活字風雲系 古本風雲系 電影風雲系 その他


活字風雲系

猟奇の鉄人
サービス精神に満ちあふれた無敵の古本オークショナー、kashibaさんのHP。古本系最強のホームページである。はっきりいって「猟奇の鉄人」さえあれば自分のとこの掲示板なんぞいらないといまでも思っている。ここの掲示板でkashibaさんにレスをつけてもらう快感に一度身を浸したならば、誰もがついつい居すわってしまうことだろう。
1日1冊のブックレビューをずっと続けている書評系ホームページだってこともお忘れなく。しかも、連日のブックレビューがきっちり芸として成り立っているところが凄い。

BAR黒白
浦和レッズを愛する黒白さんのHP。僕はひたすら「散財日記」と「掲示板」の愛好者なのだけれど、実は鮎川哲也、高木彬光等に関する資料も充実している。「ゲテミステリの部屋」を早く完成してほしい。

小林文庫
加納朋子と大阪圭吉をこよなく愛する小林オーナーのHP。どこに行っても日記と掲示板しか覗かない僕にとっては猫に小判といった状態なのだけれど、とにかくデータの宝庫。ミステリに関するちょっとした調べ物はまずここから入ればいいのだろう。
掲示板の異様な濃さは類を見ず。連日、ディープな情報が飛び交っているのだけれど、ミステリ初心者には何が話題になっているのかすら分からないかもしれない。
無料の掲示板「黒猫荘」を提供しており、それがまた個性的な部屋を各自で展開している。

カフェ白梅軒
ミステリにとどまらず、本のことならなんでも良く知っている川口店主の運営する掲示板。小林文庫内黒猫荘に間借りしている掲示板なのであるが、掲示板だけで完全にひとつの世界を構築してしまっている。連日書き込みをしているメンバーの充実していることよ。

UNCHARTED SPACE
ネット者のミステリ大会、MYSCONを主催するフクさんのHP。たとえ高熱に倒れようとも、1日1冊のブックレビューを続けるフクさんの情熱にはひたすら頭が下がる。。ブックレビュー、日記、掲示板、充実したそれらのページが毎日更新され続け、毎日覗いて楽しいHPなのである。

幻想文学館
日本で一番古本を買う男の異名を持つ土田館長のHP。幻想文学に関する知識が最大の武器であるにもかかわらず、俗っぽい日本ミステリーなんかを買いあさる日記が実は一番面白かったりする(ごめん)。年間購入冊数がはたして1万冊を越えるのかどうか、訪問者の注目はそこに集まる。

銀河通信
現役書店員、安田ママさんとダイジマンさんのおふたりのHP。書店員ならではの情報、着眼点が一味違う。
それにしても、帯付きの「日本語版アメージングストーリーズ」なんて、初めて見たぞ。凄いのひと言。

喜国雅彦のページ
探偵小説のコレクターとしても知られるマンガ家、喜国雅彦さんのホームページ。目玉はなんといっても貴重なコレクションの数々を紹介する「探偵小説コレクション」。コレクションを紹介しつつギャグを飛ばす緩急自在の文体の見事さは、すでに素人の余技などというものではない。不定期で更新されるので、誰よりも早く新しいコレクションの紹介を発見しようと思ったら、ちょくちょく覗きにいくことが必要。
なお、このホームページは国樹由香さんのホームページに間借りしていて、大家さんのページを覗きにいけば、国樹さんの日記等も楽しむことができます。

The Room for Junkies of Mystery And Hissatsu
必殺シリーズをこよなく愛するミステリー作家、貫井徳郎さんのホームページ。基本コンセプトは「ミステリー中毒者と必殺中毒者のための部屋」。作家の日常をうかがい知ることのできる日記「ミステリー三昧、必殺三昧」が興味深い(日記はただいまおやすみ中)。ちなみに、僕はこの日記を読むことで「作家とはひたすらパソコンのインストールを繰り返すものであるらしい」ということを知った(笑)、というのは冗談で、なんて忙しい職業なんだろうと圧倒されたというのがホントのところ。

二階堂黎人の黒犬黒猫館
ミステリー作家、二階堂黎人さんのホームページ。目玉は不定期といいつつほぼ毎日更新されている日記でしょう。日によっては2度3度と更新されてたりして(笑)
古本屋大好き、少女マンガコレクターという、知られざる一面(でもないか?)を窺い知ることのできるホームページであります。

WEB本の雑誌
いわずと知れた日本最強の書評誌、「本の雑誌」のHP。本に関する相談コーナーに質問をアップすれば、錚々たるメンバーが回答してくれる。なんと贅沢なHPであろうか。

未読王購書日記
Nifty Serveの推理小説フォーラムで「絶好調(絶版本好事家調査委員会)」なる謎の団体を率いていた未読王が、知り合いにお願いして作ってもらったHP(笑)。いまだにEメールの出し方もよく分からない人間がHPを持っているという驚異のサイトである。
コンテンツは「未読王購書日記」「フルホン王朝の興亡(BBS)」の2本立て。異様にテンションの高い「未読王購書日記」は一読の価値あり。
いまのところ、僕の周辺で僕よりも後にHPを作った唯一の人物である(勝った!)

WASEDA MYSTERY  CLUB
「ワセダミステリクラブ」のOBによるHP。森英俊氏が管理をしているためか、異様に古本濃度の高いサイトとなっている。「古書や古本屋に関するこぼれ話」を集めた「夢現堂」が笑える。

Midnight +1
ゴールデン街にある冒険小説協会公認酒場「深夜プラス1」に、水戸納豆を土産に持ち込むというきわめて大胆な行動に出た男、gabyさんの主催するホームページ(その心は「水戸納豆プラス1」?)。冒険小説系ではピカイチのHPだ。冒険小説好きなら一度は訪れて欲しい。

BUFF's Web Page
日本冒険小説協会の会員、BUFFさんが主催するHP。非公認ながらも日本冒険小説協会の公式サイトと呼ぶべきコンテンツとなっている。日本冒険小説協会のイベント報告などが掲載されている。

日本冒険小説協会 中部支部のHP
ホームページの名称そのまんま、日本冒険小説協会中部支部のHPであります。こだわりの男、「深夜プラス1 NAGOYA」の店長・ヒデ氏のコラムなどこだわりに満ち満ちた世界を展開している。

探偵小説愛好会 怪の会 HOMEPAGE
探偵小説専門誌「幻影城」を母体に誕生した探偵小説愛好会「怪の会」のホームページ。なんたって、長年にわたって月刊で会報を出し続けている狂気の集団である。そのホームページの内容も実にマニアック。「泡坂妻夫事典−エンサイクロペディア・アワサカナ」などは、圧巻としかいいようがない。最近では、各種リストの充実にも力を入れている。
ちなみに、「探偵小説替歌集【歌う白骨】」は奇跡の傑作であります。ぜひ、ご覧になってください。

日本推理作家協会
日本推理作家協会のホームページ。むちゃくちゃかっこいいっす。しかも、会員名簿で作家名をクリックすると作家のプロフィールが読め、しかもbk1に連動してその作家の本をネット経由で買える(買わないまでも、流通している本をチェックできる)。うん、これは便利。なるほどなあ、大沢在昌さんて、海釣りとゴルフが趣味なんだあ、なんてことも分かってしまう。他にも資料があれこれ充実していて、しかも検索のレスポンスが速い。

巧言令色吉野仁
我が旧友にして書評家の吉野仁のホームページ。なんと、ホームページ作成ソフトをいっさい使わずに、コツコツとタグを打ち込んで作っているのだという。暇なのかね、君は?(笑)
一種の研究発表の場として開設したとは本人の言であるが、いわゆる日記に相当する「孤低のつぶやき」、犯罪小説に関する情報や私論などを語る「二度ベルを鳴らす」がいまのところのメインコンテンツである。「ガラクタ風雲」とは違い、内容に時間をかけている。まだまだ用意されているタマもあるらしいので、今後が楽しみなホームページでもある。

Hase Seisyu Official Web Site "Sleepless City"
作家にして我が旧友である馳星周のオフィッシャルホームページ。21世紀最初の日にオープンした。
けっこうマメにコラムコーナーが更新されていて、これがファンにはたまらない魅力であろう。活字とはまた違った馳星周の姿を見ることができる。
どうでもいいけど、背景と文字のコントラストが弱くてすっげえ読みづらいぞ。

大沢オフィス公式ホームページ 大極宮
「大沢オフィス」の公式ホームページ(って、そのまんまやんけ)。オフィスに所属する3人の作家、大沢在昌、京極夏彦、宮部みゆきの近況や裏話などが覗ける。また、サイン会情報は充実しているし、サイン本のネット販売(産地直送?)などもやってしまうし、ちょいと目を離せないサイトとなっている。

Time goes around
古本界の東の女王こと石井春生さんのホームページ。
何度も何度も何度も日記のネタにさせていただいているが、とにかくその場にいるというだけで、即座にネタとなるべき発言や行動が飛び出してしまうという、恐るべきキャラクターなのである。デザインはちょっとお洒落っぽいホームページを装ってはいるが、Booksコーナーの異様な濃さこそが本領でありましょう。
はたして、隠し日記がどのくらいの頻度で更新されるのか、そして、そこに日々のできごとがどこまで正直に記載されるのか、いやあ楽しみ楽しみ。

酔胡王
我が「ガラクタ風雲」のホームドクター、泌尿器科医てつおさんの運営するホームページ。
その日記には、医療の専門用語が飛び交い、グルメの専門用語が飛び交い、通俗人間の僕には何が書かれているのか、おおよその雰囲気しか分からない。だが、それでも楽しみに毎日読んでしまうのは何故なんだろうか。
しかし、表意文字って凄いよなあ。医学用語だからはっきりとはわからないのだけれど、どうやら「腐ったおちんちんを切りとるというような手術をしたらしい」というようなことが伝わってくるんだもんなあ。ああ、恐ろしい。


古本風雲系

ジグソーハウス
ミステリー、SF関係のネット古書店の草分け的存在と言えましょう。欲しい本があったら、まずはこちらを覗くことをお勧めします。自らコレクターでもあるオーナーの日記も、古本屋さんの日常を窺い知ることのできてとっても楽しいのだ。

ブック・オフ
このホームページでは、必要なのはとにかく「新店OPEN情報」。定期的にチェックを入れて、近くに新店が開店しようものなら開店日に襲撃をする。それが実に楽しいのだ。

古本市場
こちらも必要なのは新店情報のみ。ブック・オフに比較して古い本もけっこう紛れ込むので、開店日チェックは欠かせません。ただし、古本市場はなかなか本が回転している様子がないので、1度行ったらしばらく行く必要なしだったりします。

ブックマーケット
さらにリサイクル系のお店のホームページを紹介するならば、僕のお気に入りのブックマーケットも欠かせませんですね。ここのオープン初日は大漁が期待できたりします。それなりに本も回転しているようです。

ほんだらけ
あまり新店情報がないんだけれど、やはりブック・オフと違って古い本がけっこう紛れ込むのでお近くにお店があるようだったら、一度は行く価値があるでしょう。ただし、リサイクル系にしてはいっちょ前にプレミア本のコーナーを作っていたりします(まるっきり売れている気配はないんだけどね)。

Yahoo!オークション
トップページ
ミステリー
SF
ホラー
ファンタジー
ティーンズ小説
小説一般
男性コミック
女性コミック


電影風雲系

URAKAWA TOME'S ASIAN CINEMA ROOM
「香港アクション風雲録」などの著書があり、香港アクション映画を熱く熱く語る浦川とめさんのサイト。シンプルな作りながらも、浦川さんのこだわりが凝縮されたサイトだ。
ちなみに、彼女に関してもっとも凄いと思うことは、既成の出版社が自分の読みたい本を出してくれないからという理由で、自分で「賓陽舎」という出版社を作ってしまったことだ。その「賓陽舎」の本も、このサイトから購入することができる。

我愛香港
とてつもなく長い香港映画歴を持つテラダさんのサイト。映画祭レポート、イベントレポートなど、最新の動向がいち早くアップされている。この腰の軽さ、情報の早さはぜひとも見習わなければと思うのだが。また、掲示板での熱いやりとりも、このサイトならでは。ただし、トップページが重いぞお。

電影王
香港アクション映画に関するディープさでは比類なきサイトであります。なんたって、清末侠義小説『乾隆遊江南』を自分で訳しちゃうんだもんね。そんなことをやるサイトは他にありませんて。アクション女優に関するコーナーも感涙ものの充実だ。


その他

城ヶ崎 川上ペンション
2004年3月28日にお世話になったペンション。海の近くでテニスを楽しむことができる。犬のポテトがめいっぱい歓迎してくれる素敵なペンションだ。詳しくは、当日の日記をご覧ください。