

▼フィリピン映画『Bloody Crayons(2017年)』を観る。

 卒業制作の映画を撮影するために無人島に渡った9人の学生たち。
 彼らは、メンバーのひとりの親が所有する、何年にもわたって放置されたままの別荘に泊まりこむのだが、その夜、ブラッディ・クレヨンというゲームをおこなっている最中に、マリエという女性メンバーが不慮の死を遂げてしまう。だが、それは本当に事故だったのか? あるいは、殺人だったのか?
 疑心暗鬼にかられた彼らは、お互いを疑い、ののしりあい、責任をかぶせられたオリヴィアは別荘の外へと飛び出していってしまう。それを追うケンリィ。だが、他のメンバーがケンリィに追いついた時、呆然と立ちすくむケンリィの立つ断崖のはるか下に、オリヴィアの死体があった。
 はたして、オリヴィアの死は事故なのか? あるいは、ケンリィが殺したのか?
 誰もが信じられない状況下で別荘に戻る7人。だが、予期せぬ展開により彼らは別荘に閉じ込められてしまい、さらには発電機が故障して灯りすら失ってしまう。
 不信感とストレスからぶつかり合い、分裂していく若者たち。そして、ひとり、またひとりと、命を落としていくのだが、はたしてそれは不幸な事故の連続なのか、あるいは仲間の中に殺人鬼がいるのか?

 最初は単なるホラー映画だろうと思って見だしたのだけれど、超自然的な殺人鬼が出てくるような映画ではなかった。なにしろ、本当に殺人があったのか、あるいはすべてが事故なのか、それすらも判然としない状況が続くのだ。たとえ仲間のひとりで斧を持って襲いかかってきたとしても、それが殺人鬼なのか、あるいはストレスから仲間を殺人鬼と思い込んで襲いかかってきているのか、それすらも分からないのだ。
 隔絶された環境下で、若者がひとり、またひとりと死んでいくという展開は典型的なホラー映画のパターンであるのだけれど、そこにもうひと工夫凝らしてあるのだ。
 演出も手慣れたもので、まったくだれることがない。若者たちがどんどん追い詰められていく様子が、ハラハラドキドキの緩急を巧みにまじえつつ、非常にうまく描かれている。観る者をホッとさせた直後に驚かせるタイミングなんかも、お約束とはいえ実にみごとなものだ。

 主演は人気若手女優のジャネラ・サルヴァドール(Janella Salvador)。いまのところ、出演した3本の映画のうち2本がホラー映画である。
 共演が、Ronnie Alonte(おっ、こいつも出演した3本の映画のうち2本がホラー映画だぞ)、Elmo Magalona、Sofia Andres、Diego Loyzaga、Jane Oineza(彼女の最新作もホラー映画)、Maris Racal(彼女の最新作もホラー映画だ)、Yves Flores(こいつも出演した3本の映画のうち2本がホラー映画だ)、Empoy Marquez。
 この手の映画のお約束で、女の子はみんな美人だ。いまのうちにチェックをしておけば、そのうちメジャーな女優になるかもしれない。

 監督のトペル・リー(Topel Lee)は、テレビドラマを主な活躍の場としている人物であるのだけれど、『Shake Rattle & Roll』というホラー映画のシリーズでも何度かメガホンをとっている。




2018.1.9(火)

▼病院でもらった薬のおかげで、だいぶ咳がおさまって、夜もしっかり眠れるようになった。
 だけど、まだ痰がからみ、ときおり激しい咳に襲われている。いまは、咳をすると腰が痛いからやばいんだけどなあ。
 そして、薬の副作用なのか、やたらと頭がボーッとして、体がふらつく。なんだか、仕事にも集中できず、けっこう困ってしまうぞ。

▼もしかして、キム・チウ主演の『The Ghost Bride』が入荷していないものかと思ってフィリピン映画のDVDを買いに行くが、残念ながらまだ入荷はしていなかった。スターシネマ配給の映画なので、待っていれば入荷すると思うのだけれどなあ。
 で、今日買ったのは『Unexpectedly Yours』と『The Barker』の2本。「これ、オモシロイよ」とお店のおばちゃんのオススメ付きだ。

池波正太郎『剣客商売 二十番斬り』新潮文庫を読了。
 短編の「おたま」と、長編の「二十番斬り」を収録。「二十番斬り」は、小兵衛が老いてきたという出だしから、そんなことをすっかり忘れる展開に。
 これで「剣客商売」もあと1冊となってしまった。ううっ、寂しいよお。(でも、番外編がまだあるんだけどね)


2018.1.8(月)

▼腰が痛いので、今日は1日、自宅でのんびりと過ごす。

『トリプルX:再起動』を観る。
 香港のドニー・イェン、インドのティーピカー・パードゥコーン、タイのトニー・ジャーが出ているという理由で借りてきたのだけれど、なんだか薄っぺらな映画だったなあ。ストーリーなんて、派手なアクションをつなぐために適当にでっちあげてみましたって程度でしかないし。しかも、そのアクションだって、香港映画を観ていた方がよほど興奮できるしなあ。インド映画であれほど魅力的だったティーピカー・パードゥコーンも、ぜんぜん魅力が引き出されていない。
 しいてあげるなら、女性2人がペアとなって二丁拳銃をガンガン撃ちまくるシーン。露骨にジョン・ウーのパクリではあるのだけれど、あのシーンだけはかっこよかったぞ。

『媚空』を観る。
 雨宮慶太監督のライフワークとなっている『牙狼〈GARO〉』の1本で、ヒロインの闇斬師媚空を演じるのは元AKB48の秋元才加。ポスターでこの作品のビジュアルを観て以来、ずっと気になっていた作品なのだ。
 いやあ、秋元才加、かっこいいなあ。黒ずくめの闇斬師のかっこうが、めちゃくちゃよく似合っているぞ。ただし、時々変身する白バージョンのコスチュームの方はいまいち似合っていなかったような気もするけれど。アクションも頑張っていて、なかなかサマになっている。
 それに対する佐野史郎の方はというと、なんだかはまり役すぎて、逆に物足りない気がしてしまう。
 映画そのものは、いつもの『牙狼〈GARO〉』の枠をはみ出すことはなく、特に驚かされるようなところはまったくなかったかな。

本間正夫『少年マンガ大戦争』蒼馬社を読了。
 「少年マガジン」「少年サンデー」以前は、月刊マンガ誌の時代だった。僕が主に読んでいたのは「冒険王」だったし、その他に「少年画報」「少年」などの月刊誌があった。本書は、そのうちの「少年画報」の歴史を、金子一雄という編集長にフォーカスをあてて描いている。
 いままで手塚治虫に始まるマンガの創世記や、大阪の貸本マンガに関する本はあれこれ読んできたし、その後の「少年マガジン」「少年サンデー」が競い合う頃を描いた本、成年マンガ誌の興亡を描いた本も読んできた。でも、この月刊誌時代に関する本は「少年倶楽部」を扱ったもの以外にはなかった。その空白を埋める貴重な1冊と言えよう。
 内容も充実している。関係者への丹念な取材がみごとに中身に反映されていて、他では聞くことのなかった貴重な発言が多く収録されている。


2018.1.7(日)

▼7日にしてようやくテニスの初打ちである。9時から健康福祉村で2時間、速攻で移動してパインヒルズで4時間。年末年始ですっかりなまってしまった体を、テニスモードに切り替えなければ。
 ところが、1時間ほどボールを追いかけたところで、腰をやってしまう。強風で逃げたボールを空振りした瞬間に、腰の左右両側で同時に「グギッ」と嫌な感触が。それっきり、走れなくなってしまう。なんとか誤魔化しつつ健康福祉村の2時間は終えたのだけれど、とてもそれ以上のテニスができるような状態ではない。
 かくして6時間計画は泡と消え失せてしまう。健康福祉村を終えてパインヒルズに移動して、新年の挨拶だけをしてコートをあとにする。ううっ、情けない。

 翌日にも6時間の予定が入っていたのだけれど、泣く泣くキャンセルの連絡を入れる。

小澤マリア主演のフィリピン映画『ワンダー・ガール サムライ・アポカリプス(Nilalang)』を観る。
 いやはや、とんでもない怪作でありました。しかも、徹頭徹尾ダメダメな怪作であります。
 2015年のメトロマニラ・フィルム・フェスティバルで上映されて、9部門でノミネートされて、5部門で受賞した作品なのだけれど、本当に受賞したのか?と突っ込みたくなる。
 かなり長くなってしまうのだけれど、内容を紹介しよう(なぜ長くなってしまったかというと、突っ込みどころ満載で、その突っ込みを入れるのが楽しかったからなのだけれど…)。

 1602年、安芸。あの世から精霊や悪霊を召喚することのできる「石の書」を管理していた一族のトシヒロは、ある戦いに勝つために「石の書」の力を利用してザハグールという悪霊を呼び出してしまうが、「石の書」に頼らずに「我らは戦いで滅びるべきであった」と主張する弟のカズオによって討ち取られてしまう。だが、そのことによって呪いが生まれ、代々引き継がれていくことになってしまうのだった。
 時は過ぎ、舞台も日本からフィリピンへと移る。
 マニラで次々と発生する残忍な殺人事件。刑事のトニー(セザール・モンタノ)は、相棒の女性刑事ジェーン(メグ・インペリアル)とともに事件を追う。その事件は、2年前にナカズミが引き起こした猟奇的な連続殺人事件と似ていた。だが、ナカズミの事件は、トニーがナカズミを射殺したことでケリはついていたはず。ナカズミの模倣犯なのか? あるいは、なんらかのカルト集団による儀式のようなものなのだろうか?
 ところが、今度はトニーの恋人が事件の被害者となってしまう。ちなみに、なぜトニーの恋人が犯人から目をつけられたのかは、最後まで不明のままだ。
 恋人を殺されたトニーは浴びるように酒を飲み、空き地で拳銃を乱射しまくるのだった(いいのか?)。
 一方、ジェーンはかつて日本でも似たような殺人事件が連続したことがあり、その被害者の中にカズドウというヤクザの親分の姉がいたということをつきとめる。そのカズドウは現在フィリピンに住んでいて、「石の書」と「侍ダガー(脇差し?)」を保有しており、もしかすると事件と関係があるのかもしれないのだという。
 そのことを知ったジェーンは、なぜか唐突に「もう時間がないわ。過去最大の難事件よ。危険が迫っている。全員殺されるかも」と口走る。なにを根拠にこんなことを言い出したのかは、まったく理解不能ではあるのだけれど。
 トニーは事件解決の鍵を求めて、カズドウの娘、ミユキ(小澤マリア)のもとを訪れる。このミユキとトニーとがどういう関係なのかは、最後までまったく分からないのだけれど、協力を求めるトニーに対しミユキは「あたりまえじゃん。うちら兄妹みたいなもんなんだから。まあ、兄妹以上かもしれないけどね」と言って協力を約束する。そして、唐突に「ねえ、今夜は一緒にいたい」とトニーを誘うのだけれど、あやういところでトニーはとどまるのだった(なんじゃ、この奇妙な展開は?)。
 ちなみに、小澤マリアのセリフは、日本語のままだったり、英語だったりするのだけれど、日本語のセリフがそのまままわりのフィリピン人に通じているのはなぜなのだろうか? また、その他の日本人役の俳優も、日本語とタガログ語をチャンポンで使っているのだけれど、あまりにも珍妙な日本語ゆえに、日本語字幕にたいそう助けられることになるのだった。
 自宅に帰る気になれないトニーはジェーンの家に泊まり込むのだが(なぜ、恋人でもない女性の家に泊まる?)、その夜、ジェーンの家のお手伝いさんに悪霊がとりつきジェーンに襲いかかる。それをがんがん銃で撃つトニー。えっと、この時点では悪霊が取り憑いたとかは分かってなくて、単にお手伝いさんがジェーンに襲いかかっただけなのに、もう銃で撃っちゃうの? 逃げるお手伝いさんは車にはねられて死んでしまうのだが、その際、現場に駆けつけた車の運転手に悪霊は乗り移る。
 ちなみに、なんでジェーンの家のお手伝いさんに悪霊が取り憑いたのかはやっぱり謎のままなのだけれど、きっとトニーに危機が襲いかからないと映画が盛り上がらないというのが一番の理由なのだろう。
 トニーとジェーンはナカズミの墓を掘り起こすことにする。朝まで待てばいいものを、なぜかその夜のうちに掘り起こしに行く。なぜそこまで急ぐ? すると、今度は墓堀人夫に悪霊が取り憑き、ふたりに襲いかかる。なんとか墓堀人夫を撃退するのだけれど、トニーが行動するたびに、どんどん死体が増えていくぞ。しかも、悪霊に取り憑かれたとはいえ、死ぬのはすべて一般人だ。
 そのまま今度はミユキの父、カズドウの屋敷に乗り込んでいく。なぜ朝まで待たない?
 カズドウに「あなたは、私のお父さんだと思っています。助けてください」と頼み込むトニー。うーん、いったいトニーはこのヤクザの親分とどういう関係なのだろう?
 カズドウは「この事件を解決するためには、ことの発端から知る必要がある」として、過去の因縁を語り始める。なんと、2年前にトニーが射殺したナカズミはトシヒロの子孫で、カズドウはカズオの子孫だったのだ。「いつかザハグールが娘たちの顔を奪いに来ることを私は知っていた」とカズドウは言う。知っていたんかい? というか、「顔を奪う」ってなに?
 年老いてすでに娘を守る力がないかもしれないというカズドウは、「ザハグールをとめることができるのは君だけだ」と言って、「侍ダガー」をトニーに渡すのだった。
 その夜(長い夜だなあ)、悪霊はカズドウの屋敷に襲いかかり、ヤクザたちを惨殺し、ついにはミユキの妹のアカネ(ヤム・コンセプション)に取り憑いてカズドウに迫る。だが、娘の手を自分の血で汚さないためにカズドウは自害してのけ、アカネはそのまわりで舞いを踊ったのちに、自分の顔の皮膚を刃物ではぎ取って絶命してしまうのだった。
 トニーとジェーンはミユキを伴って、カズドウのビジネスパートナーであった骨董店主のジンシ(神氏)を訪ねる。ジンシは、遺体の傍らにおちていた1枚の紙が「石の書」の1ページであると教え、ザハグールを倒すには「石の書」の残りのページを手にいれ、そこに書かれている霊の名前を読み上げなければならないと説明する。
 そこで3人は「石の書」を手に入れるために「やくざ寺」におもむき、ミユキは「石の書」を守る侍と一騎打ちの戦いを経て、とうとう「石の書」を手に入れる。だけど、「やくざ寺」っていったい何なんだよ? 「石の書」を守っていた一族って何なんだよ? そもそも、「石の書」はカズドウが保管していたんじゃないのか?
 ま、それはそれとして、ようやく「石の書」が揃ったところで、ジンシは3人にザハグールを倒すために「ピナグラバナン通りへ行け」と告げるのだけれど、ジンシはどこからその地名を手に入れてきたんだ?
 というわけで、数々の謎を残したまま、トニーたちとザハグールの最後の戦いの時がやってくるのだった!

 いやあ、なにこれ? よく日本でDVDリリースしたなあ。突っ込みどころ満載というか、突っ込みどころしかないじゃないか。あまりにも脚本がずさんすぎて、ストーリー紹介に苦労してしまったぞ。
 そして、よくまあフィリピンを代表する名優のひとりであるセザール・モンタノがこんな仕事を受けたよなあ。もう少し、仕事を選べよ。
 もっとも、日本語字幕がついていなければ、これほどまでに突っ込みどころ満載の映画だとは気付かずに、けっこう楽しんでしまったのかもしれない。もしかしたら、ふだんから自分の見ているフィリピン映画って、日本語字幕がないから気がつかないだけで、こういうレベルの作品が多かったりして。いや、それだけはないと信じよう。
 ちなみに、この作品の日本における最大のセールスポイントは小澤マリア主演ということなんだろうけれど、この映画からはさほど魅力は感じられなかったなあ。でも、小澤マリア主演ということで日本でのDVDリリースが可能というなら、他にも小澤マリア主演のフィリピン映画は何本もあるので、それも日本でDVDリリースしてくれないかなあ。



2018.1.6(土)

▼娘の本棚から引っ張り出してきて葉鳥ビスコの『ウラカタ!!』3~4巻を読む。

▼イオンシネマ浦和美園にて『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』を観てきた。
 ネットでは絶賛の声が多かったので、それなりに期待していたのだけれど、自分的には「まあ、こんなもんかな」といったところ。そこそこ楽しめるものの、納得のいかない部分があまりにも多すぎる。
 ルークは煮え切らないし(ルークの行動原理はまるっきり理解できなかったぞ)、相変わらずフォースを巡っては「ダークサイドへおいでよ」「ダークサイドから戻ってきなさいよ」の応酬ばかりだし、敵のボスはまたしてもひと昔前のアニメにでも出てきそうな妖怪ジジイだし(もう少し意表を突いた造形はないのか?)、ミレニアム・ファルコンは今回も狭いところを飛ぶのが大好きだし、反乱軍の行動は常に場当たり的でまともな作戦はないし、パスワード破りのために雰囲気たっぷりに登場してきた新キャラはなんのために出てきたのか分からないまま退場してしまうし、かたっぽではものすごく追い詰められていて急がなければならないという場面なのに、それを救うために行動している別働隊はなんだか緊迫感がないし・・・、つまり、全体的に「なんだかなあ」という気分。
 それと、特攻隊的に自己犠牲で他を助けるという場面が多すぎる? 『ローグワン スターウォーズ・ストーリー』あたりでもその傾向が強かったのだけれど、本作ではまずしょっぱなにそういう場面があって、クライマックスでも特攻隊で仲間を救う行動があって(あれだったら、無人の戦艦を自動操縦で突っ込ませればいいじゃん)、さらに最後の最後でも特攻隊で敵の攻撃を阻止しようという場面が登場する。誰かが敵に突っ込めば仲間が救えるという場面の繰り返しって、要するに脚本での工夫が何もなされていないってことじゃないですか。そこをなんとか切り抜けるところに、映画的な快感があるというのに。
 というわけで、そこそこ楽しめたし、嫌いじゃないのだけれど、「いまいちかなあ。まあ、こんなもんなのかな」という程度にしか評価できない作品だったのでありました。


2018.1.5(金)

▼今日からお仕事。とはいえ、今日だけ出たら明日から3連休なんだけどね。
 早朝会議からスタートして、昨年から引きずっていた作業の続きをやって、集計表を納品して、社内で依頼された集計をやって、見積もりを提出して、やることやって午後から会社をお休みして病院へ。とにかく、咳が止まらないことには、夜ぐっすりと眠ることもできず、どんどんヘロヘロになっていくばかりなのだ。
 待合室では、他にもやたらと咳をしている人が多く、どうやら似たような症状が蔓延している様子。
 ま、喉が痛んで咳がひどいというだけでは、原因の特定はできないらしいのだけれど、とりあえずはガッツリと薬を出してもらう。
 ついでに、首にできていたイボを液体窒素で焼いてもらう。このために何回か通う必要はあるのだけれど、小さなイボでもやたらと目障りなんで仕方がない。来週はついでに血液検査のための採血もしてもらうことにする。なんだか、すべてついでだな(笑)

▼じゃっかん時間があったので、久しぶりに池袋の古本屋をまわってみることにする。
 池袋の古本屋、もう随分と長いことチェックを入れていない。

 まずは、「光芳書店東口支店」へ。
 外の均一棚にあった『フィリピン 長期滞在者のための最新情報55』という本を何気なく手にとって開くと、シンシア・ラスターこと大島由加里を取り上げたページが出てきて「こりゃ、買うしかないじゃん」ということになる。しかも、あらためてチェックしてみると、巻頭インタビューは女優のアイコ・メレンディスだ。「フィリピン映画最新事情」なんてページもある。いままでずっと「自分には関係のない本」だとばっかり思い込んでいたよ。1996年発行の本なので、内容的にはもちろん古いけれど、自分的にはかなり面白そうな本ではありませんか。

 次に光芳書店本店に向かうが、店のあったはずの場所に古本屋がない! さっきの東口支店に戻って「このあたりに光芳書店さん、別のお店がありましたよね」と聞くと、「西口のへいわ通りに1軒ありますけど、このあたりにはありませんよ」と言われてしまう。
 店員ですら把握していないってことは、よほど前に閉店してしまったものらしい。膨大な店頭在庫を抱えた古本屋さんで、けっこうマニアックな本も揃っていたのになあ。

 そこで、西口のへいわ通りにあるというお店を探すことにするのだけれど、スマホで検索するとへいわ通りがあるのは北口らしい。ま、池袋の土地勘のない自分にとっては、西も北もまったく分からないんだけどね。
 やたらと風俗関係のお店の並ぶあやしげな一画を通り抜けて、北口のへいわ通りに出て、そこをひたすら歩いて行くと「平和堂書店」という古本屋さんに遭遇する。よくよく見ると、店名に「光芳書店」という文字もあったので、「平和堂書店」という名前の「光芳書店」の支店であるらしい。
 品揃えはほぼさきほどの光芳書店東口支店と同じで、古いSM雑誌、エロ雑誌のたぐいが充実しているが、こちらの琴線に触れるような本はそれほど多くはない。あっても、きっちりとした値付けがなされており、それほどそそられない。結局、買う本はなし。
 それにしても、かつては池袋の至る所にあった光芳書店だというのに、いまではたったの2店舗に減ってしまったのか。諸行無常だなあ。

 そこから、「八勝堂書店」にまわる。閉店するということは聞いていたが、果たして昨年中の閉店であったか、それともまだ開いているのか…。辿り着いてみると、きっちり開いていた。ただいま閉店のための3割引セール中。
 ひととおり棚をチェックして、これといって自分が買うべき本もなかったのだけれど、朝日ソノラマ海外の『宇宙の操り人形』フィリップ・K・ディックを記念品として購入。600円の3割引きなので、420円だ。もちろんダブリ。

 続いて、その裏にある「夏目書房」をチェック。あれこれ気になる本はあるものの、なんとしてでも買っておきたいというほどの本はなく、結局手ぶらで店を出る。ま、最近はこんなパターンだよね。

 池袋古本屋めぐりは以上で終了。うーん、かつては池袋だけでまる1日は楽しめたのになあ。なんとも寂しい限りだ。

▼DVDで下村勇二監督のハイパーアクション映画『リボーン』を観る。
 はっきり言って、アクションシーン以外は僕の好みではない。自己満足的なひとりよがりのセリフやシーンが多く、感情的に盛り上げようというシーンもいささか陳腐。だが、アクションシーンになるとガラリと世界が変わる。アクションのテンションが異様に高い。完全にアクションに淫した異形の映画なのだ。とてつもなく高いレベルで構築された密度の高いアクションがひたすら続くのだ。しかも、そのアクションがきわめてリアル。
 ドラマの部分がもう少しなんとかなっていたら、とんでもなく完成度の高い映画となっていただろうけれど、残念ながらアクション以外の部分はアマチュア映画っぽい仕上がりとなってしまっている。


2018.1.4(木)

▼喉の具合はさらにひどくなっていて、昨夜はツバを飲み込むのも辛いくらいだった。いちおう、喉の荒れを押さえる薬を飲んではいるのだけれどねえ。

▼それでも頑張って(無理して?)、インド映画『バーフバリ 王の凱旋』を観るために嫁さんと新宿へ出る。
 いやあ、すごかった。もう、「すごかった」としか言いようがない。その圧倒的なパワーにとことん打ちのめされてしまう。
 嫁さん曰く「今年はあと、何の映画を見ようと、すべて薄味にしか思えないんじゃないだろうか?」。
 まさに、そういう映画だった。これこそが映画。これこそが娯楽映画。これこそが映画館で観るべき映画。映画を映画館で観る快感、至福がたっぷりと詰め込まれ、それがギュッとギュギュッと超濃縮されたような映画でありました。いやはや、正月早々からすごいものを観てしまった。ほんと、すごいとしか言葉が見つからない。



▼映画のあとは、「上海小籠包 厨房 阿杏」でランチ。
 毎日、この店の入っているビルの前を通るので、すごく気になっていたお店なのだけれど、まったく入る機会がなかったのだ。
 焼き小籠包4個+豚角煮麺のセットを食べたのだけれど、傷んだ喉に優しいまろやかなスープの麺で、むちゃくちゃ美味しかった。
 昼時をはずしたにもかかわらず、小さな店内はお客さんでいっぱい。人気のあるお店なんでしょうね。

▼帰宅するなり、起きていられずに1時間ほど仮眠をとってしまう。『バーフバリ 王の凱旋』に体力を根こそぎ持っていかれて、起きていられなかったのだ。

▼さあ、明日から仕事だけれど、喉が痛くて会社になんか行きたくないなあ。いやはや、まったく。


2018.1.3(水)

▼今日は、茨城の息子の家に両親と娘を乗せて遊びに行く。
 が、その前に南浦和の丸広百貨店でお買い物。特に大事なのは孫が喜ぶイチゴのたっぷりと乗ったケーキ。そして、自分はメガネ売り場で鼻パッドの交換。
 鼻パッドは無料でつけてもらえました。眼鏡市場さん、ありがとう。

▼そして、息子の家へ
 最近、孫は強い風が怖くて、風の吹く日には外に出ようとしない。つむじ風で枯れ葉が自分のまわりをグルグルまわって以来、怖くなってしまったらしいのだ。なので、今日は屋内だけで遊ぶ。勝手知ったる我が家で遊ぶ分には、とっても元気だ。
 アンパンマンの大好きな孫だが、名前を言えるキャラクターが飛躍的に増えていた。いままではアンパンマン、ばいきんまん、チーズ、ドキンちゃんぐらいだったのに、しょくぱんまん、カレーパンマン、あかちゃんまんなどなど、名前を言えるようになっている。いやあ、賢い子だ(笑)

 息子はようやく結石が出たようで、元気になっていた。よかったよかった。


2018.1.2(火)

▼先月の28日からずっと喉の調子がおかしいのだが、症状はどんどん悪化しており、夜中にも咳がとまらず、眠りがむちゃくちゃ浅く途切れ途切れとなってしまっている。
 そのせいか、明け方に延々と長い夢を見ていた。その夢の中で僕はインド映画『バーフバリ 王の凱旋』を観に行っているのだけれど、1歳ぐらいの男の子と4歳ぐらいの男の子を連れた男性が来て、僕の隣の席にその1歳ぐらいの男の子を座らせるのである。その子がじっとしていないので、映画に集中できずに困惑していると、今度は4歳ぐらいの男の子が椅子の下に座り込んでマッチに火を付けて遊び始めるではありませんか。「こら、映画館の中で火遊びをするんじゃない」と叱ると、父親が「いやあ、すみませんねえ」とか言うのだけれど、ぜんぜん子どもからマッチを取り上げようとしない。
 とまあ、長い長い夢の一部がそんな感じだったのだけれど、なんでそんな夢を見たかなあ。ちなみに、夢の中で見た『バーフバリ 王の凱旋』は途中で休憩時間を挟んでいて、その前半しか見られなかったのだけれど、むちゃくちゃ退屈していて「ま、前半はこんなもんだよな。きっと、後半がすごいんだよな」とか言っていたのだけれど、ほんと、なんでそんな夢を見たのだろう?

▼今日は嫁さんの実家へ
 義父も亡くなり、いまは年老いた義母と脳の手術の後遺症から職を離れた義弟の二人暮しとなった実家である。
 義母のいまのいちばんの楽しみは“ひ孫”なので、年始の品はひ孫の最新のビデオである。
 駅伝を見て、ラグビーを見て、さっそくひ孫のビデオの鑑賞タイム。嫁さんと義母とでビデオを見ながら「孫がいかに可愛いか、孫がいかに賢いか」という話題で盛り上がる。完全なバババカだよね。

▼帰宅すると、いつの間にか室内用のメガネの鼻パッドが片方なくなっているのに気がつく。いやあ、これは困った。さっそく明日にでも修理に持っていかないと。

▼羅川真里茂の『ましろのおと』16~19巻を一気読み。いつの間にか娘が買ってきてあったのだ。楽しみにしているマンガなんだから、買ってきたらちゃんと報告しろよな。


2018.1.1(月)

明けましておめでとうございます。
 すでに、誰に読んでもらおうとも思っておらず、あくまでも自分の覚え書きのために書いている日記にすぎないのですが、とりあえず今年も続けております。自分の覚え書きのためだったら、なんで公開しているんだろうね?
 いま、この「ガラクタ風雲」でいちばん力を入れているのはフィリピン映画のレビューのような気がするので、ほんのちょっとでも興味のある方は、時々「僕が見てきたフィリピン映画」のコーナーを覗いてみていただければと思っています。

▼今日は、家族で近所の神社に初詣に行ったあと、家のすぐ近くにあるブックオフをチェック。今日から2割引セールをおこなっているのだけれど、特に2割引だからという理由で買いたくなるような本はなし。というか、ブックオフの本、値段が高くなったよね。比較的新しい本は定価の2~3割引程度。それで買いたくなるような本は、新刊で買います。新刊では買わないけれど、安いからという理由で買うのがブックオフなのに。特に我が家の近くのブックオフは「108円コーナー」を撤廃してしまったので、まったく魅力がなくなってしまった。
 それでも、『ベイビーステップ(45)』を購入。

▼弟夫婦が遊びに来て、テレビを見ながらひたすら食べる。
 やばい。どんどん体重が増えている気がする。

▼勝木光『ベイビーステップ(45)』を読み、手塚治虫『W3(ワンダースリー)』全2巻を読む。
 『W3』は随分と久しぶりに読んだのだけれど、やっぱりこれはいいなあ。特にラストの持っていき方が素晴らしい。ホロリとさせられてしまうではないか。