トップページへ 大丈夫日記 過去の日記へ

2017.9.21(木)

▼髪の毛がうっとうしいくらい伸びてきたので、さすがにそろそろ切らなければと思っているのだけれど、僕の使っている床屋さんはひとりだけでやっていて、しかもそれなりに常連客のついているお店なので、いつも予約が詰まっている。夕方6時以降で空いていないかと昨日電話したのだけれど、今週中はまったく空いていないとのこと。
 「じゃあ来週」と思ったのだけれど、それまで待ちきれないので会社の半休をとることにして問い合わせると、今日の3時からが空いているという。さっさと切るために、午後半休をとって3時から髪の毛を切りに行く。

▼少し待たされたせいもあって、髪の毛を切り終わったのが4時20分。うーん、どうするか。実は、4時30分から上映開始の『ブランカとギター弾き』をシネマート新宿で観るつもりでいたのだ。だけど、さすがに10分では辿り着けないよな。でも、予告編とかがあるから、もしかしたら間に合うのか。
 とにかく大急ぎで映画館に向かい、到着したのが4時35分。だったら、大丈夫だろうってんでチケットを購入。
 劇場内に入ると、まだ予告編をやっていたので、しっかり頭から観ることができたのでした。

 で、『ブランカとギター弾き』。監督は日本人だけれど、フィリピンで撮影された映画で、出演者も皆フィリピン人だし、使われている言葉もタガログ語だ。それでいて、出資者の関係でイタリア映画に分類されるという、なんとも国籍不明の映画である。

 父を知らず、母親に捨てられてストリートで暮らす少女、ブランカ(Cydel Gabutero)。家族の愛を知らない彼女は、大人が子どもを買うことができるのなら、子どもだって金を出して母親を買うことができるのではと考える。そのため、物乞いをしたり、掏摸を働いたりしていた。
 そんな時、ブランカは盲目のギター弾きピーター(Peter Millari)と出会い、彼とともにもっと稼げる町へと旅に出る。
 そこで歌声を認められてバーの舞台に立つようになり、屋根の下で眠ることができるようになり、高い出演料ももらえるようになるのだけれど、店の金に手を出したと疑われて店を追い出され、再びストリートへと戻ることになってしまう。
 ピーターのもとを離れたブランカは、そこで出会った不良少年たちにそそのかされて、掏摸やかっぱらいを繰り返すのだけれど、だんだんそういう生活に嫌気がさしてきて、ピーターのもとに帰ろうとする。だが…。

 映画が終わった瞬間、思わずスクリーンに向かって拍手をしたくなるような素晴らしい映画だった。ブランカを演じるサイデル・ガブテロにしても、ピーターを演じるピーター・ミラリにしても、みな本職の役者ではないのだけれど、とにかくこの出演者たちが素晴らしい。そして、映画に登場するキャラクターたちに対する監督の視線がひたすらに優しい。優しさにあふれかえった映画なのだ。
 ストリート・チルドレンの過酷な日常を描きながらも、そこには悲惨さやネガティブな空気はなく、どことなく前向きの、明日の可能性を感じさせる明るい空気が漂っている。その空気が、観る者をことごとくしあわせな気持ちにさせていく。
 ラストシーンは、さりげないながらもとても感動的だ。ちょっと泣きそうになっちゃったよ。
 監督はこれが長編第一作となる長谷井宏紀。なんとも素晴らしいセンスを持ち合わせた監督だ。何がすごいって、外国人が撮ったフィリピン映画というような違和感がまったくなくて、ごくごく自然体で撮られているってことだよね。

 ちなみに、エンドクレジットを眺めていたら、またしてもルビー・ルイス(Ruby Ruiz)の名前を発見。最近、観る映画、観る映画、かたはしから彼女の名前があるので、思わず「またあった!」と嬉しくなってしまう。
 本作で演じているのは、ブランカを攫って売り飛ばそうとする女の役で、珍しく悪い役だったりするのだった。




2017.9.19(火)

▼そろそろ新しい作品が入荷しているのではないかと思って、いつものフィリピン食材店に寄ってみるが、「まだ入ってないよ」と冷たく拒絶されてしまう。
 おばちゃん、けっこう僕に冷たいよね。あなたの国の映画が好きだという変な日本人を、もう少し親切に扱ってくれてもいいと思うのだけれど。そりゃ、商売的にはおいしい客じゃないけどさ。

▼で、近くの古本屋にもまわってみるのだけれど、こちらも何もなし。
 思わず、春陽文庫の城戸禮とか、古い「本の雑誌」とか、「太陽にほえろ」のノベライゼーションとかを買いそうになってしまうが、かろうじて思いとどまる。だって、読まないもん。本を置く場所だってないもん。


2017.9.18(月)

川口市シングルス大会のCクラスに出場する。
 風はじゃっかん吹いているものの、昨日とは打って変わって台風一過のむちゃくちゃいい天気となってしまう。ひたすらに暑い。そして、この暑さが、僕の天敵なのだ。

 同じスクールの友人たちが次々とコートに入って初戦を勝ち上がっていくが、自分は第2シードの位置なので、いちばん最後。対戦相手は、知り合いによるとだいぶ上手な人らしい。

 さんざん待たされてようやくコートにはいる。
 もうそれだけで暑くて暑くてうんざりさせられる。
 自分サーブから試合がスタート。感触は悪くない。いい感じでボールが打てている。
 ところが、たったの2ゲームで息があがってあえぎはじめてしまう。暑いせいなのか、しばらくシングルスをやっていないので体力がごっそり落ちているせいなのか。
 あっという間に体力が尽きてしまって、そのあとはもう、しんどい、つらい、早く終わらせたいというだけで、まるで試合に集中できない。
 足が完全に止まってしまって、攻めようと思っても、思うようにボールが打てない。ふだんなら絶対に追いかけるようなボールもまったく追いかけられない。
 頭がクラクラしてきて、ひとプレイごとにめまいがしてしまう。
 それでいて試合は接戦で、内心「さっさととどめをさしてくれえ!」と思っているのだけれど、なかなか負けさせてくれない。
 3-4となった頃には、吐き気すらしてくる始末。
 ところが、そこから4-4と追いついて、5-4とひっくり返ってしまう。すでに、まともにボールを打つ能力も失われ、頭がボーッとしてきているのに、どうしてこっちが勝っているんだ?
 とにかく、あと1ゲームとれば試合を終えられるという、それだけにすがりつくように必死にボールを打つのだけれど、頑張れば頑張るほどミスが増えて5-5と並んでしまう。
 あと2ゲームもコートにいなければいけないのか!
 1ポイントごとにうずくまるのだけれど、まるで息は整わない。ひたすらつらい。吐きそう。
 なのに、6-5とこちらが先行してしまう。頼む、許してくれ。さっさと勝ってくれ。
 6-6となってタイブレークに突入。もう泣きそう。
 3つぐらいでタイブレークを落として初戦敗退。
 ごめんなさい、もうシングルスにエントリーしようなんて無謀なことはやめます。
 時計を見ると、たっぷり1時間も試合をしていたことになる。長い! 長すぎる。

 観覧席に戻ってひっくり返ってあえいでいると、さっきの対戦相手がすぐに呼ばれている。よかった、勝たなくて。いまコートに入っても、もう動けません。
 だけど、その試合を見たら、動かなくても勝てる相手じゃん。ただボールを返しさえすれば、それだけで勝てる相手じゃん。
 そして、その次の試合も楽勝で勝てる相手が登場。初戦が2ラウンドからだったから、すでに4ラウンドだというのに、なんでこんな楽勝な相手が出てくるんだ。
 結局、僕の対戦相手は準々決勝まで勝ち上がっていた。そこまで見て僕は帰ったのだけれど、帰る前に「頼むから優勝しちゃってください。そうすれば、初戦負けと言わずに優勝した人を相手に負けたって言えますから」と伝える。
 そして、「それよりも、もっと早くこっちにとどめをさしてくださいよ。なにも、タイブレークまでこっちをいたぶらなくても」とクレームをつけると「そんな技術があれば、そうしてますよ」とのこと。そりゃ、そうだよな。

 帰宅して冷たいシャワーを浴びたのだけれど、軽い頭痛が夕方まで続いてしまう。
 熱射病にかかりかけていたのだろうか?

 それにしても、ダブルスも初戦をタイブレークで負けて、シングルスも初戦をタイブレークで負けるって、どんだけ勝負弱いんだか。

▼フィリピン映画『Darkroom(2017年)』を観る。

 30年前に悪魔払いの儀式が行われた屋敷。
 怪異現象が起きるというその屋敷に、ドキュメンタリー映画を撮るために9人の若者たちが乗り込んでいく。
 彼らは、その家のいたるところにカメラを設置していく。
 だが、その夜、そのカメラに捉えられたのは、世にも恐ろしい惨劇なのであった。

 非常にシンプルなホラー映画ではある。が、異様なのはその映像だ。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と同じ手法で、映画そのものが実際に撮られた映像という設定なのである。
 屋敷のあちこちに設置された定点カメラ、登場人物が撮影のために持ち歩いているビデオカメラ、そして誰もが手にしているスマホ、そうしたさまざまな機材によって撮影された映像を編集することでなりたっている疑似ドキュメンタリータッチのホラー映画なのだ。
 揺れ動く不安定な映像に、ひとり、またひとりと若者が惨劇に襲われる様子が映されていく。画面はうす暗く、必ずしも惨劇にフォーカスがあてられているわけではない。なぜか、30年前に悪魔払いの儀式を撮影したフィルムと同様に、画像はひどく乱れる。
 これが実に怖い。

 監督は、セザール・モンタノ&小澤マリア主演の『Nilalang』を撮ったペドリング・ロペス(Pedring Lopez)。『Nilalang』については、 あまりいい評判を聞いていなかったのだけれど、あたらめてIMDBの採点を見ると、268人が投票して8.0点というとんでもなくいい点がついている。意外と面白いのかもしれない。

 出演している俳優は、いずれも僕には馴染みのない役者ばかりなのだけれど、調べてみるとブレット・ジャクソンやAJ・ムラ、ローズ・ヴァン・ヒンケル、カレブ・サントスなどは、みんな揃って『Para sa hopeless romantic』『Talk Back and You're Dead』『Diary ng panget』などの青春映画に出ているし、エラ・クルーズやアンドリュー・ムラなどは長い芸歴を持つ子役あがりであるようだ。
 特にエラ・クルーズは注目の若手女優で、最新作の『Fangirl Fanboy』では主役の座を射止めている。




2017.9.17(日)

▼朝から雨で、川口市のシングルス大会は延期。
 とはいえ、ホームページに延期のお知らせが載るわけでもなく、自分で勝手に「これだけ降れば今日はやらないよな」と判断しているだけなのだけれど。
 これで明日会場に行って「昨日やっちゃいましたよ」って言われたら笑うしかない。

▼これで今日の予定がなくなってしまったので、テニススクールに電話をしたのだけれど、今日の上級クラスのレッスンは、すでにすべていっぱいで振り替えで入ることができないと言われてしまう。
 ううっ、寂しいぞ。

▼フィリピン映画『Petrang kabayo』(2010年)を観る。このタイトルは、日本語にすると「馬のペトラ」。なんてシンプルなタイトルなんだ。

 貧しい家で父と暮らすゲイの少年ピーター(マキシグ・モラレス/Makisig Morales)。父は息子がゲイであることが許せず、ことあるごとに厳しくあたる。だが、日常的な暴力に耐えきれず、ピーターは家を出て路上生活をすることに。
 空腹で行き倒れになったピーターを救ったのは、裕福な女性のビダイ(ユージン・ドミンゴ/Eugene Domingo)だった。ビダイはピーターを哀れに思い、彼を養子にして大事に育てる。
 しかし、ピーターは自己中心的でわがまま勝手な若者(ヴァイス・ガンダ/Vice Ganda)に育ち、使用人などにも厳しくあたる。ビダイは、ピーターの育て方を誤ったと後悔するのだが、彼の生き方を正す前に亡くなってしまう。
 ピーターはビダイのビジネスを引き継ぐのだが、会社でも暴君として君臨し、皆から嫌われていく。
 ある時、保有する牧場の馬が彼を傷つけたことから激怒して、馬を処分し、馬の面倒を見ていたエリクソン(ルイス・マンサノ/Luis Manzano)とディクソン(DJ・デュラノ/DJ Durano)をクビにしてしまう。だが、そのことが馬の神さまの逆鱗に触れ、ピーターは頭に血が昇るとロバに変身する体質に変えられてしまうのだった。
 なんとか、ロバに変身しないように心おだやかにまわりに接しようとするのだが、どうしても自分を抑えきれずにロバに変身してしまうピーター。そんな時に、ロバの馬車を引いて生計をたてていたエリクソンと再会し、ペトラと名付けられて彼の馬車を引くことになるのだが…。

 1988年に作られた映画『Petrang kabayo at ang pilyang kuting』、その続篇の『Petrang kabayo 2: Anong ganda mo! Mukha kang kabayo』がオリジナルで、それをウェン・V・デラマス監督がヴァイス・ガンダ主演でリメイクしたもの。どうも、ヴァイス・ガンダの顔が馬に似ているということでスタートした企画ではないかと思うのだが。
 見どころは、ロバに変身してしまうヴァイス・ガンダの怪演で、これが実におかしい。尻尾がヒョンと生えてきたところで、観ているこちらがむずがゆくなるような身悶えをして、あげくの果てに変身してしまうのだけれど、その体の動かし方が実に絶妙なのだ。
 デラマス監督の作品にヴァイス・ガンダが出るのは、2007年の『Apat dapat, dapat apat: Friends 4 lyf and death』が最初で(この作品はヴァイス・ガンダの映画初出演作品でもある)、この時にはほんのちょい役ながらも実にエキセントリックなキャラクターでおかしかった。次に2010年の『Hating kapatid』にも脇役で出ているのだけれど、これは未見。そして、同じく2010年に本作がヴァイス・ガンダ主演で撮られ、その翌年の2011年に『プライベート・ベンジャミン(Praybeyt Benjamin)』が撮られ、あとはひたすらデラマス監督&ヴァイス・ガンダのコンビによる躍進が続くことになる。
 デラマス監督としても、ヴァイス・ガンダ主演のコメディを撮るのが楽しかったのだろうな。
 ちなみに、2011年の『プライベート・ベンジャミン』には、ルイス・マンサノがエリクソンの役でロバのペトラを連れて出てきているとのこと。『プライベート・ベンジャミン』を先に観ているので、そんなこと知りもしなかったよ。

 そして、俳優陣がとても充実している。
 ピーターを養子にするビダイをユージン・ドミンゴが演じている他、エリクソンの祖母を超ベテランのグロリア・ロメロ(Gloria Romero)、ビダイやピーターの生活をサポートする女性の役でキャンディ・パンギリナン(Candy Pangilinan)、ピーターの秘書の役でジョイ・ビアド(Joy Viado)、キャンディ・パンギリナンの娘の役でサム・ピント(Sam Pinto)といったメンバーが顔を揃えているのだ。
 どこに出ていたのか、まったく気がついていなかったのだけれど、いまをときめくナディーン・ルストレ(Nadine Lustre)のデビュー作でもあるらしい。いったい、どこに出ていたのだろう?

 映画のクライマックスは、事業と牧場の未来のために、エリクソンを乗せたロバのペトラが競馬に挑戦するというもの。もちろん、ペトラが優勝してめでたしめでたしとなるのだけれど、その優勝の理由がいかにもデラマス監督らしくてくだらない。
 そして、みんなでヴァイス・ガンダの歌う「馬の歌」に合わせて踊りまくって終わるという、実に脳天気で楽しい映画なのである。



須賀しのぶ『夏は終わらない』集英社オレンジ文庫を読了。
 『エースナンバー』のストレートな続篇で、この3巻目は完全に居直って連作短編集であることもやめてしまっている。1冊目は高校野球を題材にしているという共通点を持ったまったく別個の短編を収録した短編集で、2冊目は1冊目に収録されている1篇のその後を描いた連作短編集で、3冊はさらにその続きを描いた短めの長編小説。なんとも珍しい構成のシリーズだ。
 で、中身なんだけど、やっぱり軽くなってしまっているかなあ。それなりに丁寧に書かれてはいるのだけれど、あっという間に読み終えてしまって、ほとんど印象に残らない。1冊目の短編集は、とっても濃密な作品で、素晴らしい作品に触れたという読後感が印象に強かったのだけれどなあ。


2017.9.16(土)

▼午前中は、K市テニス協会の「秋季レディースダブルス大会」のドロー会議に出席。
 長いことこのテニス協会の作業をお手伝いしてきたのだけれど、それも今日まで。新任の理事長兼会長が一方的にいままでメインで仕事をしていた理事を辞めさせ、それに抗議する形で他2名の理事も退任し、僕ともうひとりボランティアで手伝っていたスタッフも辞めることとなった。
 こんな形で辞めるのは不本意ではあるのだけれど、こんなテニス協会だったらお手伝いなんかしたくないというのが正直なところ。
 今日の会議でも、いままでやってきた作業についてあれこれ「これではダメだ、あれはダメだ」とクレームがついたけれど、もうどうでもいいんだもんね。あとはもうお好きにやってください。

 それでも、なんとかドローを仕上げて、ドロー作成を引き継ぐことになった後任者に過去のデータ一式を引き渡す。僕が作ったプログラム一式も入っているのだけれど、自分が使えればいいというスタンスで作ったプログラムなので、マニュアルなんかは一切なし。プログラムの中身を読まなければ、何をどうすればいいのかは分からないと思うので、あとはいちから自分でシステムを組み上げていってください。僕が引き継いだ時には、それをやったのだから。

 新年度の登録作業は誰が引き継ぐことになるのか分からないのだけれど、新理事から「もし、困った事態になったら、1時間いくらとかで来ていただいて作業を手伝ってもらってもかまいませんか」と尋ねられる。
 そりゃ、いやとは言わんが、新しいシステムを導入して、自分たちで工夫すればいいじゃんか。

 なんか、新理事長兼会長のワンマンな行動が一部で問題となってきているという話も聞いているので、まだひと波乱あるのかもしれないけれど、ほんと、もう僕は関係ないんだもんね。

▼午後はスクールのお楽しみテニス大会に参加。
 今日はY西さんとペアを組む。Y西さんとペアを組むのはこれが初めてかな。
 思いっきり攻めるタイプなので、決まれば気持ち良くポイントがとれるのだけれど、どうしてもミスも多い。ドッカーンとホームランが出てしまったりするのだ。ま、かつての自分もそんなプレイスタイルだったから、気持ちはよく分かる。
 それに比べると、自分はずいぶんとねちっこいテニスになったよなあ。けっこうしつこくつなぐもんなあ。
 で、結果は5勝2敗。まあまあいい成績ではないでしょうか。


2017.9.14(木)

馳星周『神(カムイ)の涙』実業之日本社を読了。
 うーん、ここしばらくの馳星周の充実ぶりはいったいどうしたことだろう。新作を読むたびに「これぞ馳星周の代表作だ!」と思ってしまうではないか。新作が出るたびに、これまでの馳星周のイメージを覆したり、あるいは乗り越えたり、とにかくこちらが安易に想定するレベルをあっさり凌駕する作品を読まされてしまうのだ。
 自分のルーツを求めて北海道にやってきた若者。彼は、アイヌの木彫り作家の老人に弟子入りを申し出る。
 アイヌであるということに誇りを持ち、むかしながらの生き方にこだわる頑固なその老人は、最初は若者を拒絶する。しかし、気立てのいい若者を拒みきれず、ついには弟子入りを認めることになる。
 その老人には、自分がアイヌであるということに悩み苦しむ孫娘がいた。両親を亡くし、たったひとりの身内である祖父と暮らすその娘は、いずれ都会に出て、二度と戻らないと決めていた。
 頑固なまでに自分の生き方にこだわる老人、自分の出自に悩み、それを拒絶する娘。だが、若者の存在が、そのふたりを少しずつ変えていくのだった。そして、若者自身も、老人の生き方に接することで、変わっていくのだった。

 そこに、ある殺人事件が絡んでくるのだが、正直、そこはどうでもいい。この小説の魅力は、そういうミステリー的な要素にあるのではない。主人公たちが築き上げる関係と、そのことによる成長こそがこの小説の魅力であり、それを読むだけで幸せな気持ちになるのだから。
 帯には「感動の自然(ネイチャー)サスペンス!!」とか「馳星周サスペンスの極北!」とか「怒り、殺人、逃亡の果て」とか書いてあるけれど、そこじゃないだろう。帯のいちばん最後に「感動のヒューマンドラマ!」とあり、あまりにも安っぽいフレーズで好きではないのだけれど、でも、ここなんだよなあ。なんと、馳星周の小説なのに「感動のヒューマンドラマ!」なのである。まさに「著者新境地!!」なのだ。

 非常に映像的な小説でもあったので、映画で観てみたいと思ってしまったのだけれど、本当にこの小説、映画化しないかなあ。映画化するのに、すごく向いている小説だと思うぞ。

▼嫁さんから『体が硬い人のための柔軟講座』というNHKテキストが欲しいと頼まれ、紀伊國屋書店に寄る。すると、ついついサイン本コーナーを覗いてしまうのだけれど、そしたらこないだ一度は手にとって棚に戻した『機龍警察 狼眼殺手』のサイン本があるではありませんか。どうせ買うつもりだった本のサイン本があるのだから、これは買わないという手はない。
 さらに、2巻を読み終えたばかりの須賀しのぶ『夏は終わらない 雲は湧き、光あふれて』集英社オレンジ文庫も購入。
 やばい。今月は本を買いすぎているぞ。


2017.9.12(火)

須賀しのぶ『エースナンバー』集英社オレンジ文庫を読了。
 『雲は湧き、光あふれて』と同様に、高校野球を題材とした短編集かと思いきや、『雲は湧き、光あふれて』に収録されている作品のひとつ、「甲子園への道」を引き継いだ連作短編集なのでありました。これはこれで悪くはないんだけれど、なんだか『雲は湧き、光あふれて』に比べると密度が下がっているような気がする。すいすい読めるだけに、いささか薄味という印象は否めない。


2017.9.11(月)

ディック・フランシス『密輸』ハヤカワ文庫HMを読了。
 相変わらずグイグイと読ませるし、扱っている題材も非常に面白いのだけれど、登場人物が多いので「この人、誰?」という場面があちこちにあったのは、こちらの頭が悪くなってきているせいだろうか。


2017.9.10(日)

▼録画を撮ってあった『デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー』を観る。
 あらためて『ブレードランナー』という映画が、CGを使わずに撮られた映画なのだということに驚愕する。あのとんでもない映像が、まだCGの技術が確立していない時代に撮られていたのだ。
 それだけに、スタッフにかかる負担は半端のないもので、撮影現場はかなりギスギスしたものにもなっていたのだという。
 夜間の撮影中心、しかもずっと雨という状況は俳優に対する負担も大きく、現場入りしてもなかなか撮影の始まらない状況にハリソン・フォードもずいぶんとカリカリしたらしい。
 また、当然ながら出費も半端なく、予算もスケジュールもどんどんオーバーしていく事態に、出資者たちも神経質になり、さらに現場の雰囲気は悪くなっていく。
 しかも、監督のリドリー・スコットは『エイリアン』で大ヒットを飛ばしはしたものの、ハリウッドのスタッフにしてみればイギリスからやってきた外国人でもあり、「ハリウッドのやり方を知らない外国人が偉そうにするんじゃねえよ」みたいな雰囲気もあったらしい。
 そんな状況であの傑作が作られたのかと、ひたすら驚かされる。
 そして、やっぱりあの頃のルトガー・ハウアーはかっこいいよなあと、しみじみ思ってしまうのでありました。



▼夕方からは、スクールのミックスダブルス大会に出場。
 思えば、3週間前のスクールのダブルス大会で後頭部を打って脳しんとうを起こし、救急車で病院に運ばれたんだよなあ。あれからまだ3週間しかたっていないのか。なんだか、随分と前のことのように思えてしまうのだけれど。

 スクールに顔を出すと、「もう大丈夫なの?」「気をつけてよ」などなど、あちこちから声をかけられてしまう。
 現場に居合わせてしまった人間も多くいたので、けっこう心配をかけたようで、実に申し訳ない。

 本日ペアを組むのはレフティのM鍋さん。
 ダンナさんはといえば、娘婿のお姉さんとペアを組んで出場(娘婿は、スクールのコーチ)。
 そして、娘さんはI上マコちゃんとペアを組んで出場。
 なんと、全12ペアのうち、3ペアがM鍋一家なのだ。
 一家でテニススクールを乗っ取ろうという野望を持っての参加なのである。

 まずはブロック予選から。
 初戦は、トリッキーツネさん&鉄壁熟女Y井さんペア。
 こちらは病み上がりということもあって、欲をかかず、「試合を楽しみましょう」とM鍋さんと話してあった。そりゃ、勝ちたいけれど、無理はしないことに。
 しかも、数ヶ月前からずっと痛かった右肩がどうしようもないほど悪化して、フラットサーブとかスマッシュとかがまったく打てないので、本当に楽しむしかないなと思っていたのです。
 が、無欲がよかったのか6-3の勝ち。
 M鍋さんが粘り強くボールを返してくれて、しかもいい場面できっちりポイントをとってくれたので助かった。

 2回戦は、M鍋娘&I上マコちゃんペアとの対戦。早くも母娘対決。
 このI上マコちゃん、体格がよくて、センスがよくて、ボールがばかっ速くて、ボレーがうまくて、要するに手に負えない男なのだ。
 しかし、社員旅行があったとかで、鯨飲馬飲を楽しんできたらしく、明らかにアルコールの影響が残っている。おかげで、ここぞというところでホームランは出るわ、ネット直撃をするわで、本人いわく「たったの1球も自分の思ったところに打ててない」という状況。
 それでも3-5の1本勝負、セットポイントまで追い詰められてしまう。だけど、そこをなんとかしのいだら、流れがこちらに来たようで5-5と追いつく。そして、そこからも接戦となったのだけれど、こちらが先に王手。
 なんとかここでもう1ポイントを奪って試合を決めたいという場面で、M鍋さんのロブがI上マコちゃんの目の前、大チャンスボールとなってしまう。やられた!と思った瞬間、I上マコちゃんのスマッシュがエンドラインを大きくオーバーするアウト(笑)
 勝手に勝ちが転がり込んできて、6-5で勝ち。

 3回戦はドロップショットT内さん&鉄壁I藤さんペア。
 このT内さんが僕はとっても苦手で、脳しんとうを起こした時も、T内さんのドロップショットをネット前まで追いかけていって、ペアの足に引っかかってしまったのだ。
 なので、T内さんには「ドロップショットがいかに危険なプレイであるのか」をこんこんとさとし、「決してそのような危険なわざは使わないこと」と念を押したのでした。
 その説得が功を奏したのか、またしてもいい感じの接戦となる。
 しかも、コート横のベンチには、M鍋さんのダンナさん、娘、娘婿、娘婿のお姉さんと一族が顔を揃え、無言のプレッシャーを相手に与えるのだった。
 自分の実力に関係なく、M鍋さんの頑張りと一族の圧力のおかげでまたしても5-5となり、またしてもなんとかこちらが先に王手をかける。
 で、またしてもM鍋さんのリターンがT内さんの目の前にホワンと上がって大チャンスボール!! そして、またしてもT内さんのスマッシュがバックアウト(笑)
 おおっ、またしても勝ちが勝手に転がり込んできたぞ。

 かくして、ブロック予選を1位通過。
 なんなんだ、この展開は。
 しかも、M鍋娘&I上マコちゃん、M鍋ダンナ&M鍋娘婿姐さんのペアもみんな決勝トーナメント進出を決め、決勝トーナメントに勝ち上がった6ペアの半分がM鍋一家という状況。

 シード枠に入ったため、決勝トーナメントは準決勝から。
 初戦はM鍋ダンナ&M鍋娘婿姐さんペア対サウスポーI吉ダンナ&アッコさんペア。
 M鍋娘婿姐さんはむちゃくちゃうまい人なのだけれど、なんとテニスをやるのは十年ぶりとのこと。おかげで、最初のうちはミスが多かったのだけれど、感覚をとりもどしてきた2~3試合目はもうなんのスキもない見事なテニスを展開。ところが、その3試合で完全に体力を使い切って、4試合目はもうダメダメで、サウスポーI吉ダンナ&アッコさんペアが準決勝進出。

 正直、このペア相手だったら勝てるかもとか思ってしまった。
 ところが、ふと気がつけば僕もかなり疲れていて、集中力がガタ落ち。
 つまらないミスがそこここで出てしまう。
 しかも、狙い目だと思っていたアッコさんが予想以上にいいプレイをして、ぜんぜん僕の攻撃が通用しない。
 かくして、またしても接戦となって、またしても5-5となってしまう。
 今度も神風が吹いて、相手がつまらないミスをしてくれないかと思ったのだけれど、つまらないミスをしているのは僕ではありませんか。
 結局、一本勝負にもつれこんで、M鍋さんのボールがアッコさんの目の前にふわりとあがり、今度こそはそれを打ち込まれて5-6で敗退となってしまったのでした。
 ううっ、惜しかった。変な欲を出したのがいけなかったのかな。

 ちなみに、決勝に上がってきたもう一組は、バレーボーラーT橋&I吉奥さんペア。
 つまり、I吉夫婦対決となったわけで、M鍋一家といい、I吉夫婦といい、とってもファミリーな大会だったわけだ。
 その決勝戦を見ないで帰ったのだけれど、試合が終わったのが夜の11時過ぎ。さすがに疲れた。


2017.9.9(土)

▼テニススクールのお楽しみテニス大会に参加。
 今日は、M鍋さんとミックスダブルスのペアを組む。明日、スクールのミックスダブルス大会があり、そこでペアを組むことになっているので、そのためのペア練習。
 もっとも、事故以来、ようやくレッスンを1回受けただけなので、とても試合で勝てるとは思えない。M鍋さんには申し訳ないけれど「今回は楽しむことだけを目標にしましょう」ということにさせてもらう。

 で、お楽しみテニス大会だけれど、最初に4連敗をくらってしまう。
 やっぱり、調子が戻ってこないなあと思ったのだけれど、ここでラケットを変えてみたら急に調子がよくなって3連勝。なんで、ガットを張り替えたばかりの方のラケットだと調子が悪いんだ?

▼ジョン・カーペンターの『ニューヨーク1997』を観る。もちろん、大昔に観てはいるのだけれど、BSの放送を録画してあったので久しぶりに観たくなってしまったのだ。
 いやあ、いいねえ、やっぱり。
 カート・ラッセルもかっちょいいけど、やっぱりエイドリアン・バーボー姐さんがいいです。
 しかし、これ、すでに20年前が舞台なのかあ。最初に観た時には近未来の物語だったのに。
 歳をとるわけだよなあ。

 ジョン・カーペンターの他の作品も、見直したくなってしまったぞ。初期のホラー作品が大好きなのだ。もちろん、いちばん好きなのは『遊星からの物体X』だけどね。



2017.9.8(金)

スティーヴン・キング『ローズ・マダー(下)』新潮文庫を読了。
 面白くてグイグイ引っ張られるようにして読んでしまったのだけれど、正直なところ「よく分からない」部分がけっこう残ってしまった。
 いまいち消化不良な感じ。


2017.9.7(木)

▼facebookで馳星周が都内の書店の挨拶回りをするというので、「じゃあ新宿紀伊國屋書店にサイン本がはいる?」と聞いたら「はいる」というので、帰りに紀伊國屋書店に寄り、馳星周の新刊『神(カムイ)の涙』を購入する。
 『不夜城』に始まって、馳星周のサイン本だったら何冊も持っているので、いまさらサイン本にこだわる必要はないんだけど、どうせ買うんだったらサイン本の方がなんとなく嬉しいもんね。
 で、ふらふらと棚を覗いていたら、マーク・グリーニーの『暗殺者の飛躍(上下)』があったので、思わず飛びついてしまう。
 さらに、買い損ねていた須賀しのぶの『エースナンバー 雲は湧き、光あふれて』をあちこち探して、意表をついた催事コーナーで発見。ふう、これでようやく読めるよ。
 で、なんと3巻目の『夏は終わらない 雲は湧き、光あふれて』も出ていたのだということを知ってしまう。ふっ、今日のところは勘弁しといてやらあ。
 そして、月村了衛の『機龍警察 狼眼殺手』を見つけてしまう。ようやく機龍警察の新刊が出たかあ!って、いったん手にしてから棚に戻してしまう。どうせ買う本なんだけど、今日はやめておこう。欲しい本を見るなり速攻で買っていたら、少ない小遣いがあっという間に底をついてしまうよ。どうせ買うんだけどね(涙)

▼テニス協会のお仕事。下期追加登録が終わったので、今度は新しい名簿でのドロー作成用のリストを作成し、ドロー作成ソフトに組み込んでいく。
 さらに、後任者のためにドロー作成の簡単な手順書を作る。
 考えたら、自分がこの作業を引き受けた時には、前任者の家に行ってひととおり作業内容の説明を受けたものの、手順書のようなものは一切なく、それどころかほとんどの作業は自分でシステムを組み上げ、新しいプログラムをあれこれ作ったりしたのだった。
 その場しのぎで作った自前のプログラムが多いので、マニュアルなどがあるわけもなく、説明も難しい。ま、後任者の方は職業がSEということなので、自分でなんとかしてくれることだろう。


2017.9.6(水)

▼雨が降っていたので、駅まで嫁さんに車で迎えにきてもらう。
 帰宅すると、家の前に自転車に乗った人影が。なんと、K市テニス協会の理事の方でした。
 僕の方で下期追加登録の作業をしなければいけないのに、新しい理事がずっと申請書を抱え込んで処理が滞っていたのだけれど、このままでは次の大会のドロー作成にとりかかれないと連絡をしたらこの方が持参してくれたのでした。他の理事がみんな辞任した中で、なんでこの人だけ残っているのだろう? 辞めちゃえばいいのに。

▼ようやくテニスのレッスンに復帰。
 ところが、コートに向かおうとするところで、社長につかまってしまい、K市テニス協会に関する話をあれこれ聞かされてしまう。いや、あの、僕はこれからレッスンで、その前にきっちりストレッチをしておきたいんですけど。
 そもそも、あと引き継ぎを終えたら、テニス協会とはきっぱりと手を切るつもりですからね。
 なんとか話を切り上げてコートに入ったら、もうレッスンが始まってるじゃん(笑)

 久しぶりのテニスは、もうめちゃくちゃヘタクソ。足がぜんぜん動いていないぞ。ぜんぜん打点に足を運べていないぞ。ラケットの真ん中にボールが当たっていないぞ。
 ま、以前からこんなもんか(^^ゞ

 ところが、クロスでボレストの練習をしている時に、またしても事故が発生!
 アドサイドのボレーに入っている時に、ストロークを打っていた相手の女の子がボールを踏んで転んでしまう。いや、事故はそれじゃないからね。その直後だからね。
 みんなの視線が転んだ女の子に集まったその瞬間、ストレートから飛んできたボールが僕の顔面を直撃!
 運の悪いことに、その日振り替えで来ていたガンガン打つ若手の打ったボールだったもので、メガネが吹っ飛んでしまう!
「おいおい、そんなことしたら、また記憶がなくなっちゃうぞ」と笑いをとったものの、本気で痛かった。
 クロスに打てよ、クロスに!
 コントロールできないんだったら、そんなに思いっきり打つなよ!
 あとで見たら、ボールにぶつかったメガネのせいで、鼻の上が切れて血が出ていたぞ。
 コーチに「お願いだから、やめてよね」と泣きつかれるが、本当だよ。

 しかし、こればっかりは自分が気をつけても避けられないしなあ。
 なんか、こういうことが続く流れなのかね。
 いやだなあ、ほんと。

▼帰宅して風呂に入って、テニス協会の下期追加登録の作業。
 予想以上に書類がたくさんまわってきたのでびっくりしたら、そのほとんどはすでに処理の済んでいるものだった。ちゃんと選り分けて、未処理の申請書だけこっちにまわしてきてくれよ。
 しかも、申請時につけなければいけない振込用紙のコピーなども全部いっしょくたになっている。経理処理とか大丈夫なの? 僕がなくしたりしても責任持てないよ。というか、現金の入った封筒もまじっているのだけれど。
 管理が杜撰すぎてめまいがする。この現金、なくなったとして気がつくのかな?


2017.9.5(火)

▼帰りに古本屋に寄って均一台を覗き、1冊だけ購入。
d『21世紀潜水艦』フランク・ハーバート(ハヤカワファンタジー)100円
 ま、ダブリなんだけどさ、100円でハヤカワファンタジーがあったら、僕じゃなくても買うよね。

▼インド映画『pk』を観る。
 宇宙からやってきたpkが宇宙船を呼び出すリモコンを盗まれ、それを取り返すためにデリーに出てくるが、はたしてどこを探せばいいものやら。片端から聞いて回ると、みんながみんな「神さまに聞け」と言う。だけど、神さまはあっちにもこっちにもいろいろな神さまがいて、どの神さまに聞けばいいのやら。
 あっちの神さま、こっちの神さま、あれこれお布施を払ってリモコンを返してくれと頼むのだけれど、いっこうにリモコンは返ってこない。どうも、神さまとの間の電話回線がかけまちがっているみたいなのだけれど…。

 いやはや、とんでもない設定の映画だぞ。よくまあ、こんな設定を持ちこんだものだ。
 だけど、そのとんでもない設定の下から徐々に顔を出してくる本当のテーマは、宗教の欺瞞だったりする。インドでこのテーマは大丈夫なのか?
 さすがは、あの超傑作『きっと、うまくいく』のラージクマール・ヒラニ監督と、アーミル・カーンが再びタッグを組んだ作品だけのことはある。
 そして、pkの相手役を演じるアヌシュカ・シャルマが可愛いんだ、これが。
 お楽しみのダンスシーンは、とっても少なくて、しかもいつものインド映画と違って、なんとも変なダンスしか出てこないぞ。ま、相手は宇宙人だしね。
 『きっと、うまくいく』ほどではないにしても、かなりのお勧めです。




2017.9.3(日)

▼嫁さんとMOVIX川口や『ワンダーウーマン』を観に行く。
 まるで飽きることなく、乗り出すようにして最後まで観てしまった。大満足だ。
 しかし、その僕以上に大興奮してしまったのが嫁さんで、むちゃくちゃ気に入った様子。一緒に行ってよかった。
 それにしても、クライマックスで戦う相手として、本当にあのような存在が出てくるとは思わなかった。もっと、リアルな物語なのかと思っていたのだけれど。
 それと、悪いのはすべて「戦の神アレス」と主張しつづけてきたわりには、ドイツ兵を殺すことにはまったく容赦がないのね。いつまでも、そういう悪役を受け持たされるドイツ人に同情しちゃうよ。



スティーヴン・キング『ローズ・マダー(上)』新潮文庫を読了。
 いったい、このあとどういう展開になるのか、まったく予想がつかない。

ローズ・マダー〈上〉 (新潮文庫)


2017.9.2(土)

▼本来なら今日はさいたま市のダブルス大会だったのだけれど、「試合に行ってもいいかな?」と嫁さんにお伺いをたてたら、ものすごく怖い顔をされてしまったのでパス。とても、「行く」とは言えませんでした。

▼台所の換気扇が壊れたので、近くのホームセンターに買いに行くが、なぜか我が家に適合する機種だけが品切れを起こしていたので、少し離れたところにあるホームセンターにまで車を走らせて無事にゲット。

 前に壊れて交換したのがいつかと過去の日記を調べてみたら2003年12月でした。14年前かよ! というか、14年間もけなげに動き続けてくれたいたのだね。
 買ったのは「FY-25TH1」という機種。てっきり、とっくに新しい機種に切り替わっているものと思っていたら、14年前に買ったのとまったく同じ機種だった。
 もっとも、パナソニックのホームページにはこの機種はもう載っていないので、メーカーサイドではすでに新機種に切り替わっている模様。

▼ついでに、さらに車を走らせてララガーデン川口の赤ちゃん本舗にチャイルドシートを見に行く。
 すると、こないだ西松屋で見たよりも値段の高い機種ばかりで、計画が狂ってしまう。うーん、もう一度検討し直しだ。

▼帰宅して、換気扇の交換。固定してあるネジをはずしてズボッと引き抜き、新しい換気扇を突っ込んでネジでとめるだけ。意外と簡単に交換できてしまうのでありました。

Panasonic (パナソニック) フィルター付換気扇 FY-25PH5


2017.8.31(木)

▼打ち合わせで某広告代理店へ。
 その広告代理店内では、「僕が倒れた」という話が広まっていたらしく、「かなり重篤な病気ではないだろうか」とたいそう心配をされてしまっていたようだった。
 別に倒れたわけでもないし、たいそうな病気にかかったわけでもないので事情を説明すると、それはそれでまた心配されてしまう。
「よしださんに倒れられたら、うちの会社で困る人間がたくさん出てきますから」と言われたのは、ちょっと嬉しかったかな。


2017.8.30(水)

▼今日も定時出社で若干の残業。
 もう完全に日常生活に復帰ですね。
 ただ、外を歩いていたりするときに、若干ふらつくような感じもあるのだけれど。

▼会社を出て図書館にまわり、借りていた本を返却。すみません、返却期限を過ぎてしまいました。

▼香港映画『疾風スプリンター』を観る。
 ロードレースを題材にした作品で、ジャンルとしてはスポーツ映画ということになるのだろう。
 カーレースなどに比べると生身の肉体がむき出しになっている迫力、マラソンなどに比べると圧倒的なスピードによる迫力があり、とりわけ山岳の下りでのレース描写の迫力は圧倒的。テレビのモニターで見てこれだけの迫力があるのだから、映画館のスクリーンでは恐いほどの迫力があったのではないだろうか。
 とはいうものの、なんとなくしっくりこないものが残った。
 ロードレースの本当の面白さがちゃんと分かっていないせいだろうか。
 ロードレースについては、いくつもの小説を読んでいて多少は知識を身につけているつもりではあるのだけれど、それでもいつもいまひとつピンと来ない。ちゃんと本当のレースを見ていないからなのかもしれないが、どうもしっくりこないのだ。
 スポーツを題材にした映画は基本的になんでも好きで、本作だって文句のつけようのない仕上がりなのに、なんか不完全燃焼なんだよなあ。

 監督はダンテ・ラム。基本的に好みの監督ではあるのだけれど、時々、微妙にこちらの好みからはずれた作品を撮ることもある。『クリミナル・アフェア 魔警』なんかがそう。間違いなく実力のある監督なんだけどねえ。
 そういう意味では、この『疾風スプリンター』も、微妙にこちらのツボをはずした作品なのかもしれない。

 役者は、エディ・ポン以外は、いまいち馴染みのない役者ばかりではあるのだけれど、それぞれの個性がはっきりしていてよかった。特に、チウ・ティエン役のショーン・ドゥ、ホアン・シーヤオ役のワン・ルオダンがよかった。


2017.8.29(火)

▼今日はちゃんと定時に出勤して、若干の残業。
 通常よりは疲れたけれど、ま、日常生活に戻っています。

瀬木比呂志&清水潔『裁判所の正体 法服を着た役人たち』新潮社を読了。
 裁判所がいかに腐りきった組織であるのかということを、豊富な実例をあげながら解説した対談。なんとも恐ろしい本である。
 たとえば、日本の刑事裁判の有罪率は99.9%で、裁判に持ち込まれればまず有罪になるとみて間違いはない。なぜかというと、まず検察に問題があり、ほんのちょっとでも有罪にならないかもという懸念があると、絶対に犯人だと思っていても裁判に持ち込まないのである。被害者にしてみれば、たまったものではないが、裁判にあげて無罪判決が出ると、それは検察のメンツが潰されたということになるので、その可能性がありそうということになると裁判に持ち込んでもらえないのだ。そして、裁判所はというと、検察が裁判にあげてきたからには「有罪に決まっている」というのが前提となるので、無罪の可能性など考えもしないで有罪判決を下してしまうのである。被疑者にしてみればたまったものではないが、検察があげてきた書類をコピペしただけで判決文が作られてしまうのだ。
 ある良心的な裁判官の裁判では、40年間に約30件の無罪を確定させたのだという。ということは、他の裁判官の場合も、30件程度は無罪の可能性があるということなのだ。冤罪が生まれる背景には、こういう事情もあるわけだ。
 再審制度というものがある。一度確定した裁判結果に疑問があるので、再度裁判を行うという制度であるが、これはほとんど認められることがない。なぜかというと、再審を認めるということは最高裁の出した先輩裁判官の判決を否定することであり、裁判にあげた検察の顔に泥を塗ることであり、そのようなことをする裁判官は出世の道が閉ざされ、時には裁判官を続けることができなくなるからである。裁判所においては、正義や真実よりも、身内および自分に対する保身の方が優先されるのだ。
 恐ろしいのは、足利事件。菅家利和氏が逮捕され、DNA鑑定と自白によって有罪となっていたのだけれど、当時のDNA鑑定の精度が低いということで鑑定をやりなおしたところDNAが一致しなかったため再審となり、無罪が確定している。DNA鑑定のやり直しは1997年からずっと求められていたのに、裁判所は頑としてこれを拒否。ようやく再鑑定が認められたのは11年後の2008年。なぜ再鑑定を拒否したかと言えば、上述の理由による。だが、問題はさらにあって、菅家氏が告発された事件は連続幼女殺害事件であって、菅家氏が逮捕された後も続いているのである。しかも、完全にDNA鑑定の結果が一致している容疑者もいるのである。だが、警察や検察はその人物の捜査に動こうとはしない。なぜか? 当時のDNA鑑定によって有罪にされ、再審請求が出ているにもかかわらず死刑が執行されてしまった例があるからなのだ。だから、当時のDNA鑑定に問題があるということを裁判所も、警察も、検察も、認めるわけにはいかないのである。
 他にも、裁判所がいかに国民よりも権力(はっきり言ってしまえば自民党)のための組織であるのかとか、日本の裁判所がいかに世界と異なるいびつな組織であるのかといったことが、これでもかこれでもかと書かれている。
 なんと恐ろしい本であることか。自分および身内が、裁判にかかわることなどないことを心から祈りたくなる本だ。

▼で、実はこの本、図書館から借りてきた本なのだけれど、うっかり返却期限を過ぎてしまっていた。
「頭を打って記憶がなくなったために、返すのが遅くなってしまいました」
 そう説明したら、信じてもらえるだろうか?


2017.8.28(月)

▼通勤ラッシュの時間帯を避けて出社。
 いちおう、仕事をしている。
 昨日あたりから、頭を振っても痛みが走らないようになってきたので、だいぶ回復してきたのだろう。
 でも、集中して頭を使おうとすると、やっぱりしんどい。

▼息子から「孫がプラレールにたいそう興奮して、寝る時も新幹線を抱きしめている」とメールが入る。
 ううっ、今度はプラレールを買わないといけないのか?
 てっきり屋根裏にプラレールがごっそり残っていると思っていたのだけれど、こないだ探して見つからなかったんだよなあ。

 ちなみに、息子には脳しんとうのことは話していない。話したら、さぞかし心配されるだろうな。

▼1週間、カバンの中に入りっぱなしだった本をようやく引っ張り出して読んでいる。先週は、とても本を読もうという気にはなれなかったのだ。
 本を読んでも、それほど疲れないので、ちょっとホッとする。


2017.8.27(日)

▼頭を休めなければいけないというのに、ほんのちょっとオープニングを観るだけのつもりで再生した『バーフバリ 伝説誕生』のDVDをついつい最後まで観てしまう。だって、むちゃくちゃ面白いんだもん。

 だけど、やっぱりこれは映画館のスクリーンで観るべき映画だなあ。あの過剰なほどのスケールの大きさはテレビの画面からは伝わって来ないし、画面の暗いシーンでは何が映っているのかよく分からないというところもけっこうあった。
 さあ、続篇はまだか? 次も絶対に劇場のスクリーンで観るぞ。

▼頭を休めるために横になっていたら、嫁さんが「外が涼しくて気持ちがいい」というので、散歩に出ることにする。寝てばかりだと、足が衰えてしまうからね。社会復帰のためにも、少しは体を動かさないと。

 ところが、外に出るとぜんぜん涼しくないじゃん。
 嫁さんから「ごめん。意外と涼しくなかった」とメールが入ったけれど、ま、のんびりブラブラと歩いてみましょう。


 家のすぐ近く、東浦和駅に向かう途中の道を、ちょっと裏道に入ると、もうこんなに緑が濃い。


 夏の花と、秋の花が一緒に咲いている。


 子どもが小さい頃は、この神社にもよく来た。なぜか、敷地内でウサギが放し飼いにされていたのだ。
 ちなみに、ある時、生い茂った草を刈ったところ、白骨死体が2つも出てきたという猟奇的な神社でもある。


 夏だねえ。


 意外とあちこちにある道祖神。


 こうして見ると、うちのあたりってけっこう田舎だよね。


 駅に向かう幹線道路に沿った公園の裏には、肉厚なでっかいキノコがぎっしりと生えていた。
 これで直径20センチぐらい。マタンゴか?


 ちょっと眩暈がしてきたので、公園のベンチに寝っ転がってひと休み。


 公園の池では、無数の亀。のんびり泳ぐ亀を見ていると、なんだかとっても癒やされる。
 「Bバージン」の主人公に、とっても共感してしまう。


 こんな公園です。


 東浦和の駅の横をつっきって、見沼田んぼへと入っていく。
 ここは息子が小さい時に、よくザリガニを釣りに来ていた場所。すっかり様変わりしていた。
 まだザリガニはいるみたいだけれど、むかしほどたくさんいる気配はない。
 足元を、茶色いカエルがあとからあとから水の中へと飛び込んでいった。




 休耕地には、無数のシラサギの姿が。



 農家の前庭に無数のネコがいた。呼ぶとこの2匹がすり寄ってきたのだけれど、ガリガリに痩せて皮膚病だらけの貧相なネコだった。


 見沼通船堀にかかる小さな橋のプレート。なぜ「女体新橋」?
 少し離れたところには「氷沼女体神社」という名前の神社もあります。


 見沼代用水。むかしは、ここを木の船が通っていたらしい。


 見沼通船堀公園の竹林の中を抜けて、東浦和駅方面へと戻る。



 竹林の中には無数の野良猫がいて、こちらを睨みつけてきた。

 と、カメラを持って出たので、珍しく写真入りの日記でした。
 スマホを持たないと、こういう写真を撮ることって、滅多にないからね。
 1時間半ぐらい歩いていたかな。正直、ちょっとふらついていたかも。完全復帰までは、まだちょっと時間がかかりそう。

▼『ザ・レイド』のイコ・ウワイス主演のインドネシア映画『ヘッド・ショット』を観る。うーむ、頭を休めると言いながら、ぜんぜん頭が休まらない映画を観ているぞ。
 記憶を失って海岸に流れ着いた男に次々と襲いかかる刺客集団。彼を匿った女医がさらわれ、それを救い出すために男は自分の暗い過去へと乗り込んでいく。
 いやあ、血なまぐさい映画だ。東南アジアの映画って、本当にそういうところに容赦がないよな。正直言うと、過剰な描写に少々辟易してしまった。
 アクション描写に関して言うと、『ザ・レイド』の方がインパクトがあった。本作のアクション演出は、よりオーソドックスだったような気がする。
 あと、カメラワークでアクションの迫力を高めようとしすぎて、本当に動ける役者の迫力が充分に伝わっていないのは残念。カメラ演出でなんとかしようとするより、じっくりと本当に動けるアクション俳優の凄さを伝えるだけでいいのに。
 いずれにしても、疲れた。

 東京では新宿武蔵野館、キネカ大森で上映されたらしいのだけれど、ぜんぜん気がついていなかった。むかしは「ぴあ」とか「シティロード」があったので、こういう映画の上映を見逃すことはなかったのだけれど、最近は見落とすことが多くなったなあ。



2017.8.26(土)

▼午前中は日記を更新したりして、のんびりと過ごす。

▼途中まで観たところでDVDが止まってしまっていたフィリピン映画『Can't Help Falling In Love』を最後まで観る。
 フィリピン映画には、洋楽や洋画のタイトルをそのまま持ってきたものがたまにあり、検索して調べるのにたいそう不都合だったりするのだけれど、本作もその1本。タイトルで検索すると、エルヴィス・プレスリーの曲ばかりが検索にひっかかってきて、なかなか映画の情報が見つからないのだ。

 もうすぐ結婚を控えてその準備に余念のないガブ(キャスリン・ベルナルド)。だがある日、ガブは自分がすでに結婚しているということを知らされてしまう。しかも、まったく見ず知らずのドス(ダニエル・パディーリア)という男性と。
 なんと、市長(ザンジョー・マルード)を迎えたパーティでベロベロに酔っぱらったガブは、同じく酔っぱらっていたドスと意気投合して、市長と市長の秘書のニロを証人とした婚姻届を出してしまっていたのだった。
 あわててその結婚を解消しようとするのだが、離婚の難しいフィリピン、よほど正当な理由がないかぎりは離婚は認められない。
 ガブはドクに協力を求めるのだが、気ままな生活をしているドクはいまいち積極的になれない。それでも、なんとかドクを弁護士のもとに引っ張り出すのだが、ふたりがその時にベロベロに酔っぱらっていたことを証言できる証人が必要だと言われてしまう。
 しかし、市長はパーティの直後に急死しており、秘書のニロも海外に出かけているのだという。
 追い詰められたガブは、ドクがインポであるとか、精神異常者であるとか、ありとあらゆる理由をつけて離婚に持ち込もうとするのだが、ことごとく失敗してしまう。
 一度は「これ以上はもうつきあいきれない」とガブを突き放したドクだが、必死のドクにほだされて、もう少しつきあう決意をする。
 そんなとき、ニロがセブにいるという情報が入ってくる。あわててセブに駆け付けるガブとドク。
 だが、そこで2人だけの時間を過ごすうちに、ドクはガブに惹かれていく自分を抑えられなくなるのだった。

 監督は、若い女性をターゲットとしたロマンス映画で確実にヒットを飛ばしている女流監督のメイ・クザリナ・クルーズ(Mae Czarina Cruz)。キャスリン・ベルナルド&ダニエル・パディーリアのコンビでは、名作『Crazy Beautiful You』も撮っている。
 本作は、設定そのものはきわめてシンプルなのだけれど、キャスリン・ベルナルド、ダニエル・パディーリアの魅力があますところなく発揮されていて、観ていてとても楽しく、幸せな気分にさせてもらえる。また、泣かせどころもきっちり押さえていて、とりわけそれぞれの家族とのやりとりには泣かされる。フィリピン映画、家族愛を描くのは本当にうまいんだよなあ。

 あと注目してしまったのが、ガブの友人ヴィエルを演じていたクリステル・フルガー(Kristel Fulgar)。けっこう印象に残る女優さんなのだ。調べてみると、2002年からテレビを中心に活躍している女優さんであるらしい。1994年生まれというから、8歳でデビューしたことになる。若いわりに芸歴は長いらしい。キャスリン・ベルナルド&ダニエル・パディーリアが主演したテレビシリーズ『La Luna Sangre』にも出演している。



▼夕方、少し涼しくなってから散歩に出る。ずっと寝てばかりいると、具合が悪くてフラフラするのか、寝てばかりでフラフラするのか分からないからね。
 自転車を置きっ放しにしてあったテニススクールまでブラブラと歩き、スクールに顔を出す。
 事故が起きた現場に居合わせた人間に話を聞くと、T内さんのドロップショットに2人で駆け寄って、ペアのS藤さんの足に引っかかった僕が宙を飛んで後頭部から落っこちたとのこと。その瞬間、すごい音がしたらしい。
 すぐに起き上がったものの、いったんベンチに引っ込んで、そこで試合をリタイアするかと思いきや、大丈夫とか言ってコートに出て行ったのだとか。
 で、試合が終わってしばらく話をしていると、だんだんおかしくなってきて「思い出せない」とか言い出したのだという。
 ま、こうやって話を聞いても、自分に記憶がまったくないので、なんだか他人事のような気がしてしまう。

 ちょうどお医者さんのテニス仲間もいたので話をしてみると、頭をぶつけるよりも前の記憶がなくなるというのは、かなりのレアケースであるらしい。普通は、頭をぶつけるところまでの記憶は維持されるものなのだそうだ。
 そして、頭を打ったあとは、そのあとの24時間、48時間が大切で、そこでなんでもなければたいていは心配はないものらしい。特に、CTスキャン、MRI検査で出血等の問題がなければ、それほど心配することはないとのことだった。

▼自転車で多少ふらふらしながら、久しぶりに近所のビデオ屋に寄ってみる。案の定、観たい作品があれこれ溜まっていた。もう少し頭がしっかりしたら、時間を作ってフィリピン映画以外も観なければ。

▼夜はテレビで「時代をつくった男 阿久悠物語」を観る。
 昨年、『不機嫌な作詞家 阿久悠日記を読む』という本を読んだ時にも思ったのだけれど、本当に自分の育った年代と阿久悠が活躍した時代というのはドンピシャなんだよなあ。要するに、自分は「阿久悠のつくった時代に育った男」ということになるのだろう。


2017.8.25(金)

▼通勤ラッシュの時間を避けて出社。それでも電車で座ることはできないので、けっこう疲れる。

 来週前半に納品する報告書をあらかた仕上げておきたかったのだけれど、部下に頼んでおいた作業が何ひとつ進んでいないことに愕然とする。たいした作業ではないのだから水曜日に頼めば金曜日には仕上がっていると思ったのに、頼まれた方は暢気なもので、そのうちやればいいぐらいにしか思っていなかったらしい。毎度毎度この調子なので、独立して自分ひとりで仕事をした方がどれだけ楽かと思ってしまう。

 相変わらず頭がボーッとしていて、あまりじっくりと考えることができないのだけれど、それでもとりあえずできるところまで報告書を仕上げておく。
 あとは週明けだ。

▼帰りも通勤ラッシュを避けるために早めに会社を出る。
 パソコンの中に溜まっている孫の動画をDVDに焼いているので、それを整理するためのDVDファイルをビックロで購入。そういう余計なことをしているから、さらに疲れるというのに。

 帰りの電車は新宿から座れてラッキーと思っていたら、途中で赤ちゃんを抱っこしたお母さんが乗ってきたので席を譲る。まあ、今の自分は赤ちゃんがいちばんの弱点だから仕方ないなあ。

▼夕食後、家族と一緒にテレビのバラエティを観ていたのだけれど、途中で頭が疲れてしまう。バラエティ番組って、あんなにけたたましかったんだ。あらためて認識しなおしてしまった。


2017.8.24(木)

▼家でも仕事ができるようにしておいたので、今日は会社を休むことにする。
 ほんのちょっと仕事をすればいいやと思っていたのだけれど、クライアントやら外注先やらとメールが飛びかう事態に。ふう、頭が疲れる。

 午前中は1時間ほど、グラフにコメントを入れていく作業を続けるが、しっかり考えることができず、非常に表面的なコメントしか入れることができない。ま、今回の案件では、それほど深読みをしたコメントは求められていないだろうから、大丈夫かな。

 しかし、休んだ日に限って、クライアントや外注先とのメールのやりとりが増えるのはなぜなんだ?

 午後も1時間ほどコメントを入れて、休憩。

▼日本語字幕のビデオなら大丈夫かなと思い、こないだヤフオクで落札したフィリピン映画『真夜中のダンサー(Sibak)』(1994年)を観る。

 高校を中退して家に戻ってきたサニー(ローレンス・ダヴィッド/Lawrence David)。することもない彼は、2人の兄、長男のジョエルと次男のデニス、が働いているゲイバーで一緒に働くことにする。
 その店では、ステージの上でビキニパンツだけの何人ものゴーゴーボーイが扇情的に腰を振って踊り、指名をした客と個室でセックスをするのだった。
 3人兄弟はゲイというわけではないのだけれど、あくまでも仕事として男性の相手をしていた。特に長男のジョエルには妻と幼い子どももいたのだった。
 母親は息子たちの仕事を知っていて、内心では反対しているのだけれど、息子たちが自分で決めた仕事なのだからと認めていた。

 というわけで、完全なゲイムービーである。何人ものマッチョな若者が、ビキニパンツだけになって、ステージの上でクネクネと体をくねらせて踊るシーンは、かなりインパクトがある。扇情的に撮られたセックスシーンはすべて男同士。
 サニーの恋人になる相手も、見た目は女性だが実は男性というトランスジェンダーのミッシェル。
 妻子のいるジョエルにも、デイヴという男性の恋人がいて、いろいろと面倒をみてもらっていたりする。
 そうした男性同士のセックスシーンが何度も何度も繰り返される。

 一方、日本に働きに行く予定のあるミッシェルは、ジョエルの妻のドミニクにも日本行きを勧め、ドミニクも日本に行くことを決意し、家族もそれを認める。そのあたりの心の葛藤というものがまったく描かれておらず、観ているこちらとしてはたいそう違和感がある。
 それを言えば、ゲイであるわけではないのに、男性の相手をして金を稼ぎ、さらには男性の恋人がいたりするということに、誰も疑問を持っていないということにも違和感がある。

 次男のダニエルは店のルールを守ることができずにクビになってしまい、不良仲間と車のカーステレオを盗んだりするようになる。だが、不良仲間のひとりが警察の不祥事を監察にたれ込んだ怨みから警察につかまり、巻き添えを食らって殺されてしまう。
 またある時、母親が道ばたにうずくまっていた若者を連れ帰るのだが、実はその若者は組織の金を盗んだために組織から追われているのだった。家族に金を見つけられた若者は、金を持って逃げ去るのだが、組織は家族が若者をかくまっているのではないかと疑い、あらそいの挙げ句にサニーは相手を銃で撃ち殺してしまう。
 かくして、ジョエルとサニーは組織から身を隠すために家を離れ、家には母親と幼い赤ん坊だけが残されるのだった。

 とまあ、そういう内容の映画である。ゲイの世界が舞台になるものの、結局、物語に大きくかかわる事件はそれとはまったくかかわりがないわけで、これまた違和感が強い。結局、ゲイという存在は、この映画の添え物にすぎなかったのか、とすら思ってしまう。ダニエルが殺されるのも、ジョエルとサニーが家を離れるのも、ゲイということには何も関係がないのだ。
 ゲイを題材としているのは、単に監督の趣味なのかとすら思えてしまう。
 ビデオのパッケージには「(トロント国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、バンクーバー国際映画祭など)世界の映画祭で絶賛され、ニューヨークの劇場公開でも驚異的な動員を記録した」とあるのだけれど、正直言うと、この作品のどこがそこまで絶賛される名作なのか、自分にはよく分からない。

 監督は、名匠リノ・ブロッカの助監督を務めていたメール・チョンロー(Mel Chionglo)。
 リノ・ブロッカにも『Macho Dancer』という同テーマの作品があり、本作はその続篇的な作品なのだという。
 脚本はマリルー・ディアス・アバヤ監督の数多くの名作を生み出したベテランのリカルド・リー(Ricardo Lee)。
 本作は、そのメール・チョンローとリカルド・リーの組んだゲイ映画3部作の1作目にあたり、その後、『Burlesk King』『Twilight Dancers』という同様の世界を題材にした作品が撮られている。

 なお、本作で撮影に使われたゲイバーは、かつてマニラに実際にあった『CLUB 690』という店なのだそうです。また、映画に出てくるゴーゴーボーイたちも、主役の3兄弟以外は実際の『CLUB 690』のゴーゴーボーイたちが演じているとのこと。


※VHSのビデオパッケージ。でっかく顔が載っている若者が主人公かと思ったら、組織の金を盗んで家族に迷惑をかける通りすがりの若者にすぎないのだった。

▼映画を見終えたところで、さすがに疲れてひと眠り。いやあ、我ながらよく眠ること。
 結局、仕事はそれほど進まなかったな。


2017.8.23(水)

▼本日納品しなければいけない報告書があったので、通勤ラッシュの時間を避けて出社。だけど、電車で座れるわけではないんだよなあ。けっこう、しんどかった。脳しんとうの後って、肉体的にもしんどいもんだなあ。
 でも、見た目には健康体だから、優先席を譲ってもらえるわけじゃないし。
 世の中にはそういう人がいると思って、自分はなるべく電車では座らないようにしているのだけれど、そうやって空けておいた席に若い人が走ってきて座ったりするんだよなあ。

▼実は、先週のうちに仕上げておいた報告書を納品。早めに仕上げておいてよかった。
 メールなどのやりとりをして、集計を1本アップして、部下にやっておいてほしい作業を指示して、次の納品物の準備をして、いざとなれば家でも作業ができるように用意をして、さっさと会社を出る。

▼そのまままっすぐ帰ればいいものを、途中下車していつものフィリピン食材店に寄り、途中までしか再生できなかった『Can't Help Falling In Love』のDVDを交換してもらう。

▼けっこう頭が疲れていたので、帰宅してひと眠り。
 よく眠れるものだと、我ながらあきれかえる。

▼ボランティアとして作業を手伝っているK市テニス協会の理事の方から電話。
 実は、このテニス協会、内部で揉めていて、新しく会長になった人が自分の好きなように会を運営するために、邪魔な理事の排除に乗り出してしまったのである。本日、その会長の一方的な通達により臨時理事会が開催され、現場でいちばん働いていたその理事が解任となった。その場合、僕はボランティアを辞めさせてもらうと事前に伝えてあったので、そのための連絡。
 結果、僕ともうひとりのボランティアの2人が連名で辞任届を出すことになった。また、今期から理事になったうちの2名も辞任することとなった。

 はっきり言って、毎年度の登録作業、大会のたびのドロー作成作業は、現時点では僕しかできない作業である。辞めれば迷惑するだろうけれど、知ったことか。

▼夜遅くに辞任した理事のひとりから電話。一方的に今日の臨時理事会の様子などを喋られ、こちらはおとなしくそれを拝聴する。だいぶ、臨時理事会のことでストレスが溜まってしまったようだ。いかにも憤懣やるかたないという様子。気持ちは分かるが、ちょっと疲れた。


2017.8.22(火)

▼昨日に比べれば、だいぶ頭がスッキリとしてきた。
 とはいえ、消え失せた記憶は戻ってこない。
 嫁さんがあれこれ検索して調べたところ、このまま記憶が戻らないことの方が多いようだ。
 どういうわけか、自分で検索して調べようという意欲は湧いてこない。ちょっと不思議だ。
 それに、思い出せない記憶について、なんとしてでも思い出したいという意欲がまったく湧いてこないというのも、なんとも不思議な気がする。非常にあっけらかんとした気分なのだ。

 それでも、ほんのちょっとでも集中してものを考えようとするとしんどくなってくるので、今日も会社を休むことにして、家でのんびりと過ごす。
 スクールの担当コーチから教えてもらった試合結果は、2-6、1-6、1-6。ボロ負けじゃん。2-6、1-6、1-4までは頭を打つ前のことなので、実力でボロ負けということだったらしい。
 しかし、ボロ負けしても、記憶にないとぜんぜん悔しくないもんだね。

▼少しだったら本を読んでも大丈夫かなと思って、混成アジア映画研究会発行の会報に目を通す。国際交流基金アジアセンターでカンボジア映画『12人姉妹』を見た時に、もらってきたもの。フィリピン映画に関する記述があったので、大喜びで貰ってきたのだ。
 2015年の『たたかうヒロイン 混成アジア映画研究2015』では、「脱アメリカ的正義の模索:フィリピンのスーパーヒロイン「ダルナ」(山本博之)」という原稿が掲載されている。2016年の『不在の父 混成アジア映画研究2016』では「フィリピン映画に見る父性の諸相:恋愛ドラマを中心に(山本博之)」という原稿が掲載されている。また、ラブ・ディアス監督の『痛ましき謎への子守歌』を理解するためのキーワード集なども収録されている。いやあ、こういう冊子があるとは知らなかったよ。
 内容はネットでも公開されているので、興味のある方はここをご覧になってください。

 なお、「フィリピン映画に見る父性の諸相:恋愛ドラマを中心に」の欄外の注釈に「本稿で取り上げる作品はいずれも劇場公開またはDVD視聴によって著者が直接視聴したものだが、内容紹介ではインターネット上のフィリピン映画解説サイトなども参考にしている。日本語で書かれたフィリピン映画解説サイトでとりわけ内容が充実したものに「ガラクタ風雲」の「僕が見てきたフィリピン映画」がある。」とあってびっくりしてしまった。
 いやはや、恐縮です。

 逆に紹介させていただくと、山本博之氏の「ジャカルタ深読み日記」は東南アジア映画好きとしては必読のブログなのであります。

▼なんてことをしていると、すぐに頭が疲れてきて眠ってしまう。
 まだまだ脳みそに負担はかけられません。

▼パソコンの中に溜まっている孫のビデオをDVDに焼いたりしながら、あとは基本的にボーッと過ごす。
 正直、後遺症が心配でないといえば、それは嘘になる。だけど、現段階でできることは何もないらしい。何人かの方から、「ちゃんと検査を受けるように」というアドバイスをいただいたが、救急車で運ばれた病院でしっかりとした検査はしてもらったようだし、それで脳内出血などの外科的な損傷が見つからなかった以上、あと医者としてできることはなにもないらしいのだ。
 できることは、頭に負担をかけずに、なるべくおとなしくしていることだけということらしい。


2017.8.21(月)

▼朝目覚めた時、漠然と奇妙な不安に襲われた。何が不安なのか分からないのだけれど、なにかが思い出せない気がして、それを思い出そうとするのだけれど、何を思い出そうとしているのか、そもそもそれが分からなかった。
 ひたすら、思い出そう思い出そうとしていた。

 隣で目覚めた妻から、昨夜、テニスの試合でペアとぶつかって転倒し、コートに後頭部をぶつけて脳しんとうを起こし、救急車で病院に運ばれたのだと教えられ、昨日のことをほとんど思い出せないのだということに気がついた。どうやら、不安の原因はそれだった。

 昨日、川口市の大会に出場したのは覚えている。ペアは恐らくT橋さんだったと思うのだが、いまひとつ自信がない。試合結果も覚えていない。さいわい、試合結果をテニス関連のSNSにアップしてあったので、それで結果を知ることができた。それが、昨日の日記にアップした内容だ。記憶がはっきりしないので、いまひとつ自分のことのような気がしない。

 夕方からスクールの試合に出たはずなのだけれど、その記憶がどうもはっきりしない。たぶん、ペアはS藤さんだったというような気がする…という程度にはなんとか思い出す。
 だが、試合の内容はまるっきり思い出せない。

 嫁さんによると、意識はずっとあって、家にも自分で電話をしてきたらしい。
 「よくわからないんだけれど、なんだかおかしいんだよ」と、不安そうに電話をしてきたらしい。
 スクールに駆け付けた嫁さんと一緒に救急車で西川口の脳外科のある病院に運ばれたらしい。ずっと意識ははっきりしていて、医者とも自分で話したらしい。息子や孫の名前はなんとか思い出せたものの、今が何月なのかとか、息子がどこに住んでいるのかとか、そういうことはぜんぜん思い出せなかったらしい。
 頭痛もなく、吐き気もなく、それで記憶が飛ぶというのは珍しいことらしいのだけれど、まさにそういう症状であったらしい。
 しっかり検査をしてもらって、とりあえず2日程度は頭に負担をかけるようなことは避け、テレビも読書も禁止を言い渡されたらしい。後遺症がこわいので、集中してものを考えたりするようなことはダメということらしい。
 そして、帰宅して、軽く食事をして、自分で風呂に入って、その間はずっと意識がはっきりしていたのだけれど、嫁さんには繰り返し「何があった?」と聞いていたらしい。聞いても聞いても、すぐに教えられたことを忘れてしまう状態であったらしい。

 で、目が覚めた時には、そういった一連の記憶がすべて失われていたのである。朝のうちはまだ記憶も混乱していて、同じコトを何度か嫁さんに聞いていたらしい。会社に電話を入れて、事情を説明して休むことを伝えた頃も、まだ頭の混乱はじゃっかん続いていて、あとになって何を話したのかまるで思い出せなかった。
 少しずつそういった症状は治まっていった。
 だけども、昨日の記憶は失われたままだし、考え事をしようとすると頭がズーンと重くなって、ものを考えるということができなかった。

 K市テニス協会の仕事で、次のシングルス大会の大会要項のファイルを理事宛に送信する。事情を説明して、あとの対処をお願いする。メール文を作成するのに、けっこう時間がかかってしまう。すっかり、頭がパーになっていて、文章を作ることに手間取ってしまう。

 スクールに報告の電話を入れると、頭を打ってから2試合やったと教えられビックリする。それって、意識がないまま戦った大山倍達みたいじゃん。
 でも、実際には頭を打ったあとで2試合やったわけではなく、3試合目の1-4となったところで頭を打って、そのあと2ゲームをやったというのが本当だとあとで判明する。ひっくり返った時には、ゴーンとすごい音がしたらしい。
 その試合が終わったあと、対戦相手と話をしていると、どうも様子がおかしいというので、救急車を呼ぶ事態になったということらしい。

 以前、K市テニス協会でお世話になっていたN田さんから電話が入る。大会要項のファイルが僕以外の人間から送られてきたということを印刷会社から知らされ、おそらくはテニス協会内でゴタゴタがあるということも聞いていて電話をしてきたのだろう。
 言葉を引っ張り出すのにも苦労してしまう状態で、はたして普通の会話ができていただろうか?

 夕方にテニススクールの社長からメールが入る。「特に心配はないので、のんびりすごします」とだけ返事を出す。

 1日をボーッとしたまま過ごす。ちょっとボーッとしていると、いつの間にか1時間とか2時間とかが過ぎていた。テレビ、読書は禁止と言われていたが、孫のビデオをボーッと観るのはいいだろうと思ってビデオを観だしたのだけれど、すぐに頭が疲れて眠ってしまっていた。


2017.8.20(日)

▼川口市の市民選手権ダブルス大会でした。
 今回はバレーボーラーT橋さんと組んで、年齢別の部にエントリー。
 この年齢別、本来なら45歳、55歳、60歳の3部門で開催されるのですが、どこもエントリー数が8ペアに足りずに成立せず、やむなく全部を一緒にして45歳以上の部だけとなってしまったのでした。
 それでも、エントリー数は11ペアにしかならないのですけど。

 さて、その初戦の相手、T橋さんによると、T須さんと組んで何度も対戦している相手で、なかなかの試合巧者で、戦績は勝ったり負けたりなのだとか。
 前評判でも、その相手が優勝候補となっています。
 つまり、その初戦さえ勝ち抜けば、自分たちにも充分に優勝の可能性があるという状況。
 これは、なんとしてでも勝ちたい。

 相手サーブから試合スタート。
 苦手のサウスポーで、なおかついいサーブを打ってくるので、けっこう厳しいのだけれど、これをなんとかブレイク。
 だけど、続く僕のサービスゲームをブレイクされてしまう。
 自分もT橋さんも、決して悪くはないのだけれど、だからといって特にいいというわけでもない。
 僕らの試合パターンとしては、僕がチャンスボールを作って、T橋さんが決めるというのが理想的なのだけれど、いまいちチャンスボールを作りきれない。T橋さんも、決めるべき場面で丁寧につないでしまっている。どうも、2人して攻めのパターンがうまく作れていない。

 このあと、相手に先行され、それをひっくり返し、さらにひっくり返され、再びそれをひっくり返し、またしてもひっくり返されて5-6と追い詰められてしまう。
 だけど、なんとか踏ん張って6-6のタイブレーク。
 だけど、そのタイブレークを勝ちきれずに6-7で初戦敗退。
 うーむ、優勝の夢はあえなく消え失せたぞ。

 なんと、試合時間は1時間を越えておりました。
 自分的には、やはり脚力を中心とする体力の衰えが最大の敗因ではなかったかと思っています。
 下半身が安定していないと、プレイ全体が安定せずにミスが増えるし、攻めたショットもホームランになったりしていました。
 試合前半では、前衛アタックが効果を挙げていたのに、後半では前衛アタックを狙ったボールがアウトする場面が多くなってましたしね。
 もう少し脚力を鍛えないことには、試合は厳しいという感じです。
 とにかく、この1試合だけで疲れ切って、「もう充分」という気分になっているようではダメですよね。

 とはいうものの、このあと夕方からスクールのダブルス大会です。
 うーむ…。

▼夕方からスクールのダブルス大会があったのだけれど…。


2017.8.18(金)

▼さっそく昨日買ってきた『Can't Help Falling In Love』を観る。なにせ、とっても楽しみにしていた作品なのだ。
 案の定、快調なコメディで、とっても楽しい。
 が、またしても途中で止まってしまう。この作品は、「止まってしまいました。はい、残念」と諦められる作品ではないので、店に持っていって交換してもらわないと。


2017.8.17(木)

▼いつものフィリピン食材店を覗きに行き、フィリピン映画のDVDを購入。

『Northern Lights: A Journey to Love』
 ピオロ・パスクア&イェン・サントス主演のドラマ。たいそう評判はいいようだ。

『Can't Help Falling In Love』
 キャスリン・ベルナルド&ダニエル・パディリャ主演で、メイ・クザリナ・クルーズ監督という黄金の顔ぶれによる作品なので、、まずはずれはありえないでしょう。

『Chain Mail』
 2015年のホラー映画。いま人気絶頂のナディーン・ルストレが出ている。英語字幕はなし。

『Luck at First Sight』
 こないだ『How to Be Yours (2016)』を観たばかりのダン・ビレガス監督の新作。主役の男優は知らないけど、ヒロインはどうやら『I America』『Camp Sawi』のベラ・パディリアのようだ。残念ながら英語字幕はなし。


2017.8.16(水)

ロバート・E・ハワード『新訂版コナン全集3 黒い予言者』創元推理文庫を読了。
 ちゃんと感想を書くつもりでいたのだけれど、すっかりほったらかしにしてしまって、細かい内容も忘れてしまった。
 たいそう面白かったということだけは、ちゃんと覚えているのだけれど。


2017.8.14(月)

▼世間ではお盆休みという言葉があるらしいが、うちの会社はカレンダー通り。夏休みは、適当なところで各自3日までとっていいことになっているのだけれど、自分は3日も夏休みをとったことなどほとんどない。
 というわけで、孫と遊んでいたいのだけれど、会社に出なければならない。
 さっさと出社の仕度を済ませて、起きてきた孫を相手に時間を惜しんで遊ぶ。
 おかげで、家を出る時には「バイバイない! バイバイない!」と、号泣で別れを惜しまれ、それはそれで幸せなのでありました。
 もっとも、それだけ号泣しておきながら、こっちが家を出るとすぐにケロッと泣き止んで遊びだしたらしいのだけれど。

▼嫁さんが孫を連れて近くの消防署までお散歩に行って、敷地の外から中に停まっている救急車を見せていたらしい。孫は救急車を「キュウキュウシャ」とちゃんと認識できているのである。
 すると、消防署の中から職員の人が出てきて、救急車の中に入っていったのだそうだ。何か作業をしているのかなと思ったら、中から救急車や消防車のシールを持ち出してきて孫にプレゼントしてくれたのだという。
 そのためにわざわざ事務所から出てきてくれたらしい。なんていい人なんだ。

▼仕事を終えて帰ると、もう孫はいない。今日からは、高崎のお嫁さんの実家だ。
 うーん、孫ロスだぞ。
 でも、2日間で完全に消耗しきっていたので、ちょっとホッとしていたりもする。
 孫と一緒に過ごすのは2日間が限界だな。


2017.8.13(日)

▼孫は朝起きるなり、おもちゃの置いてある居間に行くのだと泣きわめく。いや、そんなに泣かなくても、連れて行くから。
 そして、全力投球で孫と遊ぶ。全力でないと、エネルギーあふれる孫と対等に遊ぶことができないのだ。
 昼前に、孫は息子夫婦、うちの嫁さんと一緒に嫁さんの実家へ。義母がものすごく楽しみにしているのだ。
 で、自分はどうしても参加したいテニスがあったので、家に残る。だけど、孫の相手で心身共に消耗し尽くしたこの状態でテニスができるのだろうか?

▼13時から2時間、パインヒルズでテニス。
 先週に引き続き市民大会のための試合練習なのだけれど、今日のメンバーは先週と違ってスペシャルゲストがいるのだ。
 実は、うちのスクールのSコーチがつい先だって結婚したのだけれど、その結婚相手がスクールの生徒。しかも、そのお父さん、お母さんも同じくスクールのテニス仲間なのである。なので、お父さんは結婚の許可を与える際に条件をひとつつけたのである。
「オレとペアを組んで、試合で勝たせろ。それなら、娘との結婚を許してやる」
 かくしてSコーチ、お義父さんとペアを組んで大会に出なければならないのである。かつて、日本ランキング100位以内に入ったことのある人なのに、市民大会に出なければならないのだ。
 このコーチとガチンコで試合ができる機会なんてそうそうあるもんじゃないので、僕としても孫と一緒に嫁さんの実家に行くのをパスして、テニスをとったという次第。

 で、Sコーチとの対戦だけれど、さすがに勝てない。そりゃ、そうだ。でも、最近はほとんどテニスをしていないということもあって、Sコーチの試合勘も鈍ってきている。けっこう、積極的に攻めたボールがアウトしたりしていたのだ。
 おかげで、けっこう打ち合えたりもして、なかなか楽しい。
 でも、本気になった瞬間のボールのスピードはまるでケタ違い。さすがだ。

▼嫁さんの実家から帰ってきた孫とふたたび遊ぶ。近くの公園に出かけると、前にはできなかった遊具で遊べるようになっていて、成長を実感。滑り台の階段もするすると昇っていく。おかげで、まるで目を離せないんだけど。

 家に帰ってからもずっと孫と遊ぶと、さすがにこちらのエネルギーが尽きてきて、頭がズキズキと痛み出してくる。
「お義父さん、全力で遊ぶから」と、お嫁さんから笑われてしまったのだけれど、全力じゃないと遊び相手にならないんだもんなあ。
 孫は今日も昼寝をしないまま遊び続けていたので、終いには眠いけれど遊びたいというジレンマからわけがわからない状態となり、ちょっとしたことでギャーギャー泣きわめくようになってしまう。これがまた、この小さな体にどれだけエネルギーがあるんだと呆れかえるほど元気な泣き声で、ひたすら圧倒されてしまう。
 むかしあったアニメ「花のピュンピュン丸」の中に、「忍法こまく破り」というのが出てきたけれど、まさにあれだよなあ。


2017.8.12(土)

▼お墓参りのために車で都心まで出て、お寺で息子一家と合流。

▼帰宅するなり、孫は用意してあったオモチャ箱をすぐに見つけて、夢中になって機関車トーマスで遊び始める。
 千葉の海に遊びに行った時に、電車のおもちゃで一緒に遊ぶのに「ガタンガタ~ン、ガタンガタ~ン」と言いながら遊んだらそれを覚えて「アトンアト~ン、アトンアト~ン」と声に出すのが無性に可愛い。ちなみに、パトカーのおもちゃでは「テートーテートー」になる。それじゃあ、ピーポくんじゃなくって、テートくんになっちゃうぞ。
 孫は電車とか車のおもちゃがいたく気に入ったようで、昨日時間をかけてきれいにしてよかったとしみじみ思ってしまう。

 パパとママにはゆっくり休んでもらって、ひたすら孫を相手に遊び倒す。

▼電車が大好きなので、それじゃあ近くの線路まで電車を見に行こうってんで、嫁さんとふたりで孫を連れてお散歩。以前はひたすら歩き回って抱っこをせがむことはあまりなかったのだけれど、最近では甘えん坊になってきたようで、すぐに抱っこをせがんでくる。
 それでも、なるべく手をつないで歩かせるようにする。
 信号でとまっているパトカーがいたので、「ほら、テートーテートーだよ」と指さして教えると、パトカーのお巡りさんもこちらに気がついて孫に手を振ってくれる。ううっ、いいお巡りさんだ。

 途中の公園でちょっと遊んでから、武蔵野線の線路際まで行く。湿度が高くて、この時点ですでに汗まみれだ。
 しばらく待っていると、上りと下りの電車が同時にやってくる。孫はもう夢中で見入っている。
 しかし、武蔵野線は本数が少ない。いちど通り過ぎると、次の電車まで10分は待たないといけない。暑い中、孫を抱っこしてひたすら待つ。なんと健気なじいじとばあばであることよ。
 でも、次の上り電車と下り電車を見たところで、近くのスーパーに逃げ込む。
 このスーパーの中の書店には子ども用のテーブルがあって、見本の絵本が何冊か置いてある。実にありがたい。孫は次から次へと見本の絵本を持ってきては、喜んでいじくっている。ただ、どの本もちょっといじってはすぐに次の本に移っていって、特にどの本が気に入るということもない様子だった。
 孫を遊ばせてくれたお礼を兼ねて、アンパンマンの絵本を購入する。

 帰宅してからも、ひたすら孫の相手。孫としても、こうやって全力で遊んでもらえるのが楽しいようで、結局お昼寝もしないまま遊び続けてしまったのであった。
 しかし、そうなると寝る時が大変で、神経が高ぶってしまうのか、おとなしく寝てはくれない。寝るまでギャーギャーものすごい勢いで泣き叫ぶのである。いやはや、いつもこの孫の相手をしているママは大変だ。


2017.8.11(金)

▼屋根裏から娘の旅行カバンを引っ張り出すついでに、息子がむかし遊んでいたおもちゃを引っ張り出す。機関車トーマスなんかのおもちゃがごっそりとあるのだ。
 明日、孫が遊びにくるので、そのおもちゃをアルコールウェットティッシュでひとつひとつきれいにしていく。けっこう数があったので半日かかってしまったけれど、これで孫が喜んでくれるのならぜんぜんOKだね。

▼13時から4時間、健康福祉村でテニス。今日は人数が多かったので、3ゲーム先取でサクサクとまわしていく。
 H川さんの大学時代のテニスサークルのお仲間が来ていて、むちゃくちゃ上手な人がいたのでたいそう楽しめた。やっぱり、上手い人がいるとゲームも楽しい。

▼夕方に東浦和の花火大会が始まる。ここ2年連続して嫁さんと会場まで行って真下から花火を堪能していたのだけれど、今年は疲れているので会場まで行くのはやめておいて、花火が始まったところでブラブラと近くまで散歩していって鑑賞。やっぱり、人混みが凄い。それほど暑くもなかったので、会場まで行けばよかったかも。

▼遊びに行っていた娘から夜中過ぎに「駅まで迎えに来て」と電話が入る。駅前に自転車があるはずだが、自転車で帰れないほどヘベレケに酔っ払ってしまっている様子。
 仕方なしに駅前まで迎えに行くと、若い男性に支えられるようにして、千鳥足の娘が駅から出てきた。珍しいことに、ひとりではまともに歩くことすらできないほど酔っ払っているようだ。
 なんとかかんとか車に乗り込むも、乗り込むなりひっくり返っている。
 一緒にいた若者が非常に恐縮した様子で「申し訳ありません。少し飲ませすぎてしまいまして」と謝ってくる。いやいや、申し訳ないね、わざわざ送ってきてもらっちゃって。
「家はどっち? まだ電車はあるの?」
「家は神奈川の方で電車はもうありませんが、大丈夫です」
「なんだったら、うちに泊まっていく?」
「いえ、大丈夫です。友達のところに泊まりますから」
 で、その若者、一瞬ためらってから意を決したように「お付き合いをさせていただいております●●と申します」と挨拶をしてきた。うん、おそらくそうだと思ったけど(笑)
 いやあ、交際相手の父親とこんな場面で挨拶するのって、バツが悪いだろうなあ。可哀想に。


2017.8.10(木)

▼外付けDVDドライブで「らくちん動画変換4」が使えるようになったので、内蔵ドライブを交換する必要はなくなったのだけれど、問い合わせを出してあった会社から返事がきた。
 それによると、交換用ドライブが5000円、作業費が5000円とのこと。非常に良心的な見積金額ではないだろうか。この金額だったら、修理を依頼してもいいな。
 ただし、修理に3~4営業日かかってしまうというのが困ってしまう。非常にパソコン依存度の高い生活を送っているので、3~4日も修理に出すわけにはいかないのだ。ドライブの交換そのものはそれほど時間のかかる作業ではないので、相手の都合のいい時に持参して、なんとか即日での修理ができないものか交渉してみよう。


2017.8.9(水)

▼「らくちん動画変換4」のメーカーであるメディア・ナビのサポート窓口に電話を入れて相談してみる。
 ところが、「そのような症状は聞いたことがない」と答えられてしまい、この時点で「あ、これはもうこれ以上相談してもムダだな」と分かってしまう。
 うーむ、困ったな。

▼「らくちん動画変換4」をやめて、他のソフトに移行することも考え、あれこれ検索をしてみたのだけれど、DVDオーサリングソフトを扱ったサイトってフリーソフトの紹介ばかりで、有料ソフトについてはほとんど情報が出ていない。出ているのは、なんとも怪しいメーカーのサイトばっかり。いやはや。

 Facebookで相談してみたところ、「ソースネクストのConvertX to videoというソフトはどうだろうか?」と勧められる。ホームページでチェックしてみたところ、基本的に「らくちん動画変換4」となんら変わることのないソフトであるようだ。それで無事に動くならそれでもいいんだけど、買ってうまく動かなかったら悲しすぎる。

▼そこで、家の近くのパソコン修理業者を探して、3箇所に問合せのメールを出してみる。「HPのノートパソコンなんだけど、内蔵DVDドライブの交換ができるか? できるなら、どのくらい費用がかかるのか?」。
 他に、よさげなところがあったので電話を入れてみる。「埼玉県パソコン修理緊急隊」というところ。なぜか、電話で名乗った会社名は、「埼玉県パソコン修理緊急隊」じゃなく、別の会社名だったけれど。
 ノートパソコンのDVDドライブの交換をお願いしたいと言うと、「まずは交換が必要かどうか、診断をいたします」と言う。
 「交換することはすでに決定事項なので診断はいりません」と言っても、どうしても診断をすると言って受けつけてくれない。
 なんなんだ、この会社は。
 仕方ないから「じゃあ、診断もしてください」と譲歩する。
「出張診断でよろしいでしょうか」
「いえ、持ち込みで考えています」
 すると、持ち込み費用が3000円、診断が3000円だという。
「ここまではよろしいでしょうか?」
「いや、だから何度も言っているように、ドライブを交換することはすでに決めているんだから、診断はいらないし、その診断に3000円も払うつもりはありません」
 でも、どうしても診断をしないと受けられないというので、あっさり電話を切ることとなってしまった。
 なんなんだ、この会社は?

▼帰宅してすぐにパソコンをいじりたかったのだけれど、テニスのレッスンがあって、いじることができたのは深夜になってから。
 まずは、PowerDirectorというソフトが入っていることを思い出して、それで外付けドライブでDVDの書き込みができるかどうかを試してみる。すると、このソフトでは問題なく動画DVDを作成することに成功。ということは、外付けDVDドライブにはなんら問題はないということだ。
 では、いったい何がわるくて「らくちん動画変換4」ではDVDの焼き付けができないのか。そこで、友人が教えてくれた方法で、デバイスマネージャーから古いドライブを無効にしてみる。すると、すんなりDVDの焼き付けができるようになったではありませんか。これだったかあ。どうやら、「らくちん動画変換4」では、書き込み先のドライブを指定しても、優先順位の高いドライブをチェックしにいっているということらしい。完全に、ソフトのバグですね。
 いやあ、これでようやく問題解決だ。


2017.8.8(火)

▼外付けのDVDドライブを購入する。アイオーデータのDVRP-UT8LKという機種。ビックロで3164円だった。
 これですべて解決かと思いきや、なぜか「らくちん動画変換4」というソフトでDVDに焼こうとすると、「ドライブにはディスクがなし、あるいは取り込まれたディスクは書き込み不可です!」というエラーメッセージが出てはじかれてしまうのである。何をどうやってもダメ。
 試しに、おまけについてきた「B's レコーダー」というソフトで、DVDに画像ファイルを大量にコピーしたところ無事にバックアップがとれたので、DVDドライブに問題があるわけではないようだ。
 となると、「らくちん動画変換4」の問題だよなあ。このソフト、なぜか頻繁に問題が発生するんだよなあ。


2017.8.7(月)

▼ノートパソコンのDVDドライブが壊れる。
 数日前から息子から送られてきた孫の動画をDVDに焼けなくなって首をかしげていたのだけれど、どうやらDVDドライブがおかしくなっていたのが原因だったようだ。
 しかし、動画をDVDに焼けないとなると、たいそう困ることになる。義母が孫の動画の新作を心待ちにしているのだ。
 これが、デスクトップパソコンなら簡単に交換ができるのだけれど、ノートパソコンだとちょっと自分の手には負えそうにないなあ。

▼ヤフオクで落札したVHSのビデオソフトが届く。『真夜中のダンサー』という1994年のフィリピン映画。世界的に高く評価された作品であるらしい。


2017.8.6(日)

池波正太郎『剣客商売7 隠れ蓑』新潮文庫を読了。

▼嫁さんと映画『銀魂』を観に行く。
 最初、「銀魂」を実写映画化するという企画を知った時には、まったく期待しなかった。あれは、アニメだから面白いのであって、実写化したところで面白いわけがないじゃん。
 ところが、小栗旬の銀ちゃんの映像が発表されたときに、ちょいと期待感が高まった。だって、目が死んでるんだもん。すげえよ、小栗旬。あの死んだ目ができるんだ。
 そして、監督が『アオイホノオ』『勇者ヨシヒコ』『プロゴルファー花』の福田雄一と知り、すっかり映画館まで観に行く気になってしまったのである。
 結果、大満足。夫婦揃って、劇場で声をあげて笑ってしまった。アニメ「銀魂」の面白さをみごとに再現してくれているではありませんか。役者たちもみごとのひとこと。
 そして、禁断のパロディシーン! あれ、許されるのか? 大丈夫なのか?
 いやあ、笑った笑った。



2017.8.5(土)

▼10時から4時間、パインヒルズでダブルステニス。
 市民大会が近づいてきたので、試合勘を取り戻したいという友人が企画したのだけれど、なぜか参加者全員がボロボロ。ミスの連発で、いったいどうしてしまったのやら。こんなんで市民大会に挑戦しても、速攻で負けてしまうぞ。
 自分も、どんなに思いっきり打っても、ボールにスピードが乗っていかず、ぜんぜん思うようなテニスができなかった。

 7名いたので、たっぷり休憩を挟みながらののんびりテニスだったので、暑いけれど、ほとんど疲れることがなかった。

▼帰宅しても体力が余っていたので、ついつい近所に走りに出てしまう。
 とはいっても、2キロも走らないで汗まみれになって帰ってしまったのだけれど。

▼台所からごそごそとかき氷の機械を引っ張り出してきて、今年最初のかき氷を作る。
 シロップがなかったので、カルピスをかけ、さらに蓋の開いたアズキの缶詰があったので、アズキも添えてみる。
 うん、なかなかおいしいぞ。

▼フィリピン映画『How to Be Yours (2016)』を観る。
 ベア・アロンゾとジェラルド・アンダーソン主演のラブストーリー。
 共通の友人の紹介で出会ったニニョ(ジェラルド・アンダーソン/Gerald Anderson)とアンジー(ベア・アロンゾ/Bea Alonzo)。出会うなり恋に落ちた2人は、ぎこちない付き合いを経て、一緒に暮らすようになる。
 小さなレストランで働くアンジーは料理が大好きなのだが、ある時、あこがれの料理人であるポチョロ(ベルナルド・パランカ/Bernard Palanca)に見いだされ、彼の店で働くことになる。仕事に容赦なく、職場では支配者として君臨するポチョロはことあるごとにアンジーに厳しくあたるのだが、ニニョがそれを支えることで、やがてアンジーはポチョロから認められていく。
 一方のニニョは、シャンデリアを扱う会社のトップセールスとして活躍していたのだが、勤務していた会社が他の会社の傘下に入ることで働きにくくなり、会社を辞めて新しい仕事を探し始める。なかなか新しい仕事は見つからないが、それでもグチをこぼすこともなく、忙しく働くアンジーを支えていく。
 だが、仕事に夢中のアンジーにはニニョの苦悩が見えず、次第にすれ違うことが多くなっていく。
 ようやく新しい仕事が見つかるニニョ。だが、アンジーはポチョロから新しいレストランを任せるために、パリで2年間の修業を積むことを提案されて舞い上がってしまい、ついに破局の時がやってきてしまうのだった。

 はっきりいって、愛をとるか、キャリアをとるかという、よくあるテーマの作品である。
 アンジーとニニョが出会ったあとのラブラブな日々の描写はとっても活き活きとしていて、観ていて幸せな気分が伝わってくるにしても、そのあとの展開はいまいち。脚本にそれほど工夫が凝らされているとも思えず、非常にありきたりな展開となってしまう。
 夢を諦めることのできないアンジー。だが、そのことで気持ちが置き去りにされてしまうニニョ。言い争いがあり、避けがたい別れがやってくる。
 やがてアンジーは料理人として成功し、雑誌にまでとりあげられる存在となる。ニニョも新しい会社で実力を評価され、出世をしていく。だけど、成功とは裏腹に、愛する人がいない空虚さを抱え込む。
 そんな2人が偶然再会し、そして…、なんの解決策もないままハッピーエンドになだれ込んでしまう。愛もとるし、キャリアもとるという、非常に安易なエンディング。テーマソングが流れて、ちょっと感動的なエンディングなわけだけど、それでいいのか?
 監督は、2014年の『English Only, Please』以降、確実にヒットを飛ばし続けているダン・ビレガス(Dan Villegas)。だが、本作はビレガス監督にしては、ちょっと物足りないのではないだろうか。
 主演のジェラルド・アンダーソンは、誠実そうなキャラクターを熱演していたけれど、ベア・アロンゾの方はいまいちキャラクターに説得力がなかった。自分にとってベア・アロンゾという女優は、『She's the One』でたいそう好意的な刷り込みがなされたものの、それ以外ではいまひとつ強い印象に残るような役柄がないなあ。



2017.8.4(金)

▼渋谷のシアター・イメージフォーラムにてフィリピン映画『ローサは密告された(MA' ROSA)』を観る。
 サリサリストアという小さな雑貨店を営んでいるローサとネストールの夫婦。実はその店では、副業として覚醒剤も扱っていた。
 ところが、そこに突然何人もの警察官が押し寄せてきて、夫婦は逮捕されてしまう。そして、警察署で「釈放してほしければ金を払え」と法外な保釈金を要求される。とても用意できる金額ではない。すると、覚醒剤の売人の情報を要求され、仕方なく情報を渡し、今度は売人のジョマールが逮捕されて保釈金を要求される。ジョマールはコネのある他の警察官に救いを求めようとするのだが、それがばれてよってたかって暴力を振るわれ、持っていた覚醒剤と現金を没収されてしまう。さらに、呼び出されたジョマールの嫁に金を用意するように要求するが、用意できる金額は警官たちが予定していた20万ペソにとどかず、足りない5万ペソをローサたちに要求する。
 仕方なくローサの子どもたちは知り合いの間をかけずりまわって、なんとか5万ペソを用意しようとするのだが…。

 覚醒剤を売らなければ、4人の子どもを学校にやることのできない貧しさ。その貧しさの上前をはねる腐敗しきった警察組織。
 なんとも痛ましいその現実を、ブリランテ・メンドーサ監督は、手持ちカメラを多用した荒々しくも臨場感溢れる映像でリアルに描いてみせる。
 そして、主役のローサを演じたジャクリン・ホセが素晴らしい。警察組織に抵抗できる強さはない。権力に目をつけられたら、諦めるしかないのだ。だが、自分の家族を、家族の明日を守るということだけは、絶対に諦めない。そこは絶対に譲らないという強さを、しっかりと演じてみせる。
 その演技は国際的にも高く認められ、第69回カンヌ国際映画祭において主演女優賞を受賞している。
 だけど、個人的には、ほんの一瞬出ただけなのに、どういう性格の人物であるのかをきっちり描き出してみせたマリア・イザベル・ロペス(Maria Isabel Lopez)という女優に拍手を送りたい。すごいぞ、マリア・イザベル・ロペス。2016年のフィルメックス東京で上映された『普通の家族(Pamilya Ordinaryo)』でも、同様にほんのワンシーンだけの出演でむちゃくちゃ印象に残るキャラクターを演じていたが、本当にいい女優だよなあ。ちなみに、本作では顔が映るか映らないかという程度の出演なのだけれど、はっきりマリア・イザベル・ロペスと分かった。
 逆に、どこに出ていたのか分からなかったのがルビー・ルイス(Ruby Ruiz)。ちゃんと顔を覚えておいて、画面に映ったところを把握できるようになりたいと思っているのだけれど。
 あと、ローサの息子で、可愛い顔の男の子が出ていたので気になって調べてみたところ、ジョマーリ・アンヘレス(Jomari Angeles)という俳優であるようだった。かつてブリランテ・メンドーサ監督の作品にちょい役で出て、いまでは押しも押されぬトップスターとなったココ・マルティンのように、彼もいまに人気スターになるかもしれない。
 他に、主演女優ジャクリン・ホセの実際の娘でもあるアンディ・アイゲンマン(Andi Eigenmann)が、ローサの娘のラケル役で出演している。



2017.8.3(木)

宮本旅人『空手剛柔流』雄文社を読了。
 空手の修業をする大学生の主人公が、さまざまな達人と出会い、闘い、武術家として成長していくという小説なのだけれど、部分的に実話をベースとしているようで、登場人物の名前のところに「実名」とか「一部仮名」といった注釈が入ったりする奇妙な小説。しかも、可憐なヒロインは卑怯きわまりないライバルにレイプされて復讐の鬼と化し、沖縄に修業に行ってしまうなどというとんでもない展開があったりもする。さらには、最後にはそのレイプした相手と結ばれてしまったりもするのだが。うーん、そりゃ実話じゃないだろ。
 この手の小説が大好きなので、大喜びして読んでしまったし、面白いことは面白い。
 著者は「旅姿三人男」の作詞家であり、「古賀政男芸術大観」という著書もあるのだが、その一方でこうした武術小説を何冊か出しているという謎の人物。


2017.8.1(火)

林不忘『丹下左膳 乾雲坤竜の巻(下)』講談社文庫大衆文学館を読了。
 面白いことは面白いが、中盤の展開が同じようなことの繰り返しとなっていて、多少飽きてしまった。

▼旅行の疲れが残っているのか、まるで起きていることができず、早々に沈没。


2017.7.30(日)

▼9時から4時間、健康福祉村で友人たちとテニス。
 完全に千葉の疲れが残っているぞ。
 温度はともかくとして、湿度がむちゃくちゃ高くて、ぐっしょりと汗をかく。

▼夕食はサザエの酒蒸し。よし、今日はサザエを9個消費したぞ。


2017.7.29(土)

▼朝、そろそろ孫も起きているだろうと、息子たちの部屋に行くと、お嫁さんが孫を連れて出てきた。
 「パパは?」と孫に聞くと、「パパ、ねんね」と答えたので、お嫁さんと2人してびっくりしてしまう。いままで、そんなちゃんとした文章になっている言葉なんて、口にしたことがなかったのに。
 お嫁さんによると、なにかイベントがあるたびに、成長しているとのこと。そういうものなのかなあ。

 ねんねしているパパを起こして、孫と3人で朝風呂。
 ここのお風呂は片方が畳敷きになっていて、赤ん坊と入るにはとっても安全で助かるのだ。
 だけど、やっぱりおっきなお風呂は好みではないらしく、いやがられてれしまうので、さっさと風呂を上がる。

 部屋に置いてあった電車のおもちゃで孫と遊ぶ。「ガタンガターン、ガタンガターン」と声に出して電車を走らせると、孫が真似をして「ガタンガタン」と声をあげて電車を走らせる。ううっ、かわいいぞ、お前。


 朝食がこれまたおいしいのだけれど、昨夜食べ過ぎて戦う前から苦しい。でも、金目鯛の煮付けだけはしっかりと食べる。
 ヨーグルトがやたらと濃厚で、それにマンゴーのシロップをかけてたっぷりと食べてしまう。

 チェックアウトをすると、ホテルからお土産を渡されてしまう。
 子供が小さい時から毎年来ていたホテルなので、なんだか親戚みたいな感覚がしてしまう。

 まずは近くの誕生寺へ。
 境内を孫がやたらと走り回る。とにかくよく走る子供なのだ。ゆっくり歩いていることなんて、まずない。体力の限り走り回って、体力が尽きるとバタンと寝てしまうのである。
 本殿の脇を入っていったところの坂を登っていって、ご先祖様のお墓に詣でる。考えてみれば、孫だって、ここに眠っている人たちの遺伝子を引き継いでいるのだ。


 墓参りを終えて、孫に人生初のおみくじをひかせると、これがみごとに「凶」。願望は「かなわず」、縁談は「わろし」、失物は「出でず」(笑)
 ま、君の持っている悪いことは、すべてこのお寺に置いていきましょう。


 昨日会えなかった叔父に会いに行くと、またしても会えず。奥さんがいたので、電話をかけてもらって嫁さんが話をすると、どうもこちらが午後まで滞在して、それから帰る時に会えると思っていたらしい。これから鴨川シーワールドへ遊びに行くと伝えると、シーワールドを出る1時間ぐらい前に電話をくれればそこまで土産を持ってきてくれるという。なんだか申し訳ない。
 その家のすぐ裏の崖の上に線路が通っていて、たまたま電車が通過するタイミングに遭遇したものだから、孫がやたらと興奮して「ガタンガタン」と声をあげる。

 車2台で鴨川へ移動。ただし、シーワールドの前をそのまま素通りして、まずは鴨川の親戚の家へ。通り過ぎる時に見ると、シーワールドの駐車場はすでに満車で、道路を隔てた臨時駐車場の方にとめないといけない事態となっていた。すでにかなり混んでいるようだ。
 鴨川は、義母の妹とその旦那さんの家にお邪魔する。ちょっと顔を出すと伝えてあったのだけれど、こちらが恐縮するぐらいに喜んで楽しみにしてくれていた。庭で育てているゴーヤーとかミニトマトとかとうもろこしをごっそりともらってしまう。
 家の中を孫が元気に走り回るのを見て、嬉しそうに目を細めてくれる。

 そして、ようやく鴨川シーワールドへ。ここへは息子が1才半の時に来て、その時には息子が大興奮して大喜びしたものだった。その記憶が鮮明にあったので来たのだけれど、孫はどちらかというと魚よりも人混みに興奮して、やたらと走り回る。どんだけ元気なんだ。とにかくじっとしていることがなく、水槽にへばりついてちょっと魚を見たかと思うと、もう別の水槽に向かって走り、魚に関係のないところで興味を示したりして、ほとんど水族館に来た意味がないじゃん。
 そして、よその子が履いている靴にアンパンマンを発見して、「アンパンマン、アンパンマン」と大騒ぎ。相変わらずのアンパンマン発見装置ぶりを発揮してくれる。
 この日はやたらと暑くて、大人の方が先にぐったりとしてしまい、孫が魚に飛びつかないこともあって早々に撤退することにする。鴨川まで来ると言っていた叔父には、これから天津小湊まで戻ると連絡を入れる。
 暑い中、孫を抱っこして駐車場に戻る途中、唐突に電池が切れたかのように孫が寝てしまう。よほど体力を使い切ったようで、あとは何をしようと起きようともしない。

 天津小湊に戻り、ようやく会えた叔父から大きな発泡スチロールの箱に入ったお土産をいただく。漁師をしていた人なので、以前は船が漁から戻るのを港で待って、釣ったばかりのイカをごっそりと貰ったりしていたのだけれど、今回はサザエがぎっしりと入っていた。
 えーとー、これだけ大量のサザエをどうやって食べたらいいんだ?
 壺焼きにして毎日10個ずつ食べたとしても、食べきるのに10日間ぐらいはかかってしまうぞ。
 とりあえず、息子に10個を渡すが、ぜんぜん減った気がしない。息子にしても、それ以上渡されても困るだろうしなあ。
 なんとも嬉しくも困った事態だ。


 楽しかった息子一家との海の遊びはこれにて終了。ここで解散して、別々のルートで家をめざす。


 時間は14時半。さて、お昼をどうしよう? 朝からごっそり食べたし、シーワールドでもちょこちょことつまみ食いをしていたのであまりお腹はすいていないのだけれど、このまま何も食べないというのもなあ。
 そこで、近くにあるお気に入りの「うおまさ」に寄ることにしてしまう。
 海の幸がむちゃくちゃおいしいお店なのだ。
 以前、「海の庭」に宿がとれなかった時に、別のホテルに素泊まりで泊まって、タクシーでここまで食べに来て、そのあまりのおいしさに悶絶したお店なのである。その時には、帰りにタクシーを呼んでもらおうとしたら、お店の人が車を出してホテルまで送ってくれたのだった。そういうことも含めて、ものすごくいいお店なのだ。
 ここのなめろうは絶品なのだけれど、今日は「お刺身ご膳」「日替わりご膳」を頼む。いや、もう、海の幸はいやってほど食べたんだけれど、それでもやっぱりうまいものはうまいんだよ。そんなにお腹が空いていなかったというのに、ついつい食べてしまうんだよ。
 食べ終えたところで、嫁さんがお店のお姉さんをつかまえて、サザエの調理方法についてあれこれ教えてもらう。まずは、茹でてしまうこと。茹でる際には、軽く茹でる程度ではなく、しっかりと茹でること。そうすると、簡単に殻から中身を引っ張り出すことができるのだそうだ。中途半端に茹でただけでは、ダメなのだそうだ。
 茹でておけば、あとは冷蔵庫で保管がきくし、味噌などに漬けておくのもオススメなのだとか。

 お腹がいっぱいになったところで、帰路につく。鴨川を抜けて、鴨川有料道路、房総スカイラインでいっきに内房をめざす。
 途中、猛烈な睡魔に襲われたので、セブンイレブンの駐車場に車を駐めてほんのちょっと仮眠をとって復活。コーヒーを買ってきて、それを飲みながら山の中を抜けて、君津から館山自動車道に入り、木更津からアクアラインに入る。
 ところが、アクアラインがまさかの渋滞。あとで聞くと、土曜日の夕方以降は、ゴルフ帰りの人でけっこうアクアラインが渋滞するのだそうだ。いままで千葉の海に何度も行って、一度もアクアラインが渋滞することなんてなかったので、ちょっとびっくりしてしまう。
 ま、別に急ぐわけじゃなし、のんびり帰ろうということで、海ほたるで休憩をとることにする。本当は、無料の足湯でのんびり休みたかったのだけれど、機器の故障とかで足湯はお休みとのこと。仕方なく、200円のマッサージチェアで疲れを癒やすことに(笑)
 そして、ここで予想だにしていなかった情報をゲットしてしまう。なんと、今日は隅田川花火大会があるので、首都高がとんでもなく渋滞するらしいのだ。おいおい、勘弁してくれよ。
 休憩をとっている間に渋滞が少しでも解消すればいいなと思っていたのだけれど、なかなかそういうわけにもいかないらしい。相変わらずの渋滞だ。しかも、この先には隅田川花火大会による渋滞も待ち構えているらしいのである。そして、ようやくアクアラインを抜けると、土砂降りの雨が降っていた。路線の区分線がほとんど見えないほどの雨で、むちゃくちゃ神経を使う。
 ところが、我が家のカーナビにセットされていない首都高中央環状線に入ると、隅田川花火大会の影響は受けないし、ずっと地下を走るので雨の影響も受けないし、意外と楽に運転できるではありませんか。ずっと渋滞はしていたけれど、それでも完全に流れがとまるほどの渋滞ではなかった。どこを走っているのか分からなくなったカーナビが、あたふたと右に曲がれとか左に曲がれなどとうるさいものの、たいそう助かったのでした。いったい、いつの間にこの道がずっとつながっていたんだ。首都高を走ることなんてほとんどないので、まったく知らなかったよ。
 結局、20時半に我が家に到着。「うおまさ」を出たのが15時半だったので、5時間もかかってしまった。

▼お腹は空いていなかったのだけれど、サザエをサシミと壺焼きにして、嫁さんとビールで乾杯。
 いやあ、楽しい2日間でした。


2017.7.28(金)

▼夏休みをとって嫁さんと天津小湊へ。
 この天津小湊には、嫁さんの母親の実家があり、磯遊びに最適な岩場があることもあって、子供が小さい時から毎年のように遊びに行っていた。
 だけど、子供が大きくなったこともあって、いまでは誰かが亡くなった時の葬儀の時にしかいかなくなっていた。
 ところが今回、この海で育った息子が、孫にもこの海を体験させてやりたいというので、久しぶりに行くことになったのだ。
 朝6時15分に出発して、天津小湊に到着したのが10時。都内を抜けるのに意外と時間がかかってしまった。
 海水浴場前のセブンイレブンで息子一家と合流。
 さっそく孫を抱っこ(笑) アンパンマン探知機となっている孫が、さっそく天井から下がっている浮き袋にアンパンマンを発見して「アンパンマン、アンパンマン」と連呼する。

 まずは、親戚の家へ挨拶に行くが、1軒は留守。もう1軒も会いたかった叔父さんは留守で、奥さんにだけ挨拶をして、仏壇をおがませていただく。

 すぐ近くのホテル「海の庭」へ。
 天津小湊に来た時に泊まるのはいつもこのホテルだった。ここの先代の社長と、いつも僕らの面倒を見てくれた叔父が同級生だったこともあって、ここ以外に泊まるわけにはいかないのだ。その叔父もすでに亡い。
 今回、ネットで予約したのでホテルとしても僕らが来ることを予想していなくて、顔を見るなりびっくりされてしまう。いつもは、嫁さんの母親がホテルの予約をしていたので、「よしだ」の名前で予約をしたこともなく、僕らが来るということをぜんぜん知らなかったのだ。
 なにより、赤ん坊の時からこのホテルに来ていた息子が、孫を連れて来たということにびっくりされてしまう。息子が初めてこの海に来たのがちょうどいまの孫と同じ2才前の時期だったので、なんとも感慨深い。いつもホテルのフロント周辺で遊んでいた小さな男の子は、今では大学4年生で、すでに就職も決まっているのだという。

 ホテルに荷物を預け、水着に着替えさせてもらって、海へ。
 天津小湊の海で遊ぶ場合、たいていの人は内浦海水浴場へと行く(地元の人は、この海水浴場を「おらはま」と呼ぶ)。ところが、我が家はそんな海水浴場には行かない。誕生寺の前から有料駐車場を突っ切っていくと、地元の人間以外には誰もいかないものすごくいい磯があるのだ。
 今回は台風の影響でけっこうな波があったが、遠浅の岩場であるため、手前の岩場で遊ぶ分にはまったく波の心配をする必要もない。多少海が荒れていても、たいてい問題なく遊べてしまう磯なのだ。


 息子が持ってきたテントで基地を設営して、さっそく磯遊び。
 孫は、浅いところに座り込んで、ひたすらお砂遊びだ。
 用意した水槽に、小さな魚とかカニとかを入れて孫に見せてやっても、関心を示すのは最初のうちだけで、あとはその水槽におもちゃのシャベルで砂をどんどん入れていく。おいおい、魚もカニも埋まっちゃうぞ(笑)
 では、少し大きい魚を見せてあげようと、3点セットを身につけて、網を持って海の中へ。腰ぐらいの深さの所で、岩をひっくり返して、そこにへばりついているウニを潰すと、それを食べに魚がうようよと集まってくる。そこに網を出しておいて、その上に魚が来たところをサッとすくい上げると20センチぐらいのベラがとれた。
 それをさっそく水槽に入れて孫に見せると、おもちゃのシャベルですくおうとする。金魚すくいかよ(笑)
 でも、またすぐにその中へ砂を入れる作業に戻ってしまう。


 この磯では、たいていシッタカが山ほど採れるのだけれど、今回は波があるためにあまり沖まで出るわけにいかず、ほとんど収穫は無理と思いつつも、腰網をつけて少し海に出てみる。
 そして、片端から岩をひっくり返してみると、なんと、今年にかぎってトコブシが山ほど採れるではありませんか。いくら身内に漁業関係者がいるからといっても、あまり採るのはまずいので、ほんの20分程度しか採らなかったのだけれど、それでも20個ほどのトコブシがとれてしまった。驚いたな。そのくせ、シッタカはほんの数個しか採れなかったのだけれど。


 最初のうちは、海が怖いのか、本当に浅いところだけでしか遊ばなかった孫が、ようやく慣れてきたのか、突然「あっち行こ」と言い出して、海の中へずんずんと歩き出す。
 おおっ、いざとなると大胆だな。胸ぐらいの深さのところまで入っていったところで、脇の下に手をいれて支えてやると、お尻と両足がプカッと浮く。ちゃんと脱力して、ぷかぷかと浮いているので、家族みんなで「すごい、すごい」と大騒ぎ。
 そのくせ、浮き袋を使うのはダメで、使わせようとすると「ややっ」と拒否して、どうしてもダメ。息子の時には自動車型の浮き袋に乗って、プカプカ浮いて喜んでいたものだけれど、いろいろと違うもんだなあ。

 夕方まで遊んでホテルへ戻り、速攻で風呂へ。
 女湯から、孫のむちゃくちゃ元気な泣き声が響いてくる。おっきな風呂は苦手なのか。こっちで孫を引き受けなくてよかった。

 食事の前に孫を抱いて、嫁さんと一緒に親戚の家までブラブラと歩いて行く。さっき行った時に留守だった叔母さんがいてホッとする。家に上がって、仏壇に手を合わせる。

 夕食は、あいかわらず暴力的な量で、死ぬ思いをさせられる。むちゃくちゃうまい海の幸がこれでもかこれでもかと出てくるのだ。「もう無理。これ以上食べられません」という頃に、金目鯛の煮付けが出てきて、「うまいけれど、死にます」とか呻きながら、なんとか食べる。ところが、その後で出てくるあら汁がこれまた暴力的な分量だったりするのだ。
 このホテルは昔っからずっとそうで、前はまだこちらも若いからかなりムチャをしてこの食事と戦ったものだが、いまではそうそうムチャもできない。でも、うまいんだよなあ。
 大人のやることをなんでも真似したがる孫は、箸で食べたがるのだけれど、箸で食べられるわけがない。なんとかごまかして箸をとりあげてスプーンを持たせると、スプーンを2本、箸のように持って食べようとする。それはそれで無理だと思うぞ。




2017.7.26(水)

林不忘『丹下左膳 乾雲坤竜の巻(上)』講談社文庫大衆文学館を読了。
 何を血迷ったのか、突然こんな小説を読んでいるのだけれど、意外と面白い。それに、丹下左膳のキャラクターが、映画とかマンガでなんとなく知っていたのとはぜんぜん違っているのにもビックリ。正義感とかにはまるっきり縁のないキャラクターで、じゃあもっと虚無的なニヒルなキャラクターかというと、ぜんぜんそんなこともない。ひょんなことで遭遇した女性に惚れ込むという意外な一面も見せてくれる。しかし、そこで出てくるフレーズが「片腕の片想い」なのだから、時代とはいえすごい表現だ。
 どいういうお話しかというと、刀剣マニアのお殿様から乾雲、坤竜という2本の刀を手に入れてこいと命じられた丹下左膳が江戸に出てきて、そこで2本の刀をめぐる争奪戦が繰り返されるというザッツ・エンターテインメントだ。


2017.7.23(日)

▼フィリピン映画『Etiquette for Mistresses(2015年)』を観る。

 高級レストランのオーナーにして有名な料理人のジョージア(クリス・アキノ/Kris Aquino)は、イナ(キム・チウ/Kim Chiu)という若い女性に“愛人としての嗜み”を教え込むように依頼される。ジョージアは妻帯者である男性と長年にわたる愛人関係を続けていて、相手の家庭に踏み込まぬその付き合い方は理想的な愛人とみなされ、教育係として最適と思われたのである。
 イナはもともとセブのバーで歌手をしていたのだが、そこに現れた裕福な政治家であるフランク(ゾレン・レガスピ/Zoren Legaspi)と恋に落ちる。ところが、そのフランクには上院議員の妻(アイコ・メレンディス/Aiko Melendez)がいた。フランクは、自分の政治家としての立場を大事にしたままイナとつきあうために、ジョージアの相手である男性を通じて、イナに“愛人としてのルール”を教え込むように頼んだのだった。
 フランクのことを愛しているイナは、何もかも我慢するようにさとすジョージアに最初のうちは反感を覚えるのだが、ジョージアの友人たち、いずれも成功した女性であるが、既婚男性との不倫を続けている女性たちを紹介され、次第にその生き方に感化されていく。
 だが一方で、そのメンバーのひとり、ジョージアの禁欲的なルールとは異なる生き方をするクロエ(クラウディン・バレット/Claudine Barretto)の危うい行動にも魅了されていく。

 なんとも、居心地の悪いストーリーではある。なにしろ、ジョージアがイナに教え込もうとする“愛人としてのルール”とは、要するに男にとって都合のいいルールなのだから。愛人としての生活を長続きさせるためには、男にとって都合のいい女にならなければならないということなのだ。

 セブからマニラに出てきたばかりのイナは、天真爛漫に愛するフランクに会いたいと思いながらも、相手が望まない限りは会ってはならないというジョージアの教えに苦しみ、会いたいときには策を弄してでも会うべきというクロエの生き方との間で煩悶する。
 だが、家庭を壊しかねないクロエは次第に愛人から遠ざけられ、新しい若い愛人を作られてしまう。

 こんなんで、いったいどういうラストに持っていくのだろうと思いつつ観ていくと、終盤になって物語は予想だにしなかった展開を見せる。
 ジョージアの友人のひとり、優秀な法律家であるステラが、愛人である有名なニュースキャスターとともに姿を消してしまうのである。実は、そのニュースキャスターは、ステラと一緒にいる時に病に倒れ、かなり危険な状態となっていた。ジョージアたち不倫仲間が駆け付けて2人を匿うのだが、男の家族はステラが男性を連れ去ったと警察に訴え、警察が乗り出す事態となってしまう。
 しかし、「ステラのことだけを愛している。このまま息絶えたとしても、後悔することはない」と主張する男性のために、ジョージアたちはとんでもない行動に出るのだった。

 そのとんでもない行動にも納得がいかないのだけれど、フィリピンで話題になったベストセラー小説が原作となった作品である。渡辺淳一かよ!?
 監督は、クリス・アキノとココ・マルティンが主演した『Feng Shui 2 (風水2)』のチト・S・ロニョ(Chito S. Roño)。
 主演はキム・チウとクリス・アキノ。
 クリス・アキノは、まあ、いつもと変わらぬ手堅いクリス・アキノである。そして、キム・チウはというと、いつもと変わらずとっても魅力的なのだけれど、本来ならもっと天真爛漫な魅力を発揮してもいい女優だよなあ。登場してすぐの“何も知らない田舎娘”の間は可愛らしいのだけれど、愛人としてのルールに縛られて悩み出すあたりからはいまいち魅力が感じられない。ちょっと損な役どころと言えるかもしれない。
 ジョージアの不倫仲間で出演しているのは、まずは『母と娘』のクラウディン・バレット。かつてはアイドルとして大活躍した女優だが、本作は5年振りの映画復帰作となる。すっかり大人の女優…というか、アイドル時代の面影は影も形もなく、妙に迫力のある女優になっているなあ。そして、『Ang Panday』『Starting Over Again』『Die Beautiful』『Haunted Mansion』のイーサ・カルザド(Iza Calzado)。知的な美人で、本作でもなかなかおいしい役どころではある。そして、お初にお目にかかったのが、チーナ・クラブ(Cheena Crab)。最初、アイアイ・デラス・アラスかと思ってしまったくらいによく似ているということからも分かるように、美人ではないぞ。
 そして、脇役、カメオなどで出ているのが、ピオロ・パスクア(Piolo Pascual)、デレク・ラムジー(Derek Ramsay)、ティルソ・クルーズⅢ(Tirso Cruz Ⅲ)、チェリー・パイ・ピカチェ(Cherry Pie Picache)、アイコ・メレンディス(Aiko Melendez)などなど。
 なんなんだ、この無駄に豪華な顔ぶれは。



2017.7.22(土)

▼午前中はK市テニス協会のお手伝いで、次のダブルス大会のドローを作成する。今回はすんなりと作業が終了してホッとする。

▼午後はスクールのお楽しみテニス大会。今度、スクールのダブルス大会でペアを組むことになっているS藤さんとペアを組むが、僕がダメダメ。いやはや、困ってしまうほどダメダメなテニスだったなあ。


2017.7.20(木)

川西蘭『あねチャリ』小学館を読了。
 手首の骨折でバレーボールを続けられなくなり、登校拒否に陥っている体育会系女子高生の凛。ふとしたことで出会った自転車にのめり込んでいき、その先にどういう世界が待ち構えているのかも分からないまま、ただただ「いま自転車に乗らなければ、自分はこのままダメになってしまう」という思いから、かつての名競輪選手であった瀧口に弟子入りするのだった。
 というわけで、女子高生がケイリンの世界を目指すスポーツ小説である。競輪と漢字で書く世界は男性だけの世界で女性の入る余地はないのだけれど、ケイリンとカタカナで書く世界には女性だけの大会があり、その道は世界大会へと続いているのだそうだ。
 自転車に関する小説は、ロードレースの世界を題材にした近藤史恵の『サクリファイス』『エデン』『サヴァイヴ』という傑作があり、つい最近読んだヒルクライムの世界を題材にした高千穂遥の『ヒルクライマー』があった。そこへ、今度はケイリンだ。なんと、自転車競技の奥深いことか。まるっきり知らない世界ゆえ、たいそう楽しめた。

 ところで、第一部が「5年前」として始まるのだが、最後の第三部の6章に入ったところで「5年後」と書かれているのはおかしいのではないだろうか。メインに描かれている物語がずっと5年前を振り返って書かれているのなら、最後に出てくるのは「それから5年たった現在」なのだから。ま、どうでもいいことなんだけど。


2017.7.19(水)

ボストン・テラン『その犬の歩むところ』文春文庫を読了。
 ギブという名前の一匹の犬の数奇な運命を通して、アメリカという国が描かれていく。なんとも奇妙な小説で、この小説の魅力をうまく伝える自信がない。
 単純に言ってしまえば、犬の物語である。素晴らしい犬の物語だ。ある時は盲目的に人から愛され、ある時は人から虐げられ傷つき、ある時は人から救われ、そしてある時は人を救う。
 犬好きには、たまらない小説だ。
 ところが、その犬の物語を読んでいると、いつの間にかアメリカという国が描かれている小説であるということに気がついてしまう。さまざまな事件を通して、傷つきもがくアメリカという国が見えてくるのだ。
 ボストン・テラン、未読の小説がまだあるので、読まなければいけないなという気にさせられた。


2017.7.17(月)

▼今日は「レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)」にて、新鋭サマンサ・リー監督のフィリピン映画『たぶん明日(Baka Bukas)』を観てきた。
 レズビアンを題材にした恋愛映画で、愛おしくも切ない作品だった。

 若きクリエイターのアレックス(ジャスミン・カーティス-スミス/Jasmine Curtis-Smith)。彼女は、親や仕事仲間などには自分が同性愛者であることをオープンにしていたが、大親友のジェス(ルイス・デ・ロス・レイエス/Louise de los Reyes)にだけはずっと秘密にしてきた。ジェスに知られることで、つきあいが途切れることを恐れたからだ。実はアレックスは、ずっとジェスに対して恋心を抱いていたのだ。
 ところがある時、自分が同性愛者であることがジェスに知られてしまう。アレックスのことを親友であると思っていたジェスにとって、他の人間が知っていたのに、自分にだけは知らされていなかったということはショックであった。
 だが、それでもジェスはアレックスを許し、いままで通りの友人としてのつきあいを続けようとする。しかし、アレックスが同性愛者であると知ったことから、徐々にふたりの関係は変化していく。それまで恋愛の対象として見てこなかったアレックスのことが、次第に気になる存在となってきてしまったのだった。

 フィリピン映画には、ゲイの登場する映画が驚くほどたくさんある。その多くは、映画にコミカルな味付けをするための存在としてゲイが登場してくる程度で、あまりまっとうに取り扱われているわけではない。しかし、それでもそうした映画の中から、『ダイ・ビューティフル』のような真っ正面から同性愛に取り組む映画も出てきている。ジュン・ロブレス・ラナ監督、ジョエル・ラマンガン監督など、ゲイの映画監督が多く存在しているせいもあろう。
 また、ヴァイス・ガンダのようなゲイのスーパースターの存在も、少なからず社会的に同性愛者が受け入れられる下地作りに貢献していることだろう。
 それでも、いまだ同性愛者が社会的に受け入れられているわけではないということは、『ダイ・ビューティフル』などを見ても明らか。この映画の中には、息子がゲイであるということをどうしても受け入れられない父親が出てくるのだ。そもそも、ジュン・ラナ監督が『ダイ・ビューティフル』という映画を撮ったのは、同性愛者について理解してもらいたいという使命感からであった。
 本作も同様に、同性愛者であるサマンサ・リー監督が、自らの経験をベースに、もっと自分たちのことを理解してもらいたいという切実な思いから作られた映画である。主人公のアレックスは、ほとんど自分自身のことであるらしい。
 作中、アレックスがレズビアンをテーマにした映画の企画を映画会社に持ち込むが、会議の席でやんわりと否定されていまう場面が出てくる。おそらくは、監督本人も似たような経験を経て、この映画を作り上げてきたのだろう。
 なお、本作はサマンサ・リー監督の長編デビュー作でもあるのだが、非常に瑞々しい感性の感じられる繊細で美しい映画に仕上がっている。

 主演のジャスミン・カーティス-スミスは、『トランジット(TRANSIT)』『Halik sa Hangin』『I'm Drunk, I Love You』などに出演している。トップ女優アン・カーティスの妹でもある。
 ルイス・デ・ロス・レイエスの方はというと、テレビを中心に活躍している女優のようだが、日本でDVDがリリースされている『ザ・アブノーマル(The Road)』というホラー映画にも出ていたりもする。
 題材的には低予算のインデペンデント映画と思えてしまうのだけれど、実はフィリピン最大の映画会社であるスターシネマが配給を担当しており、多くの劇場で上映されたようだ。



 上映終了後には、サマンサ・リー監督をお迎えしてのQ&Aセッションがあった。監督が、あまりにも若くて可愛らしいことにびっくりしてしまう。フィリピンの映画界は、若い才能が力を発揮しやすい環境でもあるのだろうか?
 フィリピンでも、同性愛者であることをカミングアウトすることには大きな壁があるとのことなどが、監督から語られる。
 なお、Q&Aでは僕も質問したのだけれど、通訳の方の力量不足もあって、聞きたいことの半分も答えてもらえなかった。
 そして、その他の質問はことごとく海外の方からのもので、質問者と監督が早口の英語でやりとりして、それに通訳の方がおろおろしていてしまい、英語の分からない観客は半ば置いてきぼりにされてしまったのは残念。

 Q&Aセッションのあと、例によって例の如く、ロビーにいた監督をつかまえてサインをもらってしまう。英語ができれば、もっとあれこれ質問したかったのだけれど残念。


2017.7.16(日)

合宿2日目
 朝の5時からコートで試合を始める。午後には雨が降るという予報もあったので、早めに行動を開始だ。
 朝っぱらから4試合やって、最後の最後でエネルギーが尽きて1敗してしまう。

 温泉に入ってバイキングの朝食。ううっ、食べ過ぎてしまったぞ。

 そして、またコートに出てテニス。
 全員がコートに揃ったところで、4チームに分けて団体戦。
 コートが余っているので、自分が試合をしていない時にもどんどんエキシビの試合を入れて、ほとんど休憩なしで試合を続ける。
 今日もまたほとんど負けなし。
 チームとしても絶好調で他の3チームをことごとくたたきつぶす。

 午後3時頃に、唐突にバケツをひっくり返したかのような土砂降りの雨が降り出してきて、テニスは終了。
 いやあ、ゲップが出るほどテニスをやりました。


2017.7.15(土)

▼毎年恒例、チーム弁慶のテニス合宿に行く。
 会場は那須高原のちょっと手前の矢板コリーナという施設。12面あるハードコートを、時間に関係なく使いまくりで、しかもテニスのあとには温泉に入れるというナイスな施設だ。
 例によって電車でアルコールを摂取しながら会場にむかったのだけれど、いつもなら缶ビールとか缶チューハイ程度だったのに、今回はおいしい焼酎ボトルを持ち込んできている人間がいて、ついついそれを4人で空けてしまう。ううっ、これからテニスをするのに。
 宇都宮から乗り換えて片岡という駅に12時ちょっと過ぎに到着。車で来ていた人間に駅まで迎えにきてもらって施設まで移動し、さっそく着替えてコートへ。

 あとは、6時までひたすらダブルスの試合を楽しむ。
 最初のうちは焼酎が残っていてちょっとしんどかったのだけれど、どんどん汗をかくことでアルコール分を対外に排出。
 今年は県大レベルのメンバーが参加してこなかったので、だいたいは勝てたぞ。

▼テニスのあとは温泉に浸かり、夕食を食べたら宴会部屋に集合。
 以前はここで明け方まで飲んだものだけれど、疲れていたのか11時前に自分の部屋に戻ってふとんに潜り込む。
 あとで聞くと、12時前にはお開きになっていたらしい。


2017.7.14(金)

矢崎存美『海の家のぶたぶた』光文社文庫を読了。
 いつものぬるま湯のような「ぶたぶたワールド」に、のんびりとひたることができた。もう、それで充分。


2017.7.13(木)

マーク・グリーニー『米朝開戦(4)』新潮文庫を読了。
 同じくマーク・グリーニーの「暗殺者グレイマン・シリーズ」といちばん異なるのは、「グレイマン」は主人公がはっきりと1人なのに対し、こちらはチームが主人公となっている点だろうか。そのためか、感情移入ができるという点で、「グレイマン」の方が僕の好みに合っているようだ。
 北朝鮮の核兵器開発を阻止すべく、ジャック・ライアン・ジュニアを中心とする〈ザ・キャンパス〉のメンバーが活躍するのだけれど、彼らだけではなく北朝鮮に潜入するスパイや、アメリカ大統領ジャック・ライアンなどの活躍も描かれていく。そのことで視点が多面的になり、スケールも大きくなっている。おかげで、実に面白い国際謀略小説に仕上がっている。
 だけど、僕の好みはもっと個人的な冒険を描いた小説なのだ。


2017.7.11(火)

マーク・グリーニー『米朝開戦(3)』新潮文庫を読了。
 相変わらず、疑問文での会話が唐突に女っぽくなって、凄腕の工作員がオカマみたいになってしまう。
「えーっ、ほんとう?」
「なんでそんなことを知っているの?」
「彼女がここで何をしているのか、わかっているの?」
 通常なら、「本当かよ!」「なんでそんなことを知っているんだよ。」「彼女がここで何をしているのか、わかっているのか?」と訳すところだろうに。

 小説そのものは面白いのだけどなあ。


2017.7.9(日)

▼先週参加したのと同じ主催者さんのテニスオフに申し込んで、朝の9時から13時まで大宮第2公園でダブルスの試合を楽しむ。
 雨の降った先週とは大違いで、今日はむちゃくちゃいい天気になってしまい、死にそうなほど暑くなってしまう。
 いや、冗談でなく、熱射病の危険が大いにある炎天下でのテニスとなってしまったのだ。
 とにかく、水分を多めにとるようにして、休憩のたびに水道のところで頭から水をかぶって頭を冷やすように心がける。
 それでも、コートに立つとあまりの暑さに頭がボーッとしてきてしまう。
 終盤では、ぐったりして休憩に入ったままコートに出ようとしない人も出てきて、その分、こちらが連続してコートに入ることになってしまうのだけれど、おそらく自分が最高齢だからなあ。
 途中、ボーッとしてきて、川の向こう側のお花畑から死んだじいちゃんが「おいでおいで」と手招きをしていたのが見えたような気がしたぞ。いやあ、あぶない、あぶない。

 ところで、ガットを張り替えたのだけれど、何を思ったのか、今回はむちゃくちゃ固く張ってみた。
 冬の間は48~50ポンドで張っていたのを、前回、一気に55ポンドにまで上げてみた。それでぜんぜん違和感がなかったので、今度は58ポンドにまで上げてみたのだ。ま、はっきりいって無謀でありましょう。
 こうなると、確かにはじきがいいので、フラット系のボールはパワーがはっきりとアップする。フラットサーブも、思いっきり打たなくてもけっこういい感じで入っていくし、ラリーもスピードが乗っていく。
 だけど、はじきがよすぎて、飛びすぎてしまうのだ。しっかり押さえ込んで打っているつもりでも、簡単にバックアウトしてしまう。しかも、ボールをしっかり掴んでくれないので、回転系のボールはいまいちで、あたり損ねっぽいボールになってしまったりする。
 やっぱり、無謀すぎたかな。

▼インド映画『クリッシュ』を観る。

 超能力を持つ悪の科学者と、特殊能力を持つスーパーヒーローが戦うという、ハリウッド映画がやたらめったらコミックス原作で作りまくっている作品と同系統の作品ではあるのだけれど、そこに家族の情愛描写をあふれんばかりに盛り込み、情感たっぷりに描いてみせるのがハリウッド映画とアジア映画の違いと言えようか。その上、アクション描写のスケールがとんでもないレベルで、インド映画の底力を見せつけてくれている。これは映画館のスクリーンで観たかったなあ。
 日本版予告編によると、アクション演出は、香港のチン・シウトン(『少林サッカー』『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』等)が担当しているらしい。

 ちなみに、物語の基本設定は冒頭で簡単に説明されるだけで「あれ?」と思ったら、この作品、シリーズのパート3なのだそうだ。原題は「Krrish 3」。パート3だけ日本でDVDリリースされちゃったのだけれど、基本設定なんて知らなくても『スーパーマン』や『スパイダーマン』を楽しめるのと一緒で、本作だってぜんぜん問題なく楽しむことができる。配給会社としても、そう思ってパート3だけを唐突にリリースしたのだろう。だけど、インド映画に詳しい方によると、パート2の方がアクションが派手で面白いらしい。うーん、そうなると見たくなってしまうじゃないかあ。
 また、エンディングシーンの意味が分かりにくいので、てっきり前作から観ていないと分からないネタなのだろうと思ったのだけれど、ぜんぜんそんなこともないのだという。

 主役のクリシュナと、クリシュナのお父さんをリティク・ローシャンが一人二役で演じているのだけれど、お父さんのキャラがとってもいい味を出している。1作目では、このお父さんが主役だったらしい。
 そして、クリシュナの妻を演じているのがプリヤンカー・チョープラー。20世紀最後のミス・ワールド優勝者で、日本に紹介された作品はというと、『DON -過去を消された男-』『闇の帝王DON〜ベルリン強奪作戦〜』『バルフィ!人生に唄えば』がある。間違いなく美人さんですね。
 それから、敵として登場し、さんざんクリッシュを苦しめるが、愛に目覚めてしまうミュータント戦士(カングナー・ラーナーウト)も、なかなかいい味を出していて、ちょっと可愛いじゃんとか思ってしまった。

 配給会社が愚かすぎて、「カレーの国から参上」とか「ニート兼スーパーヒーロー」とか、ありえない安っぽいキャッチフレーズをDVDのパッケージにつけていて観る気を削いでいるけれど、これは観る価値ありの超エンターテインメントであります。

【日本版予告編】



▼2016年のフィリピン映画『Camp Sawi』を観る。

 長年つきあっていた恋人から別れを告げられたブリッジ(ベラ・パディーリア/Bela Padilla)は、いくら泣いても癒やすことのできない耐え難い哀しみから抜け出すことができず、酒に酔ったいきおいでキャンプ・サウィへの旅行を申し込んでしまう。
 キャンプ・サウィ。セスナに乗らなければ辿り着くことのできない辺鄙な島にあるビーチリゾート。
 そこには、様々な哀しみを抱えた人を立ち直らせるための、各種のプログラムが用意されていた。
 だが、ブリッジはそういったプログラムに参加する意欲のないままに、無為な時間をリゾートで過ごそうとする。キャンプの管理人であるルイス(サム・ミルビィ/Sam Milby)は、なんとかブリッジを引っ張り出そうと試みるのだが、ブリッジはなかなか心を開こうとはしない。
 しかし、キャンプに来ていた様々な哀しみや悩みを抱えている女性たちと出会い、彼女たちと仲良くなったり、ぶつかったりするうちに、徐々にではあるが、ブリッジも失恋の痛みを乗り越えていくのだった。

 主演のベラ・パディーリアは、昨年の東京国際映画祭で上映された『I America』の主演女優として来日して、1回目の上映の時には舞台挨拶に登壇していたが、2回目の上映の前に新作の撮影があるというので帰国してしまっていた。おそらくは、この『Camp Sawi』の撮影だったのだろう。多彩な才能の持ち主のようで、本作の脚本執筆にも携わっている。
 そして、ブリッジがキャンプで出会う女性たちの顔ぶれがすごい。
 ボーイフレンドが実はゲイだったというショックからキャンプに来ていたジェスを演じているのが、ヤッシー・プレスマン(Yassi Pressman)。『Wang Fam』『Talk Back and You're Dead』『Diary ng panget』などに出ている。
 美術館の上司との報われぬ不倫関係に悩んでキャンプに来ていたクラッシーを演じているのが、アンディ・エイゲンマン(Andi Eigenmann)。僕の観た作品では『Momzillas』『Bekikang: Ang nanay kong beki』といった作品に出ている。
 エキセントリックなミュージシャンのグウェンを演じているのがアルシ・ムニョス(Arci Muñoz)。『Etiquette for Mistresses』『A Second Chance』『Always Be My Maybe』など、最近の話題作に数多く出ている。
 恋人からプロポーズされて、婚約指輪を受け取った直後、文字通りその直後に恋人が交通事故死してしまったジョアンを演じているのが、歌手のキム・モリーナ(Kim Molina)。なかなか悲惨な役どころで、ショックからどうしても立ち直ることができずにいるという設定。婚約指輪を捨てようとして、どうしても捨てられない場面の演技は圧巻だ。

 この5人の美女たちが、互いにぶつかりあいながらも、やがて哀しみから抜け出して、前を向くようになる過程を、非常に丁寧に描いている。シンプルな設定ながらも、脚本がしっかりしていて、たいそう好感の持てる映画に仕上がっている。
 手に入れたDVDには英語字幕がついていなかったのだけれど、それでも充分にストーリーは理解できたし、楽しむことができた。

 監督は女流監督のアイリーン・ビレモー(Irene Villamor)。劇場映画は本作が、2014年の『Relaks, It's Just Pag-ibig』に続く2本目。『Relaks, It's Just Pag-ibig』もDVDを持っているのだけれど、英語字幕がついていないので観ないままきてしまった。なんとか機会を作って観てみよう。次作の楽しみな監督だ。
 クリエイティブ・コンサルタントとして『The Super Parental Guardians』などの超売れっ子女流監督、ジョイス・ベルナールも名を連ねている。




2017.7.8(土)

マーク・グリーニー『米朝開戦(2)』新潮文庫を読了。
 マーク・グリーニーの『機密奪還』を読んでいる時に、男性登場人物のセリフがしょっちゅう女言葉になって困惑したものだけれど、いま読んでいる『米朝開戦』でも出てきてしまった。

 第2巻の119ページ。
「彼の部屋をのぞいてみようというわけね?」
「なぜ深夜にやらないの?」
 120ページ。
「ほんとう? どうやって?」
「わたしは何をすればいいの?」
 162ページ
「その拳銃を持つ野郎、逃げようとしている悪党というわけね?」

 男性の凄腕工作員のセリフとしては、明らかにおかしい。完全に他の部分のセリフからこれらのセリフが浮いてしまっている。全編この調子のセリフというわけではなく、ずっと違和感のない会話が続いているのに、唐突に女っぽいセリフが飛び出してきてしまうのだ。
 これは、どういうことなのだろう?
 いずれもクエスチョンマークのついているセリフなのだけれど…。

 翻訳を担当しているのは田村源二。
 もしかしたら、お弟子さんか何かに下訳を任せていて、そのせいで部分的におかしな訳になっていたりするのだろうか。担当編集者とか校閲担当者は、これを読んでなんとも思わなかったのだろうか?

▼嫁さんと、東京体育館で開催されている「全日本武術太極拳選手権大会」を観に行く。
 種目は太極拳、太極剣、長拳、棍術、伝統拳術などなど多岐にわたり、それが会場内6箇所の競技場で延々と繰り広げられている。しかも、全国レベルの選手からジュニアの選手まで、出場選手のレベルもいろいろ。
 いやあ、面白かった。

 とはいうものの、自分は香港映画を観すぎて目が肥えているので、そうそう簡単には驚かない。だって、比較対象がジェット・リーとかドニー・イェンだもんね。どうしても採点が厳しくなってしまうだよ。

 それでも、武術がオリンピック種目になれば日本代表の候補となる選手が目白押しの「自選難度部門 短器械種目」はレベルが高く、なかなか楽しませてくれた。

 そして、最後に観たのが「女子伝統拳術」。ここに、うちの嫁さんの知り合いであるお嬢さんが出場しているのである。
 もともとは、嫁さんと同じところで母娘で太極拳を習っていたのだけれど、すっかりはまってしまい、その時の先生を師匠とする隊に入れてもらって本格的に修業をしているのだとか。
 このお嬢さんの披露した八卦掌が実にキレがあって素晴らしかったのだけれど、残念ながら7位にとどまり、6位までの入賞には入り損ねてしまった。惜しい!
 ちなみに、それほど見ごたえのない選手にいい点が出たりして、採点基準がよく分からなかった。話によると、20年とか長く続けている選手は、出るだけでいい点がつくようになっているものらしい。ただ単に、その時の演武の評価というわけではないのだという。だから、いい点をもらいたかったら、長年続けなければならないということのようだ。

 また、うちの嫁さんと一緒に太極拳を習っているそのお嬢さんのお母さんと話をしていて、驚きの事実が判明。
 なんと、うちの嫁さんが太極拳を習っている先生、3年連続で日本1位になった実績のあるすごい先生だったのだ。うちの嫁さんは、そのことをぜんぜん知らなかったらしい。
「すごい動きのきれいな先生で、香港映画に出てもやっていけるくらいすごいんだから」とは、何度も聞かされていたけれど、そりゃそうだよな。

▼ヤフオクで落札した本が届いた。
『空手剛柔流』宮本旅人(雄文社)
 昭和32年発行の武道小説。宮本旅人の武道小説はこれでようやく4冊目。
 ちょっと高くなってしまったけれど、滅多に見かける本ではなかったので、頑張って落札してしまった。


2017.7.6(木)

マーク・グリーニー『米朝開戦(1)』新潮文庫を読了。
 トム・クランシーの「ジャック・ライアン・シリーズ」を『暗殺者グレイマン』のマーク・グリーニーが書き継いだもの。当初はトム・クランシーとの共著として出されていたが、トム・クランシーが亡くなった後もマーク・グリーニーが書き続けているのだ。トム・クランシーの小説は、初期の作品は何作か読んだものの、いまいち国際謀略小説というのが肌に合わずに読まなくなっていた。それを再び読もうと思ったのは、もちろん、マーク・グリーニーが書いているからである。
 ほったらかしにしておいたシリーズを途中からまた読むと、主人公だったジャック・ライアンはいつの間にかアメリカ大統領となっていて、ジャック・ライアンの息子が主要メンバーとなっているザ・キャンパスという組織の活躍が中心となっている。
 核弾頭を積んだ大陸間弾道弾の開発に手をつけた北挑戦の野望を阻止するために、そのザ・キャンパスの面々が活躍するという、なんとなく、トム・クルーズ主演の『ミッション・インポッシブル』みたいな雰囲気の小説となっている。
 本格的に物語が動き出すのは、これからというところ。

▼途中下車した古本屋の均一棚で、3冊200円でのお買い物。
「本の雑誌 第10号」
 状態はいまいちなれども、なんたって第10号だもんな。そうそう見かけるもんじゃないと思いますよ。
「時の復讐」ロイド・ビッグルJr.(サンリオSF文庫)
 サンリオSF文庫が3冊200円なら、文句ないです。
「あねチャリ」川西蘭(小学館)
 ケイリンをテーマにした青春スポーツ小説だそうです。こんな小説が出ているなんてぜんぜん知らなかったのだけれど、青春スポーツ小説は僕の偏愛するジャンルなので、楽しみなのだ。
 かくして、またしても本が増えてしまったのだった。

▼ブックオフオンラインで注文した本が届く。
 ロバート・ブロック『サイコ2』創元推理文庫
 1作目の『サイコ』はずいぶんと昔にハヤカワポケットミステリーで読んでいる。そして、しばらく前に3作目の『サイコハウス』を買ってしまったので、それを読むために2作目の『サイコ2』を探していたのだ。
 古本屋の店頭で自分で見つけて買うことができなかったのはちょっと悔しいけれど、最近はそれほどマメに古本屋を覗いていないので、こうやってネットに頼らざるを得ないのも仕方がないかな。


2017.7.5(水)

▼2年に一度のプライバシーマーク更新のための書類審査を受けてくる。
 相変わらず(自分としては)どうでもいいような細かい指摘のオンパレードで、ごっそりと書類の修正を指示されてしまう。
 2年前に問題なしとされた箇所なんだから、今回だってそのまま問題なしでいいじゃん。
 というか、12年間ずっと問題のなかった規程類なんだから、いまさら修正しなくたっていいじゃん。
 そもそも、このプライバシーマークってのは、「一般財団法人日本情報経済社会推進協会」という民間団体が発行している登録商標にすぎないのに、それをとっていないと仕事を発注できないって会社が多いのはどう考えてもおかしいよな。
 ウィキペディアを見ると、「天下り官僚が役職付きで多数在籍」って団体だぞ。
 そんな団体をみんなして稼がせなくてもいいじゃん。
 これから、指摘箇所をあれこれ修正しなくちゃいけないんだけれど、まったく納得していない修正なので、ヤル気がまったくおきない。一年おきに、こんな作業に膨大な時間をとられるなんて、本当に無駄以外のなにものでもないと思っている。


2017.7.4(火)

▼仕事のからみもちょっとあって、『ワンダースリー』という舞台を観てきた。
 なんと手塚治虫の『ワンダースリー』を舞台化したものである。あんなもんをどうやって舞台化するんだ?と思ったら、映像をたっぷりと使ったりして、けっこううまく処理をしている。
 ポッコ、プッコ、ノッコは人形を使って、それを操る役者さんと渾然一体となった演出で、なるほど、こういうのもありなのかと納得。
 ふだん、舞台を観ることはまったくといっていいほどない自分ゆえに、役者さんの動きとか、舞台上のさまざまな演出には素直に感心したものの、ストーリーが分かりにくいのが自分的にはけっこうきつかったかな。

▼『ワンダースリー』を観たあと、嫁さんと日本橋三越にまわってお中元の手配。
 そこから赤羽にまわって、前にも嫁さんと行った「イタリアン酒場 Esto.」に寄る。ここ、めちゃくちゃ料理がおいしいんだよね。
 今月は「アナゴ」がテーマで、「蒸し穴子のスモークと夏野菜サラダ」「穴子の1本フリット」を注文。それに「日替わり三種盛りのカルパッチョ」「たっぷりシラスのペペロンチーノ」「名前は忘れたけど牛肉の料理」を注文。この5品に生ビール3杯で、もう死ぬほどお腹いっぱい。

▼台風の影響で帰りは土砂降りに。娘から駅まで迎えにきて欲しいと電話が入るが、飲んじゃったんで迎えにいけないんだもんねえ。
 おかげで、娘はずぶ濡れになって帰ってきたのでした。


2017.7.2(日)

▼海で遊ぶための孫のサンダルを買うべく、イオンタウン守谷で息子一家と待ち合わせる。
 サンダルを買い、靴も買い、水着も買い、あとはひたすら孫と遊ぶ。
 やたらと元気で、うろちょろ歩き回るので、まったく目を離せない。
 いやあ、楽しい。
 イオンの店内で半日過ごして、こちらは体力を根こそぎ持っていかれてしまう。

高千穂遥『ヒルクライマー』小学館を読了。
 自転車で坂を登る競技、ヒルクライムに取り憑かれた坂馬鹿たちを描いたスポーツ小説。
 ある男は45歳を過ぎてヒルクライムに取り憑かれ、のめりこみすぎて家庭は崩壊状態。ある若者は、生きがいにしていたマラソンの世界を離れたことで生きる目標を失うが、ヒルクライムに出会うことで新しい人生を切り拓こうとする。そうした様々なヒルクライムに取り憑かれた登場人物たちが、トレーニングを積み、レースに挑む姿を描いていく。
 ちょっと文章がぶっきらぼうな印象を受ける箇所が散見され、キャラクター描写にもちょっと違和感を覚える部分もあるのだけれど、レースの描写などは臨場感たっぷりで、ぐいぐい読まされてしまった。


2017.7.1(土)

▼朝からけっこうな雨が降っている。
 これじゃあ、テニスは中止だなと思っていたのだけれど、申し込んでいたテニスオフのページをチェックすると「雨は降ったりやんだりの模様なので、中止にはしませんが、参加するかどうかはそれぞれの判断にお任せします」とのこと。
 さすがに参加はやめようと思っていたのだけれど、次第に空が明るくなってきて雨がやんできたので、テニスコートに向かうことにしてしまう。

 今日は、初めて参加する主催者さんのテニスオフだったのだけれど、コートに着いてみると知り合いが2名いてビックリしてしまう。世の中、狭い。
 雨もやんでいたのでさっそく4ゲーム先取ノーアドルールのダブルスをスタートするのだけれど、すぐに降り出してきてしまう。それでも、中止にせずに雨の中で試合を続行。
 その後も、ひどく降ったりやんだりの繰り返しで、すっかり雨で濡れそぼってしまうし、水分を吸ったボールも重くなってしまうのだけれど、みんなぼやきつつも試合を続けてしまう。これだから、テニスバカって連中は。

 参加者のレベルがけっこう高く、くらいついていくのが大変だったのだけれど、こういうメンバーの方がやっぱり楽しい。
 結局、雨の中、4時間めいっぱい試合を楽しむ。

▼午後になってようやく時間がとれたので、嫁さんと冷蔵庫を買いに行く。
 前回ヤマダ電機に行った時に、店員の勧めと嫁さんの判断でパナソニックのNR-F502PVと機種を絞り込み、その時には特に値段交渉もせずに「おおよそいくらぐらいになります?」と聞いて「とりあえず17万円までは下げられます」と返事をもらったのだけれど、帰宅してネットで値段を調べてみると、ヤマダウェブコムでは税別で148,013円。我が家の周辺にあるコジマやデンキチのネット販売価格も完全に横一線で同じ。
 店頭価格はおよそ19万円ぐらいだったので、こうなると店頭価格っていったいなんなんだよ?って話になるわけなんだけど、とにかく店頭で交渉してこの値段まで下がればそれで買っちゃおうということに嫁さんと合意ができていた。

 ところが今日になってヤマダウェブコムの値段を確認して見ると、なんと税別176,415円になっているではありませんか! こないだより3万円近くも値段が上がっているよ。念のために価格ドットコムを見ると、コジマもデンキチも同じ。
 うーん、安いタイミングを逃してしまったのか?

 ところが、ヤマダ電機に行ってみると、店頭価格が17万円を下回っている。こないだより2万円ぐらい安くなってるぞ。というか、ヤマダウェブコムよりも安いぞ。なんだ、このアンバランスな値段の変動の仕方は!?

 そこで値段を交渉しようとして店員に声をかけると、値引き交渉なんかしたらショック死してしまいそうな雰囲気の店員。こりゃ、値段を下げる権限もほとんど持たされていないんじゃないのと不安になってしまう。
 ところが、「どこかでお値段を見ていらっしゃいましたか?」と聞いてくるので、正直に「こないだヤマダウェブコムで値段を見たら税別148,013円だった。その値段になるのだったら買おうと思ってきたのだけど」と答えると、資料を引っ張り出してきてあれこれ調べて「税別147,000円にポイン1%をお付けすることができますが」と言うではありませんか。一発で底値を提案してきたって感じ。しかも、メーカー保証1年、店舗保証10年付きだ。

 これなら文句なし。
 あっさり購入を決めてきたのでした。

スティーヴン・キング『ジョイランド』文春文庫を読了。
 いちおう、ホラー仕立てのミステリーということになっているのだけれど、ひと夏のできごとを描いたノスタルジックな雰囲気の青春小説として実に素晴らしい。もう、切なくなってしまうほどの青春小説なのだ。
 失恋した若者が、家を離れてひと夏、ジョイランドという遊園地でアルバイトをすることになる。そこでの、バイト仲間との、ほんのちょっとスーパーナチュラルなできごとを含んだ日々。年上の女性との出会い。そして、殺人鬼との遭遇。
 いやあ、スティーヴン・キング、やっぱり素晴らしい。