講談社ウイークエンド・ブックス

昭和41年7月、『淑女スパイ モデスティ・ブレイズ 唇からナイフ』と『八月の冷たき風』の2冊で「講談社ウイークエンド・ブックス」の刊行は始まった。『唇からナイフ』の帯には「好評の講談社翻訳シリーズ」というフレーズが使われているが、好評もなにもこの時がシリーズ開幕である。
そして、昭和45年6月に出た『ダイヤモンドの河』まで26冊(上下巻の『12人の囚人兵』を2冊にカウントすれば27冊)の存在を確認している。巻末の目録では、さらに10冊の本の刊行が予告されているが、これについては現物を確認していないので、実際に出たのかどうかは分からない。たぶん、出ていないのだろうと思うのだが。ただし、『ヨーロッパ・ヒッピー宣言』のように、一度たりとも刊行予定に入ったことのない作品がひょいと出ていたりもするので、もしかするとまだ知らない本が出ている可能性もなきにしもあらずである(この『ヨーロッパ・ヒッピー宣言』は、『私 ヤン・クレーマー』というタイトルで予告されていた作品であると後に判明)。本リストから抜け落ちている本を御存知の方がいらっしゃったならば、ぜひとも教えていただきたい。
なお、最初のうちはビニールカバーが付き、その内側に帯が巻き込まれていたが、『あやまちの夏』以降はビニールカバーがなくなり、そのかわりカバーがかけられるようになった(ビニールカバーのついている頃は、表紙に直接印刷されている)。
また、途中から「“面白さ”と“たのしさ”を世界から集めた」というキャッチフレーズが使われている。

2001.6.21
 膳所さん情報で、未確認だった『ホテル』も出ていることが判明。データを修正しました。
2013.8.7
 神保町で『性の目覚め ある少女の告白』を400円で購入。これで、刊行が確認できている作品はコンプリートとなりました。

凡 例 邦題
原題/原著の発行年
原作者/訳者
初版発行年月日

ストーリー(巻末のリスト部分より転載)
八月の冷たき風
A COLD WIND IN AUGUST/1960
バートン・ウォール/三田村裕
S41. 7.25

せつなくほとばしる十六歳の少年の愛。たじたじとなりながらも激しく燃えあがる中年のヌード・ダンサーの性。精巧な筆致で描く現代版「肉体の悪魔」
唇からナイフ
MODESTY BLAISE/1965
ピーター・オドンネル/榊原晃三
S41. 7.25

魅惑の瞳とかもしかの肢体、謎の淑女スパイ、モデスティ・ブレイズが、五千万ポンドのダイヤ救出のために、狂暴な犯罪組織をあいてにお色気戦術で大奮戦。
原子力潜水艦ドルフィン
ICE STATION ZEBRA/1963
アリステア・マクリーン/高橋泰邦
S41. 8.30

英国の北極観測基地が大火災を起した。原子力潜水艦ドルフィン号が救出に向った。火災はスパイの仕業らしい……。北極海に展開する豪快な海洋スパイアクション。

ハヤカワノヴェルズからは『北極基地 潜行作戦』の邦題で出されている。
クウェート大作戦
SABRE-TOOTH/1966
ピーター・オドンネル/榊原晃三
S41. 9.30

石油と金の島クウェートを奪い、新兵器の粋を集めて、世界征服を狙う一団。その根拠地に潜入し、捨身の一策で陰謀に立ち向う美女モデスティ・ブレイズ。
偽りの楽園
L.A.46/1964
ディ・キーン/伊東守男
S41.11.20

セックス・シンボルの自殺、近親相姦、人種差別、同性愛、ヒモ、そして純愛……。高級マンションに展開する、最も今日的で、アメリカ的なドルとセックスの狂宴。

THE KEY/1952
ヤン・デ・ハルトグ/高橋泰邦
S42. 1.20

第二次大戦下、ナチのUボートと戦う海の男たちの恐怖と愛。男から男へ一本の鍵とともに譲り渡される女ステラの哀しみ。孤独に燃えあがる恋を描く。同名映画化。
性の目覚め ある少女の告白
MONIKA/
アストリット・バン・ロイエン/伊東守男
S42.3.20

セックスに対する好奇心に目覚めた少女と、少女を愛し、完全な女性として開花させていくその伯父。性と愛の自由を求めて成長する女性の歴史。
ベニスへの密使
THE VENETIAN AFFAIR/1963
ヘレン・マッキネス/榊原晃三
S42. 3. 5

知らぬ間に、国際スパイ戦にまきこまれてしまっていた新聞記者。美しいベニスで彼を待つのは、恐るべき陰謀か身を灼く恋か……マッキネスの傑作。
ローマの北へ急行せよ
NORTH FROM ROME/1958
ヘレン・マッキネス/梶龍雄
S42. 5.30

オリーブの森、白い道、古い王城、古都ローマを背景に展開される秘密組織の暗躍。ローマの北には果して何が隠されているのだろうか? 本格スパイ小説。

12人の囚人兵(上・下)
THE DIRTY DOZEN/1965
E・M・ナサンソン/伊東守男
S42. 8. 4

猛訓練により、ノルマンディ上陸作戦用殺人兵器にしたてあげられていく、死刑、無期刑など12人の囚人兵の屈辱と栄光を描く戦争文学。映画化名「特攻大作戦」
肉体の映像
L'IMAGE/1956
ジャン・ド・ベルグ/榊原晃三
S42. 9. 4

少女の禁断の白い肌に刺された鮮やかな薔薇の花、苦痛と歓喜にうめく妖しい性の宴、女性の肉体と心理のメカニズムをとらえた異色のラブストーリー。

一般的には『イマージュ』の邦題で知られている作品。
蒼い死闘
THE BLUE ICE/
ハモンド・イネス/大門一男
S42. 9. 4

謎を追って集まってきた奇怪な人物たちが、激浪と濃霧の海に、猛吹雪の氷河にくりひろげるサスペンスあふれる大追跡戦。冒険小説第一人者イネスの傑作
ライク・セックス 娼婦マミーのホテル稼業
HOTEL MAMIE STOVER/1963
W・B・ヒュイ/平井イサク
S42.10. 4

金髪の娼婦マミー・ストーヴァーが楽園ハワイにつくったセックスのホテルは大繁盛。明るい陽光の下で、ライク・セックスを楽しむ男女の奇妙な関係……。

河出書房の人間の文学シリーズから『マミー・ストーヴァー』の邦題でも出ている作品。
メリー・ディア号の遭難
THE WRECK OF THE MARY DEARE/
ハモンド・イネス/高橋泰邦
S43. 1.30

シケの英仏海峡、忽然と闇の奥から現れた大型貨物船には誰も乗っていない。謎めいた大がかりな犯罪の臭いがするこの船は……。雄大なスケールを誇る海洋冒険小説。
ミッシェルは夜
TOL, MA NUIT/1966
ジャック・ステルンベルグ/榊原晃三
S43. 1.30

一九九〇年代は万事がセックスの時代。こんな時代に、「夜」のように魅惑的でクールな女に恋をしてしまった男がいた。現代の性を笑い飛ばすエロティックSF。
二年目のSOS
MADDON'S ROCK/
ハモンド・イネス/梶龍雄
S43. 3.12

北氷洋の荒海に浮かぶ裸の島、近づくのは死を意味するような恐ろしいマドンの岩。沈没していたはずの一隻の船をめぐって、捲き起こされるスリルとアクション。

このあたりは帯が異様に細い。
愚かなる裏切り
RUN, FOOL, RUN/1966
フランク・グルーバー/大門一男
S43. 3.12

“死”を残すのみの男を誘った50,000ドル。その報酬は、彼の狂いない狙撃の腕を求めていた。この誘惑が秘める陰謀は? 秘密を知った狙撃者は……。

ヤフーオークションで5千円を超しているのを見たことがあります。講談社ウイークエンドブックスの中で一番高値のつく本でしょうか?
男たち
MEN/1967
グロリア・バレット/中嶋夏
S43. 4.24

性の充足こそ人間の幸福の絶対的要件 ─ 作者G・バレットは、このアメリカ哲学の被害者なのか、それとも叛逆者なのか。十六歳の日から始まる性の追求と挫折の旅。
714便応答せよ
RUNWAY ZERO-EIGHT/1958
A・ヘイリー/J・キャスル/清水政二
S43. 4.24

ヴァンクーヴァー行き定期便の操縦士が、突然食中毒で倒れた。五十数名の乗客は死の恐怖に襲われた。サスペンスみなぎる機上と航空管制塔の見事な連けい作業。
あやまちの夏
UNG LEG(Young love)/
ヨハネス・アレン/平井イサク
S43. 9.24

北欧の白い夜とおおらかな性風俗を背景に、中流家庭に育った思春期の少女ヘレンがはじめて知った性の喜びと哀しみ、恋の苦さをフレッシュに描く。

ここからビニールカバーがなくなり、表紙に直接印刷された表紙ではなくカバーがかけられるようになる。
ニューヨーク侵略さる
THE MOUSE THAT ROARED/1955
レオナード・ウイバーリー/清水政二
S43. 9.24

ヨーロッパの人口三千の小国。唯一の産物はブドウ酒。経済困難を救うために世界一の強国アメリカに戦争をしかけた。核支配の国際政治を、猛烈に笑いとばすSFユーモア。

創元推理文庫から出ていた「小鼠シリーズ」の第1作。
飛べ!フェニックス
THE FLIGHT OF THE PHOENIX/1964
エレストン・トレーバー/渡辺栄一郎
S43.10.24

砂漠に不時着した双胴機。十三人の男たちが飢えと渇きのまっただ中に投げ出された。死……だが飛ばない双胴機から単胴機を作り出そうと考えた男がいた。

映画で有名な『飛べ!フェニックス』の原作。
長き季節の終わり
A SHARE OF THE WORLD/1964
アンドレア・ニューマン/三田村裕
S43.11.24

恋人に去られた、空虚な心のまま見知らぬ男に体を与え、セックス・パーティーに出かける娘……人生の真実を求めて彷徨するロンドンの女子大生たちの赤裸々な性生活。
失われた虹とバラと
THE RAINBOW AND THE ROSE/1958
ネイビル・シュート/大門一男
S43.11.24

老パイロットの墜落事故 ─ 困難を承知で、救出に向かう愛弟子。老パイロットの栄光と屈辱に塗りこめられた過去。名作「渚にて」の作者の、文学的香り高い冒険小説。
ヨーロッパ・ヒッピー宣言

ヨン・クレメール/伊東守男
S43.12.24

オランダのカスパをうろつき、唯一の生き甲斐である絵の世界で名をあげながら、やはりアンダーグランドに戻って行った、オランダフーテンの赤裸々な告白小説。

一度たりとも巻末のリストに載ったことのない作品なので、ストーリー紹介もなしなのです。と思っていたら、『私 ヤン・クレーマー』というタイトルで予告されていた作品と判明。ヤン・クレーマーがヨン・クレメールに変わるか、普通。
ダイヤモンドの河
THE RIVER OF DIAMONDS/1964
ジェフリー・ジェンキンス/梶龍雄
S45. 6.12

西アフリカ海岸の砂漠地帯、近づく者は不思議な死に方をする魔の島がある。かたくなに島を守る老人の正体は意外なことに……。スリラー・アクションの決定版。
ホテル

A・ヘイリー/高橋豊
S45. 6.12

ニューオーリンズの一流ホテル。チップの二重取り、コールガールの斡旋、ホテル専門の泥棒、有名人の犯罪の隠蔽……日常茶飯に起るおそるべき欺瞞と八百長。
以下の本は刊行が予告されたが、
現物未確認のため本当に刊行されたのかどうか不明。
横丁
A・サラザン/榊原晃三

盗み、たかり、脅迫、暴行 ─ あらゆる悪徳を積み重ね、三十七歳の若さで世を去る直前まで牢獄を転々した天才女流作家サラザンの告白小説。「女ジュネ」とパリで絶賛。本邦初紹介。
突然炎のごとく
A・P・ロオーシュ/伊東守男

パリで知りあったジュールとジム。二人の相反する性格の青年の間を往復するカートの愛と哀しみ。同名映画で大好評だった作品の原作。仏文学の傑作。
ハンブルグの宿
C・ミッキン/伊東守男

歓楽と退廃のハンブルグの裏街にたむろする人々。彼らの胸には失われた青春と愛の世界が万華鏡のようにきらめく。だが今日彼らにあるのはただセックスのみ。
生き残り
A・エドワーズ/榊原晃三

十五年前、両親兄姉を惨殺された私は、中年のドイツ人作家との恋にひたっていた。だが彼はあまりにも……鮮やかに展開するロマンチック・サスペンス。
合言葉は勇気
J・キャスル/渡辺栄一郎

第二次大戦中、独軍のまっただなかで、一人レジスタンス活動を展開、連合軍の勝利に大きく貢献した、勇気ある一英軍兵士のノンフィクション。
機長席
R・J・サーリング/清水政二

長年の訓練の結果、マッケイは機長になった。ところがニューヨーク空港で大事故を起こした。調査委員会は、彼にはミスがないと判定した。だが彼の良心は……。
戦士たち
J・ユーリック/岡本浜枝

ニューヨークの夜、五人の少年が犯罪を起こした。たちまち、パトカーがやって来た。五人がそれぞれのルートで逃げる翌朝までのサスペンスフルな数時間……強姦、殺人。

ウォルター・ヒル監督の映画『ウォリアーズ』の原作。講談社ウイークエンド・ブックス以外で刊行され、文庫にも入っている。
白檀の扇
C・U・エリイ/渡辺栄一郎

アン・アレイは女中に死なれ、全くの孤児になった。女中のアパートから白檀の扇が出て来た。どうしてこんなものを女中が……? 一家三代の謎を追うサスペンス・ロマン。